Hatena::ブログ(Diary)

726 ゆるゆる。 このページをアンテナに追加 RSSフィード


あぬめとかMOEのめも。 印は、はてなキーワード
ついったーにかまけて更新頻度落ちまくり

12月29日木曜日

[]2011年秋アニメ総括 02:24

最終的に今期全話観てたのは、

ちはやふる未来日記境界線上のホライゾンFate/Zero

UN-GOは途中飛び飛びで。イカ娘はたまに観てたくらいかな。

全話観てた作品は全部当たりだったなー


ちはやは直前にヤフーの立ち読みで見て期待してた以上に熱かった。

恋愛よりほんとスポ根だよwでもちはやは絶対潜在的に新のこと好きだよ

これはコミックス欲しい。続きも気になるし。


未来日記は情報少なくて不安だったけど、由乃がマジキチすぎだw

気持ちはわからなくもないけどストーカーすぎて怖いよ。

でも何だかんだでユッキーもグダグダだからそのまま結婚しちゃえばいいよ!

あと登場時は何とも思わなかったみねねさんがまじで素敵。

コスプレしまくっててかわいいよかわいい。大好きだ!

6th(椿)はなかなか不憫な子でかわいそうだったな…あの子も良かったのに。

秋瀬くん渚くん@エヴァすぎて笑ったわ

OP映像が毎回見入る良い出来。


ホライゾン…キャラ絵も萌えっぽくて微妙かなーと思ってた。

話も難しくてわからんしキャラ多いし、もう中の人目当てだけで観てたけど

途中からすごく面白くなってきて、まとめスレ読んで復習までしたよ。

いやーすごく面白かったよ!これ初回で切らなくて本当に良かった!

戦闘シーン熱いし絵もいいしその背景に各キャラ色々な思いがあったり

OPシーンが本編に出てくると大興奮したしw

もう後半泣かされまくったわ。本多忠勝と鹿角の回はほんと泣いた。

いつもエロ全開の喜美の過去とかも。いい姉ちゃんだわー!

これで原作まだ1巻分?とか…嘘だろ…

二期が来年夏なんて…!遠いよ!また最初から観返したいよ!


Fateはstay night以来だなーと思ったけど、stay nightの肝心な内容殆ど覚えてなかったわ/(^o^)\

初回の1時間枠は凄まじく絵がきれいで、時臣と爺さんが綺礼中心にぐるぐる周ってて笑ったw

いやあ…これはおっさん好きホイホイだね…

時臣も綺礼も切継も好き過ぎる。声がいいってのもあるけどね!

しかしまさか雁夜がここまで私をときめかせるとは思わなかった…

おじさんおじさん言われてるけどおっさんじゃないし…でも好き!報われなさ感が!

…これ不憫萌えじゃん…('A`)ケイネス先生も割とそうよね…

あとランサーがイケメンすぎて毎回悶える。あと我様(アーチャー)…!

いやFate/Zeroはまじでキャラ萌えアニメだと思う。私的に。

聖杯なんていいからおっさんたちで何かやってたらいいのに!←

公式がウェイバーまじヒロイン設定でライダーといちゃいちゃしまくりなんだけど、そんなに私は…うん…

でも旦那(キャスター)と龍之介カプ?は微笑ましくて割と好きだw

やってること凄惨すぎだけどな!


UN-GOも途中から面白くなったなー

でも結局色々謎なままで終わっちゃって、映画観ないとわからないみたいなのがもやもや!

イカちゃんは癒しでしたよ。最終回観なかったけど。


今期は観てるの多くなかったけど、未来日記→ホライゾン→Fateが連続時間帯だったから、毎週日曜夜が楽しみだったな。

リアルで色々あったのでアニメが本当に救いになったシーズンでした。

12月7日水曜日

[]わたしの叔父さん 19:05

母親には弟がいる。

叔父さんがまだ独身だった頃、たまにうちに遊びに来ていた。

当時ゲーム機で遊んでた私たちに合わせて、自分も買って

ソフトを貸してくれたりして一緒に遊んだ。

結婚することになってベッドとTVを買い換えるからと私が貰い受けた

結婚してからはあまり会うこともなくなり、法事などで会う程度。

ただ、向こうの家が農家をやっていたので、叔父さん経由でお米を買ったり

男手が必要なときは叔父さんに頼っていた。

兄弟の中でうちの母が一番叔父さんと顔が似ている。

母は叔父さんをかわいがっていたんだと思う。


叔父さんが亡くなった。

伝聞だったり直接聞けないので定かではないが、大動脈解離によるものだったらしい。

まだ50半ばだった。

以前から糖尿病も患っていたようで、確かに少し前にうちに来たのを見たとき

昔はパンパンに太っていたのにすごく痩せて別人のようだった。

辛うじて声で叔父さんと分かるくらいだった。

母の入院時期が重なったため、母には暫く伏せていたそうだ。

私も告別式の前日に母からのメールで叔父が亡くなったことを知った。


12月3日告別式が行われた。

母の代わりに私と妹が参列した。

私は大きな百合の花を選んでお棺に入れた。

お墓は向こうの家の立派なお墓に入った。


大らかな感じの人だった。

何かあれば力になってくれる人だった。



告別式で色々思うところもあったのだけれど

書いては消しを繰り返し、書かないことにした。

カウンター レンタルカウンター T レンタルカウンター Y レンタルカウンター
Connection: close