Hatena::ブログ(Diary)

ラブコメ政治耳鳴全日記(本館) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-04-01

[]漫画讀本 1968年2月号[文藝春秋漫画讀本 1968年2月号[文藝春秋]を含むブックマーク

f:id:tarimo:20170401231038j:image

 1968年つまり昭和43年と言えば遠い昔であるが、明治大正ほどの昔というわけではない。生活様式や人々の意識の根幹のところは今の我々とほとんど変わらない。当時既にTVがあり、電話があり、車があり、通勤ラッシュがあり、電気カミソリがあり、ヌード写真があり、ホステスがおり、仕事や家庭に苦労が絶えないサラリーマンはいたのであって、今の時代と違うところと言えばインターネットがないこととキャリアウーマン(この言い方自体が古いか。「総合職の女」のことです)がいないことぐらいなのである。というか、インターネット総合職の女もないそっちの方が楽しそうというか生きやすそうな気がしないでもないが、まあそれはともかく、いくら後世に「高度経済成長の時代」「日本が元気だった時代」「希望に満ちあふれていた時代」と言われようと昭和43年当時の大多数のサラリーマン庶民仕事や家庭や社会に不安を抱えながら毎日を過ごしていたのであり、一時の清涼剤を求めて本書を買っていったのである。その本書は平成29年の我々が読んでも十分楽しめるが、しかし49年も前の本であるから時々今の感覚ではわからないところも出てきて、その違和感が俺のような昭和コレクターにはたまらんわけでありまして、皆さんも一緒に楽しんで下さいませ。

  

ホステスをモノにするには>

 しかし、「君はよく働く」と言ったのは、口説文句としては及第かもしれません。マンモス・バーに勤めている女は、長野新潟静岡出身が多いので、働き者と言われて喜ぶ傾向があるんです。

 このあいだ、同じようなセリフを言って、うちの女をモノにした男がいましたな。

男「君は実用的だね」

女「それ、どういう意味?」

男「所帯持ちが良くて、しかも、連れて歩いても恥ずかしくない女ということさ」

 ざっと、こんな調子でしたなあ。

<私の東京街歩き>

 夜遊ぶ事の楽しさを教えたのが六本木族であるように、極端な言い方をすれば、「みゆき族」は複数によるセックス面白さを世間に広め、「ゴーゴー族」は秘密クラブに出入りする事のスリルを教え、「フーテン族」は、遊びの極まりつくところ、薬と怠惰セックスしかない事を、大人達に実演してみせる。

 だから東京盛り場は、かつて吉原にしろ浅草にしろ、とにもかくにも大人が作り上げたのに、今では全て若者開拓したものであり、そこに特有薄っぺらさ、安手な感じがつきまとい、遊びのルール、しきたり、粋という印象が皆無である

新年女の子――そのプレーポイント

 三ナシ嬢(家族なし、ヒモなし、金なし)は皆若く、紡績の従業員喫茶店店員から最近転身してきた素人っぽい子が多いというのである

「この子らかて、お正月には人並みに祝いたいのに一人ぽっちやから、人恋しの一念に燃えとる。そこを誘うと、こら誰でも参るわけや」

 だから何がなんでもナオンちゃんと遊ぼうという連中は、抜け目なくお正月のアルサロに繰り込んでくるのである。お客と話し合いがつくと、午後8時でも、午後9時でも、

マネージャー、お願い、早引けさせて」

ホステス嬢が頼みに来る。

サラリーマンのための被害者学

 企業というものの中では、恐らく社長一人を除いて、あとの社員は皆被害者だ。まあ重役になれば、利益に応じて何パーセントかの役員賞与をもらうからいくらかいいとして、あとはお仕着せ、どれだけ会社が儲けても、もらう給料は決まっている。

 ガミガミ言われ、ただ働き同然の苦痛を強いられ、税金だけはごっそり取られる…。あなたがサラリーマンなら、現代における最もみじめな被害者自分である、ということが身にしみてわかっているはずだ。

 その認識がだんだん強まってくると、サラリーマンは二つの形のどちらかで反応を示す。一つは利権あさり、もう一つは逃避である

<そんなこっちゃ浮気はできん!>

 浮気をするためには、まず女房を完全に征服しとかねばならぬ。ご主人が夜遅く帰宅になっても、起きていて、玄関に出迎えるくらいの躾は、ちゃんとつけておきなさい。先に一人で寝ているようなら、布団めくって、蹴飛ばしてやるくらいの根性必要。胸を張って、男が強くなれば、女は逆にアンタを、頼もしく思い、絶対服従するモンだ。男の行動に対して、女に文句つけさせないような訓練をしておく事だ。仕事交際で常に生活にムラがあるんだということも理解させる必要がある。アンタの行動を信用させるためには、グンと高姿勢の方がいいんだ。

<その他の記事より>

 どうも最近サラリーマン根性というのは面白くない。毎月25日の給料日、会社によっては10日と25日の2回払いのところもあるが、午後4時過ぎになるとデスク周辺が騒然となる。ハンコをついて給料袋を貰うせいではない。手形交換所臨時に開設されるからである言わずと知れた麻雀手形交換である

   

 ハイミスは、暇な時には何にもしていない。

 本を読むでなくスポーツをするでなし、趣味の方はいたって不調法、夏の海岸に出てもウクレレ一つ弾けず、冬の室内パーティでは、エレクトーンなんかどう触っていいのかもわからず、野暮な長いスカートはいてうろたえる。

 お稽古ごとや花嫁修業も、既に内心あきらめたのか、一向に手を出さない。女も26歳を過ぎると、お稽古ごとに対する熱意はがたっと落ちるのだ。一人住んでいる部屋の掃除マメにすればいい方で、あとは本当に何にもしていない。相手がいないから

 

 日本のムスメたちは、純潔は「道徳的に」守られるべきだとは考えておらん。「世間家族の目」を恐れ、「妊娠不安」に怯えるがゆえに、彼女達はやむを得ず処女であるのだ。本来人間女性男性よりもスケベイなので、外部から来る脅迫不安を取り除いてやるか、不倫理由を与えてやれば、モロイものである。たちまちにして、処女は淫婦となってしまう。

 

 人件費ますます高くなっていますが、サービスだけはきちんとしないと店は繁盛しません。だから機械に任せられるところには、できるだけ機械を使う工夫が大切です。

「いやあ、驚いたねえ、ドアを開けるとすぐに、美しい女性の声で『また、いらっしゃいましたね。さあ、どうぞ腰を下ろして下さいませ』と来たね。それから『どうぞ、ごゆっくり…あら、そんなに緊張なさらないで、まあ顔を赤くなさって』だ。まだ続くんだ。『いつもたくさんのおみやげを恐縮ですわ。あの…すぐ水をお出ししますわ。おや、もうお帰りですの。では明日もまた、食事のあとでどうぞ』ってんだからまいったねえ」

「何だい?どこの喫茶店だ?」

「いや、そうじゃない。テープレコーダー付きの便所なんだよ」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tarimo/20170401

2017-03-25

[]高円寺池袋明石前橋木更津セイレン 高円寺、池袋、明石、前橋、木更津、セイレンを含むブックマーク

2017年1月9日〜

  

2017年2月

 

2017年3月

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tarimo/20170325

2017-03-11

[]殺人はフルコースのあとで/辻真先新潮社新潮文庫殺人はフルコースのあとで/辻真先[新潮社:新潮文庫]を含むブックマーク

「あなた、『警察でも探偵でもない素人殺人事件推理して鮮やかに真相を突き止める』ような話が死ぬほど嫌いなんじゃなかったんですか」

「ええ、もちろん嫌いです」

「じゃ、何でこの小説を読んで、それについて書くんですか」

「いけませんか」

「いや、いけないというか…嫌いなんでしょう、ミステリーが」

ミステリーが嫌いだなんて言ってません、俺が嫌いなのはスイーツ(笑)いかにも喜びそうなハンサムでキザな男が探偵の役回りをする小説』ですよ。そうでなければどんどん読みたいと思っているほどです」

「そうするとこの小説は…どうなんですか」

「読んでないんですか、『土曜日の女』さんは」

「もうそ名前やめてくれませんか」

「読んでないくせに口答えするなボケ

「何ですか」

「いや何でもありません。この小説の探偵役は平凡なおしどり夫婦です。この脱走と追跡シリーズで何度か紹介している『夫は泥棒、妻は刑事』のような奇抜な設定の夫婦ではなくて、夫は新聞記者で妻は旅行代理店の社員という、ごく平凡な夫婦です」

「あ、わかりましたよ。旦那さんが新聞記者から殺人事件記事にして、その過程推理していくというやつですね」

「おー、よく気が付きました…と言いたいところですが、殺人事件を呼び込むのは旅行代理店社員の奥さんの方です。実はサブタイトルがありまして、その名も『長良川鮎づくしツアー死体つき』です。どうですか」

「…前時代的というか、昔の2時間サスペンスドラマみたいなサブタイトルですね」

「まあ20年以上前のユーモアミステリーですからしょうがないでしょう。それで奥さんの会社が主催するグルメツアー旦那さんも参加することになって、何と殺人事件が起こるわけですよ。そして!」

「…」

「…『警察でも探偵でもない素人殺人事件推理して鮮やかに真相を突き止める』わけですが、しかし!」

「…」

「…まあ、面白いですよ」

「いや、説明になってません」

「じゃあ言わせてもらうがね、どう説明しろって言うんだよ」

「私に怒ってどうするんですか」

「こんなもん、あれやがな、真剣に読む方がおかしいわ」

「そんな事言っていいんですか」

「いや別にけなして言ってるんじゃなくてね、本作はい意味で肩の力を抜いて読める本というか、別に社会派ミステリーってわけじゃないんだからね、『休憩のための1杯のコーヒー』みたいな感じで読むのがいいんですよ、こういうのは」

「はあ」

「読めばわかりますが、この小説は作者自身が『気楽に、軽い感じで読んで下さい』って言っているような文体ですからね。読者側もそういう作者の意図に乗って読むのが正解なんです」

「なるほど」

「それでも十分面白く読めるのはなぜかというと、どこにでもいる普通の平凡な人達殺人事件をぶつけて、その時に登場人物たちが感じる恐怖と快楽を余計な小細工なしにそのまま読者側に提供できているからです。すぐそばで殺人事件が起きて、しか犯人がわからないどころかどこに隠れているかからないというのは恐怖であることに違いないですが、一方でそれは自分達が小説やドラマに出てくる名探偵になることができるという期待も抱かせます。そして実際に登場人物のうちの一人が都合よく名探偵となるわけですが、その名探偵を囲んで平凡な人達がああでもないこうでもないと話すことで読者すらも何となく事件に参加しているような感覚が醸し出されるわけです。そのようにして俺は本作を楽しく読みました」

「それは良かったですね」

しかしながら一番面白かったのはですね」

はい

名鉄新名古屋駅についてのところですね」

「…は?」

「というわけでまた次回」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tarimo/20170311