ピンクの髪の…… このページをアンテナに追加 RSSフィード

 ▲タイトルバナーはFLOさんに描いていただきました。ありがとう!ありがとう!(過去のタイトル画像などはこちら

長らくご愛顧頂きました当ブログですが、2015年4月を持ちまして終了となります。10年の長きわたって応援いただきありがとうございました。


2004|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|

2013-04-30

taske2013-04-30

[][] ドキドキ!プリキュア #13 ついに発見!?王女様の手がかり!  ドキドキ!プリキュア #13 ついに発見!?王女様の手がかり!を含むブックマーク  ドキドキ!プリキュア #13 ついに発見!?王女様の手がかり!のブックマークコメント

ありす渕上舞メイン。ありすの幼なじみお嬢様が出てきてありすと勝負する展開なのだが、このお嬢様が敵側新キャラレジーナ渡辺久美子とキャラがかぶってるのでややこしい。

その勝負はミスコン形式でいろんなことをして勝負となっているわけだけど、全体的にコンテストやってる感じが伝わってこないのはなぜだろう?ラストテニス勝負だけでも良かったような気もする。キュアダイヤモンド寿美菜子とキュアソード@宮本佳那子の新技お披露目がいきなり短縮バージョンだったのは泣ける。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130430

2013-04-29

taske2013-04-29

[][] 進撃の巨人 #4 解散式の夜  進撃の巨人 #4 解散式の夜を含むブックマーク  進撃の巨人 #4 解散式の夜のブックマークコメント

更に2年が経過。時間のぶっ飛びようが半端ないけど、それだけ早く物語の核心に近づいていくってことで歓迎したいところ。

実力があるほど現場から離れていくというのは現実世界でも良くある矛盾だ。それに反抗するように前線希望するエレン@梶裕貴。そしてその熱さに引き寄せられるように続々集まってくる仲間たちというのは実にアツい展開。いい仲間に恵まれたなあとしみじみ思っていたのもつかの間。いきなりの巨人の登場によって盛り上がりは一気にクライマックスに。この切り返し鳥肌が立ちましたよ。エレンにとって初めての実戦がいきなりあのでかい奴とは、この先も見逃せない。

[][] 革命機ヴァルヴレイヴ #3 エルエルフの予言  革命機ヴァルヴレイヴ #3 エルエルフの予言を含むブックマーク  革命機ヴァルヴレイヴ #3 エルエルフの予言のブックマークコメント

ひとり旅団』。日本語で言うとちょっとマヌケな感じ(笑)

敵を退けたがここで逃げるという選択をするあの議員はなかなか有能だな。しかしせっかく捕らえたエルエルフ@木村良平を逃がしてしまう軍はちょっと頼りにならない。エルエルフの活躍ぶりは確かにひとり旅団というにふさわしいが、爆薬ミサイル煙幕はどこで手に入れたのかという謎も。

サブタイトルにもあるエルエルフの予言は彼のすごさを演出するために用意されたものだろうけど、ちょっとご都合主義的すぎに思える。あの予言がなくともエルエルフのすごさはよく伝わってくる。

で、ハルト@逢坂良太に共闘を持ちかけるエルエルフ。この2人、シャアアムロ関係かと思ったが、ルルーシュスザクの関係なのかな。脚本家同じだし。

[][] 翠星のガルガンティア #4 追憶の笛  翠星のガルガンティア #4 追憶の笛を含むブックマーク  翠星のガルガンティア #4 追憶の笛のブックマークコメント

今回のストーリーはレド@石川界人ガルガンティアのいろんなところをまわって話を聞いているだけなのに、レドのいた世界についていろいろなことがわかる。

例えば、子供達が遊んでいるシーンではあの世界は幼いころから教練が行われていたことがわかるし、組織が非効率だという話では効率を追い求めることしかできない社会情勢であることがわかる。個人的にはこういう、何気ない会話にたくさんの情報が含まれている作品は好きだ。

レドが地球についてもっと情報を集めなければならないと言ったのに対してチェインバー@杉田智和がその必要はないと言っていたのが印象的。

[][] 這いよれ!ニャル子さんW #4 恋愛の才能  這いよれ!ニャル子さんW #4 恋愛の才能を含むブックマーク  這いよれ!ニャル子さんW #4 恋愛の才能のブックマークコメント

今回もニャル子@阿澄佳奈が真尋@喜多村英梨アタックしまくりの中にパロディ挿入といういつものパターン。加えて今回は柱となるストーリーがないに等しいので間延びすること甚だしい。

途中でクラスメイト達やシャンタッ君@新井里美クエストなどが挿入されるけど、本編とは何の関係もなし。後半、思い出したかのように珠緒@大坪由佳メインの話になっていくんだけど、だったら最初からそうすれば良かったのでは?

[][] DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #4 2ND DAY 激動の月曜日III  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #4 2ND DAY 激動の月曜日IIIを含むブックマーク  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #4 2ND DAY 激動の月曜日IIIのブックマークコメント

強力な敵の前に人間の壁を築いた総力戦というのは燃えるシチュエーションなんだけど、全体的に薄味過ぎて燃えない。

序盤の蹴散らされるサマナー達にしろ、中盤のヒビキ神谷浩史をかばって倒れるヒナコ@小清水亜美にしろ、もうちょっとがんばっている描写があってもいいと思うし、ラストの敵を倒すシーンもよくわからないまま倒してしまったという印象。人物描写も微妙で、全体的にあらすじを追っているだけのようにしか見えないなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130429

2013-04-28

taske2013-04-28

[][] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #4 俺の妹のライバルが来日するわけがない  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #4 俺の妹のライバルが来日するわけがないを含むブックマーク  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #4 俺の妹のライバルが来日するわけがないのブックマークコメント

桐乃@竹達彩奈アメリカ時代ルームメイトだったリア@木戸衣吹が登場。桐乃とはまた違った妹キャラで、これはこれでなかなか良い感じ(笑)

日本観光』と称して例のごとく秋葉原に行くのはともかく、その後の陸上勝負での桐乃の前向きな姿勢はいい感じだ。負けるとわかっていても勝負に挑むっていうのは実に男らしい。

京介@中村悠一『俺はロリコンじゃねー!シスコンだ!!』

名言だ。

[][] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #4 つまり、彼は友達が少ない。  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #4 つまり、彼は友達が少ない。を含むブックマーク  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #4 つまり、彼は友達が少ない。のブックマークコメント

今回の依頼人はザ・リア充こと葉山近藤隆クラスの中で悪口のメールが出回っているのでなんとかして欲しいという、なんとも他人想いな相談。四も立ちの友達は友達じゃないなら友達にしてしまえばいいというアイデア八幡江口拓也ならではのアイデア。本人は『葉山をぼっち引き込みたかった』と言ってるけど、そうは言いつつもきちんと最適解を出してしまえるあたり、人をきちんと見ているなと言う印象。

今回のエピソードは葉山だけでなく、八幡というキャラもどのような人物かを描いているように思えた。

[][] 変態王子と笑わない猫。 #3 哀しむ前に声を出せ  変態王子と笑わない猫。 #3 哀しむ前に声を出せを含むブックマーク  変態王子と笑わない猫。 #3 哀しむ前に声を出せのブックマークコメント

梓@石原夏織の前の学校エピソードちょっと酷いな。いじめはいじめた方が認定するのでなく、いじめられた方が認定するのだから、梓が転校してしまった時点であの2人は反省すべきだった。

まあそれはともかく、そうして心を閉ざしてしまった梓に対して陽人@梶裕貴は直球ストレートで攻める(というか、多分それしかできないんだろう)のが功を奏するわけだが、個人的にはもう一波乱二波乱あってもらいたかったところ。特に前の学校の生徒に対して陽人が何らかのアクションを取ってもらいたかった。

後半の月子小倉唯ののエピソードも、独立させなきゃもったいないような気もする。けど、お面をかぶったきりで顔を見せていないシチュエーションはさすがに無理があるかと(笑)

[][] 百花繚乱 サムライブライド #4 将の花嫁  百花繚乱 サムライブライド #4 将の花嫁を含むブックマーク  百花繚乱 サムライブライド #4 将の花嫁のブックマークコメント

前作で敵だった柳生義仙@水原薫が登場。今回もなにやらいろいろと画策しているようで、それにいちいち引っかき回される幸村@釘宮理恵や千@寿美菜子が微笑ましい。兼継@豊崎愛生に至ってはもはや既にアレだ(笑)

マスターサムライの上を行くサムライブライドというのが今回のポイントだけど、要するにこれってスーパーサイヤ人2みたいなものでしょ?義仙もそのなり方を探っているということで、当面の間は共闘というところか。義仙はベジータだな。

2013-04-27

taske2013-04-27

[][] とある科学の超電磁砲S #3 超電磁砲量産計画  とある科学の超電磁砲S #3 超電磁砲量産計画を含むブックマーク  とある科学の超電磁砲S #3 超電磁砲量産計画のブックマークコメント

ハッキングで取得した情報を元に潜入を開始する美琴佐藤利奈。やってることはいつもと同じパターンだけど、そこに『妹達』の存在が見え隠れするのがなかなか面白い

この物語構造として、視聴者の多くは素手の物語の全容を知っている中でまだ何も知らない美琴が、美琴の視点で行われるというのが新鮮。外伝の強みを生かしている構造だな。けど本編の『妹編』から時間が経ってるので細かいところを覚えてないのが難点。あの警報はなんで鳴ったんだっけ?(笑)

[][] 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #4 喪失  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #4 喪失を含むブックマーク  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #4 喪失のブックマークコメント

気になる引きではあったんだけど、結局のところ何も起こらずに肩透かし。途中、アンドかピンチはあったんだけど、ご都合主義と見たようなシーンの切り貼りの連続であまり盛り上がらない。

今回、MJPの生徒達は記憶を消されていることとか、敵は少数精鋭で攻めていることとかが明らかになったけど、そういうのはもっと頭の方で説明してもらいたかったなあ。

[][] 宇宙兄弟 #55 遠すぎるゴール  宇宙兄弟 #55 遠すぎるゴールを含むブックマーク  宇宙兄弟 #55 遠すぎるゴールのブックマークコメント

新田星野貴紀携帯探しにつきあったムッタ@平田広明風邪でダウン。結局最下位に。しかも先にゴールした淳から次のミッションパートナーを選べるうえに時間豊富っていうのはもう勝ち組だけがどんどん有利になっていく超競争社会だ。実にアメリカらしい。

で、最下位になったムッタのチームと組んだのがピコ大塚芳忠。これがどう見てもやる気がない奴で、自ら『やる気がないから手伝わない』と公言する困りもの。でもこれって、要するにやる気を出させたら心強い味方になるっていうフラグなんじゃないかな?

それにしてもせりかさん@沢城みゆきに看病されるとは、うらやましい奴!(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130427

2013-04-26

taske2013-04-26

[][] はたらく魔王さま! #4 勇者、心の温かさに触れる  はたらく魔王さま! #4 勇者、心の温かさに触れるを含むブックマーク  はたらく魔王さま! #4 勇者、心の温かさに触れるのブックマークコメント

真奥@逢坂良太が心の赴くままに人助けをしているのに対し、遊佐日笠陽子魔王はこうあるべきという固定観念にとらわれてしまっているようにも思える。それはかつての魔王の悪逆非道な侵略行為の数々を目の当たりにしているからだから、さもありなん。

今回は千穂@東山奈央地震を予知できたこととか、事件の黒幕が出てきたりとか、今までのモヤモヤがとれてすっきりしてきた感じ。しかしあの大家が何者なのかという疑問は残る。敵とは思えないんだが……

[][] RDG レッドデータガール #4 はじめてのルームメイト  RDG レッドデータガール #4 はじめてのルームメイトを含むブックマーク  RDG レッドデータガール #4 はじめてのルームメイトのブックマークコメント

高校に入学して友達も敵も増えた泉水子@早見沙織。どうもこの学校はそれぞれが持っている能力を使ったサバイバル日常的に行われている感じだな。学校全体がバトルロイヤル雰囲気になっている感じ?

泉水子を襲った和宮に似た顔の高柳野島裕史は確かに成績優秀かもしれないが、泉水子や深行@内山昂輝みたいな本物の前では雑魚っぽい感じだな。真響@米澤円真夏石川界人が呼び出した「ますみ」とやらは三つ子の3人目かな?

2013-04-25

taske2013-04-25

[][] 断裁分離のクライムエッジ #4 ―客は何処だ―  断裁分離のクライムエッジ #4 ―客は何処だ―を含むブックマーク  断裁分離のクライムエッジ #4 ―客は何処だ―のブックマークコメント

キャラが3人登場。瞳@井上喜久子が目が不自由な人で芳一@子安武人は耳が不自由、正義石田彰は正義マニアPKKみたいな人。ずいぶんわかりやすいな(笑)

正義がルールブックで殺すのはわかったが、残りの2人のキリンググッズはまだわからないな。ピアノで人を殺せるもんなのか?まあ、普通に考えたらルールブックも人を殺す道具ではないな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130425

2013-04-24

taske2013-04-24

[][] ドキドキ!プリキュア #12 マナの決意!あたし弟子をとります ドキドキ!プリキュア #12 マナの決意!あたし弟子をとります!を含むブックマーク  ドキドキ!プリキュア #12 マナの決意!あたし弟子をとります!のブックマークコメント

マナ@生天目仁美の弟子になりたいという少年が登場。だけど荷物を持ってもらって顔を赤くしたり、自分が小さくて弱いことに思い悩んだり、それって弟子になりたいんじゃなくて、ただ惚れただけって感じだなあ。最終的には演芸という、それまで全く触れられてなかったところに着地したり、今回の話は微妙

だけどぞうさんを見たときソード宮本佳那子ダイヤモンド寿美菜子リアクションがグッド。

[][] ゆゆ式 #3 夏休みじゃーい!  ゆゆ式 #3 夏休みじゃーい!を含むブックマーク  ゆゆ式 #3 夏休みじゃーい!のブックマークコメント

夏休みなのでプールに行ったりお泊まり会をしたり、日焼けしたりと、イベント自体は普通なんだけど、相変わらず独特のノリなのでついて行けていない私が居ます

特に今回は夏休みでお母さん先生堀江由衣が出ないで3人組オンリーなので個人的にはちょっとキツいかも……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130424

2013-04-23

taske2013-04-23

[][] 劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ  劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴを含むブックマーク  劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴのブックマークコメント

牧瀬紅莉栖@今井麻美による「シュタインズ・ゲート」。物語構造が本編と同じなのは意図的にやっていることなんだろう。しかし、あの構造を90分の尺に納めるのにはどう考えても無理がある。事件の解決がSFとはほど遠い登場人物の「想い」だったっていうのは個人的にはちょっとどうかと思う。基本的な物語自体は悪くないんだけどね。

そういえばこの劇場版、本編のキャラだけで後日談を成立させたんだけど、阿万音母が出てきて活躍してくれても良かったのになぁ。フォトショ恐るべし。

[][] DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #3 2ND DAY 激動の月曜日II  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #3 2ND DAY 激動の月曜日IIを含むブックマーク  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #3 2ND DAY 激動の月曜日IIのブックマークコメント

地下に秘密裏に建造された新幹線大阪に行くっていうのはいかにもアレな感じで燃える設定。

そこでいきなり敵クラッカーによるハッキングが行われて、ヒビキ神谷浩史達はその実行犯を捕らえるための実働部隊として派遣されるという話。大阪のトップは絵に描いたような権威主義者で無能者だが、それゆえにヒビキの冴えてるのがよくわかる。『死に顔動画』で未来がわかっていても変えられないのはお約束だが、ではあの動画は何のために存在しているのかが気になる。黒幕かと思ってた博士が実は最初の事件の実行犯で、しかも操られていたというのは面白い

[][] 宇宙兄弟 #54 俺には運がある?  宇宙兄弟 #54 俺には運がある?を含むブックマーク  宇宙兄弟 #54 俺には運がある?のブックマークコメント

総集編第3回。そろそろ話の続きが観たいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130423

2013-04-22

taske2013-04-22

[][] 革命機ヴァルヴレイヴ #2 666を超えて  革命機ヴァルヴレイヴ #2 666を超えてを含むブックマーク  革命機ヴァルヴレイヴ #2 666を超えてのブックマークコメント

いくらエルエルフ@木村良平の肉体の記憶があるからはいえ、敵陣に単体で殴り込みをかけるとか無謀すぎる。てか、そのヘリコプター、どこで用意したんだよ(笑)

宇宙に出たヴァルヴレイブはそこで初めての空間戦闘と敵エースとの戦闘。ゲージが100になると停止するヴァルヴレイブのゲージが666になるとモードが変わるというのは中二病的心をくすぐられるが、腹を斬ってパワー解放というのは新しいな。戦闘シーンのクオリティは極めて高いが、CGだからと言ってメカデザインがもうやりたい放題だな(笑)

ショーコ瀬戸麻沙美が実は生きていたっていうのは「えー」だけど、化け物になってしまったから告白できないというのはいいね

[][] 翠星のガルガンティア #3 無頼の女帝  翠星のガルガンティア #3 無頼の女帝を含むブックマーク  翠星のガルガンティア #3 無頼の女帝のブックマークコメント

必要な分だけ殺して、無駄な殺生はしないというのは理解できるが、それを守ろうとしない海賊まで殺さないというのは理解に苦しむ話だ。抑止力のための武力というなら、海賊はどうやって生活をしている?という話になる。

まあそれはさておき、メンツのために全面戦争を仕掛けてくる海賊というのはわかりやすい展開。それに対して強力を申し出るレド@石川界人。この作戦によってお互いの信頼関係がより強固になっていくというわけだ、うん。実にわかりやすい。敵味方のテクノロジーの差がありすぎて勝負にならない割にはちゃんと盛り上がるべきところは盛り上げるというのはすごい。レドが最後、『ありがとう』というのはこのアニメにとって象徴的な一言に違いない。

[][] 進撃の巨人 #3 絶望の中で鈍く光る  進撃の巨人 #3 絶望の中で鈍く光るを含むブックマーク  進撃の巨人 #3 絶望の中で鈍く光るのブックマークコメント

いよいよ軍に入隊したエレン@梶裕貴。入隊からの2日間の侵入隊員たちとのやりとりで、このあとの戦いにおいて頼りになる奴、足を引っ張る奴が見事にわかるように描かれている。気力だけは一人前のエレンだったが、立体機動の才能がない……と思わせておいて、実はベルトが壊れていたというオチしかし本当にベルトは壊れていたのか気になるところだ。まるでハートマン軍曹がエレンの親父と知り合いだったというのはいかにも燃える展開だ。

ところであの芋女@小林ゆう、インパクトあるなあ(笑)

[][] 這いよれ!ニャル子さんW #3 超邪神黙示録  這いよれ!ニャル子さんW #3 超邪神黙示録を含むブックマーク  這いよれ!ニャル子さんW #3 超邪神黙示録のブックマークコメント

いつものように敵陣に乗り込んで敵の目的を聞いてみたら、しょうもない理由だった。まあいつも通りの展開だが、今回は事前に伏線を仕込んでいたり、ハス太@釘宮理恵戦闘に参加したりと、変化を混ぜてきた感じ。しかし、肝心のオチがどうしようもなくしょうもないのはいかがなもんかと……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130422

2013-04-21

taske2013-04-21

[][] 変態王子と笑わない猫。 #2 妖精さんは怒らない  変態王子と笑わない猫。 #2 妖精さんは怒らないを含むブックマーク  変態王子と笑わない猫。 #2 妖精さんは怒らないのブックマークコメント

こちらは第2話にしていきなり梓@石原夏織デート。かと思ったら月子小倉唯乱入で一体どうなることかと思ったが、こちらはデートに至るまではもちろん、デート中も、そして別れ際にもしっかりと梓というキャラクターがどういう人物かを描いているのですんなりと話に入っていける。

実はお嬢様でもなんでもなかったという秘密を知るのがダイジェストだったのは残念だけど、なぜそのようになってしまったのか、なぜ建前が必要だったのかを推測するに十分な材料が与えられていて結末を知るのが楽しみ。タイトルの軽さとは裏腹に、意外にもしっかりと人物が描写できているので好感が持てる。

[][] デート・ア・ライブ #3 空分かつ剣  デート・ア・ライブ #3 空分かつ剣を含むブックマーク  デート・ア・ライブ #3 空分かつ剣のブックマークコメント

世界からやってきた強力な生命体を倒すのではなく対話するというのはいいテーマだと思うし、その手段がデートだということも今風で悪くないと思う。けど、士道島崎信長と十香@井上麻里奈はどうにも上っ面の萌え要素を並べ立てただけのようにしか見えない。十香というキャラクターがどんな人物か何も語られていないせいもあるが、起こるイベントが何もかも軽すぎるというのも問題。士道が死んだと思って逆上する十香、放心する折紙富樫美鈴というのもわかるけど、そういう行動に至る絶対的な積み重ねがない。テーマが作品のレベルに対して重すぎたのかも。

[][] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 俺の友達眼鏡を外すわけがない  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 俺の友達が眼鏡を外すわけがないを含むブックマーク  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 俺の友達が眼鏡を外すわけがないのブックマークコメント

誰このお嬢様美少女(笑)

沙織生天目仁美主催サークル(確か名前があったはずだけど1期1話以降出てないと思う)が出来る顛末過去話。どうしても敵わない姉に追いつくため、そして心地よい自分の居場所を作るためにサークルを主催するというのはわかりやすい動機だ。だからといってあのダサいメガネファッションをする必要はなかろうと思わないでもないが、あれは沙織の内面を見てくれる人を集めたかったということなんだろう。

いやしかし、眼鏡を取ったら美少女っていうのはお約束中のお約束だけど、まさかここまでとは……。桐乃@竹達彩奈からの乗り換え余裕でした!(笑)

2013-04-20

taske2013-04-20

[][] 百花繚乱 サムライブライド #3 愛と忠  百花繚乱 サムライブライド #3 愛と忠を含むブックマーク  百花繚乱 サムライブライド #3 愛と忠のブックマークコメント

すっかりギャグ要員(いや、最初からかw)の兼継@豊崎愛生メイドの中でナンバーワンを決めて、ビリだったメイドは出ていくなんて言い出した瞬間にもう結末がわかりきってしまうのが悲しい(笑)

そして予想通りの展開。だったはずなんだけど、思いもよらぬシリアス展開にびっくり。佐助@赤崎千夏を逃がすために命を賭ける兼継はらしくないけどかっこいい。マスターサムライになって調子に乗るところまでは既定路線だけど、もうマスターサムライが多すぎてマスターサムライのバーゲンセール状態。

[][] とある科学の超電磁砲S #2 寿命中断  とある科学の超電磁砲S #2 寿命中断を含むブックマーク  とある科学の超電磁砲S #2 寿命中断のブックマークコメント

クリティカル』なる能力を使う(美琴佐藤利奈フェイクだと言っていたけど個人的にはそれこそがフェイクだと思う)人物も登場して、いよいよ物語が動き始めた感じ。

街中にばらまかれたマネーカードという、一見小さな事件かと思われることから大きな事件につながっていくのはシリーズお約束。今回も佐天さん@伊藤かな恵はこの小さな事件に首を突っ込んで事件に巻き込まれるというパターンに違いない(笑)

今回のラストで「妹」の存在に触れられたけど、ここから本編の妹編につながるとすれば、本編とは違った角度であのエピソードを見られるということになり、それはそれで楽しそうだ。

[][] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #3 たまにラブコメの神様はいいことをする。  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #3 たまにラブコメの神様はいいことをする。を含むブックマーク  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #3 たまにラブコメの神様はいいことをする。のブックマークコメント

このアニメの真のヒロイン戸塚彩加@小松未可子が登場。やたら可愛かったり、やたら八幡江口拓也にフレンドリーだったり、やたらくっついてきたりで、ようやく間違ったラブコメが発動。結衣@東山奈央雪乃早見沙織にべったりだし、やっぱりこっちも間違ってる。

今回のメインはテニスコートを巡ったDQNチームとぼっちチームの対決。試合に勝って勝負に負けたという結末はいかにも八幡らしい。葉山近藤隆グループの優美子@井上麻里奈マジでイラっと来るタイプ。こいつのせいで葉山の印象まで悪くなってるというのがポイント

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130420

2013-04-19

taske2013-04-19

[][] はたらく魔王さま! #3 魔王新宿で後輩とデートする  はたらく魔王さま! #3 魔王、新宿で後輩とデートするを含むブックマーク  はたらく魔王さま! #3 魔王、新宿で後輩とデートするのブックマークコメント

遊佐日笠陽子のところに黒幕とおぼしき人物から電話が入ったり、突然地下街が崩落して真奥@逢坂良太に魔力が戻ったりと深刻になりつつある状況を内包しながら、身元引受人にされて怒る遊佐とか、真奥と千穂@東山奈央のデートをのぞき見する遊佐とアルシエル小野友樹とか、日常パートギャグもちゃんと盛り込んでいてそのバランス感覚絶妙

真奥はそこらのハーレム主人公と違ってちゃんと千穂の気持ちを理解しながら、大人として接しているのが好印象。いい奴だなぁ(侮辱

[][] 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #3 奇襲  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #3 奇襲を含むブックマーク  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #3 奇襲のブックマークコメント

強制的な1日半の休暇ということで、ギャグ回なんだと思うんだけど、そのギャグがことごとく上滑りしていて寒いセンス20年ほど古いような気がするんだよなぁ。

しかし、ラストの出撃から引きにかけては緊迫感を持った展開になっており、続きが気になる展開。今度こそ期待を裏切らないで欲しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130419

2013-04-18

taske2013-04-18

[][] RDG レッドデータガール #3 はじめてのお使い  RDG レッドデータガール #3 はじめてのお使いを含むブックマーク  RDG レッドデータガール #3 はじめてのお使いのブックマークコメント

泉水子@早見沙織東京に行って、戻ってきたことによって和宮釘宮理恵が動き出す。泉水子のまわりで超常現象が起こってにわかに盛り上がりも増してきて、ようやくこの物語エンジンがかかってきたかと思ったが、泉水子の言葉ひとつで決着がついてしまったのは物足りない。泉水子が転校してきて、ここまでがプロローグってところかな。

それにしても深行@内山昂輝の情けないことよ。敵わないとわかってても突っ込むくらいの気概は欲しいものだねぇ(無責任

[][] 断裁分離のクライムエッジ #3 ―雷雲をわたれ―  断裁分離のクライムエッジ #3 ―雷雲をわたれ―を含むブックマーク  断裁分離のクライムエッジ #3 ―雷雲をわたれ―のブックマークコメント

ランドセルを背負った祝@小岩井ことりはどう見ても小学生しか見えず、そんな祝と一緒に歩いている切@花江夏樹変態さんにしか見えない。いや、祝の髪を撫でながら『斬っていい?』なんて聞いてる時点で十分変態さんだけどね(笑)

祝の家に泊ることにした切というお約束シチュエーションにお風呂場でのハプニングというお約束ハプニングが起こるさなかに忍び寄る狂気というのがこのアニメスタイルかな。萌えと狂気のハイブリッドってところだろうが、肝心の狂気成分が微妙に薄い気も。切が異常に強いのも盛り上がりに欠ける要因。

2013-04-17

taske2013-04-17

[][] ゆゆ式 #2 情報処理 ゆゆ式 #2 情報処理部を含むブックマーク  ゆゆ式 #2 情報処理部のブックマークコメント

ヘンな言葉がツボに入ったり、いきなりおっぱいについて議論したり、犬について調べたり、ヘンな言い方にこだわってみたり、なんかいろいろやってるんだけど、ノリが独特すぎて、あまりついて行けてない感じ。楽しいわけでもなく、共感できるわけでもなく、癒やされるわけでもないんだけど、でもつまらないわけでもない。なんか不思議アニメだ。

ああ、お母さん@堀江由衣は凄く癒やされます(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130417

2013-04-16

PVより

[][] 宇宙戦艦ヤマト2199 #5 望郷銀河空間  宇宙戦艦ヤマト2199 #5 望郷の銀河間空間を含むブックマーク  宇宙戦艦ヤマト2199 #5 望郷の銀河間空間のブックマークコメント

第15話〜18話。

艦隊戦はSFの華。その華を今回は2度も見せてくれる。ヤマトのワープアウト地点を予測して大艦隊を集結させるドメル@大塚明夫の手腕は見事の一言に尽きる。ここをどう乗り切るのかと思ったが、なるほどそう来たか。逆に、2度目の艦隊戦はこちらからの殴り込み今回、波動砲を初めて本来の役割通りに使ったような気がする。こちらは敵将の無能さもあって比較的余裕を持って観ていられたかな。

今回のもう一つの見所は敵味方双方での派閥争い。原作にはなかったエッセンスで、お互い一枚岩でないことが逆に人間らしさを深めることになっているのは間違いない。ユリーシャの謎については、見事にミスリードにしてやられたって感じだなぁ。

[][] ドキドキ!プリキュア #11 めざめよ!プリキュアの新たなる力!  ドキドキ!プリキュア #11 めざめよ!プリキュアの新たなる力!を含むブックマーク  ドキドキ!プリキュア #11 めざめよ!プリキュアの新たなる力!のブックマークコメント

特定の部に所属するよりも助っ人がしないマナ生天目仁美。なんというジャージ部魂(笑)。でも、マナが生徒会長でみんなから信頼されていて何でも出来るという設定には未だに違和感があるんだよなあ。ここまでの描写だと明るくてリーダーシップはあるけど、おっちょこちょいで多数から絶対の信頼を得るようなキャラには見えない。むしろ、六花@寿美菜子の方が生徒会長向きに見える。

新しい技についてはまあいつものパターンってことで。子供向けアニメは毎年観る人が少しずつ変わるからいつものパターンでもよいのでは。

2013-04-15

taske2013-04-15

[][] 進撃の巨人 #2 その日  進撃の巨人 #2 その日を含むブックマーク  進撃の巨人 #2 その日のブックマークコメント

一人でも多くを逃がすとか、せめて子供だけとか、自分だけ先に逃げるとか、そういうのが馬鹿らしくなるくらい、巨人存在感は圧倒的で、人類絶望してしまうのも、25万人の兵力が全滅してしまうのも理解できる。

そんな中、巨人への復讐を誓うエレン@梶裕貴。その決意が固いことは理解できるが、あの状況では何を言っても負け犬の遠吠えしかないのは確かで、ミカサ石川由依の言うことは100%正しいな。

時は流れて軍に志願した3人だったが、あの圧倒的な強さを見せられてどう立ち向かうのか非常に気になる。

[][] 翠星のガルガンティア #2 始まり惑星  翠星のガルガンティア #2 始まりの惑星を含むブックマーク  翠星のガルガンティア #2 始まりの惑星のブックマークコメント

地球のおかれた状況(どうも過去に飛ばされたわけではない模様)とか、船団ガルガンティアのこととか、エイミー@金元寿子好奇心いっぱいの性格とか、果てはレド@石川界人の属する世界食生活まで、様々なことが説明されるエピソード。とはいえ、説明臭さやわかりにくさはあまりなく、ごく自然にわかりやすく頭に入ってくる、秀逸な脚本

地球へ来て最初戦闘はお決まりの海賊無双状態になるのはお約束だが、やり過ぎてしまった感のあるレドに対して、ガルガンティアの人々がどうリアクションするのかが気になるところだ。

[][] 這いよれ!ニャル子さんW #2 セラエノ図書館戦争  這いよれ!ニャル子さんW #2 セラエノ図書館戦争を含むブックマーク  這いよれ!ニャル子さんW #2 セラエノ図書館戦争のブックマークコメント

唐突舞台プレアデス星団のセラエノ図書館へ。そこで事件に巻き込まれるのはいいんだが、中盤の何もしない日常生活意味はあったのかかなり疑問。何もしないうちに裏で上司がいろいろ調べてくれているっていうのはもうストーリーを語ることを拒否しているのではないだろうか?

基本的にパロディしか見るべきところがないわけだが、更にそのパロディも劣化に次ぐ劣化で酷い有様だ。打開の道は全く見えてこない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130415

2013-04-14

taske2013-04-14

[][] 変態王子と笑わない猫。 #1 変態さんと笑わない猫  変態王子と笑わない猫。 #1 変態さんと笑わない猫を含むブックマーク  変態王子と笑わない猫。 #1 変態さんと笑わない猫のブックマークコメント

冒頭から清々しいまでの変態ぶりを発揮している主人公の横寺陽人@梶裕貴。これは諸星あたるとか、横島忠夫とか、橘純一の系譜だな。真性の変態(笑)

一方のヒロイン、筒隠月子小倉唯小豆梓@石原夏織はどうもキャラデザから受ける印象と実際の性格が違っている様子。……と思ったが、なるほど、笑わない猫の力でそれぞれ性格が変わってしまうという展開なのか。これは面白い。展開が進むにつれてキャラの性格がコロコロ変わるとしたら画期的だな。

1話を観たところ、明るく変態でお馬鹿なラブコメって感じで、ライトに楽しめそうな感じだ。

[][] 百花繚乱 サムライブライド #2 忠、ふたたび  百花繚乱 サムライブライド #2 忠、ふたたびを含むブックマーク  百花繚乱 サムライブライド #2 忠、ふたたびのブックマークコメント

幸村@釘宮理恵サル猿飛佐助@赤粼千夏が登場。初登場からして幸村のパンツを盗むところからっていうのはいかにもこのアニメらしいな。しかも宗朗@平川大輔のせいにされているのが笑える。

先週の次回予告でサブタイトルに『忠』が入っているとマスターサムライ誕生する確率が高いと言っていたけど、まさかの展開にびっくり。斜め上すぎるわ〜

[][] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #2 信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #2 信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがないを含むブックマーク  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #2 信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがないのブックマークコメント

ラブプラ……じゃなくて『ラブタッチ』なるゲームにドハマりの桐乃@竹達彩奈。桐乃から京介@中村悠一、あやせ@早見沙織、麻奈実@佐藤聡美とどんどん伝染していくのが笑える。けど、ゲームに向かってデレ顔で愛をささやく姿はいくら美少女でも気持ち悪い。ましてや男なぞ(笑)

麻奈実とあやせがゲーム中のキャラと同じ行動をしているのは予想通りだったけど、まさかヤンデレルートには笑った。

[][] DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #2 激動の月曜日I  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #2 激動の月曜日Iを含むブックマーク  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #2 激動の月曜日Iのブックマークコメント

3人が連れて行かれた国家機関は、以前からこのことを予見して活動していたというのだが、国家機関にしてはデザインが中二病入りすぎているように思えなくもない(笑)

今回はヒビキ神谷浩史が戦いにもを投じるかどうかの決断をなすエピソード。展開自体は至って普通だけど、台詞回しが全体的に嘘くさいというか、不自然に思えたのが残念。悪魔召還アプリを開発した開発者行方不明ということだが、この女が一般人にアプリを無差別的に配布して事態を混乱させているように思えるな。

2013-04-13

taske2013-04-13

[][] とある科学の超電磁砲S #1 超電磁砲  とある科学の超電磁砲S #1 超電磁砲を含むブックマーク  とある科学の超電磁砲S #1 超電磁砲のブックマークコメント

前シリーズアニメオリジナルキャラを出しつつ、今シリーズ重要そうな役割を持つレベル5のキャラも登場させて、なおかつ美琴佐藤利奈レールガンも見せてくれるという盛りだくさんな第1話。前回第1話でぶっ飛ばしたのがバンだったのに対して今回はヘリだったと何気にパワーアップしているのがポイント

美琴、黒子新井里美、初春@豊崎愛生、佐天@伊藤かな恵、4人の掛け合いの楽しさは健在。

[][] デート・ア・ライブ #2 再接近遭遇  デート・ア・ライブ #2 再接近遭遇を含むブックマーク  デート・ア・ライブ #2 再接近遭遇のブックマークコメント

人とは異なる知的種族に対して戦いではなく対話を求めるというのは古来からSFに良くあるテーマで、それ自体は結構好きなものなのだが、このアニメ場合、そこに至るプロセスがお粗末すぎる。

十香@井上麻里奈に対して対話でデレさせるというのが目的のはずなのに、2、3言葉を交わしただけでモウデレているというのはテーマに全く合っていないし、途中で挿入されるラタトスクからのギャグも全く面白くないどころか、真剣な対話の邪魔しかない。作画はいいしBGMもいいのに、肝心のストーリーが足を引っ張っている状況。

[][] 革命機ヴァルヴレイヴ #1 世界を曝く  革命機ヴァルヴレイヴ #1 世界を曝くを含むブックマーク  革命機ヴァルヴレイヴ #1 世界を曝くのブックマークコメント

ダイソンスフィアとはまたSF好きの心を揺さぶるキーワード

平和の中で暮らしている少年のところに突然降ってわいた戦火の渦、潜入してくるスパイ、偶然見かけたロボットに乗り込んで敵を撃破。まるっきりファーストガンダム1話の展開そのままだけど、これをサンライズが作っているというのは感慨深い。争いに迷いがある主人公が、彼女が死んでしまったとはいえいきなりロボットに乗り込んで戦おうとする展開に無理はあるけど、ヴァルヴレイヴのデザインも戦闘シーンも格好良くて非常に満足。スク水少女が出てくるあたりがいかにも今風(笑)

て、あれダイソンスフィアじゃなくてただのスペースコロニーだよね。

[][] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #2 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #2 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。を含むブックマーク  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #2 きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。のブックマークコメント

八幡江口拓也は思ったよりもマジヒッキーだったけど、八幡はもっと優等生っぽいかと思っていた。けど、材木屋@檜山修之は予想を遙かに上回る気持ち悪さで非常によい。今回の話は材木屋の気持ち悪さに目が行きがちだけど、個人的には結衣@東山奈央の属するグループの息苦しさと、そこから離れようと奮闘する結衣なんじゃないかなと思う。

[][] フォトカノ #2 学園天国  フォトカノ #2 学園天国を含むブックマーク  フォトカノ #2 学園天国のブックマークコメント

エッチアングル撮影するから新体操部に出入り禁止以前に、買ったばかりのカメラ人間しか撮るものがないというのが全く理解できない。しかも、当人に許可を得ないどころか、『やめて』と言っているのにやめなかったり、『消して』と言っているのに消さなかったりと、やっていることがまるで三流の芸能スポーツ紙で気持ち悪い。物語としても突然水着姿で自分を撮影してくれとかご都合主義的展開満載で、何一つ見るべきものがない。

[][] 宇宙兄弟 #53 生きて二人で月に立とう  宇宙兄弟 #53 生きて二人で月に立とうを含むブックマーク  宇宙兄弟 #53 生きて二人で月に立とうのブックマークコメント

総集編・ヒビト@KENN編。本編の侵攻がスローなので、総集編はこれくらいのペースだと……いや、さすがにこれが許されるのは総集編だけだな(笑)

2013-04-12

taske2013-04-12

[][] ゆゆ式 #1 高校生になりました  ゆゆ式 #1 高校生になりましたを含むブックマーク  ゆゆ式 #1 高校生になりましたのブックマークコメント

原作未読。主役の女の子3人の名前が「ゆ」で始まるから『ゆゆ式』なのね。

メインの女の子が3人っているのは珍しいけど、それ以外は至って普通日常系アニメ。男の気配が全くないこととか、これといって何も起こらないところは「けいおん!」「ゆるゆり」あたりの路線を目指しているように思える。が、先人が偉大なのでそこまでたどり着けるかどうか見物。河原のシーンとか、放課後PC太陽系について調べるとか、ノリが独特で、好みが分かれそうな感じ。

個人的には3人組よりもお母さん先生堀江由衣がいい感じ。

[][] はたらく魔王さま! #2 勇者仕事優先で魔王城に泊まる  はたらく魔王さま! #2 勇者、仕事優先で魔王城に泊まるを含むブックマーク  はたらく魔王さま! #2 勇者、仕事優先で魔王城に泊まるのブックマークコメント

魔王@逢坂良太を追って笹塚にやってきた勇者@日笠陽子。偵察と称して完全にストーカーと化しているのが笑える。あれか、遊佐姓っていうのは「はがない」同様、ストーキングする運命でも背負っているのか?(笑) 対する魔王はバイト先での対応を見る感じ全く相手にしていないのもまた笑える。そしてしょぼくれる勇者。だいたいこの2人の関係性がわかってきた。

と思ったところで謎の襲撃。自信とか銃撃とか、バイト先の女の子、千穂@東山奈央も絡めて、ただ単にお気楽コメディじゃなさそうな感じで続きが気になる。

[][] 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #2 ヒーロー誕生  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #2 ヒーロー誕生を含むブックマーク  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #2 ヒーロー誕生のブックマークコメント

命令違反を犯して勲章というのはマスコミ対応だと前向きに解釈したいところ。けど、「タイバニ」ライクなスポンサーロゴはもう少し何とかならなかったものか。あまりに格好悪すぎる。

記者会見とか戦闘とか、それなりに見所はあるはずなのに全く盛り上がらないという不思議な現象。全体的に淡々と進みすぎていて心に残るシーンがない。記者会見でガヤ音がなかったり、救助された人が一言も話さなかったり、戦闘シーンのBGMが全くマッチしていなかったり、音響に問題有り?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130412

2013-04-11

taske2013-04-11

[][] 断裁分離のクライムエッジ #2 ―異端の肖像―  断裁分離のクライムエッジ #2 ―異端の肖像―を含むブックマーク  断裁分離のクライムエッジ #2 ―異端の肖像―のブックマークコメント

祝@小岩井ことりの髪を切@花江夏樹が切ったことにより、なぜかデスゲームが始まる。周囲の全員が祝の命を狙ってくる、切は祝を守る。ルールとしては単純。敵味方もわかりやすいな。ただ、このデスゲームがなぜ行われなければならないのか、合理的な説明は一切なし。

登場人物は物語性格上、ほとんど病んでいるわけだが、キャラクターけがかなり強引で、とってつけたような病み方をしているのが気になる。髪を切った祝はかわいいのだけど、それだけで見続けられるかというと、ちょっと疑問。

[][] RDG レッドデータガール #2 はじめての手のひら  RDG レッドデータガール #2 はじめての手のひらを含むブックマーク  RDG レッドデータガール #2 はじめての手のひらのブックマークコメント

泉水子@早見沙織が何らかの能力を持っていることは1話の時点で仄めかされていたが、ここで一気に前面に出てきた感じ。

他人には見えない影に怯えたり、電子機器が動かなくなったりと、泉水子に忍び寄る影の正体については推測は出来るけど確たる証拠はまだ何もない感じ。最終的に泉水子の身体に何者かが憑依するという展開になるわけだけど、雪政@福山潤けがわかっていて思わせぶりなことしか言わないから、結構ストレスたまる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130411

2013-04-10

taske2013-04-10

[][] 這いよれ!ニャル子さんW #1 進撃の邪神  這いよれ!ニャル子さんW #1 進撃の邪神を含むブックマーク  這いよれ!ニャル子さんW #1 進撃の邪神のブックマークコメント

よく言えば1期そのままのノリ、悪く言えばマンネリ、な第1話。結局のところ、ニャル子@阿澄佳奈達が真尋@喜多村英梨を取り合ってドタバタするか、オタクネタパロディで遊ぶくらいしかしてなくて、新展開とかが全くないんだよなー。新シリーズの1話目くらいは新キャラ出すとか、そういう新シリーズって感じのことをしてくれてもいいと思うんだが……

あと、前期オープニングテーマは素晴らしかった。だからといってあんまり流しすぎると今回のオープニングの影が薄くなってしまうような樹がする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130410

2013-04-09

taske2013-04-09

[][] ドキドキ!プリキュア #10 転校生は、国民スーパーアイドル!!  ドキドキ!プリキュア #10 転校生は、国民的スーパーアイドル!!を含むブックマーク  ドキドキ!プリキュア #10 転校生は、国民的スーパーアイドル!!のブックマークコメント

真琴宮本佳那子が転校してきて、真琴メインの話かと思ったら、意外にも六花@寿美菜子の話だった。真琴と仲良くしているマナ生天目仁美を見て、モヤモヤした気持ちになる六花がベリグー。やっぱり六花が4人の中で一番いいな〜

ジコチューになった真琴のファンが、キュアソードを前にして『お前誰だ』って言ってたのは笑った。

[][] 宇宙兄弟 #52 兄とは常に  宇宙兄弟 #52 兄とは常にを含むブックマーク  宇宙兄弟 #52 兄とは常にのブックマークコメント

時間移動に伴って、ご新規さんでも入りやすいように総集編。このペースだと今月はずっと総集編の勢いかも。

[][] 惡の華 #1  惡の華 #1 を含むブックマーク  惡の華 #1 のブックマークコメント

原作未読。さすがに動きは細かいが、この絵柄は受け入れられないだろうなぁ。

何も起こらない平凡な高校生活を淡々と描いているだけで全く面白味に欠ける展開。リアルっていえばリアルなんだけど、そういうのはリアルで経験してるわけで(笑)。てか、こういうにはアニメでやる必要あるんだろうか?

とりあえず、個人的にはエンディングテーマ生理的に受け付けないので、このアニメは無理っぽいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130409

2013-04-08

taske2013-04-08

[][] 翠星のガルガンティア #1 漂流 翠星のガルガンティア #1 漂流者を含むブックマーク  翠星のガルガンティア #1 漂流者のブックマークコメント

冒頭の発進シークエンスちょっと説明過多のような気もするけど、この世界が置かれている状況がわかりやすく頭に入ってくる。その直後に繰り広げられる戦闘シーンは絵は綺麗なんだけど、綺麗すぎて迫力に欠けるのが玉にきず。てか、この運用の仕方は人型兵器である必要ないんじゃないか

……とか思いながらダラダラと観ていたんだけど、後半は一転。視聴者と同じく訳のわからない状況に置かれた主人公が少しずつ状況を把握するうちにどんどんワクワク感が広がっていく。そして最後に明かされるこの世界の真実ヤバい、こういう世界観の話は大好きだ。キャラもかわいいし、話も面白い。これは期待できそうだ。

[][] デート・ア・ライブ #1 四月一〇日  デート・ア・ライブ #1 四月一〇日を含むブックマーク  デート・ア・ライブ #1 四月一〇日のブックマークコメント

原作既読。いかにもライトノベルありがちな頭が弱くてお兄ちゃん大好きな妹の存在というのは、このあとにやってくる非日常的な戦いの日々とのギャップを感じさせるのに非常に役立っていると思える。作画レベルは高く、戦闘シーンもスピーディでクオリティが高いことから気合いを入れて製作されていることはわかる。突如現れて、街を壊す『精霊』なる存在に、主人公士道島崎信長がどう関わっていくのは興味深い。

まあ、第1話、第2話くらいは非常に面白いし、期待できるんですよ。奥歯に物のはさまった書き方なのは、このあとの展開を知っているからなんだけど、どうか予想を裏切るクオリティであって欲しいと切に願う。

[][] 進撃の巨人 #1 二千年後の君へ  進撃の巨人 #1 二千年後の君へを含むブックマーク  進撃の巨人 #1 二千年後の君へのブックマークコメント

原作未読。人類の天敵たる巨人に壁の中に追いやられてしまった世界舞台ってとこか。

画面の密度半端ないっていうのが第一印象。外から戻ってきた軍人達の絶望感や疲弊も半端ないな。それだけでこの世界の置かれている状況がわかる。

その割に、街は発展していて豊かなようだし人々の目に力があるのは違和感がある。……と思ったが、それはこのあと待ち構えている絶望をより際立たせるためだと理解した。巨人が壁を破って中に入ってきた後は画面から目を話すことができない怒濤の展開。母親が目の前で食われてしまうというのはあまりに絶望的。

[][] DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #1 憂鬱日曜日  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #1 憂鬱の日曜日を含むブックマーク  DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION #1 憂鬱の日曜日のブックマークコメント

原作プレイ普通高校生だった主人公が、悪魔召還プログラムを入手してしまったがために平凡でなくなってしまうという出だしは王道も王道。しかし悪魔召還プログラムを用いて悪魔を呼び出し戦うさまはまさに「メガテン」。「デビルサバイバー」はやったことなくても「メガテン」はやったことある身には非常に懐かしいシチュエーション

悪魔召還プログラムが携帯アプリになっているのは今風って感じ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130408

2013-04-07

予告編より

[][] 劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOME  劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOMEを含むブックマーク  劇場版花咲くいろは HOME SWEET HOMEのブックマークコメント

本編中の、まだ喜翆荘があるときの話。

物語は緒花@伊藤かな恵の両親のなれそめのころの話と、菜子@豊崎愛生家族の問題の2つ別れているが、短い尺の中でそのどちらがメインというわけでもなくてどっちつかずで盛り上がりに欠ける印象。劇中トラブルはいくつか発生するが、物語全体を揺るがすほどのものでもなく、盛り上がらないまま終わってしまった感じ。本編は好きだったんだけど、この劇場版はイマイチだったのが残念。

その中でも巴さん@能登麻美子は相変わらずいい仕事していました(笑)給与入浴シーンが多かったのもグッド。

[][] フォトカノ #1 出会い  フォトカノ #1 出会いを含むブックマーク  フォトカノ #1 出会いのブックマークコメント

原作プレイカメラを買った瞬間女の子から映して映してと言い寄られるのは、冴えない主人公モテまくる以上にアレな展開だ。おまけに2つの部が取り合いになるというのはもうご都合主義を通り越してパワーストーンか何かの御利益に見えてくる(笑)

テーマがテーマだけに女の子がメインになるのは問題ないんだけど、その割には1話からして作画が低調なのと、ストーリーは問題外なので、この先がかなり心配

[][] 絶対防衛レヴィアタン #1 絶対仲間にするもん!  絶対防衛レヴィアタン #1 絶対仲間にするもん!を含むブックマーク  絶対防衛レヴィアタン #1 絶対仲間にするもん!のブックマークコメント

原作……これ原作ソーシャルゲームだったのか。ソーシャルゲームは大嫌いだけど、アニメ責任はないわけで、面白ければ何の問題もない。

……はずだったんだけど、世界観キャラクターストーリーもつまらなくはないけど、面白くもない。心に引っかかる部分が全くない、空気みたいなアニメだ。後半ごろつきとの間で一悶着あって盛り上げようとしてるのはわかるんだけど、全く盛り上がってない。キャラは悪くないけど……

[][] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 俺の妹が再び帰ってくるわけがない  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 俺の妹が再び帰ってくるわけがないを含むブックマーク  俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #1 俺の妹が再び帰ってくるわけがないのブックマークコメント

原作未読。1期からどれくらい経った?1期の後半、ネット公開部分からしてすでに蛇足気味だった「俺妹」だけど、どうやって物語を続けるのかと期待半分、不安半分。

アメリカから帰ってきた桐乃@竹達彩奈は京介@中村悠一をガン無視、京介の頬にキスした黒猫花澤香菜もそっけないと、全体的に人間関係リセットされている感じ。1期1話と違うのは最初から桐乃がオタク趣味カミングアウトしてるところか。とにかく、ここまで構築した人間関係を表向きリセットした状況にしてどうするのか、興味深いところではある。

[][] 百花繚乱 サムライブライド #1 真陰、開幕  百花繚乱 サムライブライド #1 真陰、開幕を含むブックマーク  百花繚乱 サムライブライド #1 真陰、開幕のブックマークコメント

悪を倒してヒーローになったはずの主人公陣営が、なんだかんだで貧乏になってしまうのは良くある展開だが、道場メイド喫茶になって幸村@釘宮理恵や千@寿美菜子守銭奴になっていたのは笑える。

その後現れた謎の集団によってマスターサムライとなった幸村や千、そして十兵衛@悠木碧を待つ1ヶ月の猶予という展開はどことなく「ドラゴンボール」の人造人間っぽい。精神と時の部屋に入って修行しないと(笑)。全体的にテンポ良くてギャグもお色気もバッチリで結構楽しい

ところで今回は乳首パンチラもオッケーになったんですね。

2013-04-06

taske2013-04-06

[][] ジョジョの奇妙な冒険 #26 神となった男  ジョジョの奇妙な冒険 #26 神となった男を含むブックマーク  ジョジョの奇妙な冒険 #26 神となった男のブックマークコメント

『そのうち考えるのをやめた

まりにも強くなりすぎて、ジョセフ@杉田智和はもちろん、地球でさえも手に負えなくなったカーズ井上和彦宇宙に放り出されて未来永劫宇宙空間をさまようエンドというのは衝撃的だが納得のいく終りかたでもある。その後、ジョセフの葬式にひょっこり現れるというのはいかにもジョセフらしい。

50年後、DIOの棺桶が引き上げられ、老人となったジョセフが日本に来るまでが第2部だが、その後承太郎まで出てくるのは嬉しいファンサービス

総評

最初は1部2部のアニメ化と聞いてあんな地味な部をアニメ化して大丈夫かと思ったが、完全に杞憂だった模様。作品からスタッフの「ジョジョ愛」にあふれている、素晴らしいアニメ化だった。2部ってこんなに盛り上げるストーリーだったんだなと今になって気づかされた。

てか、ここまでやっておいて終わりってことないよね?3部からが「ジョジョ」の本番だよ!

[][] やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #1 こうして彼らのまちがった青春が始まる。  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #1 こうして彼らのまちがった青春が始まる。を含むブックマーク  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #1 こうして彼らのまちがった青春が始まる。のブックマークコメント

原作既読。

友達いない主人公が奇妙な部活動に無理矢理入れられてそこのかわいい女の子といろいろやったりやらなかったりする……どこかで聞いたような設定だが、「はがない」よりもこっちの方が主人公の根性ねじれていてより「リアルぼっち」。

前半15分でもうこれ以上ないくらい周囲の人間にボロクソに言われても屁とも感じていない主人公の八幡江口拓也はなかなか根性の座った主人公。今回の依頼人である由比ヶ浜結衣@東山奈央が私のお気に入りなんだけど、キャラデザがあまり好きになれんとです……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130406

2013-04-05

taske2013-04-05

[][] はたらく魔王さま! #1 魔王笹塚に立つ  はたらく魔王さま! #1 魔王、笹塚に立つを含むブックマーク  はたらく魔王さま! #1 魔王、笹塚に立つのブックマークコメント

原作未読。冒頭の勇者対魔王のクオリティは高く、これがただのプロローグだと知っていても手に汗握る。これを本編にもしてもらいたいくらいだ。それに対して日本に来た後の魔王@逢坂良太ギャップが笑える。戸籍作って口座作って部屋探してバイトにいそしむという、この世界ルールをちゃんと守っているところが小市民的で実によい。

CM明けてBパートになったらもう日本での生活にすっかり馴染んでいて、部屋は生活臭漂っているばかりか、魔王は勤労意欲にあふれているというのが面白い。おまけにミチですれ違ってラブコメ展開になるんじゃないかと思った女の子が実は勇者@日笠陽子ってのも面白い。これは面白くなりそう。

[][] 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #1 出撃  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #1 出撃を含むブックマーク  銀河機攻隊 マジェスティックプリンス #1 出撃のブックマークコメント

ファースト・インプレッションは「デザインも演出も古くさい」。全体的に90年代臭が凄くして、これは本当に2013年アニメなのかと疑いたくなる。

ストーリー微妙で、おちこぼれのはずの少年少女達がなぜ最新兵器に乗ることになったのかは今後説明があるとしても、おちこぼれなのに全滅の憂き目にあった正規軍を無事撤退させたばかりか更に敵を全滅させようという活躍ぶりには全く納得できない。戦場に残された民間人はなぜかえらく脳天気に談笑してるし、とにかくおかしな点が多い。発進シーケンスの4分割画面なんて何年前の演出だ?

せっかくのオリジナルロボットアニメなのに、全くいいところが見あたらない。大丈夫なのかな、これ……

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130405

2013-04-04

taske2013-04-04

[][] 断裁分離のクライムエッジ #1  断裁分離のクライムエッジ #1 を含むブックマーク  断裁分離のクライムエッジ #1 のブックマークコメント

原作未読。髪フェチまでは理解できる。だが、髪の長い女の子を見ただけで無意識のうちに鋏を取り出すのは理解不能だし、髪をすりすりしたり、髪をぞんざいに扱われて切れたりというのは理解不能という以前に引いた。

けど、このまま殺人鬼になってしまいそうな主人公狂気に突っ走ってくれるのなら、それはそれで面白くなりそうだが……あれ?いきなり髪切っちゃったよ?物語テーマかと思われた事柄が1話で決着してしまって、このあとどう続けるんだろう?

[][] RDG レッドデータガール #1 はじめての転校生  RDG レッドデータガール #1 はじめての転校生を含むブックマーク  RDG レッドデータガール #1 はじめての転校生のブックマークコメント

原作未読。三重県熊野地方っぽいところでいかにも地味な女の子が実は凄い力を持っていて、望む望まぬに関わらずに騒動に巻き込まれるって感じだろうか?

1話を観ただけでは周囲の人間はこぞって意味深なことを言っているが革新的なことは何も言わず。主人公の泉水子@早見沙織事実をひた隠しにしているように見える。視聴者立場は主人公と同じで何も知らないから、一緒に知っていく楽しさはあるな。

あと、メガネに三つ編みは僕もいいと思います(笑)

2013-04-03

taske2013-04-03

[][] 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A #15 激化  咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A #15 激化を含むブックマーク  咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A #15 激化のブックマークコメント

いよいよ大将戦。大将戦ともなるとどれほど凄い能力が出てくるのかと思ったが、自分以外は悪い手が来るとか、前打ってた人の結果トレースとか、生き霊と一緒に麻雀打ち始めるとか、もう超能力というよりオカルト領域。その中で一番地味ーな主人公(のはずの)穏乃@悠木碧。今までずっと存在感がなかったんだけど、ラストで突如浮上の謎。そういえばどうして穏乃が阿知賀の中で大将をつとめているのか、まだ明らかになっていないな。憧@東山奈央ジャージでもかわいい。

次回最終回?でもいつ放送するのかは誰も知らない(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130403

2013-04-02

taske2013-04-02

[][] ドキドキ!プリキュア #9 ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!  ドキドキ!プリキュア #9 ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!を含むブックマーク  ドキドキ!プリキュア #9 ハチャメチャ!アイちゃん学校にいく!!のブックマークコメント

アイちゃん@今井由香が学校へ行って一騒動起こすというお約束エピソード。アイちゃんが不思議な力で騒動を巻き起こすのはさておき、泣いたらアイちゃんが望むものが現れるというのは便利すぎる。

今回のジコチューは野球部サッカー部。いがみ合うんだけどどっちも1回戦負けというのは笑える。ジコチューが現れるとき、いったん自己中がおさまるのがポイントだよね。しかし子連れでバトルとは、最近プリキュアも大変だなぁ。アイちゃんのパワーアップでランニングホームランはともかく、シュートは違うと思うんだ(笑)

[][] 宇宙兄弟 #51 生きた石コロ  宇宙兄弟 #51 生きた石コロを含むブックマーク  宇宙兄弟 #51 生きた石コロのブックマークコメント

新田星野貴紀はムッタ@平田広明がうらやましいといい、ムッタは新田のような兄になりたかったという。それって隣の芝は青いってことなんじゃないかと思うが、これでもこの2人の信頼関係が深まったのは間違いない。

新田の弟がJAXAサイトに載っていた兄のビデオメッセージを観て態度を改めるというのは出来すぎ泣きがしないでもないが、いい話なので気にならない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130402

2013-04-01

taske2013-04-01

[][] ラブライブ! School idol project #13 μ'sミュージックスタート!  ラブライブ! School idol project #13 μ'sミュージックスタート!を含むブックマーク  ラブライブ! School idol project #13 μ'sミュージックスタート!のブックマークコメント

スクールアイドルをやめた穂乃果@新田恵海が、少しずつ自分の気持ちに気づくまで。

にこ@徳井青空や花陽@久保ユリカ、凜@飯田里穂が諦めていないことを知り、ゲーセンであの頃を思いだし、最後ファーストライブ場所で海未@三森すずこに気づかされるまでの展開は丁寧に作ってある。空港ことり内田彩を連れ返すシーンはここまでで一番の盛り上がり。そこからライブまでの展開が急展開過ぎるけど、一気に盛り上がって綺麗にまとまったと思う。よい最終回だった。

総評

最初は全くのノーマーク。どうせ安っぽい萌えアニメなのかと思っていたら1話でいきなりその印象を覆された。基本的にキャラクター描写が秀逸で、9人のキャラが何を考えてどうしてその行動に至るのかが丁寧に描写されていて非常に感情移入がしやすい。ストーリーのよいアニメの典型という感じだった。

また、作画レベルも高く、とくにライブシーンではCGセルアニメの融合がこれまでのアニメのレベルとは1段階違うという感じ。BGMも良かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/taske/20130401