Hatena::ブログ(Diary)

木の上に立ってみると書いて親。

2010-12-13

人間はどこか自分と同じ欠点を持つ人間を見ると、安心して好意を抱きやすくなるという。

【習作】ピザキモメンの幻想入り(東方project)

Arcadia http://mai-net.ath.cx/

東方projectSS。

僕は何も考えず、何の目標も持たず、大して努力もせず、あれもこれも手に入れていった。

まるで、豚のようにブヒブヒと人にとって必要な物を次々に食い荒らしていった。豚だ。まさに豚だ。体だけでなく性根までピザ野郎だ。――ピザ

  

 太っていて、背は低くて、足は短くて、手は節張り、顔は醜く、にきびだらけで、体臭と口臭はきつく、自罰の癖がある。

 とにかく自分に価値を見出しておらず、他人の手を煩わせることを極端に嫌う。外側も汚ければ内側も汚いと自覚する自己嫌悪の塊のような男が、幻想入りして地底に落ちて、ほんの少し変わるかもしれないお話。自分ではブサイクと思っていても、実際はそこそこ普通の顔、という設定を無くすために、徹底的に不細工な主人公にしたらしい。

 誰もが一度は考えるだろう「自分は駄目だ」「しょせん私なんて」をとにかく突き詰めていってしまうような男なのだが、感情移入がしやすく、つい先が気になる。

 自分のマイナスイメージを具現化したような人物だからだろうか。頑張れ、頑張ってくれと読みながらいつの間にか応援している自分がいた。

 物事をよく考える、考えすぎる彼が、幻想郷の臭い物である地底で何を感じていくのか、この先に期待。

 また、地底妖怪たちが非常に妖怪らしいのが好印象だった。特にパルスィはよくあるただ嫉妬深いだけの女ではなく、原作の皮肉っぽい女性として描かれているのは嬉しかった。

 というか最新話で失敗フラグがたっているようにしか思えなかったんですが。頑張ってくれ主人公。

玉露玉露 2011/01/02 01:47 とうとうこれが紹介される日が来てしまったか・・・・
こんばんは、この小説が好きな(好きな?)者の一人です。
ここの主人公はほんとに真面目すぎるんだよ、というのがこれを読んだときに最初に思ったことでした。
ここまで自罰的で、徹底的な人間を見たことがない(自分も相当な自罰的な性格だとは思うけれど、ここまではいかない)
もう少し、もう少し自分を責めずに考えれたら……ということをずぅっと思いながら読んでました。
そして自分が見た最新話で、とうとうこいつは皆の望む人間になればいい、と考えてしまった。
自分もそういったことを考えたことがある。そのようにしようと望み行動したこともある。いや、現在進行中で行動しているかもしれない。
でも、そんなことは土台無理なんです。少なくとも、俺には無理だと思うし出来たくない。こんな孤独で、目の前に破滅しか広がっていないような考えをしたくない。そして、未来自分もこうなってしまいそうで、見るのがとてもいやになった。
俺はそこで見るのをやめてしまいました。でも、今この感想を読んで、できれば成功、というより本人と周りのみんなの一致した、幸せを得てほしい。たとえ得れなくとも、できれば見たくないけれど、でも、目を逸らさずに見るべきではないのか。そう感じました。
なんか暗くて変なことを長々と言ってしまいました。申し訳ないです。……でも、この思い感じたものを誰かに伝えたかったんだと思います。

いつも、面白いところを紹介してるな、と思いながら楽しく読んでいます。
自分の趣味に合うところもあれば合わないところもありましたが(笑)
今年も良い小説に巡り合えるように。

通りすがり通りすがり 2012/10/19 17:07 この作者さんのリスペクト元の「キモヲタニートが幻想入り」(通称キモ幻)も面白いですよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tatsumi-tasusuke/20101213/1292237090