ピンクの髪の…… このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ▲タイトルバナーはFLOさんに描いていただきました。ありがとう!ありがとう!(過去のタイトル画像などはこちら

長らくご愛顧頂きました当ブログですが、2015年4月を持ちまして終了となります。10年の長きわたって応援いただきありがとうございました。


2004|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|

2008-10-31

taske2008-10-31

[][] CLANNAD AFTER STORY #5 君のいた季節  CLANNAD AFTER STORY #5 君のいた季節を含むブックマーク  CLANNAD AFTER STORY #5 君のいた季節のブックマークコメント

朋也@中村悠一と春原@阪口大助の住む寮の寮母さん・美佐枝@雪野五月過去話。

物語自体は失恋の話で目新しさは感じられないが、失恋はただの物語の発端に過ぎないのでこの先盛り上げてもらいたいところ。いや盛り上がってくれないと困ります(笑)。美佐枝の前に現れた少年朴璐美病院で話をした人の車いすにいた猫という陳腐な展開じゃなきゃいいんだけど……

とりあえず女子高生時代の美佐枝さんがかわいいのでオッケーです(笑)

[][] ソウルイーター #30 灼熱の暴走特急!〜大魔導師が残した魔道具?〜  ソウルイーター #30 灼熱の暴走特急!〜大魔導師が残した魔道具?〜を含むブックマーク  ソウルイーター #30 灼熱の暴走特急!〜大魔導師が残した魔道具?〜のブックマークコメント

10年間砂漠を走り続ける機関車にあるという魔道具を巡ってキッド宮野真守とアラクノフォビアの魔人がバトルする展開。緊迫したバトルの最中にキッドがスケボーの技を出し始めたり、敵はせっかくまいたキッドたちのところに自分から戻ってきてしまったり、敵も味方もバカばっか。今回もシリアスと逆のメリハリがうまい

キッドに敗れた敵の口をふさぐかのごとく現れたシド木村雅史といい、自分の息子に会えてこの仕事を任せた死神様@小山力也といい、単なる箸休めのエピソードかと思ったが、実はそうでもなさそう。

[][] 夜桜四重奏 #5  夜桜四重奏 #5 を含むブックマーク  夜桜四重奏 #5 のブックマークコメント

切りました。

2008-10-30

taske2008-10-30

[][] とらドラ! #5 かわしまあみ  とらドラ! #5 かわしまあみを含むブックマーク  とらドラ! #5 かわしまあみのブックマークコメント

『あーみん』こと川嶋亜美喜多村英梨が登場。モデルをやっていて猫を被っている性悪女という、良くいるキャラクターだが、これはムカツク(笑)。凶暴な大河@釘宮理恵や本物の天然天然・実乃梨@堀江由衣と絡ませることによって亜美のキャラクターがより引き立っており、原作で読んだときよりも数段ムカツクキャラになっております(褒め言葉)

亜美の『北村@野島裕史が大河のことを嫌いになった』という言葉にすっかりダマされて落ち込む大河がかわいらしくていいですよ。

[][] ミチコとハッチン #2 掟破りのブラウンシュガー  ミチコとハッチン #2 掟破りのブラウンシュガーを含むブックマーク  ミチコとハッチン #2 掟破りのブラウンシュガーのブックマークコメント

絵に描いたようなDQN脱獄囚だから当たり前だけど)のミチコ真木よう子と苛められていたにもかかわらず素直でいい子のハナ@大後寿々花はなかなかバランスの取れたナイスコンビ。そのミチコにハナの存在を教えた警官のアツコ@坂井真紀いじめられっ子がそのコンプレックスそのままに大人になったようなキャラで、ミチコを追い回す役目になりそう。

保険金目当てにハナを殺そうとする神父の前に絶体絶命のピンチのハチが『ミチコ!』と呼んだ瞬間にミチコが現れるのはお約束な展開だが、神父がありえないくらいのクソ野郎なのでなかなか気分爽快。これまでの2話を見る限り、キャラクター個性がよく描写されていてなかなか良いのでは。

2008-10-29

taske2008-10-29

[][] 亡念のザムド #11 襲撃 ザンバニ号  亡念のザムド #11 襲撃 ザンバニ号を含むブックマーク  亡念のザムド #11 襲撃 ザンバニ号のブックマークコメント

ザンバニ号を襲うヒトガタの群れ。アキユキ@阿部敦雷魚藤原啓治の戦いには派手さはないがなかなかスピーディで見応えがある。一方、船内に侵入した小型のヒトガタと白兵戦を行うのは伊舟@玉井夕海のみで、しかもヒトガタがあまり強そうでないのは少し残念。ナキアミ@三瓶由布子は全く戦力にならず、むしろ伊舟のジャマばかりしているのは何か事情があるらしいことはわかるが、これまでその理由について全く触れられていないのでただ空気の読めない子になってしまっているのはヒロインとしていかがなものか。

[][] 亡念のザムド #12 暗闇で咲く花  亡念のザムド #12 暗闇で咲く花を含むブックマーク  亡念のザムド #12 暗闇で咲く花のブックマークコメント

ザンバニ号から離れることにしたナキアミ@三瓶由布子とそれについて行くアキユキ@阿部敦。アキユキがなく編みについて行くのは理解できるのだが、ナキアミが何を思って故郷の村に帰ろうと思ったのか不明。このアニメはアキユキの考えていることはきちんと描写されているのにナキアミの考えていることや事情が全く描写されていないせいでナキアミが12話の今をもっても未知の存在としか感じられない。意図的にやってるのかなぁ?

一方、ハル@折笠富美子とザムド化が始まったフルイチ@立花慎之介が急接近。このふたりが接近するのはなんかイヤだなぁ(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081029

2008-10-27

taske2008-10-27

[][] ケロロ軍曹 #235  ケロロ軍曹 #235 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #235 のブックマークコメント

捏造だと判明してしまった首長竜のいる湖に行った冬樹@桑島法子の話。話自体はオーソドックスで新鮮味のないものだけれども、その分完成度は高い。アリサ@矢島晶子がありえないくらいの世間知らずぶりを発揮した違和感もきちんと解消される。

例によって捏造をお題にケロロ渡辺久美子が侵略作戦を考えるんだけど、その瞬間にもう夏美@斎藤千和に制圧されてしまうのがいい感じ。あと、そのあとの捏造ケロロも。捏造の代名詞として○日新聞の『KY珊瑚礁が出ていたのには笑った。

[][] とある魔術の禁書目録 #4 完全記憶能力  とある魔術の禁書目録 #4 完全記憶能力を含むブックマーク  とある魔術の禁書目録 #4 完全記憶能力のブックマークコメント

インデックス井口裕香は完全記憶能力を持つ故に1年以上昔の記憶がないというのはなかなか面白い設定。ただそれを説明するのにくどくどと長ったらしい説明をするのは相変わらずいただけない。

インデックスを保護している上条阿部敦に一から説明して納得してもらうという手順を踏まずにいきなり敵として神裂火織@伊藤静が現れ、痛めつけてから言うことを聞かせるロジックは全く持って意味不明。そもそも思い出を一から作り直すのが辛いから敵として現れるというのも説得力がない。上条は上条で何が君をそんなに熱くさせるのか観ていてかなり引いてしまう上に、そんな上条に痛いところを突かれて逆ギレしたあげく気を失うまで痛めつける火織……物語として琴線に触れるものが何もない。

何か重要な要素を私が見逃しているか、アニメ化の際にカットされて説明されていないか。そんな気がしてならないんだが。

[][] 地獄少女 三鼎 #4 兄貴  地獄少女 三鼎 #4 兄貴を含むブックマーク  地獄少女 三鼎 #4 兄貴のブックマークコメント

裸にひんむかれていじめられていたところを助けてもらったお兄さんにアレげな感情を持ってしまう少年の話。わざとやってるだろと言いたくなるほどのそれっぽいエピソード満載で、もう笑うしかない。地獄送りシーンもそれっぽい雰囲気満点だし、サブタイトルからしてそうだし。しかし今回のは恨みではない、軽蔑とか失望とか、そういう感情だと思うんだが、それでも地獄に流せるんだ……

劇中たびたび出てきた保険医が一度も顔を見せなかったわけだけど、この保険医が非常に気になる。水樹奈々だし。「地獄少女」で水樹奈々となると、あの保険医はあの人か?

[][] 今日の5の2 #4  今日の5の2 #4 を含むブックマーク  今日の5の2 #4 のブックマークコメント

わずか15分の間に2度も濡らされるユウキ明坂聡美の服。乾くまでの間、ナツミ@阿澄佳奈が裸で保健室のベッドにいるところをリョータ@小林ゆうが見つけてしまい、その瞬間をユウキに見られて酷い目に遭うというお約束展開。これだけだとオチとしてはどうにも弱いなと思っていたら後半の3本目でもう一度違うシチュエーションで同じ構図のオチの2弾構えなわけね。なるほど、これはうまいかも。

水着回になると作画が乱れるというもはや古い伝統を律儀に守っているのかと思ったが、いつも作画良くないんだった、このアニメ(苦笑)

[][] まかでみ・WAっしょい! #4 なんか犯罪みたいなんですけど  まかでみ・WAっしょい! #4 なんか犯罪みたいなんですけどを含むブックマーク  まかでみ・WAっしょい! #4 なんか犯罪みたいなんですけどのブックマークコメント

舞台秋葉原。秋葉原も首相が演説したり、魔界への密輸が行われたり、巨大ロボが戦ったりと忙しい街ですね。

人間界から魔界への密輸が行われている現場を押さえるために出動した榮太郎@寺島拓篤といつものように巻き込まれた拓人小清水亜美たち。松田勇作のコスプレでおおかたの予想どおり『なんじゃ、こりゃぁ〜!』をしてくれる榮太郎や、パンツの柄からほくろの位置までエーネウス@川澄綾子を完全再現のメカネウス*1や、何故かおっぱいミサイルに乗っているミヤビ生天目仁美シンクラヴィア@小林ゆうや、あれだけ派手にぶっ壊したのに一瞬で元に戻る秋葉原の街などツッコミどころが多すぎて困る。もちろん密輸の品の正体も!

机の上で一生懸命ソーダを飲むちっこいファルチェ@福井裕佳梨がかわいくて個人的にはツボ。

*1川澄綾子の声で『ま"』はGJと言わざるを得ない

2008-10-26

taske2008-10-26

[][] 機動戦士ガンダム00 #4 戦う理由  機動戦士ガンダム00 #4 戦う理由を含むブックマーク  機動戦士ガンダム00 #4 戦う理由のブックマークコメント

絵に描いたような最貧国になったアザディスタンに帰りたいというマリナ恒松あゆみの願いをあっさり聞いてしまう刹那宮野真守ソレスタルビーイング。ずいぶん組織として丸くなったというか、甘くなった感じがする。『私情で動いている』という表現がまさに的を射ている。

水中を航行するプトレマイオスに奇襲をかける水中モビルアーマー。水中戦で大型クローアーム付きのMAお約束だね。しかしスメラギ@本名陽子の言うまま接近戦に突入して墜とされるのはややご都合主義的に感じる。ミサイルが効かないからやむを得なく接近戦に持ち込んだとかにしてもいいはずなのに……

その後の刹那とグラハム・エーカーじゃなくてミスターブシドー中村悠一アレルヤ吉野裕行とソーマ@小笠原亜里沙因縁ある戦いは非常に燃える展開。すぐに終わってしまったのが残念だけど。

[][] 夜桜四重奏 #4 フリカエル  夜桜四重奏 #4 フリカエルを含むブックマーク  夜桜四重奏 #4 フリカエルのブックマークコメント

ヒメ@福圓美里と秋名@梶裕貴の昔なじみのギン@関智一は何者かに体を乗っ取られて敵対関係にある。主に敵の顔見せ的なエピソードなのだけど、ヒメと秋名がギンのことを思い出すのも、操られているギンが活性化するのも、どちらもすごく唐突に感じられる。ギンが力を抑えていることがどうして封印を破る行為に結びつくのか。せめて前半と後半が逆だったらもう少し見やすかったのでは。

[][] CLANNAD AFTER STORY #4 あの日と同じ笑顔 CLANNAD AFTER STORY #4 あの日と同じ笑顔でを含むブックマーク  CLANNAD AFTER STORY #4 あの日と同じ笑顔でのブックマークコメント

昔の優しい兄を取り戻したい芽衣@田村ゆかりの提案で、春原@阪口大助サッカー部に復帰させようとする朋也@中村悠一、渚@中原麻衣、芽衣。サッカー部の連中が絵に描いたような悪役なのはまあいいとして、明らかにお節介がすぎる芽衣たちの行動や、サッカー部の芽衣たちに対する仕打ち、突然登場する春原、殴り合いの喧嘩になる朋也と春原など、脚本があまりに稚拙。3話もかけて引っ張った春原のエピソードの結末がこれとは、ちょっと残念な結果だったように思う。

[][] ソウルイーター #29 復活のメデューサ!〜蜘蛛と蛇、因縁の再会?〜  ソウルイーター #29 復活のメデューサ!〜蜘蛛と蛇、因縁の再会?〜を含むブックマーク  ソウルイーター #29 復活のメデューサ!〜蜘蛛と蛇、因縁の再会?〜のブックマークコメント

いたいけな少女をかどわかして復活を果たすメデューサ@桑島法子は本当に悪い奴だ(笑)。姉のアラクネ@根谷美智子とは確執があるものの、死武専とは敵対関係にあることは間違いなく、強大な敵ばかり増えてしまってどうなるんだという感じでワクワクします。

それに対抗すべく、シュタイン内田夕夜は生徒たちに魂の共鳴学習させようとする。主人公が3組ある意味がここで出てくるのかな?模擬演習中にブラック☆スター@小林由美子マカ小見川千明がぶっどばされるなど、ギャグ満載の中に少しずつシリアスな場面が挿入されているのは巧みな演出だ。

[][] かんなぎ #4 シスターーズ  かんなぎ #4 シスターーズを含むブックマーク  かんなぎ #4 シスターーズのブックマークコメント

前回のラストに搭乗したざんげちゃん@花澤香菜ナギ戸松遥の妹。神様の妹なのになんでシスターの格好なんだと思ったらちゃんと説明がしてあってなるほど納得。ざんげちゃんは見た目とは裏腹になかなかの腹黒キャラで、ほかの女子キャラとあわせてなかなかバラエティに富んだラインアップ。仁@下野紘の家に押しかけてきてナギとのバトルが勃発しそうな勢いで、つぐみ沢城みゆきもここに参加してきそうでハーレムものとして舞台が整ったというところか。ここまで4話ということを含めて*1来週からが正念場。

それにしても若本規夫をこんなところで使いますか。なんと無駄遣い豪勢な。

[][] ケメコデラックス! #4 彼女水着に着替えたら!?  ケメコデラックス! #4 彼女が水着に着替えたら!?を含むブックマーク  ケメコデラックス! #4 彼女が水着に着替えたら!?のブックマークコメント

前回ラストシリアス調から一転、何の脈絡もなく、突然プールバカンスになる展開。こりゃ1回転して逆にすげえや(笑)

後半はケメコ斎藤千和イズミ高橋美佳子競泳対決しているだけなのに何故かプールが大破してしまうメチャクチャな展開は健在。美咲釘宮理恵の言うとおり、イズミのポロリがないのが不満……かと思ったらそういうオチですか。乳の揺れ描写があまりに秀逸で感動さえ覚える。ここまで「第九」の似合う乳描写も無かろう(笑)

[][] 絶対可憐チルドレン #30 呉越同舟!金庫破りは計画的に  絶対可憐チルドレン #30 呉越同舟!金庫破りは計画的にを含むブックマーク  絶対可憐チルドレン #30 呉越同舟!金庫破りは計画的にのブックマークコメント

銀行の金庫破りに来た澪@釘宮理恵と、それを阻止するために張っていたチルドレンが金庫に閉じこめられてしまう話。せっかく一時休戦して協力して外に出ようという流れになったのにただパワーを重ね合わせて金庫の壁をぶち破るという力任せな展開は残念。せっかく敵味方が協力するんだから、もう少しお互いの能力をうまく組み合わせて頭脳的に脱出して欲しかった。

後半の不二子@ゆかなと兵部@遊佐浩二のバトルはこの話には直接関係ないという点で蛇足に思えなくもないが、なかなかの迫力。

*1:「らき☆すた」では5話からアレだったので

2008-10-23

taske2008-10-23

[][] とらドラ! #4 あのときの顔  とらドラ! #4 あのときの顔を含むブックマーク  とらドラ! #4 あのときの顔のブックマークコメント

兄貴』こと生徒会長狩野すみれ甲斐田裕子が初登場。けど本編はもっぱら北村@野島裕史写真を撮る、撮らないの話に。北村のことを考えてテンパってしまい、挙動不審になったり、眼をキラキラさせて北村の写真を撮ったり、できた写真を見てニヤニヤする大河@釘宮理恵がもうありえないくらいかわいいですよ。一方、血走った目でトイレのカビを攻略する竜児@間島淳司はどこからどう見ても死体遺棄現場殺人犯にしか見えない。作画・演出スタッフはいい仕事してますね。

ただ、ラミネート加工する写真が決められない理由に説得力が薄かったのは残念なところ。北村が大河のこと好きだったことが判明するのももうちょっと自然にできなかったものか。

2008-10-22

taske2008-10-22

[][] 亡念のザムド #9 水もしたたる角股雷魚  亡念のザムド #9 水もしたたる角股雷魚を含むブックマーク  亡念のザムド #9 水もしたたる角股雷魚のブックマークコメント

前回、アキユキ@阿部敦を救ったザムド・角股雷魚@藤原啓治がザンバニ号にのりこむ。雷魚は甘い言葉とツボを突いたプレゼントで一瞬にしてクルーの心をつかむわけだが……なんか気に入らないな、こいつ(笑)。アキユキ以外の全員に異常なまでに好かれる雷魚は八方美人といった感じがして好きじゃない。アキユキにだけ冷たく当たるのは同じザムドとして何か理由があると思いたいところだけど、さて。

ヒゲをそった雷魚が男前になるのはいいのだけど、ハナの形まで変わってないかい、あんた?

[][] 亡念のザムド #10 過去 重い斬る  亡念のザムド #10 過去 重い斬るを含むブックマーク  亡念のザムド #10 過去 重い斬るのブックマークコメント

カメラマンだった雷魚藤原啓治の提案でみんなの集合写真を撮ることになったザンバニ号の面々。そのためにイメチェンしたナキアミ@三瓶由布子がいい感じですよ。本人にその自覚がないのもグー。

正式な入隊を翌日に控えたハル@折笠富美子は柿巣@松本保典に呼び出され、その日のうちに髪を切る。それはアキユキ@阿部敦への想いを断ち切るためか、決意のためか、それとも……。ひとつだけ言えることは、前のほうが良かった〜(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081022

2008-10-20

taske2008-10-20

[][] 今日の5の2 #3  今日の5の2 #3 を含むブックマーク  今日の5の2 #3 のブックマークコメント

リョータ@小林ゆう『女ってのは……鎖骨、じゃないかな』

小学生にしてはなかなかいいシュミをしていらっしゃる(笑)

今回の後半はスカートネタ2連発。オーバーヘッドスカートめくりにはムリがあるが、そのあとのチカ@下田麻美のスカートを囮にした男子リアクション観察作戦はなかなか面白い。そしてオチが秀逸。第1話では先が思いやられた作画も比較的良好。

[][] まかでみ・WAっしょい! #3 なんか魔王まで出てきちゃったんですけど  まかでみ・WAっしょい! #3 なんか魔王まで出てきちゃったんですけどを含むブックマーク  まかでみ・WAっしょい! #3 なんか魔王まで出てきちゃったんですけどのブックマークコメント

ダンジョン編。ダンジョンということでゲームネタ多し。それにしても『ファミ通ウッドボール』なんて、今どきの若い視聴者は知らないっつーの(笑)

迷宮の最深部に待ち受ける魔王ことファルチェ@福井裕佳梨ゲーム雑誌で得た情報により勇者たるタナロット伊瀬茉莉也に倒されることが目的だったという、悲しくも美しい物語……になるはずもなく。まあ、そういうアニメだしね。エンターブレインのO村さん、今回はなんとオチ担当です!

2008-10-19

taske2008-10-19

[][] とある魔術の禁書目録 #3 必要悪教会  とある魔術の禁書目録 #3 必要悪の教会を含むブックマーク  とある魔術の禁書目録 #3 必要悪の教会のブックマークコメント

インデックス井口裕香のキズを治すために手ほどきを受けながら魔術を行使する小萌先生こやまきみこ。自分の命が危ないのに淡々と小萌に指示を出すインデックスは人間でないことを十分に表現している。上条阿部敦とインデックスの事情を思い、席を外した上に事情を聞かなかった先生は見た目とは裏腹に生徒思いのいい先生だ。

後半になるとインデックスのキズは癒えてきて魔術について少し解説してくれるのだが、インデックスと上条の仲が突然良くなっているのにちょっと面食らった。それまで追われ続けていたインデックスが上条に心を開くエピソードもなしにいきなり親密になっているのは違和感がある。路上涙目になり、上目遣いで頬を膨らませるインデックスはそれはそれでかわいいのだけど(笑)

[][] かんなぎ #3 スクールの女神  かんなぎ #3 スクールの女神を含むブックマーク  かんなぎ #3 スクールの女神のブックマークコメント

ナギ戸松遥学校へ来てしまう話。この手のアニメに必要なエピソードを過不足なく消化していっている感じ。同時に仁@下野紘の所属する美術部の部員たちの顔出しも兼ねたエピソード。

旧校舎の幽霊騒ぎを穢れの仕業だと断定したナギが意気揚々と旧校舎に乗り込むわけだが、そこはお約束通り幽霊でもなんでもなくて、がっかりするナギの表情のギャップがかわいらしい。ナギを見て、いちいち対抗心を燃やして勝手一喜一憂するつぐみ沢城みゆきもいい感じ。

一方、今回初登場の美術部員たちはキャラとしてはちょっと薄いように思える。無理矢理個性を出そうとしてからまわりしているような印象。どうでもいいけど生徒に森三中がいた(笑)

[][] ケメコデラックス! #3 ケメコ登校!?  ケメコデラックス! #3 ケメコ登校!?を含むブックマーク  ケメコデラックス! #3 ケメコ登校!?のブックマークコメント

ケメコ@斎藤千和初登校の巻。奇しくも「かんなぎ」と同じ日に同じネタが被るというのも興味深い。オーソドックスだった「かんなぎ」に対して、ガングロ女子高生になったり、女教師になったり、角隠しだったりとこちらはかなりカオス状態で個性が出てる。

後半は一転して謎の女子生徒とケメコの戦闘やら暴走する三平太@喜多村英梨やらとシリアスな展開に。このアニメ、シリアスな展開も意外と行けるのね。

[][] 絶対可憐チルドレン #29 手練手管!天国に一番近い海  絶対可憐チルドレン #29 手練手管!天国に一番近い海を含むブックマーク  絶対可憐チルドレン #29 手練手管!天国に一番近い海のブックマークコメント

冒頭からいきなり暴れまくるチルドレン。どうやら前回ハメられた皆本@中村悠一が辞めると言い始めたかららしいが、説明不足で不親切に感じる。そんな皆本を不二子@ゆかな終末医療現場に連れて行き、末摘花枝@下屋則子に会わせる。終末医療での彼女のがんばりと悩みはなかなか心を打つものがある。……不二子さえいなければ(笑)

車いすに乗りながら空を飛ぶじいさんがなかなかツボ。

[][] 機動戦士ガンダム00 #3 アレルヤ奪還作戦  機動戦士ガンダム00 #3 アレルヤ奪還作戦を含むブックマーク  機動戦士ガンダム00 #3 アレルヤ奪還作戦のブックマークコメント

連邦軍に捕らわれているアレルヤ@吉野裕行を救出する作戦はスメラギ@本名陽子の復帰戦であり、ロックオン三木眞一郎の初陣。その作戦はうまくいきすぎの面*1がなきにしもあらずだけど、電撃的でなかなか見どころも多い。素人のはずなのにいきなり敵機を撃墜したロックオンには何か秘密がありそう。ガンダムマイスターが揃ったところでここからがが本編か。

沙慈@入野自由に続いてマリナ恒松あゆみまでソレスタルビーイングに連れてきてしまう刹那宮野真守。何か目的があるのか?

*1:前作ではGNドラウヴの有無が絶対的な戦力差だったのに今回はただ主人公補整なのは残念

2008-10-18

taske2008-10-18

[][] ケロロ軍曹 #234  ケロロ軍曹 #234 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #234 のブックマークコメント

テロップで出したことが本当になってしまうという、「もしもボックス」以来の大発明地球侵略を始めるケロロ渡辺久美子たち。しかし例によってテロップでバカなことしかしないのが笑える。オチはありがちだけどこのネタのオチとしてはまあアリなのでは。『なつみはオレの嫁』ってニコニコ動画ライクな画面に書いたやつは誰だ!あんたとは気が合いそうだ(笑)

後半はハウツー本で侵略を試みるケロロたち。こっちは展開が単調であまり楽しめず。オチが前半を踏襲するのは面白いんだけど、本を買うシーンでもう予想できてしまったのが残念。

[][] 鉄のラインバレル #3 蒼の戦慄  鉄のラインバレル #3 蒼の戦慄を含むブックマーク  鉄のラインバレル #3 蒼の戦慄のブックマークコメント

もう書くまでもなく浩一@柿原徹也がムカついてしようがない(笑)。これほど主人公がボコボコにされてスカっとするアニメは初めて見たよ。ある意味画期的。そして30分の間に玲二@中村悠一絵美能登麻美子のふたりから『最低』と言われる外道っぷり。おまけに心の中の弱みをさらけ出すもあまりに小さすぎてまるで共感ができないという。もう誰もかないません。

今回の新キャラ金髪碧眼でちびっ子で多分天才で斎藤千和……ってベッキー!?

[][] 地獄少女 三鼎 #3 腐った果実  地獄少女 三鼎 #3 腐った果実を含むブックマーク  地獄少女 三鼎 #3 腐った果実のブックマークコメント

今回のゲストは人気絶頂のアイドル。この手にキャラにしては珍しく、仕事一生懸命で、ひたむきなキャラ。昔の過ちを素直に認めるなど、とても好感度は高い。だがそこは「地獄少女」、いい奴に限って逆恨みされてしまうわけで、今回もいい意味で後味の悪い展開。今回はこれまでの2回とは異なり、最初から完全に逆恨みだということがわかっているのがこれまでとは異なる。

今回の地獄送りはまるで昭和歌謡ショウ。閻魔あい能登麻美子70年代アイドル歌手ぽい衣装で歌い出した瞬間に鐘が鳴って演奏終了という展開には笑った。

[][] 黒執事 #3  黒執事 #3 を含むブックマーク  黒執事 #3 のブックマークコメント

切りました。

2008-10-17

taske2008-10-17

[][] CLANNAD AFTER STORY #3 すれちがう心  CLANNAD AFTER STORY #3 すれちがう心を含むブックマーク  CLANNAD AFTER STORY #3 すれちがう心のブックマークコメント

井上喜久子(17)はついに劇中でも17を騙る役に(笑)

早苗@井上喜久子のことで頭がいっぱいで、いじめられている女の子を見ても、芽衣@田村ゆかりがカマをかけても無反応の春原@阪口大助はまるでいいところなし。目つきまでやさぐれてしまい、完全にイヤな奴状態。このエピソード、意外と長く続くなぁ……

それにしても驚愕すべきは芽衣。何という甘え上手、いや、なんという小悪魔ぶり。朋也@中村悠一でなくとも破壊力バツグンですよ。横を向いて上目遣いでおねだりする表情はずるい。そのうえ田村ゆかりボイスだし(笑)

[][] 夜桜四重奏 #3 ソノカクゴ  夜桜四重奏 #3 ソノカクゴを含むブックマーク  夜桜四重奏 #3 ソノカクゴのブックマークコメント

迷い犬を育てることにしたヒメ@福圓美里。甘やかすときとしつけるときの落差が激しすぎるのはどうかと思うが、それはさておき、犬のシルバは最初から妖怪だったわけではなく『堕とされて』妖怪になった訳なのに、その『堕とす』という行為について何の説明もないのは不親切に感じる。人間と妖怪の関係を論じるのにちょうどいいエピソードのはずなのにそれをしないばかりか、キャラクターばかりが危機感を持って視聴者は置いてけぼりになっている。うまくやればいい話になりそうな題材だけに、残念。

[][] 屍姫 赫 #3  屍姫 赫  #3 を含むブックマーク  屍姫 赫  #3 のブックマークコメント

切りました。

2008-10-16

taske2008-10-16

[][] ミチコとハッチン #1 さらばだ!非情パラダイス  ミチコとハッチン #1 さらばだ!非情のパラダイスを含むブックマーク  ミチコとハッチン #1 さらばだ!非情のパラダイスのブックマークコメント

ハナ@大後寿々花里親の一家で延々といじめられるさまを描く30分。この先、ミチコ真木よう子との逃避行が始まることは予想できるんだけど、それを差し引いてもなんと胸くその悪い展開。この先うんとバカバカしい展開にならないと釣り合いが取れないってものですよ。

第1話ということを差し引いても作画のレベルはかなり高く、動きも良い。テンポも悪くないし、ここから始まるふたりの物語に期待が持てそうではある。……が、問題がふたつ。ひとつめはハナの演技が「屍姫」ほどではないが残念なことになっていることと、次回が2週間後だということ。

[][] 亡念のザムド #7 屹立 背負うは命か猫股か  亡念のザムド #7 屹立 背負うは命か猫股かを含むブックマーク  亡念のザムド #7 屹立 背負うは命か猫股かのブックマークコメント

暴走した実験体ザムドに攻撃をかけるフルイチ@立花慎之介とザムドの声を聞いて躊躇するハル@折笠富美子。ハルには何らかの能力があることを暗示させると同時に、人間とザムドの共存がきわめて難しいことを描く。ザムドに敵意がないとはいえ、あんなデカい異形のバケモノを放っておく訳にもいかず、殺すしか選択肢はないという、いい意味で後味の悪い展開。

後半はハルの手紙に書かれていた約束を果たすために単身ザンバニ号を降りるアキユキ@阿部敦という流れ。ザンバニ号はてっきり先端島からはるか離れたところに行ってしまったと思ったんだけど、まだ近辺をさまよっているの?ザンバニ号が何のために、どこを飛んでいるかもあまり説明されず、付近の地理もよくわからず説明不足感が強い。

[][] 亡念のザムド #8 詰腹峠のヒトガタ狩り  亡念のザムド #8 詰腹峠のヒトガタ狩りを含むブックマーク  亡念のザムド #8 詰腹峠のヒトガタ狩りのブックマークコメント

再会を果たすアキユキ@阿部敦とハル@折笠富美子、アキユキに銃を向けるフルイチ@立花慎之介。フルイチはハルの前でいい格好をしたいだけの普通少年かと思ったが、どうやら軍に入って出世欲に駆られたようだ。アキユキがザムドになったことを知ってアキユキの敵に回りそうな感じ。ザムドの心がわかるハルの立場がますます不安定なものになりつつある。

フルイチからアキユキを救ったもうひとりのザムドはかなりザムドとの共存に長けている様子。アキユキが来る前にザンバニ号にいたザムドの人か?

[][] とらドラ! #3 君の歌  とらドラ! #3 君の歌を含むブックマーク  とらドラ! #3 君の歌のブックマークコメント

みのりん』こと実乃梨@堀江由衣の当番オリジナルエピソード。ひょんなことから勤労少女・実乃梨のバイトを手伝うことになった大河@釘宮理恵と竜児@間島淳司が騒動に巻き込まれるという展開。いつものロングスカート自転車を引きながら猛スピードで配達に出る大河がツボ。残された竜児と実乃梨はお約束のごとく蔵に閉じこめられるのだが、そこで『校歌を歌おう!』と言ってみたり、『ピッチャーびびってる!』とソフトボールを蔵の中でやるという奇想天外ぶり。ヘンなノリの女好きの私にも納得のいく名展開ですよ。大河がミイラ取りがミイラになるというオチもなかなか面白い。

しかし気になるのが竜児がバイトをしてしまっていること。……いいのかな?

2008-10-13

taske2008-10-13

[][] まかでみ・WAっしょい! #2 なんか大変なことになっちゃってるんですけど  まかでみ・WAっしょい! #2 なんか大変なことになっちゃってるんですけどを含むブックマーク  まかでみ・WAっしょい! #2 なんか大変なことになっちゃってるんですけどのブックマークコメント

拓人小清水亜美の家の隣で聞き耳を立てているのは桜玉吉作品でおなじみのO村さんではないですか!なんてマニアックな……

ミヤビ生天目仁美シンクラヴィア@小林ゆうが搭乗。同時に唐突に学園内の全ての人がケモノ耳になってしまう事件が発生。本っ当に、何の脈絡もなく事件が発生するな、このアニメ。ミヤビとシンクラヴィアの丸くて黒いネズミの耳はマズいって(笑)

ミヤビとシンクラヴィアの猛攻により、封印の危機にさらされてしまうタナロット伊瀬茉莉也。それを助けるのは例によって榮太郎@寺島拓篤なわけだけど、その理由がメガネがニセモノだったからという、しょうもなさすぎるもの。私にはメガネ属性はないので理解できません(そこかよ!)。エーネウス@川澄綾子とミヤビのバトルは短いながらもなかなかよく動いていた。

[][] 今日の5の2 #2  今日の5の2 #2 を含むブックマーク  今日の5の2 #2 のブックマークコメント

ねこかわいいね〜。猫の肉球のすばらしさについて論じているはずなのに何故か着衣が乱れてしまうチカ@下田麻美ユウキ明坂聡美。なんというか、いいね(笑)

体育倉庫に閉じこめられてパニックになっているうちにあられもない姿になってしまい、その瞬間を見られてしまうのは定番だけどやっぱり笑える。しかしあのポーズいいわけのしようがないな。

グミ本多陽子ブルマがなくなり、男子の荷物チェックへ。リョータ@小林ゆうカバンからプリンが飛び出す演出が秀逸。『アヴェ・マリア』かよ。オチは予想どおりなんだけど、そのとき男子の興味はすでにプリンに移ってしまっているのが笑える。

それにしてもこのアニメキャラ名前が覚えづらいこと……

[][] ソウルイーター #28 剣神立つ〜味は甘いかしょっぱいか?〜  ソウルイーター #28 剣神立つ〜味は甘いかしょっぱいか?〜を含むブックマーク  ソウルイーター #28 剣神立つ〜味は甘いかしょっぱいか?〜のブックマークコメント

アラクネ@根谷美智子一味の研究施設を内偵中のシド木村雅史。そこにマカ小見川千明復讐燃えるブラック☆スター@小林由美子乱入、ミフネ津田健次郎と再度激突という流れ。ブラック☆スターとミフネの戦闘は息をのむような迫力で、観ていて心地よい。その後のシドの狙撃もただ狙撃しただけなのにすごい迫力だ。

友人を想うブラック☆スターの男気と、子供好きなミフネの優しさが因縁となって今後の展開がさらに期待できそうな好エピソード。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081013

2008-10-12

taske2008-10-12

[][] かんなぎ #2 玉音アタック かんなぎ #2 玉音アタック!を含むブックマーク  かんなぎ #2 玉音アタック!のブックマークコメント

ナギ戸松遥が仁@下野紘を呼ぶときの『仁!』が「じい!」に聞こえる(笑)

魔法少女ステッキを踏んづけて割ったと思ったら瞬間接着剤でステッキとちゃぶ台ドッキングさせてみたり、生まれたばかりの子猫に悶絶したり、つぐみ沢城みゆきにしれっと大嘘をその場のアドリブで吐いたと思ったら、死んでしまった子猫の魂を送り出す神様らしいことをしてみたりと、大きなギャップを見せることでナギの魅力が大変うまく表現できている。つぐみが仁のために卵焼きを作ってあげるのが個人的にはツボ。幼なじみ、いいよな〜(笑)

後半は仁とナギがケンカしてから仲直りするまで。ナギが家出している間にもドジっぷりをいかんなく発揮してくれて、ここでも魅力満点。相変わらずよく動くし、テンポもいいしで、これまでのところ、かなりいい感じですよ。

[][] ケメコデラックス! #2 小林家の人々  ケメコデラックス! #2 小林家の人々を含むブックマーク  ケメコデラックス! #2 小林家の人々のブックマークコメント

居候ものの第2話としては当たり前の展開である「家族認知」。三平太@喜多村英梨の妹・タマ子@後藤麻衣はひとりで家族を支えるいい子だが、三平太とケメコ斎藤千和がベッドの上で一悶着起こしているのを見てイチャイチャしていると勘違いする節穴の眼の持ち主(笑)

ただひたすら漫画を描いているシーンにかぶせて効果音だけで笑いをとる演出は秀逸。ドサクサに紛れて「絶望先生」のOPを拝借するとか、角川兄弟の内紛をネタにするとか、いいのか、アスキー・メディアワークス

[][] とある魔術の禁書目録 #2 魔女狩りの王  とある魔術の禁書目録 #2 魔女狩りの王を含むブックマーク  とある魔術の禁書目録 #2 魔女狩りの王のブックマークコメント

上条阿部敦の家の前に倒れていたインデックス井口裕香を回収に来たのはイケメンでいけ好かない言動を繰り返すステイル=マグヌス@谷山紀章。3000度の魔物召還して戦うその戦闘は周りの人に被害ないのかよとか、紙に書いたルーン文字まで燃えるんじゃないのかとか、消防来るの遅すぎとか、ツッコミどころがあるにしても迫力はある。そしてステイル=マグヌスがムカつくヤツであることも手伝って奴をぶん殴るシーンは爽快感溢れる。

それにしてもちびっこ先生こやまきみこは見た目のファンシーさとは裏腹に、ずいぶんやさぐれた生活を送っているんですね(笑)

[][] 絶対可憐チルドレン #28 羞月閉花!蕾見チュー意報  絶対可憐チルドレン #28 羞月閉花!蕾見チュー意報を含むブックマーク  絶対可憐チルドレン #28 羞月閉花!蕾見チュー意報のブックマークコメント

満を持して蕾見不二子管理官@ゆかなが登場。破天荒でつかみ所無い性格美神令子直系のエロエロバディはとても80のばあさんには見えません。奈津子中尾衣里ほたる佐藤利奈とのガールズトークは何を言っているのか全くわからない(笑)

今回の話は不二子が皆本@中村悠一とチルドレンを引き離してその絆の強さをはかるというもの。物語の展開としてはそこそこまとまっているのだけど、皆本の覚悟を確かめるためだけにタンカー炎上させるのはちょっとやりすぎなような気も……

[][] 機動戦士ガンダム00 #2 ツインドライヴ  機動戦士ガンダム00 #2 ツインドライヴを含むブックマーク  機動戦士ガンダム00 #2 ツインドライヴのブックマークコメント

ロックオン三木眞一郎、スメラギ@本名陽子と続々戦線に復帰し、着々とソレスタルビーイング組織が成立しつつある中、アロウズは先手を打って攻撃に出る展開。刹那宮野真守の搭乗するダブルオー危機一髪のところで起動に成功、敵モビルスーツを撃破する流れは正しい主役メカの交代劇。ワクワクするね。

しかし刹那はことあるごとに自分たちがソレスタルビーイングだといいまわっているが、それって最高機密だったんじゃないの?ロックオンとスメラギがえらくあっさり戦線に復帰しているのにもややご都合主義的なものを感じる。

2008-10-11

taske2008-10-11

[][] 鉄のラインバレル #2 疾走する正義  鉄のラインバレル #2 疾走する正義を含むブックマーク  鉄のラインバレル #2 疾走する正義のブックマークコメント

浩一@柿原徹也がラインバレルを操れるようになったのは絵美能登麻美子が間違って浩一を殺してしまってラインバレルと一体化したかららしい。それって……「ウルトラマン」?その絵美はラインバレルと敵のことは覚えていてあとは記憶がないという、えらい都合のいい記憶喪失。浩一に至っては自分が超人的な能力を得たのをいいことにいじめっ子ケンカ売るわ、ラインバレルに潰された場所に自分の墓標立てるわ、出撃前に友達に電話するわ、自分以外は全部敵とか言いながら無差別に攻撃するわで……もういや、この主人公(笑)

でも戦闘シーンはさすがにかっこいいね。戦闘シーンのクオリティ物語が全くついて行けていない感じ。

[][] 黒執事 #2 その執事、最強  黒執事 #2 その執事、最強を含むブックマーク  黒執事 #2 その執事、最強のブックマークコメント

いきなりシエル坂本真綾がさらわれる展開。ハンドガンとか自動車電話とか、時代設定にあわないものがあると思ったが、そもそも車より速く走る執事がいる時点でそんな物はどうでもいい世界観なんだろうな(笑)。電話越しの会話だけでセバスチャン小野大輔の強さと不気味さが十分感じ取れる演出はグッド。しかしセバスチャンが強すぎてシエルがさらわれたという緊迫感がないのは残念。あ、セバスチャンの強さの演出だからそれでいいのか。

後半になると執事無双やら、頭に銃弾食らって死んだフリやら、銃弾指でつかむやらで大爆笑。わかった、これはギャグアニメだ!

[][] ケロロ軍曹 #233  ケロロ軍曹 #233を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #233のブックマークコメント

ママ平松晶子担当の新人漫画家緒方恵美日向家にやってくる話。やる気をなくして落ち込んでいる彼がケロロ渡辺久美子おもてなしを通じて人を楽しませることを取り戻していく展開はなかなか秀逸。立ち直りのきっかけがガンプラってのがいかにも「ケロロ」らしい。

[][] 屍姫 赫 #2 遊技のつづき  屍姫 赫 #2 遊技のつづきを含むブックマーク  屍姫 赫 #2 遊技のつづきのブックマークコメント

交通事故死した子供が屍となって蘇る話。通夜最中に棺を開けて死体が蘇るのは雷雨の演出と含めてかなり恐怖感を煽る演出なのだが、ダメだ……。主人公ふたり組の棒読みにどうしても噴いてしまう。話も悲しくも残酷な話のはずなのに、どうも話に集中できなくて……これってかなり致命的じゃない?

今回初登場の喫茶店女の子が3人目の棒。一体何人棒が出てくるのか、逆に楽しみになってきたり(笑)

[][] 地獄少女 三鼎 #2 籠ノ鳥  地獄少女 三鼎 #2 籠ノ鳥を含むブックマーク  地獄少女 三鼎 #2 籠ノ鳥のブックマークコメント

寂れた街の電気屋にけだるげな表情の奥様、そこに足繁く通う中学生黒電話がキーアイテムとなっているせいもあって、すごく昭和です。今回もおそらく勝手な思いこみから人を流してしまっていて、今回はそこらがテーマなのかもしれず。閻魔あい能登麻美子地獄送りの始終を見せられているゆずき佐藤聡美がなかなかよい仕事をしています。つか、ゆずきの描写がいちいちエロいんですけど、本当に中学せいかよ(笑)

地獄送りのシーンは相変わらずツッコミどころ満載で非常に笑える。でも確か最初の頃は少しは怖がらせようとしていたような気がしないでもないが……ま、いっか。

2008-10-10

taske2008-10-10

[][] 夜桜四重奏 #2 キミノナハ  夜桜四重奏 #2 キミノナハを含むブックマーク  夜桜四重奏 #2 キミノナハのブックマークコメント

妖怪チューニングしてきた秋名@梶裕貴の一族の話と、人間いじめられた記憶から人間を拒絶する鈴@又吉愛の話。このふたつの話をオーバーラップさせることで妖力が暴走する鈴を秋名がチューニングするのではないかとミスリードさせるのはうまい展開。ふたりのキャラもわかりやすく入ってきており、最初から仲の良かった原作の展開よりも数段よい導入。

[][] CLANNAD AFTER STORY #2 いつわりの愛をさがして  CLANNAD AFTER STORY #2 いつわりの愛をさがしてを含むブックマーク  CLANNAD AFTER STORY #2 いつわりの愛をさがしてのブックマークコメント

春原@阪口大助のことが心配でたまらない芽衣@田村ゆかりのために、春原にニセの彼女をあてがうという暴挙に出る朋也@中村悠一。しかもそれで彼女候補として声をかけるのが椋@神田朱未、杏@広橋涼、智代@桑島法子という、かつて間接的とはいえ朋也がフった女の子たちだっていうからタチが悪い。もっとも、春原の体を張ったギャグのおかげでそういう嫌らしさは微塵も感じないけど。で、ようやくニセ彼女を捜し出して芽衣と対面ってところで次回へ。……ってこの話、続くのか!?

怪しい言葉で道行くナオンに話しかける春原はどう見ても「神聖モテモテ王国」のファーザー

2008-10-09

taske2008-10-09

[][] とらドラ! #2 竜児と大河  とらドラ! #2 竜児と大河を含むブックマーク  とらドラ! #2 竜児と大河のブックマークコメント

北村@野島裕史アタックするためにこざかしい作戦を次々実行する大河@釘宮理恵と竜児@間島淳司。が、持ち前のドジっぷりをいかんなく発揮してことごとく失敗するのはお約束ながら笑える展開。2話にして変人ぶり全開のみのりん堀江由衣もいい味出してる。

その行動が災いして大河にも実乃梨にも誤解されたことに苛立ち、悩む大河が自分の力だけで告白して竜児との関係を元に戻そうとするのは悩める青少年の姿を正しく描いており、大変好感が持てる。大河の告白を正面から受け止め、きちんと返事のできる北村もいい奴だ。

で、それまでのなれ合い関係に戻ってしまい、これでプロローグ終了なんだけど、原作のここまで読んだときと同じ感想、「びっくりするくらいまっとうなラブコメ」。同じ感想が出てくるのはアニメスタッフの原作への溢れる愛がにじみ出しているからなんだろうな。画面から感じるよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081009

2008-10-08

taske2008-10-08

[][] 亡念のザムド #5 調停する者 しない者  亡念のザムド #5 調停する者 しない者を含むブックマーク  亡念のザムド #5 調停する者 しない者のブックマークコメント

ヒトガタになってしまった設楽@川上とも子はアキユキ@阿部敦のもうひとつの姿だな。ヒトガタを殲滅するために出動したパワードスーツデザイン、もう少しなんとかならなかったものか。フルイチ@立花慎之介はあれに乗りたいわけ?シュミ悪いなぁ(笑)

ナキアミ@三瓶由布子が乗り込んだ船はどうやら同族が乗っているらしいが、彼らの話す言葉にはわからない単語が多すぎて何とも。ラストでもらったタネみたいなものが育つとあのガラスみたいな生物になるのだろうか。とにかくわからないことが多すぎて、もう少し説明してくれてもいいと思うのだが……

[][] 亡念のザムド #6 ハルと極東自治区  亡念のザムド #6 ハルと極東自治区を含むブックマーク  亡念のザムド #6 ハルと極東自治区のブックマークコメント

偵察中にヒトガタを見つけるアキユキ@阿部敦とナキアミ@三瓶由布子。アキユキは鍛錬のせいか、ザムドの力を自分のものにしつつあるな。でもまだ狂気に引っ張られることもあり、ヒトガタを殺してしまったこともあってナキアミとケンカしてしまうという構図。まるっきりレントンエウレカのそれだ。

一方ハル@折笠富美子はフルイチ@立花慎之介と共に軍に志願。志願したのが手紙の届いたアキユキを探すためっていうのがいじらしくて良い。で、その最終試験の時にアクシデントが起こるというのはお約束だな。実験用ザムドの暴走シーンは「エヴァンゲリオン」をどことなく彷彿とさせるが、腹に子を抱いている異形のバケモノというのがこの上なくブキミなデザインだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081008

2008-10-07

taske2008-10-07

[][] 屍姫 赫 #1 死が舞う  屍姫 赫  #1 死が舞うを含むブックマーク  屍姫 赫  #1 死が舞うのブックマークコメント

原作未読。

死者が生き残るアバン連続殺人鬼ビルの上から飛び降りる出だし。ショッキングイベントと動き回る屍を処理するために作られた『屍姫』という陳腐な設定、安っぽいアクション。どれもが見事にB級ホラーの要素だ。ここまでB級に徹してくれるといっそ清々しい。孤児院を出て行った少年と屍姫の関係が気になるところだが、それよりももっと気になったのが主役2人の演技。それにしてもひどい。スクエニは「ソウルイーター」で味を占めて新人を実力に関係なく多用するようにでもなったのか?

2008-10-06

taske2008-10-06

[][] まかでみ・WAっしょい! #1 なんか女の子出てきちゃったんですけど  まかでみ・WAっしょい! #1 なんか女の子出てきちゃったんですけどを含むブックマーク  まかでみ・WAっしょい! #1 なんか女の子出てきちゃったんですけどのブックマークコメント

原作既読。「まかでみ」は「まじしゃんず・あかでみい」の略ね。

召還魔法の追試に拓人小清水亜美が召還した女の子・タナロット伊瀬茉莉也が大暴れ。周りの建物をぶっ壊すわ、エーネウス@川澄綾子や鈴穂@宮崎羽衣といきなりバトルを繰り広げるやらでかなりテンポのいい展開。戦闘シーンもよく動いており、原作ファンの私としてはかなり好感触。ギャグシーンをSDキャラじゃなくてぬいぐるみで表現するのはなかなか斬新。あとは「ド」がつくほどディープな榮太郎@寺島拓篤ネタにどこまで対応してくれるかだな。

どうでもいいけどエーネに川澄綾子とは、神キャスティングと言わざるをえない(笑)

[][] 今日の5の2 #1  今日の5の2 #1を含むブックマーク  今日の5の2 #1のブックマークコメント

原作既読。1回につき4話構成のオムニバスっぽい。原作のテイストを忠実に、テンポ良く再現するためにはベストな構成かも。

駄菓子屋スーパーボール買ったり、掃除サボって女子に怒られたりと、ずいぶん懐かしい小学校生活が繰り広げられるわけだけど、今の小学生もスパーボールとか、買うんかいな?スーパーボールでスカートめくりの話はテレビ東京には荷が重いと思ったがやっぱり……

チカの声はどこかで聞いたことがあるなと思ったら下田麻美か。そのほかにもMAKOとか、明坂聡美とか、本多陽子とか、いわゆる定番とは違ったキャストはなかなか新鮮。キャラの表情が時々シリアスになるのは「みなみけゆずり(てか、こっちのほうが先だ)だが、第1話からしてかんたん作画ぎりぎりのレベルで、この先がかなり心配。

[][] ケロロ軍曹 #232  ケロロ軍曹 #232 を含むブックマーク  ケロロ軍曹 #232 のブックマークコメント

今回から冬樹役の川上とも子さんが病気療養ということで桑島法子バトンタッチ。一刻も早い回復をお待ちしてます。

前半はボードを盗まれてしまったケロロ渡辺久美子の話。警察に冷たくあしらわれるあたりが妙にリアル。話としてはたいして面白くはないけど、自転車に鍵をかけましょうというメッセージは伝わるのでいいのかな。

後半はケロロ小隊超能力が備わる話。おおかたの予想どおり超能力はしょうもないものばかりなんだけど、強引な展開でヴァイパー@飛田展男を超能力で倒してしまう展開は意外にツボ。

[][] ソウルイーター #27 800年の殺意異端魔女降臨?〜  ソウルイーター #27 800年の殺意〜異端の魔女降臨?〜を含むブックマーク  ソウルイーター #27 800年の殺意〜異端の魔女降臨?〜のブックマークコメント

ゴーレムの中にいたのは800年前に魔武器を作り出した異端の魔女・アラクネ@根谷美智子。クモの化身らしく、世界中から集まってくるクモの描写は気持ち悪いの一言。行動不能になったマカ小見川千明の前に立つクロナ@坂本真綾は凛々しいが、全く手も足も出ないのはちょっと情けない。そこに助けに現れるのはお約束だが、ジャスティン・ロウ@藤田圭宣キャラで笑わせてくれ、その直後に戦闘で魅せてくれるのはさすがと言ったところ。ここのところ主人公トリオにいいところなしだけど、いいのかな……

『臓物を、ぶちまけろ!』はあんたのセリフじゃないですよ(笑)

2008-10-05

taske2008-10-05

[][] 狂乱家族日記 #26 再び、閻禍伝説 狂乱家族日記 #26 再び、閻禍伝説!を含むブックマーク  狂乱家族日記 #26 再び、閻禍伝説!のブックマークコメント

これまでさんざん引っ張り続けてきた水の宇宙人問題は凶華@藤村歩と月香@佐藤利奈の力であっという間に解決。なんじゃ、そりゃ。その後に残された強欲王@関智一の問題も、グダグダのまま何となく解決。というよりはただの先送りなのでは……

とにかく何もかもが説明不足なので、アニメだけではOASIS水樹奈々はもちろん、強欲王すら何のために出てきたのかよくわからなかった。最後だけはきれいにまとめた感じか?ラストシーンの月香は非常によい顔をしていたのでよしとしよう。いやダメだって。

総評

確か、「吉永さん家のガーゴイル」の時にも書いたと思うのだが、とにかく2クールという尺に入れるには多すぎるエピソードを要求してしまったためにあらすじを流すのが精一杯で物語の体をなしていないのが最大の問題。特にこのアニメの場合、最初の千花@戸松遥家族になるところ以外は全部オリジナルの単発エピソードでも成り立つ世界観だったのに、原作小説プロモーションのためだけに原作のエピソードを消化させられたようにしか見えない。これでは誰一人幸せになれないだろう。

[][] かんなぎ #1 神籬の娘  かんなぎ #1 神籬の娘を含むブックマーク  かんなぎ #1 神籬の娘のブックマークコメント

神木から切り出した木造から神様が現れるとは、罰当たりだが、インパクトあって、説得力ある登場シーンだ。ヒロインナギ戸松遥三千院お嬢様……ではなくて、この土地の土地神ながらテレビに夢中で魔法少女よろしく汚れを払う俗っぽい神様で、なかなか親しみの持てる感じ。主人公の仁@下野紘とは典型的な押しかけ女房関係になるのか。作画レベルも高く、動きも細かいので、この先が期待できそうな感じ。

脚本倉田英之は「かみちゅ!」に引き続き神様もので、そんなに八百万の神々が好きか(笑)。監督山本寛はその域に達したのでしょうか?

[][] ケメコデラックス! #1 鋼鉄の花嫁  ケメコデラックス! #1 鋼鉄の花嫁を含むブックマーク  ケメコデラックス! #1 鋼鉄の花嫁のブックマークコメント

三平太@喜多村英梨『なんじゃこりゃあ!』

いやそれはこっちのセリフだってば(笑)

いきなり部屋の中で4足歩行ロボットブサイク2頭身の花嫁が戦闘したかと思ったら嫁宣言をして、教室にウェディングケーキ持ち込んで『ケーキ着弾』だし、デカい炊飯器から手が出たと思ったら2頭身から女の子が出てくるし、体育の時間にひとりだけスク水だしで、ワケガワカリマセン(褒め言葉)。てか、どうやってあの2頭身の中に入ってるんだ!?

とりあえず今回の話でわかったのは、あの2頭身ロボットの名前ケメコってことくらい。

[][] とある魔術の禁書目録 #1 学園都市  とある魔術の禁書目録 #1 学園都市を含むブックマーク  とある魔術の禁書目録 #1 学園都市のブックマークコメント

原作未読。超能力と魔術が共存する未来社会ってところ?

主人公上条阿部敦のところに降ってきたインデックス井口裕香ヒロインに異能の力、主人公にそれを無力化する力がある設定自体はあまり珍しくないが、そのふたつを掛け合わせてヒロインの服を脱がせる展開は新しい(笑)。インデックスと美琴佐藤利奈が交互に現れてきてドタバタを繰り広げるので、双方のキャラ描写が薄くてまだあまりなじめないのが難点。

まあそんなことよりも、ピンクの髪のちびっ子先生こやまきみこで非常にいい感じですよ。

[][] 絶対可憐チルドレン #27 宣戦布告パンドラからの挑戦状  絶対可憐チルドレン #27 宣戦布告!パンドラからの挑戦状を含むブックマーク  絶対可憐チルドレン #27 宣戦布告!パンドラからの挑戦状のブックマークコメント

ギレン総帥銀河万丈とドズル中将郷里大輔の作戦はチルドレンの捏造画像を垂れ流してエスパー全体のイメージを下げようとするもの。捏造された画像はありえないくらい画質が悪いから気づきそうなものだが(笑)

それはさておき、今回はなんかやたら動きが良くて、薫@平野綾が空を飛ぶだけでも、ちさと@福原香織うまい棒を食べるだけでも異常に動いていた感じ。おまけに葵@白石涼子や紫穂@戸松遥がカツアゲする捏造映像や皆本@中村悠一発狂するところまでやたら動きが良くて、観ていて楽しかったよ。

[][] 機動戦士ガンダム00 #1 天使再臨  機動戦士ガンダム00 #1 天使再臨を含むブックマーク  機動戦士ガンダム00 #1 天使再臨のブックマークコメント

絶望した!ガンダムマイスターが全員生き残っている*1ことに(大人の事情的な意味で)絶望した!あと、ルイス@斎藤千和が戦場に出なければならない世界に(作品世界的に)絶望した!

統一を果たした地球連邦の治安維持部隊として発足した『アロウズ』が弾圧を深め、それに対して立ち上がるソレスタルビーイングという構図は「Zガンダム」のティターンズエゥーゴへのオマージュか。

沙慈@入野自由強制労働させられているコロニーにルイスの部隊が攻撃を仕掛け、そこに潜入している刹那宮野真守と再会するというのはなかなかドラマチックな展開。しかし刹那は沙慈を助けるだけで脱出するなんて、何のために潜入していたんだ?刹那がガンダムに乗っていたことをあっさり明かすことを含めて違和感。ルイスは何らかの強化を施されているっぽい。

戦闘シーンのクオリティは相変わらず高い。ここで半壊したエクシアを登場させるのはなかなかニクい演出だ。が、全体的にモビルスーツが前シリーズよりも格好良くないのは残念なところ。背中に顔はないだろ。勇者シリーズでもあるまいし(笑)

*1ロックオン三木眞一郎は別人らしいけど

2008-10-04

taske2008-10-04

[][] 地獄少女 三鼎 #1 奪われた少女  地獄少女 三鼎 #1 奪われた少女を含むブックマーク  地獄少女 三鼎 #1 奪われた少女のブックマークコメント

3期。まさか3期があるとは思っていなかったので、結構嬉しいですよ。

何の説明もなく閻魔あい能登麻美子が復活。普段の生活をしているいつものメンバーが集まってくるあたりは「必殺仕事人」の新シリーズぽい展開。第1話からどう見ても勘違いとしか言いようのないすれ違いで地獄に流してしまう救われない展開なのはまさに「地獄少女」。

レギュラーとおぼしきキャラがふたり。ゆずき佐藤聡美は復活した閻魔あいに何か関係がありそう。山童@椎名へきるは……そっち方面のお姉さん対策?(笑)

[][] 黒執事 #1 その執事、有能  黒執事 #1 その執事、有能を含むブックマーク  黒執事 #1 その執事、有能のブックマークコメント

原作未読。

絵に描いたようなお屋敷に住むお坊ちゃんシエル坂本真綾に使えるのはこれまた絵に描いたような執事、しかも名前セバスチャン!セバスチャン@小野大輔以外の使用人がありえないくらい無能なのが逆に笑える。で、これまた絵に描いたような無能っぽい取引相手に悪夢を見せて懲らしめるという展開?第1話にしてはインパクトに弱く、フックに欠ける印象。ああ、「あくまで執事」だから、それでいいのか。いいのか!?

[][] 鉄のラインバレル #1 クロガネと少年  鉄のラインバレル #1 クロガネと少年を含むブックマーク  鉄のラインバレル #1 クロガネと少年のブックマークコメント

原作未読。パシリをさせられている主人公が空から突然振ってきた巨大ロボットと裸の美少女との出会いによって巨大ロボットのパイロットになるという、恐ろしくありがちな展開。主人公の浩一@柿原徹也はパシリでありながら『いつか強くなる』と思っている中二病患者で、身を挺してかばってくれた幼なじみに嫉妬し手ひどい言葉をかけ、ラインバレルが目の前に現れた瞬間に強気になり、自分を『正義』だと定義して相手を『悪』と断ずる、かなりイヤなヤツ。どうも死んでいるらしい浩一の事情関係がありそう。

それにしても能登麻美子の『あなた、最低です』はシビれるなぁ(←バカ)

2008-10-03

taske2008-10-03

[][] 夜桜四重奏 #1 サクラサク  夜桜四重奏 #1 サクラサクを含むブックマーク  夜桜四重奏 #1 サクラサクのブックマークコメント

原作既読。複雑でわかりにくい世界観と最初からやたら多い登場人物物語を非常にわかりにくくしているんですけど、アニメにして大丈夫かな……

ヒメ@福圓美里が最初から妖怪だと明かされていたり、キョンシーの鈴@又吉愛が街にやってくるところから始まったりと、原作とはかなり違う展開の印象。原作は1回しか読んでいないからよく覚えていませんが(汗)。連続発砲事件が発生してその対処に動く秋名@梶裕貴たちという展開なのだが、前述の通り登場人物が多すぎる上にそれぞれの特殊能力について説明もなく使われているから結構見づらい。ことは@沢城みゆきの『だだだだだだだだだ』『弾幕薄いよ』は結構面白い演出なんだけどね。でもことはの能力がなんだかわからないと意味がわからないという。

OPsavage geniusEDROUND TABLE featuring Ninoなのはいい感じ。

[][] CLANNAD AFTER STORY #1 夏の終わりのサヨナラ  CLANNAD AFTER STORY #1 夏の終わりのサヨナラを含むブックマーク  CLANNAD AFTER STORY #1 夏の終わりのサヨナラのブックマークコメント

第2期。「AFTER STORY」ということで、前作「CLANNAD」のラスト、朋也@中村悠一と渚@中原麻衣がつきあい始めてからの話。主人公ヒロインがつきあっている状態で盛り上がるのかどうか、一抹の不安があるが……

今回は秋生@置鮎龍太郎の誘いで野球をする話。商店街のために野球をするはずなのに、商店街の人たちが誰も感染すらしていないというツッコミはさておき、春原@阪口大助を使ったギャグが冴えていた感じ。芳野@緑川光って誰だっけか……風子野中藍の姉の夫だっけか。風子、OPから消えてるな。

ただ野球をしてるだけなのにやけにダイナミックな作画はさすがと言ったところ。しかし新シリーズの第1話にしては新キャラが出るわけでもなし、何か大きな事件が起きるわけでもなしで、これは第1話というよりは番外編なんじゃという印象。

2008-10-02

taske2008-10-02

[][] とらドラ! #1 虎と竜  とらドラ! #1 虎と竜を含むブックマーク  とらドラ! #1 虎と竜のブックマークコメント

ま た 釘 宮 か。『低くてドスの利いた声』と原作では表現してあった気もするけど、原作1巻を読んだ瞬間から私の頭の中で大河の声は釘宮ボイスでした(笑)

その大河@釘宮理恵は第一声を上げるよりも先に竜児@間島淳司にパンチを食らわすわ、教室を崩壊させるわ、竜児の家を夜襲するわで大忙し。1話としてかなりインパクトある展開で好印象。場面によってドスの利いた声になる大河の演技と、死者が出そうになるほど凶悪な竜児の目つきがちゃんと再現されているのに関心した。大河の部屋が思ったよりも綺麗だったのはちょっと残念かな。

キャラデザにちょっと違和感は残るけど、テンポも良いし作画も悪くないしで第一印象はかなりグッド。

[][] 亡念のザムド #3 偽装 国際郵便 亡念のザムド #3 偽装 国際郵便船を含むブックマーク  亡念のザムド #3 偽装 国際郵便船のブックマークコメント

国際郵便船・ザンバニ号に収容されたアキユキ@阿部敦は、お約束通り反発して船長の伊舟@玉井夕海にぶん殴られる。アキユキがヒトガタにさらわれて、ナキアミ@三瓶由布子が必死になってアキユキを助け出し、それがきっかけでアキユキはザンバニ号の仲間たちとうち解けていくあたり、まさにお約束のオンパレード。今回はアクションも人物描写も比較的おとなしめ。

[][] 亡念のザムド #4 この世に響く耳鳴りの数々  亡念のザムド #4 この世に響く耳鳴りの数々を含むブックマーク  亡念のザムド #4 この世に響く耳鳴りの数々のブックマークコメント

天心様の問いかけに答えるためにザンバニ号の仕事を手伝いながらひたすら考えるアキユキ。全体的に物語の大きな動きもなく、やや退屈な展開。アキユキとザンバニ号のクルーたちが少しずつうち解けていく描写はなかなか秀逸。アクシバ小西克幸はお調子者の絵に描いたような三枚目キャラ。いい奴だ。

2008-10-01

taske2008-10-01

[][] RD 潜脳調査室 #26 リアルドライブ  RD 潜脳調査室 #26 リアルドライブを含むブックマーク  RD 潜脳調査室 #26 リアルドライブのブックマークコメント

最終話メタリアル・ネットワークが海をモデルにして作られていたというのは最初期から伝えられていた設定だったけど、そこから逆に、海が全ての記憶を内包するというのはなかなか新鮮な解釈地球自然治癒力に任せるためにメタルをシャットダウンするソウタ@高橋広樹。人工の光をなくした星と海の描写は南の島が舞台だった本作の最終回にふさわしい。波留森功至を全面的に信頼してみなを元気づけるミナモ@沖佳苗は本当に心強いな。

でもエピローグは蛇足だったかも。

総評

士郎正宗×プロダクションI.Gだから見始めただけで、最初は何の期待もしていなかったアニメ。しかし1話完結のエピソードは意外に完成度が高く、なかなかの掘り出し物だった。残念なのは「攻殻機動隊」のように派手なドンパチがないせいか、地味で人目につきにくかったこと。見れば面白いのに、見ようと思われないのはもったいないなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20081001