Hatena::ブログ(Diary)

タラステ@コミスタ

2007-12-23 年末年始は休みたい

うぇwwうぇっうぇwwwwwwwうぇwwうぇっうぇwwwwwww 2009/07/28 18:46
ドーユーリメンバー?私アルパカに似てるタケシねwwwwwww
んぉふーww 雑誌に載ってたのやってみたらコスプレ姫の魔法のフィラチオにハマっちゃって思考回路がフィラチオ中心になってるぉwwwwww
てか気持ちよくしてもらってんのに何で5万貰えんの? カオスwwwww

http://netoge.bolar.net/949YLPt/

俺の銃が火を噴くぜwwww俺の銃が火を噴くぜwwww 2009/08/08 04:29
始めた途端に誘いの嵐だったからちょっとパニクったわwww
とりま玩具プ レ イ好きのビ ッ チを選んで楽勝で即 ハ メ〜(^-^)v
ハ メ て 5 万 貰 え るとかカルチャーショックだったけど、
これやらないやつはただのバカだろwwwwwwwww

http://ene.creampie2.net/RTXZ8Is/

じゃぶぁー!!!!じゃぶぁー!!!! 2009/08/11 23:11
やっぱコスしてもらってハ メ るのが一番萌えに燃えるって!!!!!!
昨日はエ○ァの新キャラコスしてもらったもんねー(*´Д`)ハァハァ
興 奮しすぎて無意識に服着せたままパ ン ツ ビリビリに破いてバック突きしまくっちゃったwwww(テヘw)
既に次はハ○ヒで決定してるしwktkが止まらんねぇぇぇwwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/Oswwuvg/

これはいいカオスwこれはいいカオスw 2009/08/19 02:10
自分の事「キャメロン」て呼んでる痛い女と会ったんだがお嬢すぎワロタwww
キャメロンにとっては1 万とか紙きれらしくて、
普通にセ ク ロ ヌするだけで2 0 万くれたしwwwwwwwww
マジキチwwwwwwww

まーそのおかげで俺が潤ってるんだからもっと狂って下さいwwwwwwwww

http://yuzo.plusnote.net/QsUePtG/

くっちゃいの!くっちゃいの! 2009/08/24 11:28
3日お風呂入らずに来て!!って言われたから
我慢してその通りにしたんだが、行為を始めた途端に
チ ン カ スだらけの俺のテ ィ ン コを咥えてキレイにしてくれたわwwww

とりあえずされるがままでフィニッシュしたんだが、
ボーナス付けるとかイミフな事言われて8 万ゲットしたよ(^^;ラッキー♪

http://okane.d-viking.com/u7cADqv/

2007-12-22 師走とはよく言ったもんだ

[]


>はじめの一歩(82)

82巻まで来て

よくこれだけ1試合を続けられるなと、関心します。

もう飽きた…などと言う人も多いですが、

僕はけっこう毎巻楽しみにしてますよ。

連載開始から17・8年ですかね?

長くやってるからエライということじゃないですけど、

いまだに一歩の活躍を毎週楽しみにしている人が

たくさんいるわけですから、

こんなに凄いことはないですよね。



>あひるの空(18)

まままままま円さーーーん!!!

という感想の他は特に思い浮かばない。

漫画でくらいいいじゃないか。

夢を見させておくれ…


>クロス・ゲーム(10)

なんかこう…

イキイキしてるような気がしますね。

やっぱ野球漫画が好きなんでしょうかね、

あだち充は。

それとも読む側が、

あの同じ顔のキャラクターたちが

野球以外のことをしているのが気に食わないのか…。

まぁなんにせよ楽しく読めるのはいいことだなす。

2007-12-12 え?やばいんすか?


>PLUTO豪華版(5)

いつのまにか通常版が書店に並んでたので

あわててアマゾンで購入。

近所の本屋が何冊か仕入れてたので安心してたんですが…

売れないのでヤメたそうです。

これ高いしなぁ…

正直、僕も読めたらいい方なんで通常版でもいいんですが、

1巻を豪華版で買っちゃったもんで…なんとなく。

まぁあと1・2巻で終わりそうだし、まぁいいか。


今回のおまけ別冊子は浦沢直樹が

大学生のときに小学館新人賞を取った作品、「RETURN」。

やはりそんなに、面白い!というわけはないんですが、

なんというか後ひく悲しさがありましたよ。

編集はこんなところから金の卵を見つけるんですねぇ…

ラストの別案がいくつか載ってたりで

当時、苦悩して描いたのが窺えます。

>北京的夏 BOX版

いやー

ようやく読めましたよ。

中古で値段が3000円〜5000円したもんで

買おうか買うまいか悩んでたんですが。

なんと講談社BOXで蘇っているとのことで。

そういえば「すみれの花咲く頃」が

ドラマ化だか映画化だかでBOXで発売されたときに

「北京的夏」も出るとか書いてあったか。

しかも、「甘い水」も講談社BOXで発売中だそうです。

これは上下巻中古で3500円で買いましたねー

腹立つねーうふふ


お話は、

日本のトップアーティストのドラマーである主人公

音楽に行き詰まり中国へ。

国に弾圧された音楽の中に真のロックを見つける…という感じでしょうか。

やはり松本剛はいいですね。

心昂ぶらせるものがあります。

ちなみに「甘い水」はトラウマ系ですので

読むときはご注意を。

2007-12-07 てっぺんヤバいっすね。とか言うから

[]


>BLEACH(31)

なんというか…白いよね。

全体的に。

ジャンプで読んでるときも感じてますが、

白いです。まるで洗剤のような(ry

味があるのは分かるんですが

もうちょっと背景とか描いて欲しいよね。

キャラもやたらアップとか豆粒みたいなんとかばっかだしさー

まぁタイトルがタイトルなだけに…許されるのか。


>ホーリーランド(16)

ドラッグを売り捌くキング一派に対し、

ついにイザワが立ち上がる。

だがマイ誘拐未遂を目の当たりにし、

またも“不良狩り”として一人、

ユウは街の闇に姿を消した…みたいな。

いやー面白いですな。

実際に喧嘩なんてのはあんまり見たことないので、

まぁだからこそ興奮して見れるんでしょうねー

日本のどっかじゃまだこんな街があるんですかね。


それにしても八木の小物ぶりは秀逸。

殴ってやりたい。

2007-11-30 最近床屋がキライ

[]


>リアル(7)

チームとして団結の見え始めたタイガース。

宿敵ドリームスとの対戦に向け

激しい練習に明け暮れていた。

そんな中、自分の道を見失ってしまう野宮だったが…みたいな。

障害者たちの苦難の物語を描いていくもんかなと思ってたんですが、

車椅子バスケを熱く盛り上げているあたり

ちゃんとスポーツ漫画にしていくんですかね。

面白いですが、一回実際に車椅子バスケ見てみないと

いまいち分かりづらいかなー


>荒川アンダーザブリッジ(6)

なんとなく、なんとな〜く

物語の核心へと近づいているような気が。

そもそもこの漫画に物語なんてものがあるのかどうか…

まぁ愛ある展開を期待してます…

そんなに意外性のある笑いはないですが

なかなか楽しませてくれますねー

あと、今回のカラーはいまひとつ。

2007-11-29 冬ほど夏が恋しいもの

[]


>風光る(23)

いよいよ総司がセイちゃんにメロメロ

少女漫画らしくなってきましたなー

幕末の騒動に沿って上手いこと色恋沙汰してます。

伊東甲子太郎の扱い方なんかは関心しますねー

新撰組側から見ると非常なイヤな役どころですが、

キャラクターを過剰に演出することで

ファン層を増やしつつ(笑)憎めない悪役にしてます。

一応史実に倣って進んでますんで

登場人物たちの末路は周知のことですが、

こう少女漫画として見ると

なかなかどうして楽しめるもんですね。


>バーバーハーバーNG

前作「バーバーハーバー」の続編。全7巻。

最終巻が出たのは一昨年くらいでしたか。

どうもインターネットで掲載されていた作品のようです。

最近多いなー、ネット漫画

NGとはネクストジェネレーション=次世代だそうで。

ようするに前作の最後に出てきた

皆人と東子の双子子供・海人と美波主人公お話

メルへんは無事子供たちにも受け継がれたようで…

独特の空気を振り撒きながら元気いっぱいに生きておりました。

前回の中心人物たちの10年後の変わらぬ関係

微笑ましいかぎりですなー。

美中年のホクロンと三十路の智子の変化ないやりとりが

個人的にツボでした…

2007-11-27 暑さほどではないけど寒いのも許せないの

[]


>はじめての甲子園(3)

…この漫画は一体どういう方向に行きたいんですかねー

ギャグが主体なのは分かるんですが、

なんかこうシリアス風に引いて終わる話があったり。

というか、いまさらマジメ路線にはいけないんじゃ…

すでに後戻りできないほどの

濃いキャラと設定になってまっせ。

まぁそんなこんなも含め3巻も面白かったです。

ぼくは相変わらず緑ちゃんモエ。


>君に届け(5)

くるみさんのそんなこんなも一段落

お話千鶴と龍のそんなこんなへ。

龍の一途な想いを知った爽子は思案を巡らせるが、

なんだか空回り気味で…といった第5巻。

今回はお涙頂戴シーンはそんなになかったですが

元気良くオタオタする主人公が可愛くて和みました。

あれですね、

不運で健気な主人公というのは人々に愛されますね。

フルーツバスケット」みたいな感じの。

この漫画もかなり売れてるようですよ。

2007-11-23 暑がりで寒がりはヘタレらしいぞ

[]


>皇国の守護者(5)

えええ。終わりっすか…。

まぁ終わりってのは聞いてたんですが。

ああ残念…

続きは小説で読めってさ…


最終巻も直衛の豪胆と卑屈に感動。

セリフ一つに身震いするような

熱い感情が込みあがってきましたよ。

そういえば義姉が初めてまともに出てきましたなー

良いキャラクターだ。

他のキャラが魅力的なだけに

主人公の顔の造形がみすぼらしく見えてきまして。

そこがまた魅力なんですかね。


話、絵、構成、それぞれが素晴らしく

漫画としては最高のレベルだと私は思います。

5巻という短いものなのが残念ですが

まぁ長けりゃいいってもんでもないし、

長く続くとボロが出るもんですしね。

高い水準で魅せているうちに終わるのも読者のためかも。


>この恋は実らない(3)

こちらも完結。

まぁこの恋が実ったか実らなかったかは

読んでいただくとして。

やっぱり結局最後まで

主人公はイケ好かないやつでしたよ…

イヤなイケメンが改心するなんて…イケ好かないよ!

僻み妬み嫉み含みまくりでお送りいたしております。

でも主人公が女だったら結構好きかも…

うーん、そんなもんか。


まぁ完成度としてはこちらもかなり高いですよね。

面白かったです。ええ。面白かったよ。

前作「EVIL HEART」とはまた違った趣向の作品でしたが

得られる感動は似たようなものでした。

また次の作品も期待してます〜

2007-11-21 寒いのは好きなんだけどな

[]


>のだめカンタービレ(19)

ジャン・ゆうこのバカップルと共に

音楽の都ウィーンへとやってきたのだめ千秋

そこでR☆Sでコンミスを務めた三木清良と再会する。

パリでは黒木くんとターニャに進展があったり…

そしてそして、読者待望のあの男が

ついにパリへとやってきた…みたいな。


毎巻、亀裂の入る主人公カップルですが、

さして修羅場になることもなく

グダグダと仲良くやってますなー。

微笑ましいこってす。


>BECK(31)

アヴァロンフェス、終了。

あれ、まだこの漫画終わらないのか。

まぁたぶん次で終わりでしょうね。

ついにエディ・リー最後の曲を聞けそう(?)です。

2007-11-19 冷えますな…色々と

[]


>ヤンキー君とメガネちゃん(5)

面白いすな〜

破天荒な主人公たちの非常識な思考・行動が

日頃のうっぷんをスカっとさせてくれるような。

ちょっとキャラクターを増やしていく傾向があるので

それはヤメといて欲しいところですが…

今回は前生徒会の3年生と対面。

紋白高校秘密を知ることになるが…というような展開。

やっぱ人気あるんですかね?

単行本の装丁とか、オビの紙質とか、

なんか他のものよりイイような気がしますよ。

値段も微妙に高いし。


>capeta(15)

もう15巻かー

出るペース早いような。

まぁ今回は作者とカペタの座談会とか

どうでもいい企画でページをごまかしてますが。

「昴」のほうも連載再開したそうなので、

これからの曽田正人にはさらなる期待をば。


あれですなー

F−1ていうのはスゴイんですね。

はっきり言って興味がないので、全然知らないんですが。

だって車がブンブン何回も同じとこ走ってるだけで

見所がまったく分からないんですよね…

まぁこの作品がきっかけで少し興味も湧いたことですし

機会があれば見てみようかなーと。