Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2004-03-29 鳥栖続報

[]天功マジック

昨日の続き。鳥栖の連敗は昨年6月以来の勝利で31試合、294日ぶり、7引き分けをはさんだ23連敗だそうです。

ちなみにJ2記録は今回敗れた甲府の1分けはさんだ25連敗。

ちなみにうちの場合は4分けはさんだ7連敗が最高。

2004-03-28 なんと

[]惨敗

鳥栖2-1甲府

サガン鳥栖久々の勝利です。おめでとう!!

ちなみにtotoは空前絶後本命3、対抗1、穴1というたったの5個当たり。

ここまでひどいのは初めてかもしれません。あまりにひどくて分析する気も起きません。

2004-03-27 負け同然

[]J2第3節 vsモンテディオ山形戦@三ツ沢

3月最後の土曜日、三ツ沢まで横浜FCvsモンテディオ山形を見に行ってまいりました。吉祥寺でみんなに食べてもらおうと、サトウのメンチ「カツ」を15分並んで購入し、横浜駅で友人と待ち合わせして、13:15ころ三ツ沢へ。

さて、バックスタンドに腰を下ろし、まずはメンチカツをつまみにビールを一杯(結局5杯飲みました。10個重ねのカップは迫力ありましたね。)。ゴール裏からは、三浦の練習場がJAWOCの余剰金の補助を受けられなかったことからか、

「練習場が必要だ」から始まりました。

でも途中で山形のコールがFC東京パクリなことをあげつらっての言葉攻撃になりまして、これは「バー○」だの「○ね」だのに終始してあまりセンスもないし、面白くない。ま、パクるのもナンですけどね。山形の選手紹介の時のブーイングにはなかなか力を感じてよかったです。

メインスタンドを見やると、たかひろさん、KEEPERさん、きもさん、そして下の方には今日はピンクのアフロ、なかじじさん。「変な頭」コールを受けてました。

今日のメンバーは、前節までと全く同じ、

GK菅野、DF早川、トゥイード、山尾、小野智吉、MF臼井、内田、マシュー、大友、FWジェフェルソン、城。サブが小山、中島、増田、横山、小野信義ということで「河野大作戦」は今回はなし、ナカジ初ベンチ。それと事前に情報を聞いていた、内田、城、臼井微妙、増田骨折、という情報ですが、みんな無事にスタメン&コーサクベンチ入り。今回も選手起用による采配がウチの戦い方に影をさします。

山形メンバーはGK阿江、DF太田、古川、小林川崎、MF星、大塚、永井、高橋、FW大島、デーニ。サブに井上、松田と横浜F絡みが2人入っていますが、サコイは残念ながらメンバー漏れ。

さて試合開始です。山形は思いっきり再度に開いたサイドバックにボールを預けそこからウィングにパスでつなぐことで攻撃を形作ります。やはりサイドバックは積極的にはオーバーラップしません。8人で守って、ボールを奪った後は大島へロングボールという戦略が予想されましたが、今日はサイドへボールを散らしてきます。内田、城、ジェフがボールを持つとそこへ4人くらい密集してボールを奪われてうちは攻撃の形が作れません。

そして智吉が内に絞りすぎているため大友が捉え切れなかった山形右サイド星、太田が再三クロスを入れたり、中へ切り込んだりとバックスタンドのサイドで試合が続きます。

ただし中央でトゥイードがきちんと守りきり、オフサイドについても今回はほころびなく前半だけで5〜6本(結局今日は8本)とり、安定しているようですが、山形も果敢にDFの裏を衝くパスを狙ってきて、山形の攻撃陣もDFラインを確認して飛び出しのタイミングを計ってきます。やな感じ。

何回かは菅野のスーパーセーブに救われるという前半は全く山形ペース。うちは全く見せ場なく前半終了。

うちは臼井、大友のサイドが全く見せ場を作れない。悪いわけではないけれども、ぜんぜん効いていないという感じです。

ハーフタイムにゴール裏の皆さんに挨拶。ふっとれさんもやってきてサトウのメンチカツパクリ。きもさんもやってきてパクリ。どーも見せ場がないねぇというはなしをしつつ、ゲームは後半へ(このときすでにビールは3杯を数えていました)。

で後半開始。前半よりはリズムがよくなってきたけど、相変わらず左サイドで大友ががんばるシーンがかなり目に付きますが、星対大友という構図では完璧に星の勝ち。で後半14分、敵右サイドからの展開でわやくちゃとゴール前でやっているうちに前半からちょこまかと動き「黒いシゲちゃん」の異名をいただいたデーニに決められ、横浜が先制されます。

これだけサイドが効いていないのはベンチにも当然分かったのか後半20分、智吉に代え中島、臼井に代え横山、大友が右サイドに移ります。臼井は最後は足をつっていましたし、限界だったでしょう。

さて右サイドに移った大友は左サイドの時よりも動きがぜんぜん良い。ヨコ左、大友右というこの布陣がいちばんフィットしているんではないでしょうか?

で、このやな感じを振り切ったのもやはり大友。後半26分、DFを抜き去って上げたクロスがジェフにどんぴしゃり!ようやく同点に追いつきます。さてイケイケの横浜FCですが、この直後城がやはり90分戦うのは難しく交代。駒から見て信義しかいないでしょうと思いましたが、リティの打ってきた手は嫌な予感どおりやはり増田。

で、彼はいきなり良い場面が2回ほど。特にDF引き連れてぺナリティエリアで倒れたやつはシミュレーションはかわいそうな気もしましたが、まず決めようとしてほしい。あそこで打ってれば決まってたかもしれないだけに残念。城に代えての途中出場ならあそこはきちんとシュートで終えて戦う姿勢を見せてほしかった。PKをもらいに行くようなプレーに逃げてほしくなかった。

そしてやはりいつもどおりの宇宙開発も。

うちは後半終盤攻めに攻めますが、ゴールを割ることはできません、でその展開に苛立ちも募り、審判がおかしなジャッジを下したロスタイム、リティが給水ボトルを蹴り上げて退席処分。

選手にももっと熱くなってほしかったのかもしれませんが、自分が満をじして投入したけが人増田がその姿勢を示さなかったのですから、自分の責任でもあるのですよね。

で、そのまま試合終了。追いついた試合だからそれほど屈辱感はありませんが、負け同然の悔しい引き分けです。

コーサク以外の選手には暖かい拍手を送りました。

でそのあとは横浜にて総勢6名で反省会。試合内容を忘れるくらい大酒を飲みました。

さて採点

菅野6.5:何度も決定的なシーンを防いだ。

早川5.0:ロングスロー以外に見せ場なし。ただし今日は内に切れ込んで良いプレーがひとつ。あれがいつもできれば。

トゥイード5.5:安定してました

山尾5.5:安定してました

小野智吉4.5:今日が今まででいちばん悪かった。仙台戦も気になったが、内に絞りすぎたり抜かれたりピンチを何度も招いた。

臼井6.0:無理の効かない体ながら右サイドはほころばなかったですから、よかったと思います。

内田5.5:仕事をさせてもらえなかったですね。

マシュー6.0:内田が囲まれている代わりに起点になってました。

大友6.0:左サイド4.5、右サイド7です。もっと早く右にもって来るべきだったかも。

ジェフェルソン6.5:やっと決めてくれました。他にも惜しいシュートがあり、あれを確実に決めてほしいですね。

城5.5:効果的にゲームを作れるのはさすが。ただしやはり90分戦えないのは痛い。

中島5.0:消えてました。

増田4.0:戦う姿勢が見えなかったのは最低。

横山5.5:バランスをとってました。よかったです。

リティ4.0:増田を起用したリティの責任は重い。ボトルに当たっちゃいけません。

futrefutre 2004/03/28 11:03 メンチ、マジうまかったっす。ごちそうさまでした。

きもきも 2004/03/29 01:36 そうだよねそうだよねと感心しながら読ませていただきました。

きも姉きも姉 2004/03/29 01:36 上のコメントはきも姉ですごめんなさい

tatsuminetatsumine 2004/03/29 08:02 細かいところはTV放映を見てないのでなんともいえないですが、コーサクのシミュレーションがなぁ。ちなみに審判は副審経験もほとんどない初主審だそうで。

あんあん 2004/03/29 12:42 メンチごちそうさまでした!

きも妹きも妹 2004/03/29 18:08 メンチごちでした♪ゴハンのおかずにしたかった…
試合は先制されて負けなかっただけ去年より成長した?
一緒に観ていた友達の一言「第一節とは違うチームの試合みたい…」

2004-03-26 しまったぁ!

[]増田

最初は悪いニュースから(どういう扱いだろう)。増田復活らしいです。しぶとい男だ。

次はよいニュース。うっちー、城、臼井は出られそうとのこと。

で、スタメンは今までと一緒でしょう。

[]ナビスコ

明日のJ1はナビスコでしたね。本気モードで予想してしまいましたが、マリノス磐田名古屋あたりは露骨に手を抜いてくることが予想されますし、また代表選手は抜けることも加味していませんでした。こりゃ望み薄かも…。

2004-03-25 totoを買おう!

[]第111回toto予想!

さてぞろ目の節目を迎えたtotoですが、totoゴールは最低売り上げを更新中。いい加減普通のtoto1本に統一しても良いんじゃないでしょうか?

ということで今週のtoto予想です。今回は結構絞っています。

01 広 島−横浜M(本命2)

ドゥトラ、波戸の両サイドを欠くマリノスだが、地力の差で鉄板。

02 C大阪東京V(本命0穴2)

迷ったら引き分けその1。ただし、東京V・森本への期待でヴェルディを穴で。

03 磐 田−新 潟(本命1)

鈴木慎吾もけがの新潟では磐田には勝てないでしょう。鉄板その2。

04 G大阪名古屋(本命0対抗2)

迷ったら引き分けその2。ただし、外国人がイマイチフィットしていないガンバに比べて新戦力のフィット度で対抗で名古屋も押さえます。

05 浦 和−大 分(本命1穴0)

五輪代表勢もかえってきて、本気の浦和が見れそう。ただし、大分のもしもの粘りもありそうなので穴で引き分けを押さえます。

06 市 原−清 水(本命1)

チェなしでもオシムサッカーは変わらない。マリノスをやぶった力は本物だと見ます。市原単勝。

07 神 戸− 柏 (本命0穴2)

イルハンやはりかえっちゃいました。柏の粘り強さもいいですが、ここは迷ったら0その3で穴で柏を押さえます。

08 F東京−鹿 島(本命0対抗1)

ここは少し冒険。迷って引き分けその3は変わりませんが、対抗に堅守ガスを買います。

09 札 幌−仙 台(本命0穴2)

仙台の泥沼はいつまで続くのか?迷ったら引き分けその4ですが、そろそろ目を覚ますのもありかと思い、穴で仙台を押さえます。

10 水 戸−福 岡(本命2)

鉄板その3。

11 川 崎−大 宮(本命1)

ここも川崎は固いと思います。

12 横浜C−山 形(本命1)

カウンタサッカーをいかに崩せるか。

13 京 都−湘 南(本命1穴0)

京都強。ただし、かいま見た湘南の粘りも買って、穴で引き分け。

2004-03-24 7-0

[] .向上高等学校との練習試合@小机

横浜FC 7(5-0)0 向上高校

得点:大久保3、杉本、河野2、北村

メンバー:小山(→柴崎)、岩倉、河野、真中、中島、北村、小野信(→ユース)、杉本、横山(→森戸)、大久保、吉武(→練習生)

ということでサブ組の調整試合ですが、城、内田、臼井のコンディションが?マーク、増田、さらにツヨも今日の試合でけがという中で今日の布陣はなかなか興味深いです。

まず土曜米ダービーのスターターは3人ともでれない場合、右サイドに北村という案が。また順当ならトップ下シンギですが、そこに杉本というオプションも。

ということで、土曜スタメンを無責任予想。

スゲ、トゥイード、ヤマ、トモキチ、北村、マシュー、杉本、アダモ、ジェフ、シンギ

サブ:小山、河野、ヨコ、岩倉、大久保

ってことで湘南戦後半同様4-5-1の1ボランチを予想。つまり昨年第4クール方式ですね

2004-03-23 3連泊

[]コーサク

年度末故死ぬほど忙しくて今日から3日間家に帰れません。

さてまずは旧聞ですが、オマーン戦の9日前、キャバクラへ繰り出した、久保、大久保小笠原、奥、山田卓也茂庭都築と、ことに気づいてすぐにその場を立ち去った山田暢久の計8人がシンガポール戦のメンバーから漏れました。

ジーコジャパン黄金の中盤編で言えば山田暢久はスタメン、その他は紅白戦要員となるわけですが、欲求不満解消の遠因にジーコの偏った選手起用にあることは間違いないと思います。

自分は、カーニバーで浮かれ騒ぐためだけにブラジルに帰るくせに、選手がはめ外すのはゆるさん、というのはちょっとおかしいような気がしますし、「いいじゃねぇかキャバクラくらい」というのがぼくの正直な気持ちです。

まずジーコが反省すべきだと思うんですが、いかがなモンでしょう?

その他のニュースでは、イルハンさんやはり膝です。http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20040209で書いたとおり、イルハンには古傷があったわけですが、そのリスクは承知して獲得したんでしょうか?

このままフェードアウトしてしまう可能性もありますね。

また新潟アンデルソン鈴木シンゴが1ヶ月程度の怪我だそうです。toto的には新潟は全く買っていないので、大勢に影響はありません。J1だし。

で、横浜FCの増田功作ですが、どうやら今日の練習で怪我を負ってしまったようです。前節までフル出場が難しい状態の城、内田も危ない、ツヨは控えにも入らなかった、実は臼井もなんて情報もありますので考えると、結構うちもエマージェンシーです。

本日練習試合が向上高校と行われますが、サブ組での試合になると思います。土曜・山形戦のスタメンはどうなるんでしょう?

スゲ、ハヤ、トゥイード、ヤマ、智吉、大友、シンギ、マシュー、ヨコ、ジェフ、城(大久保)。

サブにコーヤン、河野、岩倉、キタムラ、杉本(大久保)?

大友は右も出来るんでしょうが、大変ですわ。

2004-03-22 あと1歩、あと1歩

[]J2第2節 vs湘南ベルマーレ戦@平塚

見に行けなかったので、本日録画をチェックしました。めちゃくちゃ寒くて(4度)、雨のそぼ降る中観戦に行かれたど根性ガエルな皆様お疲れ様でした。

さて、横浜FCのスターティング11は、

GK菅野、DF真ん中にトゥイード、山尾、右に早川、左に小野智吉、MFボランチマシュー、トップ下内田、右に臼井、左に大友、トップがジェフェルソン、城という前節と全く同じ布陣です。サブには小山、河野、横山、増田、小野信義と、水曜の練習試合でやはり怪我をしたらしい吉武が落ちてその代わりに左サイドに横山、これで増田の代わりに大久保が入っていれば、最後のパワープレーはまた違っていたものになっていたはずなのに…。

湘南は、GK鈴木、DF時崎、パラシオス、村山、MF浮氣、中里、金根哲、城定、FW高田、柿本、アマラオ

さてゲームの方ですが、序盤、横浜は右サイドでゲームを作り、4分ウッチーの1stシュート(ただし公式記録見るとこれはシュートでないらしい)はボテボテと相手キーパー正面へ。うちは前節同様中盤でのプレスが効いて相手のチャンスを作らせません。

ただし、ジェフ、城とも下がりすぎてチャンスをつなげられません。左サイドの大友が目立たないのも気になります。

代わりに今日はウッチーがかなりマークされてますが、これが後々響いてくるとは…。

12分に湘南アマラオがチーム1stシュート、ここからしばらくは湘南がうちのゴール前に詰めますが、アマラオがサイドに流れすぎてて助かります。

15分、クリア後のトゥイードと相手が交錯したのを審判がファウルと判断してトゥイードにイエロー、このFKをパラシオスが弾丸FK!これは菅野が好判断でパンチング。

17分、アマラオにラインの裏を取られるがなんとかクリア。今日は前半が4本のオフサイド、後半が2本のオフサイドと計6本のオフサイドを取ったわけですが、前節と合わせて16本のオフサイドを取ったことがDFラインの過信につながったのも否定できないです。

サイドからの攻撃は高いクロスはトゥイードが完璧にケアします。

29分臼井のクロスから得たコーナーキックは内田からニアサイドで待つ「パラシオス」へ。「パラシオス」は完璧に頭で合わせて見事に「横浜FC」が先制します。

というわけで相手オウンゴールで先制です。

その直後うっちーが右足付け根を押さえてベンチへ。やはりなにか異変がおきています。

この後は少し湘南ペースに。再度を何度かつかれます。なんとかしのいで37分にはポストプレーからの戻りをコーへーがミドルシュート(GKセーブ)。1-0で前半終了です。

前半のスタッツを見ると横浜のシュートはこの1本。これだけ見ると湘南押せ押せですが、要所を締めている分、そんなに危ない感じはしませんでした。

さて後半開始早々に早川の不用意なパスインターセプトされシュートまで持っていかれます。この辺の彼の集中力のなさはなんとかならんものか。ゲーム内容も序盤から湘南のプレスが効いてうちは思うようにサッカーができません。

さらに57分やはり足の調子がおかしいウッチーに代わり信義がin。

うちは敵陣でのルーズボールへのカバーリングが遅いです。

ウッチーが引っ込んでからは大友がキッカーになりましたが、安定感には欠けましたがなかなかのボールを蹴っていました。

61分マシューがクリアボールに伸ばした足に相手が引っかかりに行き相手シミュレーションかと思いきや、マシューイエロー(ヲイ審判)。

62分スゲのゴールキックが相手GK前でバウンドしたのに城がGKを追い抜かして反応しますがオフサイド、そして64分絶好の得点のチャンスが。

智吉が左サイドハーフラインでインターセプトしたボールをマシューへ流し、マシューから城へ、城は相手DFを十分ひきつけたあとにサイドラインを駆け抜ける大友へ、大友ドリブルで相手を交わしたあと同じサイドの後ろにいた信義へ、信義が後ろにすらしたボールをマシューがミドル!GKはじいたところをジェフがボレー!さらにはじいたところを信義が右足を振りぬく!!GKを置き去りにしたプレーでしたが最後は相手DFの足に当たりました。ここで入れられればゲームは全く違っていましたね。

逆にうちは前半から取りまくったオフサイドトラップへの過信から70分ついに崩れます。PA直近からのクロスに対してオフサイドトラップをかけますが、いちばん外でケアしてたコーへーが残ってしまいます。それに気づいたコーへーはいそいで自分もラインを上げますが、時すでに遅し、みんなラインの上げ下げに苦心している間にアマラオが左サイドから右隅にシュート。同点に追いつかれます。

オフサイドが取れなかった時点で、サイドのケアを続けるべきだったコーへー、安易に手を上げてアピールするのではなく、アマラオカバーし続けるべきだったマーカーの早川、適切にコーチングのできなかった菅野。アグレッシブなラインコントロールはうちの持ち味にもなりえます。次節に向けて修正してほしいところです。

74分やはり右足の心配な城に代えて横山、ジェフを1トップに据えて信義、大友のダブルシャドウ、ヨコの左サイドにフォーメーションを修正。これがそこそこ効きます。79分、右サイドの大友へロングボールが渡り、粘って臼井へ、臼井のシュートのこぼれをジェフがボレー。これはGKの手を掠めてポストへ、さらに左からのクロスを大友が戻して再びジェフ、これはDFにクリアされます。これも惜しいチャンスでした。

84分薄いに代えて河野、河野はFWに入り3-5-2の形になりますが、大きくてフィジカルに強いだけでFWが勤まるわけではなく、練習試合で2点取れたのは相手はJFLだからだし、ちょっとこれはリティの判断ミスですね。少なくとも増田の変わりに大久保をサブに入れておけばこんなことはしなくてもよかった。

結局終盤ロスタイム2分も含めて攻め続けた横浜でしたが、湘南から追加点は奪えず、開幕2連勝はならず。時節に向けて、DFラインの問題が明らかになったしあいでした。

内田、吉武の負傷具合が気になりますね。

さて、採点です。

菅野:6.0(安定したセービングを見せていたが、唯一失点時のコーチングのみが不満点)

早川:5.0(アマラオカバーリングは外すべきではなかった。そのほかにも不安定なプレーが多すぎ)

トゥイード:5.5(ラインコントロール、ハイボールの処理はよかった。イエローはかわいそうだが)

山尾:6.0(安定していた)

小野智:6.5(後半は再三左サイドで起点となった)

臼井:6.0(相変わらず右サイドでチャンスメイクした)

マシュー:5.5(外側からのミドル、DFへの貢献など相変わらず安定していたがイエローが減点要素)

内田:5.5(ここまで引っ張るべきだったか?前半で代えてもらうべきではなかったか?)

信義:6.0(副キャプテンとして内田の負傷をフォローして早めの交代をアピールすべきだった。プレーの内容がよかっただけに残念)

大友:6.5(前半は埋没していたが、後半何度もチャンスメーク、積極的にプレーに絡んだ)

城:5.5(残念ながら見せ場なし、消えていた)

ジェフ:6.0(ワントップとなってからはよかったが、城がいる間にもそのプレーを見せてほしかった。)

河野:5.0(完全なミスマッチ)

横山:5.5(バランスはもたらしたが、大友と比べて効果的だったと言えない)

2004-03-21 途中まで焦った…

[]第110回toto結果!

ということで結局2回連続3つ外しで終わった今回のtotoだったんですが、7試合終了時点まですべて本命が来ていました。結局4,5で2連荘で外したんですが、ここまで本命が来るのも珍しいので、買っていない分余計に焦りました。

というわけで結果発表。

01 清 水1−2鹿 島(本命)

02 名古屋1−3磐 田(本命)

03 G大阪1−0広 島(本命)

04 新 潟0−0神 戸(外し)

この試合が8試合目にして初の本命以外でした。ホームの力を借りた新潟といったところでしょうか?神戸はよく分からんですね。

05 大 分2−1F東京(外し)

今回のビッグアプセット。マグノアウベスにしてやられました。

06 市 原−横浜M(対抗)

トリプルかっておいてよかったというところです。

07 東京V0−1 柏 (外し)

森本得点ならず。ヴェルディは攻めて攻めて敗れましたね。

08 浦 和4−2C大阪(対抗)

打ち合いは浦和の勝ちでした。

09 仙 台0−5京 都(本命)

仙台、だめぽですか。

10 山 形2−2水 戸(本命)

べたべたの引き合いではなかったようですが、結局引き分けでした。引き分け1本がはまるとスカッとします

11 大 宮0−0札 幌(本命)

迷ったら引き分け。今回は絶好調。

12 甲 府1−2川 崎(本命)

13 鳥 栖0−3福 岡(本命2)

鉄板。

結局今回は本命9、対抗1、はずれ3の10個当たりでしたが、かすりませんでしたが、自分的にはなかなか会心の予想だったのではないかと思います。

今回配当は、1等25,382,690円(4口)、2等196,123円(207口)、16,630円(3,664口)となかなかの高配当。みんな引き分けを読むのに苦労してますね。

2004-03-20 勝てなんだですか…

[]J2 第2節 湘南ベルマーレ戦@平塚

私用で福島に来ておりますので、i-mode板の実況が頼りでしたが、結果的に後1点が取れなかったですね。

横浜FC 1(1-0)1 湘南ベルマーレ

得点者:横浜FCオウンゴール(29分)、

    湘南アマラオ(70分)

警告:トゥイード(16分)、マシュー(61分)、河野(85分)

GK 菅野

DF 早川、トゥイード、山尾、小野

MF 臼井(84分 河野)、マシュー、内田(57分 小野信)、大友

FW ジェフェルソン、城(74分 横山)

入場者数:4,759人

だそうです。

冷たい雨の降る中、サポの皆さん、選手たちお疲れさま。緊迫した良い試合だったようですね。明日の放送を楽しみにしております。

観戦メモはこちらへhttp://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20040322

2004-03-18 上がれ売り上げ!!

[]

@nifty内にウェブログサービスがあったんでとりあえず登録。

http://tatsumine.cocolog-nifty.com/

でも、はてなダイアリー以上のメリットが感じられないなぁ。何かおもしろい使い方あるんでしょうか?

[]アテネオリンピック最終予選最終節対UAE

3得点が全てセットプレーというのがまた、前節の横浜FCを思わせて良い感じです。3トップは田中と平山が左に流れる場面が多く、フルに機能していたとは言いがたいですが、何はともあれ結果を残しました。

山本監督の涙がイイですね。

本番はトゥーリオも帰ってきます。横浜FCの若手(大友だって資格アリ)にもチャンスはゼロって訳じゃありません。例えば、これから全試合得点に絡めば注目だってされるんじゃないかな?

うちでいうとGK菅野、柴崎(彼はちょっと…)、DF河野、森、中島、MF吉武、内田、北村、大友、森戸、岩倉、FW杉本、ジェフ(帰化が間に合えば)となんと1チーム組めるくらいの人材が!

スゲ、大友、杉本辺りは決して夢じゃないと思うんですがね。

[]第110回toto予想!

ということで、このままでは1等1口で1億行かないと言う惨状になりかねないので、みなさんtotoを買ってください。とはいえ、仕事多忙のため、私は今節予想のみです。今日が泊まりのためtotoシートを印刷(マルチ削減してますので、30口をシングルで買わねばなりません)出来ないんです。と、いうわけで予想行きます。

01 清 水−鹿 島(本命2)

広島に苦戦しているようでは清水はまだ外国人がフィットするのに時間が掛かるはず。鹿島は前節こそ苦戦しましたがここは鹿島1本で行きます。

02 名古屋−磐 田(本命2穴0)

磐田に穴が見あたりません。ただし名古屋秋田を中心として技ちっと守ってきますので、磐田本命ながら穴で引き分けも。

03 G大阪−広 島(本命1)

前節最後の最後に相変わらずの詰めの甘さを露呈したガンバですが、本領発揮すれば広島よりは上。ガンバ1本買いです。

04 新 潟−神 戸(本命2)

イルハン人気にあやかるわけではありませんが、神戸は着実にモチベーションが勝つチームの方に向いてきたと思います。新潟はもう少しJ1に慣れてからですね。ここも神戸1本です。

05 大 分−F東京(本命2対抗0)

根本、今野、茂庭といった五輪組がどれくらい出てくるかですが、ガスの優位は動きません。ただし、守りに入った時の大分も怖いと思いますので対抗で引き分けを押さえます。

06 市 原−横浜M(本命2対抗1穴0)

前節敗れはしましたが、市原の本気はあんなモンじゃないと思うんですが…、という期待も込めて唯一のトリプルで。

07 東京V− 柏 (本命1)

あえて森本のスミ1でヴェルディと予想します。

08 浦 和−C大阪(本命2対抗1)

鈴木田中、山瀬が帰ってくれば本来の3-5-2に戻した浦和の余裕勝ちでしょうが、前節前半のようなサッカーを見せればセレッソも…、という期待でセレッソ本命に押します。ただし対抗で浦和も押さえます。

09 仙 台−京 都(本命2)

前節の傷を考えると京都の方が浅いと思います。仙台は修正にあと1節は掛かると見て京都1本で。

10 山 形−水 戸(本命0)

ベタベタの引き合いでいつぞやの水戸横浜FCのような試合になる予感。山形カウンター以外のオプションがあれば別ですが、引き分け1本で。

11 大 宮−札 幌(本命0穴1)

迷ったら引き分け。ただし大宮を穴で押さえます。

12 甲 府−川 崎(本命2穴0)

実力では川崎ですが、ここで引き分け病が顔を出さないとも限らないので穴で引き分け。

13 鳥 栖−福 岡(本命2)

鉄板。

たきゃひろたきゃひろ 2004/03/19 22:58 明日は寒そうなんです。予報では平塚方面7℃って、おい!てことで、TOTO(こう書くと便器みたい)未経験のたかひろでした

2004-03-17 練習試合

[]練習試合 vs東海大@小机

見に行って参りました。

横浜FC 4[1-1]1 東海

得点はオフィシャルではシンギ、ツヨ2、岩倉となっていますが3点目は大久保だと思います。

メンバーは小山(柴崎)、森戸(北村)、淳吾、マニー、中島、岩倉、コーサク、シンギ(ユース)、ヨコ(杉本)、ジャンボ(ユース)、ツヨ。

今日の試合を見て、土曜はスタメンは変わらず、サブはコーサクに代えてジャンボってところが妥当と思います。ツヨが後半痛んだので気になります。

また杉本が実戦復帰ですが、今日は見るべきところはなかったです。その他柴崎は危なっかしくて試合では使えず、小山は安定していて、マニーは元気でしたが相変わらずカバーリングが×。中島はもう少し積極さがほしい。岩倉は右サイドMF、サイドバック両方とも合格点で早く実戦で見たい。ジャンボはいい。

といった感じです。

めちゃくちゃ風が強く、相手の1点かCKが風で巻いて直接でした。

スタンドでごっさんが見てて連れションしました。

以上。

2004-03-16 サイコー!

[]押尾コータロー Live@グリーンホール相模大野

ということで、会社を1時間早引けして相模大野のグリーンホールまで押尾コータロー*1のライブを観に行って参りました。なにしろロック以外のライブなんて初めてで、立って聴くような音楽じゃないのだけれど、みんなスタンディングしちゃったらどうしよう、とか思っていたのですが、心配後無用。みんな座っておりました。

今日はジャズギタリスト小沼ようすけとのジョイントなんですが、このチケットを手に入れてから小沼ようすけも聴いてみたんですが、正直あまり好みでない音でしたので、押尾30分、小沼1:30とかだったら辛いな、と思っておりましたが、そちらも心配後無用。1時間ずつ位で19時過ぎに始まったライブはアンコールも含めて22:30に終わるという3時間30分に及ぶライブになりました。

まずは普通のあんちゃんぽい感じで押尾コータローが登場。

いきなり2ndの1曲目「スプラッシュ」を演奏。MTV等で演奏シーンは見たことあったのですが、やはり生でしかもグリーンホールなんて小さい箱でしかも前から11列目で見てしまうとやはりお口アングリでございました。

「すげぇ…」

「うめぇ…」

新曲や未発表曲も織り交ぜてのステージの中盤、

「大変残念なんですがアルバム未収録なんです…」と言って弾き始めたのが「ゲゲゲの鬼太郎」。会場は爆笑の渦ですが、めちゃくちゃ高いテクニックでわらかしてくれてますのがすごいです。

さらに、「もしも鬼太郎があかるかったら?」と、メジャー進行で鬼太郎を演奏。これにも爆笑の渦が。

さらにTABOOで赤いライトの中ちょっとだけよとかした上に、メンバー紹介をします(押尾コータローは一人でやってます)、といった上でベース押尾コータロードラム押尾コータローエレキギター押尾コータローアコギの人)押尾コータローと1台のギターでいろいろやって見せてくれました。

僕の圧巻はチョッパーベースですね。

でそのあとボレロなども演奏してくれて20:30ころに小沼ようすけ*2にバトンタッチ

はっきり言ってやはり苦手なジャンル。ジョージ・ベンソンとブライアン・オーガーの合いの子みたいな感じで、エレクトリックジャズで、ちょっと退屈でした。彼らの演奏が21:20くらいまで続いたあと、一度バンドメンバーが引っ込み、押尾&小沼でチック・コリアの「スペイン」。これがよかった。情緒的で、ちょっと小沼ようすけを見直した。

でそのあと2人で即興を織り交ぜながら「星に願いを」。

アンコールはバンドも出てきて全員でブルーズのセッションをして大団円でした。

みんなスタンディングじゃなくても、自然に手拍子がいつの間にか始まり、みんなで笑い、みんなで楽しんだライブでしたね。また行きたいです。

押尾コータロー、お勧めですよ。

2004-03-14 109回toto結果

[]久々のtotoは3つ外し。

01.横浜M1−1浦 和(穴)

穴に来ましたね。

02. 柏 2−1大 分(穴)

迷ったら引き分けだったんですが、柏もそこそこできそうだと思いました。

03.F東京1−0新 潟(本命)

鉄板正解です。

04.C大阪1−2名古屋(本命)

名古屋は勝ちきれるチームに仕上がってると言って良いでしょう。

05.神 戸2−1市 原(はずれ)

今回最大のサプライズ。なんと市原が緒戦でつまずきました。

06.広 島1−1清 水(本命)

迷ったら引き分けの法則。

07.鹿 島1−1G大阪(はずれ)

アライバ効果はありましたが、西野の開幕戦の強さも考慮すべきでした。

08.磐 田2−0東京V(本命)

みさきさんの予想を参考にしました。しかし森本平成0年生まれかよ。

09.札 幌2−2甲 府(対抗)

これでこの対戦は甲府の○△△○△。トップ下小倉は正解でしたか?

10.水 戸0−0湘 南(はずれ)

迷ったら引き分けにしておけばよかった。

11.川 崎−鳥 栖(本命)

鉄板。

12.横浜C−仙 台(本命)

単勝で買ってもよかったですね。

13.福 岡−山 形(穴)

福岡ロケットスタートならずですが、10人で戦って引き分けは価値ありますね。そうそう迫井はスタメンだったようで、これで27日も出場当確か?

ということで今回は、本命6、対抗1、穴3の3つ外しでした。残念4等か。

当選金は、1等10,740,414円(10本)、2等237,316円(181口)、3等26,050円(2,474口)でした。

2004-03-13 首位

tatsumine2004-03-13

[]J2第1節 対ベガルタ仙台

写真はこちら

http://www.imagestation.jp/ja/pc/viewfrontcover.jsp?album_id=2aa26b3cef2b

途中、ポルタの更科一休でそばを食べてきたためもあり、道路はいつも通りの混み方でしたが、今日の到着はゲーム開始20分ほど前。

すでにサブ組みのみの練習です。

選手入場を待つ間、ウチのゴール裏からは、

「お帰りJ2!!」

「出戻り仙台!!」

「よーく考えよー 大友大事だよー」コールが。

さらにうちの

「何かやれ!!」コールにも仙台サポは動じず、

「お先にどうぞ!!」で返すなど、余裕をかましてくれてましたが、思えばこの余裕がチームにもサポにもあったような気がします。

ちなみにそのコールに返したのは、

「もう試合!!」でした。

ベガルタ仙台はまるで去年の新潟のアウェイユニの様でもあり、アイリスオーヤマのハートがずいぶんでかくてまるでポーツマスの様でもあり。カニトップのインパクトには叶いませんね。

対してうちは昨年と同モデルながら、スポンサー料滞納という事件を最後にかましてくれた某企業が抜けたため、非常にシンプル。ていうかなかなか良いんですよ。

さて横浜FCの先発は、予想通り

GK 21 菅野 孝憲

DF 5 早川 知伸

DF 15 トゥイード

DF 26 山尾 光則

DF 7 小野 智吉

MF 3 臼井 幸平

MF 6 マシュー

MF 10 内田 智也

MF 22 大友 慧

FW 9 ジェフェルソン

FW 25 城 彰二

SUB

GK 1 小山 健二

DF 4 眞中 幹夫

MF 8 吉武 剛

MF 11 増田 功作

MF 18 小野 信義

対してアイリス仙台は、GK小針、DF渡辺、ガスパル、森川、MF石井、シルビーニョ、財前、村上、菅井、FW大柴、佐藤。ちなみにサブに福島東高校出身の萬代宏樹がサブに入っています。

さてそうこうしているうちにキックオフ。ウチの布陣は普通の4-4-2でしたが、これが非常に最初から良い!ジェフはフィジカルの強さを生かしてDFの間をがんがんと抜けていく。臼井、大友も積極的に再度を切り裂く、早川は消極的なプレーで味方をピンチにさらす(あれ?)。仙台は序盤からうちの猛攻を受けて防戦一方、と思ったら5分ほどでGK小針が城と交錯し足を痛め、一度はプレーに復帰したのですが9分に高桑と交代です。その後も森川が痛んだりと、仙台はどうもフィジカルコンディションがいまいちだったのではないでしょうか?それかよほどジェフを始めとするうちの当たりが厳しかったのか?

でも前半はほとんどイエローが出しようがないフェアで激しいあたりです。逆に仙台は内田、臼井の攻める右サイドを村上が引っ張ってしか止めようがなく、イエローを食らいます。

その直後右からのコーナーにマシューが真ん中できれいに頭で合わせて先制!

マシューは今日は相手の突破を長い足を生かしてボールに行ったタックル、セットプレーへの参加、攻撃の起点としてすばらしい活躍でした。まさにマンオブザマッチにふさわしい働きでした。

そして得点直後、DFに戻りながらトゥイードが手振りで「落ち着け落ち着け」というジェスチャー。さすがDFリーダー冷静です。

今日のDFラインは本当に沈着冷静。仙台FWの動きを良く見てバンバンオフサイドを取ってゆきます。

そして20分、智吉、ジェフェルソン、智吉とワンツーで抜けた智吉がそのまま左右足でゴール!

智吉は時折見せるオーバーラップも光ったものの今日は少し財前をカバーしきれていなかったのが残念(しかしながら仙台はその右サイドでフリーな財前をほとんど活かせることなかったのですが)。大友とのバランス取りに終始した感じでしょうか。

逆に大友は右に左に、ドリブル突破におしゃれヒールに、股抜きにとすばらしいプレーを連発。

完璧にのってしまった横浜に対して仙台は完全に浮き足立ちペナルティを連発。黄紙佐藤渡辺と連続してもらっています。

ジェフェルソンも得点こそ挙げていませんが、堅実なポストプレー、ドリブル突破フィジカルコンタクトへの強さを随所に見せ、あとは自分でとる!という気迫を見せてほしいところです。ただし、前半20分ほどから膝に手をやってばてたようなポーズを見せていたことが気になりました。ところが「もうだめぽ」てな感じで、いつ代わるんだと思っていたジェフェルソンはそのままのコンディションでフル出場。試合後のダウンもニコニコ笑顔で手を振りながら。

バテバテなプレースタイルってひょっとしてジェフのデフォルト???

仙台は小針負傷のため長めのロスタイムにやっと1本シュートを打ったくらい。サポも声を出していますし、うちよりもボリュームは大きいんですが、迫力を感じないというか…。

で、そのまま2-0で前半終了

ハーフタイム、ゴール裏に向かうとあんくん、れおな夫妻が。そのうちKEEPERさん、きもさん、ふっとれさんも登場。「あけましておめでとう」等と言っている間に後半開始です。

さて後半開始早々。オフサイド仙台を引っかけまくった横浜FCは、誰かのシュートのこぼれ球をマシューが右足でドカン!!3-0とさらに仙台を突き放します。G裏、バックスタンドはお祭り騒ぎです。

さらに後半13分、セットプレーから密集の中城がヘディングで4点目!

その直後城は村上に削られますが、大事をとってすぐに吉武に交代。余裕の采配ですが、大事無ければ良いです。

さて城→吉武の交代と同時に、仙台も菅井に代えて萬代登場!

萬代は鋭い抜け出しやポストプレーに非凡なものを見せましたが、今日はトゥイード、山尾のDFラインが一歩上。基本的に寿人をトゥイードが萬代を山尾がカバーする感じで何度か真ん中を突破されましたが、事なきを得ます。ただ、大柴と寿人の時は大柴が完全に消えるくらい完璧なカバーをしていたDFが破られるわけで、萬代、寿人で90分戦えるなら結構いけるんじゃないかと思いました。

さて、妻の実家の関係で萬代ファンである我が家の興味はジェフがどこまで持つかと萬代の初ゴールはあるのかというところでしたが、おなじく攻撃陣で動きの良かった大友に代えてコーサク、臼井に代え信義と3枚のカードをきられてしまいジェフはフル出場達成。恐るべし。スタミナあるんじゃん。芝居うますぎだよ、といっぺんにジェフファンに。今年のマフラは9番決定。

ということでそのまま4-0で終了。昨年はそそくさと立ち去る人の多かったバックスタンドも、選手の挨拶(ゴール裏のバンザイは良かったですね)が終わり、MOMのマシュー、城、山尾の挨拶。ダウンしている選手たちが引き上げるまで残り続けて、すばらしい試合を見せてくれた選手に拍手を送り続けました。

仙台のサポは恐らく3000人はいたでしょう。すばらしかったです。うちは2年目の統一応援、彼らの声量にはまだまだ叶いませんが、しかし今日の声出しはとてもよかった。バックスタンドの手拍子もよかったですよ。

この試合を43試合続けてゆきたいですね。

で、採点です。

GK 菅野6.0:ほとんど危機にさらされることなく90分を終えたがプレーは安定していました。

DF 早川6.0:前半序盤こそ不用意なパスをカットされるなど危ない場面を作ったが、後半は特に安定した守備を見せた。ロングスローの正確さには驚いた。

DF トゥイード6.5:大きな声、ジェスチャーでディフェンスラインを統率。10を超えるオフサイドの山を築いた。セットプレーでも積極的に攻撃参加する姿勢はイイ。

DF 山尾6.0:後半途中から萬代にマンマーク。ただし、萬代に代わってからは結構裏を取られていた。

DF 小野智6.0:大友のサポートに専念、財前へのマークが薄く危なげだったが、得点シーンはお見事。

MF 臼井6.5:積極的な仕掛けは見ていて楽しい。対面がファウルでしかとめられないほどの切れを見せた。

MF マシュー7.0:2得点、攻撃の起点となるパス、危なげないディフェンスと文句なく今日のMVP。

MF 内田6.5:マシューに遜色ない貢献度。飛び出しやカバーリングがすばらしかった。臼井に対するカバーリングをもう少し。

MF 大友6.5:ジェフ、小野智と組んでのプレーなど本文に書いたとおり縦横無尽に活躍。今後も期待。

FW ジェフェルソン6.0:スタミナのなさが気になるが、ポストとして、そして突破者としても申し分ない働き。

FW 城6.5:アトランタ五輪時のチャントに後押しされたかジェフと並んで、前半から何度も仙台DFラインを打ち破った。最後の4点目もお見事。来週は大丈夫か?

SUB

MF 吉武5.5:入っていきなりイエロー。さほどの活躍は見せず無難な動き。もう少しがんばってほしかった。

MF 増田5.5:プレーにほとんど絡んでないので評価不能としたいところだが、そもそも途中から入ってきてプレーに絡めないようではだめ。

MF 小野5.5:なかなかボールに触れず、そのままゲーム終了。プレー時間が短いのだからもっとはつらつとプレーしてほしかった。

きもきも 2004/03/16 13:04 J初ホームの時の電光掲示板にも『ベガルタル仙台』と誤表示されていたっけな…なんて思い出してしましました。

2004-03-10 いそがし

[]あと3日で開幕

ニセコから帰って以来手を付けておりませんでしたね。

あと3日でJリーグも開幕です。

ニュースとしては、神戸2005年シーズンからチームカラーをエンジに、とのことですがこれってクリムゾン(深紅)と関係あるの?

親会社のチームカラーにってことだと、地域密着の理念から離れてるんじゃないかと思われますが。

元々企業のイメージカラーをチームカラーにってことだと、浦和マリノス名古屋位ですね。

あと、UEFAチャンピオンズリーグ本戦1回戦第2れぐですが、

チェルシー0-0シュトゥットガルトtotal1-0でチェルシー

マンチェスターU1-1ポルトtotal3-2でポルト

リヨン1-0レアル・ソシエダtotal2-0でリヨン

ユヴェントス0-1デポルティヴォtotal2-0でデポル

となんとマンU、ユーヴェが準々決勝進出ならずです。

我がチェルシーはなんとかシュツットガルトに勝利です。苦しいなぁ。

2004-03-09 第109回toto予想!

[]久々toto開催!

さぁ、今年もこの季節がやって参りました。toto予想参ります。

01.横浜M−浦 和(本命1穴0)

最近5試合は○○○●○。浦和トゥーリオ田中鈴木マリノスは那須が抜けておりますが、チームの熟成具合からすればマリノス分があると思われます。引き分けを穴で押さえつつマリノス本命で。

02. 柏 −大 分(本命0穴1)

両チームとも堅実に補強してきましたが、どうも一山突き抜けた感じがしないんですよね。昨シーズンも2引き分けだし、どちらが強いのかよく分からないってことで迷ったら引き分けです。ただし穴で柏も押さえます。

03.F東京−新 潟(本命1)

ひそかにガスは結構行くと思っております。新潟はすぐに勝てるほど甘くないでしょう。ガス鉄板です。

04.C大阪名古屋(本命2穴0)

大量補強を断交した名古屋ですが、今年は勝ちきれるチームになったのでしょうか。セレッソはそれを見るのにいい機会だと思います。名古屋本命、穴で引き分け。

05.神 戸−市 原(本命2)

イルハン効果で満員のウィングでパヴェルコーチのJデビューですが、最大の武器チェを失ったJEFがどの程度やれるのかに期待です。

市原本命。

06.広 島−清 水(本命0穴2)

アレックス、アンを失った清水ですが、広島相手なら最悪引き分けまで持っていけるか?ここも自信ないので本命引き分けで、清水も押さえます。

07.鹿 島−G大阪(本命1)

アライバいきなり古巣と対決です。ここは相性(ここ5試合○○○○△)からみて鹿島1本で。

08.磐 田−東京V(本命1)

ヴェルディは、うちに負けているようでは大変ですよ。磐田鉄板で。

09.札 幌−甲 府(本命2対抗0)

昨シーズンも札幌には負けていない甲府(○△△○)。確率からいっても補強からいっても甲府の負けはないでしょう

10.水 戸−湘 南(本命2)

ここも難しいですね。ただし、チームの強化方針は湘南の方が明らかですので、湘南1本で。

11.川 崎−鳥 栖(本命1)

鉄板。

12.横浜C−仙 台(本命1穴2)

マルコスもいないし、単勝で買っちゃおうかとも思うんですが、弱気です。

13.福 岡−山 形(本命1穴0)

福岡は序盤で価値が混めば、昨季後半並みに走ると思います。

2004-03-01 2004ニセコ 最終日

[]最終日は1日雪雪雪!

写真は、

http://www.imagestation.jp/ja/pc/viewfrontcover.jsp?album_id=d0a1268bb13d

2日目は、

http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20040228

ということで最終日は1日中大雪で、またしても1000m台地より上はすべてクローズ。アンヌプリにいけないせいで、スタンプラリーは途中リタイヤ

チェックアウトを済ませて10時頃にゲレンデへ。今日もファミリーコースを下ってからセンター4に乗ったので、昨日と全く違うエゾマツの雪化粧がまた楽しめました。

昨日から雪が続いているのでパウダーもそこそこ期待できるだろうと、まずは第3リフトを降りてオフピステの白樺コース。昨日の雨の分を取り返して上部のパウダーは良い感じです。

もう一度アルペン第3に乗り今度はセンターコースを滑りきったところでセンターヒュッテでのんびりとお茶。今日はなぜかゲレンデ上の平均年齢が半端なく高めです。

今日はあったかいので、降る雪も若干湿ってます。

しばらく滑ったあと、見晴らしヒュッテで昼食。僕は角煮とんこつラーメン。ヒュッテではruweというにセコローカルが作ったビデオが流れていて、それをしばらくぼんやりと興奮しながら見てました。

昼食後はセンターヒュッテからニカベを中心にアルペン、高原を滑って、そのあと15時前に嫌がる妻を説き伏せて見晴らしコースへ50mほどハイクアップ。山向こうへ20分ほど掛けて妻にとってははじめての準オフピステを経験。膝パウ程度の重めのパウダーでしたが、ツリーランもはじめての妻にはかなり辛かったらしいです。

そのあとは再びアルペンに戻り最後にスーパーコースの大広間を滑り降り(昨日の大広間とは大違い)で楽しかったです。

で滑り降りた時点で16:00なので17:00のバスに間に合うように着替えや荷物だしを済ませ会社にはアルペンホテル限定のリス饅頭をおみやげに。

ルスツ経由で19:40に新千歳着。急いで(みやげやは20:00に閉まるところが多い)みやげ(ほとんどがロイズの生チョコだったりする)を買い込んで、ラーメン道場(新千歳空港3F)で旭川ラーメンの特一番の背脂醤油をいただいて21:35のJALに乗り込み、23:10くらいに羽田着。新宿までリムジンバスに乗ってそこから電車で帰り着いたらやはり1時でした。

今回は天候に恵まれず、1000m台地より上にいけたのが一瞬だけという、ニセコ経験で最も悪いコンディションでした。

はっきりいって印象そのもので言えば安比の方がよかったですが、多分そんなことは忘れてまた来年ニセコに来るんでしょうね。

おそらくこのニセコで今シーズンの雪山は終わり。

今年は長板に久々に乗ったのですが、結局のところスキボーとの両立が非常に中途半端だったと思います。

来シーズンはどちらかに専念しても良いかな?

また来年も楽しく滑りたいですね。