Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2002-12-30 初滑り@箕輪スキー場

tatsumine2002-12-30

[]

ホームゲレンデ・あだたらがまだ雪が少ないため、今シーズンの初滑りも半ば恒例になりつつある、その次に妻実家から近い箕輪スキー場に行って来ました。妻は年が明けるまでは滑らない主義のため一人で行ってきました。

朝9時に妻の実家を出て、1時間ほどでレストハウス側の駐車場に到着。今日の板はSwallow S-Blade999とビッグフット。

両方を持って、リフト券(ここは昼食パック券がその場で購入出来ます)を購入。まずは、いつも通りレストハウス正面のメイプルストリートを滑り降ります。

メイプルストリートは幅広の1枚カービングバーンです。まずは1本ゆっくりと滑り降ります。

最初の使用板はビッグフット。これは、エッジ操作にほとんど気を使わなくてもOKなので、最初の1本はこいつでいきました。

1本滑ったあとは、再び同じリフトに乗り、今度は途中からハイシーズンにはモーグルバーンになるバーンを滑り降ります。

シーズン当初の今はまだ雪が少なく、コブが作れません。

その後三度同じリフトに乗り、今度は途中から迂回コースを回りホテル側のメインバーンへ回りましたが、ここでトップに行くにはビッグフットでは厳しい(斜度・雪質的に)ことに気づき、下の連絡コースを使って、再びレストハウスへ。昨シーズン終盤に購入したSwallow S-Blade999に履き替えました。

昨シーズン感じたエッジの長さにも慣れ、空ストックを突かなくてもエッジを切れるようになってきました。

そのまままた同じリフトに乗って、今度は更にカフェラミルの前からシュレップリフトを使って、山頂へ。通常この時期はまだオープンしてない山頂部ですが、少ないながらももう雪が着いています。迂回コースへ向かうまでのコース脇では、ボーダーがゲリラ台作りにいそしんでます。

再び迂回コースを通ってホテル側へ。下部リフトに乗り込みます。

リフト左側に設置されるパークも雪が積もるまではただの初級者バーンです。

そしてもう1本リフトに乗れば、箕輪最難関の急斜面。まだ人が少なく荒れていないため、青氷にはなっていませんが、風で雪が飛びコース中央はアイスバーンになっています。

コース端の方を慎重にエッジを切って、終盤は小回りから大回りへ。そのままコース端をクウォーターに見立てて飛んでみたりしながら一番下のホテルへ。ここのレストハウスで、カレービールで昼食です。

昼食を済ませたあとは、再びトップへ行きます。きちんとエッジを当ててやれば、99.9cmの長さで、カービングできるので、楽しくなってきます。

パーク予定地には、長スキーの一段が小さいキッカーを作って、思い思いに飛んでいます。

そのまま連絡コースを使って、レストハウスへ。ビッグフットに履き替えてしばらく滑ったあと、2度目の休憩をレストハウスで取りました。

また、S-BLADEに履き替えたあとは、何本かトップからホテルまで滑って、最後にホテル側トップからレストハウス側トップへの連絡コースを滑り、レストハウスまで滑ったところで午後3時。

今回はここまでにして、箕輪を発ちました。

行き帰りの積雪状態は双方、岳温泉から箕輪まで、雪道。ただし圧雪でした。