ピンクの髪の…… このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ▲タイトルバナーはFLOさんに描いていただきました。ありがとう!ありがとう!(過去のタイトル画像などはこちら

長らくご愛顧頂きました当ブログですが、2015年4月を持ちまして終了となります。10年の長きわたって応援いただきありがとうございました。


2004|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|

2006-07-31

taske2006-07-31

[][] ARIA The NATURAL #18 その 新しい自分に…  ARIA The NATURAL #18 その 新しい自分に…を含むブックマーク  ARIA The NATURAL #18 その 新しい自分に…のブックマークコメント

事件のきっかけがイマイチだったり、晃@皆川純子説教臭さもイマイチだったりしたけど、すべて藍華斎藤千和で帳消しさ!激萌え

衝撃の藍華の片アフロのシーンや、ラストの藍華を見て驚く灯里@葉月絵理乃など、デフォルメキャラたちがいつもよりも生き生きと動いていた感じ。背景で意外によく動いているアリア社長西村ちなみまぁ社長渡辺明乃もグッド。

[][] ゼロの使い魔 #5 トリステインの姫君  ゼロの使い魔 #5 トリステインの姫君を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #5 トリステインの姫君のブックマークコメント

ツンデレ釘宮理恵メイド堀江由衣に加えて姫様(幼なじみ川澄綾子か。強力だな。

しかし本編はその強力なキャストいまいちうまく使いこなせていない印象。せっかくの使い魔品評会なのにルイズ@釘宮理恵も才人も見せ場なしでいったい前半のフリはなんだったのかと首を傾げるばかり。アンリエッタ@川澄綾子も出てきたと思ったらすぐ退場してしまって残念だ。

才人の挑発的な性格にはまだ慣れないなぁ……

[][] N・H・Kにようこそ! #4 新世界にようこそ!  N・H・Kにようこそ! #4 新世界にようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #4 新世界にようこそ!のブックマークコメント

ゲーム漫画アニメ萌えキャラは別の進化を遂げた人類とは異なる生物なのですよ。

等身大フィギュアにときめいたり、フィギュアのパンツを靴紐を結ぶフリをして覗いたり、どんどんダメ人間街道を転がり落ちていく佐藤が笑える。早くも立場が逆転している山崎と佐藤の関係も笑えるな。そして佐藤が考える絵に描いたようなクソゲー。イカス。

佐藤『俺は引きこもりだぞ!3年も引きこもっている天下無敵の引きこもりなんだ』

威張って言うな(笑)

[][] スクールランブル二学期 #17  スクールランブル二学期 #17 を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #17 のブックマークコメント

播磨も、天満小清水亜美も、沢近堀江由衣も向かう先は一緒なのに勘違いからお互い足の引っ張り合いをしているのがメチャクチャ楽しい。お互い何を考えているか視聴者にちゃんと説明してあるから、天満のアホ行動も、播磨の『結婚してください』発言も、沢近の無言ドロップキック純粋ギャグとして楽しめる。面白いなあ。2クール目に入ってからからクオリティが落ちない。

ED塚本天満@小清水亜美+塚本八雲能登麻美子の「塚本姉妹」に変更。能登麻美子が歌っているのを見ると、(能登麻美子が)何か罰ゲームを受けているのではとしか思えなくて、なんか微笑ましい(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060731

2006-07-30

taske2006-07-30

[][] となグラ! #4 にゃあ〜(゜ω゜)  となグラ! #4 にゃあ〜(゜ω゜)を含むブックマーク  となグラ! #4 にゃあ〜(゜ω゜)のブックマークコメント

サブタイトル顔文字適当(苦笑)

まりえ@葉月絵理乃とニーナ@辻あゆみの友情物語。無愛想な まりえ と人懐っこいニーナという対照的な二人が打ち解けていくさまはオーソドックスながら無難な出来。『ありんす』っていう語尾は最近流行りなのか?

『Would you like』と聞かれて選択した まりえ が逃げ出して学校案内という流れは全く意味がわかりません!『Would you like』の用法が思いっきり間違っているような気がするが、間違った英語を使うキャラなの?

[][] 神様家族 #11 真夜中の少女  神様家族 #11 真夜中の少女を含むブックマーク  神様家族 #11 真夜中の少女のブックマークコメント

全開の愛ちゃんのエピソードといい、今回のエピソードといい、ストーリー展開自体は既存の枠に囚われずなかなか練りこんであって、先が読めない興味深いストーリーなのだけど、久美子@前田愛の取ってつけたような設定はどうも……。これ絶対最初に久美子が出てきたときにはなかった設定だろ(笑)

佐間太郎と久美子の早朝デート(そんな単語があるのかどうか知らんが)に怒り狂うテンコ@小清水亜美がグッド。フミコ@國府田マリ子は久美子の母親だと思うのだが、どうだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060730

2006-07-29

taske2006-07-29

[][] ケロロ軍曹 #120  ケロロ軍曹 #120 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #120 のブックマークコメント

年に一度のオトナバージョン夏美@斎藤千和なのに男の水着大会はないだろ……orz。桃華@池澤春菜が大人になる展開も彼女が大人になる意味があまり感じられず。てか、ネタがいちいち古い上に微妙だな〜。

[][] 貧乏姉妹物語 #4 香水とあすと授業参観の日  貧乏姉妹物語 #4 香水とあすと授業参観の日を含むブックマーク  貧乏姉妹物語 #4 香水とあすと授業参観の日のブックマークコメント

作画は相変わらずピンチだし、話も相変わらずベタベタ、花びらひらひらエフェクトはもう勘弁してくれ状態なんだけど、細かい間のとりかたが絶妙で きょう@坂本真綾と あす@金田朋子の心の距離感の移り変わりがよく感じ取れる、センスのいい演出だった。特に、きょうがスーツを着て授業参観に来ると知ったときの あす の引き方の演出が秀逸。

あす の学校先生國府田マリ子。いや全然気がつきませんでした。だいぶ耳が腐っているな(笑)

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #5 いばら姫の目覚め  おとぎ銃士 赤ずきん #5 いばら姫の目覚めを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #5 いばら姫の目覚めのブックマークコメント

幼なじみの好意に気づかない朴念仁主人公は数あれど、草太@くまいもとこほど電波な奴は見ていて痛々しいな……

いばら姫@沢城みゆき登場。しかし いばら姫が目覚めた理由も、グレーテル@矢作紗友里が花の捨て身アタック(笑)に激昂した理由も、コスプレ大会を挿入した意味もよくわからず。相変わらず出来事に必然性がなく、行き当たりばったりで物語が進んでいる印象だ。

主役のはずの赤ずきん田村ゆかりがどんどんいらない子になってきているような(笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #18 夏だ!☆キャンプにご用心  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #18 夏だ!☆キャンプにご用心を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #18 夏だ!☆キャンプにご用心のブックマークコメント

電車に乗り遅れたのはふたご姫含めてみんなふしぎ星の連中かよ!アホの集団だな(笑)

今回はイマイチ影の薄いアウラーとアルテッサ水橋かおりメインの話。いつも怒っている(byソフィー佐藤利奈)アルテッサが落ち込んだり、頬を赤らめたりするのはかなり新鮮。しかし『これも全部私がツイてないせいですわ!』は強引すぎだ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060729

2006-07-28

taske2006-07-28

[][] 吉永さん家のガーゴイル #2 激突!天使悪魔  吉永さん家のガーゴイル #2 激突!天使と悪魔を含むブックマーク  吉永さん家のガーゴイル #2 激突!天使と悪魔のブックマークコメント

『鬼瓦のような女の子』って……(笑)

ガーゴイル若本規夫は一応双葉斎藤千和の許可を得ないと暴れられないらしい。二人(?)の位置関係がまだよくわからない。ガーゴイル@若本規夫が動いて会話をするってのがこの話の独自性なんだろうけど、ケルプとのちょっとお間抜けな戦闘を見ているとどんな効果があるのかまだ推し量れない。

双葉@斎藤千和がプレイしていた格闘ゲームソウルキャリバー3より嫌なゲームだな。石やガラスの接着はエポキシ系接着剤ですよ。

[][] ゼーガペイン #17 復元されしもの  ゼーガペイン #17 復元されしものを含むブックマーク  ゼーガペイン #17 復元されしもののブックマークコメント

今までシューティングゲームの敵みたいな扱いだったガルズオルムの復元者が突然喋り出し、作戦を立ててオケアノスに侵入してきたことに違和感をおぼえた。ガルズオルム側の事情は敢えて描いていないと思っていたのだが……。リョーコ@花澤香菜の思わぬ復元とあわせて今回の展開はそれまでと比較するとイマイチの感が。ミナト@井上麻里奈はガルズオルムのスパイかと思っていたのだがそれは違っていたようで。シマに対する淡い想いとシズノ@川澄綾子への嫉妬がポイント高し。

シマとシズノの関係、シズノと復元者の関係、『ひかりなきもの』など、今回も引っかかるキーワード多し。

[][] 無敵看板娘 #4  無敵看板娘 #4 を含むブックマーク  無敵看板娘 #4 のブックマークコメント

夏なので(?)心霊現象で怨霊先生こと茅原先生@峯香織登場。神無月めぐみ小清水亜美は最後まで幽霊だと思っていたみたいだけど、モードチェンジ前のほうが結構な萌えキャラだと思うのは私だけ?(笑)。前半も後半も先生の登場シーンで笑わせてくれて、またオチで笑わせてくれるセンスは健在。「リング」ライクな登場シーンとか最高。この先生、1回きりのゲストキャラなのかな?1回きりにしてしまうには惜しいキャラだ。

どうでもいいけ美輝@生天目仁美って高校卒業しているような歳だったのね……

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #13 砂漠伝説  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #13 砂漠の伝説を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #13 砂漠の伝説のブックマークコメント

新展開。ってこのアニメ、1クールエンドじゃなかったんだな。

これまであんまりいい意味ではなく普通とはちょっと外した感のある脚本だったのだけど、普通の話にレベルアップした印象。登場人物がちゃんと会話しているし、なによりあのウザいナレーションが少ないのがいい。PTSDテーマとしたアニメも珍しいな。

個性的な作画の今回、作画監督石原満という人。Wikipediaを見てもあまりピント来ないが、うまいことだけはわかる。

[][] ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきた  ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきたを含むブックマーク  ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきたのブックマークコメント

裸エプロンで朝食の用意をしているちょこ@斎藤桃子、いよいよもってクサれ展開になってきました。期待してるよ(笑)『KEEP OUT』はDVDで外してくれるんでしょ?(んなわけないか)綾乃さん@大原さやかとはるま@平川大輔のやりとりを見ているちょこ@斎藤桃子の姿をクローズアップするからには後々何かあるんだろうな。で、ドジッ娘な芹川千歳水橋かおりと駅で偶然出会うはるま@平川大輔、そのひねりのない展開にエロゲも真っ青。トドメは『似合ってますよ、そのメガネ』かよ(苦笑)千歳@水橋かおりの高校時代(?)のエピソードもあまりにストレートすぎて目眩する覚える。しかしそれらを寄せ集めてみると意外に見れなくもない話に仕上がっているのは不思議だ(笑)

ちょこ@斎藤桃子の買い物、あまりに愛らしくてクラクラ来るよ。ラスト日記を書いているシーンも含めて『妹が欲しい』と思わせる策略にハマりつつありますよorz

screenshot

↑しまった!ホントに『隠し事はなし』なのかっ!

参りました……って、音声も?

↑『ねこにゃんダンス』のTVバージョンは8/9発売。『Type☆H』の方。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060728

2006-07-27

taske2006-07-27

[][] イノセント・ヴィーナス #1 奈落  イノセント・ヴィーナス #1 奈落を含むブックマーク  イノセント・ヴィーナス #1 奈落のブックマークコメント

萌えキャラのいる攻殻機動隊ってところ?序盤の逃走シーン、中盤の突入シーン、終盤の襲撃シーンとほぼ全編高クオリティアクションが繰り広げられ、つかみは十分。しかし、アバンで延々と世界設定を語ったり、個々のシーンのつながりが良くわからなかったりと脚本の出来はアニメーションの出来ほど褒められたものではないという印象だ。最近WOWOWアニメってそんなんばっかりだな(汗)

使い古された世界設定の中でどうオリジナリティを発揮していくのかってところが今後の注目ポイントかな。名塚佳織は◎

[][] イノセント・ヴィーナス #1 奈落  イノセント・ヴィーナス #1 奈落を含むブックマーク  イノセント・ヴィーナス #1 奈落のブックマークコメント

荒廃した近未来風景、嫌いじゃないですよ。ただし徹底した描写であればね。とりあえずとってもわかりやすい設定だけ聞いていると高校生でも思いつきそうな簡単な内容。まさに紋切り型。まぁ、それは気にしないけど。そんな中でオアシスのようなキャラクタ、沙那@名塚佳織。髪の毛ピンクだな。久々の良キャラですよ(笑)話の全貌が見えないので何をやっているのかよくわからない第1話だったが、とりあえず沙那@名塚佳織だけで見続けることに決定。

[][] いぬかみっ! #17 なんか見えてるっ!  いぬかみっ! #17 なんか見えてるっ!を含むブックマーク  いぬかみっ! #17 なんか見えてるっ!のブックマークコメント

マッチョ好きで、引きこもり暦数百年で、中華キャノン連れてて、普通よりも強くて立派なぞうさんの持ち主な赤道斎さんは変態さんだったのですね。若本規夫ってこんな役ばっかりだ。マッチョや変態が出てくるほうが盛り上がるアニメってどうなのよ(笑)

メガネなようこ@堀江由衣カッパやイタチ相手に問答を繰り返すともはね@長谷川静香がグッド。なでしこ名塚佳織はノーブラ派だったのか……

[][] 無敵看板娘 #1  無敵看板娘 #1を含むブックマーク  無敵看板娘 #1のブックマークコメント

古風な演出のOPだけではどんなアニメか全くつかめず。ただバカっぽい香りは限りなく強し(笑)

ヒロインの美輝@生天目仁美はもっとまともなキャラかと思いきや1話から容赦なくぶっ壊れている。勢いがあってよろしい。1話だからばらばらと美輝@生天目仁美を描いたエピソードで、かつ何気なくめぐみ小清水亜美というライバルを登場させるテンポのよい流れで一気に見れた。今後どうなのかというところだがしばらく様子を見てみるとしよう。このままのノリで遠慮なくぶっ壊れてくれれば吉。

[][] 無敵看板娘 #2  無敵看板娘 #2を含むブックマーク  無敵看板娘 #2のブックマークコメント

西山勘九郎檜山修之登場、熱い演技もバカな演技も両方オーケーな頼りになる男。でも語尾が『にゃあ』のヤローはちょっと嫌だな。岡持でバッティングするのもアホだが、3球目でフォームが変わるのもアホだ。面白いな、このアニメ(笑)後半は傷の癒えた西山勘九郎@檜山修之が日々のリベンジを果たそうとするスピーディな展開。この割り切りの良さはグッド。美輝@生天目仁美の弱点が電車と言い切る勘九郎@檜山修之のバカっぷりも笑える。

勘九郎@檜山修之『がたんごと〜ん!がたんごと〜ん!』

真性バカだ。で、美輝@生天目仁美の新幹線パンチ(?)を見て各駅停車から快速に切り替える勘九郎@檜山修之、どうしようもなくバカだ(笑)そして『のぞみ』を粉砕する隕石、見事なほどアップテンポな展開。参ったよ。

ところで鬼丸の出前ラーメンは食べたくないな(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060727

2006-07-26

taske2006-07-26

[][] ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきた  ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきたを含むブックマーク  ちょこッとSister #3 管理人さんがやってきたのブックマークコメント

ちょこ@斎藤桃子『お兄ちゃんはみんな裸エプロンが好きなんじゃないの?』

ぶぶっ!一体そのアンチョコには何が書いてあるんだ?間違ってないけど(爆)

何も知らない ちょこ とアンチョコの組み合わせによるギャグと「はじめてのおつかい」ライクな展開のバランスがよい。ちょこ は萌え悶えるというよりむしろ見ていて微笑ましい領域だな。幼児小動物を見る感覚に近いというか。

新しい管理人さんこと芹川千歳水橋かおりが登場。絵に描いたようなドジっぷりとコンプレックスと はるま に対するフラグの立て方というお約束の塊のようなエピソードの連続からすると原作者アニメスタッフも ちょこ 以外のキャラを掘り下げることに対してあまり興味がないようで……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060726

2006-07-25

taske2006-07-25

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間のブックマークコメント

演技に熱が入りすぎるトーマ@立花慎之介、素で思いこみの激しいやつな感じ(笑)ファイン小島めぐみレイン後藤邑子のヤバげな演技で一気に劇全体がぶちこわれる様は笑える。Bパートは唐突に本性を顕すトーマ@立花慎之介、その割にファイン@小島めぐみとレイン@後藤邑子の説得には簡単に揺さぶられてるな。で、トーマ@立花慎之介退場で次回から新展開と言ったところか。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テスト大パニック ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テストで大パニック?を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テストで大パニック?のブックマークコメント

うお、作画がユルみきってる。近来希に見るヘボ作画……orz

夏休み前にいきなり期末テスト、鬼だな。ヤヤン、教頭のそんな写真どこで撮った(笑)みんなで勉強はだいたい勉強にならないな。それはともかくヤヤンがトーマ@立花慎之介の代わりの駒になるわけもなく今後は誰があの絵(?)に操られるのか予断を許さないところ。作画はヘボいが、激辛スパイスボーボーカレーに参っているシフォン@加藤英美里はヘボナイス(苦笑)

[][] コヨーテ ラグタイムショー #4 過ぎ去りし日々  コヨーテ ラグタイムショー #4 過ぎ去りし日々を含むブックマーク  コヨーテ ラグタイムショー #4 過ぎ去りし日々のブックマークコメント

ブルース大塚芳忠による作品世界最大の犯罪劇。細かいところを突っ込んだらきりがないけど、それを突っ込むのは野暮だと思わせるほどインパクトのある舞台ギミックと大胆な作戦、華麗な脱出劇で魅せてくれる。テンポもいいので観ていて飽きることはない。まだ面白かった時代の「ルパン三世」を観ているような気分だった。

女っ気が全くないような気もしたけど、このアニメはとことん男臭いほうがあっているのかも知れず。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060725

2006-07-24

taske2006-07-24

[][] スクールランブル二学期 #16  スクールランブル二学期 #16 を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #16 のブックマークコメント

八雲能登麻美子ターンから沢近堀江由衣ターンへ。てか、沢近さん、あんたエロすぎるよ!沢近の入浴時の作画と仕草は絶品。播磨を中心とした勘違いラブコメメードになると「スクラン」はノリとテンポが何倍もよくなるね。

天満小清水亜美の「最近女子高生像」の情報入手源は女性週刊誌てのは笑える。播磨がガチ麻生の顔がわからなかったのも笑える。細かいギャグも冴えてるよな。

[][] ゼロの使い魔 #4 メイドの危機  ゼロの使い魔 #4 メイドの危機を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #4 メイドの危機のブックマークコメント

エロ貴族に目をつけられたシエスタ堀江由衣を助ける才人という話……なんだが、話のつくりにいささか問題点が多すぎかと。件の貴族があまりに物分かりがよすぎる点、才人にルイズ@釘宮理恵やキュルケ@井上奈々子が身体を張って守るほどの価値があるとはとても思えない点、わざわざ城にまで乗り込んでシエスタを助け出すことに説得力があるほど彼女キャラクター描写が出来ていない点など。オチもミエミエだったし肝心のシエスタの出番もそう多くはないし……。ま、そんなこと気にせずにルイズのツンデレっぷり(あとゼロの胸っぷり)を楽しんでおけって事なんだろうけど。なんだかんだ言ってしっかりルイズの寝巻きを着せている才人はグッド。

キュルケ『ふん、ワンパターンな登場ね』

仰るとおりで(笑)

[][] N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!  N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!のブックマークコメント

ギャルゲーエロゲには決して超えることの出来ない断固たる壁が存在すると声を大にして言いたい!

まあ、そんなことはさておき、勉強だといってエロゲをプレイし始めれば不眠不休でプレイし続け、資料集めだといってエロ画像を見始めたら120GBためまくり、挙句の果てには盗撮(しかも小学生)まで始める佐藤ダメ人間っぷりが笑える。そしてそんな佐藤の前に現れて『私なら助けてあげられるよ?』という中原岬@牧野由依は「いい子」を通り越して何か裏があるのではと逆に気持ち悪い。だがそれゆえにいいキャラになってる。

登場人物を極端に絞ったおかげでキャラクター、特に佐藤の描写が丁寧になされており、それをもとに話がどんどん転がっていくさまは観ていて非常に楽しい原作は未読なのでどうだか知らないけど、アニメはよくできてるよ。

[][] N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!  N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #3 美少女にようこそ!のブックマークコメント

同人ゲームから世界的企業へと成長する妄想、壮大だな。佐藤小泉豊のプレイするギャルゲーシーンはナイスファンタスティ〜ック(笑)女の子全員に好かれてはいけないらしい。そして佐藤@小泉豊、ティッシュたまりすぎ(苦笑)ゲームの中の女の子にハマって岬@牧野由依との約束を忘れている佐藤@小泉豊、正しい引きこもりの姿だ。山@阪口大助が貸してくれる資料、原作ではなんの規制もなく『小学生』だったがさすがにテレビ的にそれはまずかったらしい。いろいろぼかした表現が施されている。まあ妥当だな。佐藤@小泉豊の集めた資料、『江口』『諸星』『路里』は笑える。意味深なフォルダ名だ……って、最後のはカモフラージュになってないだろ(笑)そんなクサれギャグに紛れながらも小学生盗撮はいくらなんでも真性ヤバげ。大丈夫か、このアニメ。類似事件起きたらやり玉に挙げられるぞ。佐藤@小泉豊が盗撮する姿を見てなお淡々と話す岬@牧野由依、その惨めなシーンと牧野由依の透明感溢れる声のギャップに悶絶。こんな話でトドメEDの『踊る赤ちゃん人間』、脳みそ腐りそうだ(苦笑)

[][] ARIA The NATURAL #17 その 雨降る夜が明ければ…  ARIA The NATURAL #17 その 雨降る夜が明ければ…を含むブックマーク  ARIA The NATURAL #17 その 雨降る夜が明ければ…のブックマークコメント

先週の続き。

場面によって作画が安定しなかったり、やや演出過多に感じられるシーンもあったりしたけど、全体的にきわめて良好。とくにゴンドラの最後の使い手だった灯里@葉月絵理乃とその前の使い手だったアリシア大原さやか記憶オーバーラップさせて見せる演出は秀逸。

灯里のために傘を持って外に出るアリア社長西村ちなみラブリーすぎる。

[][] つよきす Cool×Sweet #4 ココナッツの夏  つよきす Cool×Sweet #4 ココナッツの夏を含むブックマーク  つよきす Cool×Sweet #4 ココナッツの夏のブックマークコメント

はいはい、作画力抜きすぎですよ〜(苦笑)話の展開もなんら見所がなくてイマイチ引き込まれない。そんな状態だから垂れ流し状態のアイキャッチが鬱陶しい。せめてもう少し技ありの絵を希望するよ。あまり期待できないな。椰子なごみ@小林ゆうがひとりで父親との思い出に浸りながら近衛素奈緒@水樹奈々の一人芝居を見てなぜか心打たれる話。底が浅い上に見ている方に感動ポイントが全然伝わってこない。脚本家か登場人物の脳内ドラマ程度の完成度。話題性あっただけにアニメがこの出来ではもうみんな投げているかも。

蟹沢きぬ@藤田咲の声がかわいくないなぁ……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060724

2006-07-23

taske2006-07-23

[][] N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!  N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!のブックマークコメント

これも見る機会できたので書いてみる。いつまで続くか不明(笑)

まず突っ込みたい。赤面するほど爽やかなガールポップROUND TABLEを起用したOP筋肉少女帯黄金期を彷彿とさせる大槻ケンヂ×橘高文彦の陰鬱としたEDってどんな組み合わせだよ。このコンボは我々に何を示唆するのか。ちゃんと考えなきゃいかんぞ(笑)

原作は1巻しか読んでいないのだが、アニメ本編は原作最初の数ページをかなり引っ張って佐藤達広@小泉豊の電波っぷりを強調した演出。世界には陰謀存在するという妄想に取り付かれて引きこもり化しているニートな男が主人公ってのがこのアニメのポイントだが、今となっては本物(?)のNHKの方が陰謀めいてしまっているところが皮肉だな(苦笑)普段なら『冗長』と切って捨てるような第1話だが、『エロ妄想と水着アイドルのポスターとティッシュ』などの凝った構図や謎を仄めかす展開の妙も相俟って地味な流れにも関わらず楽しく見れた。で、ラストサブタイトルで『踊る赤ちゃん人間』のEDか。強力だな。原作読んだときはグダグダな印象もあったけどアニメ化したらいろいろ楽しみだ。

シングルは『踊るダメ人間』も収録、しかも新録かよ。ありえねぇ……

あ、『大槻ケンヂと橘高文彦』でキーワードできてるな(笑)

[][] N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!  N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!のブックマークコメント

いきなり現れた女の子が発する『引きこもりの脱出方法知ってるから』の言葉。いかにおめでたいやつでも信用しないだろ。その胡散臭さがヒロイン(?)中原岬@牧野由依というキャラの売りか。佐藤小泉豊の妄想の中でいつもエロい岬@牧野由依は当然の絵として、現実の岬@牧野由依の淡々と話す清楚なイメージとの落差はこのアニメの見所(笑)それでいて自分が引きこもりであることとそこから脱したい自分を認識していることの矛盾に悩む佐藤@小泉豊とか味わい深い(?)描写もあって楽しめる。隣に越してきた『アニソン野郎』山@阪口大助は『クラスのやつはバカばっか』と愚痴をこぼすこれまた楽しいキャラ設定の男。大槻ケンヂの歌詞みたいなやつだな(笑)佐藤@小泉豊とは違うタイプの歪んだキャラクタで興味深い。で、岬@牧野由依に見栄を張りたいがためにエロゲを作ることになってしまう展開は笑える。時々出てくる『ひきこもり星人』もナイスだ。

ところで山@阪口大助の部屋、どこか落ち着く風景だな(笑)

[][] となグラ! #3 キリッと勇治にドッキリ香月  となグラ! #3 キリッと勇治にドッキリ香月を含むブックマーク  となグラ! #3 キリッと勇治にドッキリ香月のブックマークコメント

勇治が暴走⇒香月@神田朱未または まりえ@葉月絵理乃に制裁をくらう⇒香月が惚れ直す⇒初音@大原さやか『あらあら』

しか引き出しがないからなぁ、このアニメキャラの行動パターンリアクションワンパターンなのは笑って許せということなのか。いやそれにしてもいいかげん飽きるな、このパターンは。いや今回なんかは勇治をキリっとさせて違うパターンを編み出そうとしているのはわかるんだが……

初音の制服姿はどうみてもイメクラにしか見えない(笑)

[][] ウィッチブレイド #3 抗  ウィッチブレイド #3 抗を含むブックマーク  ウィッチブレイド #3 抗のブックマークコメント

リコ@神田朱未との再会があまりに呆気なくて拍子抜け。てか、ウィッチブレイドを装着した雅音@能登麻美子が強すぎるって演出なんだろうけど。今回の敵(エクスコン)は人間を抱き込んで暖める電子レンジ男(?)、まるでスピードグラファーユーフォリア。どうして人間が機械と一体化したようなおかしな姿に変身するのかよくわからんが。娘を捜す物語に展開していくかと思いきや次回以降はどうするのか。今回は能登麻美子の妖しげな演技が楽しめた以外にはこれと言った見所もなく。

[][] ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑  ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑のブックマークコメント

魔法ゼロで胸がゼロか。前者は問題ないし後者はむしろ強力な武器だな(笑)ルイズ@釘宮理恵ツンデレというより意外に優しい感じ。で、そんなルイズ@釘宮理恵も含めて方々でモテモテの才人@日野聡という設定はあまりにバカバカしい。キュルケ@井上奈々子に言い寄られていた才人@日野聡をいじめるルイズ@釘宮理恵、そんな姿を見て楽しむアニメかこれは。それでいて『部屋で寝ていい』と言うルイズ@釘宮理恵の無警戒な一言を聞いてまた楽しむ。病的な構造のアニメだな(笑)ラストワゴンセールで買ってきた剣が何やら訳ありの剣でしたという展開。その何も考えていないストーリーは甚だ疑問だが、楽しむポイントがわかってきたのでよしとしよう。

才人@日野聡『なんでもないんで腹かと思った』

笑える、てか羨ましい(笑)

ルイズ@釘宮理恵の歌うEDは8/9発売。

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由のブックマークコメント

前回からどこで何と戦っているのかもわからないが、グレイヴ・ストーン渡辺秋乃の作り出した幻影の世界に火乃香@豊口めぐみのすべての矛盾と解決を語らせてしまうのは無理っぽい。グレイヴ・ストーン@渡辺秋乃はいろいろと疑問を感じているようだがいきなり登場してきてグダグダ哲学じみたご託を並べられても見ている方が納得しない。グレイヴ・ストーン@渡辺秋乃の苦悩はもう少し最初の方からきちんと描いてやるべきだったな。イクス@浪川大輔の『すべてをわかっています』な態度も納得いかん。パイフウ@小林沙苗がグレイヴ・ストーン@渡辺秋乃を倒せたわけも納得いかん。今こそナレーター小杉十郎太は見ている者にわかるように説明するべきだ。すべてが安直。だから物語が薄っぺらい。原作者の頭の中には何か筋の通ったストーリーがあるっぽいけどあまり伝わってこない。あ、この前原作の小説買ったんだった。早く読んでみよう。

[][] ひぐらしのなく頃に #9 祟殺し編 其の壱 兄  ひぐらしのなく頃に #9 祟殺し編 其の壱 兄を含むブックマーク  ひぐらしのなく頃に #9 祟殺し編 其の壱 兄のブックマークコメント

前回で綿流し編は終わりか!投げっぱなし感強いな……ゲームやっていない者にはついて行けない予感してきた。

で、新シナリオ突入恒例のギャグエピソードからスタート。もういいから本編に入ってくれ。それはともかく今回は悟史という人物の存在クローズアップされている。野球をやっていたのは他のシナリオからバットつながりってことか。レナ中原麻衣は最初から怖くなっているけどもう気にならないぞ(笑)

[][] ふたりはプリキュア Splash Star #24 ムープとフープ登場!って誰?  ふたりはプリキュア Splash Star #24 ムープとフープ登場!って誰?を含むブックマーク  ふたりはプリキュア Splash Star #24 ムープとフープ登場!って誰?のブックマークコメント

かわいい妹が悩む姿、兄としては気になるよなぁ(笑)心配するみのり@齋藤彩夏の前で空元気を見せる咲@樹元オリエも痛々しい。しかし今回のメインは新玩具と新技の投入。そこだけ白ける。プリキュアも3年目で本腰入れないとつらい時期かもしれないなぁと思いつつ。

新しい敵はミズ・シタターレ@松井菜桜子。新しいオモチャはプリキュアスパイラルリング、ひとつでベルトにもブレスレットにもなるラインコスト削減しながらアニメでのビジュアルにも配慮した玩具(笑)ベルトバージョンの咲@樹元オリエは仮面ライダーのノリだな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060723

2006-07-22

taske2006-07-22

[][] つよきす Cool×Sweet #1 よろしくッ! 近衛素奈緒です!  つよきす Cool×Sweet #1 よろしくッ! 近衛素奈緒です!を含むブックマーク  つよきす Cool×Sweet #1 よろしくッ! 近衛素奈緒です!のブックマークコメント

見る機会があったので唐突に感想書いてみる。放送していないのでいつまで見続けられるか不明(苦笑)

screenshot

なんか元ネタゲームと絵が激しく違うということで賛否両論らしいが、ゲームの方をプレイしていない身にとっては先入観無しで見れる。とは言え、先入観無しの上にテーマ不明でAパート引っ張り回されるのはなかなかつらい。いや、近衛素奈緒@水樹奈々演劇部を作るってのがとりあえず今回の主題か。しかし数分ごとに挿入される各キャラアイキャッチや、エロゲ原作アニメらしい意味不明なノリと勢いのギャグのおかげで本編の密度は極めて薄口。かと言って今回のメインである演劇シーン〜幼なじみとの再会も取り立ててどうということもなくあっさりした印象。各キャラのエピソード出揃うと少しは何とかなるか。

[][] つよきす Cool×Sweet #2 生徒会なんて、大キライ!!  つよきす Cool×Sweet #2 生徒会なんて、大キライ!!を含むブックマーク  つよきす Cool×Sweet #2 生徒会なんて、大キライ!!のブックマークコメント

2話目にして早くも作画にリラックス感が……orz

蟹沢きぬ@藤田咲言うところの『幼なじみツインテールというベタキャラ』近衛素奈緒@水樹奈々、早くもそんな身も蓋もないギャグに走ってよいのか。そして必要以上に全力疾走ボケ突っ込みがなんとも痛々しい。笑うポイントキャラ萌えポイントもないよな。今回、鉄乙女井ノ上奈々の出番が少々あったわけだが水樹奈々と井ノ上奈々の演技力の差を意識せざるを得ないのも痛々しい。私立竜鳴館の館長は若本規夫、そこだけ笑えた(苦笑)今回の見所は制服祭に名を借りたファッションショーだが作画がこれでは……ね。乙女@井ノ上奈々のアクションシーンも然り。

[][] つよきす Cool×Sweet #3 激突!体育武道祭!!  つよきす Cool×Sweet #3 激突!体育武道祭!!を含むブックマーク  つよきす Cool×Sweet #3 激突!体育武道祭!!のブックマークコメント

お、作画復活か?80年代アニメ並みの不安定さだな(笑)

ブルマはもはやアニメの中だけのファッション(?)と化してしまっているわけだが、そのブルマに関する蘊蓄で引っ張られても困る。本編は体育祭ドタバタという内容だが相変わらずギャグは滑り気味。まぁ、こんなものか。あとはオタ絵とセクハラ脚本辺りが売りかと思うのだがその辺は意外に前面に押し出されてこない。だからつまらないのかと(笑)ところで原作ゲームの『話題のツンデレを6人集めてみました』(はてなダイアリーつよきす』の項)という設定はアニメには無いのか?別物ってことか。アニメは『ツンツン』と『熱血』と若干勘違いしているな。地上十数メートルの丸太の上でやるドッジボールって何だよ。

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生  おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生のブックマークコメント

1回見なかっただけでメガネッ娘が仲間(?)に加わっている……

ユル〜い赤ずきん田村ゆかりの顔とか、学校の七不思議(?)になっている赤ずきんのアホな姿とか、白雪姫立野香菜子と赤ずきん@田村ゆかりに同時突っ込みを入れられるヴァル@檜山修之とか、ちょっと笑えるポイント増えてきたかも。静森えりか@矢作沙友里に親切な鈴風草太@くまいもとこのことが気に入らない木ノ下りんご釘宮理恵、そんな演技がぴったりだな釘宮理恵(笑)話の展開とナイトメアリアンのデザインは全然ダメだな。予告はいい感じにバカっぽい。

赤ずきん@田村ゆかりの歩く音……(笑)

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #4 グレーテルの罠  おとぎ銃士 赤ずきん #4 グレーテルの罠を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #4 グレーテルの罠のブックマークコメント

白雪姫立野香菜子が臨時教員に、グレーテル@矢作紗友里転校生になって舞台学校へって展開はありだと思うが、「こんなこともあろうかと」のオンパレードでは盛り上がりようもない気が……。赤ずきん田村ゆかり大食いギャグももういいかげん飽きてきたよ。

小柄な身体で大剣を振り回すグレーテルのデザインはグッド。今回の戦闘シーンは比較的よく動いていたけど、すげー短かったな(苦笑)

[][] ケロロ軍曹 #119  ケロロ軍曹 #119 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #119 のブックマークコメント

ギロロ小雪広橋涼っていう組み合わせは珍しいな。夏美@斎藤千和ラブ同士の組み合わせってことで説得力もある。この展開だと最後はギロロと小雪がデキるってのが定番の展開だけど、「ケロロ」でそれはありえないよな。

後半は土用の丑の日ネタ。夏美にウナギを食べさせまいとするケロロ@渡辺久美子の本末転倒ぶりが笑える。でも今どきの子供は土用の丑の日なんて知らんだろう(笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テスト大パニック ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テストで大パニック?を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #17 いよいよ夏休み!☆テストで大パニック?のブックマークコメント

悪役の座がトーマからヤヤンへ。非常にわかりやすい悪役っぷりでどうなると操られるのか、操られるとどう変わるのかを語るには十分。あの先生の名前がヤヤンだってのも覚えた(笑)。シェイド@皆川純子あたりが操られると楽しい展開になりそう。

そのへっぽこな作画とヌルい展開、説教クサい展開はアニオタにはイマイチ満足できないできかもしれないけど、子供向けにはいいのかもしれず。あ、でもへっぽこ作画はダメだ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060722

2006-07-21

taske2006-07-21

[][] 無敵看板娘 #3  無敵看板娘 #3を含むブックマーク  無敵看板娘 #3のブックマークコメント

キャスト表示、遠藤敏行になってるんですが(笑)

15分1話完結の形式をとっていながらAパートとBパートが連携している構成。前半は繰り返しのギャグお約束のオチで軽く済ませておいて、後半予想していなかった形でオトす。うまいな。太田明彦の妄想はややイタいところがあったけど、それをギャグにしてしまっているあたり、スタッフのセンスの良さを感じるよ。

美輝@生天目仁美が苦戦した敏行を簡単に止めた若菜ちゃん@中島沙樹が最強ってことか?(笑)

[][] ゼーガペイン #16 復活の戦場  ゼーガペイン #16 復活の戦場を含むブックマーク  ゼーガペイン #16 復活の戦場のブックマークコメント

サーバリセットの瞬間の虚しさを演出する、それだけのためにこれまでの15回を費やして人間関係を構築してきたのだろうか。計算されたシナリオ構成はお見事。ただ見せ場であるはずのメドレーリレーの動きが余りにうそ臭いのがちょっと(汗)。がんばってたとは思うけどね。

静かに盛り上がった前半に比べて後半は微妙に盛り上がらなかった印象。引っ張りすぎが原因なのか、それとももう1段階の盛り上がりを用意しているのでここでは敢えて抑えているのか。ひとつだけいえることは今週の戦闘シーン、「ゼーガ」にしてはアツかったぞ。

[][] 神様家族 #10 涙のハートで桃色貯金!?  神様家族 #10 涙のハートで桃色貯金!?を含むブックマーク  神様家族 #10 涙のハートで桃色貯金!?のブックマークコメント

この久美子さん@前田愛は以前出てきた久美子さんと同一人物なの?4話まで出ていた久美子とはえらい雰囲気違うように感じるんだが。この違和感伏線だとしたら結構良く出来てると思うよ。でもテンコ@小清水亜美ブタ貯金箱のやり取りはイマイチ。あとタイムリミットが決まっているのに微妙に盛り上がらない展開もイマイチ。

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #12 それぞれの理由のブックマークコメント

いきなりグレイヴ・ストーン渡辺秋乃に発砲するパイフウ@小林沙苗がイカス。

しかしその後のイクスとグレイヴ・ストーンの禅問答ファイナルファンタジーかよと突っ込みたくなる火乃香@豊口めぐみの苦悩っぷりもただひたすら眠いだけだ。小説ならこれでもいいかもしれないが、脚本家はもっとメディアの違いというものを意識して物語を再構成してくれ。どうも「ザ・サード」の脚本家や監督は作画スタッフを信用していないように見えるな。むしろ作画のほうこそがんばっていると思うのだが……

ラスト精神世界ぽい描写と世界の崩壊は勘弁してくれ(笑)

[][] ひぐらしのなく頃に #8 綿流し編 其の参 嘘  ひぐらしのなく頃に #8 綿流し編 其の参 嘘を含むブックマーク  ひぐらしのなく頃に #8 綿流し編 其の参 嘘のブックマークコメント

唐突に圭一@保志総一朗を怒ってみたり、大石刑事茶風林に嚙み付いてみたり、レナ中原麻衣の性格設定は支離滅裂気味。いや、そういうキャラクタなのかもしれないだろうけどさ。

[][] 姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減  姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減を含むブックマーク  姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減のブックマークコメント

ダメだ、こりゃ。最後まで本当に何もなかったアニメだな。結局何がしたかったのかさっぱりだ。まぁいいや。終了、終了。

[][] ちょこッとSister #2 はじめてのお正月  ちょこッとSister #2 はじめてのお正月を含むブックマーク  ちょこッとSister #2 はじめてのお正月のブックマークコメント

これはまた季節外れな……いや前回クリスマスだったから時系列はあっているんだろうけどさ。

返品した妹は一旦クリーニングして使い回すってはるま@平川大輔の夢はあまりに生々しい言い回し。齋藤桃子声の妹を完全にモノ扱い、その不健全な視点に乾杯。こうなったらこの病気な設定を楽しむことにするよ。

ちょこ@斎藤桃子『卵のぐしゃぐしゃしたの大好き〜』

それはやっぱり釣られるところなんだろうな。全体的に話は散漫なのだがちょこ@斎藤桃子が愛らしいので許しておく。

なんかフォーマットが『めぞん一刻』に酷似しているのは故意なのか偶然なのか。

[][] 吉永さん家のガーゴイル #1 吉永さん家の石ッころ  吉永さん家のガーゴイル #1 吉永さん家の石ッころを含むブックマーク  吉永さん家のガーゴイル #1 吉永さん家の石ッころのブックマークコメント

終わった頃に始まるCS

若本規夫声で基本的な設定を淡々と説明してくれるガーゴイルナイス。そのガーゴイル@若本規夫に激しく突っ込みを入れる双葉斎藤千和もナイス。Aパートはテンポよくこのアニメのノリをつかませてくれる親切脚本。そして本題に入るBパートもいい話だ。と言いつつ、こんなヘンテコな物体をいきなり登場させて受け容れさせてしまう展開も見事かも。

アイキャッチが可愛らしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060721

2006-07-20

taske2006-07-20

[][] いぬかみっ! #16 部屋と怪談と私っ!  いぬかみっ! #16 部屋と怪談と私っ!を含むブックマーク  いぬかみっ! #16 部屋と怪談と私っ!のブックマークコメント

10人(人?匹?柱?)の犬神たちの雨降って地固まるをやりたかったのだろうが、騒動の発端もその後のなりゆきもあまりに強引。しかもノリが悪いうえに主役のはずの ようこ@堀江由衣もその他大勢扱いにされているし……。やはり10人というのは多すぎではないのか。伏線の張り方は意外にうまいと思うだけに残念だ。

たゆね@森永理科はいい感じだな。

[][] 姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減  姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減を含むブックマーク  姫様ご用心 #12 世界はいいかげんで良い加減のブックマークコメント

最終回にしてこの盛り上がらなさはある意味職人芸(嘘)。いや最終回の盛り上がらなさはある程度予想済みだったが、まさか最後のオチが爆発オチとは……orz

で、結局ナーナ@宮崎羽衣だけ言葉が通じなかった理由も姫子新谷良子ほか一部の人には王冠の効力が及ばなかった理由もそもそもあの王冠がなんだったのかも全部放置なわけ?放置していいネタといけないネタがあって、これらは放置しちゃまずいネタだと思うんだけどなあ。

最初はGAスタッフだということでしり上がりにテンションがあがっていくのを期待していたのだが、こうして振り返ってみるとテンションが一番高かったのは最初だったという……。なんだかなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060720

2006-07-19

taske2006-07-19

[][] ちょこッとSister #2 はじめてのお正月  ちょこッとSister #2 はじめてのお正月を含むブックマーク  ちょこッとSister #2 はじめてのお正月のブックマークコメント

貧乏姉妹物語」といい、これといい、貧乏アパートモノを全部「めぞん一刻」だと思ってしまうのは良くないなあと思いつつもやっぱり思わざるをえないわけで(汗)。管理人さんは「めぞん一刻」と違うなーとか思っていたら若い管理人さんが来るのか。これで未亡人で大きな犬を連れていたらどうしよう(笑)

舞台はお正月だけど内容はアパートの住人達の紹介といったところの第2話、ちょこ@斎藤桃子が一人で外を歩いていろいろな経験をするという流れが印象的。まるで育成ゲームのような展開だ(笑)

しかしナレーションの中や夢の中とはいえ、モノ扱いされている ちょこ はどうかと思うな。

[][] となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロン  となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロンを含むブックマーク  となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロンのブックマークコメント

ギャグがつまらん。神楽勇治@吉野裕行セクハラ行為はあまりに犯罪ちっくで鼻白む。もうちょっとうまくやってくれ。有坂家と神楽家の両親を退場させる意図はわかるとしても、どうでもいいその理由に延々時間をかける脚本も甚だ疑問。一番の問題は香月@神田朱未の哀れな境遇に合理的な理由がないところ。そして勇治@吉野裕行の行動に一片も感情移入できる点がないところ。キャラ立ち位置にまったく工夫がない。まずい料理を食べてもらっただけでほだされる香月@神田朱未は人間思考があるのか。脚本家は人間を描く努力が必要。強いて挙げればストライクボールはちょっと面白かったが……いや、大して面白くないか。個人的には神楽まりえ@葉月絵理乃の空々しい演技が浮かないぐらいハジけたシナリオが完成すれば面白くなりそうだと思っている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060719

2006-07-18

taske2006-07-18

[][] ウィッチブレイド #2 惑  ウィッチブレイド #2 惑を含むブックマーク  ウィッチブレイド #2 惑のブックマークコメント

雅音@能登麻美子、かわいいじゃないか(笑)鷹山澪士@小山力也とのやり取りは雅音のキャラクタがよく表れていてグッド。能登麻美子も空々しいお嬢様(≠お嬢キャラよりずっと生き生きとした演技で楽しめる。いきなりラボに送り込まれて実験に利用される展開もテンポよくて心地よい。

[][] コヨーテ ラグタイムショー #3 右腕と呼ばれた男  コヨーテ ラグタイムショー #3 右腕と呼ばれた男を含むブックマーク  コヨーテ ラグタイムショー #3 右腕と呼ばれた男のブックマークコメント

5日後に世界が滅びることがテレビでも報道されているというのに街の婆さんたちはトマト届けに来るって能天気だなー。いやそれを言ったらミスターもフランカ@広橋涼も12姉妹もそんなことやってる場合じゃないだろっていう意味では同列か。ここはそういうことは考えないでミスター一味と12姉妹のドタバタを楽しんでおけよってことなんだろうな。

2話までと比較してバトルの迫力もそうだけど全体的に毒が足りない感じ。12姉妹は毎週1人ずつ減っていく運命

[][] スクールランブル二学期 #8  スクールランブル二学期 #8を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #8のブックマークコメント

アバンタイトル漫画意味不明ギャグの落としどころよくわからず。

バスケットボールそのものはともかく、姉ヶ崎妙大原さやかがいきなり監督になってしまうところ、そして妙なニックネームをつけるところなど細かいギャグは笑える。でもメンバーからあぶれて練習ができない天満小清水亜美八雲能登麻美子のやり取りとかちょっと地味な感じも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060718

2006-07-17

taske2006-07-17

[][] スクールランブル二学期 #15  スクールランブル二学期 #15 を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #15 のブックマークコメント

塚本天満小清水亜美オンステージ八雲能登麻美子沢近堀江由衣周防生天目仁美カレリンMAKO、嵯峨野@洞内愛モノマネを披露していたが、これが実にウマい。声色が似ているわけではないのだけど、うまくその人の特徴をつかんでいて一発で誰のモノマネをしているかわかる。もともとキャラによって演技を変えていたり、ずいぶん芸達者な人だと思っていたけど、ここまでとは、恐れ入りました。

播磨のために編集者講座に足を運ぶ八雲の若奥様ぶりがグッド。週刊少年ジンガマの編集長巨神兵だな。

[][] N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!  N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #2 クリエイターにようこそ!のブックマークコメント

主人公佐藤引きこもりのくせに家の中でシャドーボクシングするわ、以外に規則正しい生活を送っているわ、隣の家に文句を言いに行くわ、後輩に強気に当たるわ、女の子にいい格好しようとするわで世間一般の引きこもりイメージからずいぶん離れている性格設定だな。それに比べて隣の部屋の山崎薫は絵に描いたようなアニオタかつゲーオタでなんだか他人を見ているような気がしない(苦笑)。だが個人的にはゲーム(に限らずなんでも)なんてものは学校で教わって出来るもんじゃないと思うがな。しかし引きこもりの話だと思っていたらエロゲを作る話だったの、これは?

中原岬@牧野由依は毎回佐藤の妄想の中であんなことやこんなことをされる役回りなのか。それはそれでいいぞ!

[][] ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑  ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #3 微熱の誘惑のブックマークコメント

今日もルイズ@釘宮理恵はいいツンデレでした。満足満足。

話は王道ラブコメの展開へ。才人を誘惑するキュルケ@井上奈々子に嫉妬丸出しのルイズ、無口キャラタバサ猪口有佳とここでもオリジナリティのない王道な展開か。2本の剣をめぐって対立するルイズとキュルケなんかはとてもいい感じなんだが、その中心にいる才人がどうにも。ルイズに披露した歌といい、盛りのついた犬っぷりといい、ルイズの相手役としてあまりいい印象をもてないなあ。

ルイズ『もっと大きくて太いのがいいわ』

ナイス脚本(笑)

[][] ARIA The NATURAL #16 その ゴンドラとの別れは…  ARIA The NATURAL #16 その ゴンドラとの別れは…を含むブックマーク  ARIA The NATURAL #16 その ゴンドラとの別れは…のブックマークコメント

灯里@葉月絵理乃のゴンドラを送り出す話。ゴンドラ最後の一日を思い出の場所を回りながらそこに刻まれた記憶をたどる、ある意味、究極的に「ARIA」な回。それまでに登場した人物や場所を巧みに紹介しつつ、前シリーズではカットされた暁が始めて登場したルートや灯里がシングルに昇格したルートをここで登場させるなど、構成的にも魅せてくれる。OPは「ARIA The ANIMATION」のオープニングテーマ、「ウンディーネ」というのがまた憎い演出だ。

ところで、古くなり引退するものに対して「惜しい」と感じる気持ちは日本人以外の人にはなかなか理解されないようで。万物に魂が宿るという発想は現代にも受け継がれているのだと強く感じ、この話を観てしんみりした気持ちになれる日本人の自分を少し誇りに思ったり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060717

2006-07-16

taske2006-07-16

[][] となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロン  となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロンを含むブックマーク  となグラ! #2 ツンツン香月と誘惑エプロンのブックマークコメント

第2話にしてブラもパンツも大幅減(涙)

香月@神田朱未が勇治の世話をするしないで誘惑勝負なんて無理やりにもほどがあるだろう。香月にさまざまな萌え行動を取らせてキャラを立てるという今回のテーマはわかるし、それぞれのシーン単体でとってみればそれは十分達成されているように思う。だがそこに至るまでの過程と勇治の過剰なリアクションで一気に冷めてしまう。だめな脚本が作画と演出のがんばりを台無しにしている感が強い。

[][] フルメタル・パニック!The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日  フルメタル・パニック!The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日を含むブックマーク  フルメタル・パニック!The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日のブックマークコメント

冒頭からテッサ@ゆかなが強力。テッサかわいいよテッサ。アニメDVDを紛失して狼狽えるクルーゾー@小山力也の必要以上に取り繕う姿は、その気持ちがよくわかるだけに痛々しい(苦笑)

テッサ『そこまで心配ならいっそ見るのやめたらどうです?』

もう全然アニオタの心理を理解していないテッサの一言になぜか見ているこっちまで心が痛い(笑)

クルツ@三木眞一郎『大の男がムキになることか!』

その通りだよクルツ……orz

カリーニン@大塚明夫ボルシチと言い、クルツ×クルーゾーの決闘と言い、本編と同じBGMを使用するおかしな盛り上げ方が笑える。全体的にはテッサがぬいぐるみの行方を追いつつ各エピソードを見せる構成がお見事。最後のオチもうまい

[][] ふたりはプリキュア Splash Star #23 ついに対決!脅威のアクダイカーン  ふたりはプリキュア Splash Star #23 ついに対決!脅威のアクダイカーンを含むブックマーク  ふたりはプリキュア Splash Star #23 ついに対決!脅威のアクダイカーンのブックマークコメント

やばい、一番美味しそうなところを逃したかも(苦笑)

すっかり懐柔されて意外なほど呆気なく戦うことを放棄する満@渕崎ゆり子と薫@今井由香、むしろ話のメインをアクダイカーン@五代高之に泉の郷を滅ぼすことをやめるように懇願するところへ持って行ったのが新鮮。いや、その前段階は見ていないうちに通過しちゃっているんだろうけど。もちろんアクダイカーンがそんなことを受け容れるわけがないのだが、ピンチに陥るプリキュアを助けつつその後の行方はわからずという形に持って行く展開は中間地点の盛り上げとしては十分。マックスハートに比べればずっとメリハリのあるストーリーだよ。

来週からちゃんと見ることにしよう(汗)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060716

2006-07-15

taske2006-07-15

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #16 トーマの真相☆本当の仲間のブックマークコメント

ふたご姫大根役者っぷりとプーモこおろぎさとみの変な演技指導が猛烈に笑える。アルテッサモニュメントの中のエリザベータ丸山優子も◎

ギャグが絶好調だった前半から一転、後半はいい話。魔法を使わず身体と行動と言葉でトーマを説得するファイン小島めぐみレイン後藤邑子という展開は秀逸。ふたご姫の村娘姿もベリグー。

しかしトーマが去ってしまったことで名言『この学園に○○は必要ない』が聞けなくなるのは残念だ(笑)

[][] ケロロ軍曹 #118  ケロロ軍曹 #118 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #118 のブックマークコメント

夏美@斎藤千和水着姿が!……じゃなくってスク水オンパレードが……じゃなくって久々の芋碁理恵中原麻衣の登場!……じゃなくって幽霊ちゃんと師走さつきで松浦チエ2役!……どれがメインの話なの?

後半はカレーネタ。話的に面白みもなかったが、何より作画が「ケロロ」としてはありえないレベルだ。ケロロがケロロに見えないよorz

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生  おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #3 気になる転校生のブックマークコメント

ギャグが滑ってる、シナリオにメリハリがなく面白みにかける、戦闘シーンが淡白、おもちゃの見せ方が中途半端……。うーむ、前回の感想と全く同じだ(汗)

せっかく出てきた白雪姫立野香菜子もいきなり出番激減だし、逆切れする赤ずきん田村ゆかり子供向けアニメ主人公としてどうかと。しかし木ノ下りんご釘宮理恵ツンデレ具合は◎。3話目にして早くも「子供向けアニメ」の仮面が外れてきているような気がするんですけど……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060715

2006-07-14

taske2006-07-14

[][] ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔  ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔のブックマークコメント

『ただの使い魔』は即ち『ただのトーチ』ってことですか。前回いろいろと文句書いたけど釘宮理恵だけでかなり幸せ。もういいや、これで(思考停止

生着替えだけならまだしも『着せて』ですか。その燃料投下はあまりにベタでしょうもないけどあまりに強力ですよ(笑)基本フォーマットは友人に弄られるルイズ@釘宮理恵→ルイズ@釘宮理恵に八つ当たりされる才人@日野聡ってことか。お陰でまだ他のキャラの印象が薄い。いきなり才人@日野聡の意地に絆されているルイズ@釘宮理恵や、突如暑いやつっぷりを発揮している才人@日野聡や、ハリー・ポッター並に都合良く発揮される謎の力などストーリーにも抑揚がないので今後の盛り上げに期待したいところ。ダメかも……でも、いっか。釘宮理恵だし(思考停止)

ドルアーガ世代(笑)には『メイジ』は一番下っ端の魔法使いイメージ。この世界のメイジもそんなところか。

[][] 神様家族 #9 初恋 再び…  神様家族 #9 初恋 再び…を含むブックマーク  神様家族 #9 初恋 再び…のブックマークコメント

作画がまたヤバげな状況に。

神様天使、天界の世界設定の説明をせずに『次期神様候補と監視役の天使の関係』とか言われてもピンと来ないなぁ。おまけに愛@能登麻美子のエピソードを挟んで再び久美子@前田愛を復活させるシリーズ構成も意図が読めない。また、今回に限らず新シリーズが始まるごとに思うのが物語序盤のつかみの弱さ。話が進むにつれて盛り上がるのだとしてもこのつかみの弱さは致命的だ。

てか、前回の次回予告と今回のサブタイトルで今回のオチがモロバレなのは勘弁してくれorz

[][] 貧乏姉妹物語 #3 にんじんと嘘と越後屋姉妹の日  貧乏姉妹物語 #3 にんじんと嘘と越後屋姉妹の日を含むブックマーク  貧乏姉妹物語 #3 にんじんと嘘と越後屋姉妹の日のブックマークコメント

越後屋金子進藤尚美、越後屋銀子@小桜エツ子登場。100歳の双子のおばあさんみたいな名前の姉妹だな(笑)

そういうネタだから仕方がないというのはわかるが、きょう@坂本真綾もあす@金田朋子も四六時中食べ物のことばかり考えているように見えてしまう脚本はどうかと。越後屋姉妹の行動原理も金持ちの道楽にしか見えないし、これまでの2話と比べて話のクオリティに天と地ほどの差があるように感じた。

脚本よりも問題なのが作画と演出。作画レベルもヤバいが、あの花びらひらひらエフェクト、一体何回使い回せば気がすむんだ?

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦い  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦いを含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦いのブックマークコメント

グレイブストーンとイクスの禅問答も、ザ・サードたちの行動も、火乃香@豊口めぐみの動きも、全部制作者の自己満足に見えてきたorz。何もかも説明不足すぎて意味不明状態だよ。思えばあのくどいナレーションもそうなのかもしれない。クライマックスのはずなのにこの盛り上がらなさは一体……

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦い  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦いを含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #11 幻影との戦いのブックマークコメント

ドームにたどり着いてそれを傍観している火乃香@豊口めぐみパイフウ@小林沙苗、イクス@浪川大輔の3人、なんともお間抜けな絵。クールに登場したパイフウ@小林沙苗が狼狽しているのはかっこ悪い。だからキャラは大事に扱ってやれって言ってるのに……。得体の知れないものを登場させて話を大きくしようとしているのだが、見ている方にそれがなんなのか伝わってこない(てか、伝える努力は放棄されている)ので大変なことが起きている実感が全然しない。要約して言えば『わけわかんね〜よ』ってことだ。物語上の『謎』と『意味不明』は違うと思うのだが。このアニメ原作を端折っているからこんななのか?

[][] 無敵看板娘 #2  無敵看板娘 #2 を含むブックマーク  無敵看板娘 #2 のブックマークコメント

背番号『決定版』とか、腕でホームランとか、岡持でバッティングとか、走ってホームラン取りに行くとか、取ったボールを実力行使でホームランにするとか、普通に面白いんですけど。前半と後半で出だしが全く同じって言うのも笑える。檜山修之は相変わらず暑苦しいな。そしてバカだ(褒め言葉)

西山勘九郎@檜山修之の国電パンチ*1新幹線で対抗する美輝@生天目仁美。そうか、その手があったか!島本和彦もびっくりだぜ!と思ったら新幹線の上に隕石落下の二段オチ。参りました(笑)

[][] ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?  ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?を含むブックマーク  ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?のブックマークコメント

荒唐無稽な導入なのにそれをなんの工夫もなく淡々と語ってしまうある意味思考停止脚本に閉口。『突然妹ができました』というシチュエーションを用意するためだけにこんな手を抜いた話作りが許されるのでしょうか。妹が届くという設定もバカバカしいが、それ以上に川越はるま@平川大輔が呆気なくすべてを受け容れていることがバカバカしい。とは言え、斎藤桃子が強力なのでそれだけで見れる(笑)そこしか見所無いかもな。風船にひかれて迷子になるちょこ@斎藤桃子だが何歳ぐらいの設定だ?もう少し大きく見えるのだが。まぁ、あんちょこを見ているぐらいだから心と体のマッチングが取れていないってことか。ロボットか何か?

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #2  おとぎ銃士 赤ずきん #2 を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #2 のブックマークコメント

いきなり録画し忘れた……orz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060714

2006-07-13

taske2006-07-13

[][] いぬかみっ! #15 ウハウハ啓太に恩返しっ!  いぬかみっ! #15 ウハウハ啓太に恩返しっ!を含むブックマーク  いぬかみっ! #15 ウハウハ啓太に恩返しっ!のブックマークコメント

タヌキ@矢島晶子『恩返ししないタヌキはタヌキじゃないッス!』

恩返しするタヌキなんて聞いたことないが……(笑)。いやそれ以前になんで誰もタヌキが喋っていることに対してツッコミを入れないんだ?

そんなタヌキから恩返しの品としてもらったのは惚れ薬。「いぬかみっ!」で「惚れ薬」と来れば当然啓太がマッチョ野郎どもに惚れられるわけで。予想通りだがそう予想させるだけのお約束の展開をこれまで培ってきたこれまでの積み重ねの勝利だな。

ともはね@長谷川静香『ふろくつくって〜』

グー。新婚のようこ@堀江由衣もグー。

[][] 姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるの  姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるのを含むブックマーク  姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるののブックマークコメント

うお!?1週見逃したら話がえらい進んでるし。

王冠が姫子新谷良子からナーナ@宮崎羽衣に移ったことにより世界はさながら悪の魔王に支配されたRPGのような世界に。捕まった そばな@沢城みゆきを助けに行く姫子のもとにこれまで出会った人々が次々と現れる……って展開も王道RPGだな。だが相変わらず(あまりいい意味ではなく)ゆる〜い展開で全く盛り上がることもない。イームー大臣かないみか宇宙戦艦の登場もインパクトに欠け、あまり笑えない。うーむ、困った。

次回最終回

[][] 姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるの  姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるのを含むブックマーク  姫様ご用心 #11 ナーナのために世界はあるののブックマークコメント

最後まで何がやりたいのかよくわからないアニメだったな……って、まだ終わりじゃないか。もう終わってもいいよ。今までの物語があまり魅力的でなかったので元に戻った世界でちょっぴり寂しい姫子新谷良子の姿もそれほど感慨深くない。

[][] ゼーガペイン #15 リインカーネーション  ゼーガペイン #15 リインカーネーションを含むブックマーク  ゼーガペイン #15 リインカーネーションのブックマークコメント

おミズ@佐藤利奈セレブラントとして覚醒か!?  と思ったら原因は別のところにあったという話。キョウ、リョーコ@花澤香菜と続けて覚醒してきたので似たような演出でミスリードを誘ったわけだな。時間リセットネタSFでは比較的良く見られる話(それこそ「涼宮ハルヒの憂鬱」にもあるくらい)だが、「ゼーガペイン」の場合『セレブラント以外がリセットされる』という部分が重要か。何も知らない一般市民⇒セレブラント⇒戦死という厳然たる移行があり、一般市民の数は上限があるのだからリセットを繰り返すたび何かしらの齟齬が生じる。全く同じ5ヶ月を繰り返すわけではないのは明らかなのだが、それがサーバー、あるいは物語にどう影響を及ぼすか興味は尽きない。

揺れるメイウー@牧野由依の乳が秀逸(笑)

[][] 錬金3級 まじかる?ぽか〜ん #23 #24  錬金3級 まじかる?ぽか〜ん #23 #24を含むブックマーク  錬金3級 まじかる?ぽか〜ん #23 #24のブックマークコメント

やっと最終回見た。

D/Aコンバータてか向きを考えるとA/Dコンバータか。それはさておき最終回の割りに話がゆる〜りとしている。作画は大人しめながらさすがに上手い。で、話の展開と絡めてOPAパートラストにもってくる変則的な構成は面白い。後半はさらに最終回らしくないふつ〜の話。ふつ〜だけどいい話だ。あっさりと終わったけど全体的には拾いもんのアニメだったな。全然期待していなかっただけに(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060713

2006-07-12

taske2006-07-12

[][] ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?  ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?を含むブックマーク  ちょこッとSister #1 プレゼントは妹?のブックマークコメント

クリスマスプレゼントは妹、ってどんなエロゲですか?最近この手のアニメがエロゲ的な安易な設定に偏ってきているのが気になるな〜

設定の安易さとは裏腹に丁寧な萌え描写の積み重ねで妹・ちょこ@斎藤桃子は十分かわいらしく描かれている。しかし中盤に挿入される母親と妹のエピソードはかなり重苦しく、妹萌えがしたいのか、死んだ妹がらみの思い話がしたいのか主題がぶれているような気も。

妹の ちょこ はむしろ ゆうま だな(笑)

[][] となグラ! #1 30センチ片思い  となグラ! #1 30センチの片思いを含むブックマーク  となグラ! #1 30センチの片思いのブックマークコメント

原作のちょっと垢抜けない絵柄がアニメでは割といける感じに昇華されている……と、思う。好みの問題か。話の展開は1話にしてはゆる〜りと冗長。あまり引き込まれない。結構な頻度で間延びした行間を埋めるギャグがつまらないのも特徴だな(笑)それでいてシチュエーションにもキャラクタにもすっごい特徴があるというわけではないので厳しさは否めない。どうせならセクハラ脚本路線か、悶絶するような甘酸っぱさ全開の話か、ぐらい極端に振った方がよさ気。もちろん両方でも大歓迎だが。原作ありでもその辺何とかできるだろ。とりあえずケーキ食って『まずい〜』とか記号的なネタの積み重ねはやめてくれ。

[][] ひぐらしのなく頃に #7 綿流し編 其の参 嘘  ひぐらしのなく頃に #7 綿流し編 其の参 嘘を含むブックマーク  ひぐらしのなく頃に #7 綿流し編 其の参 嘘のブックマークコメント

鬼隠し編』に比べて祟りの具体的な姿とか、今起こっている事件の確認とか丁寧に描かれていてわかりやすい。だから登場人物が怖いこと言っているのも余計にしっくり来る。意図的な構成だろうが例えば『かまいたちの夜』のような何本かのシナリオを体験することでその整合性に気づくアドベンチャーゲームのような結末に帰結してくれるなら理想的。梨花田村ゆかりが心配でレナ@中原麻衣と魅音@雪野五月を伴って出かける圭一@保志総一朗という展開まではいいとして、映像とあまり合っていない魅音@雪野五月の変化には違和感を覚える。が、しかしこれは魅音@雪野五月の多重性を示唆するシーンなのか。『自分の知らない魅音』という圭一@保志総一朗のモノローグも、魅音@雪野五月と詩音@雪野五月という双子の設定も関連するのか。謎は尽きないわけだが。『綿流し編』は大石刑事茶風林も若干怪しげな雰囲気?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060712

2006-07-11

taske2006-07-11

[][] コヨーテ ラグタイムショー #2 海賊亭の少女  コヨーテ ラグタイムショー #2 海賊亭の少女を含むブックマーク  コヨーテ ラグタイムショー #2 海賊亭の少女のブックマークコメント

バトーと公安9課が「カウボーイビバップ」の世界観でバトルするような内容の第2話はフランカ@広橋涼お披露目の回。妙に肉感的な発育途上の体型がエロい(笑)

フランカとミスター、仲間達と「コヨーテ」と呼ばれる荒くれ者たち、アンジェリカ湯屋敦子とチェルシィ@下屋則子マルチアーノ@沢海陽子と12姉妹の関係を無理なく、かつ謎は残したままにうまく説明している。戦闘シーンに限らず全編に渡って動きがとても細かいし、スピーディなカット割りは観ていてとても心地良い。ラストシーンのフランカとミスターのシーンはよくあるシチュエーションだが脚本のうまさによってフランカの揺れる気持ちとミスターのフランカを思う気持ちが12分に描写されていた。

EDufotableお約束クレイアニメ

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀ステージの甘い罠!  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀☆ステージの甘い罠!を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀☆ステージの甘い罠!のブックマークコメント

おかしな像にそっくりと言われるアルテッサ水橋かおり、哀れなり(笑)そして自ら手伝っておきながら和やか雰囲気に歯ぎしりするトーマ@立花慎之介、意味不明。もはやトンデモキャラとしての位置を確立しつつあるな。今回よかったのは腰が抜けて動けないエリザベータ丸山優子。他にもいろいろ愛らしいシーン多し。

[][] スクールランブル二学期 #7  スクールランブル二学期 #7を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #7のブックマークコメント

え〜と、あからさまに作画微妙なんですが(苦笑)あまり動いてないし……

前半大自然の中の料理勝負は話の内容にヒネりのないドタバタ劇でいまひとつ。キャラの動きやセリフだけで面白くしようとしてもちょっと難しいよな。肝心のギャグも滑り気味。パロディ中途半端。後半のバイト話も大事なオチをナレーションに任せるのは芸がない。八雲能登麻美子をいじるならもっと過激にしてくれないともう誰も驚きませんよ(笑)播磨ネタレンタルビデオのネタも具体的なギャグを示さないのは手抜き。今鳥@岸尾大輔ケチと言われて狼狽える一条かれんMAKOはグッド。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060711

2006-07-10

taske2006-07-10

[][] N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!  N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #1 プロジェクトにようこそ!のブックマークコメント

『まほう少女プルリン』『引きこもり電波』『悪の秘密結社NHK』……。ワケガワカリマセン!(褒め言葉)

原作は未読。引きこもりをテーマにしたアニメっていうのは私が知る限りでは初めてかな。主人公が引きこもりで一体どうやって物語を進めるのか興味あったのだが、これはすごいな。「馬鹿と天才は紙一重」という言葉をこれだけ強く意識したのも初めてだ。これからの展開で救いようのない駄作になる可能性も「涼宮ハルヒの憂鬱」みたいな騒ぎになる可能性も秘めてるなー。

作画レベルは上々。ヒロインの中原岬@牧野由依はいい感じ。こちらもかな〜り電波入ってますが。

[][] ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔  ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔を含むブックマーク  ゼロの使い魔 #2 平民の使い魔のブックマークコメント

のっけからルイズ@釘宮理恵の下着姿&生着替えでつかみはオッケー。しかしそれだけで引っ張るにはあまりにきつい展開。

召還された平賀才人は自分が下僕であることも異世界に召還されたことも平然と受け入れているし、特に理由もなくギーシュに対してケンカを売るし、才人は見た目と召還された場所に似合わず熱血キャラだし、知らないうちにルイズは才人に対してフラグ立てているし。才人が突然何かに目覚めて強くなったのは何らかの伏線だとしても、そのほかの事象のことごとくが唐突で、安っぽい。結末ありきの展開で、そこに生きたキャラクターが感じられない。さらに物語にメリハリがなくて盛り上がらない。

堀江由衣声のメイドシエスタとかいい感じなんだけどな〜。

[][] スクールランブル二学期 #14  スクールランブル二学期 #14 を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #14 のブックマークコメント

播磨漫画タッチ北斗の拳ラブひなときたが、魔王が出てくる時点で島本和彦だなと思ったり。天満小清水亜美メインの前半と播磨、八雲能登麻美子メインの後半でネタバランスもよくなかなか楽しめる内容。

納豆食え』と言われてうろたえる沢近堀江由衣ポッキーを食う周防美琴生天目仁美高野晶清水香里がいい感じだ。てかエロい(笑)

[][] ARIA The NATURAL #15 その 広い輪っかの中で…  ARIA The NATURAL #15 その 広い輪っかの中で…を含むブックマーク  ARIA The NATURAL #15 その 広い輪っかの中で…のブックマークコメント

暁@三瓶由布子ウッディー斎藤貴美子、アル@渡辺明乃、晃@皆川純子アリシア大原さやか過去話。晃の男らしさに惚れた(笑)。今と全然変わらないアリシアさんがグッド。

暁に『あ〜ん』をする灯里@葉月絵理乃。とてつもない魔性の女だ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060710

2006-07-09

taske2006-07-09

[][] となグラ! #1 30センチ片思い  となグラ! #1 30センチの片思いを含むブックマーク  となグラ! #1 30センチの片思いのブックマークコメント

いきなりのパンチラに吹いた。「D.C.」ですかこれは?

本編もまるでエロゲかと思いたくなるような安易なシチュエーションキャラ設定に萎える。かと言ってギャグが冴えているわけでも、すべて笑って許せるような勢いがあるわけでもない。ブラとパンツだけが見どころのアニメなの?作画レベルはそこそこなんだけど、まだ第1話だからなぁ。

う〜ん、微妙かも。

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #8 エンポリウムの午後  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #8 エンポリウムの午後を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #8 エンポリウムの午後のブックマークコメント

砂漠から飛び出てくる砂竜の大群も、砂竜に吹っ飛ばされて豪快に横転するボギーも作画が地味な印象の強いこのアニメにしては迫力あるところ。新キャラパイフウ@小林沙苗の説明をありがとう、ナレーター小杉十郎太(笑)怪しげな力を使うパイフウはミステリアスさを強調したいところだろうが拳銃モーゼルなのはさすがにやりすぎ。管理されているとは言えテクノロジーの程度が推し量れなくなってきた。

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウ  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウを含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウのブックマークコメント

政局の依頼を受けて動く火乃香@豊口めぐみを見ていてふと思ったが、9話まで来てそんな主人公の動かし方でよいのだろうか。もうキャラが自立して動いてほしい時期。むしろ今回の話の展開は1話にもってきてもいいぐらいだよ。マイペースで妖しい雰囲気たっぷりのパイフウはこのアニメでは貴重なぐらい生き生きしている。このアニメにかけているものが見えてくるようだよ(苦笑)で、そんなキャラの動きとハイペリウスの危惧はスケールが違いすぎてどう整合するのかイマイチピンと来ない。火乃香がPSPで援護するパイフウが使っている武器ライフルだもんなぁ……違和感を感じる。突如イクス登場、相変わらず展開が散漫だな。

にしても『ほのちゃん』『せんせい』か……そんな怪しげなノリをぜひ今後も(笑)

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑のブックマークコメント

見ている者を引っ張る力に欠ける。単にエピソードを積み重ねているだけで必然性の感じられる構成になっていないところがその原因かと。

突然イクス@浪川大輔との会話イベント突入する火乃香@豊口めぐみ、あまりそういう感じではなかったのでその強引な持って行き方に若干違和感。持って行きたいのはわかるんだけどね。で、物語の方は相変わらず漠然とした火乃香の抱える不安に頼った展開でそろそろじれったくなってきた。『畳み掛けるような展開』という言葉を知らないのか脚本家は。パイフウがイクスを気に入らないのは理解できる範疇としても、『あんたを信用したわけじゃない』はセリフぶっ飛びすぎ。突如火乃香を説教する姿もなんだか電波だなぁ……ミリィ@坂田有希が『いい人』って言った人なんだからもうちょっと大事に扱ってやれよ。で、最後は拳で分かり合うってか……なんだかそれっぽいシチュエーションを並べただけだなぁ。まぁライトノベルヒロインに人殺させるのは乗り越える障害が多くて大変なんだろうけど。

[][] ふたりはプリキュア Splash Star #20  ふたりはプリキュア Splash Star #20 を含むブックマーク  ふたりはプリキュア Splash Star #20 のブックマークコメント

レコーダー修理完了後チャンネル設定初期化につき録画失敗

orz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060709

2006-07-08

taske2006-07-08

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀ステージの甘い罠!  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀☆ステージの甘い罠!を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #15 トーマの陰謀☆ステージの甘い罠!のブックマークコメント

レイン後藤邑子の学園ほのぼのニュース、尺が短すぎるよ。おかげで早口になっちゃって後藤邑子ボイスの魅力半減(涙)

今回の敵はアルテッサ水橋かおりですか?(違) 演劇で使うモニュメントネタにアルテッサをいじる展開は微笑ましいな。学園ギスギス計画のトーマさえふたご姫のペースにはまってしまい、そしてやがては優しい心を取り戻すという、子供向けらしい展開が◎

[][] ウィッチブレイド #1 始  ウィッチブレイド #1 始を含むブックマーク  ウィッチブレイド #1 始のブックマークコメント

CSでも始まったので遅ればせながら。

ママ役、能登麻美子か。しかも頭悪そう脳天気な演技が絶妙。こんなキャラもそそるなぁ(笑)すっごい説明的な構成の第1話だけど下手に凝った演出で視聴者を煙に巻くよりもベタでもこんなストレートな話の方が好感が持てるよ。で、児童福祉庁のおばちゃんとカーチェイスという展開には面食らう。カーチェイスはいいけどね、うん。おばちゃんアクセル踏み込んでるし(笑)Aパートが説明でBパートアクションって展開もスピーディでグッド。梨穂子@神田朱未を助けて留置所に潜入する羽目になった斗沢祐介が逡巡するリアクションもものすごくステレオタイプだけど安心して見ていられる。まぁ、正直娘を助ける母親バケモノ同然の姿に変身するっていう基本設定に若干抵抗を感じなくもないのだが。Wiki読んでアメコミ原作と知った。GONZOバイアスかかっているようだけど。作画がスピードグラファー化しないことを祈るだけ。

あしたの手

あしたの手

ED、能登麻美子か!いや、悪くない悪くない。結構いける(笑)

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #2 魔法少女 白雪姫  おとぎ銃士 赤ずきん #2 魔法少女 白雪姫を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #2 魔法少女 白雪姫のブックマークコメント

黒のインナー姿で無防備に眠る赤ずきん田村ゆかりのかわいらしさは異常(笑)

しかし見どころはそこだけか。ギャグは滑りまくっているし、話にメリハリはない。ありきたりな設定と眠い説明セリフオンパレード。盛り上がりに欠けるバトルと白雪姫@立野香菜子の登場シーン。バトル中に空気の読めないギャグは勘弁してくれ……。キャラ声優だけのアニメなのかorz。もっとも、声優だけだった「極上生徒会」よりは進歩していると言えないでもないが……

[][] ケロロ軍曹 #117  ケロロ軍曹 #117 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #117 のブックマークコメント

あの伝説ラジオネタ再び。すももいはたじゅりの代役として再び投入されたギロロ伍長中田譲治が猛烈に笑える。中田譲治はいじられ役がもう完全に板についてるな〜。すももになりきり体をくねらせるさまを夏美@斎藤千和に見つかったときのギロロリアクションも◎

前半の七夕ネタがイマイチだっただけに、こちらで30分やってもらいたかったところだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060708

2006-07-07

taske2006-07-07

[][] ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズ  ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズを含むブックマーク  ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズのブックマークコメント

割と紋切り型な設定と比較的ゆっくり目の展開でともすると集中力を欠きそう……いや、でも釘宮理恵だけでしっかり見続けますよ。まぁ、いろいろ被っているところあるけど(笑)個人的には最近ファンタジーな設定に飽き気味なのでよほど強力な引きがないと厳しいなぁと思いつつ、冒頭ルイズ@釘宮理恵の着替えシーンはグッド(笑)まぁそんなところ期待しようかと。もうちょっとテンポいいとありがたい。ところでルイズの部屋が才人@日野聡と話すシーンとか見たことある絵と思ったらうるし原智志

[][] 神様家族 #8 たいせつな おともだち  神様家族 #8 たいせつな おともだちを含むブックマーク  神様家族 #8 たいせつな おともだちのブックマークコメント

車椅子から立ち上がるところや転んでキスなど、「一体このアニメ昭和何年のアニメだ?」と思いたくなるシーンはあれど、作画、シナリオともに好調。特にかつての記憶と同じように歩道橋から落ちる愛@能登麻美子とルル@広橋涼が助かるシーンの演出は秀逸。ただ、愛の母親山崎和佳奈にわざわざ『友達なんて誰もいなかった』と言わせたり、ルルのゆりかごに入っていた紙の正体をパパさんに言わせたりと少し説明過剰だった気も。

他所様で散々言われているけど、一応礼儀として。愛ちゃん閻魔あいちゃんだったのか!(笑)

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑を含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #10 砂漠の墓碑のブックマークコメント

1話まるまる使って火乃香@豊口めぐみの心情を描いた回。そういうエピソードが存在するのは理解できるし、悪くないと思うのだけど、それ「だけ」を淡々とやられても観ているこっちは疲れてしまうわけで……。おまけにこれまでの人物描写が不足しているのか、どうもキャラクターの行動が唐突なように感じる。つまらなくはないんだけど、あまりうまくはない印象。

火乃香たちが依頼の先に世界の危機であるドームを発見するという展開も盛り上がりに欠けるなあ。

[][] 貧乏姉妹物語 #2 大家さんとスイカとお見舞いの日  貧乏姉妹物語 #2 大家さんとスイカとお見舞いの日を含むブックマーク  貧乏姉妹物語 #2 大家さんとスイカとお見舞いの日のブックマークコメント

家賃の督促に来る大家さんに怯える きょう@坂本真綾と あす@金田朋子が妙に萌える

その大家さんは絵に描いたような偏屈ジジイなのがまた笑える。これもツンデレの1種なのか!?……自分で書いてて自分で気持ち悪くなったよorz

基本的に奇をてらわない素直な展開で、サプライズはないけど普通に安心して観られる話だ。作画がちょっとピンチなのが不安なところ。

[][] 無敵看板娘 #1  無敵看板娘 #1 を含むブックマーク  無敵看板娘 #1 のブックマークコメント

原作は未読。全くのノーチェックだったのだけど、レコーダーが妙にプッシュするから観てみたら意外と面白かったので驚いた。もっと殺伐としたバトルが繰り広げられるのかと思っていたんだけど、まさか第1話からヒロインがこうも弄られるギャグアニメだとはおもわなんだ。ノリ的には「マジカノ」か「大魔法峠」ってとこなのか。ヒロインの美輝@生天目仁美母親の親子ゲンカもよく動いていて好印象だ。

とりあえず視聴継続ってことで。

[][] シムーン #10 籠の鳥  シムーン #10 籠の鳥を含むブックマーク  シムーン #10 籠の鳥のブックマークコメント

アンモナイトみたいなメカデザはどうにかならないものか……破壊された空母アルクス・プリーマから旧型のメッシスに乗り込むことになって鬱になっているコールテンペストの面々、矮小な悩みのレベルに少々笑える。で、料理が得意だからと厨房に立っているマミーナ@森永理科だが登場時にあれだけ刺々しかったのが嘘のように朗らか。ただの料理好きか(笑)ロードレアモン@高橋美佳子と言い合ってご機嫌斜めなマミーナの顔はなかなかいいですよ。そしてヘソを曲げているマミーナを説得するために三つ編みを切って泣いているロードレアモンもグッドですよ。相変わらず緊張感ない戦闘だがそもそもコールテンペストはすごく強いってことだな。こいつらの本当の敵は少女であるが故の取るに足らない気持ちのぶれってところへ持って行きたい物語なんだね。

マミーナ『私、あなたのその三つ編みがうらやましかった』

う〜ん、バカバカしいやり取りが微妙に面白い。あくまで微妙に(笑)

[][] シムーン #11 共同戦線  シムーン #11 共同戦線を含むブックマーク  シムーン #11 共同戦線のブックマークコメント

このアニメOP/EDも含めて音楽いいな。

美しければそれでいい

美しければそれでいい

この世界の男女の位置関係がまだピンと来ていないところはあるのだが、シヴュラの乗る船にいかにも無遠慮に乗り込んでくる男性兵士たちに『どんどん穢されてくな、私たち』というカイム@細越みちこの言葉通りの雰囲気は出ている。そんな中で楽しそうなフロエ@相澤みちるキャラもわかりやすい。相手役の兵士マシティフはわかりやすすぎ。個人的にはこれぐらいわかりやすい方が好みだが。兵士の搬送→計略→援護って流れもありがちだがわかりやすい。兵士がいるからリ・マージョンが使えないのもわかりやすいシチュエーション作り。マシティフに『シヴュラの力は悪魔だ』とまで言わせるのは蛇足だな。

たぶんここ数話で他愛のないギャグを織り交ぜた脚本を投入しているのだろうが、今までの物語の雰囲気が雰囲気なだけにもうひとつ機能していないところが惜しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060707

2006-07-06

taske2006-07-06

[][] ゼーガペイン #14 滅びの記憶  ゼーガペイン #14 滅びの記憶を含むブックマーク  ゼーガペイン #14 滅びの記憶のブックマークコメント

リョーコ@花澤香菜消失を利用してキョウの戦意高揚をもくろむシマ、ミナト@井上麻里奈、ルーシェン@朴璐美。心情的に納得の行かないところはあるが、彼らの苦悩もこれまでに描かれているので嫌悪感はない。ルーシェンの語りの中でさりげなく世界の終わりの日の謎と倒すべき敵の存在の提示の両方を行うなど、無理のない情報提示は相変わらず秀逸。そしてラストシーン。毎週がクライマックスのような展開は観ていてとても熱い。

世界は異世界か遠宇宙から攻めてきた情報生命体ガルズオルムによって滅ぼされ、リョーコはゼーガのウィザードとしてデータごとさらわれたのだと思っていたのだが、全然違ったな。ミナトの黒タイツに隠された綺麗な足の秘密はちょっとショック。これもわかりやすい伏線なんだろうな〜。

[][] いぬかみっ! #14 カッパとオトサンっ!  いぬかみっ! #14 カッパとオトサンっ!を含むブックマーク  いぬかみっ! #14 カッパとオトサンっ!のブックマークコメント

ようこ@堀江由衣=妖狐なのか。そんなに珍しくないトリックなのだけど、ようこは犬だと信じて疑っていなかったのですっかり騙されたよ(笑)

そんな ようこ とオトサンこと大妖狐の話。この時期に ようこの 父親を登場させるということはこの先に対しての伏線なのだろうか。一見、物語には全く関係ないカッパとか猫の軍団とかの伏線らしきものが丁寧に描かれている。ようこ の成長を語るあたりがちょっと説明くさい気がしないでもないが、全体的にシナリオが良好。

それにしてもあの顔、あの服装、あの声で『おかえりなさい、ご主人さま』は破壊力あるな〜。

[][] 姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかん  姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかんを含むブックマーク  姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかんのブックマークコメント

姫子新谷良子の王冠が取れてドタバタな話……だが、やっぱり基本的なパワーが足りない。パンダシンクロを見てまだ夢の中にいると言う姫子だが、ここまでデタラメな物語を展開しておいて今さらそれはないだろ(笑)気を失った姫子をあやつるカレン落語の『らくだ』かよ。

[][] 姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかん  姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかんを含むブックマーク  姫様ご用心 #10 取れた王冠ばれたらいかんのブックマークコメント

ありゃ?録画忘れてるし……orz

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060706

2006-07-05

taske2006-07-05

[][] ひぐらしのなく頃に #6 綿流し編 其の弐 タカノ  ひぐらしのなく頃に #6 綿流し編 其の弐 タカノを含むブックマーク  ひぐらしのなく頃に #6 綿流し編 其の弐 タカノのブックマークコメント

今回のルート(?)はあっさりと雛見沢ダム計画にまつわる連続怪死事件の存在が語られる。まぁ、ゲームで言えば2回目のプレイだからそれぐらいスピーディな展開もアリだろう。怪しげな『開かずのお社』が登場して雰囲気的にはそれっぽい。『綿流し』が『腸流し』に通じるって話もいかにもだな。若干仏教神道ミクスチャー気味なのは気になるが。怖いことを言う詩音@雪野五月、どこまで本気なのか……1回目のエピソードのお陰でキャラ不信だ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060705

2006-07-04

taske2006-07-04

[][] コヨーテ ラグタイムショー #1 脱獄  コヨーテ ラグタイムショー #1 脱獄を含むブックマーク  コヨーテ ラグタイムショー #1 脱獄のブックマークコメント

カウボーイビバップ」ライクな世界観常識はずれで個性的な登場人物たち、メリハリがあって飽きさせないシナリオ、爆発も発砲も流血も容赦ないアクション、12姉妹の降下シーンは「フタコイ」ですかっ!12人の姉妹はやっぱり趣味悪いよね(爆)。テンション高くてなかなかに期待できそう。しかし制作ufotableで1話に騙されてはいけないぞ(笑)

漢字があまり読めないチェルシィ@下屋則子、いいな。

[][] ARIA The NATURAL #14 その いちばん新しい想い出に…  ARIA The NATURAL #14 その いちばん新しい想い出に…を含むブックマーク  ARIA The NATURAL #14 その いちばん新しい想い出に…のブックマークコメント

グランマ松尾佳子の時代からアリア社長西村ちなみがいたのは知っていたが、今と全く変わらないとは……え!?『若い』……の?火星猫はわからんぜ。

今回はパリーニという杭を作る話。最初劇中で海に刺さっているパリーニを見たときはゴンドラのオールくらいの大きさだと思っていたら……意外と大きいもののようで。杭打ち機を使って打ち込むほど大きなものなのか。

灯里@葉月絵理乃今日は練習お休みして、もう少しARIAカンパニーとおしゃべりしてみたいんです』

このひとことのおかげで、いつにも増して何もしない1日だったとさ。まあそれはともかく、このひとことはとても「ARIA」らしいナイスな表現ではないかと思う次第なのです。

[][] 涼宮ハルヒの憂鬱 総括  涼宮ハルヒの憂鬱 総括を含むブックマーク  涼宮ハルヒの憂鬱 総括のブックマークコメント

レギュラーシーズン感想こちらです

涼宮ハルヒとの出会い書店だった。金色のオビの「No.1宣言」が目に付き、何気なく手に取ったことが始まりだ。モノローグと会話がころころ入れ替わる奇妙な文体で、お世辞にも読みやすかったとはいえなかったけど、ハルヒ平野綾のエネルギッシュな行動とその願いが彼女の知らないところでことごとく叶っているのに当の本人はなにひとつ知らないという物語は非常に興味深かった。ちなみに、同時に買った「学校を出よう!」は肌に合わなかったのか、2巻以降は買うのをやめてしまった。

アニメになると聞いたとき、そうなるだろうなという気持ちと、あの独特の文体はアニメでは表現できないだろうなという思いが浮かんだのを覚えている。その思いは放送当日まで続いた。数ある新作アニメの中で原作を読んだことのあるアニメのひとつに過ぎなかった。初回放送を観るまでは。

そして「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」。度肝を抜かれた。同時に何の意図があってこんなことをしたのか考えた。涼宮ハルヒの世界を改変する力を表現する手法だということはすぐにわかったが、まさかその仕掛けは番組の外にまで広がっているとは思いもよらなかった。まさにネット時代のアニメ。賛否両論はあるだろうけど、間違いなく次の時代に何かを残すアニメだったろう。

次に何か変わったマーケティングで仕掛けてくるとしたらなんだろう?アニメ感想ブログを使ってくるとか?ありえねぇ(苦笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾ  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾのブックマークコメント

アバンタイトルレイン後藤邑子クイズになってる。強力だ。また一歩レインラヴパラメータアップですよ。いや、後藤邑子ラヴか(笑)

なんでも呪いのせいにするローズマリー下屋則子楳図かずおを彷彿とさせる変身も迫力あるが下屋則子の演技バリエーションも楽しめて貴重。怖いよ(笑)ホラーネタということでドタバタ展開の予感だがストーリー的には敵の根城を探るって目的がしっかりしていて◎だ。トーマに『君って面白いんだね』と言われ照れツンするローズマリー@下屋則子、ツンデレ変化形かよ、こいつ。トーマの『ちょっと調べるなど必要ない』は笑った。で、変身すると早送りしてしまうわけだが……まぁそろそろ新たな展開を見せそうな物語の本筋には期待か。

ローズマリー@下屋則子『ところであなたたち……オカルトクラブに入部しない?』
ファイン小島めぐみ&レイン@後藤邑子『それは……いやいやいや〜ん……』

テンポもよかった(笑)作画はいつもと違う印象ながら可愛らしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060704

2006-07-03

taske2006-07-03

[][] 涼宮ハルヒの憂鬱 #14 涼宮ハルヒの憂鬱VI  涼宮ハルヒの憂鬱 #14 涼宮ハルヒの憂鬱VIを含むブックマーク  涼宮ハルヒの憂鬱 #14 涼宮ハルヒの憂鬱VIのブックマークコメント

今までいろんな意味で世間のアニオタを騒がせてきた「涼宮ハルヒ」も今回で最終回。なにやら寂しいようなそうでないような。

世界の危機に直面したキョンハルヒ平野綾が如何にしてその危機から逃れるか……という内容なんだが、それまでの盛り上がりに比べてやはり物足りない印象。まあ、それは原作を読んでいたころからそうだったわけだが。しかし、キョンがこの危機を脱するために何をすべきかが観ている途中で(あるいは、読んでいる最中で)普通に先読みできる伏線の張り方は秀逸。怯えながらハルヒにみつあみにされる朝比奈さん@後藤邑子や『大丈夫、私がさせない』という長門有希茅原実里、律儀にもポニーテールで現れるハルヒは普通に萌える

もともと物語として普通に面白かった原作にクオリティの高いアニメーション、意表を突かれる数々の演出……と人気は必然だったかもしれないこのアニメ、最高傑作との呼び声も高い「涼宮ハルヒの消失」がまだ完全に未収録なので絶対に続編はあるだろうが、このクオリティ維持のためにはある程度の時間も必要なわけで。ま、またSOS団の愉快な面々と画面の中で会えるのを気長に待つことにしましょう。

総括は明日にでも。

[][] ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズ  ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズを含むブックマーク  ゼロの使い魔 #1 ゼロのルイズのブックマークコメント

釘宮理恵日野聡川澄綾子。こんどはナニ眼のシャナですか?(笑) しかもツンデレでぺったんこかよ!(爆)

原作は未読。「ハリー・ポッター」のような舞台設定にライトノベルお約束の人物設定。しかもキャストはシャナ。オリジナリティはどこへ?ピンクの髪でクソ生意気でぺったんこな釘宮理恵キャラが下着1枚でうろついているところだけが見どころなのか!?

[][] スクールランブル二学期 #13  スクールランブル二学期 #13を含むブックマーク  スクールランブル二学期 #13のブックマークコメント

留年先生の巻。カレリンMAKO沢近堀江由衣八雲能登麻美子に留年先生の顔は勘弁してくれ。面白いけど(笑)。今回は試験勉強での天満小清水亜美ボケとか、暗記直後の天満の顔とか細かいギャグが冴えていた印象。Cパート周防美琴生天目仁美ノロケ話は蛇足だったかな。

天満『留年したら烏丸君と離れ離れになっちゃう』

留年してもしなくても春になったら烏丸は転校するって設定、忘れてないか?(笑)

2006-07-02

taske2006-07-02

[][] 西の善き魔女 #13 大事なもの、守りたいもの  西の善き魔女 #13 大事なもの、守りたいものを含むブックマーク  西の善き魔女 #13 大事なもの、守りたいもののブックマークコメント

真昼の星のことも、竜の大群のことも、ブリギオンのことも、眼前に迫っているはずの脅威に対して、なにひとつ危機感が感じられないのだが……。これも今までついていけなくなるほど話を飛ばしすぎた弊害か。フィリエル@折笠富美子やアデイル@斎藤千和レアンドラ@田中理恵が突然手のひらを返したかのように西の善き魔女に対して罵声を浴びせるのも疑問。真昼の星もよくわからないうちに元に戻っているし。いやそもそもあれはなんだったんだ?何もかもが説明不足で描写不足だ。

このアニメ企画した人間は13話程度でまともな形になると本気で思ったのだろうか。もっとも、原作の持つ魅力の一旦はなんとなく理解できたから、機会があれば原作を読んでみようかな、程度には思えるのだが。その時点で制作側の思う壺なのかもしれない。

[][] ひまわりっ! #13 命あっての家来です  ひまわりっ! #13 命あっての家来ですを含むブックマーク  ひまわりっ! #13 命あっての家来ですのブックマークコメント

これ、最終回だよね?今までの伏線が何一つ解消されていないし、最終回らしい盛り上がりもまったくないし、まるで打ち切りみたいな終わり方だな。最後の契りを交わすシーンで何とか帳尻を合わせようとしているが、苦しすぎる。スタッフの「第2期も作りたいぞ」という魂胆がいやらしい。それ以前に織田家も徳川家も普通に子孫いるのだが……

初回から最終回まで一体何がしたいのかよくわからないアニメだった。中には面白かった回もあったのだけど、全体的にシリーズ構成のレベルが低く、行き当たりばったりに回を重ねている印象があり、秀逸なエピソードがかえって浮いている印象があった。

[][] MUSASHI -GUN道- #13 猿飛佐助  MUSASHI -GUN道- #13 猿飛佐助を含むブックマーク  MUSASHI -GUN道- #13 猿飛佐助のブックマークコメント

『先週の放送において予告と異なる内容を放送したことお詫び申し上げます』

いやBS-iに謝られても……。それ以前にもっと謝らなきゃいけないことが山ほどあると思うのだが、こっちはそれすらネタだと思っているので何の問題もない。あ、このテロップもネタのひとつか!とすると小早川秀秋がいつの間にかもとの姿に戻っているのもネタか。小早川が乱心して銃を乱射してるシーンなんかギャグ以外のなにものでもないしな。相変わらず手ごわいぜ。

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきた  おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきたを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきたのブックマークコメント

抑揚ないボディラインなキャラデザがおいし気な新番組。しかしいつまで経っても主役不在の本編は若干冗長な感じ。で、肝心の赤ずきん@田村ゆかり登場後も迫力に欠ける戦闘シーンと工夫のない玩具萎え。せめてバンクぐらいは気合い入れて描いてほしかった。物語の展開は超がつくぐらい平凡だし、1話を見た限りでは食いつくところあまり無いかな。さらに赤ずきん@田村ゆかりが最初っから鈴風草太@くまいもとこに好意的で人間関係的にも課題が無いようで……盛り上げどころはあるのか?予告見ると食いしん坊の主人公のようで……これも平凡だな(苦笑)

必要以上に勇ましいヴァル@檜山修之の声には違和感を感じる(笑)

2006-07-01

taske2006-07-01

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきた  おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきたを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #1 赤ずきんがやってきたのブックマークコメント

極上生徒会」に続くコナミアニメ第2弾。花好きの主人公・鈴風草太@くまいもとこ幼なじみの木ノ下りんご釘宮理恵、そこに現れる赤ずきん@田村ゆかりストーリー的には思いっきりどこかでみたようなパーツの寄せ集めで目新しいところは何もない。おもちゃの出し方といかにもウケ狙いなキャラデザ子供向けであわよくばオタクウケもという方向性なんだろう。

静止画は綺麗なんだけどちっとも動かないというのは最近の評価されるポイント微妙に外しており残念だ。

[][] 貧乏姉妹物語 #1 浴衣花火りんご飴の日  貧乏姉妹物語 #1 浴衣と花火とりんご飴の日を含むブックマーク  貧乏姉妹物語 #1 浴衣と花火とりんご飴の日のブックマークコメント

お金はないけど妹が/お姉ちゃんがいるから、お母さんとのおもいでがあるから明るく前向きに生きていける……そんなとっても昭和アニメ最近堀江某やら村上某やら福井某やらの拝金主義を真っ向から否定する話の流れはとても好感が持てる。

姉妹の家とそれ以外の場所で明らかに背景の描きかたを変えている丁寧な作画が印象的だ。きょう@坂本真綾、あす@金田朋子というネーミングセンスは憎いな。

[][] ゼーガペイン #13 新たなるウィザード  ゼーガペイン #13 新たなるウィザードを含むブックマーク  ゼーガペイン #13 新たなるウィザードのブックマークコメント

オケアヌスに現れるリョーコ@花澤香菜。いきなりすべてを受け入れてしまって覚悟もできてしまっている姿に違和感をおぼえないでもないが、ここでキョウと同じようにリョーコが葛藤してみせてもただ単に同じことの繰り返しで鬱陶しいだけでしかないから、難しいところだな。

覚醒するなりいきなり天才扱いで、しかも館内の雰囲気さえ変えてしまうリョーコ、敵のゼーガペインの登場、リョーコのデータ消失……。随分わかりやすい伏線だが、燃えるので問題ない!

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾ  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #14 ミステリーツアー☆開かずの扉のナゾのブックマークコメント

アバンレイン後藤邑子の学園ほのぼのニュースに。いい感じです。

本編は夏なので恒例のホラー話。学園もののホラー話につきものなのが旧校舎とオカルト部。オカルト部のローズマリー下屋則子に驚かされるたびに怖がるファイン小島めぐみがとってもラブリー

トーマ『この学園にちょっと調べるなんて必要ない』

今までもネタだネタだと思っていたのだけど、これは絶対狙ってやってるだろ!(笑)

[][] 神様家族 #7 発育少女  神様家族 #7 発育少女を含むブックマーク  神様家族 #7 発育少女のブックマークコメント

なんつうサブタイトル(笑)

先週赤ちゃんだった愛ちゃん金田朋子幼稚園児⇒小学生中学生と順調に成長中。ちなみに声は金田朋子⇒広橋涼へ。テンコ@小清水亜美の『愛ちゃん、昨日まで赤ちゃんだったのよ!』というセリフ日本語的にどう考えてもおかしいがそうとしか表現しようがないのが面白い。

中学生になった愛ちゃんを見た美佐@冬馬由美、『スクール水着とか似合いそう』ってどこのエロオヤジだよ(笑)。しかも本当に着せてるし。今回はテンポもよくてギャグも冴えてて作画もよく、なかなかいい回でした。

ツンデレ能登麻美子もなかなかいいものだな。次回は愛ちゃんとの関係が明らかになるのか?

[][] ケロロ軍曹 #116  ケロロ軍曹 #116 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #116 のブックマークコメント

一番風呂に入りたいケロロ渡辺久美子。風呂掃除してるんだから夏美@斎藤千和が帰ってくる前に風呂に入ってしまえばいいと思うがそれは野暮というものか。夏美が全編バスタオル1枚で!と思ったら途中で何故か着替えていてがっかりだよ(笑)。普段裸のくせに風呂に入るときには何故か股間を隠すケロロが笑える。

後半はモア@能登麻美子日記ドロロ記憶曖昧なのが笑える。

[][] ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウ  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウを含むブックマーク  ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 #9 パイフウのブックマークコメント

火乃香@豊口めぐみがパイフウ@小林沙苗のことを突然『先生』と呼び始めたのはのはともかく、火乃香がパイフウに何故そんなに心を許しているのか、経験豊富なソード・ダンサーのはずの火乃香が人間ひとりを斬ったくらいで何故狼狽するのか理解に苦しむ。普段ナレーションに頼りきりで人物描写を怠ってきたツケがここへきて出てきたのかもしれない。火乃香やパイフウだけでなく、イクスもミリィもザ・サードの連中も物語の中で生きている感じがしない、ただの記号になっているような気がする。

戦闘の途中で被弾しているわけでもないのにPSPを脱ぎ捨てる火乃香、パイフウの言うように武器が扱いづらいなら最初から乗ってくるなよ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20060701