たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

関連:たろのページ(アニメの話はこっちには無い様です)。

2016-07-02 -------------------------------------

[]昨日のブックマークは無し

まりネットを見なかった。

[][]ReLIFE 1話

大学院を出て就職するも3ヶ月で会社を辞めた海崎新太はニートをやっていた。友達にも会社を辞めたことが言えず,親から仕送りも止められようとしていた。ある日飲んだ帰りに夜明了という男に,ニート更正の被験者になれば一年間飲食を保障するといわれる。酔った勢いで引き受けた新太。それは薬により若返り高校3年生をやり直すというものだった。早速高校に入るものの,高校生としての立ち回りを忘れており,戸惑うばかり…という話。

原作は未読。一見として漫画原作とわかるアニメらしくない地味な絵柄。それ自体は嫌いではないのだけど,そもそも,私くらいのおっさんには27歳も高校生も誤差にしか思えず共感できなかった(苦笑)。27歳くらいだと,まだ高校からやり直さないとだめなくらい,行き詰まってますかね?…。

まぁそういう入れなさもあるが,キャラ高校生といいながら流行萌えデザインじゃないので,全体的に落ち着いた大学生くらいに見える。まぁ地味というか落ち着いているというか…。

と,それはそれでちょっと変わったアニメとしていいかな,と思っていたらBGMが妙な感じ。エンドロールを見たら,なんと坪口昌恭音楽で,演奏も坪口さん,菊地成孔,そして芳垣安洋でぶっ飛んだ...。いや,すごいメンバーだ。ってことで視聴継続決定。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20160702

2016-07-01 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20160630)

働けるのに生活保護をもらう人を恥ずかしく思うこと自体は、悪くないと思うのだけど、セーフティネットはある程度あったほうがいいと思うよ。何のために社会を作っているかからなくなってしまう。/藤島氏の現嫁を口説いているのがエロくてまいった。/憲法とかね…本当は、行政が配ってもいいんじゃないかと思う。教科書に載ってたように思うし、ネットにもあるんだけどねぇ。/がんの発症率が日本海側が多い理由を知りたい。/EU離脱に反対のイギリス人は「いる」と今日ラジオで言っていた。そりゃいるだろうよ。問題は多いか少ないか…だとは思うが。

[][]クロムクロ 13話

新たに天から降ってきたエフィドルクのメカジオフレームクロムクロは協力し迎え撃つが逃げられる。敵が潜伏する中、学園では文化祭実施され、エフィドルクに関するパネルセッションを由希奈たちが実施する。しかしそのさなか、壇上の由希奈に甲冑をきた女性が斬りかかる。剣乃介が割って入りとめようとするが、その女性はユキ姫だった。その剣は剣乃介の胸を貫く…という話。

前回でてきたエフィドルクの女性の敵はユキ姫だろう、という話はネットでさんざん予想されていたので、驚かなかったけど、女性の敵が二人同時に降りてきていたのは意外だったし、それよりも地球側がすでに敵と互角に戦ってることのほうが驚く。ロシアが核爆弾使うほどの敵だよね。いいのか国連。

さてユキ姫登場ってことで三角関係が…じゃなくて、やっぱり剣乃介の正体が気になるし、剣乃介は寝ていたが、ユキ姫らは覚醒していて、歳をとってないのだろうか?。彼らは人間ではないのか?。

まぁ目下のところ、剣乃介の安否のほうが重要か。前の敵の死んだのでエフィドルクは不死ってわけじゃないようで…。

[][]甲鉄城のカバネリ 12話 (最終回)

パワーアップした生駒が美馬を倒し無名も助ける話。

美馬を倒し無名を助ける展開は予想通りだったけど、生駒が死ななかったのはちょっと意外だった。まぁゾンビ全然片付いてないし、パワーアップしても正気を保ってる生駒とかいないと、残された人類の未来希望なんて持てないから当然なのかもしれない。

それにしても、結局美馬は何がしたかったのかよくわからなかった。父親である将軍に追われたことを恨んで殺そうとしたことはわかるけど、そのあとに首都をぼろぼろしにしてゾンビはどうするつもりだったんだろうか。どこかに逃げるあてがあったのか。それとも自分ならゾンビを一掃できると思っていたのか。そもそもカバネリである生駒にも自信たっぷりに襲ってきたが、美馬自身特殊能力を持っていたのか?…いまひとつからなかった。

そういうわけで、お米がおなかいっぱい食べられる世界を目指すというところで終ったけど、もともとの障壁は美馬というよりゾンビなわけで、何かめどがついたの?、結局逃げてるだけじゃん…というおちだった気がする。生駒が助かったこと一応美馬の部下も仲間になったってことで、一応戦力的には増、あと生駒の空気銃である程度ゾンビ駆逐できるようになったとは言えるのだけど。というわけで彼らの闘いは続く…。

全体を通しては、やっぱり作画スゲー、に尽きるだろう。美樹本晴彦のイラストがそのまま動いているような作画は素晴らしかった。話はそこまでひねりはなく普通。まぁでもつまらない…というわけでもない。美馬にまるで肩入れできず、本当の悪役だったのは話に深みがないところだけど、まぁ絵が濃いから自体は薄くしようという狙いだったのかもしれない。でも主人公が暑苦しくて…。ヒロインか準ヒロインになるかと思われた菖蒲もまるで生駒に絡んでこなかったのも肩透かしだった。まぁその分生駒は無名一筋だったわけで、それはそれで好感が持てるといえばそうだけど、きれいな女性キャラが多い割に、あまり見せ場はなかったな。

作画という点ではいものを見せてもらった。ゾンビものが私は苦手なので、最後まで見れたということ自体、他の部分が良かったということでしょう。お疲れ様でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20160701

2016-06-30 -------------------------------------

[]昨日のブックマークは無し

まりネットを見れなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20160630

2016-06-29 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20160628)

子供先生をバカにして話をまともに聞かない状態で,何年も学校で過ごすことが子供にいい効果をもたらすかね?。その子供の将来が心配

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20160629

2016-06-28 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20160627)

電動バイクが月額いくらというのを見て、この料金モデル、成り立つのか?と思った。/イギリスも世代間抗争なのか。

[][]ふらいんぐうぃっち 11話、12話(最終回)

かいクジラが空を飛んでたり、圭がホットケーキやいたり、真琴がローブつくったり、祭りに行ったりする話。で終わり。

巨大がクジラが出てきたり、光る魚が出てきたり、魔女ものらしいところもあったけどあくまでも日常系。だいたい、この作品魔物が出てきてもきれいな自然現象的な描き方でファンタジーぽくない(苦笑)。

まぁそういうわけで、日常のままで終了。ヤマナシオチナシ。だがそれがいい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20160628
2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |