なんかいろいろ語り場 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-31

7月31日


▼スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ クリア

ちょうど一ヵ月でクリアしました。39話〜最終話までの感想。以下ネタバレ




▼39〜42話

ガディソードと最終決戦。この辺から難易度が急上昇。ザコなのにHP40000で長射程で死角のないALL攻撃してくるギャノニアが厄介すぎる。42話なんてHP140000ギャノニア・ブラガ、HP220000バラン・シュナイル、HP320000のフラローガとのボス3連チャンはさすがにきつかった。

ヴォートは仲間になりそうな感じだったのに、スッと退場してそのまま登場せず。どうなったんだ・・・ガディソードは母星が崩壊するわ、生き残りを乗せた機動要塞が轟沈して全滅するわで悲惨すぎる・・・。


▼43〜44話

フューリーと決戦。巨大戦艦とか主砲とかガディソードと丸被りなんですけど。難易度はギャノニアみたいなのが居ないだけでかなり楽。ブチギレモードになったジュア=ムは松風さんの演技が凄いというか、ちょっと面白い。

アル=ヴァンが仲間になり、凄い強いがラフトクランズのグラフィックは反転。ガリルナガンもそうだけど、メイン武器を左腕に持ってるのはやっぱ違和感あるんだよなぁ。そしてアル=ヴァン絶対殺すレディだったカルヴィナさんが告られて一発でデレる。精神コマンドとかエースボーナスがバカップルだこの人達・・・


▼45話

フューリーと決着。オルゴンクローを両腕に装備したラフトクランズ・カロクアラのバスカークローがこれまたカッコイイ。ラフトクランズはホントどれもイケメンやね。フューリーラスボス、グ=ランドン登場。いきなり厳ついおっさんに「妃になれ」と言われドン引きしたシャナ=ミア皇女はトーヤの方をチラッ。3人娘ではなく4人娘だったとは、さすがトーヤだ。あとグ=ランドンは『J』のようなイカれた性格ではなくなってたけど、玄田さんならあの演技もできたと思うの。

そしてズィー・ガディンの戦闘アニメは変形シーンが気合入り過ぎでド肝抜かれる。前作のペルフェクティオくらいの超絶クオリティ。そして超強い。エースボーナスで攻撃が全部クリティカルになり、「必中」使ってMAP使用、さらに2回「鉄壁」使うという、わしスパロボでこんな全力で殺しにくるボス初めて見たぞ。ほんとMDは半端な編成では勝てないバランスになっとるなぁ。

最後にグランティードの最強武器インフィニティキャリバー追加。3人娘でそれぞれアニメ違うのに、このシナリオ含めて3話しか使用機会ないという。シャナ=ミア仲間になった時に開放でよかったんじゃないですかね。


▼46話

ザコが大量に出現するので撃墜数を稼ぐチャンスとばかり、できるだけエースを作ろうと撃墜数の調整のみに費やしたら、次の話で最終話。

あれ!? あんまり終わりそうな雰囲気じゃないんだけど。ゴライクンルは!? バルマーは!? ・・・てっきり50話くらいだと思ってた。


▼最終話

ダークブレイン軍団と最終決戦。戦う前に退場するデブデダビデ。なんと仲間になるスカルナイト。散々引っ張ったドゥバンとエントリヒ・ガイストもここで仲間に。

ラスボスのXN-Lは『魔装機神F』のラスボスとグランティードと同じルーツを持つ存在。元ネタは『グレイトバトル2』のラスボスであり、名称は寺田Pが参加した『グランドレッド』というゲームから来ており、外観は『ヒーロー戦記』のXNガイストっぽくもあり・・・どの作品もスパロボじゃないやんけ! カルトクイズ過ぎるぞ。

そして「攻撃当たると精神コマンド使用不能」という鬼攻撃をMAP兵器で使ってくる。いや、これに備えてフルブロック大量購入なんてこと普通しませんから。とにかく全ユニットを戦艦に搭載して接近。戦艦の中で精神コマンド使用。精神コマンド封じられたら「祈り」で回復するか戦艦に搭載。相手が「信念」使ったら「ひらめき」「直感」使ってやり過ごす。という、スパロボなら大抵プレイしてる自分でもやった事ないような戦法でどうにか撃破。

最後にグランティードがクロスゲートを破壊。残したまま終わると思ってたので意外、これ無くなったらバルマーどこから来るの。トーヤ達J組はフューリー母艦でゾヴォーグに向けて旅立つのであった(完) エンディングで続編への伏線とか予告とかそういうのは無かった。で、けっきょくラマリスってなんだったの?


46話までの戦績は、SRポイント36。総ターン282。トップエースはシュウで58。今回はまんべんなく育ててると撃墜数を稼ぐ余裕がなく、ラスト付近でようやく50に達するという感じだった。隠し要素はフリーエレクトロンキャノン入手できたくらい。というか今回は1周目で入手できないのばっかですね。クストウェルは入手できるけど、青いラフトクランズが無いのは残念。

今回の最強ユニットは間違いなくネオ・グランゾン。グラビトロンカノンでザコを一層し、ラスボスの攻撃喰らってもビクともしないとか強すぎた。まぁ今回は終盤のボスが相当強いので、グランゾン1機でどうにかできるというわけでもないけど。

他では、高スペックな上にMAP兵器が便利なベルゼルート・ブリガンディ。エースボーナスで化けるハーケン。前作からエースボーナスが軒並み弱体化してるなか現状維持しており今回も最強アタッカーであるSRX。あとエクスバインガンナーのグライビトンライフル2連発が便利で、よくみんなで乗り回してました。

難易度は全体的に高め。特に終盤のボスが強いのなんのって・・・でもやり応えはあった。異様に強いザコが大量に出てくるとダレるけど、超絶強いボス相手にどう戦うか詰将棋のように考えるのは楽しかったです。




▼総括

■初報の時に書いたけど、タイトルとパッケージ画のみでの第1印象が「2部構成の前半」という感だったけど、まさしくそんな内容でした。主な敵勢力フューリー、ガディソード、ダークブレイン軍団(+ラマリス)、あと前作から機体を丸々流用のゴライクンルの4勢力。ストーリーはラマリス撃破のため世界巡業しつつ、ちょっかいかけてくる他の勢力を相手するというのがほぼ全部。異世界に召喚されたり、反逆者扱いされたりした前作と比べるとどうにも単調。OG外伝や2OGのような。事前に伏せてるサプライズ要素多数という可能性に期待もしたんですが、そういう要素もあまりなく。1話あたりほとんどイベントが起こらない話がけっこうあり、どうも多くはないボリュームを無理に引き延ばしてる感じが否めなかったです。あとOG恒例ともいえる隠し最終話も無し。なんでや・・・

そしてメインキャラ以外のキャラが本筋にほとんど絡まない。OG1、OG2であれだけ活躍したキャラ達が、「みんな来てくれたよ」とばかりに雑な扱いで一括で仲間になり、セリフといえば会話シーンで合いの手を入れるくらいというのは寂し過ぎる。OGはファン向けキャラ萌えゲーなのだから、なんでもない日常会話でもいいからもっとキャラの絡みを増やして欲しい。『第3次Z』のショップ会話みたいな、あの過剰なまでのテキスト量こそOGの方に必要だと思うのです。

あと前作からのユニットの戦闘アニメがほぼほぼ流用というのもそうだけど、パラメータが前作から同じ過ぎる。もっとこう版権スパロボみたく、同じマジンガーνガンダムでも毎回使い勝手が違う、というようなのがあってもいいと思うんですけど。

JとGC新規参入組の戦闘アニメはものすごく良かったですが、全体的に見ると2OGと比べ新規要素が少なく、密度が薄かったという印象です。OG外伝から丸5年経って発売した2OGと、ダークプリズンから2年半ちょいの今回では制作期間がだいぶ違うのは解るが、とにかく出し惜しみし過ぎ。バンプレイオスいつまで引っ張るんや、サイバスターポゼッションしないんかい。もっと短い間隔で新作出してくれればまぁいいかとも思えるけど、これでもしまた3年近く待たされたりするのはつらい。そんな悠長に待てるような現状でもないと思うのです。アジア向けローカイライズ版は熱烈なラブコールで発売決まったようだから、そっちの方でも収益に繋がればいいのですが。





▼次回作の伏線考察

■クォヴレーとセレーナ

ゴラー・ゴレムの3人が登場したが、セレーナの復讐買うために現れただけでほとんど絡まず。わざわざこのためだけにセリフ録ったのか、それとも既に次回作の分も録ったのか・・・とにかく次はクォヴレーとセレーナがメインキャラになるはず。

あと『告死鳥戦記』からリェータとヴェスナーが登場したけど、これはカメオ出演みたいなものかね。


■第3次α

お膳立ては整ったので次回作ではこれがメインになるはず。新機体としてベルグバウ、ディス・アストラナガン、ASソレアレス、ASアレグリアス、弩龍改、雷虎改、真・龍虎王、真・虎龍王、大雷鳳、バンプレイオス、新R-1、新R-2、新R-3の登場が予想される。

ストーリーはバルマー帝国本隊が襲来、地球が制圧され、鋼龍戦隊がレジスタンスとして戦うという展開になりそうだけど、地球クロスゲートが無くなったのでどうやって来るんだろう。


■新登場作品

順番から考えれば『W』が来るハズ。戦艦ユニットが出てくるけど、今回ハガネが新艦長になったのは、次回でテツヤがクロガネ艦長になり、戦艦4隻体制になるのではと予想。

他にありそうなのはスクコマ2。主人公ケイジとクォヴレーの声が同じだし、ユニット数も少ないので手間はかからなさそう。


サイバスターの今後

精霊が消滅したので、なにかヤバそうなエネルギーで代用していたが、これはシュロウガと関係あるのかどうか。クロスゲート破壊でそのエネルギー源も無くなり今後どうする。シュウの方が終盤登場なのに最強ユニットだわ解説博士だわで大活躍だったけど、ここのところ不遇なマサキの明日はどっちだ、さすがに次ではポゼッションできると思うんだけど。謎の巨人、カドゥム・ハーカームの正体もはっきりしなかったので同種族もまだ絡んできそう。

あと今回、魔装機神Fが密接に関わっていたので、次回は主人公であるサキトとレイブレードが登場という可能性も。本人もエンディングで地上に帰るって言ってたし。


■ゴライクンル

けっきょく顔見せ登場で1回しか戦わなかったゴボウなんとかさん。いろいろ正体不明なのでバルマーと並ぶ敵勢力になるか。J組がゾヴォーグ本国に向かったし、次回は地球圏を離れ外宇宙での戦いにもなりそう。


■現行機体

エクサランスライトニングエターナルにも言及していたので次回で復活しそう。ソウルセイバーは2号機が存在するようなので、FFとGGが別機体になるかも。ラフトクランズは次回でグラフィック右向きにして青いの登場させて下さい。シャナ=ミアも乗り代え可能にして4人娘にしよう。

あと今回、ダイナミックゼネラルガーディアン4号機について一切言及されなかったんですけど、忘れられてないすか・・・


■森住枠

ハーケンとアシェンは帰らず残ったが、次はムゲフロEXからアレディとアルクオンが来るかも。アレディは修羅なのでフォルカの帰還も考えられる。

それかもしくは、零児と小牟がロボに乗って参戦。


伏線の出し方が2OGと違っていた所は、ゴラー・ゴレムやゴモウドッカなど、本編にほとんど絡まない顔見せ登場のみの存在が居たこと。これは今回で音声収録は次回作の分も済ませており、あまり間を置かず続きが出る・・・と思いたいんですがね。ダークプリズンも2OGから1年後だったし、もう来年発売でいいのよ。

水無月水無月 2016/07/31 21:36 クリアおめでとうございます。

次回作はサルファ組とバルマーがメインなのは間違いないでしょうけど
Wとスクコマ2はどうなんだろう。出るのかな?

OGシリーズとしては発売期間も含めてちょっと間延びし過ぎてますし
これ以上キャラ増やしても収拾つけにくいと個人的には思うので
次回作で一旦全部まとめて、話を完結すべきなんじゃないかと。

ZシリーズやK以降のオリは(ミストさんとか)「新OG(仮)」として
また別の新作で、いつになるのかは分かりませんがやればいいかなあ。

あと中断メッセージにカティアのダイミダラーネタがあって笑いました。
これ絶対スパロボVの次かエーアイ新作にダイミダラー出るやろ。

シュガーウィングシュガーウィング 2016/08/02 03:15 スパロボOGMDクリアおめでとうございます。

楽しめたかどうかで言えば楽しめたんですけど、こう「ひたすら情報小出しにして引き延ばしに入る人気マンガ」みたいな印象でした。
あとせっかくのJ参戦なのでもっとイチャコラした気の抜けるようなイベントが多くても良いのではないかなぁと。
基本インターミッションは新キャラのおっさんとおっさんの会話で進む印象、そしておっさんの成長を描くっていう・・・いやぁ、その成長展開をもっとアキミやアケミ、統夜に振ってほしかった・・・
マイルズの成長も仲間との絆が結ばれていき考えが変わっていく、ではなく上司に「こういうことなんだよ」って言われて( ゜д゜)ハッ!という感じで急に柔軟になったように思えちゃったんですよね。

ストーリーの展開で個人的に今作でこれはちょっと・・・と思ったのは終盤の敵本拠地3連転送。ガディソードが攻めてくるまでは良かったんですけどね。3連続って。
ダークアイアンキャッスル探す展開やガウ・ラ=フューリアの位置特定などの展開諸々を「あれ?今までのいらなくね?なんのためにあのへんの長い話やらせたの?」とさせてしまう展開でさすがに自分がスパロボ好きでもここだけは擁護できないです。

新規組の戦闘は流石の一言!どの戦闘も凝っていて何度観ても飽きが来ない出来栄えでした。
既存組も一部手直しが入っていたり画質アップなどやはり素晴らしいなと思えます。出来れば必殺武器だけは新規にして欲しかったですけどね。
次作もきっと参戦するであろう3次α機体やW組にも期待しています。

システム面だとコンセプトがよくわからない謎の空B設定は無くして良いのではないかなと。グルンガストみたいな特機が空Bはわかるんですがガリルナガン空Bって・・・
あとはエースボーナスがネタ方面に面白くなったのは別にいいかなと思えるんですけどギリアムの役に立たないどころかテンポ崩れて邪魔っていうのは見直して欲しいです。
マサキの参戦後、空にいる機体がほぼいないのに空にいる敵にクリティカル30もなんだこれ・・・と思いました

さすがにもう第3次α引き延ばしはしないと思うんですが今作のチョボチョボした伏線の出し方だとちょっと心配になるんですよね。あとシリーズが長くなりすぎてファンが追うのも新規が一から入るのも辛いという悪循環になってしまっているように思えます。(OG1からだと13年半、OGSからでも9年くらいですからね)
色んなとこで言われているように次作でWと第3次αを絡めて一旦シリーズ締めるのが一番良いような気もします。さすがにここからZシリーズまで絡めてきたらもう・・・でもXN-Lが12の鍵発言してるんですよねぇ・・・鍵、Key、K、ミストさん?

祐 2016/08/03 21:10 ▼水無月さん
さすがにWは出ると思うんですが、α3は新登場ユニットが多いし大丈夫なんかなという気も僅かに・・・。スクコマ2は余裕があればでいんじゃないすか。
登場キャラも増えすぎて出撃枠もいっぱいですからね・・・その割に本編シナリオで出番があるわけでもなく。自分は出番が無ければ登場しなくてもいい、という考えですけど、そうじゃない人が大勢居るのも解りますから難しい所です。
シリーズ完結はもう前作クリアした時に「次で完結だろうなー」って思ってたんですが。ファミ通攻略本のインタビューで「本作で新章突入ということもあり」って言ってるんですけど・・・。
ダイミダラーはキャスト発表された時から散々言われれたのが公式がネタするとは・・・そういやOGsの時に既にネタにしてたんですけど。X-Ωならすぐ出せますな


▼シュガーウィングさん
なんか話を回しているのが主人公のトーヤではなく、新司令のおっさんだったような。融通が利かない人がトップに居たからか、全体的にシリアス過ぎて、おふざけが出来ない雰囲気でした。ミリタリー戦記物にしたいのは解るけど、それが全てではないですよねえ。攻略本インタビューによると、前作のユーザーアンケートで「1話1話のストーリーが長い」という意見が多かったので、今回のシナリオボリュームはこんな感じになったようですが、マジかと。アンケート書いた人は何を目的でOGプレイしてるんでしょ・・・
ガディソードと決着つけてからの展開は確かに雑でしたね。フューリーと決着つけて、長い事離脱してたヒリュウ改が復帰して、これからもう一波乱あるかと思ったら「最終話」となり「えっ」ってなりました。
空適応Bは、確かなにかのインタビューで「地形効果をちゃんと活かして欲しいから」というのを見た事あったような。それでもビルトビルガーやGコンパチのBは納得いかんのですけど。活用する機会が全くなかったマサキのエースボーナスは次回作の分も含まれてるから?
今回はっきりとしたα3への伏線を入れたのだから、もっと次回作への伏線をバンバン出して期待を煽っても良かったのではと。XN-L倒した後に隠し最終話でヴァイクラン登場、SRX破壊されて終わり、くらいやってもよかったんですけど。
公式サイトやCMでも打っていた「新章」というのは、どうも「まだまだ続くよ」という事なような・・・Wが出るなら2部構成だし、次回こそ分割リリースだったりして。果たして完結が先か、ミストさん参戦が先か。

やまねこデインやまねこデイン 2016/10/18 10:15 この数ヶ月くらいゲームに割く時間がなかなか作れず大分掛かりましたがが漸くクリアしました。かなり間を置いての書き込みとなりますがご容赦を。
難易度的にもやり応えはあるのにどうも第2次OGに比べて盛り上がりに欠けるなとは思ってましたがやはりシナリオがあっさりし過ぎてましたね・・・もっと日常的な会話劇(特にJ組というか三人娘)が見たかったし案外トウヤとカルヴィナの絡みも少なかったし全体的に「もうちょっと、こう・・・」といった物足りなさが感じる事が所々ありました。ダークブレインの残党なんてデブ公と骨が延々ラマリスGOばっかりしてる印象だったし新司令のおじさんも正直もう要らないなぁ。唐突に考え改めたと思ったら最後の最後でまた融通利かなくなったし。続投組の扱いもなんか薄い!無理にイベント与えろとは言わないけど。大筋は大体良かった(終盤の敵本拠地連続転送はともかく)と思うし引き伸ばされた部分削ったら35話くらいになるんじゃないですかね。
「ストーリーが長い」という意見を取り入れたとの事ですが(余計な事を!)取り入れてこの密度の薄さならそこらの塩梅の調整を過ったとしか。なんかライトな新規組に擦り寄り過ぎたとしか思えないです。OGというシリーズの特性上今更そっちに擦り寄ってどうするの、とも思います。ストーリーダイジェストだけじゃ不十分なんですかね・・・。
今回第2次OGと比べて新規組の戦闘アニメは実に満足出来た(ラフトクランズ格好良すぎんよ特にアウルン。)けど不満も多々あり次回作はそう遠くない内に出して欲しいんですが変に短い期間内に納めようとして煮詰めきれないまま出されても困るんで悩み所。天獄篇みたいな感じにされても困るし。

祐 2016/10/19 21:59 ぶっちゃけ、発表時から「この顔ぶれで新作一本行けるの?」と薄々感じてはいたんですけどね・・・。
全体的なシナリオや登場ユニットのボリュームからして、OG外伝と同じくらいなんですよね。それを流用部分で水増ししているから、あっさりして薄く感じるのです。メインとなるストーリーそのものは別に悪くなかったし、新規組の戦闘アニメは素晴らしかったので。全35話くらいにまとめて5800円なら納得できたんですけど。まぁバンナムだからそんな事はしないよな・・・
ご新規さんアピールに熱心だったのは、海外展開もあるから仕切り直し的な意味もあったんでしょうけど、しょうじき今更新規アピールなんてしてもねぇ・・・宣伝部分にもちぐはぐさが感じられました。まぁこれはバンナムの指示だろうけどな!

この全体的な薄味風味が、前後編の前編で、後編がすぐリリースされるよ! という販売戦略なのでは? とクリア直後は思ってましたが、今となっては違ってるような気もしてきました。とりあえず25周年期間の来年4月まで様子を見ますけど。それまでに発表なかったら、また3年後くらいでしょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tasukuyuu/20160731/p1