Hatena::ブログ(Diary)

BLOG@NO/ON(避難所) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-04-18

「物事のイヤな面をまっさきに見るか」か「自分にとって都合のいい解釈を取るか」の二択問題で人生にあたるよりも、「より自分にとって建設的な指向はなにか」で生きるべきなのかもしれない。でも、それをいちいち具体的に考えなければいけないのは難しそうだなあ。…おそらくこれが、マジョリティに属せない孤独な人間のつらさなんだと思うけど。しかし半分方は自分自身で選んだ道なのも事実。

[]「レベルE」全13話視聴完了 19:44 「レベルE」全13話視聴完了を含むブックマーク

SF設定による思考実験・シチュエーションアニメとでもいうべき内容は異色。あざとさはなくとも印象に残るシリーズは作れるという一つの証左として、この地に足の着いた演出ぶりを大いに買いたい。その反面、オチの味わいが分かりづらかった回がいくつかあったのが惜しい部分だが。作画は終盤こそゆるみがちだったものの、リアル骨格系のデザインをよく保っており時折は演出に沿った逸脱もあったりで健闘。

[]第20回2011年春調査 23:19 第20回2011年春調査を含むブックマーク

アニメ調査室(仮)さんにて開催。以下、回答記事です。

2011春調査(2011/1-3月期、終了アニメ、39+2作品)

01,レベルE,B

02,放浪息子,x

03,バクマン。,C

04,フラクタル,F

05,DD北斗の拳,z

06,ウルヴァリン,C

07,フリージング,x

08,夢喰いメリー,F

09,Rio RainbowGate!,B

10,遊戯王5D's (3作目),z

11,カルルとふしぎな塔,z

12,ドラゴンクライシス!,x

13,これはゾンビですか?,x

14,最強武将伝 三国演義,x

15,マリー&ガリー ver.2.0,x

16,極上!!めちゃモテ委員長,z

17,デジモンクロスウォーズ,x

18,Star Driver輝きのタクト,A

19,テガミバチReverse (2期),x

20,みつどもえ 増量中! (2期),x

21,君に届け 2ND SEASON (2期),x

22,一期一会 キミノコトバ (2期),x

23,とある魔術の禁書目録II (2期),x

24,IS インフィニット・ストラトス,x

25,ジュエルペット てぃんくる (2期),z

26,ハートキャッチプリキュア! (7作目),x

27,メタルファイト ベイブレード 爆 (2期),x

28,SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors,x

29,スティッチ! ずっと最高のトモダチ (3期),x

30,ひめチェン! おとぎちっくアイドル リルぷりっ,x

31,デュエル・マスターズ クロス / クロス ショック,x

32,スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター (2期),x

33,爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア (2期),z

34,お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!,x

35,這いよる! ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ (クラフト先生),z

36,ヘタリア Axis Powers / World Series (ネット配信),x

37,けんぷファー fur die Liebe (特番),x

38,ケロロ軍曹乙 (関東圏の方のみ),z

39,ケロロ軍曹 (全地域の方),z

40,たちゅまる,z

41,魔法少女まどか☆マギカ (10話までの暫定評価),x

{追加評価}

19-02,屍鬼,B

19-03,海月姫,C

{総評、寸評}

レベルE」(B)はふだんアニメを視ない層でもいける造りになっていたと思う。「バクマン。」(C)ソツがないがアクもないというよくもわるくもバランスの取れている部分を第二期では変えてほしいと自分は思う。「ウルヴァリン」(C)ストーリー薄すぎだよ… 「Rio RainbowGate!」(B)こちらはキャラクター先行として分を知った企画ぶり。愛すべきB級。「Star Driver輝きのタクト」(A)先の読めないオリジナルアニメは久しぶり。これを生んだだけでも日5枠の存在意義はあった。「屍鬼」(B)中盤はもたついたが最終話の凄みがかえって引き立った。「海月姫」(C)これもソツなくアクうす系。原作再現プラスアルファがほしい。

[]ミステリウム 23:38 ミステリウムを含むブックマーク

ミステリウム

ミステリウム

犯罪を扱った小説という意味ではミステリの範疇に入るが、真犯人と呼べる対象の可能性が複数提示されたまま終わるあたり、これはむしろアンチ・ミステリとした方がまだ正確なカテゴライズかもしれない。謎の集団感染が起こった村で聞き取り調査をはじめたジャーナリストの卵が、文書作成したという二重構造で章立てが行われているが、対象者の語る個別のエピソードがまるで博物館のホコリをかぶりながらも生々しさを失っていない展示物のようで、押しが強くないのにグロテスク極まるという不思議な感触。これぞまさにマコーマック節。その事象は鮮明なようでいて、抑制された語り口によって平板なままで一定の距離以上は迫ってはこない。そこに、発語という行為そのものが持つ、魔術性が凝縮されているように感じる。

[]ポリティコン(上・下) 23:51 ポリティコン(上・下)を含むブックマーク

ポリティコン 上

ポリティコン 上

ポリティコン 下

ポリティコン 下

「新しき村」と「ヤマギシ会」を足して割ったような『唯腕村(いわんむら)』を舞台に、三代目理事長となる東一と、脱北者の手引きを行っていた母に捨てられた形の美少女・マヤとの間のむきだしの欲のもつれあいが主幹となり、村外まで巻き込む混沌とした人間模様絵巻が描かれている。ふしぎと読んでいて胸やけがしないのは、良きにしろ悪しきにしろほとんどの人物が自家撞着しながらも、世間ずれしきっていない純心さを残しているため。しかしその事自体が村の経済的な不安の予兆とも作中で扱われていて、第一部と第二部の間には10年の月日が置かれているが、清らかな理念で結ばれていたはずの村に失われたものと残ったものとの割合は、巷の類似ケースとさほどは変わらないように感じられる。理想郷を否定しつつも、それでも人は生きていけるものという結論に導かれているようで、桐野作品にしてはかなりハッピーエンドの部類に入るのではと思う。そして、同じく限界集落をテーマとしたいがらしみきおの「かむろば村へ」での〆の言葉がふたたび私の脳裏をよぎるのだ。“必ずなんとかなる。思った通りではないけども。”

かむろば村へ 4 (ビッグコミックススペシャル)

かむろば村へ 4 (ビッグコミックススペシャル)

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2011/04/23 13:18 ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、5/7の予定です。

tatakitataki 2011/04/25 19:55 受付ありがとうございました。

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2011/07/03 19:42 再び、失礼します
第21回2011年4-6月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2011/8/6予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tataki/20110418

follow tataki_noon at http://twitter.com