なんかいろいろ語り場 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-11-26

11月26日


▼ガンダムビルドファイターズトライ 第8話

前回居なかったミナト君、実家に帰っていたようだ。なんだか残念な内容の夢だったが、ガンプラ心形流門下生の女性への接し方ってあんなんばっかなのか・・・。準々決勝での巨大ザメルを操る和装女子チーム「砲弾学園」は「なにか」がモチーフになっている気がする・・・てかMAサイズにすればスケールって関係なくていいんすか。そしてギャン子さんの兄が第10回全国大会ベスト16の実力者になっていた。ギャンバルカンでそこまで行けたのか。あとフミナ先輩、ギャン子に噂されてクシャミしてたが、その格好で夜中まで街うろついてると確実に体調崩すと思います。

準決勝、モブのドッゴーラ相手のトライファイターズは楽勝だったとしてギャン子さんは成す術も無くやられる。あの終わり方でオチも無いと死んだようにしか見えないんですが。百万式の強さを引き立たせるためとはいえ、もうちょい善戦して欲しかったなぁ。そしてスガの改造Gファイターは文字通り鷲掴みにしてキャタピラでガリガリ削るとか、なんてアグレッシブなGファイターなんだ、あれで格闘技と言われてもピンと来ないけど。最後にアランとその血縁者らしきイケメン登場。デスティニー出たと思ったら今度は中の人が来たよ! 次回、インターバル置くと思ったらもう決勝戦。百万式も短命になりそうね・・・





前回破損していたビルドバーニングが元に戻っていた件について。前作と違い地区大会クラスでは壊れない設定だから。今までもバトル中で撃破されても修復してる描写が特に無かったので、そうだったのかとは思うけれど、これは作中ではっきり解説した方が良かったなぁ。

水無月水無月 2014/11/27 16:36 ギャン子さん、あれだとマジで宇宙で死んだような描写なんですが…(苦笑)。
百万式は格好良い上に強し!ですが自分で作ったのではなく外注のMSを自慢されても…。
ラストは鈴村さんが出てきて吹きました。アランが監督になってるのか。

ダメージ設定の関係とか、何故か直っていたビルドバーニングなどは
自分も気になりました。作中で説明が無いけど、これはどうなんだろ。
うーん…なんかすっきりしない形ですね。

やまねこデインやまねこデイン 2014/11/27 18:23 タンク道とか他社作品までネタに取り入れてきましたよこのアニメ。

まさかこの時代になってルパンダイブが見られるとは。深夜帯ならパン一になってたであろうミナト君は今回みたいに三の線見せた方がキャラに可愛げが出ると思うのです。しかし「私も改造して欲しい」とかこの後のハグ紛れに乳押し付けるギャン子とか夕方6時から何てもの流してるんでしょーねw

ギャン子のバトル内容は予定通りとはいえ善戦して欲しかったのは勿論の事スドウさんよりスガの方が曲者な印象。あのGファイターはまだ何かしらギミック隠してそうな。スドウさんの方は実力者なんだろうけど制作者とはセイとレイジほど強い関係でも無いせいか他人のガンプラでドヤってもイマイチ伝わり辛い感が。

バトルのダメージ云々については自分の場合ツイッター上での説明で納得してしまったり。本編上でその辺り描写されるのが最良なんですが割と簡単だな自分!

次回もう決勝ですが百万式は短命となるか番狂わせがあるか否か。

ヨークランドヨークランド 2014/11/27 21:45 カオルコの善戦に期待したのですが、完敗しちゃいましたね。
勿論、スドウとスガの実力をここで見せないといけないのですが、スガのほうはともかく、
スドウのほうは委託のガンプラで勝ち誇ってもなあ、という感じです。

ダメージ設定の件は設定自体は序盤でも出てはいたが、個人的には、前作の「壊れても直す、だからこそ全力で闘える」
という前作の醍醐味が損なわれている感じがするのが残念に感じますね。

小川Pが仰っているように後半の描写に期待したいところです。

今回、ドッゴーラが久々に見られたし、百万式はその高性能を見せつけていたし、何よりバトル作画は格好良く、
ロボットアニメとしては質は高く、文句を言ったら罰が当たるのでしょうが、今作は熱いバトルとラブコメ要素
を強化した一方で、前作の醍醐味であったビルド要素が軽減してしまったり、ライバルにあまり魅力を感じなかったり、
といった点で「惜しい」と思う所も目立つんですよね。

自分が前作が好きなせいで要求レベルを高くしすぎているのがいけないのでしょうけれどね。

そして、Cパートに登場の鈴村さん、現状数少ない好敵手のシモンを鈴村さんがやっていたら声優ネタ的に面白かったかも、
とか思っていたらまさかの登場で吹きました。

アランの甥ということでかなりの実力を持っていそうですが、使用ガンプラが何になるのか、鈴村さんが7話を見て
どう思ったかいろいろ気になりますw

祐 2014/11/29 03:34 ▼水無月さん
ギャン子さん、Cパートでセカイに泣きつくようなシーンでオチかと思いきや、アレで終わりだとガンプラバトルで死亡になってしまうんですが・・・
他人の作ったガンプラで戦っても問題ないのは前作で散々描いてるのに、スドウさんがなんかしっくり来ないのは何故なんだろう・・・作った本人がその場に居ないからだと思うんですが。
ダメージ設定は、疑問が生じる部分を劇中で説明しなかったのはマズったとは思います。あそこまで壊れたら修理する流れだろうって誰もが思うでしょうし。本編で一言でも言及あれば良かったんですが。


▼やまねこデインさん
ザメルじゃなくて、ヒルドルブならもっと解り易かったんじゃ・・・それだとかえってヤバいですかそうですか。
兄弟子も接吻突撃してたし、心形流はなんて80年代なんだ。間違いなく師匠の影響だろうけど。ミナト君は初登場からあんな感じの方が良かったのに。
スガは最後に出てきたイケメンと同門みたいだし、今後も絡んできそうですが、スドウさんは決勝戦止まりな印象。百万式は製作者のミナト君が傍に居てセイよろしく応援やアドバイスしてたら違ってたんでしょうが、そんなキャラじゃないしなぁ。

ダメージ設定とか、別にそんな気にする事でもないんですがね(え)
・・・いや、ホラ、こういう事があると内容そっちのけでここぞとばかりに突かれますし・・・できるだけ隙は見せないで欲しいなと。


▼ヨークランドさん
ギャン子さんはただやられるのではなく、Vガンくらいは倒すなりして、結果負けてもキャラは立てて欲しかった所です。スドウさんは、ガンプラも凄いがファイターとしても凄いとラルさんあたりに言わせれば印象違ってたと思うんですが。
今回は監督も違うからか、ストーリー展開のフォーマットが前作と異なっている部分があるので、視聴者的にも切り替えができていない部分もあるかと思います。全体的にシリアス(重さ)が増えて、ゆるさ(気楽さ)が減った感じです。
前作と同じ事してもたぶん飽きられてたでしょうし、「あんな機体やこんな機体が!」みたいなのはさすがに薄れ普通になってますし、原作キャラがモブで出るのも8話を除けばもうやってないですし、変化は必要だと思います。それが吉と出るか凶と出るかは現時点では何とも言えませんけど。
Cパートで今まで日本人しか出てなかったのが、鈴村さんの外国人キャラが出て来てようやく世界戦が見えてきました。メイジンのレッドウォーリアとか発表されてますし、地区大会後の展開が非常に気になるところです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tasukuyuu/20141126/p1