たろぁーるの日記

たろぁーる氏が書いているぶろぐ。主にアニメとかマンガとかテレビの感想と一人言。ネタバレ結構あります。

関連:たろのページ(アニメの話はこっちには無い様です)。

2017-07-26 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20170725)

電車子供を連れて行く件については,10年前と今ではずいぶん世の中の目が変わった気がする。/「まだ出来るよね」だけで無駄時間をかけている仕事が多い。

[][]恋と嘘 4話

莉々奈と根島への厚労省によるゆかりシステム説明。あと放課後美咲とのキス。あとキャンプに行く話。

美咲はやっぱりまだ根島のこと好きなのね。ところで年齢で政府通知が繰るなら,同級生にも来てるはずなのに,美咲もそうだけど,他の人が話題にしてないのはどうしてなんだろう?。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20170726

2017-07-25 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20170724)

地方の選挙を,党だけで語るのはどうなんだろう?特に浮動票が多いというこの時代。/そうかアメリカも40年も空母作ってなかったんだ。

[][]プリンセス・プリンシパル 3話

プリンセスとアンジュは幼少の頃の知り合いだった。しかしそれをみなに隠し,プリンセスはスパイと手を組む。お付きのベアトリスは納得がいかない。そんな時,飛行船にある共和国の紙幣の印刷型の原版を取り戻せ都の指令。アンジュは潜入するがベアトリスが付いてきてしまった。アンジュを信用できないと思っていたベアトリスだがプリンセスに疑いが行かないように身を挺する姿を見て,氷解する…という話。

だいぶ状況がわかって面白くなってきた。アンジュとプリンセス関係はほかの人にも秘密なのね。それが話をややこしくしてる。あとキャストを見たら,ベアトリスに声真似された敵の名前すらなくて笑った。というかベアトリスは声色をまねる,ということで,これから協力するのかしら。

ドロシーが飛行船に乗ってなにか工作したのか?よくわからなかった。

最後のベアトリスとアンジュのやり取り(黒トカゲ星の塩)はウィットに富んでいてよかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20170725

2017-07-24 -------------------------------------

[]昨日のブックマークは無し

まりぴんとくるような話がなかった。

[][]ナイツ&マジック 4話

エル達の試行錯誤は,ナイト革新を進めていたが燃費問題が残っていた。キッドとアディは言われていたように父親に状況を報告。しかしそれによりエル達のナイトは他のところに持っていかれてしまう。その運搬の途中何物かにより魔物が襲ってくるが,新しいナイツとエルにより撃退。エルは公爵に問われるが,あっさりとエルの取り組みを説明されてしまい戸惑うという話。

公爵はエル達が不審な動きをしてるのかと疑っていたが,何も隠さずあっさり話して肩透かしという話でいいんだろうか?。あの不審なお姉さんは公爵関係なのか,それともまた別の企みをしてるのだろうか?

この世界王国敵対する別の国とかあるんだろうか?今のところ魔獣ばかりと戦っているが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20170724

2017-07-23 -------------------------------------

[]昨日のブックマーク(b:id:taro-r:20170722)

中国のことを書かれても,基本的ものが違いすぎて真似は出来ない。日本は中途半端市場が大きいんだよなぁ。

[][]恋と嘘 3話

由佳吏は莉々奈に呼び出されて家に行ったら美咲がいた。莉々奈は二人に毎日キスをしろという。学校で由佳吏と美咲キスをしていたら,悠介がそれを見ていた。悠介の委員会が終わるのを待っていた由佳吏は教室で寝てしまうが,その由佳吏に悠介は顔を近づけた…って話。

莉々奈の言動は突拍子もないが,恋愛経験のない莉々奈が由佳吏と美咲恋愛を見たい…という衝動に駆られているってことか?。むしろ美咲の行動の方が謎。学校でのキスなんてする必要ないのだけどやってしまうあたり,美咲は由佳吏をまだ好きってことか?。悠介も絡んできて複雑四角関係。悠介の相手って処女じゃなかったとかそういう話?

[][]サクラダリセット 16話

ケイケイへの気持ちを表に出し始めた春崎を受け入れる。一方菫は浦地に自分魔女の二代目であることを告げ交渉を持ちかける…という話。

浦地の能力自分記憶を消せること。消せるゆえに未来も菫は読むことが出来ない。…なのかな?記憶というより,身に起きたことをなかったことにするとかなんだろうか?。若いのに管理局を仕切ってるのは,実はすごく歳とかそういうことか?。咲良田を出て行く人がなぜ能力記憶を失うのか不思議なのだけど,浦地がやってるんだろうか?。もしそうであれば,咲良田の人すべての記憶を失うことが出来れば,咲良田の人から能力を奪うことが出来るが,浦地の狙いはそれだろうか?

相変わらずトリッキーな会話で付いていくのが難しい。菫は決して咲良田の能力を消すのが狙いではないと思うのだけど…

[][]Re:CREATORS

総集編ですらなく,作品解説ですらなく,声優のお遊びだった…。

[][]将国のアルタイル 3話

マフムート帝国工作員から攻撃を受けるが,天幕下の人質のため手を出せない。耐えている合間に,イスカンダルとシャラらにより天幕は引き剥がされる。イブらハムの判断でザガノスを城下へ招きいれ帝国の進軍を止めた。無事ヒサールの開放には成功したが,イブラヒム,マフムート,ザガノスは将軍会議にかけられる。イブラヒムは事情があったとはいえ,一度は反乱を起こしたため極刑かと思われたが,何も問われなかった。ザガノスも不問。驚くマフムートだが,マフムート自身将軍から降格されてしまった…という話。

前回マフムートの行動が将軍の行動ではない…と書いたが,それこそ狙いだった。一度将軍から落ちて,ここから諸国を旅をして成長するという話なのか。少し面白そうに思えてきた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20170723

2017-07-22 -------------------------------------

[]昨日のブックマークはなし

ちょっと数日病院にいて,今日退院しました。というわけで,ちょっとネットはあまり見てません。

[][]プリンセス・プリンシパル 2話

学園に転校してきたアンジュは先に潜入していたドロシーとスパイ活動を始める。王国舞踏会に潜入し,亡命を企てる高官に近づこうとする。王女を巻き込みアンジュ王女に化け,鍵を奪う。しかしそれを王国が探し始めると王女はアンジュに交渉を持ちかけるって話。

なんかたくさんのキャラ説明もなく出てきた前回に比べ,今回はアンジュの初仕事的な感じでわかりやすかったと思ったら,こちらの方が時系列には先なのか,というか前回が13話なら前回が最終回なの?。

結構交渉が鍵となっているようで,バッググランドで情報戦をやっていたりして面白い

[][]地獄少女 宵伽 2話

お笑い女性コンビのナナコとハル,うまく行っている様だが実はナナコに強く依存しており,逆にハル自分の才能の枯渇に悩んでいた。解散を持ち出すと恐れたナナコがハル地獄送りを依頼したが,動機が判らず困惑する三藁。しかしそれはナナコがハルに持ちかけた心中であり,ハルもそれを受け入れた…って話。

今回は誰が依頼人かわからないという仕掛け。とはいえ知っている三藁も戸惑っていたように,動機いまいち判らない感じだった。強度の依存と芸の行き詰まりによる心中のようだけど,お笑いに失敗したくらいで死を受け入れるものだろうか。これも地獄少女

[][]メイドインアビス 3話

リコがレグを連れアビスに降りる話。

リコの思いの強さはわかるが,あれだけ呪いの怖いを判っているアビスにあっさり降りてしまう辺りに驚く。帰還時にのろいがかかるから,降りて母親と会うまでは大丈夫ということなんだろうか。もうすこしレグと浅いところに降りて能力確認するとかそういうのがあると思っていたのだけど。これも話を進めるためか?。

作画はまだ大丈夫

大人たちは本当にレグに不信感をもってないの?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taro-r/20170722
2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |