ピンクの髪の…… このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ▲タイトルバナーはFLOさんに描いていただきました。ありがとう!ありがとう!(過去のタイトル画像などはこちら

長らくご愛顧頂きました当ブログですが、2015年4月を持ちまして終了となります。10年の長きわたって応援いただきありがとうございました。


2004|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|

2005-06-30

taske2005-06-30

[][] スピードグラファー #5 ダイヤモンド夫人  スピードグラファー #5 ダイヤモンド夫人を含むブックマーク  スピードグラファー #5 ダイヤモンド夫人のブックマークコメント

微妙OP変わってるな〜

カップ麺を初めて食べるという神楽@斉藤圭、あまりに月並みなお嬢様描写だがここは正直に萌えておこう(笑)

神楽『だって、誰かが私のおしりをくすぐるんですよ』

いや、いかなお嬢様でそりゃ無いだろ。やりすぎ(笑)そして深窓のお嬢様が猥雑な下々の世界に逃げ出して生き生きとした姿を取り戻すって展開もなんだかとってもありがち。おかまバーで踊って歌っちゃう神楽も可愛らしくてグッド。『賛美歌なら……』でアメイジンググレイスを歌っちゃう辺りもベタだな。この声も斉藤圭か?すべてがステレオタイプだけどこういうのって安心して楽しめる。

いきなり服を脱いで透明化するマダム小金井。雑賀の表情に緊張感が走る演出は最早ハードボイルドものというよりは荒唐無稽伝奇ロマン。このアニメって化け物系だったんだね。こんなの好きだよ、うん。ってところで♪うま〜のし〜っぽ、次回が気になる〜(笑)

でもOPでネタ晴らしするのはよくないなぁ。

[][] 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説を含むブックマーク  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説のブックマークコメント

初っ端から天海護@伊藤舞子なる少年宇宙に旅立つ(しかも何のために旅立ったかわからんw)は、 初野華@吉田小南美なるピンクの髪の萌えキャラが花嫁装束で現れるはで前作未見者にとっては敷居が高すぎる(汗)。しかし大量の子犬に引っ張られる華はほのぼのとしていて非常に良い。

途中で私のような前作未見者のためか、単なる時間稼ぎか、テレビ版の設定を大まかに説明してくれるのだが数が多すぎて覚えきれません(汗)。でも、護が光って羽根が生えているのは宇宙人だからというのだけはわかったので問題はないでしょう。

次回、ガオガイガーvsガオファイガー。ガオファイガーって大河原邦男のクソしょうもないデザイン藤田一己リファインしたウイングガンダムゼロカスタム(もしくはガンダムver.Ka)みたいなものじゃなくて、別機体だったのね。

[][] IZUMO #12 二つの魂  IZUMO #12 二つの魂を含むブックマーク  IZUMO #12 二つの魂のブックマークコメント

もうどうでもいいんだけど(苦笑)とりあえず押し倒されて喘ぎ声を上げるヒミコ河原木志穂萌え。どうせ最終回ならもっと濃厚にこう……

まぁ、総じて美味しいポイントがありそうで無いアニメだったなぁ。終わり。

最後の四聖獣は鼻に指突っ込んでるみたい……

[][] こいこい7 #12 驚天動地??世界の中心で、二人で一緒にナニを叫ぶ?です〜  こいこい7 #12 驚天動地??世界の中心で、二人で一緒にナニを叫ぶ?です〜を含むブックマーク  こいこい7 #12 驚天動地??世界の中心で、二人で一緒にナニを叫ぶ?です〜のブックマークコメント

前回より作画落ちてるじゃないか!(苦笑)全然期待していなかったからいいけどさ、いや、ホントに(笑)てか、ここまで来て使い回しの応酬は無いだろ。考えようによっては最初の頃の得体の知れないパワーが戻ってきているとも言える。それだけにつらい。

内容はちょっとばかりマジ話だけど今までの積み重ねがないアニメだけにつらいな〜。大風呂敷を広げて次回最終回だが……個人的にはちょっと盛り下げられてしまった感じ。(って、盛り上がっていたのか?)

[][] 超獣機神ダンクーガ #7 思い出を囮に Trapped memories  超獣機神ダンクーガ #7 思い出を囮に Trapped memoriesを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #7 思い出を囮に Trapped memoriesのブックマークコメント

獣戦機隊を引っ張り出すために士官学校を標的とするシャピロ。そしてその作戦を全く理解しないで奇襲をかけるデスガイヤー将軍。こういう流れ読めないやついるよな(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050630

2005-06-29

taske2005-06-29

[][] まほらば #25 告げる夜  まほらば #25 告げる夜を含むブックマーク  まほらば #25 告げる夜のブックマークコメント

灰原由紀夫(ジョニーではなくあれは灰原本人の声だろう)の独白、珠実@堀江由衣と隆士@白石涼子の思いのぶつけあい、珠実にやさしく声をかける恵@浅野真澄。敢えて表に出てこない黒崎親子。

目覚めぬ梢@新井里美を中心に、それぞれのキャラクターを生かしつつ、内面を見事に描いた天晴れな脚本だ。

そしてすべての結末は最終話へ。

[][] まほらば #26 まほらば  まほらば #26 まほらばを含むブックマーク  まほらば #26 まほらばのブックマークコメント

最終話。

1話から延々と伏線として語られてきたうめぼし姫と王子様の話を中心に梢@新井里美の心を開いていく。

話としてはオーソドックスだが、これまでの伏線がものすごく生かされていてこれ以上は考えられないほどのすばらしい最終回だったと思える。

恵@浅野真澄アメリカ行きと灰原の賞受賞のオチはアレでいいのかよとは思ったが。

スクエニアニメ打率は果てしなく低いので最初はまったく期待していなかったが、最初から最後まで話の内容も、作画もきわめて高いレベルで安定している、傑作だったと言えるだろう。最後まで新井里美の声には慣れなかったけどね(笑)

原作買ってみようかな…

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #12 追想幻燈  バジリスク甲賀忍法帖 #12 追想幻燈を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #12 追想幻燈のブックマークコメント

甲賀弦之介を中心に一枚岩の甲賀に対して朧@水樹奈々を頭領の器にあらずと言う伊賀。人数的にはまだ劣勢な甲賀がまさに弦之介のひと睨みで優位に立ったようだ。

恋人である夜叉丸に化けた如月左衛門と蛍火@沢城みゆきの因縁。蛍火の回想の中の夜叉丸がちゃんと如月左衛門になっていたところは芸が細かい。そしてさらに対峙するこの二人。過去に起こった出来事でなく劇中で因縁が深まっていくのが面白い。

手負いの蛍火も回想の中の蛍火も可愛いのお(笑)

[][] 創聖のアクエリオン #13 一万二千年のラブレター  創聖のアクエリオン #13 一万二千年のラブレターを含むブックマーク  創聖のアクエリオン #13 一万二千年のラブレターのブックマークコメント

熱い、熱いよ!

バロンを助け出そうとするアポロも、拘束から逃れるアクエリオンも、シリウスシルヴィアかかずゆみを『俺の仲間だ』と叫ぶアポロも、大破したアクエリオンの再合体シーンも、敵神話獣とのスピード感溢れる戦いもすべて熱いよ!

こういう熱い話ができるのも「アクエリオン」の懐の深さなんだろう。ってこっちが本当の姿か。すっかり忘れてたよ(笑)

予告に大爆笑

不動GEN『予告を信じるな!』

[][] エレメンタルジェレイド #13 守護翼  エレメンタルジェレイド #13 守護翼を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #13 守護翼のブックマークコメント

レン@高橋美佳子には夢の中でエディルガーデンをしつらえて7年が経過しクーは既に立ち去ったと言い、クーにはレンは既にエディルガーデンに旅立ったと言う。二人を円満に分かれさせる口実としてはまっとうで、このアニメにしては説得力がある。

しかし、レンをエディルガーデンに向かわせるきっかけとなった謎のエディルレイド・イヴ@寺田はるひの登場はあまりに唐突だし、ただ『来て』と言われたから行くことにしたというのはあまりにも説得力がない。

そもそもレン自体エディルガーデンがどこにあるのか、どんなところか知らないでどうやってたどり着くんだろうか…

アークエイルが胡散臭さ爆発なのは良いのだが、行動に一貫性がない。クーを狙撃したかと思えば病院に収容してるし、実にあっさりとレンもクーもアークエイル本部から抜け出してしまうのに違和感を感じざるを得ない。

全体的に脚本のツメが甘すぎる。

[][] エレメンタルジェレイド #13 守護翼  エレメンタルジェレイド #13 守護翼を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #13 守護翼のブックマークコメント

CSBS移行で何話か飛んだがわかるところがすごい(笑)水で薄めてるってことだなぁ。

て、7年経ったのか〜!と思いきや、クーもシスカ@水樹奈々も全然成長してないからウソか。これがアークエイルのやり口ってことでエディルレイドとプレジャーを切り離す算段も十分に心得ている感じ。やはり胡散臭い組織だったか。

レンと別れたクーが狙撃されるのはこのアニメにしては珍しく緊迫感のあるシーン。そしてレンに脳内エディルガーデンを与えるアークエイルの不気味さも十分伝わってくる。どうせなら目覚めたレンにアークエイルの一般職員をばったばったと切り裂かせてほしかった。(アニメ違

と言いつつ、ラストは狙撃されたクーは病室にいるし、焦ってクーに会いに来たレンはすぐに『さようなら』だし。エディルレイドの考えることはわからねぇ。いや、脚本家の考えがわからねぇ。キーア@鈴木菜穂子もそのまま逃がすなよ。(笑)そしてエディルレイドレーダーはやめれ。次はきっとエディルレイドスカウタ……(違

余談:『夢の同契格闘ゲーム』は悪夢の予感……

[][] 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説を含むブックマーク  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #2 奇蹟なる伝説のブックマークコメント

ファイナルフュージョン無しがこんなに地味だとは……。過去の映像の使い回し等々で時間を稼いでいるがかなりフラストレーションがたまる。次回ガオガイガーvsガオファイガーって、せめてそこまでやって切ってほしかったよ。ストーリーベターマンリンクし始めた感じ。

[][] 超獣機神ダンクーガ #6 小さな英雄 A kind of hero  超獣機神ダンクーガ #6 小さな英雄 A kind of heroを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #6 小さな英雄 A kind of heroのブックマークコメント

ガキ主人公エピソードで70年代アニメすら思わせるグダグダシナリオ。作画も( ゜Д゜)マズー

沙羅@山本百合子『何もかも許せないっ!』

俺も同感だよ(苦笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050629

2005-06-28

taske2005-06-28

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #3 ドラゴン退治☆そんなのむりむり?  ふしぎ星の☆ふたご姫 #3 ドラゴン退治☆そんなのむりむり?を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #3 ドラゴン退治☆そんなのむりむり?のブックマークコメント

『いやいやいや〜ん、いやいや〜ん』は毎回やるのか!?(笑)リオーネ@福圓美里にもやってほしい(作画してほしい)

目的地に着く前にプロミネンスの力を使い切らないように歩いていこうというのはご都合主義だが合理的(=子供にもわかりやすい)ってことだな。邪悪存在勘違いされているドラゴンが実は風邪をひいているだけなのでなんとかしてあげようと変身するのはまさに王道。

で、温泉のシーンは無しでつか?*1

[][] ケロロ軍曹 #64  ケロロ軍曹 #64を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #64のブックマークコメント

『生乾きの洗濯物をニョロロにぶつけてその攻撃をかわす』というネタをもの凄く薄めて間を持たせたエピソードが果たして面白いのかは疑問。臭そうなイメージ(笑)先行の上にニョロロはグロキモい。

夏美@斎藤千和『あ〜っ、それ私の!』『私の!』『あたしの』『あ・た・し・の』

は笑える。

後半エピソードは『ドロロのトラウマ』→『ケロロのトラウマ』って落ちが読めてイマイチだったな。

[][] 超獣機神ダンクーガ #5 戦場の聖少女 Maiden in the battlefield  超獣機神ダンクーガ #5 戦場の聖少女 Maiden in the battlefieldを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #5 戦場の聖少女 Maiden in the battlefieldのブックマークコメント

ローラ@藤原理恵登場。今声聞くとあり得ないキャスティング。激しく見る気を削がれる。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験  ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験のブックマークコメント

レイン@後藤邑子の呼びかけに『はいは〜い』と元気よく応えるファイン@小島めぐみが微笑ましい(?)*2

てか、なんで1日に2本も子供番組を見ているのか俺は(苦笑)しかも3話ではまだ伏線に過ぎないエクリプス@皆川純子との接触もあって意味不明。でもたぶん大丈夫なのでこのまま見続けることにする。サブタイトルはファインのドキドキ体験ってことなのだがそれがこのアニメ流にコミカルに大げさに描かれていていい。ファインとレインの間の緊張感も面白いな。

『いやいやいや〜ん、いやいや〜ん』(笑)

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #7 人肌地獄  バジリスク甲賀忍法帖 #7 人肌地獄を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #7 人肌地獄のブックマークコメント

なんとも形容しがたいお胡夷@木村はるかの術(技?)正直言ってグロテスクで正視に堪えない。いや、作画はそれほど気味悪くないのだが、お胡夷が血を吐いている辺りがちょっとね……。

夜叉丸に化けた左衛門が蛍火@沢城みゆきと出会う件、お胡夷が伊賀鍔隠れ衆を次々とその毒牙にかけるシーンは非常に緊張感ある。やるかやられるかの描写がたまらない。そして夜叉丸(左衛門)の指にねっとりと纏わり付く蛍火の唇もたまらない。

夜叉丸の髪型が違うというのはなるほど、今思うと将監の痰攻撃のときにばっさりと切り落としてしまったのだな。

*1:子供番組です

*2:まやかしです

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050628

2005-06-27

taske2005-06-27

[][] フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へ  フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へのブックマークコメント

公彦の父親の遺言というのがどうも曲者らしい。二子魂川から出て行く人々というエピソードは(一応)伏線として機能していたようである。イカファイアー量産工場のために再開発される二子魂商店街で座り込む住民を突破するために変形する重機プロペラ機で結婚式場に突っ込む恋太郎&双樹をきっかけにストーリーは動き出す。しかし言ってみれば劇的なシチュエーションを無理矢理演出した形でやっぱり本筋を始めるのが遅かったな〜と思ってしまうし、最初の数話の思わせぶりはウソだったかと問いたくなってしまう。次回どうなることか。

[][] 超獣機神ダンクーガ #4 最後に来た男 The man came last  超獣機神ダンクーガ #4 最後に来た男 The man came lastを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #4 最後に来た男 The man came lastのブックマークコメント

雅人の登場もインパクト無かったけど、亮の登場もイマイチ平凡。そして悪作画。

[][] エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場  エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場のブックマークコメント

レン@高橋美佳子一人で魔法のような力を使っているのだが……それならエディルレイドだけでも戦えるじゃないか。そりゃ後付けでいろいろ理屈はつけられるけど一貫性を持たせたければやめといた方がよかったな。まぁ『ひとりプロミネンス』みたいなものか。(笑)

で、結局クーとレンの賭け試合への出場を看過したり、自分も賭けに参加したりしているシスカ@水樹奈々を見ているとアークエイルなんてその程度の組織かという気がしてしまう。クーとレンを賭け試合に参加させるならよっぽど緊急性の高い理由があるか、シスカたちアークエイルのメンバーが理由を知らない状況でなければまずかっただろう。脚本が設定を大事にしていない証拠だ。次回ラサティ緒方恵美と闘うようだが勝負に賭けるものの重みが違いすぎてお話になっていない。

シンクロ率』とか『エディルレイドレーダー』とかそういういい加減な言葉を物語の根幹に関わる設定周りで安易に使わない方がいいだろ。

[][] グレネーダー #12 旅で身につけたもの  グレネーダー #12 旅で身につけたものを含むブックマーク  グレネーダー #12 旅で身につけたもののブックマークコメント

戦いをやめようとする琉朱菜@高橋美佳子と相手を倒さなければ次へ向かえないと考える刹那本多知恵子の戦いはそもそも相容れる部分が無い。それをどう解決するのかがこの最終話の見所。琉朱菜と刹那の戦いはまさにガン=カタ(笑)ダブルおっぱいリロードも大迫力。

弥次郎『これが俺流の抱きしめ方だ〜〜〜!』

それはタックル(笑)

2005-06-26

taske2005-06-26

[][] 交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャー  交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャーを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャーのブックマークコメント

テレビつけた途端にまたもや爽やかな日曜の朝にそぐわないグロ描写かと思いきや、アネモネ小清水亜美ジャム舐めているだけでした。とは言え赤い液体のアンプルと併せてアネモネのイメージを象徴的に示唆している感じ。地上波としては過激な描写だよな。

エウレカ名塚佳織がいつになく取っつきにくい雰囲気を醸し出していて最初の頃のミステリアスな感じを取り戻している印象。エウレカもアネモネも急な頭痛、安定しない情緒など益々以て強化人間ライクな描写が続く。アネモネの不調も親父臭い部屋(笑)の所為だけではなかろう。それだけで何か緊張を感じさせる演出なわけだが久々に激しく展開するLFO戦も、アネモネのKLF『ジ・エンド』に腕を落とされるマシューのLFO『606』、凛々しく艦長らしさを発揮するホランド、往年のアニメを思わせるアネモネのキチガイっぷり、そして白亜のType0ニルヴァーシュと漆黒のタイプ・ジ・エンドの激突(そしてジ・エンドの必殺技『バスクードクラッシュ?』w)と極めて正統派なロボットアニメの手法満載で実に燃える。ラスト数分はジ・エンドとアネモネの凄みをアピールするには十分な展開。まぁ、アネモネのキャラクタに意外性無いんだけどね。(笑)

コーラリアンはトラパーの上昇気流によってできたトラパーの雲か?次回精神世界(笑)突入の模様。それにしても腕を切られて血を飛び散らせるLFO、ジ・エンドの眼球等々……相変わらずどこかで見たような演出が散見されるが楽しめるので気にならず。エウレカセブンって実は全然新しくないタイプのアニメだよね。(悪い意味ではなく)

[][] 交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャー  交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャーを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #11 イントゥー・ザ・ネイチャーのブックマークコメント

『トラパー』とはミノフスキー粒子みたいなもの、『コーラリアン』とはトラパーの台風みたいなものと理解した。その中に入って何が起こるかは来週待ちか。まさか空飛ぶ大陸があるとは思わんが(笑)

アネモネ小清水亜美のKLF『ジ・エンド』が登場。なかなか良いネーミングセンスだ。いかにも悪役然としたデザインも悪くない。ジ・エンド内の薬物投与されたアネモネはロザミアを思わせるキチガイっぷりだ。

アネモネ『初めまして、そっくりさん

は、フェイスの良く似ているニルヴァーシュに対してだけでなくエウレカ名塚佳織に対して言った言葉ではないのだろうか。この二人どうにも似ている。プルとプルツーほどではないにせよ。

ニルヴァーシュをはじめとするLFO達も実に良い動きをしてくれる。とくにトラパーに弾かれてリフボードに切断される敵LFOなどは鳥肌ものだ。太陽の方角から接近するジ・エンドはセオリーどおりながらも理にかなった動きだし、その後のニルヴァーシュとジ・エンドの空中戦はまさに「板野サーカス」!

ジ・エンドにつかまり絶体絶命のニルヴァーシュとレントン三瓶由布子に次週、2度めのセブンスウェル現象が起きる……のか!?

最近終始機嫌の悪いタルホ@根谷美智子が気になる。ただの嫉妬だとは思えないのだが…

[][] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #35  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #35を含むブックマーク  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #35のブックマークコメント

CSで「重戦機エルガイム」やってんだよね。劇場版やってる「Zガンダム」の前にやってた番組だから21年前の番組。で、こっちもちょうど主役機交代の時期なんだけど、これがまためちゃくちゃ面白いんだ。かっぱらってゲットしたエルガイムマーク2は調子が完全じゃないのにギャブレーとかネイみたいな魅力溢れる敵ががんがん襲いかかってくる。主人公・ダバには隠された信念がある(もちろん敵にもある)ので絶対に負けられない。だから完全じゃないマーク2でなく、使い慣れたエルガイムで出るんだけど、性能の差と物量、敵の作戦で追い詰められてエルガイムはぼろぼろ。そこでマーク2の登場と来たもんだ。これほど燃える主役機交代劇はないね。

もちろん戦闘シーンも毎回変わった手法で魅せてくれる。使いまわしもあるんだけどほとんど気づかないくらいうまく使ってる。

で、なんだっけ?ああ「ガンダムSEED DESTINY」か。

前の機体がやられたから次の機体なんてちっとも盛り上がらないし、おまけにその場で禅問答と来たもんだ。そこで言いくるめられたから脱走?お粗末な脚本だな。「信念」って言葉知らないのかね。一体陣営かえるの何回目だ、アスラン・ザラ石田彰は。普通1回で銃殺刑だ。

おまけに何の脈絡もなくメイリン折笠富美子と脱走してるし。ミーア@田中理恵に振られたからメイリンのところに行ったようにしか見えない。つうかメイリンがアスランに惚れている描写なんてハイネ西川貴教がいたころの1回きりだし、連れ出すならルナマリア坂本真綾の方がよっぽど流れ的に自然

あらかじめメイリンが脱走するシナリオになっていたのだとしたら明らかにシリーズ構成の不手際だし、その場のノリで話作っているのだとしたら(本来ありえないことだがこのアニメならありえる)シリーズ構成の無能をさらけ出しているだけ。

おまけに新主役機デスティニーの初出撃は脱走兵の追撃かよ。さっぱり盛り上がんね。

ちなみに前出「エルガイム」でもダバの仲間レッシイが離脱するのだが、これはこのままでは勝てないという「信念」のもとに離れ、後にダバたちの強力な助っ人として再登場するから比較にすらならない。

グフが飛ぶのは違和感ありまくり。

[][] ふたりはプリキュアMax Heart #20 ナミダのお別れ!? 莉奈のポンポコ物語!  ふたりはプリキュアMax Heart #20 ナミダのお別れ!? 莉奈のポンポコ物語!を含むブックマーク  ふたりはプリキュアMax Heart #20 ナミダのお別れ!? 莉奈のポンポコ物語!のブックマークコメント

冒頭からなぎさ本名陽子が可愛く描けていてすぐそれとわかる良作画。

久々に莉奈@徳光由禾がメインの話だが、ケガの手当をしてあげたタヌキに情が移って必至で言い訳をする莉奈とその姿を自分たちに投影して不安を感じるなぎさとほのか@ゆかなの心情がよく描けていていい感じ。ここのところ3人だけの話で世界が閉じていたのでたまにはシホリーナにもスポット当ててほしいよな。戦闘に巻き込まれるタヌキは取って付けたようなシーンでいらない気がするが、莉奈とポンタの助の別れは『あらいぐまラスカル』を思わせて感動的……なわけないよな。(笑)

次回は本筋も少し動くかな。

[][] 舞-HiME #22 くずれゆく……  舞-HiME #22 くずれゆく……を含むブックマーク  舞-HiME #22 くずれゆく……のブックマークコメント

なつき@千葉紗子『こらどこを舐めてる、くすぐったいってば……』

それだけでOK。(笑)

結局静留@進藤尚美はなつきに対してあんなことやこんなことをしていたわけで、いろんな意味でこっちの予想を上回ってくれる脚本に賞賛を送りたい。(笑)

愛が人を突き動かす原動力たり得ることは18話の感想でも書いたが、今回の静留もまったく同じパターン。安っぽい言い回しだがまさに愛憎劇がテーマアニメ。一貫している。

あまりに大きく動き始めた運命故に楯祐一にとことん辛く当たるしかない舞衣@中原麻衣と、これまでず〜っと自分の無力さを思い知らされてきた祐一という最早このアニメではお馴染みの描写が今回も織り込まれているわけだが、これはつまり『君には愛という最大の武器があるんだよ、楯クン』という逆説的な暗喩ですよね?

せめてそうでなければ救われない……(苦笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験  ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #13 こわ〜い森☆ちょっぴりドキドキの体験のブックマークコメント

レイン@後藤邑子『あの野蛮で無礼で口が悪くて偉ぶってて冷酷で残忍で血も涙もないエクリプス』

って…。その後の想像も含めて意外とダークなのね、プリンセスレイン(笑)

エクリプス@皆川純子と手が重なったり抱きとめられて顔が真っ赤になるファイン@小島めぐみブライトに抱きかかえられて馬に乗せて貰って顔を赤くするレインがもー可愛くて(笑)

その後の夢の中のプリンスファイン、プリンスレインとプリンセスブライト、プリンセスエクリプス、プリンセスティオ@山崎バニラの登場とカエル泳ぎに大爆笑。『いやいやいや〜ん』は恥ずかしくないんだね。プーモ@こおろぎさとみも突っ込んでたけど(笑)

プロミネンスも普通に成功したし、先週、今週と最初のころの面白さが戻ってきた感じ。

レイン⇒ブライト⇒ファイン⇒エクリプスの関係は…少女マンガでありがちだからメイン視聴者であるところの女の子的にはオッケーなのかね?

[][] スピードグラファー #4 略奪少女  スピードグラファー #4 略奪少女を含むブックマーク  スピードグラファー #4 略奪少女のブックマークコメント

雑賀がかつてカメラマンとして戦場へ赴いたことに謎のポイントがあるようで。いつの間にかおかしな力を自在に操れるようになっていて、しかも議員を脅すのに使ったりするのは安易な感じが興ざめかなぁ。『乱ちきパーティがこの国動かしてるって言うのかよ、あんたそれ本気で言ってるのか!?』とは大久保議員に対する雑賀の言葉だが、むしろそんなベタな設定本気で使っているのか!?と問いたい。ユーフォリアというのは儀式によってただならぬ力を持った人間のことのようだが、写殺爆撮の力はあまりかっこよくない。(笑)潜入から脱出までとってもイージーでちょっと肩透かしを食らった。ユーフォリアの能力もかなり荒唐無稽なので今後気合い入れて演出してくれないと厳しいかもしれぬ。

しかしこの脱力作画は何とかならんか。しかもムサいし。(笑)

[][] こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!  こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!のブックマークコメント

いきなり就職活動。そして商業主義の編集方針に異を唱えるセリフ。ここに来て急に説教臭くなったな。(苦笑)内容は淡々とオタク産業周辺のマニュファクチャリング環境を描くのみ。なんなんだ、これは。面白いような、面白くないような……。

[][] こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!  こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #12 立て和樹、世界征服だ!のブックマークコメント

今回のエピソードに関してはノーコメントでお願いします(汗)

ひとつだけ。「こんないい上司いねー」(爆)

和樹『俺たち世界征服が目標だろ』

え、そうだったの!?同人誌で世界征服って…

[][] まほらば #7 かくれんぼ  まほらば #7 かくれんぼを含むブックマーク  まほらば #7 かくれんぼのブックマークコメント

王様券』をかけて鳴滝荘でかくれんぼ。なんだ、そりゃ。相変わらず平和なエピソードだな。(笑)正直どんなところに隠れていれば話として意外性があるのかという部分が疑問ではあったが、蒼葉梢新井里美の隠れどころは意外。(笑)

梢『これ、使ってもいいですか……

は、萌える。で、デートを期待する隆士@白石涼子で以下次回ですな。DVDCMによれば『サプリメントアニメ』だそうで。なるほど。(笑)

[][] まほらば #8 おかいモノ  まほらば #8 おかいモノを含むブックマーク  まほらば #8 おかいモノのブックマークコメント

で、隆士@白石涼子と梢@新井里美の買い物エピソード。例によって恵@浅野真澄と珠実@堀江由衣は2人のあとをつけてくるわけだが、まぁ説明役ですな。(笑)

途中(久々に)赤坂早紀への入れ替わりがあったりするのだが、早紀の苦手なモノがわかったり、いつもより会話が弾んだり(?)で各人格とも人間関係が構築されていく話になっている。そうすると最後はどうなるのでしょうね。その辺りは楽しみ。

[][] ジンキ・エクステンド #11 家族  ジンキ・エクステンド #11 家族を含むブックマーク  ジンキ・エクステンド #11 家族のブックマークコメント

過去に起こったいろんなことがわかって謎はすべて解けてすっきり、あとは最後の敵を倒すだけって言うのが1クールものだとこのあたりの話なんだが、過去に起こったことを語られてもさっぱりワカンネ。

そもそも敵がどんな組織なのか、東京を壊滅させて何をしたいのか、誰が敵組織のトップなのかまったく語られてないどころか、それ以前に味方がどんな組織かすらわからん。

青葉@折笠富美子とルイ@田村ゆかりのお風呂シーンに萌えたことと二人の胸が大きくなったことだけわかったことだけが今回の収穫(爆)

早く終わんねぇかな。って来週最終回か。

[][] ツバサ・クロニクル #12 暖かなエガオ  ツバサ・クロニクル #12 暖かなエガオを含むブックマーク  ツバサ・クロニクル #12 暖かなエガオのブックマークコメント

3つ目の世界へ。

最初の世界を旅立つときに『すべての世界に羽根があるとは限らない』と言っていたのに対応した話か。語るべき内容も特にない。

回想の中のサクラ牧野由依はかわいいなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050626

2005-06-25

taske2005-06-25

[][] ケロロ軍曹 #64  ケロロ軍曹 #64を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #64のブックマークコメント

相変わらずメインスポンサーのメイン商品であるガンプラをぞんざいに扱うすごいアニメ(褒め言葉)、「ケロロ軍曹」。

今回はイマイチ。まー、長くやってると面白い回とそうでない回が出てきてしまうのは仕方のないことだね。「ケロロ」の場合、面白いことが多いし、作画も安定しているからいいのだけど。

前半も後半も話が無理やりすぎ。

前半はニョロロが出てくる時点でもう無理やりは確定なのだろうか?ニョロロが出てくるといつも無理やりな展開になってしまってしかもあまり笑える部分がない。

ただ、

冬樹@川上とも子『姉ちゃんも早く脱いで』
夏美@斎藤千和『わかったわよ』

とか、

夏美『あーっ、それ、あ・た・しの(ブラ)』

とか言うセリフはグッド。むしろ千和グッジョブ。夏美のブラをかぶるギロロもグッド。

後半でよかったのは前半とのつながりのみ。前半でドロロがケロロ@渡辺久美子を助けようと思ったらトラウマスイッチが入ってそのままー、って時点でかなりあとの展開に期待したのだけどなんかグダグダ。モア@能登麻美子の出番もほとんどないし(笑)

今回はインターミッションつうことで。

[][] ああっ女神さまっ#22 ああっ悪魔のささやきは壺と共にっ?  ああっ女神さまっ#22 ああっ悪魔のささやきは壺と共にっ?を含むブックマーク  ああっ女神さまっ#22 ああっ悪魔のささやきは壺と共にっ?のブックマークコメント

ウルド@冬馬由美が恐怖の大王になるお話。この話で、ようやくベルダンディー@井上喜久子スクルド@久川綾母親が違うことと、半分魔族の血が流れていることが判明。

原作未読の人は、前話で片方の羽が黒かった理由がこれでわかったのではないかと。

[][] トリニティ・ブラッド#8 SILENT NOISE  トリニティ・ブラッド#8 SILENT NOISEを含むブックマーク  トリニティ・ブラッド#8 SILENT NOISEのブックマークコメント

ノエル@大原さやかの紹介回?どうもノエルはアベル@東地宏樹に気があるようで。ノエルの能力は足跡をトレースできることみたいです。他にも何かあるのかな。次回に続くので楽しみにしておきましょう。サクラダファミリアを兵器にしてしまうのはナイスでした。しかしせっかくの兵器をローゼンクロイツはあんなに簡単に壊させて良かったのでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050625

2005-06-24

taske2005-06-24

[][] スピードグラファー #4 略奪少女  スピードグラファー #4 略奪少女を含むブックマーク  スピードグラファー #4 略奪少女のブックマークコメント

雑賀が神楽@斉藤圭をついにさらっていく、プロローグ部分のクライマックスにあたる部分だが、どうにも爽快感が感じられない。

天王洲の家に監禁されていて外に出ることのできない神楽に接触するために家庭教師なりすまして潜入するのは(ガードが甘すぎるという問題があるにせよ)まあありえる話だとして、敵に相当する天王洲の者に自らを『雑賀先生』と名乗るのはあまりに迂闊ではないかと。

神楽をさらったあとの脱走劇もあっさりしすぎている。逃げるだけで1週間費やしてもいいくらいの一大イベントなのにあっさりと屋敷の外に連れ出して行っているし…。もうちょっとシナリオを練りこんでもらいたい。

水天宮やその部下たちの悪役ぶりは◎。巨大な悪とそれに立ち向かう雑賀・神楽というこれからの構図が非常にわかりやすく読み取れる。

しかし、よくオヤジの裸が出てくるよなぁ、このアニメ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050624

2005-06-23

taske2005-06-23

[][] こいこい7 #11 酒池肉林!?ミヤ様炸裂!砂の嵐のカトレア城です〜  こいこい7 #11 酒池肉林!?ミヤ様炸裂!砂の嵐のカトレア城です〜を含むブックマーク  こいこい7 #11 酒池肉林!?ミヤ様炸裂!砂の嵐のカトレア城です〜のブックマークコメント

いつか絶対この日が来ると思っていた。いや、絶対はウソだな。(笑)まさかこいこい7がこうも化けるとは!ん〜、それも違うな。基本的にはこれまでと何ら変わらない路線。何ら変わらない下品なネタ。しかし今回は何かが違う。そんなエピソード。てか、単純に作画がいいってことなんだけど。(笑)

哲子との出会いがミヤ様@音宮つばさを変えたのか?意を決してこいこい7に最後の決戦を挑もうとするミヤ様。

砂漠鎌倉と言うヤヨイ@後藤沙緒里、どんなギャグなのかさっぱりわからず、不可解です。サクヤ@伊藤亜矢子の持っている巨大な銃はそのものずばり『バスターランチャー

オトメ@稲村優奈『一度、やってみたかったのです』

って、なんかポイント高いな。(笑)

そしてガンタイちゃん@水樹奈々裸エプロンに至ってはいつもと同じパターンのクソネタながら暴走っぷり150%アップ。なんなんだこのサービス過剰脚本

ガンタイちゃん『お兄ちゃん、お風呂私も一緒に入っていい?』
ガンタイちゃん『お兄ちゃん、私の手料理も食べてほしいけど、私のこともかまってほしいな』
ガンタイちゃん『哲朗お兄ちゃん、だ〜いすき、私のことい〜っぱいかまってね』

水樹奈々、GJ。いや脚本天晴……もう言うこと無いです。ロプロスの超音波は神の声だし、ネコ耳もあるし。和洋中3人組がバビル2世ネタでこいこい7に挑むわけだが、ギャグもテンポもエロネタもすべて冴え渡り(ホントか?)、いったい何が起こったのやら。意味無く挿入される佐藤スバル@宮川美保と山田イスズ@松来未祐百合ネタももちろん忘れず。

で、ラストは屁糞蔓の君@中島沙樹の『この世界をお守りくださいミヤ様』の言葉でシリアスな引き。共通の敵出現でミヤ様とこいこい7の共同戦線で有終の美を飾ってくれるってことか。予告は祭りの予感?

いや、まだまだ油断ならないぞ。『こいこい7』だからな。(笑)

[][] 今日からマ王! #15  今日からマ王! #15を含むブックマーク  今日からマ王! #15のブックマークコメント

盗まれた魔石を探すためにお忍びで街に出る話。魔笛の次は魔石ですか(汗)

魔石を偶然拾ったのはロゼ@浅田葉子という少女。このロゼ、父が病気がちで働きに出ているという不幸少女(のわりに家はわりと立派だったようなw)で、

『すまないねぇ、お前に苦労ばっかりかけさせて』
ロゼ『お父さん、それは言わない約束でしょ』

などといういまどき誰もやらないような大爆笑ネタを披露してくれる。

魔王顕現のときの言い回しといい、この作者絶対時代劇、それも遠山の金さんマニアだろ(笑)

前半のキャッチボールのエピソードがしっかりと後半で生かされているあたりは関心。

ロゼは結構な萌えキャラだけど、こういうキャラは毎度のことながら1回きりのゲストだからなぁ(嘆息)

[][] 魔法先生ネギま! #25  魔法先生ネギま! #25を含むブックマーク  魔法先生ネギま! #25のブックマークコメント

神楽坂明日菜神田朱未の命を救うために9年前の世界へ。何故契約を行った10年前ではなく9年前なのかは来週見ればわかるんだろうな…多分。

喋るオコジョを発見して驚く佐々木まき絵堀江由衣たち。そして魔法について語りだすエヴァンジェリン松岡由貴。でもさ、幽霊もいるしロボだっているし、タイムマシン作る中学生がいるようなクラスでいまさら喋るオコジャや魔法使い吸血鬼がいたって誰も驚かないような気もするんだけどなぁ(笑)

先週の綾瀬夕映桑谷夏子宮崎のどか能登麻美子はなんだかうやむやになってしまいそうな気配。後30分で詰め込めんだろ、これは。

ま、個人的には相坂さよ白鳥由里の出番があったのでオールオッケー(笑)

最終回予告は四葉五月井ノ上ナオミザジ・レニーデイ猪口有佳によるもの。一番の心配はセリフがあるのかと言うことには笑った。この二人が喋れば全員喋ったことになるのかな?(追記:四葉五月は今回喋ってますね)

『これから流行る言葉を全部商標登録』ってスポンサーに対するスタッフからの強烈なイヤミなんだね。グッジョブ

[][] 極上生徒会 #12 それは雨の日に  極上生徒会 #12 それは雨の日にを含むブックマーク  極上生徒会 #12 それは雨の日にのブックマークコメント

神宮寺奏@生天目仁美と金城奈々穂@野田順子過去話。主役の蘭堂りの田村ゆかりは最近さっぱり出番ないですな(笑)

神宮寺のためだけにこれまで生きてきた奈々穂に自由を申し付ける奏、しかし自らの意思で奏とともに歩もうとする奈々穂。

いい話なんだが、基本設定で非常に嫌悪感を感じる。

まず神宮寺はある能力のみによって富と権力をほしいままにしていること。せめて創作の中でくらい努力で何とかなる世界にしようとは思わないのかね。

宮神学園は優秀な人材を神宮寺に送るために作られたという建前とただ学校に行きたいからと言う理由だけで作られたという本音。あまりに自己中心的。一般生徒が知ってて入学していればいいんだけど、これまでの話を見る限りそんな描写はひとつもない。

学園設立1年目入学式からいきなり奏が極上生徒会会長になっていること。一応この国は民主主義国家で一般的に学校もそれを倣って民主的な手続きで生徒会会長を選んでる学校がほとんどなのにこの独裁体制は何?

私だったらこんな学校、入学案内を見た時点で進路の候補からはずすなぁ。もっとも、生徒達は騙されている可能性でかそうだけど。

脚本はそれなりにいい仕事しているけど、その上がとんでもないクソってことなのかね、これは。

[][] フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へ  フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #12 光ある場所へのブックマークコメント

先週から「フタコイ」は頭空っぽモードで観ています(笑)

二子魂川再開発(イカファイアー量産工場にするらしいw)用の重機変形トランスフォームしてロボットになったり、親分の左手ロケットパンチだったり、海神機関のあらゆる装飾品がイカの形だったり、再登場怪人であるところのイカファイアーがお約束のごときすっかり雑魚になっていたり、頭空っぽにしてみると最高に面白い!

ゴスロリ仮面inドイツも登場したし、霧島はボール投げるときちゃんと大リーグボールの構えしてるし、あとは雛菊るる長谷川静香雛菊らら落合祐里香が1話冒頭ばりに活躍すれば言うことなしかな。

ああそうか。このノリ「ルパン三世」なんだな。ラストもこの調子でひとつ、よろしく。

[][] IZUMO #11 猛る命  IZUMO #11 猛る命を含むブックマーク  IZUMO #11 猛る命のブックマークコメント

最終回前だというのにテンポイマイチ。猛と剛の魂、ミナカタと剛、四聖獣と麟などなどいろいろネタをバラまいてあったのだがいかんせん遅すぎる。ミナカタにはもうちょっと重責を担ってほしかった。まぁ、もう終わりだからいいけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050623

2005-06-22

taske2005-06-22

[][] 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生を含むブックマーク  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生のブックマークコメント

これも既発なのでDVD版(OVA版?)との変更点だけ軽く記述。記憶の範囲なので間違ってたら指摘よろしく。とりあえずOPが変わっている模様。ムサい男声コーラスはどうかな〜。(苦笑)あとは……護とか出てきてないのかな。次回以降に回されたみたい。DVDより話数増えているから水増しが大変だな。

[][] 勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生を含むブックマーク  勇者王ガオガイガーFINAL GRAND GLORIOUS GATHERING #1 勇者王新生のブックマークコメント

TV版未見、OVA未見の立場で。

と言っても勇者シリーズは「エクスカイザー」から「ジェイデッカー」まで見てるので消防車が変形したり、いかにも左右に合体しそうなロボが出てきたり、忍者ロボが出てきたりとなんだか懐かしい気分。

感想はひとことで言うならば「暑苦しい」(笑)

話はさっぱりわからないけど、勢いだけで見れてしまいそうだな。

[][] まほらば #24 すず  まほらば #24 すずを含むブックマーク  まほらば #24 すずのブックマークコメント

隆士@白石涼子交通事故の報を受けて気を失う梢@新井里美

明かされるすずの由来と梢の両親、梢の変身のきっかけ。

目を覚ます梢以外の人格。

隆士の交通事故の顛末が少々アレげな気がしないでもないが、うまくまとまっていてわかりやすく、それでいて説得力のある話だ。梢の心の傷を隆士がどう癒すかがこのアニメの幕引きになるのだろう。難しいテーマだけど、このアニメのスタッフならきっとやってくれるはず。

ところで、先週からの引きだった灰原由紀夫と恵@浅野真澄の話は放置なの?ていうか、ビデオ一時停止にしないと手紙の内容がわからないのはどうかと思うがなぁ。

放置といえば、幼少のころ出会った梢と隆士の話はどうなったんだろう。あれが両親の葬式で多重人格の引き金かと思ってたがそうじゃないんだね。

次週最終回

[][] 創聖のアクエリオン #12 琥珀の時  創聖のアクエリオン #12 琥珀の時を含むブックマーク  創聖のアクエリオン #12 琥珀の時のブックマークコメント

琥珀に覆われた堕天翅の羽根。ジェロームの言うとおり、物語の重要な鍵なのだろう。ギャグ一辺倒な「アクエリオン」もこれで終わり、やや話が進む感じかな。

おそらくアポロニアスのものであろうこの羽根に触れて過去生が蘇るアポロとシルヴィアかかずゆみ。シルヴィアはこれまで頑なにアポロニアスの生まれ変わりはシリウスだと信じていたようだが、これでアポロがアポロニアスの生まれ変わりだと確信した模様。このあたりのシルヴィアは妙にかわいらしかった。

『疑問を持つな、解き放て!』by不動GEN

意味わかんねーよ(笑)

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #11 石礫無告  バジリスク甲賀忍法帖 #11 石礫無告を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #11 石礫無告のブックマークコメント

前にも書いたが、物語の目的が単純明快なぶん、その目的を達するまでの過程が良く考えられていて非常に面白い。

人別帖に書かれた甲賀の5人と伊賀の7人は舞台東海道に移す。そこで蛍火@沢城みゆきの蛇に襲われ朧@水樹奈々同じく7日間術を封じられる甲賀弦之介。ちょっと都合よく行き過ぎな気もしないが、こうでもしないと早々に弦之介に全滅させられてしまうからな、伊賀の6人(笑)

今回明かされた陽炎早水リサと風待将監の術。お胡夷@木村はるかと弦之介に似た術の使い手で術を封じられた弦之介の戦いの前哨戦といったところか。

最近あまり物語が進まないので、早いところ全面対決に行って頂きたいところ。

髪をあげた朧と蛍火は萌えるなぁ(笑)

[][] エレメンタルジェレイド #12 自由への疾走  エレメンタルジェレイド #12 自由への疾走を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #12 自由への疾走のブックマークコメント

リィリア@笹本優子のエピソードを先週からの引きにしたのは何故?今週あっという間にアークエールの増援が登場して悪徳司祭も倒されてこのエピソード終わってしまったのだが…。見ていて意味のわからないことはやめましょう。4週間もこんなエピソードを引っ張った訳もわからん。

その後の展開も何がしたいのか良くわからず、ただだらだらと進むだけ。本当に何がしたいんだ?

思わせぶりなことを言うアークエールの面々。これからアークエールが敵になると思われるのだろうが、伏線の張り方が露骨&唐突。

となると今まで敵としてたまーに出てきてた忍者っぽい奴らはどうなるんだろうか。ほとんど何も描かれていないこいつらと共同戦線とは考えられないし、両者と戦うことになるのか。

風呂敷広げすぎて収拾つかなくなるタイプか、これも。

相変わらずSFなのかファンタジーなのかはっきりしない世界観も何も考えていないのがもろわかりで見苦しい。

バスタブから顔をちょこんと出しているレン@高橋美佳子には激萌え。とはいえ、所詮キャラだけのアニメという印象を助長させるのみ。

[][] #2 メラメラの国☆はらぺこでプロミネンス  #2 メラメラの国☆はらぺこでプロミネンスを含むブックマーク  #2 メラメラの国☆はらぺこでプロミネンスのブックマークコメント

初っ端から玩具アニメっぷり大炸裂で鼻白む。(って、子供番組ですから……)しかもドラゴンボール並みにルールの多いプロミネンスの力、なんだか大変ですな。(苦笑)と言いつつ、所々で絵は可愛らしい。ユルユル〜と見るしかないか。(笑)

メラメラチャーハン食いてぇ。(笑)←激辛好きらしい

[][] 超獣機神ダンクーガ #3 シャピロ!転生!! Reborn! Shapirou!!  超獣機神ダンクーガ #3 シャピロ!転生!! Reborn! Shapirou!!を含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #3 シャピロ!転生!! Reborn! Shapirou!!のブックマークコメント

本能的な闘争心の忍@矢尾一樹と男女の感情のもつれから来る闘争心の沙羅@山本百合子、まともな設計思想とは思えない獣戦機。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050622

2005-06-21

taske2005-06-21

[][] 英國戀物語エマ #12 スズラン  英國戀物語エマ #12 スズランを含むブックマーク  英國戀物語エマ #12 スズランのブックマークコメント

最終話。

ケリー中西妙子の墓前で彼女との思い出に浸るエマ冬馬由美「エマ」はケリーとエマの物語でもあったのだと改めて実感。回想シーンとはこうあるべきだろう。尺稼ぎのために番組の2/3が回想シーンな某アニメに爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい。

旅立つエマを追いかけようとするウィリアムの前に現れるエレノア@小林沙苗。エレノアの気持ちを知ってなおエマを追うウィリアムも、それでも待ち続けると言ったエレノアも、不器用だが美しい。そして汽車の前でウィリアムと再会しながらもその元から離れていくエマもまた美しい。

このあとウィリアムはエマを追いかけて彼女の生まれ故郷に行くのだろうか。原作未読だが、ここは敢えて原作を読まないで想像の中で彼らの物語の続きを思うのも楽しいかもしれない。

いいアニメだった。

[][] アリーテ姫  アリーテ姫を含むブックマーク  アリーテ姫のブックマークコメント

BS-hiにて鑑賞

アリーテ姫 [DVD]

アリーテ姫 [DVD]

婿になるべき男性が現れるまで、塔に閉じこもり無垢なるその身を守ることを定められたアリーテ姫が、自由を求めて城を抜け出そうとするが、そこへ魔法使いの生き残りを自称する男が現れる。魔法によって心を閉ざされた姫は男の妻となり、彼の住む城の地下に幽閉されてしまう。夢にまで見た城下の外へ出ることはできたものの、自由を求める本当の心を封じ込められてしまったアリーテ姫。助けるものもなく、頼れるものは自分の力のみ、、、、といったストーリー

監督テレビアニメ世界名作劇場等の演出や宮崎駿の「魔女の宅急便」で監督補を務めた片淵須直。地味ながら丁寧な生活描写が特徴だ。題材がいわゆる西洋風のファンタジーにも関わらず、物語は終始淡々と進み、派手さはまるでない。シンプルな描線と落ち着いた色合いの作画もやや古臭い印象を与えるが、アニメファン層に対する媚びが一切見られない点は個人的にかえって好印象

物語は「姫」を主人公に据えながら、思春期の少女に共通の「自分探し」を主題に展開する。本物の魔法は既に廃れてしまったが、さまざまな物を作り出す職人たちの手には「魔法のようなもの」が宿る。そうであれば自分の手にも何かができるはず、、、これが姫の「自分探し」の原点。自分が今まで何のために生かされてきたのか?自分はいったいどこへ行くのか?定められた運命に身を委ねるだけの人生でよいのか?といった少々青臭い問い掛け、その答えを求めてアリーテ姫は行動する

テーマはまあいいのだが、長時間見続けるうちに正直なんでこんな幼い問い掛けにつき合わされなきゃならんのか?という疑問が沸々と湧いてくる(笑)。心の中で自分自身の物語を紡ぎ出すことが事態の打開に繋がる、という部分も「人の心には大きな力がある」というシグナルであることは理解できるのだが、引っぱった割に展開があまりに安直でズッコケてしまった

今ひとつ作品が提示するメッセージに共感できないのは、それが子供たちに対する気恥ずかしいまでに真摯なメッセージだからだろう。10代の若者なら大いに共感できたのかもしれないが、「おっさん」に足を踏み入れたわしにはどうにも照れくさくて、素直に受け止められない。「自分探し」に何か得体の知れない希望(らしきもの)を見出すような心は持ち合わせていないのだろう

受け入れる側の心の問題もさることながら、キャラクターの魅力が足りないこともまた確か。観終わった後思い出せる登場人物が姫、魔法使い、魔法使いの飯を作る女くらいしかいない。その他のキャラクターは登場しても「表示されている」に過ぎず、中身がまるで無い。実は姫と同様、新しい展開を待ちわびていた魔法使いの浄化のドラマも唐突に過ぎて、説得力に欠ける。いずれも人物の関係構造が単純すぎて、それらが絡み合うことも無かったため、キャラクターに深みが生じなかったことが原因だろう

唯一人、アリーテ姫自身の描き方だけは悪くない。とくに生きる力を取り戻していく終盤の描写は力強く、なかなか見応えがある。しかしそれだけに最後に金の鷲を独力で見つけ出す過程がすっかり省かれて、何か「あっさりできました」という感が残ってしまうのが惜しい。一人、町で生きていくことを決意するのもいいが、そんな甘口の答えでいいんですか?という疑問も残る。もう少し最終盤のアリーテ姫の「解放」に尺を割いたほうが、メッセージに説得力が出たのではないかという気がする

非常に真面目に作られた作品であることは間違いない。近頃に珍しく、商業性をあまり感じさせないこのようなアニメーション作品を製作したこと自体、大いに評価できると思う。それだけに素直に受け止められなかったことが残念

でもまあ、わしのようなおっさんはいい。できれば中高生くらいの子に観て欲しい作品。しかしながら、最もその年代に受けないであろうと思われる地味な作風というジレンマ。作品の不幸な行く末を思うとき、思わず「オー!ノー」と頭を抱えずにはいられないわしなのであった

[][] 超獣機神ダンクーガ #2 吠えろ!獣戦機 Get your!JYUSENKI  超獣機神ダンクーガ #2 吠えろ!獣戦機 Get your!JYUSENKIを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #2 吠えろ!獣戦機 Get your!JYUSENKIのブックマークコメント

無軌道な藤原忍@矢尾一樹に言いたいことを言わせておいて最後にイーグルファイターを見せるイゴール長官、部下の掌握術お見事。

[][] フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川  フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川を含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川のブックマークコメント

長かったよ。ようやくこっちの見たいと思っていた展開になってきた感じ。もちろんそれは見る側の勝手な思いこみなのだが、制作側だって釣りのつもりでやってるだろうからなぁ。しかし11話まで引っ張るとさすがに上げ底と言われてもやむを得ないよな。

それにしてもここまでため込んだ分、大風呂敷も目一杯。恋太郎(の父)に恨みのあるイカファイアーに立ち向かう恋太郎ってこれまでの人間関係上のヘタれっぷりを解決する方法としては微妙にズレている印象。でもいいよ、最初っからそんな暴走を期待していたから。この後どうするんだろ。(笑)沙羅@水橋かおり結婚に『ワダツミ機関』が関連しているとか、いろいろ終わりまでに何とかまとめようという姿勢は見えるが。

……音速丸いた?

[バジリスク甲賀忍法帖][taske] バジリスク甲賀忍法帖 #6 降涙恋慕  [バジリスク甲賀忍法帖][taske] バジリスク甲賀忍法帖 #6 降涙恋慕を含むブックマーク  [バジリスク甲賀忍法帖][taske] バジリスク甲賀忍法帖 #6 降涙恋慕のブックマークコメント

グラマーなお胡夷@木村はるかを大勢で覗き見る伊賀の忍たち……って何やら変態チックな導入(笑)

1話であれだけアクロバティックな戦いを見せていた夜叉丸だが刑部に呆気なくやられてますな。左衛門の術(声帯模写?)にペラペラと大切なことを喋ってしまう忍らしからぬ姿はやはり若気の至りを演出したということか。『もしやあなたは殺されたのではありませぬか』って言っているところ見ると薬師寺天膳はやっぱり蘇生している模様。血仙蟲?

ラストの小豆蝋斉はほとんどエロじじいと化していますが。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050621

2005-06-20

taske2005-06-20

[][] 新ルパン三世 #155 さらば愛しきルパン 新ルパン三世 #155 さらば愛しきルパンよを含むブックマーク  新ルパン三世 #155 さらば愛しきルパンよのブックマークコメント

CSで放送していたのでなんとなく。体と心に溜め込んだ毒が消え去る思いで見たよ。(笑)

と言いつつ何か書くと安っぽくなるのでやめておこう。要は仔細な突っ込みが無粋に思えるぐらいの説得力だな。何度見ても見事です。(って、ホントに何度見たことかw)

お気に入りは市街地で戦車砲ぶっ放すシーン。

[][] エレメンタルジェレイド #9 港町(ラズフェ=アンクル)の秘密  エレメンタルジェレイド #9 港町(ラズフェ=アンクル)の秘密を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #9 港町(ラズフェ=アンクル)の秘密のブックマークコメント

くだらないギャグで時間を消費するなら本筋を進めろ、と。まぁ、いいや。

金策のためにウェイトレスバイトをするレン@高橋美佳子ってなんだか合わないよな。もっとキャラを大切にしてほしい気がするよ。リィリア@笹本優子のウェイトレス姿は萌えるが普段着の方が萌える。(笑)

今回の話はわかりやすかった。さすがに闘技場で賭けの対象としてエディルレイドを使っているとなればアークエイルが保護したくなるのもわかる気がする。しかし話がわかりやすいから面白いかと言えば全然そんなことはないのだけど。ラサティ緒方恵美はなんで生身で闘うんだ?

顔が食べ物に見えるギャグって懐かしいパターンだな。(笑)

[][] グレネーダー #11 天子との戦い  グレネーダー #11 天子との戦いを含むブックマーク  グレネーダー #11 天子との戦いのブックマークコメント

天子様@本多知恵子が偽物で本物は閉じこめられているってちょっと単純な仕掛けだな。

で、その偽天子のために窮地に立たされる琉朱菜@高橋美佳子を助けるために道中で出会った仲間が助けに来るという正統派ストーリーなのだが、いかんせんギミックが単純な話なだけに盛り上がりはもう一つ。こうなることが予想できたからねぇ。まぁ悪くはないのだが、琉朱菜@高橋美佳子がほんわかキャラなお陰で燃え上がる激情ってのが感じられない。その辺難しいよな。

[][] 超獣機神ダンクーガ #1 帝国の野望 Empire's Desire  超獣機神ダンクーガ #1 帝国の野望 Empire's Desireを含むブックマーク  超獣機神ダンクーガ #1 帝国の野望 Empire's Desireのブックマークコメント

CSで再放送開始。あまりに懐かしいので流し見モードで一言感想、やってやるぜ。(笑)とりあえず藤原理恵の歌は脳みそ溶けそう。

2005-06-19

taske2005-06-19

[][] まほらば #5 ネガポジ  まほらば #5 ネガポジを含むブックマーク  まほらば #5 ネガポジのブックマークコメント

病気等の設定に差別的な部分があってかなりオミットされているらしいこのアニメだが、黒崎朝美@天神有海の境遇も十分に差別的な表現を感じる。『親方さん』って……。それを可愛らしい絵柄で刳るんで隠してしまうのはどうにも気になるところだが、まぁ絵は可愛いな。(笑)CSで2話ずつ放送は話がどんどん進んでいいのだが、私小説的無内容ストーリーにこの先ついて行けるか不安になってきたよ。それでいて前回の『サバイバル本』とか微妙伏線だったりするし……。

[][] まほらば #6 珠チェック  まほらば #6 珠チェックを含むブックマーク  まほらば #6 珠チェックのブックマークコメント

『女子校』という言葉に反応する隆士@白石涼子とか、いきなり抱きついてくる珠実@堀江由衣とか、女子校潜入とか、ここまでの流れとはちょっと異質なパターンまったりアニメならそれでもいいのだが、やはりまったりなりのサスペンスを用意してくれないと楽しめないよな。珠実とオカ研部長微妙キャラ被り。似たパターンのキャラ対決ってところか。ラストは益々めぞん一刻状態。

まぁ、新体操の描写とか略さないでちゃんと描いてくれよ。(笑)

[][] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #34  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #34を含むブックマーク  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #34のブックマークコメント

やはりキラ君生きてましたか。あれほどの爆発に巻き込まれて、視聴者のほとんどに死んだと思われていない人間も珍しいかと。前例あるしね(笑)。やられる直前に原子炉停止させて放射能の拡散を防いだってことなのだろうか。原子力発電についてはあまり詳しくないからそれで被爆しないかどうかまではわからず。しかし核分裂炉持ったMSってのは危なっかしーなー。今になって思うが。

デュランダル池田秀一の演説に呼応して武装蜂起する一般市民たち、あんたら単純でいいな(笑)。一般市民に簡単に屋敷を占拠されるロゴス、あんたら反論もしないで言いたい放題言わせておくのは何故?ベルリンを消し去ったときのような勢いで武装市民など一掃できそうなものを。すべてが決められた結末のために動いているようで、その中間にある矛盾点に何ひとつ目が向けられていないな。

ドムエターナル所属ですか。3分で12機撃墜されるか、踏み台にされるか。

そしてタイトルでもあるデスティニーレジェンド登場。34話にして主役機交代は遅すぎるような。ちなみにエルガイムマーク2は27話、Zガンダムは21話、ZZガンダムは10話の登場。ま、なんにしても一時期ありえんくらい動かなかった物語が急速に動き始めたことは歓迎すべきことかもしれないな。話が面白いかどうかは別の次元だが。

で、来週のサブタイトルが『アスラン脱走』!?あんたは蝙蝠か!

[][] 交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サン  交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サンを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サンのブックマークコメント

『ハイアー・ザン・ザ・サン(higher than the sun)』とは月光号の弾道飛行のことらしい。南半球で起こった地殻変動によって発生するトラパーの大波に乗るべく弾道飛行で南半球へ。弾道飛行に入る前のシーケンスはなかなか雰囲気出ててかっこよかった。無重力バンザイエウレカ名塚佳織はなーんにも気づいていなかったけど(笑)

そういえば、まだゲッコーステイトの面々がリフを楽しんでいるシーンてないよな。ゲッコーステイトの面々に限らず「エウレカセブン」全体を通してそういった描写がほとんどないのは寂しいかも。せっかくのオリジナル設定なのに。

で、到着したのは地殻変動の起こった場所とは程遠い、ホランドとタルホ@根谷美智子の思い出の地。先週に引き続き、このあたりでホランドたちの過去が少し明かされていく流れなのかな。

そしてアネモネ小清水亜美登場。ちなみにピンクの髪。情緒不安定なところとか、物扱いされているところは強化人間を連想させる。しかし鼻血といえばやはりイリヤ(笑)

物語冒頭のレントン三瓶由布子が働くショップの背景に書かれたポスター『凡CURRY』には笑った。

[][] 交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サン  交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サンを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #10 ハイアー・ザン・ザ・サンのブックマークコメント

お気楽に見えたホランドもいろんなところで消耗しているようで。レントン三瓶由布子が前回ぶん殴られたのも消し去りようのないホランドのPTSDが原因みたい。月光号の弾道飛行とやらで、下降に伴う『無重力状態バンザイ』なレントン君だが相変わらず頭悪いフレーズで笑かしてくれる。しかもエウレカ名塚佳織に言ってるし。(笑)このアニメ、レントンのドキドキシチュエーションを描くのはすっかりお手の物ですな。

タルホ@根谷美智子がレントンの焦がした昔の制服(?)を偶然見つけたことや、地殻変動が来たことが重なってタルホはホランドの気持ちを確かめる行動に出たわけだがホランドは意外に情緒不安定。その過去との戦いもこれからハードになること必至だが今後の楽しみどころのひとつかと。それにしても夕日を見てレントン君、相変わらず盛り上がってるご様子。OPで気になっていたピンクの髪の新キャラアネモネ小清水亜美か〜〜、いいかも。てか、初登場が鼻血でいいのかよ。(笑)

細かいところでは月光号の物資が販売制だったのとかピザがPIZZA-LAだったこととか。どうでもいいんだけどね。

[][] ジンキ・エクステンド #10 赤と黒  ジンキ・エクステンド #10 赤と黒を含むブックマーク  ジンキ・エクステンド #10 赤と黒のブックマークコメント

完全流し見モード

先週放送なかったせいもあるが、もう完全にストーリーが追えるような状況じゃないので。

わかったのは謎の液体に入れられて服が半分溶けた赤緒@稲村優奈が妙にエロかったことくらいか(笑)

そろそろ切りかとも思うが、もうすぐ終わるからなぁ。

[][] こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人  こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人のブックマークコメント

なんだこりゃ。

ストーリーに中身はないし、かといって勢いがあるわけでもなし、ギャグもすべりまくり、おまけにオチてないときたもんだ。ツマンネ。

この話自体が『恐怖の毒同人』なんじゃないのか!?

しかし、毒同人って…このblogの右上に書いてありそうな文句だな(笑)。まさか毒同人の内容ってこのblogの内容みたいなものなのか!(爆)

[][] こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人  こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #11 恐怖の毒同人のブックマークコメント

登場人物が次々に『毒同人』とやらの恐怖に呑み込まれていくというエピソードだが、その毒同人の恐ろしさに具体性が無いので見ている方はイマイチノリ切れなくて面白くないんだよね。アニメは映像表現なんだから視覚でその恐怖を伝えないのは却って説得力が無くなってしまう。一応絵的にはキャラショッキング表情というところで表現しているのだけど、楳図かずお調の恐怖顔は21世紀の今となっては記号としても通用しないだろ。しかも100日の同人生命失うって……昭和ネタみたいのオンパレードだな。(苦笑)

で、『絵が描けなくなる』ってのが毒同人の恐ろしさだったはずなのだが、『100日やそこら縮んでもどうってこと無い……』って落としどころ食い違ってますが。

[][] ツバサ・クロニクル #11 選ばれたアシタ  ツバサ・クロニクル #11 選ばれたアシタを含むブックマーク  ツバサ・クロニクル #11 選ばれたアシタのブックマークコメント

領主と対峙する小狼サクラ牧野由依の小狼を呼ぶ呼び方によって人質になっているサクラとチュニャン@伊藤静が偽者だと見破るのは王道だがわかりやすい。しかし相変わらず小狼のキックは痛そうに見えないな(笑)

そしてチュニャン編終了。この手の出会いと別れを繰り返す物語はやりようによっては感動的な物語を織り成すことができるのに、「ツバサ」では同じ人物が異なる世界でも登場するっていう設定のせいで台無し。別れがあってもまた出てくるから感慨もクソもないからなぁ。

[][] ローゼンメイデン #5 階段  ローゼンメイデン #5 階段を含むブックマーク  ローゼンメイデン #5 階段のブックマークコメント

いやいや、面白いよコレ。

テンポもいいし、それぞれのキャラクターの性格も良くわかる。何より良く動いて観ていて楽しい。

いつもの腹黒ぶりを発揮して雛苺@野川さくらケーキイチゴを食べ、雛苺のせいにする翠星石@桑谷夏子。拗ねて2階に立て籠もる雛苺。クンクンのぬいぐるみにあっという間に懐柔される真紅@沢城みゆき。そして人形たちと同レベルで騒ぎの当事者になるジュン@真田アサミと最終ボス認定されたのり@力丸乃りこ

キャラクターの数が増えてもしっかりと個性を発揮できていてグッド。これだけ個性的だとどの人形にも萌えられるね(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050619

2005-06-18

taske2005-06-18

[][] トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌い  トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌いを含むブックマーク  トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌いのブックマークコメント

木星急行は木星衛星軌道付近を高速で移動する宇宙怪獣群か。宇宙怪獣も進化している模様。チコ@沢城みゆきバスターマシン『ソワサンシス』は格闘ゲームキャラライクな技を繰り出すタイプ。すぐに撃破されているけど。作業マシンに八木アンテナを持たせてチコを探すってのは……(笑)アンテナの反射器が三次元構成でウソくさいけど。木星は人が住む星となっているが、CGを使って描かれた木星の居住区エルトリウム?エクセリヲン?(前作の細かい部分失念)は映像的にも美しい。新造バスターマシン『キャトフヴァンディス』、なんかブリスターパックに入ってますが。(笑)イニシャルパイロットによって目覚めるか否か決まるって、バスターマシンも神秘的な存在になっている印象を受ける。

トップレスの存在を素直に受容できていないチコだが、その登場でラルク坂本真綾がノノ@福井裕佳梨を擁護するアティチュードに(アホウドリ呼ばわりだけど)変容しているのはハリウッド映画並みに単純すぎる気が。けどまぁ、このくらいのテンポで進んでくれてOKだよな。チコの子供時代も可愛らしいし。ただ、ノノがバスターマシンについてもっともらしい説教を垂れているのは納得いかない。(笑)ロボット同士の共感ってやつか?キャトフヴァンディスのバスタースマッシュはホントにスマッシュ。そしてマイナス一兆二千万度の冷凍光線って……便宜的な概念ですか?あぁ、『フィジカルキャンセラー』使ってるから物理法則無視でOKってことか。(怪しい)このアニメ、宇宙怪獣との戦いはホントにおまけみたいな感じ。雪だるまの演出はくっだらねぇけど感動的。で、永井ルイED『星屑涙』へ一気になだれ込むのは見事。

チコの入浴シーン、絶妙なアングルだな。GJだ。興奮して寝らんネ。

[][] 舞-HiME #21 黒き君、目覚めるとき  舞-HiME #21 黒き君、目覚めるときを含むブックマーク  舞-HiME #21 黒き君、目覚めるときのブックマークコメント

終盤に来てまたわからないことが続出。引っ張るなぁ。

命@清水愛はそもそも黒曜の君を守るように育てられているようだが(前回もそんなシーンあったし)美袋家っていったい何なのか。命のチャイルドはここのところ出始めた地中から飛び出る刃物『ミロク』ってこと?真白@ゆかなは劇中の会話から自らが傀儡(=チャイルド)となって長寿を保っている(?)ようだが二三@ゆかなはどういう位置なのかよくわからず。命が出てきたら真白も本性を現したってのも気になる。黒曜の君はいつ目覚めていたっけ?神崎黎人は最初からは黒曜の君じゃなかったような気がするが、前回の舞衣@中原麻衣へのアプローチあたりから策略があったってことか。見返さないとわからないな。残りわずかながらいろいろと提示してくれて。

今回の見所は母親真実を知らされたことで今までの気丈さが一気に崩れるなつき@千葉紗子かと。(笑)緊縛なつき萌えだが、母親のエピソードは何か裏があるんだろうな。奈緒@南里侑香もまだ何かありそう。初めて感情的に動く静留@進藤尚美、なつきの姿を写した奈緒の携帯までぶち壊していますな。(笑)

静留『でも、あんたの好きと私の好きとは違うんどす』

いやぁ、そうでもないかもしれない……と見ている方は嬉しかったりして。(笑)深優グリーア@浅井清己復活な感じで楽しみ。

[][] ケロロ軍曹 #63  ケロロ軍曹 #63を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #63のブックマークコメント

前半はサブタイトルこそ「教師びんびん」ぽい感じだが、中身は金八ネタ

ケロロ渡辺久美子が教師に、ギロロとタママ小桜エツ子(とドロロ)が生徒役として冬樹@川上とも子と桃華@池澤春菜クラスに潜入って無理がありすぎる。全体的に無理を承知でごり押しを行ってそれを笑う構成にしたかったようにも見えなくもないが無理すぎてはっきり言ってツマンネ。

その分後半は絶品。ケロロの父親が見合い話を持ってきたのを断るためにとっさに夏美@斎藤千和婚約しているという10000%ありえない嘘をぶちかますケロロ。相手がモア@能登麻美子でないのはギャグとして正解だったと思う。モアだったら順調すぎて面白くないし、嘘を信じてハルマゲドン100/1をぶちかまそうとするモアの狼狽ぶりも見られないしね。

でもこの回一番の見どころはケロロと夏美の共鳴。『ナツナツナツナツナツナツナツナツ……』と泣きながらケロロの三文芝居に合わせてあげている夏美は可愛すぎる!これだけで十分30分ぶんの満足感を味わうことができたよ(笑)

ちなみに後半のサブタイトル「再開、父よ」はガンダムのサブタイトル「再開、母よ」のパロね。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #12 タネタネの国☆ちっちゃいって大変  ふしぎ星の☆ふたご姫 #12 タネタネの国☆ちっちゃいって大変を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #12 タネタネの国☆ちっちゃいって大変のブックマークコメント

タネタネの国で自己中心発言をしてしまったファイン@小島めぐみはマザーツリーの呪いおさるに変身。これがまた激しくラブリー

そしてさらわれてしまうファインとタネタネ王様と一緒に奪還に行くレイン@後藤邑子。ファインとレインが別行動をとるのはこれが初めてじゃないかな。とかくマンネリに陥りがちな子供向けアニメではこういう目先を変えたお話作りが重要なのではないかと。

ファインをさらったおさるたちとのふれあいで話し合って相手の気持ちになることが大切だと知るファイン。そして解ける呪い。ちゃんと教訓が生きていて好感が持てる。呪いが解けてプロミネンスの力が使えるようになり、めでたしめでたし。今回も魔法の力がまっとうに働き、プリンセスたちの成長が伺えます。

引きでまたも別れ別れになってしまうファインとレイン。自体は風雲急を告げる!のか?

エンドクレジットで原画に門之園恵美と後藤圭二の名前が。

[][] トリニティ・ブラッド#7 NEVER LAND  トリニティ・ブラッド#7 NEVER LANDを含むブックマーク  トリニティ・ブラッド#7 NEVER LANDのブックマークコメント

「ダンディライオンレオンの紹介回。なぜレオンがAxメンバーなのに牢獄に入っているかは、テレビを見ているだけではわかりませんでした。が、仕事で刑期が引かれていくのは、サクラ大戦3のロベリア@井上喜久子を思い出しました。どちらが先かは知りませんが。

今回もエステル・ブランシェ@能登麻美子は出てきません(ヒロインじゃないのか?)でしたが、ウィンディ@田村ゆかりという女の子が出ていました。あのような生い立ちの娘は最後、なんだかんだで殺されて終わるのかと思いきや、ハッピーな終わり方で、後味は良かったです。作画は好みではありませんが、まあまあでした。

[][] Musical Baton  Musical Batonを含むブックマーク  Musical Batonのブックマークコメント

cha1meijiuさんmario44さんからMusical Batonをいただいたので番外編で記述。詳細は各リンク参照してください。

■answers for each questions

□Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

27.4G
アニメ73%
特撮 19%
他 8%(萌えボイスとか)

□Song playing right now (今聞いている曲)

Invitation図書館へいらっしゃい〜 / 図書館探検部

凛花 / らいむ隊

凛花

凛花

撲殺天使ドクロちゃん / 千葉紗子

□The last CD I bought (最後に買った CD)

Super Love / こいこい7

Super Love

Super Love

甲賀忍法帖 / 陰陽座

甲賀忍法帖

甲賀忍法帖

Five songs(tunes) I listen to a lot, or that +mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

ドラゴン伝説 / 鶴崎江里子
・宇宙英雄物語 / 串田晃
・勝利のマシンロボ / 子門真人
・勝利だ!ビッグサイトロン / 串田アキラ
・戦え!ガチャフォース / 高取ヒデアキ

□Five people to whom I'm passing the batonバトンを渡す 5 名)

id:ston
id:kkobayashi
id:egyo2nd
id:manpukutaro
id:taro-r

勝手に投げてごめんなさい。(汗

2005-06-17

taske2005-06-17

[][] フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川  フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川を含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #11 燃える二子魂川のブックマークコメント

これこれこれこれこれこれこれこれ!

1話以来ず―――――――――――――――――――――っと待っていたこの展開!これこそ「フタコイ」!!

今までの流れも伏線も何もかも無視して(イヤほんとは無視してないんだろうけどw)バカみたいにドンパチやってくれました!1話でアレを見せてしまった以上、運命の日がどうとか、将来のプランがどうとか、抱くとか抱かないとか、そんなんはもうどうだっていいんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!

ラスト2回、この調子で最後までバカやってください!もうこのアニメは頭空っぽにして見ることにするぜ(笑)

何気にガンダムドラえもんパロディも入ってて非常にグッド。

で、OPはいつ変わるの?雛菊るる長谷川静香雛菊らら落合祐里香はいつランドセルで飛ぶの?(爆)

[][] 魔法先生ネギま! #24  魔法先生ネギま! #24を含むブックマーク  魔法先生ネギま! #24のブックマークコメント

神楽坂明日菜神田朱未の死をきっかけに狂い始める歯車

桜咲刹那小林ゆう近衛木乃香野中藍の前から姿を消し、綾瀬夕映桑谷夏子宮崎のどか能登麻美子の目の前でネギ佐藤利奈にキスをする。そしてネギは明日菜を生き返らせるためにエヴァンジェリン松岡由貴の元へ。

このエピソードのように多元的に物語が進行していく話は結構好きなのでこのままのクオリティできれいに終わらせてほしいものだ。いや、そういうのが一番難しいんだけどね。

一般的に萌えアニメは話を終わらせようとシリアス展開になるととたんにつまらなくなる傾向があるが、「ネギま!」に至ってはそれも杞憂なようだ。その分なんでもない回にとてつもなくひどい駄作が紛れ込んでいるのだが(笑)

エヴァの自宅(丸太小屋がラブリィ)で彼女の世話をする絡繰茶々丸渡辺明乃メイド服は◎。だが!メイド服のスカートが短いのは納得いかん!(爆)

[][] 極上生徒会 #11 ウイニング・ファイブ  極上生徒会 #11 ウイニング・ファイブを含むブックマーク  極上生徒会 #11 ウイニング・ファイブのブックマークコメント

『高慢ちきで鼻持ちならない女』と言われたくない、ただそれだけで手下(もしくは信者)の極上生徒会メンバー+管理人さん@こやまきみこを動員して絢爛生徒会フットサル勝負する会長生天目仁美萎え。しかも自分は何もしないのかよ。

どうせサッカーネタをやるんなら古くはキャプテン翼、最近は少林サッカーくらいハチャメチャなフットサル対決でもやってくれれば楽しめたんだが、このアニメにそんなこと期待できるでもなく、せいぜいサブタイトル寒いパロディ出すくらいしかできないようで。

素人ぞろいの極上生徒会メンバーのコーチとして登場した元サッカー日本代表先生はなんてご都合主義かと思ったがやる気を出させるための方便だったとは。そこだけは評価できる。でもオチで台無しorz。ダメダコリャ。

[][] 今日からマ王! #14  今日からマ王! #14を含むブックマーク  今日からマ王! #14のブックマークコメント

今回のクエストの目的となる魔笛発見。が、魔笛の見つけ方といい、魔族と人間のハーフの少年、ジルタと母親の再会といい、ご都合主義が鼻につくなぁ。最近このアニメご都合主義的な展開が多いぞ。

それに比べてギャグは絶好調。モンスターと敵兵の集団に囲まれる大ピンチなのに砂漠の真ん中ひとりソプラノリコーダーを吹くユーリ@櫻井孝宏は妙にシュール。モンスターが『運命の人』だったり、土の中をモグラのごとく進むパンダとか、もう何でもありだな(笑)

[][] スピードグラファー #3 写殺爆撮  スピードグラファー #3 写殺爆撮を含むブックマーク  スピードグラファー #3 写殺爆撮のブックマークコメント

あれ?

政治経済、芸能などの社会の陰部を敏腕カメラマンが潜入取材して暴き出すっていう結構ハードボイルドな展開のアニメかと思ったら…超人バトル系?

主人公雑賀は前回斬られたと思ったらカメラのシャッターを押したら被写体が爆発するという謎の能力が発動してピンチ脱出。でもこれってカメラマンにとっては致命的な能力なのでは(笑)

神楽@斉藤圭母親から冷たく苛められている割には"物として"妙に大事にされている部分もあって彼女も何かの能力があるのではと推測。

背中から翼が生えて空飛んだり、髪の毛で巨大ロボットのパンチ受け止めたり、変な格好で電波受信したり、ガンタイの向こうは機械の目だったりして。ってそりゃ「こいこい7」だ(爆)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050617

2005-06-16

taske2005-06-16

[][] スピードグラファー #3 写殺爆撮  スピードグラファー #3 写殺爆撮を含むブックマーク  スピードグラファー #3 写殺爆撮のブックマークコメント

雑賀辰巳、生きてる模様。しかも何やら非常識な展開に移行した模様。ここまでシブ路線と思わせておいてそれはないよな〜(笑)で、神楽@斉藤圭と雑賀の邂逅と。神楽を窘める雑賀の言葉のチープなことと言ったら……。実に三文小説チックなノリ。この安っぽい味が楽しみどころか。天王洲グループの本当の目的も秘密クラブ意味イマイチピントが合ってこないのだが、どうやら裏から政治を動かそうとかその程度の陳腐な設定の可能性もありそうだな。

まぁ、低俗なバイオレンスアクションポルノならそれもそれで楽しめるだろうから目一杯大風呂敷広げてはったりかましてほしい。

EDの『♪うまぁの、しぃっぽ……』、唐突な歌い出しがインパクト大。

[][] 創聖のアクエリオン #11 水底のしあわせ  創聖のアクエリオン #11 水底のしあわせを含むブックマーク  創聖のアクエリオン #11 水底のしあわせのブックマークコメント

ヘタレ女王不幸を呼ぶ女、麗花@小林沙苗の話。

周りが麗花を不幸を呼ぶと罵っても、自分で不幸を呼ぶ女と蔑んでみてもどうにも笑いが止まらないのはこれまでの彼女の行動があまりにヘタレだからですか?(笑)。合体成功率17%だもんなぁ(爆)

不幸を呼ぶからと基地を去る麗花だが、逃避行の列車の中で神話獣と遭遇。シリウスにかわって強引に乗り込んだアクエリオンで彼女が使った必殺技は『不幸最低拳』。大爆笑。この調子で全員分の爆笑必殺技が用意されるんだろうか(笑)

今週のシルヴィアかかずゆみの喘ぎ声は『いやあっ!気持ち悪い!』。あれ?

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #10 神祖御定  バジリスク甲賀忍法帖 #10 神祖御定を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #10 神祖御定のブックマークコメント

物語の黒幕、徳川家康がこれまでの伊賀甲賀の戦いの経過の報告を受けるという形の総集編。

総集編といってもこれまでの超ド派手なアクションシーンを中心に構成されており、普段の放送からバンク回想シーンばかりの癖に2ヶ月に1回総集編やる某「ガンダムSEED DESTINY」とは比較にならないほど密度が濃い。

しかし、家康に報告していた密偵、伊賀甲賀の精鋭に悟られることなくどうやってここまで詳細な報告書を作ったのだろう(笑)

[][] まほらば #23 紅葉の中で  まほらば #23 紅葉の中でを含むブックマーク  まほらば #23 紅葉の中でのブックマークコメント

鳴滝荘の面々で紅葉狩りに行く話。

噴水の中の硬貨をじっと見つめる黒崎親子や果てしなくビールを飲む恵@浅野真澄、銀杏で今月を乗り切るといきまく朝美@天神有海など、いつもの「まほらば」が戻ってきた感じ。

鬼ごっこで隆士@白石涼子が梢@新井里美を捕まえたときの『つかまっちゃいました』が非常にラヴリーでよろしい(笑)。てか、電車の中で隆士クン何気にプロポーズしてるし。しかも梢ちゃん受けちゃってるし(赤面)

最後のファックス、灰原由紀夫の小説がらみのものだと思うが、これが最後のエピソードになるのだろうか。梢の『いつまで皆さんと一緒にいられるんでしょうね』が重要伏線と見た。

空き缶はちゃんと持って帰りましょう。網棚の上の大量のビールの空き缶には笑った。

[][] こいこい7 #10 桃色吐息!?ヒフミちゃん舞う!うたかたの一日…です〜  こいこい7 #10 桃色吐息!?ヒフミちゃん舞う!うたかたの一日…です〜を含むブックマーク  こいこい7 #10 桃色吐息!?ヒフミちゃん舞う!うたかたの一日…です〜のブックマークコメント

ヒフミ@こやまきみこエピソード。作画ひどいけどすっかり慣れたな〜。あたかもこれが日常のひとコマであるかのような受容姿勢に我ながらびっくり。(笑)

なんだかよくわからない理由で標準語になっているヒフミだが、そんな稚拙なギミックはどうでも良くてこやまきみこの悲鳴からあえぎ声までお腹いっぱい堪能しまくり脚本乾杯な話。それに反して絵はヘタクソの一言。ヒフミの頭身はガチャガチャスパッツマニアでさえまったく食指の動かないヘボ絵。回転スカートネタ意味不明だし。なんていうか朴訥って言うの、これ?そう、クソアニメでも確信犯でもなく単なる素朴な感情吐露の場。飯田橋和子@阿部留美のヒフミに対する嫌がらせは『ホリゾントロボ』でヘンなポーズを取らせて遊ぶというこれまた頭悪いギャグのオンパレード。と言いつつ、オトメ@稲村優奈の遠距離通信体勢は不覚にも笑ってしまった。最後にこやまきみこに『生はいやぁ〜〜』と叫ばせた脚本には脱帽。そこだけ永久保存録音。

ガンタイちゃん@水樹奈々の能力は何なのか不明だが、こっちも頭悪い路線まっしぐらだな。

次回嵐が起きそうな予感……?

[] IZUMO #10 黄泉比良坂  IZUMO #10 黄泉比良坂を含むブックマーク  IZUMO #10 黄泉比良坂のブックマークコメント

日本神話好きにアピールするサブタイトル。実際黄泉比良坂の描写は不気味でよろしいかと。強気な態度で猛の琴乃氷青に対する気持ちを聞こうとする芹@石松千恵美はいい味出してる。こんな感じの演出を普段から入れてくれればもっと面白いと思うのだが。もう遅いよな。

後ろを振り向かずに根の国まで黄泉比良坂を歩き続ける試練はベタ過ぎるがこのアニメにしてはおもしろいエピソード。普段の脚本がいかに中身がないかってことの裏返しなのだが。

二人に分かれて転生した剛と猛とか、『魂を運ぶ入れ物』とか、設定としては面白いものが終了直前に一気に出てきたのだがもったいない感じ。設定だけを水で薄めて脚本作るからそうなっちゃうんだよなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050616

2005-06-15

taske2005-06-15

[][] エレメンタルジェレイド #11 復讐の賭闘士  エレメンタルジェレイド #11 復讐の賭闘士を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #11 復讐の賭闘士のブックマークコメント

戦闘メインの話ならもうちょっと作画をがんばりましょう。動きも止め絵もこれまでで最低レベル。

サティ緒方恵美とクー+レン@高橋美佳子の戦いはラサティのほうが言っていることに説得力がある上におまけにリアクトせずにクー+レンを圧倒するからカタルシスが感じられない。主人公として機能していない。

おまけにラサティが勝ったと見るやとたんに態度を豹変させてルール変更を宣言する悪役司祭。リィリア@笹本優子を手放したくないならもっとスマートな方法があるだろうと相変わらずお粗末な脚本

ラサティとリィリアのリアクトで敵が攻撃してこないのは合体もののお約束(苦笑)として許せるとしても、戦闘中にリアクトする行為そのものが戦いのテンポを損なっていて非常に不快。同じことはクーとレンの風の鎧を纏うシーンでの詠唱でも言えることなのだが。

ていうか、このエピソードまだ続くのか…それほど重要なエピソードなわけ?ならそう思わせるような展開にしてくれよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050615

2005-06-14

taske2005-06-14

[][] #1 とびきりスマイル☆ふたごのプリンセス  #1 とびきりスマイル☆ふたごのプリンセスを含むブックマーク  #1 とびきりスマイル☆ふたごのプリンセスのブックマークコメント

CSでも放送開始。

なんかヘンなノリだな。(笑)てか、けたたましい。放送開始当時webで散見された『おジャ魔女どれみ』みたいという感想はよくわかるが、ファイン@小島めぐみとレイン@後藤邑子のふたごは『おジャ魔女どれみ』より妙な動きがいい味出している感じ。全体的には魔女っ娘もののヴァリエーションで見事なまでの玩具アニメっぷりだが丁寧に作ってあるので作画とこのテンポを保っていければ悪くないかも。子供番組なので内容は単純だが。魔女っ娘なので『プロ〜ミネンス、ドレスアップ』で一応変身するのだが、変身はもはや記号化されていて特に意味はない模様。

『♪いやいやいや〜ん』は笑った。

[][] 英國戀物語エマ #11 過去  英國戀物語エマ #11 過去を含むブックマーク  英國戀物語エマ #11 過去のブックマークコメント

ジョーンズ家だけでなく、エレノア@小林沙苗のキャンベル家でもすでに噂の中心になってしまっているエマ冬馬由美とウィリアムの関係。ジョーンズ家のハウスメイドが言っていた『もし結婚したらメイドを「奥様」と呼ぶのかね。私は嫌だよ』というセリフがこの時代のすべてを物語っているのだろう。

それでもあきらめないウィリアム。ただの情けない坊ちゃんかと思ってたが、立派になったもんだ。恋は盲目、か。

エマの過去についてアルから聞かされるウィリアム。絵に描いたような不幸な生い立ち。どのような経緯でストウナー家のメイドに収まったかまでは描かれなかったが、こんな少女時代を過ごしてよくこんな立派な女性に育ったもんだと感心するよ>エマ。

来週最終回だそうだが、これって終わらせることできるの?ウィリアム以外、エマを含めた誰もがエマとウィリアムの結婚が現実的でないと思っているのだが…。スタッフの力量に期待。

[][] エレメンタルジェレイド #8 戦慄の煌珠狩者  エレメンタルジェレイド #8 戦慄の煌珠狩者を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #8 戦慄の煌珠狩者のブックマークコメント

あぁ、この話は2話か3話でいいよな〜。脚本の落としどころは『エディルレイドを捕らえるハンターと、保護と言う名目で片っ端から囲っちまうアークエイル。同じだと思うがな』という敵ヴォルクの言葉通り、人間と同じ時を過ごすことのできないエディルレイドをアークエイルが人間の感覚で保護していくことが正しいのか?エディルレイドからすればどちらも同じことではないのか?という辺りだと思うのだが、今までのアークエイルの描写が浅いのでイマイチエディルレイドが迷惑している感じが希薄。人間と平和に暮らしていたかったセレナ@真田アサミのアークエイル嫌いはわからないでもないが、正直言って『そんなエディルレイドもいるよな』程度の印象しか持てない。実際主人公側のエディルレイドと人間は仲いいし。(前にも書いけどこのアニメはそこが一番問題だよな)まぁ、これで実はアークエイルの上層部がエディルレイドを軍事利用する陰謀を持っていて『保護』の名目でエディルレイドを捕まえているとか、今回出てきたようなハンターの依頼者も実はアークエイルのお偉いさんだとかいう話になるとありがちながら話としてはまとまると思うのだが。でもそのためにはアークエイルの高い志をもっと描いてくれないとイマイチドラマティックではないな。

セレナ@真田アサミの悲しみはクー×レン@高橋美佳子やローウェン×キーア@鈴木菜穂子の姿が癒してくれるのが王道と思いきやどっか行っちゃったな。(苦笑)伏線か?

敵エディルレイドはチルル@釘宮理恵

[][] グレネーダー #10 天都入り  グレネーダー #10 天都入りを含むブックマーク  グレネーダー #10 天都入りのブックマークコメント

銃がメインのこのアニメで水中戦とは大胆な。とは言え基本形はいつもと同じだな。そのおかげで十天閃ってあまり強い感じがしない。今回は特に。(笑)ここしばらく建物の意匠中華風だったので忘れていたけど霞@佐久間紅美の夜鷹姿はやっぱり和風なわけね。自分の命を狙ってきた霞ねーさんを剥こうとする弥次郎は意味不明。藍前鉄破を伴って琉朱菜@高橋美佳子が敵の本拠地へ乗り込んでいよいよクライマックスかな。

藍前鉄破@檜山修之って高い声で叫ぶと斑目声になるのだね。(笑)琉朱菜のヘリウム声はアフレコでホントにヘリウム吸ったのだろうか。それとも演技?

[][] フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺す  フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺すを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺すのブックマークコメント

結局3話ぐらいぐだぐだと潰してしまった印象だなぁ・・・・・・そして風呂での札束のやりとりはこのアニメらしいシンボリックな描写でそれを固辞する恋太郎は今どき珍しく古風な清貧設定なキャラ。ヘンなところで平凡なアニメだ。それでいて現在の資本主義社会に対するプロパガンダかのような風刺を挿入したりしてなんかバタ臭い。恋太郎の双樹@門脇舞に対する葛藤も実に単純だし、ここへ来てどうなってしまったんだろうと思っているところにイカ出現。もうわけわかんないよ。

恋太郎、いくらなんでもリンス探していてそれはつかまないだろう。(笑)

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #5 忍者六儀  バジリスク甲賀忍法帖 #5 忍者六儀を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #5 忍者六儀のブックマークコメント

一向に出てこなかった甲賀のメンバーが一気に登場。しかし話はあまり進んでいない模様。原作は5巻までとは言え間に合うのか?伊賀の5人に比べて甲賀の一般忍者はいくらなんでも雑魚が過ぎる。まぁ、人別帳に名を連ねる連中がいかにとんでもないかを際だたせる演出にはなっているか。

お胡夷@木村はるかはイメージより幼い声だな。

[][] 交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャイン  交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャインを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャインのブックマークコメント

ゲッコーステイトエウレカ名塚佳織(とホランド)の過去は思ったより早く語られた語られた感じ。日曜日の朝(って他チャンネルがいつ放送しているのか知らないけど)、地上波で流す番組とは思えないようなショッキングなシーンにまで踏み込んでエウレカの過去を描いてくれたのは英断とも言える。これぐらいの覚悟が無きゃあキャラ立たないよな。うん。ホランドがいつになくイライラしていたり、レントンを殴ったりするのもこれだけの理由付けをしてくれれば十分に納得できる。内臓運ぶどころの騒ぎじゃなかったわけだね。エウレカが悪ガキどもを叱ることにさえ責任を感じていたのも今更納得だ。

そしてエウレカの告白に対して熱い感情をぶつけるレントン、かっこいいぞ。リフでぶつかるし、動き出したニルヴァーシュから転げ落ちるしで相変わらずかっこ悪いんだけど、この熱血っぷりは間違いなくロボットアニメの主人公だよ。エウレカ×レントンのコンビネーション燃える。小洒落たストリート系ロボットアニメ(?)かと思っていたけどしっかり正当派しているよな。今の子供にもこれぐらい熱いアニメ見せてやらなきゃ。

それにしてもエウレカはやっぱり強化人間綾波レイってところか。

[][] ふたりはプリキュアMax Heart #19 ひかり困った!なぎさが転校ありえない!!  ふたりはプリキュアMax Heart #19 ひかり困った!なぎさが転校ありえない!!を含むブックマーク  ふたりはプリキュアMax Heart #19 ひかり困った!なぎさが転校ありえない!!のブックマークコメント

作画戻って一安心。前回の回想はあまりにひどいな。(苦笑)

なぎさ@本名陽子が転校を勘違いするわけだが始まって5分でいきなりネタばらしでいいのか?あとはひかり@田中理恵がひとりで悩む姿を通してひかりのキャラを描こうという目論見だろうが見ている方は若干興醒め。てか、ひかりの独り相撲で可愛そうだよなぁ。その割に深刻さは皆無だし。『眉毛ハの字』マニアとしてはひかりのハの字が堪能できて嬉しいわけだが。(笑)作画も良好だし。

ザケンナーの中での戦いは目新しいがまぁ特に変わり映えするわけでもなくいつもと同じな感じ。なんだか日常のエピソードと戦いと乖離しちゃっている気はする。まぁ、言いたいことはルミナスの精神状態次第でパワーアップする可能性もあるってことなんだろうけど。

なんか手帳無理矢理使ってるな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050614

2005-06-13

taske2005-06-13

[][] イリヤの空、UFOの夏 #5 最後の道  イリヤの空、UFOの夏 #5 最後の道を含むブックマーク  イリヤの空、UFOの夏 #5 最後の道のブックマークコメント

いくらなんでもこれは端折りすぎだろ。わかっていたとはいえ、この話を6巻のOVAにまとめるのはさすがに無理があったか。テレビシリーズってわけにも行かないから、せめてOVA12巻シリーズならもうちょっと丁寧な描写ができたんだろうに、非常に残念。

浅羽と伊里野@野中藍の逃避行。学校で過ごす楽しい数日間も校長(猫)とのふれあいもほとんど描かれていない。吉野なんて完全に出番なくてただの変質者だし。っていうかエンドロールでも「浮浪者」だし。

浅羽が伊里野を見捨てて思い直して帰ってくるシーンももっとタメが欲しいところだし、伊里野の変調ももっとじっくり描いてほしかった。ああ!ほんっとに尺がないのが惜しい。

6巻シリーズにするって決めた奴誰だよ(笑)

とはいえ、6巻に残されているエピソードがこれまでと比べてそんなに多くないんだけど、5巻をこれほど駆け足でやったってことは結末はかなりじっくりと浅羽と伊里野の心理描写をやってくれるのではと期待してみる。

[][] トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌い  トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌いを含むブックマーク  トップをねらえ2! #3 トップレスなんか大嫌いのブックマークコメント

今回も楽しゅう拝見させていただきました。

チコ@沢城みゆきメインの回。沢城みゆきといえばこれまで結構優等生的な役が多かったのでワルっぽい演技が結構新鮮。

木星軌道に接近する宇宙怪獣を迎撃するためにバスターマシンが集結するシーンは見ごたえ抜群。バスターマシンの圧倒的攻撃力と宇宙怪獣のそれを上回る物量の戦いはこれぞ「トップをねらえ!」と言わんばかりの迫力。

遅れて登場したチコの新型バスターマシン(名前は……忘れたw)の『バスタースマッシュ』に爆笑。ホームランの次はスマッシュかよ。さらにマイナス1兆度の低温ってありえねー(笑)

木星は前作で確かブラックホール爆弾になってしまったはずだけど、重力場安定のためにそこに宇宙都市を作ったとか言う設定なのかな?よくわからず。『太陽系に閉じ込められた』という伏線とあわせて気になるところだ。

物語序盤でラルク坂本真綾 が立ち寄った小惑星型補給基地で『モスチキンバーガー』をデリバリーしてるノノ@福井裕佳梨にも笑った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050613

2005-06-12

taske2005-06-12

[][] ローゼンメイデン #4 翠星石  ローゼンメイデン #4 翠星石を含むブックマーク  ローゼンメイデン #4 翠星石のブックマークコメント

翠星石@桑谷夏子の持つ能力でジュン@真田アサミの夢の中に行く話。夢の中だけあって喋る花やセミのように飛ぶ車のおもちゃテスト用紙の巨人などなかなかシュールな絵を見せてくれる。

白黒の陰鬱とした夢の世界にただ1箇所美しい場所にあった小さなの木に水をやって夢の中から脱出。これはジュンが少し成長したことを示しているのか。そうは見えないけど(笑)

ジュンの頭にへばりつく雛苺@野川さくら萌えるなぁ。

[][] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33を含むブックマーク  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33のブックマークコメント

Zガンダム」観たあとに正直これはつらい(笑)

物語のコンセプトがいつのまにか異なる人種との相互理解から間違ったネオコン批判に摩り替わってるし…完全に破綻してますな。

今回はシンvsキラの回。新旧主人公対決で盛り上がりも最高潮…のはずなんだが、どうしてこうもすっきりしない展開になるんだろうか。前回すれ違いざまにやられた相手にいきなり互角の戦いに持ち込めるのは不自然以外の何者でもない。

フリーダムステラ桑島法子ではなく妹の仇なのだから、フリーダム初登場の回から幾度も敗北を繰り返しつつも少しずつ互角の戦いに持っていけるようになる。その上で最後の切り札として使うのならたとえVガンダムパクリ戦法でももう少しスマートに物語を持っていけるとともに、少年の成長を描けるというものを。

最後、フリーダムが爆発するんだが、核分裂炉が爆発したらいくら対爆、対放射能処理のしてあるモビルスーツといえども爆心地にいれば一瞬で蒸発すると思うんだがなぁ。

ミネルバと共同戦線張っていた隊の隊長のおっさんはいい味出しているのだが、こういう人は長持ちしないんだよな、このアニメ(笑)

[][] 交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャイン  交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャインを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #9 ペーパームーン・シャインのブックマークコメント

ヴォダラクの聖地、シウダデス・デル・シエロティプトリー杉山佳寿子を届けにきたゲッコーステイト。だが一刻も早くこの地を去りたいらしいホランド。いきなりホランドに殴られるレントン三瓶由布子廃墟のなかにいってしまうレントンを迎えにいくエウレカ名塚佳織に石を投げる人々。そして語られるエウレカとゲッコーステイトの過去

ヴォダラクは軍によって宗教弾圧を受けたんだろうね。そこでエウレカはモーリス、メーテルリンクを見つけ、ホランドはゲッコーステイトを立ち上げた、と。ただの珍走団じゃなかったのね>ゲッコーステイト(笑)

軍の爆撃機を攻撃するという選択をさせることによってエウレカに自身の意思で行動するという選択をしていたと認識させるレントン。『選択の門』と呼ばれるこの地でレントンも何かの選択をしたんだろう。洞窟の中でエウレカを説得するレントンはなかなかに格好よかった。

レントンの旅立ち以来ほとんど物語の進展のなかった「エウレカセブン」だけど、ようやく少しだけ動いた感じだ。レントンもゲッコーステイト正式メンバーになったし、自分の部屋もゲットできたしね。

エウレカは…やっぱ普通の人間じゃないんだろうな。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #11 マジ修行☆もっとすてきにプリンセス  ふしぎ星の☆ふたご姫 #11 マジ修行☆もっとすてきにプリンセスを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #11 マジ修行☆もっとすてきにプリンセスのブックマークコメント

前回の失敗でしょぼっとプリンセスに逆戻りのファイン@小島めぐみとレイン@後藤邑子。のちにプリンセスグレイス@皆口裕子が言っていたように、失敗にもめげずに前向きに進んでいく姿勢が大切だと。しっかりと良質の子供向けアニメをしているね。

オメンドを助けるためにプロミネンスの力を使ったファインとレイン。今回は実に久しぶりにまともに力が作用して普通にオメンドを助けられてめでたしめでたし。

しかし、たった1回の成功でもとのきらきらプリンセスに戻っちゃうのはやりすぎでは。アルテッサ@水橋かおりとの仲直りがないうちに戻すべきではないかと。

上品な気絶のしかたの練習』って…(笑)

[][] こみっくパーティーRevolution #10 オトモダチからはじめましょ  こみっくパーティーRevolution #10 オトモダチからはじめましょを含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #10 オトモダチからはじめましょのブックマークコメント

内気なアイドルあさひ@こおろぎさとみと勝気な同人作家詠美石川静が友達になる話。

話自体は友達になっていろいろ楽しいことをしつつもあるトラブルがきっかけで仲違いをするも結局仲直りをするありがちな話なんだが、このアニメの大前提としてそれぞれのキャラクターがどういう関係でどういう出会いをしているのかさっぱりわからないからこういう話をされても見てるほうとしては「?」なだけであって。

キャラクターの説明なしではじめたアニメなんだから、先週のサバゲーとか、コスプレファイトのようなキャラクターの基礎知識がなくても問題ないドタバタ話を中心にやっていったほうがよいのでは。

[][] ツバサ・クロニクル #10 別離のカガミ  ツバサ・クロニクル #10 別離のカガミを含むブックマーク  ツバサ・クロニクル #10 別離のカガミのブックマークコメント

小狼が領主を追い詰めて黒鋼とファイがキィシム@勝生真沙子を打倒し、物語はクライマックスに差し迫っているのにまったく盛り上がらない。

戦闘があっけなく終わってしまったこと、セリフに面白みがないことなどから緊迫感が感じられない。小狼の蹴りもあまり痛そうじゃないしなぁ(笑)

せめて母親との再会を果たしたチュニャン@伊藤静のシーンでもうちょっと感動的な演出でもしてもらえれば…演出が絶望的だ、このアニメ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050612

2005-06-11

taske2005-06-11

[][] 舞-HiME #20 炎の舞/涙の運命  舞-HiME #20 炎の舞/涙の運命を含むブックマーク  舞-HiME #20 炎の舞/涙の運命のブックマークコメント

まさかの巧海消去という選択肢を選んでしまったからにはもう見る方もハッピーエンドや生ぬるい仲良しごっこでは済まない展開を覚悟しなければならない模様。思い入れ系オタの俺には辛いなぁ。(苦笑)それぞれの憎悪故に躊躇無くチャイルドを繰り出してくる奈緒@南里侑香と詩帆@野川さくらだが、舞衣@中原麻衣の命に向けられた憎しみは奈緒と誌帆のそれが子供の幼稚な癇癪に思えるほどに強烈で悲劇的。今までに見せたことのない(なつき@千葉紗子すら知らない)チャイルドを駆って舞衣と命を止めようとする静留@進藤尚美はいかにも聡明だが、それも空しく命に火球を放ってしまうカグツチは悲劇のダメ押し。その直前命の涙を見て我に返る舞衣の姿が余計に悲しい。このときのために舞衣と命の微笑ましい仲良し描写が重ねられていたとすればあまりにも残酷な演出だよ。

誌帆はどうも嫌なやつと言うよりは分裂症気味のようだが、舞衣でさえ憎悪に駆られてしまう描写なども含めて『チャイルド』という強大な力を安易に行使することの愚かさがうまく物語の上で描かれているところもさすがだ。だからお利口な静留はチャイルドを全然使わないんだな。いざとなると必死に戦いを止めようとする玖我なつきや『それは舞衣なんだぞ』の一言で自分を取り戻す命など、それぞれのキャラも実によく立ってる。すごいよ。

でも最初はクールだと思っていた玖我なつきが実は一番熱いキャラってのが実にラヴリーだ。惚けている舞衣を叱咤する姿もラヴリィ。こういう女はきっとツンデレ系だな。

[][] ケロロ軍曹 #62  ケロロ軍曹 #62を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #62のブックマークコメント

今回はキャラ萌えの回ですか?

前半はモア@能登麻美子、桃華@池澤春菜、夏美@斎藤千和が懐かしの「キャッツ・アイ」のレオタード姿で名画を盗む話。正直話の何に脈絡もない。3人のレオタード姿と桃華父@池田秀一だけでもたせていたような…

西澤さんは僕の大切な…』という冬樹@川上とも子の一言で悶絶する桃華萌え。

後半はさらにそれを推し進めて前出3人のほか、秋ママ平松晶子小雪広橋涼を含めての女性陣総登場でのオールスター水着大会。話の内容はないに等しかったが、夏美のスク水とモアの白ビキニ人魚姿だけでオールオッケー(笑)

[][] こみっくパーティーRevolution #10  こみっくパーティーRevolution #10 を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #10 のブックマークコメント

ゲーセンネタ?それだけでワクワクしちゃう俺はダメ人間orzキングオブクイーン』って、詠美石川静香、またおもしろいこと言ってるな。(笑)

メールの返事にも悩んでしまう桜井あさひ@こおろぎさとみの内気っぷりと放っておいても一人で暴走しまくる詠美の対比を描くエピソードだが話は実にユルユル進んでいて悪くないもののイマイチ刺激もなくちょっとばかり退屈かも。

しかし大勢にそのメールを見せながらいろいろ言っている詠美はどうかと。『変換ミス娘』って、言い方変えれば『駄洒落』ってことだよな。

[][] まほらば #3 大切な場所  まほらば #3 大切な場所を含むブックマーク  まほらば #3 大切な場所のブックマークコメント

攻略不能と思われていた新井里美蒼葉梢@新井里美の第三の人格、6歳の魚子が現れたことでちょっと食いつきどころが見えたか?そんなこともないか。(笑)全編『おにいちゃん』攻勢と萌え絵満載で美味しいはずなのだがどうしても声に違和感を感じてしまって……。桃乃恵@浅野真澄が梢に多重人格のことを秘密にしようとする理由がよくわからない。何か理由があるのか。そして『記憶の補填』ってアリなのか?

鳴滝荘に母子で住む黒崎沙夜子@藤原美央子&黒崎朝美@天神有海がなんだか薄幸そうな感じだったり、その沙夜子を『ダメ人間』と紹介する茶ノ畑珠実堀江由衣とか、指人形におかしな設定を与えているおっさんとか、どこか微妙ブラックな気がするのだが……いや、ブラックと言うよりダークだよな。これは中身はほんわかテイストの絵柄のようにはいかないアニメなのか?

魚子のアホロートル顔はちょっと気味悪いぞ。(苦笑)

[][] まほらば #4 ぬくぬく  まほらば #4 ぬくぬくを含むブックマーク  まほらば #4 ぬくぬくのブックマークコメント

どうにも薄幸な匂いぷんぷんだよな>黒崎親子(苦笑)

にこやかな顔で実はおっかないという設定の銀雅木下紗華と茶ノ畑珠実堀江由衣が俺的にどうもキャラ被っているのだが。てか、同じ顔してるしな。(笑)おかしな海棲生物のごとき動きで隆士の友人に恐怖を与える珠実は笑える。

梢@新井里美のサバイバル料理本と鍋大全本で迷う姿〜おかしなぬいぐるみ赤ちゃんをあやす姿〜大荷物の老婆を助ける姿はどんなキャラ付けをしたいのかよくわからず。

ミニスカートで四つん這いの梢を描いてもパンチラは描かないのがこのアニメカラーらしい。

ちょっと原作設定も勉強。梢@新井里美は『解離性同一障害』の設定が変更になっているのをはじめ、テレビ的には差別表現につながってNGワードな設定がすべて変更になっていてわかりにくい模様。磨りガラス越しにストーリーを理解しなければならないのはニュアンス伝わりにくそうだ。

[][] ああっ女神さまっ#21 ああっ憧れは白い翼の天使 ああっ女神さまっ#21 ああっ憧れは白い翼の天使っを含むブックマーク  ああっ女神さまっ#21 ああっ憧れは白い翼の天使っのブックマークコメント

ウルド@冬馬由美が再び天使を呼ぶお話。小さい頃のウルドは結構萌えです。

ウルドがワールドオブエレガンスを呼ぶあたりと、小さい頃の作画は結構気合が入っていました。

[][] トリニティ・ブラッド#6 SWORD DANCER  トリニティ・ブラッド#6 SWORD DANCERを含むブックマーク  トリニティ・ブラッド#6 SWORD DANCERのブックマークコメント

派遣執行官「ソードダンサー」ユーグの紹介話でした。おかげで、アベル・ナイトロード@東地宏樹エステル・ブランシェ@能登麻美子がひとつも出てきませんでした。

ヒロインとしてシスターアグネスが出ていましたが、キャラクター的に美味しさが少し足りませんでした。だからあのような結末だったのか?作画は丁寧で良好でした。

[][] 機動戦士Zガンダム #1 星を継ぐもの  機動戦士Zガンダム #1 星を継ぐものを含むブックマーク  機動戦士Zガンダム #1 星を継ぐもののブックマークコメント

これぞガンダム

怒涛の戦闘シーンの連続、何が何でも敵を倒そうとする敵味方パイロットたちの気迫とモビルスーツたちの動き、命の重さと軽さ、けれん味溢れる名言の数々、錯綜する個々人の思惑!

「新訳」の名に相応しく追加された、あるいは解釈の変わったシーンも違和感なく宇宙世紀0087の世界にはまっているし、またここから新たな名言が生まれそうだ。

劇場版にあたってキャストが代わったメンバー、ファ@新井里美、カツ、ブレックス、フォウ@ゆかななどはまったく違和感なし。ファなんかは「まほらば」の梢よりこもっちのほうが適役なんじゃないかと思えるほどだし、フォウも最初からこのキャストじゃなかったかと錯覚するほど。ただし、ハヤト@檜山修之だけはかっこよすぎるぞ、勇者王って感じだが(笑)

モビルスーツ戦も迫力満点。特に今まであまりスポットライトの当たっていなかったアッシマーとガンダムMk-II+百式アムロのカーゴの戦闘シーンはまさに手に汗握る展開。絶対プラモデルの売り上げ上がるって。欲しくなるもん(笑)

惜しむらくは、新作カットと旧カットでクオリティの差が激しすぎる部分があったこと。20年の歳月とは げに恐ろしや…

あと、時間的制約から難しかったのだろうが、「カミーユ」が描ききれていないような。もっとも、これはフォウとの邂逅のある次作以降でも十分間に合うことなんだろうけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050611

2005-06-10

taske2005-06-10

[][] 魔法先生ネギま! #23  魔法先生ネギま! #23を含むブックマーク  魔法先生ネギま! #23のブックマークコメント

唐突に訪れる神楽坂明日菜神田朱未終焉の日。今までまったくの伏線もなく突然やってきたような気もするが、エヴァンジェリン松岡由貴魔法障壁を無効にしてしまうことや目の色が片方ずつ違ったりすることが伏線なんだろうか。

魔法にも医学にも助けを求めることができず、ただ黙ってそのときを受け入れるしかない明日菜彼女の変調を気遣って催された誕生日パーティの席上で震えながらもお礼の言葉を言う姿など、今後起こるであろう「何か」を暗示させる演出としては◎。

おそらく最後となるエピソードの発端としては上々ではないだろうか。すべてはこの後の話にかかってくるわけだけれども。

[][] 極上生徒会 #10 彼女水着を着せないで  極上生徒会 #10 彼女に水着を着せないでを含むブックマーク  極上生徒会 #10 彼女に水着を着せないでのブックマークコメント

プッチャン田村ゆかり『俺が見たいのはこういう美女のあられもない姿』

周辺の男子高校生500人アンケートの結果だとか、奏@生天目仁美等身大エロエロダミー人形だとか、この世界の住人は美的感覚狂ってないかい?ツッコミどころ多すぎ。はっきり言ってこれほど水着になってうれしくないキャラも珍しいぞ(笑)

奏の異常なまでの人気とか、プール実習覗きのため徹夜組登場とか、豪華客船借り切ってプール実習だとか、物語の根本は相変わらず最悪のセンスだが、それ以外の子ネタには結構笑えるものがあった。そういう点では「極上生徒会」にしてはまずまずだなといったところ。

ランキング上位に入っていると知ったときの香@斎藤千和の反応がよい。むしろ千和グッジョブ(笑)

[][] フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺す  フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺すを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #10 クマのように舞い、イカのように刺すのブックマークコメント

果てしなく無職に近い職業、読めない将来、さっぱり増えない預金残高。

恋太郎だけじゃなく、このころの男なんて職業の違いを除けばほとんどそんなもんかと。公彦の方が異常なだけであって。

その公彦の伝言を真に受けて双樹@門脇舞まで手放そうとしてしまうあたり、やっぱりヘタレなんだなぁ、と。

そこに何の脈絡もなく登場するイカ。正直イカとデッサンの狂ったクマの戦いはギャグ以外の何者でもないけど、何か懐かしいものが(笑)

この先、イカとの戦いでヤケクソぎみにパワーアップした恋太郎がイキオイに乗って沙羅を奪還に行くという脈絡も辻褄もクソもない展開希望。もう小難しい話はいいよ。

しかし、ここ最近、毎週脱いでるな、双樹ちゃん(笑)

[][] スピードグラファー #2 唸る札束  スピードグラファー #2 唸る札束を含むブックマーク  スピードグラファー #2 唸る札束のブックマークコメント

天王洲神楽@斉藤圭視点での話。

これでもかと言うくらい神楽に冷たく当たる人たち、そしてその薄汚さを演出し、『あの子が笑っていられるのは自由があるから』と今の生活からの逃亡を渇望する神楽を描く。わかりやすい話だね。

で、ラストで1話のラストとつながって秘密クラブで出会った雑賀のもとに転がり込むと。「フタコイ」と似たコンセプトの話かな。

とか思っていたら雑賀いきなり殺されてるじゃん!この人主人公じゃなかったの!?いやはや、いい意味で裏切られてびっくり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050610

2005-06-09

taske2005-06-09

[][] こいこい7 #9 幼女降臨!!ガンタイちゃん、初めてのお散歩です〜  こいこい7 #9 幼女降臨!!ガンタイちゃん、初めてのお散歩です〜を含むブックマーク  こいこい7 #9 幼女降臨!!ガンタイちゃん、初めてのお散歩です〜のブックマークコメント

おぉっ!OPが変わった!?って、アスカヤヨイ@水樹奈々のコスが変わっただけだが。(笑)

冒頭からヲリエ@木村亜希子の喘ぎ声。もしかしてセクハラ脚本万歳ってことですか?

アスカヤヨイ『つまんない……』

って、ホントにその通りだな。(苦笑)アスカヤヨイの年齢が下がったおかげで水樹奈々グッジョブなエピソードと化している。今までの中途半端エロ声役よりずっと萌えるのはなぜ?って、いつの間に俺はこいこい7に萌え要素見出しているんだ。(笑)『♪み・が・こ〜、み・が・こ〜、きゅっきゅきゅっ〜』のおデコギャグは不覚にも笑ってしまった。やるじゃねぇか、水樹奈々。『おデコの人きら〜い』も面白いぞ。

アスカヤヨイ『ねえおにいちゃん、ロリコンってなぁに?』

なんか、水樹奈々出しとけばそれでOKってこと?そして山田イスズ@松来未祐、『犬のバター』ってどんなギャグだよ。『よくなめるんです』とか言ってるし。(笑)

もう何がやりたいアニメなのかさっぱりわからんが、今回は面白かったよ。

それにしても『ガンタイちゃん』って呼び方は何とかしてやれ。

[][] 創聖のアクエリオン #10 空に星、地に花  創聖のアクエリオン #10 空に星、地に花を含むブックマーク  創聖のアクエリオン #10 空に星、地に花のブックマークコメント

今回はイマイチ

サブタイトルどおり、天にも地にも気を配って戦えって話なんだが、いつものおバカさがナリを潜めて普通のロボットアニメになったしまった感じだ。

おまけに今回は序盤でシルヴィアかかずゆみが即効リタイアしてしまったので合体シーンのあえぎ声はなし。しかも男3人で合体なんてありえないよ!(爆)

今週の麗花@小林沙苗シリウスに模擬試合で触れることもできなかったようで…相変わらずだね(笑)

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #9 哀絶霧雨  バジリスク甲賀忍法帖 #9 哀絶霧雨を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #9 哀絶霧雨のブックマークコメント

甲賀弦之介の忍法、すげえな。まさに無敵の忍法。朧@水樹奈々が最強の盾だとすれば弦之介のは最強の矛。

朧にまったく目をあわせることなく卍谷に帰る弦之介に対し、悲嘆に暮れ、自らの能力を封じる朧。甲賀弾正とお幻の前例があるだけに、この二人には敵対してもらいたくないのが人情というものなのだろうが、果たしてそううまくいくのか…

物語はいよいよ全面対決の様相を呈してきて目が離せない。

[][] まほらば #22 大事…  まほらば #22 大事…を含むブックマーク  まほらば #22 大事…のブックマークコメント

いい話だ…

今回のテーマは親子の愛。黒崎沙夜子@藤原美央子、朝美@天神有海親子だけでなく、沙夜子と沙夜子の父の関係も不器用ながら非常にいい関係だ。

沙夜子がとうとうと自分のこと、死んだ夫のこと、そして朝美のことを語るシーンは、これまで要所要所でしか喋らなかったことが逆に沙夜子の本気を物語って説得力がある。

ついつい沙夜子や朝美の分の買い物をしてしまう梢@新井里美や隆士@白石涼子存在もいいスパイスになっていた。

[][] 今日からマ王! #13  今日からマ王! #13を含むブックマーク  今日からマ王! #13のブックマークコメント

魔族グウェンダル@大塚明夫と駆け落ちした罪で有罪判決を受けるユーリ@櫻井孝宏。刑は法石採取という強制労働。なんでも女性しか採取できない石だとかで、男同士で駆け落ちが日常茶飯事の世界かと思ったらユーリは女に間違えられていたらしい。そんなアホな(笑)

で、強制労働にはつきものの非情な監視役の横暴な振る舞い。これに激怒して魔王顕現。このときの音楽が伊福部マーチっぽくて笑った。魔王は怪獣かよ。しかもセリフはどう見ても遠山の金さんだし、成敗のため召還したゴーレムのパンチ跡には「正義」の文字あるし、こいつ魔王じゃないだろ、実は(笑)

魔王の必殺技でユーリママかかずゆみ登場。魔王の癖になかなか萌える必殺技を(爆)

[][] IZUMO #8 守るべきもの  IZUMO #8 守るべきものを含むブックマーク  IZUMO #8 守るべきもののブックマークコメント

猛を呼び寄せようとするヒミコ、それを阻止しようとして犠牲になる琴乃氷青卑弥呼の前に立ちはだかり身を挺して猛を守ろうとする明日香力丸乃りこ。その猛たちを守ったのは四聖獣……ってこのアニメにしては珍しくいいテンポ。麟@足立友が猛に前世のビジョンを見せて幻惑しようとするのも流れとしては割りといいのでは。四聖獣がヒミコ@河原木志穂の作りしもので結果的に今はヒミコを裏切っているのも意外に面白い設定。

猛がスサノオかどうかイマイチよくわからない四聖獣というのは伏線賞味期限を引き延ばすためのご都合主義だがそのトボケ具合はなんか笑える。

白虎@斎藤桃子あたりもうちょっと美味しくならないものか。お堅いキャラ設定をどこかで崩してくれると激萌えなのだが。

[][] スピードグラファー #2 唸る札束  スピードグラファー #2 唸る札束を含むブックマーク  スピードグラファー #2 唸る札束のブックマークコメント

♪Girls on Film, Girls on Film〜って、OP使い回しかよ。ちょっとがっくり。

天王洲神楽@斉藤圭はこれがデビューらしいが。細い感じの声に悶々とさせるパワーがありそう。もうちっと砕けると萌え声と化するのかもしれないがこのアニメでは無理かな。(笑)絵的には黒のハイソがそそる。

天王洲家を継ぐために金の万能さを教え込まれる神楽だが、話の構図としては単純?神楽が口にする『貧乏でも』とか『遠くへ行きたい』とかオルゴールの針が弾ける比喩表現とか全体的にわかりやすいのかも。それはそれでいいと思うが。

で、気になる前回の続きだが……いきなり殺害されてるよ!(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050609

2005-06-08

taske2005-06-08

[][] エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場  エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #10 愛と欲望の賭闘場のブックマークコメント

相変わらず登場人物たちの行動原理がよくわからん。

サティ緒方恵美が今週に限ってリィリア@笹本優子を賭闘場に連れて行くのもご都合主義以外の何者でもない(そもそもそれまで家にひとり置いておいたほうが意味不明)し、シスカ@水樹奈々たちの手入れも行動原理がまったく矛盾している。『エディルレイドたちが武器として使われていることに怒りを感じて』って自分たちのことは棚においてそれはないだろって感じ。せめてエディルレイドたちが商品として不当に取引されている事実をつかんでとかにしたほうがよっぽど説得力もあろうというもの。

すべてがこのエピソードのクライマックスであるラサティ+リィリア対クー+レン@高橋美佳子の対決ありきで物語が進行しているようにしか見えない。典型的なダメ脚本だ。

来週に続くようだが、3週もかけて描くほどのエピソードかね?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050608

2005-06-07

taske2005-06-07

[][] #9 風花、舞う時…  #9 風花、舞う時…を含むブックマーク  #9 風花、舞う時…のブックマークコメント

みかん松岡由貴巨乳化!?しかもバニーガールコス。ウサ着ぐるみでガンベルトが取れない琉朱菜@高橋美佳子とかいらないシーンだよな。てか、そんなピンチの演出でいいのか?でも琉朱菜の着ぐるみの空気が抜けてボディスーツになるのは◎。今回はおっぱいよりケツが気になった。(笑)おっぱいクイックリロードもクール。弥次郎の昔の仲間、風花@鈴木菜穂子のテックセッター(?)はエロゲさながら。

風花と弥次郎、開山道士のエピソードはなかなかドラマティックでいいのだが、どうせなら弥次郎の風花に対する想いを物語の最初から拘って描いてくれば中盤のクライマックスになったのに。で、次回天都へってのが王道だと思うのだが。惜しい。

[][] 英國戀物語エマ #10 すれ違い  英國戀物語エマ #10 すれ違いを含むブックマーク  英國戀物語エマ #10 すれ違いのブックマークコメント

ウィリアムの家に行くエマ冬馬由美ケリー中西妙子の死を知りストウナー邸に向かうウィリアム。ウィリアムの庇護を求めに行くとは、意外と慎みないのね、とか思ったら『お別れを言いにきた』とびっくり。

ウィリアムに遭うことなくジョーンズ邸をあとにするエマにぎりぎり遭えたウィリアムだが、何故行かせてしまったのか。先の展開はきになる引きだが、あまり昼メロちっくにされてもこっちがついていけなくなるので勘弁して欲しいところ(笑)

客間に通されたエマに『兄さまをたらしこんだ』と食ってかかるヴィヴィアン@水橋かおり、超萌え

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #4 妖郭夜行  バジリスク甲賀忍法帖 #4 妖郭夜行を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #4 妖郭夜行のブックマークコメント

甲賀のお幻屋敷で緊張感を孕みつつ静かに催される宴。そんな中一人はしゃぐ丈助は実に笑える。空気嫁>丈助(笑)しかし寝首をかこうとした朱絹@渡辺美佐を質す朧@水樹奈々に対し、朱絹を庇う態度を見せる丈助はなかなかいいやつだ……って、言ってるそばから陣五郎にやられてますな。丈助はホントにこれで終わり?

伊賀の忍たちの憎悪を感じ取るほどの弦之介ながら朧@水樹奈々に対する朴念仁っぷりはあまりにわざとらしいだろう。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050607

2005-06-06

taske2005-06-06

[][] こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦  こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦のブックマークコメント

今回はサバゲー。もう同人誌とは関係ないだろうという突っ込みはあきらめた(笑)

相変わらず物語の発端は強引だが、コスプレバリアーとか、千紗@馬場澄江ダンプとか、ステルス彩@園崎未恵とか、今回は物語各所に仕込まれたネタが光っていた。ロリコン隊長には成熟した女性のコスプレが効かないというのはヤバくないのか?

作画は普通…なんだが、千紗ダンプのシーンだけ妙に気合が入っていたような…(笑)

[][] エレメンタルジェレイド #7 併唱謳への決意  エレメンタルジェレイド #7 併唱謳への決意を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #7 併唱謳への決意のブックマークコメント

もう何度も書いた気がするが……同契の演出はもうちょっとスマートにならないものか。そして飛空艇の上での戦いを表現するにはあまりに作画がお粗末。大空をバックにしている雄大さも感じられないしスピード感も無い。派手なことやりたければ手を抜くのはナシでしょう。

どうやら併唱謳(オブリガーズ)ってのもこの物語のキーとなるアイテムらしいが、こちらの演出も実に中途半端呪文みたいの唱えているだけなので全然重みが無いし切り札ちっくな技の割には凄みが感じられない。

要するにエディルレイドを武器として使うのと、呪文の詠唱と2種類の技があるということなのか。どうもその辺りのファンタジーな設定が系統立って作られていないのが魅力に乏しい原因だな。続々と現れるようになった敵についても同じことが言えるのだが、敵のどんなところが強くてそれをどう攻略していくかという論拠に乏しいから困難を切り抜けている雰囲気も希薄でいつもドタバタ劇に終始してしまうんだよな。う〜ん。

[][] スピードグラファー #1 背徳都市  スピードグラファー #1 背徳都市を含むブックマーク  スピードグラファー #1 背徳都市のブックマークコメント

Duran Duran

ずいぶんステレオタイプ社会観をおっぴろげてスタート。予備知識ナシなので正直『なんだ、このアニメ』ってな感じで見始めたのだが相当得体の知れない代物な予感。まぁ、ザクザクと四肢を切り刻むのも人間トマト化スプラッタ映像もエルフェンリートで慣れたのでどうってことないが……どうってことないと思っていたが、うう、やっぱ痛い話は嫌いだ……(苦笑)

と、物語の本質で無い話は置いといて。息苦しい現実の世界で政府陰謀を追いかけてカメラ片手に駆け回るコートの男なんて、ヘタすれば『ベタ』以外の何者でもない設定を臆面も無く描いているのになぜかワクワクさせてくれる。作画も1話にしてはユルい感じなのだが、随所にウソくさくならないフィクションを散りばめてくれてそれが緻密な世界観を作り出している。列車バー(?)とか無さそうでありそうだよな。またうまいところで話を切ってくれて次回も楽しみ。

放送直前にちらっと流れた曲がど〜も聞いたことあると思ったらOPテーマDuran Duranの"Girls On Film"(邦題"グラビアの美少女")とは。懐かしい〜……って年バレるな。次回OPも楽しみだ。

[][] フタコイ オルタナティブ #9 フタコイ  フタコイ オルタナティブ #9 フタコイを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #9 フタコイのブックマークコメント

沙羅@水橋かおりのいない毎日を埋めるかのようにふざけ合って、楽しくもない楽しみを無理矢理探し、そして暴走しつつなんとか欠けてしまったものを繕おうとする恋太郎と双樹@門脇舞。おフザけの度合いが過ぎれば過ぎるほどわざとらしさが強調される。当然のように残された二人だけで関係を深めるように動こうとするのが自然な流れでそれはまったく罪の無い行為ではあるのだがやっぱり補いきれないものが残っている。恋太郎にしろ双樹にしろショックの大きさの余り焦っているのがよくわかる。

と、書いているのだがそれは表面的なことで実は何をしたいのか見失いつつある。すまん、正直先が読めない。

なんとなくイカ出てるな。この展開からイカに持って行けるのか?(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050606

2005-06-05

taske2005-06-05

[][] まほらば #1 ようこそ鳴滝荘へ  まほらば #1 ようこそ鳴滝荘へを含むブックマーク  まほらば #1 ようこそ鳴滝荘へのブックマークコメント

CSでも放送開始。

蒼葉梢新井里美の声はどうにも萌えない。キャラの絵柄に対して声の方がちょっと年齢高い印象を受ける。そのうち慣れるのか?てか、新井里美悪いわけではないがこんな萌え絵に新井里美でいいのか?それとも独特の口調に何か新しい萌え要素を見出せと言うのか?難易度高いなぁ。(笑)

絵は好みだし作画も良好だが、正直言って本編は少々かったるい脚本。話の内容から言ってその辺りの改善はあまり望まない方がいいかも。まぁ、いっか。多重人格設定もありがちな上に見せ方もイマイチ平凡だな。

蒼葉梢のすっげ〜ミニスカートと動くたびに鳴る鈴、気になる〜。(笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 #10 お菓子を作ろう☆プリンセスパーティ  ふしぎ星の☆ふたご姫 #10 お菓子を作ろう☆プリンセスパーティを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 #10 お菓子を作ろう☆プリンセスパーティのブックマークコメント

ほんとに月1回プリンセスパーティするんだね(笑)。で、今回は「愛のエプロン」ばりの料理勝負。

今回はノリも作画もシナリオも今までの中で最高のクオリティだった。パティシエ姿のファイン@小島めぐみとレイン@後藤邑子純粋にかわいい。

プロミネンスの効果はいつものように風が吹けば桶屋が儲かる的な展開だったのだが、そのあとのオチはしっかりと教訓「悪いことをしたら謝りましょう」というメッセージを残してくれて子供向けアニメとして非常に秀逸だと思う。

しかし、1回の失敗でここ2ヶ月の頑張りがすべてパーになるとは、プリンセスの修行も厳しいねぇ。

[][] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #32  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #32を含むブックマーク  機動戦士ガンダムSEED DESTINY #32のブックマークコメント

――絶句。またはあきれてものも言えない。もう何から突っ込んでいいやら…

とりあえずステラ桑島法子を湖に沈めるシーン。FF7まんまパクりでなんのひねりもない。民間人を大量虐殺したパイロットが死んでお涙頂戴とは、やっすい脚本だな。あとね、人間の体って水に沈まないから。多分小学生でも知ってるよ。

シンがフリーダムを仮想敵にシミュレートするシーン。あんた恨む相手間違ってるよ。話の都合のいいように恨む相手変えてないかい?2年前のMSフリーダムが最新鋭のMSインパルスよりパワーが上って意味わからん。核で動いてるかどうかってパワーには関係ないでしょ?

ネオ=ムウのシーン。第1話からバレバレだったけど敢えてここで書かせもらう。あんた陽電子砲で蒸発したでしょうが!ヘルメットだけ宇宙空間に浮かんでなんで生きてるの?ドラゴンボールでも使ったんか!?

最後はデュランダル池田秀一の演説。出だしといい、中の人といい、「ダカールの日」をやりたかったんだろうがあまりに稚拙。もっと歴史上のさまざまなプロパガンダ映像や政治家達の演説を見て学習しなさい。こんなクソ演説じゃ劇中の人物はともかく現実世界では猫の子一匹動きません。しかも敵は軍産複合体だ?アメリカ合衆国大統領ロッキードボーイング宣戦布告したのと同じだぞ?どんな妄言だ?

ここまでぶっ飛んだ脚本となってくると逆にわざとやってるんじゃないかと思えてくる。もしや「ガンダムSEED DESTINY」って「こいこい7」と同じくネタアニメ!?

CMはゼータ一色。バンダイはもはや「SEED」売る気ないのか!?

[][] まほらば #2 大家さんのひみつ  まほらば #2 大家さんのひみつ を含むブックマーク  まほらば #2 大家さんのひみつ のブックマークコメント

絵本風のストーリー紹介ウザい。変身した蒼葉梢新井里美赤坂早紀か)のバックに流れるハードロック風のBGMは笑える。下宿の住人が蒼葉梢の秘密を知っているのはともかく、別人格に名前までつけて完全に別人として付き合っているのはちょっと気味悪い設定。それにどうせなら人格変わるだけじゃなくて髪の色から何からアピアランスも変換するぐらいのインパクトが欲しい。そこまで非現実に踏み切れなかった様子。こういう超常的な設定を入れるなら演出上の効果も考えて欲しい。まず先に設定ありきで面白い話を作ろうとしても難しいよな。それにしても話は相変わらずまったり過ぎ。

新井里美の声、攻略不可能の予感。(笑)

[][] 交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアン 交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアンスを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアンスのブックマークコメント

政府活動家、ティプトリー杉山佳寿子登場。レントン三瓶由布子エウレカ名塚佳織と悪ガキ3人組を囲んでのお茶という日常的な安寧のシーンから一転、ティプトリーの捕り物というゲッコーステイト的日常への切り替わりはスピーディーでお見事。

街中でのニルヴァーシュの動きはLFOの巨大感を十分感じさせてくれる。最近こういうの見なかったから新鮮だ。食事シーンといい、「エウレカセブン」はこういうところを丁寧に描いてくれるから好感が持てる。4クールものの強みか。

後半の食事からティプトリー引渡しのシーンはよくわからん。ホランドの真意がまだよくわからないからなんだろうが。『ノルブの居場所を教えてくれ』というホランドのセリフが鍵か。

レントン『結局、何がかっこよかったのかな』

少なくともジャージはかっこ悪いから(笑)

[][] 交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアン 交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアンスを含むブックマーク  交響詩篇エウレカセブン #8 グロリアス・ブリリアンスのブックマークコメント

ray-out』の表紙になったことで例によって初っ端から飛ばしているレントン君@三瓶由布子。一緒に買い物へ行ってほしいと言うエウレカ名塚佳織の一言を『デートの誘いか?』と勝手に思い込んで舞い上がっているレントンはもはや笑えるというよりは微笑ましい。(笑)

想定外に穏やかな人物であった反政府組織ヴォダラクのティプトリーを方針変更で助けた(最初からその気だったのか?)ことによってゲッコーステイトに新たな指針が提示されるわけだが今回はだいぶセリフで説明されてしまったので全貌は見えず。コンパドライブが量産されるとどうなるのだろうか。そしてエウレカの体調の変化も気になる伏線

[][] ふたりはプリキュアMax Heart #18 キャンプだホイ!頼りになるのはお父さん!?  ふたりはプリキュアMax Heart #18 キャンプだホイ!頼りになるのはお父さん!?を含むブックマーク  ふたりはプリキュアMax Heart #18 キャンプだホイ!頼りになるのはお父さん!?のブックマークコメント

今回はキャンプネタ。なんだかなぁ。(苦笑)てか、一目でそれとわかる作画の荒れに落胆。そして話も特筆すべきところは無く。正直言って『続編決定するも2年の放送に堪えるほどの内容も無くて水増ししていますよ〜』な感じがイヤだな。玩具も出しすぎ。

ひかり田中理恵『全然大丈夫です〜』とか言っているが、その日本語は全然間違っていますから。いや、いいんだけどね。(笑)

[][] きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)  きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)を含むブックマーク  きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)のブックマークコメント

ストラトス・フォー」のスタジオファンタジア謹製OVA。「ストラトス・フォー アドヴァンス」で全くパンチラしなくなってしまったので腹いせかと思えるくらいの豪快なパンツの見せっぷり(笑)

物語序盤で圧倒的な強さを見せつけた敵ロボットビッグオービッグマイティを紙くずのようにぶっ飛ばすジュネス王国三王女の三女ネネ豊口めぐみやら、日本サラリーマンそのまんまのビッグマイティ操縦者達やら、ビッグマイティの"発動機"をボルトで治す技術者やら、超巨大な「お人形さんのおうち」から遊園地アトラクションかと思わせるBGMつきで発進するファンシーロボやら珍妙な設定満載で視聴者を煙に巻くアニメ(褒め言葉)。

次女カナ@門脇舞の作ったロボット、リンクル@金田朋子が名づけることになっているファンシーロボの名前は次回のラストまでお預けなんだろうな。

[][] ローゼンメイデン #3 水銀 ローゼンメイデン #3 水銀燈を含むブックマーク  ローゼンメイデン #3 水銀燈のブックマークコメント

如何なく内弁慶ぶりを発揮するジュン@真田アサミをいとも簡単に手玉にとってみせる真紅@沢城みゆき、真紅の家来になってますます幼女っぷりに磨きがかかる雛苺@野川さくら人形達のためにわざわざ特別な朝食を作るのり@力丸乃りこキャラクターが生き生き動いているね。

サブタイトルにもなっている水銀燈@田中理恵は顔見せ程度。1話で襲い掛かってきた人形を操っていたのも彼女らしく、ライバル的な立ち位置キャラになるのだろうか。

クラスメートを街で見かけてこそこそ逃げ回るジュンがムカツクんですけど(笑)

[][] ジンキ・エクステンド #9 ゲームの勝者  ジンキ・エクステンド #9 ゲームの勝者を含むブックマーク  ジンキ・エクステンド #9 ゲームの勝者のブックマークコメント

なんつーか、かなりどうでも良くなってきた(笑)

話が突然脇道にそれたかと思ったらそのまま赤緒@稲村優奈が連れ去られてしまってこっちが本筋なの?って感じ。そもそも何が話の本筋なのか、話がどこに向かおうとしているのかさっぱりわかりません。ていうか敵は誰?

前半あれほどてこずっていた古代ジンキも青葉@折笠富美子の『全機撃破完了』であっさりカタ付いてるし、何がしたいんだ、このアニメ

[][] ああっ女神さまっ#20 ああっ女神を救えっオトコならっ?  ああっ女神さまっ#20 ああっ女神を救えっオトコならっ?を含むブックマーク  ああっ女神さまっ#20 ああっ女神を救えっオトコならっ?のブックマークコメント

森里螢一@菊池正美ベルダンディー@井上喜久子を救うために、狙って「お助け女神事務所」に電話をする話。

三嶋沙夜子@能登麻美子が飲んでいるワインからスクルド@久川綾が出現するあたりは面白かったです。

[][] こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦  こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦を含むブックマーク  こみっくパーティーRevolution #9 史上最大の血戦のブックマークコメント

瑞希@茶山莉子『たるみ、むくみ、気づいてる?最近の和樹だんだん典型的なオタク顔になってきたわよ』

アイタタ……身に覚えが。(苦笑)

てか、こみパキャンプネタかよ。そしていくらバカアニメでも迷いの森にあるキャンプ場ってあまりにウソですから。で、よくわからないままストーリーサバイバルゲーム突入するわけだが、なぜか『ロックオン』のような光線銃でゲーム。よく意味がわからないあなぁ。まぁ生身でBB弾打ち合うわけにいかないから苦肉の策なんだろうけど。

『必要以上に発育した肉体など隊長にとって畑の野菜も同然』って最近ではヤバいネタだよなぁ。その割に絵的にはそれほど際どくもなく……ラストはオチらしいオチもなく終了。なんだかなぁ。

ちなみにカードマスターピーチ今回も登場。変身バンク入れろよ。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050605

2005-06-04

taske2005-06-04

[][] ケロロ軍曹 #61  ケロロ軍曹 #61を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #61のブックマークコメント

アニメ開始から14ヶ月、61話にして始めての(人間型の)アニメオリジナルキャラ木下黎@沢城みゆき登場。2年目のてこ入れ&イマイチ出番の少ない桃華@池澤春菜のライバルキャラとして桃華の出番倍増を狙った戦略か!?と思ったら1回きりのゲストキャラかよ。不幸を呼び寄せるオカルト大好き少女ってのは面白いポジションだと思うんだが、復活を激しく希望

後半は夏美@斎藤千和サブローケロロ渡辺久美子の謀略で宇宙ロケット監禁されてしまう話。ロケットが発射するときに夏美とサブローを二人きりにさせまいとロケットにへばりつくギロロは面白かった。あと刀が折れた後ずっとへこんでるドロロ(笑)

キノシタレイ…聞いたことがあるような気がしてならないんだが思いだせん。

[][] IZUMO #7 対決の砦  IZUMO #7 対決の砦を含むブックマーク  IZUMO #7 対決の砦のブックマークコメント

このアニメ、視聴が後回しになるのでどうも録画が溜まって遺憾。(苦笑)

北河麻衣山川琴美の正体がほぼわかった様子。しかし例によってセリフによる説明的情景が多いのでダイナミズムに欠ける。朱雀@宮崎羽衣は恐らく四聖獣の中でも一番目立つキャラ位置かと思うのだがどうも萌えない。かと言って白虎@斎藤桃子イマイチ萌えアニメなのに萌え要素が少ないのが難点のアニメだ。琴乃氷青もヘタで萎え。

[][] IZUMO #8 やすらかな時  IZUMO #8 やすらかな時を含むブックマーク  IZUMO #8 やすらかな時のブックマークコメント

こっちの世界に戻ってきた一行だが、サクヤ@壱智村小真の『遊びに行きたい』の一言でプールに行くことに。神シナリオキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!と思いきやなぜかゲーセンショッピング。どうなってんだ。(怒)あ、でも洋服姿のサクヤも萌える(笑)

話は冒頭からサクヤ@壱智村小真が中心に展開。猛を起こしに行って狼狽、赤面したり納豆に困惑したりするサクヤの描写は実に美味しい。やはりこういう路線が必要だよな。ヒミコ河原木志穂に魅かれる剛のシーンもこのアニメには珍しく興味深い展開。なんかミナカタとも妙な友情が芽生えているみたいだし少し面白くなってきたか?まぁ、全体的にはまだまだ中途半端なんだけど。

ちなみにプールのシーンはラストに登場。(笑)『学校のプールならサクヤちゃんも人目を気にせずに泳げる……』とは猛の言葉だがはっきり言って作画手抜きだな。でもサクヤの水着姿萌え

ラストは謎の展開を残しつつ次回へ。

[][] こいこい7 #8 女神覚醒!?光と影のアスカヤヨイちゃんです〜  こいこい7 #8 女神覚醒!?光と影のアスカヤヨイちゃんです〜を含むブックマーク  こいこい7 #8 女神覚醒!?光と影のアスカヤヨイちゃんです〜のブックマークコメント

アスカヤヨイ@水樹奈々が本格的に動き出す話。サブタイトルの雰囲気からしていつもと違ってシリアスな感じ。しかし哲朗がまたも女装しているのはなんなんだ。そしてミヤ様@音宮つばさ音痴ネタはそこまで引っ張るほどのものではないんじゃないかと。

飛鳥ヤヨイ@後藤紗緒里に自ら正体を明かして暴走を始めるアスカヤヨイ@水樹奈々は今まで散々引っ張った割には『何じゃ、そりゃ』状態。言わんとしていることはわかるがやっぱり安っぽい。まぁ、後藤紗緒里の喘ぎ声を堪能できたのは◎。アスカヤヨイ@水樹奈々の眼帯が取れて機械である部分が見えてしまう演出もアリだとは思うが作画がユルいためにギャグにしかなっていない。そして歌を歌いながらこいこい7の面々を倒していくアスカヤヨイ@水樹奈々にはゲンナリ。『黒い光』とやらでメイドカフェの女子生徒たちが発情するシーンはエロアニメの様相を呈しているがその理由はまったくわからず。今さらマジコメントするアニメではないがシリアスな(?)話で穴があるとやっぱり突っ込みたくなるよな。

ヲリエ@木村亜希子はアスカヤヨイ@水樹奈々を指して『この子が何をしたかわかっているの?』と哲朗に問うのだが、何をしたのかは視聴者にもわからないまま。何一つ解決しないでアスカヤヨイ@水樹奈々は初期化、再インストールという運命に。いくらロボットでももうちょっとキャラを大切にしてくれ。欠陥ロボットだから再インストールすれば何とかなるという発想は例えキャラがロボットであっても後味が悪いものを感じる。オトメ@稲村優奈が『あの子にもう戻るところがありません。私たちがそうであるように』と言っているが、そのセリフの意味するところを最大限大切にして話を展開させればもっとまともになるのに。

ところでこれでこいこい7は7人になるってこと?ロリ声のアスカヤヨイ@水樹奈々はやっぱり美味しいな。(笑)

[][] 舞-HiME #19 こころの迷宮  舞-HiME #19 こころの迷宮を含むブックマーク  舞-HiME #19 こころの迷宮のブックマークコメント

祐一と詩帆@野川さくら過去は舞衣@中原麻衣に重くのしかかって来るわけだが、追い討ちをかけるように巧海や命@清水愛の言葉が突き刺さる展開は実に重苦しい。さらに命が悲しむ姿は普段見ないだけに実に痛々しい。行きがかり上命につらく当たってしまう舞衣だが、今まで絶対に違われることが無いと思われていた2人の仲だけに今回の話を象徴的に表しているようで見ている方もつらい。予告のカグツチに切りかかる命、すっごく気になる。

祐一と命のことだけでもかなりキテいるのに、さらに雪之@能登麻美子の裏切り、誌帆@野川さくらの陰湿な戦略的キスのおかげで追い詰められる舞衣の心理をとことん描き切るサディスティック脚本がとても心地よい。(笑)もともと真っ直ぐな人たちが多かっただけに一旦難しい方向へ走り出すと元に戻すのは大変そうだ。女は怖い。今後、複雑に絡んだ糸のように解き難い人間関係をどうやって修復するのか興味深いところ。まぁ、これだけ見せる脚本ならダークなエンディングを迎えても怒らないけどね。

雪之@能登麻美子はこんな役だとうまいなぁ。静留@進藤尚美のなつき@千葉紗子に対する態度は……何?静留、謎が多すぎ。

[][] きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)  きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)を含むブックマーク  きらめき☆プロジェクト #1 きらめきの眼差し、あの娘の名は…(前編)のブックマークコメント

CSで先行放送。

OP→冒頭のロボット戦→カナ@門脇舞の寝起きシーンとあまりにギャップのある演出にクラクラと目眩が……これが『全方位型(オールレンジ)アニメ』の意味するところなのか。

ジュネス王国三王女の次女でメカオタクの主人公カナよりロボットのリンクル@金田朋子の方が遥かに感情豊かなところがポイント高いな。ロボットのくせにパンチラ多いし。(笑)まぁ、ロボ/人問わず全体的にパンチラ率の高いアニメではあるのだが。ポリゴンのメカ戦は予告ではどうかな〜という感じだったが、実際に見てみるとかなり迫力があってよろしいかも。三女のネネ豊口めぐみ等身大でロボットと戦うスーパー少女。一体どこがウリなのか見失いそうな設定。メカ主役の『ファンシーロボ』(信じがたいネーミング)は敵に捕らえられたネネを助けるために出撃と思いきや、敵ロボ『ビッグマイティ』の制御を失った右手がネネを握り潰しそうになるのを止めるために出撃というところが微妙な演出のニュアンスを保っていてうまい。

と言ったところで前編終了。あ〜、気になる〜!(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050604

2005-06-03

taske2005-06-03

[][] フタコイ オルタナティブ #9 フタコイ  フタコイ オルタナティブ #9 フタコイを含むブックマーク  フタコイ オルタナティブ #9 フタコイのブックマークコメント

白鐘沙羅水橋かおりのいない日常。

物語前半の恋太郎と双樹@門脇舞の買い物のシーケンスは完全にシリーズ前半のノリだし、物語後半の恋太郎と双樹のデートシーンは完全によくある恋愛ものの恋人同士に見える。

でも、上記理由からどうしてもそこに物悲しさが見え隠れしてしまう。結局現実を受け止められず、逃げようとしているだけにしか見えないんだよね、3人とも。そう、3人とも子供だ。そう見えるようにちゃんと書いている脚本が天晴れなわけだけれども。

劇中では『ふたこい』、公式サイトでは『フタコイ』なんだよね、サブタイトル

[][] 極上生徒会 #9 好きはとまらない  極上生徒会 #9 好きはとまらないを含むブックマーク  極上生徒会 #9 好きはとまらないのブックマークコメント

もともとイケてないキャラデザのうえ、それに輪をかけるようなクソ作画で見るも無残なことに…(笑)

飛田小百合川澄綾子の話。過去に人を傷つけてしまって、その娘・君塚優子@甲斐田裕子仇討ちに来る。小百合は戦うことにためらいを感じて苦悩するが立ち直って戦いに勝利する。あらすじだけ聞いてればフツーの話なんだけど、オチが最悪。あれだけ『父の敵』言っておきなら実は『それほど憎んではいないんです』と君塚優子に言わせる脚本家のセンスが信じられない。あまりの偽善っぷりにあきれてものも言えない。

小百合の隠された力、殺人剣が血の力によって誰に教わるでもなく自然に身につけたって説得力なさすぎ。せめて理性を失って暴走してそれを止めるために怪我を…ってすれば濃すぎる血の力が目覚めたことに説得力あるんだけどなぁ。

『学園での暴力行為は禁止されております』って…当たり前のことを言っているんだが、こうも説得力のないセリフもないよな。

[][] 魔法先生ネギま! #22  魔法先生ネギま! #22を含むブックマーク  魔法先生ネギま! #22のブックマークコメント

魔法先生ネギま! 6月度OPテーマ ハッピー☆マテリアル

月替わりに伴って例の一部で話題になってるOPハッピー☆マテリアル』が変更。そうか!生徒達が出席番号順にユニット組んで歌うってことは能登麻美子も歌うってことか…orz。誰だ、この企画立てた奴!(笑)

今回は話も作画レベルも修学旅行の後始末。または捨て回。作画レベルも低けりゃ話も何がしたいのか全くわからず。結局最後まで安定しないのね。その中でも唯一、魔法を習いたいというネギ佐藤利奈に対して報酬として足を舐めろと言うエヴァンジェリン松岡由貴は笑った。

神楽坂明日菜神田朱未の頭の鈴の音を妙に強調していたが、やるなら「まほらば」みたいに最初からやろうよ。取ってつけたようにしか見えないな。

[][] スピードグラファー #1 背徳都市  スピードグラファー #1 背徳都市を含むブックマーク  スピードグラファー #1 背徳都市のブックマークコメント

のっけからバイオレンスとスプラッターエロスのオンパレード。退廃的な世界観は雰囲気抜群。シナリオの密度も濃く、謎や伏線も適度にちりばめられていてこれは期待できそうだ。製作がGONZOってとこに一抹の不安は感じるんだけどね(笑)

ラストで登場した天王洲神楽@斉藤圭、本編ではイマイチなのだが、エンディングや次回予告を見る限りちょっと期待できそうなキャラだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050603

2005-06-02

taske2005-06-02

[][] 創聖のアクエリオン #9 夢のかよひじ  創聖のアクエリオン #9 夢のかよひじを含むブックマーク  創聖のアクエリオン #9 夢のかよひじのブックマークコメント

不動GEN。こいつ絶対バカだろ(爆)

夢の中に堕天翅族が現れたからといって『特訓だ!』と称してみんなで昼寝かよ!お茶をたてながら報告聞くし、ベクターマシンが夢の世界へ転移したら『正夢だ!』はないだろ(笑)。挙句の果てには夢の世界から帰って来れなかったアクエリオンを戻すためにお茶碗を高々と手に上げて『メシだ!』だもんなぁ〜。イカすぜ!

戦闘シーンは今まで以上に美しかったのに、このギャグ路線でいい意味で台無し(笑)

夢の世界に行くために頭をぶつけて強引に気絶するシルヴィアかかずゆみ萌え。ちなみに今回の喘ぎ声は『あんッ、夢みたいっ』。そらそうだわな(笑)

ちなみにヘタレ女王、麗花@小林沙苗は夢の中でもやっぱりヘタレでしたとさ。

[][] バジリスク甲賀忍法帖 #8 血煙無常  バジリスク甲賀忍法帖 #8 血煙無常を含むブックマーク  バジリスク甲賀忍法帖 #8 血煙無常のブックマークコメント

雨夜陣五郎を瀕死にまで追い込んだお胡夷@木村はるか、そのお胡夷を倒した蓑念鬼、恋人の蛍火@沢城みゆきさえ見破れないほど夜叉丸に化けきった如月左衛門、そしてその化けの皮をいとも簡単に破って見せた朧@水樹奈々、巻物を奪取した霞刑部。

これだけの個性溢れる忍者達がいるというのにそのすべてが能力を100%使い切って話を成り立たせているのは見事の一言に尽きる。

ついに巻物が甲賀弦之介の手に渡り、全面対決となるのか、先が非常に気になる。

夜叉丸に別の女ができたのかとからかわれて睨む蛍火萌え

[][] まほらば #21 親・子  まほらば #21 親・子を含むブックマーク  まほらば #21 親・子のブックマークコメント

沙夜子@藤原美央子母親三石琴乃、若っ!しかも日光にさらされると弱るって…ヴァンパイアですか!?

沙夜子、朝美@天神有海親子が沙夜子の実家連れ去られる帰る話。

夫とは死別したこと、朝美とは血のつながらない親子だということ、夫とは駆け落ち、沙夜子本人は勘当同然になっていたことなど結構ヘビーなことが明らかになるわけだけど、それでもあまり暗く、湿っぽい話にならないのは『ハートフルコメディ』を謳っているからか、それともまだこの先隠された何かがあるからなのか。

そんな話でも以外に萌えポイントは多し。朝美が沙夜子の昔の服を着てみたり、パジャマネグリジェを着てみたり。しかし!まひる@斉藤梨絵と風呂に入ってフルーツ牛乳を飲むシーンが4コマ調になっていたのだけは許せん!ちゃんと描けや!(爆)

でも一番萌えるのはタチバナ@木下紗華でないほうのメイドサクラ猪口有佳かな(笑)

主役格の梢@新井里美、隆士@白石涼子の出番はほとんどなし。

[][] 今日からマ王! #12  今日からマ王! #12を含むブックマーク  今日からマ王! #12のブックマークコメント

先週駆け落ちした背の高い魔族と少年に扮した女と間違えられたユーリ@櫻井孝宏とグウェンダル@大塚明夫だが、これってただのギャグだと思ったらまさか物語の重要な鍵だったとは…恐れ入った。

成り行き上ほかの男と結婚するところだった"少年に扮した女"ことニコラ@増田ゆき結婚式場からかっさらうユーリだけど、そのあとの展開も含めてやや行き当たりばったり&ご都合主義的。

ユーリ、グウェンダルとコンラッド森川智之、ヴォルフラム斎賀みつきに分かれて行動しているのだから、もう少し多角的に物語を進行させて見ごたえのあるシナリオになっていくことを望む。

2005-06-01

taske2005-06-01

[][] エレメンタルジェレイド #9 港町の秘密  エレメンタルジェレイド #9 港町の秘密を含むブックマーク  エレメンタルジェレイド #9 港町の秘密のブックマークコメント

少々強引とも思える形でクーとレン@高橋美佳子、シスカ@と水樹奈々ローウェンとキーア@鈴木菜穂子の二手に分かれて物語は進行。

クーとレンは生活費のためバイトをすることに。ウェイトレス姿のレン萌え。同じレストランで同じくウェイトレスをするリィリア@笹本優子はもっと萌え。てか、レンは人間嫌いだって設定すっかり忘れてるだろ(笑)

シスカたちは町の怪しげな連中のアジトへ。アジトにある闘技場でリィリアの義姉ラサティ緒方恵美が『無敗の若虎』と紹介されるのだが、怪我をしているとはいえ、もう少しそのふたつ名にあった動きをして欲しかったものだ。

物語は来週に持ち越しとなるわけだけど、伏線の張り方があまりにヘタクソ。ラサティ、リィリア姉妹を救った聖職者はあからさまな悪人(二人をだますセリフからしてセンスのかけらも感じない)だし、ラサティの腕の怪我もあざとい。これが実はわざとやってて来週あっと驚く大どんでん返しが待っているのだとしたらすごいのだけれど…期待できないな(苦笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20050601
Connection: close