Hatena::ブログ(Diary)

Harry’s Diary / はりー日記

2007年02月13日 火曜日

PsLinkとKeyQuickの連携

| 21:30 | PsLinkとKeyQuickの連携を含むブックマーク PsLinkとKeyQuickの連携のブックマークコメント

PsLinkとKeyQuickって連携できるんじゃんと思い、Treo680(650とか700pとかでも)で使いやすくなるようにちょっと設定してみました。

主に設定するのはPsLink側になります。

まずはメイン画面。

f:id:tardyon:20070213211229j:image

「Action with single tap」にチェック入れときます。

続いてメニューから「Buttons」を起動。

f:id:tardyon:20070213211244j:image

「Back button」のDefineを選択し、どこか使いやすいボタンを押しましょう。

表示が画面のように「Defined」となれば成功です。

ちなみに私はボタン3にPsMemoを割り当ててまして、ここでもボタン3を選びました。


さて、試しにPsMemoを起動してみましょう。

書式が同じなのではてな日記の下書きで再現ですが(笑)。

KeyQuickの編集設定が有効になっていると、Shift+5wayナビキーで文字列の選択ができると思います。

で、PsLinkのタグの中を一文字だけでもいいので選択状態にします。

f:id:tardyon:20070213212102j:image

こんな感じですね。Treo680の「6」だけ選択中。

このまま、KeyQuickの編集設定で言うところの「選択時タップ」に割り当てたキーを押します。

何もいじっていなければ5wayナビキー中央です(私はPetitLaunchとの兼ね合いもあるのでShift+5wayナビキー中央に変えてます)。

すると。

f:id:tardyon:20070213212059j:image

「Treo680」というタイトルのメモが新しく作成されました。

元から「Treo680」というメモがあればそれが開くことでしょう。

そして、この状態でPsMemoが割り当てられているボタン3を押すと、前のメモに戻ることができます。

もちろんリスト表示時にボタン3を押せばカテゴリーの切り替えをすることもちゃんとできます。


つまりPsLinkでリンクを開くのを「タップ一回」にすることで、KeyQuickの機能である「選択中の文字列をタップ」を利用し、スタイラス無しでリンク先を辿れるようにしています。

リンク先からリンク元へ戻るのも、メモ帳アプリをハードキーに割り当てていれば、そのキーを押せば戻れるよというように判りやすくすることができます。(^^


ゆうさんのこのエントリを見て思いついたので、自分の備忘録も兼ねてエントリ化しておきます。

PsLink
http://www.jove21.com/palm/palmware/pslink/
KeyQuick
http://www.jade.dti.ne.jp/~imazeki/palm/KEYq/
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tardyon/20070213/1171369855