Hatena::ブログ(Diary)

BLOG@NO/ON(避難所) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-12-31

去年の今頃は、けっこうしつこく鼻にいすわる風邪を引いてしまってたり、「風の谷のナウシカ」豪華版前後編を通し読みしてたりしてたっけ。今年の大晦日は、まだら模様の奇妙な天気。晴れ間とあられ・雪(強風付き)とが交互にやってきている。一年の様相もかくやあらんといわんばかり。

[][]2012年テレビシリーズアニメ話数単位10選 09:28 19:00 2012年テレビシリーズアニメ話数単位10選 09:28を含むブックマーク

今年も企画便乗させていただきます! 決まりごとは以下三点。

・ 2012年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・ 1作品につき上限1話。

・ 思いつき順。順位は付けない。

アクエリオンEVOL」 第10話 『隻眼の転校生』

脚本:大西信介 絵コンテ・演出:阿保孝雄 作監:三好和也 総作監:丸藤広貴

今年はアニメ界でシェイクスピア・モチーフがなぜか流行。このエピソードにおいては『ロミオとジュリエット』のバルコニーの一幕のストレートな引用が。光学ビームの処理が美しかったのが印象に残っている。余談ながらジンをこの直後の段階で死なせたのはシリーズ構成として間違いだったと思う。

「LUPIN the Third〜峰 不二子という女〜」 第7話 『音楽と革命』

脚本:佐藤大 絵コンテ、演出:西森章 作監:もんちあきら、関口雅浩、小林理、村松尚雄

このシリーズは最終話のどんでん返しが受け入れられなかったので、結果的に今もっともわだかまりない気持ちで見返せるのが、いちばん単発性の高いこの回。チェ・ゲバラをモデルにしたゲストキャラ役の東地宏樹の伸びやかな演技も印象的。

つり球」 第5話 『へこたれてジャーキング

脚本:待田堂子 絵コンテ小寺勝之、木村延景 演出:西片康人、小野田雄亮 作監:猪口美緒、伊藤香織

主人公ユキの煮えきらない青春が、努力効して一気に風通しがよくなるカタルシスがあった。夏が、はじまる。

ファイ・ブレイン 神のパズル オルペウス・オーダー編」 第10話 『パズルタイムが始まらない!』

脚本:小林英造 絵コンテ佐藤順一 演出:佐藤和麿 作監:緒方美枝子、岡田由起子

放映時期にバッチリ合った海リゾート回。色気よりギャグを優先するファイブレの心意気が炸裂。このシリーズのエロさはもっと隠微なところにありますからな。

エウレカセブンAO」 第12話 『ステップ・イントゥ・ア・ワールド』

脚本:會川昇 絵コンテ増井壮一 演出:三浦陽 作監:嘉手苅睦、可児里未 メカ作監:水畑健二 キャラ監修:織田広之吉田健一

エウレカセブン続編としてのクライマックスでしたね。エウレカ騎乗のニルヴァーシュが雲の海から現れるシーンは思い返しても心が震える。

機動戦士ガンダムAGE」 第42話 『ジラード・スプリガン

脚本:加藤陽一日野晃博 絵コンテ:加瀬充子 演出:池野昭二 作監:松川哲也 メカ作監:松田寛、久壽米木信弥

(語弊のある賛辞ではあるが)とちくるった女を演じさせたらピカイチな柚木涼香姐さん。シビれまくりました。コンテ担当も女性演出家/監督として長いキャリアを持つ加瀬充子さん。結果的に、AGEではイレギュラーに女性描写が光る回となった。あとふつうにMS運用箇所のアクションを見せる工夫がすばらしい。

もやしもん リターンズ」 第9話 『グラン=クリュ街道にて』

脚本:高橋ナツコ 絵コンテ矢野雄一郎 演出:小山田桂子 作監:高須美野子、西真由子

あのSねーちゃんにもこういう面があったのね…という意外性により、好きなエピソード。ここにいたるまで、長谷川の恋愛可能性対象が、美里か川浜かが自分には分からなかったのよ。ところでこのもやしもん第二期ぐらいの構成密度が、自分の日常系アニメ許容ラインかもしれない。そんな事も感じながら楽しんだまったりアニメだった。

絶園のテンペスト」第4話『罰あたり、ふたり』

脚本:岡田麿里 絵コンテ安藤真裕 演出:あべたつや 作監岡崎洋美、長田絵里

自分らだけぬくぬくと助かった美少年ふたりが、全滅した村の民家に不法侵入してポチャポチャおふろにほかほかごはん☆するという背徳感に満ちたエピソード。不条理な状況のなかでの、生活観あふれる室内描写がいちいち素晴らしかった。あと、ラストに視聴者の気持ちをちょっとだけ救うサプライズがあって心にくい。それにしてもこの作品、動いてよし、静の話も上々と洩れる場所がない。しかもこの後の話ではユーモアもあるという空恐ろしさ。

ジョジョの奇妙な冒険」第2話『過去からの手紙』

脚本:小林靖子 絵コンテ・演出:加藤敏幸 作監:小谷杏子秋田

人間ディオを描こうとしたという小林靖子さんのコメントがあったらしいが、この回後半での酒瓶をあおって夜の街路をほっつき歩き、あげくに思いつきからの行動で死に掛ける青年ディオの姿がその最たるもの。澄み切った冬日の夜明け、濁り切ったディオの心中の叫び。世界は矛盾で出来ている。

PSYCHO-PASS」第1話『犯罪係数』

脚本:虚淵玄深見真 絵コンテ塩谷直義 演出:楠美直子 作監:八尋裕子、荒木弥緒、源氏糖蜜 総作監浅野恭司

こういう作品だったのか!という予想を超えた感触をもっとも与えてくれた初回エピソード天野明キャラクター原案に迎えた企画で、近未来ディストピアでのたてこもり監禁レイプ犯罪とか初っ端からふつうは持ってきませんよねという。ノイタミナここにありと恐れ入ってしまった。つくりこまれたSFガジェットを早々に開陳してきた綿密さも見逃せないポイント。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tataki/20121231

follow tataki_noon at http://twitter.com