Hatena::ブログ(Diary)

第2.5地区 RSSフィード

f:id:taramonera:20101126204352g:image
ブログ引っ越しました。→ http://taramonera.net/2.5/

2012-11-16

Let's note の無線LANスイッチを入れても無線LANが使えない

| 20:36 |

Let's note の無線LANスイッチを入れても無線LANが使えない

レッツノート無線LANのスイッチ入れているが、

アクセスポイントが全く表示されず、無線LANが使えない。


ソフトウェアの問題なのか、ハードウェアの問題なのかわからず、

調べたらこんな記事。

レッツノートで無線LANが使えない,音が出ない



マイコンピュータのC:\util\wswitch\wswitch.exeを起動すると、

ソフトウェアアンインストールインストールができ、

アンインストールができるのであれば、ハードウェアの問題ではない。


無線LANのスイッチをONにした状態で実行してみると、

無線LANをオンにしてください」というような

エラーがでてアンインストールできなかった。


ということは、ハードウェアの故障か。。

2012-11-13

Windows7でNetBeansからFTPサーバにファイルをアップ・ダウンロードできない

| 17:21 |

Windows7NetBeansからFTPサーバにファイルをアップ・ダウンロードできない

Windows7NetBeansインストールしてFTPサーバの設定をしたが、

サーバに接続はできているのに、ファイルのアップ・ダウンロードができなかった。


解決手順

1.Windowsのファイヤーウォールをオフにする


2.管理者権限でコマンドプロンプトを起動する


3.下記コマンドを実行

netsh advfirewall firewall add rule name="FTP Service" action=allow service=ftpsvc protocol=TCP dir=in

4.下記コマンドを実行

netsh advfirewall set global StatefulFTP disable

5.Windowsのファイヤーウォールをオンに戻す

参考

NetBeansでなぜかFTPでアップできない時の対処法

FAQConfiguringWinFirewallForPassiveFTP

2011-10-09

さくらインターネット スタンダードにOpenPNEインストール

| 23:39 |

ログインフォームにアクセスすると500エラー

さくらインターネットレンタルサーバ(スタンダード)にOpenPNEインストールしたが、

ログインフォームにアクセスすると500エラーが出た。


OpenPNEのwebディレクトリにある.htaccessの設定が原因。

レンタルサーバではOptionsが許可されていない。

これをコメントアウトすればOK。

#Options +FollowSymLinks +ExecCGI

2011-05-24

WordPressでPHPエラー出たり出なかったりする

| 19:56 |

症状

WordPress 2.9.2をインストールし、ページにアクセスすると時々

下記のようなエラーがでる。

Parse error: syntax error, unexpected T_DNUMBER in /xxxxxx/htdocs/wp-settings.php on line 304

該当箇所のソース

function wp_clone( $object ) {
        static $can_clone;
        if ( !isset( $can_clone ) ) {
                $can_clone = version_compare( phpversion(), '5.0', '>=' );
        }
        return $can_clone ? clone( $object ) : $object;
}

version_compare関数のあたりでエラーがでているが、

見た感じではソースに問題はなさそう。


使用しているPHPのバージョンは5.0以降しか使用しないので、

version_compare()を削除してみた。

function wp_clone( $object ) {
        static $can_clone;
        return clone( $object );
}

しばらく様子をみたがエラーが出なくなったっぽい。

2011-05-10

WordPressをPostgreSQLで動かしてみた

| 21:00 |

WordPress2.9.2をPostgreSQLで動かしてみた

WordPressで使用するデータベースは基本的にはMySQLだが、

MySQLサーバを作るのが面倒だったので、すでに使用しているPostgreSQLサーバで動かしてみた。

構成
  • WordPress 2.9.2 日本語版(最新の3.1.2ではPG4WP 1.1.0が動作しなかった)
  • PG4WP 1.1.0 (WordPressをPostgreSQLで動作させるプラグイン)
  • PHP 5.2.3
  • PostgreSQL 8.0.6

PostgreSQLのデータベースユーザとデータベースを作成
#createuser --createdb --no-adduser --pwprompt wpadmin
#createdb -U wpadmin -E UTF-8 wp_hogehoge

WordPressのwp-config.phpを編集
  • データベース接続情報
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wp_hogehoge');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wpadmin');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'xxxxxxx');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '192.168.1.10');

  • 認証用ユニークキー(ユーザの Cookie に格納される情報をより強固な暗号化によって守るためのもの)

PostgreSQLとは関係ないけど一応メモ

define('AUTH_KEY',        'xxxxx');
define('SECURE_AUTH_KEY', 'xxxxx');
define('LOGGED_IN_KEY',   'xxxxx');
define('NONCE_KEY',       'xxxxx');

※これは、https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/

にて自動生成してくれるのでコピペする


PG4WPを設置

プラグインはPostgreSQL for WordPress (PG4WP)からダウンロードする。


ダウンロードしたzipファイルを展開し、pg4wpフォルダをWordPressのpluginフォルダへ設置

wp-content/plugins/pg4wp

pg4wpフォルダ内のdb.phpはwp-content直下へ移動

wp-content/db.php

WordPressのインストールページへアクセス

後はWordPressのインストールページへアクセスするだけ。

http://xxxx.com/wp-admin/install.php


注意

WordPressをアップデートするときは、PG4WPもアップデートを確認する。


参考

WordPress for Postgresql 備忘録

WordPressをPostgreSQLで動かす(PG4WP)