ピンクの髪の…… このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ▲タイトルバナーはFLOさんに描いていただきました。ありがとう!ありがとう!(過去のタイトル画像などはこちら

長らくご愛顧頂きました当ブログですが、2015年4月を持ちまして終了となります。10年の長きわたって応援いただきありがとうございました。


2004|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|

2006-12-31 みなさま、良いお年を

[][] アニソン10選2006  アニソン10選2006を含むブックマーク  アニソン10選2006のブックマークコメント

今年もやってきました大晦日去年に引き続き今年もアニソンを選んでみました。

順位はつけていません。放送開始順に並んでいます。

灼眼のシャナ OP2「being

being(初回限定盤)(DVD付)

being(初回限定盤)(DVD付)

KOTOKOの曲はこれまでイマイチ好きになれなかったのだけど、この曲は初めていいなと思えた。アニメの方も予想以上にできが良くて満足。

いぬかみっ! OPヒカリ

ヒカリ

ヒカリ

本編にあわないアニソンの代表(笑) このアニメはやはり堀江由衣エロいセリフを言わせたことで後々まで語り継がれるでしょう。

涼宮ハルヒの憂鬱 EDハレ晴レユカイ

2006年を代表する1曲。アニメのダンスはもちろん、曲自体のノリノリな雰囲気もかなり良かった。

姫様ご用心 OP「百発百中とらぶるん♪」

アニメはイマイチだったけど、ゆる〜っとした雰囲気が意外に耳に残る。

錬金3級 まじかる?ぽか〜ん ED「しちゃいましょう」

今年のナンバーワン電波ソングCDを買うと9曲のバージョン違いが収録されているのでリピートかけると訳のわからないことに。

ゼロの使い魔 ED「ホントノキモチ

別名「ツンデレソング」。シャナ、ルイズ、りんご、ゆりぴょんと釘宮理恵のツンデレキャラにあたりが多かった一年でした。

ちょこッとSister ED「ねこにゃんダンス

ここらへん電波ソングばっかり(笑) 劇中では斎藤千和演じるオダエリちゃんが歌っていたのにねこにゃんダンスを斎藤千和が一度も歌わなかったのは大いに不満。

ギャラクシーエンジェる〜ん OP「宇宙で恋は☆るるんルーン

これもクセになる曲。OP〜サブタイトルの演出がセンスいい。

くじびきアンバランス OP「あい」

TVアニメ「くじびきアンバランス」OP主題歌 あい

TVアニメ「くじびきアンバランス」OP主題歌 あい

本編共々あまり期待していなかったのだけど意外にお気に入り。アニメとのシンクロ具合もなかなか良かった。「げんしけん」にこのOPのパロディあり。

ネギま!? ED1「A-LY-YA!」

OPよりも個人的にはこっち。エキゾチックな雰囲気がグッド。アニメの2等身キャラもかわいらしい。

次点

ARIA The NATURAL

ウンディーネ」「ユーフォリア」「シンフォニー」、どれも捨てがたいのでこの位置に。BGMと併せて透明な雰囲気がとても心地よいアニメだった。

マジカノ OP「もっっと!」
マジカノ ED「マジスキMAGIC」
TVアニメ「マジカノ」ED主題歌 マジスキMAGIC

TVアニメ「マジカノ」ED主題歌 マジスキMAGIC

どちらも意外と耳に残るアニソン。本編も意外におもしろくてなかなかの掘り出し物だった。

N・H・Kにようこそ! ED1「踊る赤ちゃん人間

大槻ケンヂが歌っているという次点で笑い、歌詞の内容でさらに笑った。このアニメのテーマソングとしてこれ以上ない傑作。

N・H・Kにようこそ! ED2「もどかしい世界の上で」

牧野由依の歌も曲も悪くはない。というより明らかに良曲なんだけど、「N・H・Kにようこそ!」というアニメには合わなかったな。

ギャラクシーエンジェる〜ん ED「Happy Flight」

これに限らず、「かみちゅ!」とか、「護くんに女神の祝福を!」とか、この人の歌は結構好き。

ま、ということで2007年もよろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061231

2006-12-29

[][] Kanon #13 あぶなげな三重 Kanon #13 あぶなげな三重奏を含むブックマーク  Kanon #13 あぶなげな三重奏のブックマークコメント

毎日律儀に栞@佐藤朱に会いに行き、寝起きの名雪國府田マリ子の世話をして、あゆ堀江由衣のために舞@田村ゆかりのところへ行き、用が済んだらあゆを放りだして舞と魔物退治にいそしむ祐一杉田智和。実に効率のいい全キャラ攻略ですね(苦笑)

ダンスパーティで暴れた(とされた)舞に対して助け船を出す佐祐理さん@川上とも子と祐一と北川@関智一。美しい友情といえば聞こえはいいんだけど、言い訳に無理がありすぎるような。そしてその騒ぎは何の影響も与えず相変わらず魔物退治を続ける祐一と舞。どうもここら辺エピソードが断片化されすぎていてそれぞれが絡み合っていない気がする。

作画は相変わらず好調。魔物退治に暴れ回るもまったくスカートの中が見えない見事な立ち回りの舞とアリクイに食べられそうな格好で歩く佐祐理さんがグッド。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061229

2006-12-28

taske2006-12-28

[][] 武装錬金 #13 死の胎動  武装錬金 #13 死の胎動を含むブックマーク  武装錬金 #13 死の胎動のブックマークコメント

学校中の生徒がカズキ福山潤斗貴子柚木涼香に声援を送るシーン、ベタベタなんだけど、これ以上ないくらいアツいシーンだ。OPでも似たシーンがあるんだけど、この部分がいちばん好きな私にとってはたまらない。しかし、そこで力をもらったのにカズキと斗貴子は戦線を離脱して校舎内に入ってしまう展開にはやや疑問。

後半はパピヨンとパピヨン先祖のバトル。口での解説とあとだしじゃんけんのような「こんなこともあろうかと」の連続で面白味に欠ける。パピヨンもあまり強くなった感じがしないのは演出の問題だろうなぁ。

[][] 武装錬金 #14 キミは誰だ?  武装錬金 #14 キミは誰だ?を含むブックマーク  武装錬金 #14 キミは誰だ?のブックマークコメント

その体躯と落ち着いた物腰、パワーアップしたカズキ福山潤の攻撃を寄せ付けないさま。非常にわかりやすい強敵の構図だ。圧倒的な実力差の前にカズキは倒れ、斗貴子柚木涼香絶望し、まさに絶体絶命のとき奇跡は起こった。って相変わらずわかりやすい展開だよな〜。このシンプルさはここ最近あまり見なかったので逆に新鮮に思えてくる。『まるで本当にみんなから力をもらっているようだ』って斗貴子の言葉はカズキの変質の伏線だったわけだね。なかなかに良くできている。

カズキに心配かけさせまいと必死で平静を装う友人たちと、それを知りつつ彼らの気持ちをくんで屋上へと走るカズキの姿、これこそが少年漫画王道

[][] ネギま!? #13  ネギま!? #13 を含むブックマーク  ネギま!? #13 のブックマークコメント

チュパカブラになって逃げ回るネギ佐藤利奈の図は手抜き作画にしか見えないんですが……。作画レベルここんところ下がってきているので余計そう思わされるな。物語的に内容と脈絡がないのはいつも通りなんだが、今回はそれを逆手にとって恐竜は出てくるわ、宇宙戦艦は出てくるわでやりたい放題。しかし今回はこれまでと比べて話の内容も格段にレベルダウンしていて残念。やはり31人の生徒を全員登場させるのはアニメとしては無理があるのでは。

もともと作画レベルの高さと構図のうまさが最大のウリなこのアニメにとって、その二つが欠けてしまった今回は見どころがあまりなかったな。残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061228

2006-12-27

taske2006-12-27

[][] DEATH NOTE #12 恋心  DEATH NOTE #12 恋心を含むブックマーク  DEATH NOTE #12 恋心のブックマークコメント

L@山口勝平ライト宮野真守の腹の探り合いを続けながらも新キャラを投入して中だるみをさせないのはさすがによく考えられている。

しかしこれまでLとかライトとか天才キャラしか出ていなかっただけに弥海砂平野綾のおバカっぷりは新鮮。いやたぶんバカっていうよりはこれが普通の人の行動パターンだってことろなんだろうけど、これでどう考えても尻尾を捕まれそうになかったライトに弱点が登場してゲームバランスとしてはちょうどいいんじゃないかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061227

2006-12-26

taske2006-12-26

[][] Pumpkin Scissors #13 粗野にして美味  Pumpkin Scissors #13 粗野にして美味を含むブックマーク  Pumpkin Scissors #13 粗野にして美味のブックマークコメント

ちびっこで生意気で千和……ベッキーだ!(笑) 2クール目に突入してテコ入れのためか新キャラ・セッティエーム姫様@斎藤千和の登場。2クール目からの登場といい、トイレの窓を通り抜けるアクションといい、登場初週からいきなり主役の座をかっさらう存在感といい、まるでゆりぴょん。

お話自体は世間知らずの姫様がスラムに迷い込んでピンチに陥るというわりと普通の話だけど、厳しい王族の生活と可愛らしいセッティエームの性格、さらにお忍びの旅によって成長していく姿がわかりやすく提示されている。セッティエームのキャラ付けとしては上々。爺@青野武もいいキャラしてる。って帰っちゃうの〜!?

さりげなくオーランド看護師さん@村井かずさの因縁の対決なんていう小ネタも。

[][] ときめきメモリアル Only Love #13 ときめき秘密  ときめきメモリアル Only Love #13 ときめきの秘密を含むブックマーク  ときめきメモリアル Only Love #13 ときめきの秘密のブックマークコメント

完璧超人の天宮小百合牧島有希が人並みにキレてなんだか好感度上昇ですよ?能力は高いのに性格が悪いのが藤崎詩織以来のこのポジション伝統なのに……と思ったら最後の聖人のようなお言葉にやはりこのアニメヒロインはこうでないと。

物語は全編を通じて陸@宮野真守視点で語られていき、小百合が弱音を吐いたり、彼女の心情が語られることは全くないのだけど、次々に襲いかかる状況に追い詰められていく小百合の描写が秀逸。あえて先が読める展開を作っておいてその通りにしてみせるのもときには必要なんですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061226

2006-12-25

taske2006-12-25

[][] ギャラクシーエンジェる〜ん #13 出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?  ギャラクシーエンジェる〜ん #13 出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?を含むブックマーク  ギャラクシーエンジェる〜ん #13 出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?のブックマークコメント

これ!これを待っていたっすよ!これぞ「GA」!

ミルフィーユ新谷良子が登場するけど、それに頼ることなくルーンエンジェル隊キャラも立っていて好感度高い。ロストテクノロジー(これがまた非常に「らしい」デザイン)によって悪の道に染まってしまったルーンエンジェル隊の極悪非道っぷりとか、意味もなく宇宙に飛び出す展開とか、無駄クオリティ高い戦闘シーンとか、意味もなく合体してしまう紋章機とか(これがまた無駄に格好いい)、何気なく入ってるパロディとか、最後惑星ぶっ飛ばす展開とか、最後にしてようやく「GA」らしい展開でこのノリがもうあと何回かあれば良かったのにと思うと残念でたまらない。

しかし冷静になってみるとギャグアニメとして決してつまらない回ばかりだったわけでもなく、むしろ平均以上のクオリティを維持していたとは思うんだけど、「ギャラクシーエンジェル」としてはやはり期待値には届かなかったと言うところなのだろうか。版元も、制作スタッフも、そして視聴者も「ギャラクシーエンジェル」という看板に惑わされていただけなのかもしれないかな。

[][] げんしけん #13 オタク嫌いの荻上です  げんしけん #13 オタク嫌いの荻上ですを含むブックマーク  げんしけん #13 オタク嫌いの荻上ですのブックマークコメント

くじびきアンバランスDVD-BOXの特典OVA

OPからいきなり「くじアン」のパロディ(というか全く同じ)で笑わせてくれる。本編は新キャラの荻上@水橋かおりを中心に、咲@雪野五月大野川澄綾子の女3人組の掛け合いが楽しい。『トイレです』とか『ホモが嫌いな女子なんていません!』とか、特に川澄綾子いじめ脚本GJ。女だけだからといってピー音だらけの会話が異常に笑える。収録では全部言っていたんだね。そして多くを語らずとも漫研で何が起こったのかがわかる展開が秀逸。

EDテレビ版と一緒。ポスターとテレビに映っている映像が同梱されているテレビ版「くじアン」なのはサービスってところか。

[][] ケロロ軍曹 #141  ケロロ軍曹 #141 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #141 のブックマークコメント

クリスマス大雪でアリサ@矢島晶子再登場。さすがに3年目ともなるとクリスマスネタも尽きてきたのか、なかなかひねった展開。アリサの戦闘シーンはとてもよく動き、作画レベルも高い。しかし、ケロロ渡辺久美子たちとあまり絡まない話の展開にやや疑問。前半ちょっと間延びしすぎかも。

コゴロー@檜山修之の暑苦しさで凍ったケロロたちを溶かすのは笑える。

[][] 地獄少女 二籠 #12 黒の轍  地獄少女 二籠 #12 黒の轍を含むブックマーク  地獄少女 二籠 #12 黒の轍のブックマークコメント

立ち退き問題。また難しい問題をテーマにしたな。依頼者としては立ち退かない老人が悪人だったらどんなに楽だったことか。地獄少女チーム以外は依頼者とターゲット以外にほとんど登場しない小さな世界での話だったのだけど、二人ともその背後に大きな事情を抱えていることを想像させる展開が面白い。

いつかあると思っていた藁人形を引かない展開がついにここで発生したわけだが、恨みを晴らすことを思いとどまるのではなく、依頼者が先に逝ってしまう展開にするとは、さすがに侮れないな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061225

2006-12-24

taske2006-12-24

[][] 乙女はお姉さまに恋してる #12 ラストダンス永遠 乙女はお姉さまに恋してる #12 ラストダンスは永遠にを含むブックマーク  乙女はお姉さまに恋してる #12 ラストダンスは永遠にのブックマークコメント

特に何が変わるわけでもない、現状維持のエンディング。大仰になってしまうわけでもなく、無駄に壮大になるわけでもない飾らない話の作りには好感がもてる。瑞穂堀江由衣が男であることを知ってしまった貴子たかはし智秋の説得にまりや@浅野真澄を使うのはまっとうな流れだけれど、これまでさんざんほのめかせていたまりやと貴子が似ているということを本人たちに自覚させてすべて「なかったこと」にさせるのは非常にすっきりした流れだ。エピローグでその後のエピソードが描かれていてここで終わりにするのはちょっと惜しいかなと言う気がしないでもないが、それくらいで終わるのがいいのかもしれない。

実はこの「おとボク」、昨年末の「ラムネ」以来1年ぶりに最後まで観ることのできたエロゲ原作アニメだったのだけど、エロゲ原作にありがちな「エロゲ村」とでもいうような「原作未プレイお断り」という閉じられた雰囲気がない、エロゲが苦手な人でも入りやすいアニメだった。ただ、瑞穂が男であることや、「エルダー」など、あまり設定を生かしきれなかったのが残念だな。

[][] ウィンターガーデン 後編  ウィンターガーデン 後編を含むブックマーク  ウィンターガーデン 後編のブックマークコメント

前編とノリ違うし(汗)

至ってまっとうな恋愛モノだった前編とは異なり、ややコミカルになった後編。前編では声を聞くまで誰だかわからなかったでじこ真田アサミぷちこ沢城みゆきも後編ではちゃんと名前で呼ばれているが、この世界観で『でじこ』『ぷちこ』の名前は浮いてるなぁ。でじこの恋愛模様を描くと言うよりはでじことぷちこの日常生活を描いているようなんだが、でじこがソフトボール部から軽音楽部に移籍した理由など、キャラクターの行動に動機付けがされておらず、唐突で行き当たりばったりなストーリー進行。ってそこで終わるの?どうも長い話のダイジェスト版を見せられた感覚しかない。

これなら「シュガー」の特別編やってくれた方が良かったなぁ。

[][] ローゼンメイデン・オーベルテューレ 後編  ローゼンメイデン・オーベルテューレ 後編を含むブックマーク  ローゼンメイデン・オーベルテューレ 後編のブックマークコメント

真紅沢城みゆきに支えられ、すがり、笑みをこぼす水銀燈田中理恵が悲しみと怒りに染まっていくさまと真紅が水銀燈に怒りを募らせていく課程が非常に丁寧に描かれていた。水銀燈が異常に嫌悪する『ジャンク』という言葉も出てきて、サイドストーリーとしてとても良くできた展開。

ウィンターガーデン」「ローゼンメイデン」と真田アサミ&沢城みゆきアワーだったけど、できはこっちの方が断然良かったな。

[][] はぴねす! #12 幸せ魔法  はぴねす! #12 幸せの魔法を含むブックマーク  はぴねす! #12 幸せの魔法のブックマークコメント

原因と結果の因果関係がメチャクチャだし、わざわざ10年前のエピソードやら本当の母親やらの設定を持ち出したくせに何の役にも立っていないし、そもそもどうして白い髪の人は雄真@大原崇に力を託したのか不明だし、すもも後藤麻衣が目覚めたのもご都合主義的だし、いったい何がしたかったんだ?無理やり壮大な話にして盛り上げようとしたようにも、複数の話を無理やりつなげた結果辻褄が合わなくなってしまったようにも見える。

前半は比較的キャラが立っていて好印象だったのに後半はボロボロ。無理にシリアス仕立てにしてラスト盛り上げる必要はないと思うんだがなぁ。あと、全体的に声優微妙。いや別に有名声優使えばいいってモノじゃないとは思うが、適材適所ってもんがあると思うんだよね。

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #26 赤ずきんVS白雪姫  おとぎ銃士 赤ずきん #26 赤ずきんVS白雪姫を含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #26 赤ずきんVS白雪姫のブックマークコメント

白雪姫@立野香菜子、黒雪姫になるの巻。

操られた白雪姫と赤ずきんの戦いはなかなかクオリティ高い。その後の3銃士の息のあった申し合わせもよく考えられている。眼鏡を外すと本気モードとはなんてわかりやすいと思ったが、騙されたよ(笑) いばら姫@沢城みゆきを赤ずきんと間違えたり、ヴァルをりんご釘宮理恵と間違えるのはお約束ながらも笑える。凍ったヴァルをりんごだと思ったってことは、白雪はりんごをマジで凍らせようとしたのか(汗)

マレーン@桑島法子が草太@三瓶由布子にヒントを与えるのはちょっと無理がある展開だな。白雪はメガネとった方がいいぞ。その点に関しては暗黒魔法に同意だ!

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #39 ハッピークリスマスビビンとなかよし計画  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #39 ハッピークリスマス☆ビビンとなかよし計画を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #39 ハッピークリスマス☆ビビンとなかよし計画のブックマークコメント

ファイン小島めぐみレイン後藤邑子に染められていくビビン@白鳥由里がおいしすぎですよ。光と闇の狭間に揺れ動くビビンの葛藤がとてもよく表現されており、彼女の好感度を高めるのに一役買っている。おかげでアンハッピーの種を植え付けても悪役という感じがしない。悪役を作らないアニメとして非常に良くできた展開だ。ハナメガネソフィー佐藤利奈アルテッサ水橋かおりもグー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061224

2006-12-23

taske2006-12-23

[][] くじびきアンバランス #12 ゆめをかなえよう。9点  くじびきアンバランス #12 ゆめをかなえよう。9点を含むブックマーク  くじびきアンバランス #12 ゆめをかなえよう。9点のブックマークコメント

最終回。千尋@瀧本富士子の問題も、時乃@野中藍の恋心も、律子小清水亜美との関係も、副会長ゆかなとの確執もすべて一応のケリはついた。が、どう考えても急ぎすぎだ。律子が『千尋ちゃん』『時乃ちゃん』と呼ぶのは唐突に感じられるし、副会長が膝を折るのも説明不足でしかない。少なくともあと1週は欲しかった。しかし新生徒会任命式の日の出来事が第1話で次期生徒会に選ばれるときの出来事と韻を踏んであるのはニクい演出。

げんしけん」時代のキャラデザがあまり好きでなかったせいもあって最初はあまり期待していなかったけどテンポの良いギャグとしんみりとしたシナリオバランスが良くてびっくりするくらい楽しめるアニメだった。現会計@高木礼子とか千尋姉@笹本優子とか保健の先生とか、いいキャラがいるのに死にキャラになってるのが残念だったけど、最終回以外はどの回も良かったよ。

[][] ウィンターガーデン 前編  ウィンターガーデン 前編を含むブックマーク  ウィンターガーデン 前編のブックマークコメント

予備知識なしで見たので『デ・ジ・キャラット』だと知ってずっこけましたよ。しかもあまりにユルすぎる作画にねらいがまったく掴めず。むしろぷちこ沢城みゆきの『ときめきラブラブ〜』の漫画の方が力が入っているよ。って、もしかして企画自体が壮大なネタ?いや、壮大ってほどでもないか(笑)全然金のかかっていない作りと何のひねりも無いストーリーに『なんだこれは!?』と疑問符の嵐。しかもEPGでは『ウィンターガーデン&ローゼンメイデン』でひとつの番組になってるし……はっ!もしかしてこれは抱き合わせ商法!?アニメ番組の抱き合わせか〜〜っ!?

そして本当の狙いはグッズ販売のCMか!了解、納得した。

screenshot

と言いつつ、意外に楽しんで見てしまったり(笑)

[][] ウィンターガーデン 前編  ウィンターガーデン 前編を含むブックマーク  ウィンターガーデン 前編のブックマークコメント

ありきたりなストーリーにやる気のない作画。「デ・ジ・キャラット」のキャラを使っていると聞かなければ「なんだこのクソアニメは」の一言ですまされそうなアニメ。

本家とは似ても似つかないキャラ設定とシナリオに大混乱。後編盛り上げるだけ盛り上げさせておいて『何感動してんだよ、バーカ』というオチがあるに違いない。そうだと言ってくれ(笑)

ローゼンメイデン」の前座としてはアリ、なのかなぁ。

[] [taske] ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編  [taske] ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編を含むブックマーク  [taske] ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編のブックマークコメント

コンビに決済でネット通販している真紅沢城みゆき、ワロス。話は無印の続きのような雰囲気で『トロイメント』は無かったことにしてねってところか。まぁ、好意的にとればその間の話ぐらい?(苦笑)ついでに作画もテレビシリーズぐらいで可も無く不可も無く。『ローゼンメイデン』8話と9話の間ぐらいにはさんでもわからない感じ。予告の水銀燈田中理恵が垂れ目なので後編も見よう(笑)

[][] ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編  ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編を含むブックマーク  ローゼンメイデン・オーベルテューレ 前編のブックマークコメント

真紅沢城みゆき水銀燈田中理恵出会いを描いた本作、本編とは違って弱々しい印象の水銀燈が印象的。しかし物語としてそれ以上の見所が特にあるわけでもなく、淡々と進行している印象。作画レベルは高くてグッド。

ローゼンメイデン・トロイメント」の後半部分をなかったことにしているのは正しい判断だ(笑)

[][] コードギアス 反逆のルルーシュ #11 ナリタ攻防戦  コードギアス 反逆のルルーシュ #11 ナリタ攻防戦を含むブックマーク  コードギアス 反逆のルルーシュ #11 ナリタ攻防戦のブックマークコメント

迫力あるナイトメアフレーム同士のバトル、お互い顔を合わせたことさえないルルーシュ@福山潤と藤堂の相手の力量を認めた共闘、カレン小清水亜美スザク櫻井孝宏の主役メカ同士の戦い、ユーフェミア@南央美の指揮官としての才能の片鱗と非常に見応えのあるドラマ。しかし中でももっとも注目すべきはC.C.@ゆかなが垣間見せた人間らしさと悲しげな過去。少しずつ物語の本質に迫ってきている感じ。

C.C.の名前を表に出さないのが気になるな。

2006-12-22

taske2006-12-22

[][] あさっての方向。 #12 ここにいること  あさっての方向。 #12 ここにいることを含むブックマーク  あさっての方向。 #12 ここにいることのブックマークコメント

年齢が入れ替わっていた間に思った様々な出来事を受け入れ、人間関係を発展させたエンディングってところ。からだ@藤村歩と椒子@伊藤静に限らず主要キャラクターのすべてが何らかの成長を果たした上で結末を迎える展開は悪くない。しかし先週あれほど大人からだを受け入れられなかったテツがあっさりと受け入れてしまったり、尋は身体を全く心配しているそぶりが見えないにもかかわらず『悔しい』と言ってみたりとどうも人物描写に難がある。

今回に限らず、全体的に作画やBGMなど、雰囲気作りはとても丁寧に感じた反面、肝心のキャラクターに行動の矛盾が感じられたり、ご都合主義が見え隠れしたりと、少々残念なアニメだった。

[][] Kanon #12 異形の円舞曲  Kanon #12 異形の円舞曲を含むブックマーク  Kanon #12 異形の円舞曲のブックマークコメント

舞@田村ゆかりと栞@佐藤朱のエピソードを淡々と積み重ねる前半。舞と祐一杉田智和ダンス、それから舞の戦いで魅せる後半。メリハリがあるといえば聞こえはいいけど、前半はちょっと退屈だった気も。一転、後半は賞賛から罵倒へと転落する舞の行動がドラマ的には見応えアリ。なまじ「見えて」しまうだけに周囲から冷たい目で見られてしまう舞の立場をよく物語っているように感じられた。

私服姿のあゆ堀江由衣と幼名雪國府田マリ子がグー。

[][] すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #12 風邪の日、半蔵の場合  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #12 風邪の日、半蔵の場合を含むブックマーク  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #12 風邪の日、半蔵の場合のブックマークコメント

もも子鹿野優以いろは宮崎羽衣委員長平野綾に看病してもらえる孝士に対して誰にも相手にしてもらえない半蔵が嫉妬に狂って孝士の評判を落とそうと画策するも……というおきまりの内容ながらテンポがよいので楽しいラスト5分、孝士が忘れ去られているのは笑った。

話はなかなか面白いんだけど作画が安定しないなぁ。

[][] 護くんに女神の祝福を! #12 ビアトリスクリスマス  護くんに女神の祝福を! #12 ビアトリス・クリスマスを含むブックマーク  護くんに女神の祝福を! #12 ビアトリス・クリスマスのブックマークコメント

離れてくっついてはラブコメの基本だけれど、さすがにそればっかりは飽きるなぁ。絢子@高橋美佳子もすっかり丸くなってしまって当初の破天荒さが影も形もない。作画も不調。唯一の見どころは汐音@能登麻美子の髪型か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061222

2006-12-21

taske2006-12-21

[][] 奏光のストレイン #9 目の前の自分  奏光のストレイン #9 目の前の自分を含むブックマーク  奏光のストレイン #9 目の前の自分のブックマークコメント

暗くて重苦しい雰囲気の中、兄の敵・ラルフの妹と共闘することを決めたロッティ@ゆかなと兄殺しを決意したセーラ@川澄綾子を描く。起こった出来事としてはこれしかないのだが、物語としては果てしなく大きな一歩。これまでことあるごとにセーラとロッティの共通点をほのめかしていたが、それを直接お互いが口にしたのはこれが初めてかな。「目の前の自分」とはセーラとロッティのことを指しているのだろうが、もう少し同じ部分とそうでない部分のメリハリをわかりやすくつけて欲しかった。

仲間としてのセーラとロッティの相性の良さはこれまでに語られていたことなのでこの二人とラルフの戦いに向かって物語は収束していきそうな予感。徐々に盛り上がりを見せてきています。

[][] ネギま!? #12 「まあ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映  ネギま!? #12 「まあ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映を含むブックマーク  ネギま!? #12 「まあ、いろいろと理屈をこねたところで、とどのつまりは気持ちひとつなわけですが」by夕映のブックマークコメント

ネギ佐藤利奈と夕映@桑谷夏子ガキスをするしないで過ぎる30分。しかしそれでも間延びしたようには感じられず、中身が詰まっているのはネタを含めて脚本に完成度が高いからなんだろうか。キャラが多いからネタを仕込みやすいというのはあるんだろうな。今までひとり(多くてもふたり)ずつバレしてその都度仮契約という流れだったのだが今回のラストで一気に残り全員みたいな展開は驚かされた。メリハリがあって良い。そういやもう中盤なんだからここらでいったん盛り上がってもいい頃だ。

ハルナ石毛佐和の変身シーン、DVDでは余計なものがとれるんですよね?ね?(笑) ところで、「小春日和」というのは秋に使う言葉なんだが……

[][] 武装錬金 #12 カーニバル  武装錬金 #12 カーニバルを含むブックマーク  武装錬金 #12 カーニバルのブックマークコメント

ホムンクルス学校を襲う展開や信奉者の手引きによって生徒たちがカズキ福山潤らに罵声を浴びせる展開、コンビニでの伏線から友人3人組がカズキを仲間と信じる展開、絶体絶命のピンチにもかかわらず最後まで兄を信じるまひろ@平野綾、どれもこれも先がミエミエのありがち過ぎる展開なのにアツくてたまらない。これが様式美というやつなのか!御前様@水田わさびでさえこの展開に一役買っているのだからたいしたものだ。

2006-12-20

taske2006-12-20

[][] ちょこッとSister #24 ハッピークリスマス  ちょこッとSister #24 ハッピー・クリスマスを含むブックマーク  ちょこッとSister #24 ハッピー・クリスマスのブックマークコメント

ゲストキャラ総出演の最終回。クリスマスに始まってクリスマスに終わる、しかも現実のクリスマスとリンクさせてくる演出は非常に秀逸。サンタ@夏樹リオが出てきたときはちょこ@斎藤桃子が回収されてしまうのかとドキドキしましたが、そんなこともなく全編幸せな雰囲気に包まれて非常によいエピローグでした。てか、サンタは近所に住んでいたのかよ。夏場はいったい何やってるんだろう。

番組開始当初はよくある妹萌えで「KEEP OUT」に代表されるようにお色気だけがウリのありがちな何のヒネリもないクソアニメの一つだと思っていたが、後半ゆりぴょん@釘宮理恵が出てきたあたりで完全に化けた印象。最後はゆりぴょんアニメになっていた気がしないでもないが、いいアニメだったよ。

[][] DEATH NOTE  DEATH NOTEを含むブックマーク  DEATH NOTEのブックマークコメント

総集編。平野綾は真冬の屋外でへそ出してないで、少しは休みなさい(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061220

2006-12-19

taske2006-12-19

[][] ときめきメモリアル Only Love #12 ときめきの夜  ときめきメモリアル Only Love #12 ときめきの夜を含むブックマーク  ときめきメモリアル Only Love #12 ときめきの夜のブックマークコメント

なんだかやらしい響きのあるサブタイトルですが、ちっともときめきません(笑)

正直最近面白くなかった上に先週観逃してしまっていたのでもう切ってもいいかなと思っていた頃にこのテンションだからなぁ。シリーズ構成はいい仕事してるよ。運命の3女神ライクな女神@井上喜久子や親指大の王子が転がしていそうな塊(not魂)などもう世界観がメチャクチャ。だがそれがよい。どうせなら学校に潜入するときに段ボールの中に入ったり、塊と戦うときにムチを使ったり自社パロディを入れる度胸も欲しかった。17歳ネタは入れなきゃいけない決まりでもあるんかいな(苦笑)

[][] Pumpkin Scissors #12 見えざる痛み  Pumpkin Scissors #12 見えざる痛みを含むブックマーク  Pumpkin Scissors #12 見えざる痛みのブックマークコメント

ハンクス大尉は新聞記者を止めたかったようだがあの言いようでは3課が手を回して始末しようとしているように見えてしまう。アリス伊藤静がさらわれたというのに3課の面々にはあまり緊迫感が感じられないし、アリスが解放されたことについても唐突感がある。さらに新聞記者を追いかけたはずなのに何故か酒場に行くアリスたちとあらが目立つ回だった。やりたいことは何となくわかるが、それを2週間でこなすにはあまりに無理があったのでは。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061219

2006-12-18

taske2006-12-18

[][] N・H・Kにようこそ! #24 N・H・Kにようこそ!  N・H・Kにようこそ! #24 N・H・Kにようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #24 N・H・Kにようこそ!のブックマークコメント

自殺しようとしている人間にそれ以上錯乱してみせるのは引き留める手段としてありなのか?ありなのかどうかはともかく、非常にこのアニメらしい、ふざけてるんだかマジなんだかわからない展開だった。

シリーズ全体としては個々のエピソードとしては面白いものがあったけど全体的に引きこもり佐藤に何をしたかったのか疑問。特に中盤、テーマが大きくぶれていたような感じがしたし、ラスト佐藤があまりにあっさりと引きこもりから脱出してしまったのも物語としてはどうかと。しかし、岬ちゃん@牧野由依がかわいかったので全部オッケーなのかも(苦笑)。牧野由依ってうまくなったよなー。

[][] ギャラクシーエンジェる〜ん #12 熱湯!コマーシャる〜ん  ギャラクシーエンジェる〜ん #12 熱湯!コマーシャる〜んを含むブックマーク  ギャラクシーエンジェる〜ん #12 熱湯!コマーシャる〜んのブックマークコメント

前半ギャグ調で最後ちょっといい話でしめるのはいいと思うんだ。前半もうちょっと弾けてくれればなお良かった。たとえばリリィ中山恵里奈アニス花村怜美まんじゅうと卵食ってるだけじゃなくてもっとずっとケンカしてて欲しかったし、ナノナノ@明坂聡美サウナに入ったあともう一ひねり欲しかった。あと劇中でも突っ込んでたけどサービスシーンを。せめて湯船に入ってから登場してくれよ、ナツメ@榎本温子(笑)。「KEEP OUT」になっていた向こうが透けて見えるのはたぶんそういう仕様なんだよな。いいセンスしてるかも。

今回初めてリアルタイムに変身してみせたカルーア平野綾テキーラ@平野綾。がんばっているのはわかるんだがあまり違いが見受けられない。「ケロロ軍曹」の西澤桃華@池澤春菜並を求めるのは酷かもしれないけどねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061218

2006-12-17

taske2006-12-17

[][] 乙女はお姉さまに恋してる #11 戸惑いの練習曲  乙女はお姉さまに恋してる #11 戸惑いの練習曲を含むブックマーク  乙女はお姉さまに恋してる #11 戸惑いの練習曲のブックマークコメント

幼なじみゆえに踏み込めない距離に悩むまりや@浅野真澄と相手が同姓である(と思っている)ゆえに悩む貴子たかはし智秋の対比が面白い。先週瑞穂堀江由衣と貴子のキスがトリガになっているわけだが、貴子の方はともかく、まりやが自分の心に気づくまでの課程がちょっと唐突に感じられた。いやむしろ今更瑞穂を男として扱い一緒にデートすることに違和感があるのか。瑞穂がまりやの身体を拭いたり、貴子が襲われたり、やりたいことはわかるが話の流れが強引すぎる。

お姉様がお兄様だったんなら「オネニイサマ」と呼べばいいんだよ!(空気読め)

[][] 地獄少女 二籠 #11 遠い隣室  地獄少女 二籠 #11 遠い隣室を含むブックマーク  地獄少女 二籠 #11 遠い隣室のブックマークコメント

依頼人@皆川純子地獄通信にアクセスする前から依頼人に対する地獄少女側の身辺調査があるのがどうも引っかかっていたんだけど、そういうからくりですか。視聴者に「何かおかしい」という違和感を随所に植え付けておき、最後に種明かしをする仕掛けが見事。私はてっきりこの依頼者が2回立てつづけに依頼したのかと思ってましたよ。

ねこ好きどうし、話さえできればうまくやっていけたかもしれないのに、むなしい話だな。

[][] はぴねす! #11 式守の秘宝  はぴねす! #11 式守の秘宝を含むブックマーク  はぴねす! #11 式守の秘宝のブックマークコメント

何か説明臭いくせに起こった出来事に関連性がなく説得力に欠ける。そのうえ雄真@大原崇と春姫@榊原ゆいがどうしてキーパーソンなのかその手がかりさえ提示されないので観ていてさっぱり盛り上がらない。もう少し人間関係をすっきりさせて簡潔で説得力のある展開にした方がいいと思うな。

2006-12-16

taske2006-12-16

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #25 小さなお姫さま  おとぎ銃士 赤ずきん #25 小さなお姫さまを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #25 小さなお姫さまのブックマークコメント

おっとここへ来てオープニング変更だ。せっかくの田村ゆかりなのに曲がイマイチなのはエンディングと一緒。この人、あまり歌に恵まれないのかしら。いやコナミアニソン最近まともなのをみたことないから、そのせいか。グレーテル@矢作紗友里赤ずきん@田村ゆかりたちと一緒にいるのがポイントか。

本編は白雪姫立野香菜子幼女化する話。何をしてもかわいいかわいいで許しちゃうととろくな大人になれませんよ。白雪姫はなかなかつらい幼少時代を過ごしたようだが、父親の変わりようがあまりにもあからさまでちょっとがっかり。これは継母に操られたと考えた方がいいのかもしれないけど。

一度子供になって元に戻ることで封印された記憶を取り戻すのはなかなか面白い展開。

[][] くじびきアンバランス #11 くらいところでつまずく。0点  くじびきアンバランス #11 くらいところでつまずく。0点を含むブックマーク  くじびきアンバランス #11 くらいところでつまずく。0点のブックマークコメント

千尋@瀧本富士子たちは1週間の停学になり、それを命じた律子小清水亜美副会長ゆかなの亀裂は決定的に、千尋は自分に対する自信をなくし、それが原因で時乃@野中藍との仲もぎこちなく。時乃の空元気ぶりが痛々しいな。さすがにこの状況では蓮子西原久美子山田後藤邑子コンビでも雰囲気を明るくすることはできないけど、変に重すぎることなくクライマックスに向かって進んでいくのはいいバランス感覚だ。

生徒会の今と昔のシーンが入れ替わり挿入されるのだけど、観ていて時々これは過去の話なのか今の話なのかわからなくなることも。しかしこれは意図的にやっていることなのかも。現生徒会は就任当初からその人間関係に変化はないという暗示なのでは。

[][] ケロロ軍曹 #140  ケロロ軍曹 #140 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #140 のブックマークコメント

「ケロロ軍曹」はいつの間に社会派アニメになったんだ?(笑)

前半は年度末になると意味もなく道路をほじくり返す役人たちへの、後半はDVDプラモデルバージョンアップを繰り返すバンダイへの皮肉でいっぱい。なかなか楽しかったけど、お子様にはわからないだろうなぁ。あと、どちらもオチはイマイチ

後半のケロロ渡辺久美子ひとり芝居は結構面白い試みだと思う。

[][] コードギアス 反逆のルルーシュ #10 紅蓮舞う  コードギアス 反逆のルルーシュ #10 紅蓮舞うを含むブックマーク  コードギアス 反逆のルルーシュ #10 紅蓮舞うのブックマークコメント

驚くほどきちんとロボットアニメをしている。ただし役者はテロリストとをそれを囲む占領軍、そして自称「正義の味方」と登場人物は一般的には悪役ばかりなのだが。

ルルーシュ@福山潤のもくろみとしては計算された奇跡を起こすことで黒の騎士団への大衆の支持と組織の強化、練度の向上、あわよくばコーネリア@皆川純子の捕獲までを狙った作戦だろう。しかしユーフェミア@南央美やスザク櫻井孝宏存在、謎の科学者の一団などの不安定要素もちらつかせて先の展開が読めない。お膳立ては見事だ。あとはこの1クール目の山場をどう盛り上げてくれるか、楽しみにしよう。

C.C.@ゆかな競泳水着よりも、個人的には紅蓮弐式のコクピットにまたがるカレン小清水亜美エロいと思った(笑)

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #38 頑張るノーチェ♪新しいメロディ  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #38 頑張るノーチェ♪新しいメロディを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #38 頑張るノーチェ♪新しいメロディのブックマークコメント

ノーチェ@升望ハッピーを探す話。と思わせておいてその実はファイン小島めぐみレイン後藤邑子の計画するクリスマスパーティに参加したくて仕方のないビビン@白鳥由里の話のようにも見える。

『クリスマスパーティに誘っても無駄よ!スケジュールは空いてるけどねー』ってビビンが非常にグッド。肝心のノーチェの曲があまりうきうきしないのはこの際スルーしよう(笑)

2006-12-15

taske2006-12-15

[][] 護くんに女神の祝福を! #11 吉村護ろめろめ作戦!  護くんに女神の祝福を! #11 吉村護ろめろめ作戦!を含むブックマーク  護くんに女神の祝福を! #11 吉村護ろめろめ作戦!のブックマークコメント

間違いなくミイラ取りがミイラになるエメレンツィア@真田アサミの吉村護ろめろめ作戦。エメレンツィアのこの間抜けっぷりは日本文化に馴染んでないからではなくて、天然に違いない。まあ、毎回毎回縞パンを見せてくれるサービス精神には諸手を挙げて拍手をしたいところですが(笑)

絢子@高橋美佳子と戦っていた頃と違ってエメレンツィアの表情がずいぶん軟らかくなっているように感じる。このアニメスタッフキャラの精神状態を表情に出すのがとてもうまい

ブロッコリーにょ』は確かに面白いんだけど、いい加減そのネタ使いすぎのような……

[][] Kanon #11 光と影の間奏曲  Kanon #11 光と影の間奏曲を含むブックマーク  Kanon #11 光と影の間奏曲のブックマークコメント

真琴飯塚雅弓がいなくなった瞬間に祐一杉田智和の攻略が再開され奇妙なボケとツッコミが再開されたな。正直、このノリはあまり好きではないんだが、次の展開に向けての文字通り「間奏曲」だと思えばまあありか。

まあそれはさておき國府田マリ子堀江由衣の夢のようなツーショットは脳が溶けそう(笑)。あと舞@田村ゆかりの『はちみつくまさん』と『ぽんぽこたぬきさん』。

[][] あさっての方向。 #11 そこにある現在  あさっての方向。 #11 そこにある現在を含むブックマーク  あさっての方向。 #11 そこにある現在のブックマークコメント

からだ@藤村歩が家出してずいぶん経ってからやっと重い腰を上げたり、椒子@伊藤静からからだの居場所を教えてもらったのに翌朝まで何もしなかったり、どうも尋からはあまり真剣さが感じられないんだよなぁ。それを意図的に描写しているようにも見えないし……どうなんだろう。

対してからだに事実を告げられたテツの反応は結構リアルで説得力がある。しかしその話を聞いた琴美@小清水亜美が全部ぺらぺらとからだにしゃべってしまうのは違和感があるなぁ。どうも人物描写がしっかりしているのかいないのかよくわからないアニメだ。

[][] すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #11 天誅戦士ウマ仮面、参上  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #11 天誅戦士ウマ仮面、参上を含むブックマーク  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #11 天誅戦士ウマ仮面、参上のブックマークコメント

何このエロアニメ平野綾仕事選んでください。頼むから(笑)

孝士の身を守るため、自らの身体を犠牲にしてヒカルと戦う委員長@平野綾こと天誅戦士ウマ仮面。音だけ聞いてるとなんだかとてもいい話のように思えて仕方ないんだけど、その実はただ露出を強要された女の子が脱ぐのを延々描くだけの30分。そのセンスに脱帽。

しかし委員長のキャラが濃すぎるおかげで正ヒロインもも子鹿野優以が全く出番なしなんですが(汗)。貧乏生活に耐えながらお家再興を目指すいろは宮崎羽衣がグッド。あんた家来の人選間違ってるよ。

2006-12-14

taske2006-12-14

[][] 奏光のストレイン #8 グォール空間補給廠  奏光のストレイン #8 グォール空間補給廠を含むブックマーク  奏光のストレイン #8 グォール空間補給廠のブックマークコメント

前回のラヴィニア野中藍騒動から一転、話は一気に緊迫感を……ってあれ?意外と脳天気な展開に肩すかしの印象。カリス保志総一朗の弟に調べさせればすぐにわかるんですか。ウラシマ効果のせいで弟の方が年上になってしまったっていうのは説得力があるな。そして謎の少女と出会うセーラ@川澄綾子とカリス。いやそれどう見たってあんたらが探している人形と同じ顔じゃないか……という突っ込みはさておき、人形のことを忘れたかのように少女とはしゃぐセーラに違和感

後半は前半の脳天気さが嘘のような怒濤の展開。少女と人形はどっちもエミリィ@野中藍だったり(よく見ればエンディングでエミリィはちゃんと人形を持って歩いている)、兄貴が出てきたり、メルチ@皆川純子とカアマイクル@谷井あすかロッティ@ゆかなにはセーラの正体ばれたり、極めつけはカリス。今までも容赦なく人死にが出てたけど、カリスとロッティだけは最後まで残ると思っていただけに衝撃だ。前半の脳天気さのおかげで後半が際だって盛り上がっているように感じられた。うまいな。

[][] ネギま!? #11 「へー、男爵ってバラの種類だったんだ。おイモかと思ってたよ」byハルナ  ネギま!? #11 「へー、男爵ってバラの種類だったんだ。おイモかと思ってたよ」byハルナを含むブックマーク  ネギま!? #11 「へー、男爵ってバラの種類だったんだ。おイモかと思ってたよ」byハルナのブックマークコメント

チュパT、案の定不良在庫抱えてるし。そして当然のようにチュパ研メンバーはチュパT着てるし。てか、徹底的にチュパ引っ張り続ける気だな(笑)

本編はネギ佐藤利奈のどか能登麻美子魔法夕映桑谷夏子とハルナ@石毛佐和に見つかってしまうだけの展開をまったりと30分かけて描くぬるま湯展開。ゆる〜い展開が続くとシリアス展開になったときにギャップに困るわけだがこっちの方が好きなのでこれはこれでオッケー。明日菜神田朱未の髪の毛はどんどん人外に変貌していっていますな。

エヴァ松岡由貴茶々丸渡辺明乃コンビ芸『作法はいいから食え』は意表を突かれたよ。『物売るってレベルじゃねえぞ』は相変わらず仕事早いな。いやそんなスケジュールで大丈夫かと心配すべきだろうか……

[][] 武装錬金 #11 死が二人を別つまで  武装錬金 #11 死が二人を別つまでを含むブックマーク  武装錬金 #11 死が二人を別つまでのブックマークコメント

早坂姉弟の生い立ちは別として、前半の早坂姉弟が救われるまでの展開はすがすがしいほどにアツい。このアニメのいいところはカズキ福山潤の今時ありえないくらいまっすぐな行動とクサいセリフだ。

後半の秋水谷山紀章の旅立ちは、ギャグパートというよりも静かな幕引きのように私には感じられたな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061214

2006-12-13

taske2006-12-13

[][] ちょこッとSister #23 願い  ちょこッとSister #23 願いを含むブックマーク  ちょこッとSister #23 願いのブックマークコメント

ちょこ@斎藤桃子が消えてその生きた痕跡すら消えてしまい、はるまが思い出すことによってその存在も戻るというごくありふれた展開。この手の展開はどうやって消えた人物の記憶を呼び覚ますかということと、いかに戻ったときに盛り上げるかが大きな課題になるわけだが、どちらもイマイチ。1週ですまさずにもう何週か引っ張った方が効果的だったような気もするな。何で消えて何で復活したかなんていう野暮なことはさすがに聞かないけど(笑)

作画は良好。おかげでゆりぴょん@釘宮理恵メイド姿とその後メイド@植田佳奈に見つかったときのリアクションは悶絶モノ。しかしオダエリちゃん@斎藤千和だけちょこを思い出すフォローなしなのはちょっとかわいそう(笑)

[][] DEATH NOTE #11 突入  DEATH NOTE #11 突入を含むブックマーク  DEATH NOTE #11 突入のブックマークコメント

突如として始まったキラの殺人ショー。今まで真実を知っているかのごとく的確な推理をしてきたL@山口勝平の『キラは名前がなくても殺人できるかもしれない』という誤った推理に違和感を覚えるまでこの必然性のない殺人ショーはいったい何だと頭を悩ませていましたよ。ライト宮野真守を一切画面に出さず、ひたすら警察サイドの状況を描くことに徹する演出がうまい。矢神局長がテレビ局を出るときに身を挺して彼を守る警察官たちの姿にはグッときましたよ。

センセーショナルな事件には必ず模倣犯が生まれるものだが、まさかこの事件でも模倣犯が出てくるとは。しかしこの殺人ショーが第二のキラのものである種明かしは来週でも良かったのでは。

キャラ弥海砂平野綾金髪ツインテールで平野綾……パキラ?(←ココで「涼宮ハルヒ」と書かないのがミソ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061213

2006-12-12

taske2006-12-12

[][] Pumpkin Scissors #11 静かなる胎動  Pumpkin Scissors #11 静かなる胎動を含むブックマーク  Pumpkin Scissors #11 静かなる胎動のブックマークコメント

どの時代、どの世界でもブン屋っていうのは胡散臭くて信用ならないもんだな(笑)

この記者が敵に回るか味方に回るかはまだ謎のままだが、二人の記者を対照的に登場させた物語はなかなか興味深い。しかし彼の妹が兄の意志を継いでいるとはとても思えず、アリス伊藤静拉致監禁してパンとベッドを要求するくせにその方法は『自分で考えろ』ときたもんだ。批判はするくせに具体案を出さない一般庶民は胸くそ悪くてこんな奴らのために命がけで戦災復興しているのかと思わせるシナリオの完成度は高い。アリスの『何もせずに吠えているだけでは、人の心は動かせない』という言葉が物語の本質をうまく掴んでいるな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061212

2006-12-11

taske2006-12-11

[][] N・H・Kにようこそ! #23 岬にようこそ!  N・H・Kにようこそ! #23 岬にようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #23 岬にようこそ!のブックマークコメント

人間、本当に格下でダメ人間だと思っている相手とは長くつきあえないと思うんだよなぁ。引きこもり社会経験ゼロ佐藤にそれを察しろというのはさすがに無理があるが、岬ちゃん@牧野由依の提示した契約書にサインしなかっただけでも成長のあとが伺えるか。岬ちゃんと会わなくなった瞬間に落ちぶれ、兵糧攻めにあったらあっさり引きこもり脱出というのはいったい今までの22回は何だったんだという感じがしないでもない。岬ちゃんのためではなく、腹が減ったからというのは非常にリアルだが(笑)

[][] ギャラクシーエンジェる〜ん #11 的中!名探偵推理ファイる〜ん  ギャラクシーエンジェる〜ん #11 的中!名探偵の推理ファイる〜んを含むブックマーク  ギャラクシーエンジェる〜ん #11 的中!名探偵の推理ファイる〜んのブックマークコメント

サスペンス。ナツメ@榎本温子の家で起こったスズキ殺人事件を何故ルーンエンジェル隊捜査するのかはおいといて、本格的な推理にはほど遠く、2時間ドラマパロディには物足りない中途半端な印象。全体的に弾けかたが足りないのかな。エンジェル隊の面々が次々に容疑者として浮上してくるのだが、その絡み方はちょっと苦しいかな。あまりに苦しすぎる推理は面白かったけど。フロア一面に広がるスズキたちの死体の図はインパクトある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061211

2006-12-10

taske2006-12-10

[][] くじびきアンバランス #10 さがしても、そこにはない。3点  くじびきアンバランス #10 さがしても、そこにはない。3点を含むブックマーク  くじびきアンバランス #10 さがしても、そこにはない。3点のブックマークコメント

立教院生徒会をそのまま合衆国政府に置き換えても通用しそうなハリウッドライクな話。

普段バカやっていながらもシリアスな回にきちんと機能するアニメって昔は「パトレイバー」に代表されるように比較的多くあったが、最近はあまり見かけなかったからすごく新鮮。改めてこのアニメの底力を思い知らされたよ。

この回のポイントはくじで選ばれただけの次期生徒会長千尋@瀧本富士子が自分で動くことなんだろうと思うんだけど、陽動は拠点防衛型山田後藤邑子に、突入はいづみ@中尾衣里に任せっきりで何もしていないような……と思ったが千尋の最大の能力は小雪こじまかずこ洗脳を解いた人望なんだろう。小雪の超能力の作画がちょっと残念。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #37 どうするビビン!?☆ふたごのお茶会  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #37 どうするビビン!?☆ふたごのお茶会を含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #37 どうするビビン!?☆ふたごのお茶会のブックマークコメント

ビビン@白鳥由里をお茶会に誘おうの巻。あれだけ意地悪をされてもそれでも仲良くしようとするファイン小島めぐみレイン後藤邑子はとってもいい子ですね。まさに子供向けアニメ主人公として理想的な姿。対するビビンもふたご姫と仲良くしたいのにできないさまがよく表現されている。作画は何か個性的であまり好きではないんだけど、脚本が地味に完成度が高くてキャラが立っている回だった。

でもトーマの『必要ない』連発はいただけませんよ?

[][] 地獄少女 二籠 #10 曽根アンナの濡れた休日  地獄少女 二籠 #10 曽根アンナの濡れた休日を含むブックマーク  地獄少女 二籠 #10 曽根アンナの濡れた休日のブックマークコメント

千葉繁の千葉繁による千葉繁のための回みたいな?

絵に描いたようなダメ男である千葉繁にいろんな意味でダマされた女3人が仲良くなってしまう展開が面白い。昔のドラマなんかでは割とよくある話だけどアニメでは珍しいパターンだな。4人目の女子大生パーティに加わらなかったのは何でだろう?本人がノリノリで監督する地獄流しも、いつもの決めセリフを言わせてもらえない閻魔あい能登麻美子もなかなか新鮮。傘回して飛んでいくきくり@酒井香奈子が笑える。

今回の依頼人、豊田八六。適当に名前つけてるでしょ?(笑)

[][] 乙女はお姉さまに恋してる #10 二人のジュリエット  乙女はお姉さまに恋してる #10 二人のジュリエットを含むブックマーク  乙女はお姉さまに恋してる #10 二人のジュリエットのブックマークコメント

『可愛らしくなった』とは紫苑@松来未祐貴子たかはし智秋評だが、それをきちんと劇中で表現しているのが素晴らしい。それだけに留まらず、まりや@浅野真澄瑞穂堀江由衣を見る目、君枝@木村まどかの貴子を見る目などが丁寧に表現されており、完成度は高い。瑞穂が貴子とキスするシーンではそこで果たしてキスしなければならないという必然性があったかどうかはともかく、練習では拒んでいた二人がキスするに十分な理由が感じられる。

と、なんだかんだ小難しいこと言っているけどデレデレな貴子さんに悶絶死寸前だったのは内緒だ(爆)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061210

2006-12-09

taske2006-12-09

[][] コードギアス 反逆のルルーシュ #9 リフレイン  コードギアス 反逆のルルーシュ #9 リフレインを含むブックマーク  コードギアス 反逆のルルーシュ #9 リフレインのブックマークコメント

物質的には恵まれていたが精神的には恵まれていなかったカレン小清水亜美の話。継母と実の母が同居していてしかも実の母は使用人でそれをすべて知っていて生活しているっていうのはヘビーっつうかよくこれで日本人としての誇りと自覚を持ち続けられるなって感じだ。後半の薬物工場への突入シーンは意表を突かれた展開。感動的な親子愛てかこの展開はずるい(笑)。カレンの母親天野由梨のエピソード以外にもホットドッグ屋のエピソードなど、占領下のイレブンたちの生活や思想をさりげなく描写していて世界観の掘り下げに一役買っている。絶体絶命のカレン機が敵ナイトメアフレームを機転を利かせて倒すのも◎

オレンジ君たちが意外とギアスの秘密に触れそうな気がしますよ。

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #24 草太のおかあさん  おとぎ銃士 赤ずきん #24 草太のおかあさんを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #24 草太のおかあさんのブックマークコメント

草太のおかあさん@皆口裕子登場もしかし……という話。話としてはオーソドックス、てか、この「赤ずきん」自体がオーソドックスな話の集合体なんだけど、それでももう少しおかあさんの登場シーンと草太@くまいもとこ違和感を覚えるシーンに工夫が欲しかった。どちらもどうにも唐突で。

『赤ずきん史上最大に怒った』赤ずきん@田村ゆかりと一緒に決めポーズに加わって4銃士に加わったりんご釘宮理恵。いよいよりんごにも秘められた力が!と思ったら決めポーズだけでがっくし(笑)。いやりんごに秘められた力があるかどうかなんて知らないけどね。

[][] はぴねす! #10 過去  はぴねす! #10 過去を含むブックマーク  はぴねす! #10 過去のブックマークコメント

ネタバレの回。雄真@大原崇魔法を使わなくなった原因、本当の母親と離ればなれになった原因を先生が語るわけだけど、後半の鬼の封印が解かれた話が雄真の話とどう関係があるのかさっぱりわからない。おまけに登場人物の多くがその件に関わっているというのはあまりに都合がよすぎ。伊吹@壱智村小真が春姫@榊原ゆいを狙う理由にもリンクするんだろうけど、ネタバレの回を2回に分ける必要があるんだろうか。何故そこで切るのか全くもって謎。ただ過去のことを語るだけの構成にも芸がなくてお粗末。

それ以上に脱力したのがすもも後藤麻衣が担ぎ込まれた病院看護師のあまりのヘタクソさ。あんなヘタクソ、久々にお目にかかったよorz

[][] ケロロ軍曹 #139  ケロロ軍曹 #139 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #139 のブックマークコメント

コゴロー@檜山修之はいいキャラしてるよ。コゴロー菌に冒された夏美@斎藤千和や秋ママ平松晶子、冬樹@川上とも子ケロロ渡辺久美子タママ小桜エツ子ギロロ中田譲治までコゴロー化するだけで一瞬で笑いがとれるんだもんなぁ。コゴロー菌撲滅を目指すケロロたちとむさ苦しいコゴロー菌の戦いはテンポもよくてなかなか楽しい

しかし1年目のカリエス・ウォーの時と比べて明らかに戦闘シーンのクオリティが落ちてるのは残念だ。あれと比べれらるのも酷なことかもしれないけど、銃ぶっ放してるだけの戦闘は勘弁してくれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061209

2006-12-08

taske2006-12-08

[][] 護くんに女神の祝福を! #10 めざせ! ジョシコウセイ!?  護くんに女神の祝福を! #10 めざせ! ジョシコウセイ!?を含むブックマーク  護くんに女神の祝福を! #10 めざせ! ジョシコウセイ!?のブックマークコメント

エメレンツィア@真田アサミ日本女子高生になる……というよりは地方から旅行に来た女子高生の集団のための東京観光案内のようにしか見えなかった(汗)

カラオケをしたりファッションショーをしたり写真とったり、意外とおとなしい展開はちょっと腰砕け。もっと間違った女子高生像をエメレンツィアに伝授してあげればよかったのに(笑)。しかしラストガングロを護@木村亜希子に見られた絢子@高橋美佳子渋谷を吹き飛ばす展開は◎。全編この調子でいってくれたらなおよかったのに残念だ。

[][] Kanon #10 丘の上の鎮魂歌  Kanon #10 丘の上の鎮魂歌を含むブックマーク  Kanon #10 丘の上の鎮魂歌のブックマークコメント

来る「その日」を知らず、ただ日々を過ごすだけの存在となってしまった真琴飯塚雅弓と、「その日」が近いことを知っていて何ができるのかと悩みながら「その日」を待つことしかできない祐一杉田智和名雪國府田マリ子、秋子さん@皆口裕子。作画レベルの高さとかシナリオの秀逸さとか声優陣の演技力とかに着目される京都アニメーション版「Kanon」だけど、このアニメで最も優れているのはたっぷり時間をかけてエピソードを積み重ねるという演出ではないだろうか。ただ延々と日常生活を描いてきた末にこの結末に帰着するので、キャラクターへの感情移入尋常ではない。祐一と真琴が家を出て行くときに秋子さんが何も言わずただ目頭を押さえる描写などその最たるものだ。

「泣き前提で作られたクサい話」であることには変わりないんだけど、そこに至るまでの課程がとてつもなく丁寧で完成度が高いので、それはそれでいいじゃないか。

[][] あさっての方向。 #10 本当の名前  あさっての方向。 #10 本当の名前を含むブックマーク  あさっての方向。 #10 本当の名前のブックマークコメント

本人を目の前にしてそれと気づかずからだ@藤村歩に告白するテツ。その後倒れたテツにからだが心を開いていくのは当然の展開だな。

それに比べて妹がいなくなった上に椒子@伊藤静が出て行くとなっても全く何の行動も起こさない尋。小学6年生のテツの爪の垢でも煎じて飲んでいなさい(笑)

[][] すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #10 早苗の許嫁現る  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #10 早苗の許嫁現るを含むブックマーク  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #10 早苗の許嫁現るのブックマークコメント

ヒカル」という名前で思い出すのは伊集院光太田光ヒカリ)だけで、あまり美青年イメージはないのですが(汗)

孝士を知らず知らずのうちに目で追ってしまう委員長平野綾を描いたり、全身から武闘家臭を醸し出しまくりなヒカルをごまかす委員長で笑いをとろうとしたり、間違って半蔵と対決するヒカルという展開になったり、どうもまとまりがない。テンポもあまりよろしくない。

もも子鹿野優以いろは宮崎羽衣はもとより背景以下の存在になってしまっている現状、それでいいのか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061208

2006-12-07

taske2006-12-07

[][] ちょこッとSister #22 はじめての御主人様  ちょこッとSister #22 はじめての御主人様を含むブックマーク  ちょこッとSister #22 はじめての御主人様のブックマークコメント

いかん!作画はどう考えてもイマイチなのに、メイド姿のちょこ@斎藤桃子管理人さん@水橋かおり真琴さん@森永理科がツボつきまくりなんですが(汗)。メイド喫茶で落ち着かない雰囲気の本物のメイド@植田佳奈もいい味出してます。

ラストはいよいよクライマックスに向けて動き出した感じ。今までちょこが学校に行ってないこととか、大学生の分際でどうやって妹養ってるんだとか、両親から電話かかってきたらどうするんだとかはスルーするのかと思っていたんだけどそこに切り込むの……かな?そういえばちょこが来たのは1年前のクリスマスだったな。

[][] 奏光のストレイン #7 ラヴィニアの素敵な陰謀  奏光のストレイン #7 ラヴィニアの素敵な陰謀を含むブックマーク  奏光のストレイン #7 ラヴィニアの素敵な陰謀のブックマークコメント

株価急上昇中のラヴィニア@野中藍メイン話。当然全編にわたるギャグオンパレードで非常に楽しい。セーラ@川澄綾子を己のものにするために様々な陰謀を巡らせるラヴィニアだが、ことごとく失敗して自爆するのはお約束。ラヴィニアの妄想中のセーラがまるっきり変態さんになっているのがかなり笑える。芸人が裸になって笑いをとるのは基本だけど、まさかアニメで女芸人ラヴィニアが体張るとはおもわなんだ……『全裸艦内3周事件』って、周回数増えてるし。女子の乳首で笑いとるのは明らかに反則だ〜(笑)

作画悪い……けど、まあこのギャグの回に作画が乱れるのはいい判断だと思う。作画監督と演出がアラン・スミシーだったけど、そこまでこの名前を乱発するのはどうかと。本編面白かったのに逆に冷めますよ?

[][] 武装錬金 #10 君と俺は相性がいい  武装錬金 #10 君と俺は相性がいいを含むブックマーク  武装錬金 #10 君と俺は相性がいいのブックマークコメント

カズキ福山潤『おれは仲間の中で一番未熟だから、一番がんばらないとね』

少年ジャンプのお手本のようなセリフ燃える。今回は全編カズキ、斗貴子柚木涼香秋水谷山紀章桜花生天目仁美のバトルが繰り広げられるわけなんだけど、戦いの中でお互いに交わされる会話がことごとくクサくて実にいい感じだ。斗貴子、桜花戦がちょっとあっけなかった気もするが、全体的にスピード感あふれて手に汗握る展開。こんな展開だとパピヨンの出る幕ないですね(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061207

2006-12-06

taske2006-12-06

[][] ネギま!? #10 「私に隠れてネギ先生と?そんなこと絶対に認めませんわ!」byあやか  ネギま!? #10 「私に隠れてネギ先生と?そんなこと絶対に認めませんわ!」byあやかを含むブックマーク  ネギま!? #10 「私に隠れてネギ先生と?そんなこと絶対に認めませんわ!」byあやかのブックマークコメント

このシリアス展開は入れなければならない決まりでもあるのかね?確かにネギ佐藤利奈パートナーたちが仮契約しても使いどころがないのは困るかもしれないけど、正直この展開は面白くない。これまでシリアス展開でも何かしら笑える箇所もあったのだけど、今回はかなり不発気味で、しかも戦闘シーンも短く「これで終わり!?」な印象。

佐々木まき絵失格』の烙印を押されて30分間ずっと『ガーン』なまき絵堀江由衣と父親を受け入れるものの一瞬で失格とされたモツ@斎藤千和は面白かったけど、バカレンジャーも不発でちょっと物足りない30分だったな。

[][] DEATH NOTE #10 疑惑  DEATH NOTE #10 疑惑を含むブックマーク  DEATH NOTE #10 疑惑のブックマークコメント

L@山口勝平ライト宮野真守の右手で握手をして左手で殴り合う静かな戦いはまだ続く。シリーズ序盤のライトが派手にデスノートに名前を書き殴っていた頃と違って物語インパクトはないけど頭脳戦とは本来こういうものだからな。しかしこの展開を週刊少年ジャンプでやっていたというのだから驚きだ。

来週からは平野綾登場。って本当にその格好でアフレコしたのかよ!やはり仕事選んだ方が(以下略)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061206

2006-12-05

[][] ときめきメモリアル Only Love #10 ときめきの夕暮れ  ときめきメモリアル Only Love #10 ときめきの夕暮れを含むブックマーク  ときめきメモリアル Only Love #10 ときめきの夕暮れのブックマークコメント

購買部のおねえさん@斎藤千和メイン。千和おいしいよ千和。笑顔で人にバイト紹介してその上前はねる腹黒さと結局失敗して全部自分でかぶることになるお茶目なところが素敵。バイトすっぽかした陸に笑顔で犬をけしかけるのはおいしいなぁ。

ひよこくん@門脇舞が画面に出るだけで笑いがとれるのはずるいと思うがこれまでのネタの積み重ねの勝利だな。犬のエルはどう見ても子供着ぐるみを着ているようにしか見えない(笑)

[][] Pumpkin Scissors #10 カボチャとハサミ  Pumpkin Scissors #10 カボチャとハサミを含むブックマーク  Pumpkin Scissors #10 カボチャとハサミのブックマークコメント

ステッキン@植田佳奈の語る陸情3課成長の日々の物語。話としては淡々としてただ起こったことを羅列しているのがちょっと残念だったけど、アリス伊藤静によって徐々に変わっていくオレルドとマーチスの姿が印象的。銃弾を受けたマーチスの話を聞いて『亡くなったんですか?』とボケオーランドが笑える。アリスのいい意味で青い理想がこのアニメの魅力の一つですね。

作画はかなりヤバめ。そのせいかどうかわからないけど、昔のアリスの三つ編み、それどう見てもヘンですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061205

2006-12-04

taske2006-12-04

[][] ギャラクシーエンジェる〜ん #10 強襲!戦場のプロフェッショナる〜ん  ギャラクシーエンジェる〜ん #10 強襲!戦場のプロフェッショナる〜んを含むブックマーク  ギャラクシーエンジェる〜ん #10 強襲!戦場のプロフェッショナる〜んのブックマークコメント

ルーンエンジェル隊教育の巻。訓練教官のサカエ教官の常識ハズレな超人っぷりが楽しいエンジェル隊vsサカエ教官の対決はオチが読めてしまうけどそれでも笑えてしまう。後半はどういうわけか男祭り会場が舞台。『強くなったな、息子たちよ』って、そこは突っ込むところじゃないんですか?

全体的に面白かったんだけど、特に前半もうちょっとテンポがよければなお楽しめた感じ。パロディてんこ盛りだったけど、それには関係なく完成度は高かった。

[][] N・H・Kにようこそ! #22 神様にようこそ!  N・H・Kにようこそ! #22 神様にようこそ!を含むブックマーク  N・H・Kにようこそ! #22 神様にようこそ!のブックマークコメント

先輩@小林沙苗と会った瞬間にホテルでベッドインするところまで想像する佐藤が笑える。でもリアル(苦笑)

物語は再び佐藤と先輩の話へ……と思いきや、岬ちゃん@牧野由依の問題へ。岬ちゃんもかなり重傷だよね。病人が病人を介護するような展開で、果たしてこのアニメに明日はあるのか。先が全く読めないという点ではかなり面白くなってきましたよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061204

2006-12-03

taske2006-12-03

[][] 地獄少女 二籠 #9 あにいもうと  地獄少女 二籠 #9 あにいもうとを含むブックマーク  地獄少女 二籠 #9 あにいもうとのブックマークコメント

久々に「それで流すの!?」と思った今回、しかしよく考えてみれば閻魔あい能登麻美子の『大好きだからこそ、壊したくなる』というひとことがすべてであり、ゆがんだ愛情が生んだ悲しい結末の話なのだな。奥が深い。しかし妹@神田朱未に言い寄る男を兄@森久保祥太郎が寝取るという構図……ホテルに行っちゃったらバレちゃうと思うんですが、そこは言わないお約束ですか?

次回予告は千葉繁。なんてわかりやすい(笑)

[][] 乙女はお姉さまに恋してる #9 まりやの気持ち  乙女はお姉さまに恋してる #9 まりやの気持ちを含むブックマーク  乙女はお姉さまに恋してる #9 まりやの気持ちのブックマークコメント

演劇をやることになった瑞穂堀江由衣。奏@神田朱未ネタがかぶっているんだけど、どう処理するんだろう。

瑞穂と貴子たかはし智秋が演劇をやることは生徒からの要望が多いことを知っているはずなのに『生徒総会の仕返し』とくってかかるまりや@浅野真澄はどうかと。やりたいことはわかるんだが、このシーンに限らず全体的に表現がまずいので、まりやがただの嫌な奴に見えてしまう。

表現的にイマイチなまりやに比べて芝居中の照れ照れの貴子さんはおいしすぎ。てか、なんで瑞穂は昔の写真でも女物のスクール水着着てるんだよ(笑)

2006-12-02

taske2006-12-02

[][] コードギアス 反逆のルルーシュ #8.5 仮面の軌跡  コードギアス 反逆のルルーシュ #8.5 仮面の軌跡を含むブックマーク  コードギアス 反逆のルルーシュ #8.5 仮面の軌跡のブックマークコメント

ルルーシュ@福山潤とナナリー@名塚佳織はスザク櫻井孝宏の家に引き取られていたという補足説明以外は全くの総集編。総集編やるの早すぎ!プレゼントに「全力で応募せよ!」とか言ってる割にオレンジ君の出番がなかったのは激しく不満(笑)

まあそれはさておき、テロリストたちにアジトと服、そして名前を与えたからといって世界の超大国に対抗できる勢力になれるわけがないわけだが、そのあたりをこれから描いていくのだろうか。

来週のサブタイトルは『リフレイン』。なんだか「ガンダムSEED DESTINY」を思い出させるサブタイトルでものすごく不安なのだが……。来週も半分総集編ってことはないよね?

[][] くじびきアンバランス #9 はなびがきれいにみえた。5点  くじびきアンバランス #9 はなびがきれいにみえた。5点を含むブックマーク  くじびきアンバランス #9 はなびがきれいにみえた。5点のブックマークコメント

山田後藤邑子蓮子さまは生身の人間の私よりもこんなブッサイクで中途半端ロボットがいいんですか?』

って山田って生身の人間なのかよ!

蓮子@西原久美子に捨てられた(と思いこんでいる)山田のやさぐれっぷりと蓮子が連れ去られたと知った山田のあわてふためきっぷりが楽しい小雪@こじまかずこの回に出てきた宇宙人が今度はすっかり弱気になって再登場っていいセンスしてるな。ってそのオチは想定外ですよ。

ミッション実施中の時乃@野中藍メイド服ベリグー。ところで、犬もくじ引いたのかな……

[][] おとぎ銃士 赤ずきん #23 ガラスのくつ  おとぎ銃士 赤ずきん #23 ガラスのくつを含むブックマーク  おとぎ銃士 赤ずきん #23 ガラスのくつのブックマークコメント

いばら姫@沢城みゆきの釣った魚ののどにガラスのくつが刺さっていたっていうのはすごい発端だな。りんご釘宮理恵はガラスのくつの呪いにかかり、草太@くまいもとこはマレーン@桑島法子の夢を見て、赤ずきん田村ゆかりたちは涙の川を渡ってヘンゼルとグレーテル@矢作紗友里が襲いかかってくるという盛りだくさんな内容なんだけど、詰め込みすぎてどれも消化不良。りんごはどうしてあの場所に移動させられたんだろう?ご都合主義的にしか見えないな。

戦闘シーンはこのアニメにしてはよく動いていて久々に好印象。

[][] ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #36 花嫁は誰?☆超セレブプリンセスパーティ  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #36 花嫁は誰?☆超セレブなプリンセス・パーティを含むブックマーク  ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu! #36 花嫁は誰?☆超セレブなプリンセス・パーティのブックマークコメント

ゴージャス星のヒルズ微妙なのも、褒め言葉が微妙なのも、周りのプリンセスたちが微妙なのも、従者たちの台詞が棒読みなのも、ファイン小島めぐみレイン後藤邑子のスチャラカダンスが微妙なのも、指輪が微妙なデザインなのも、そして作画が微妙なのも、全部そういう演出なんだよね?(苦笑)

しぶしぶながらもちゃんとダンスを踊るアルテッサ水橋かおりと最後においしいところ全部持っていったエリザベータ丸山優子ポイント高し。

[][] ケロロ軍曹 #138  ケロロ軍曹 #138 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #138 のブックマークコメント

金の亡者ケロロ渡辺久美子が版権ビジネスに手を出して「ケロロ小隊」で何もしないで丸儲けってバンダイ角川書店喧嘩売ってますね。実にナイス(笑)。地球人スーツを着てさらに自分の着ぐるみを着るギロロの姿はかなりシュール

後半はネタも展開もオチも作画も低調。前半で力尽きた感じ?

[][] はぴねす! #9 学園祭  はぴねす! #9 学園祭を含むブックマーク  はぴねす! #9 学園祭のブックマークコメント

テンポも悪いし展開にも面白みがない。構図にも工夫がなく、ほとんど動かない、最悪の作画。ただ突っ立って口パクしていれば会話シーンが成り立つものでもないだろ。ちょっとひどいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20061202

2006-12-01

taske2006-12-01

[][] すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #9 悲恋のヒーロー すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #9 悲恋のヒーロー女を含むブックマーク  すもももももも〜地上最強のヨメ〜 #9 悲恋のヒーロー女のブックマークコメント

正体を隠すのに恥ずかしいコスチュームである必要は全くないだろ(笑)の委員長平野綾の回。

基本いい子なんだけど家ではおばあちゃんにウマ乗りにされてムチでたたかれてハァハァしたり、片足でベッド蹴り上げたり、挙げ句の果てに必殺技がM字閉脚なんて変態キャラクター平野綾はやっぱり仕事選べよ(笑)

上げて落とすというギャグの定番通りの孝士と委員長のコントが笑える。表情豊かな委員長もグッド。

[][] Kanon #9 子狐の子守歌  Kanon #9 子狐の子守歌を含むブックマーク  Kanon #9 子狐の子守歌のブックマークコメント

今週で真琴飯塚雅弓編は終わりかと思っていたのだけど、まだ引っ張りますか!

真琴がどんどん衰えていくさまと、それをただ優しく見守ることしかできない祐一杉田智和たちの姿をただ淡々と描くだけの今回、少し引っ張りすぎのような気がしないでもないけど、描写が丁寧なおかげで間延びした感じはしない。幼児化していく真琴をみるとものすごき痛々しいのは演出と飯塚雅弓の演技の勝利だな。

[][] 護くんに女神の祝福を! #9 おにいちゃんといっしょ  護くんに女神の祝福を! #9 おにいちゃんといっしょを含むブックマーク  護くんに女神の祝福を! #9 おにいちゃんといっしょのブックマークコメント

「おにいちゃんといっしょ」というサブタイトルと絢子@高橋美佳子が護@木村亜希子の家へ行くという内容からてっきり絢子と逸美@清水愛のバトルが繰り広げられると思ったが、絢子と逸美を二人だけにして護のことを語らせたり、絢子と逸美が家族的な親密さを獲得したりするなかなか興味深い展開。絢子よりもはるかにツンデレな逸美がグッド。

絢子のその包丁さばきでカレーはできないのは些細なことだとしてもカレーにタオル入れるのは理解に苦しむ。てか、じゃがいもの煮付け作るって言ってなかったっけ?

[][] あさっての方向。 #9 みちしるべ  あさっての方向。 #9 みちしるべを含むブックマーク  あさっての方向。 #9 みちしるべのブックマークコメント

先週、「からだ@藤村歩みたいに器量がよくて料理がうまければ住み込みの仕事を探せばすぐに独り立ちできそうな気もする」と書いたら本当にそうなってるし(汗)

ペンションで働くからだと彼女を探すテツと琴美@小清水亜美という構図と最後にペンションにたどり着いた琴美……という引きは悪くないんだけど、琴美の泊まるペンションで偶然からだが働いていたっていうのは偶然でなくもうすでにご都合主義の領域かと……