Hatena::ブログ(Diary)

BLOG@NO/ON(避難所) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-30

キンドルふぁいあさんの機能が恣意的に限定されたかのようなブラウザにも慣れてきたワァーー… (でもやっぱり文章入力はしんどい)

[]第27回2013年冬調査 03:24 第27回2013年冬調査を含むブックマーク

アニメ調査室(仮)さんにて開催中。以下、回答記事です。

2013冬調査(2012/10-12月期、終了アニメ、30+6作品)

01,K,F

02,武装神姫,x

03,てーきゅう,B

04,はいたい七葉,x

05,ちとせげっちゅ!!,x

06,ライチDE光クラブ,z

07,神様はじめました,x

08,となりの怪物くん,x

09,ポヨポヨ観察日記,B

10,生徒会の一存 Lv.2,x

11,緋色の欠片 第二章,x

12,好きっていいなよ。,x

13,トータル・イクリプス,F

14,BTOOOM! (ブトゥーム),B

15,うーさーのその日暮らし,x

16,ソードアート・オンライン,x

17,ひだまりスケッチ×ハニカム,x

18,めだかボックス アブノーマル,x

19,ToLOVEる とらぶる ダークネス,x

20,ヨルムンガンド perfect order,x

21,CODE:BREAKER (コード:ブレーカー),B

22,メタルファイト ベイブレード ZEROG,x

23,ガールズ&パンツァー (GIRLS und PANZER),x

24,マジでオタクなイングリッシュ! りぼんちゃん,z

25,お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ,x

26,ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU,x

27,ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2,x

28,カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編,x

29,中二病でも恋がしたい! Lite (ネット配信全 6話),x

30,中二病でも恋がしたい! (TV放送全12話),x

31,(特番) 猫物語 (黒),x

32,(特番) エウレカセブンAO 完結編 (全24話),B

33,(特番) ココロコネクト ミチランダム (14-17話),x

34,(特番) 探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative TWO,x

35,(劇場版) ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH,x

36,(劇場版) 映画 けいおん!,z

再調査 (24回、26回調査に参加している方で、未評価だった方のみ)

24-50,ゴクジョッ。極楽院女子高寮物語 (TV版),x

26-38,えびてん 公立海老栖川高校天悶部,x

{総評、寸評}

てーきゅう」:B 3分間でやれること、やれないことどちらも活かした『こういうのもアるのか』アニメとして"テンポの鬼"である板垣伸監督の新境地というか真骨頂を見せてくれた。

ポヨポヨ観察日記」:B こちらもミニ番組枠。カワイイネコチャンものでありながら、実は甘く楽しいだけでもないという、嫌味にならない程度の影の部分に大地丙太郎監督の最良の面を見た。

BTOOOM!」:B いわゆる「シリアスなギャグ」要素のあるアクションとして、アクを適度に抜きつつも着地点においては爽やかにビルドゥングスロマン香りすら加えられていた。これは事前の期待値を上回った作品。

CODE:BREAKER」:B 原作ものとはいえ、監督がシリーズ構成と全話脚本も兼ねた異色の配置。それがあまり奮わない箇所もあったように思うが、それでもテーマが熱く乗った成功の色合いが濃い線で走りきった。

エウレカセブンAO 完結編」 (全24話):B モチーフに込められた隠喩への表現不足…あるいはプロットへのすり合わせ不足によって視聴者を置いてけぼりにしたきらいはどうにも拭えないものの、そこを直観的に情報処理しつつ、キャラクターの感情線に沿えば傑作といっていいレベルにあるという難儀な作品。人気作の直系にあたる続編としてはなかなかの冒険作だった点も個人的には評価したい。

[]「CODE:BREAKER」全13話視聴完了 03:01 「CODE:BREAKER」全13話視聴完了を含むブックマーク

しんどい終幕になるだろなーと避けていたら、ネット配信の無料期間が終わっていたという自分にとってのいわくつきなシリーズ。で、やっぱりつらかった。何がつらいというと、劇中直接の加害黒幕であり、最大の被害者でもある人見のキャラメイキングが視ていて実にしんどかった。

この作品は少年漫画原作でありながらも"人や希望が持つ無限の可能性"よりも"人間が社会構造と無関係でいられないこと、さらには理念体ではないがための有限性"を優先して描いている。それゆえに、人見のルックスは若々しいデザインで、性格も同様に主人公の仲間たちと並べるラインで設計されなければなかった。テンプレート化した悪役の要素を持ってきた方がおそらく視聴者はさっぱりと視られたと思うが、そうは監督の問屋は卸さなかった。かてて加えて、テロリズムを実行に移すまでの動機の内実を、終盤において数段に分けて提示してくるという念の入れよう。そうまでしないと"現状の秩序を守ること"と"どうにもならないところまでいった世界の腐敗をいっそ崩してしまいたい"という必要と欲求のギリギリの対峙を描けなかった。その真摯な姿勢が理解できるだけに、どこかデコボコとした複数の演出要素が回を追うごとに重みをましていくように感じられて最後あたりの数話は視るのがおっくうになったきらいさえあった。

しかしまあ、結果をいうと救われた気分が6:4でモヤモヤした気持ちを払拭した。公園で手向けの白い花束の山を残して何も言わずに桜(完全に"傍観者"という名の視聴者の身代わり視点だった珍しいヒロインキャラ)の前から姿を消した大神の、裏の存在に徹したストイシズムで、シリーズの統一性を生み出したドラマの静かなクライマックス部分は、丁寧なモブ作画ぶりもあって改心の演出。…人間は年を経ると言ってることやってる事が変わるし、親は選べないし、理不尽に犯罪に巻き込まれたりする。"それでも、善きことを為せ。汝なりに"というテーマには到達した瞬間を目撃したような淡い感動があった。きっと自分にとっては長く印象に残る作品になる。

中盤までの、キャラクターが揃いきるテンポが遅かったり、学園パートとの空気の移り変わりが滑らかとは言いがたかったりと、ちょっとした注文を付けたくなる箇所も多かったが、それぞれの異能力の絵としての見せ方、カメラ位置が実はバラエティ豊かだったりするアクションシーンの堅実な底力といい、視ていてそこはかとなく好感の持てる作品だった。スタッフやキャストに「お疲れ様でした」とねぎらいを述べたくなるような。

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2013/02/02 11:12 ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'13/2/2の予定です。

tatakitataki 2013/02/09 02:18 受付、ありがとうございました。いつも集計お疲れさまです。

アニメ調査室(仮)アニメ調査室(仮) 2013/04/07 11:26 再び、失礼します
第28回2013年1-3月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2013/5/4予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tataki/20130130

follow tataki_noon at http://twitter.com