Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2005-03-30 ぱっとしねぇな

tatsumine2005-03-30

[]ワールドカップ2006アジア最終予選 日本vsバーレーン

日本 1(0-0)0 バーレーン

試合雑感

  • 前半から目立っていたのは鱸師匠のまさに鱸といわんばかりのプレー、ファールのもらい方、前線からのDFすべてが鱸規格。鱸的評価では10点満点。
  • 試合を通して中田の出来アジア予選とおしても一番よかったような気が。ボローニャレジスタを務めていたときのようなパフォーマンスで、特に加地とのコンビネーションがよかった。
  • 前半20分近辺から10分近く続いた日本のCK6本&FK6本の大攻勢。あれを決められなかった鱸はおいといて、高原の決定力はすごい。というか中村関西ギャグなみにひつこいニアサイド攻めはなんだったんだ。
  • それにしても何しに来たんだ>高原ハイボールにはかする。足元は打ち切れない。鱸がよかっただけに、悪さが余計に目立った。6月までしっかりドイツで補習してきな。
  • 前半終了間際と後半開始直後のバーレーンGKの演技はすごかった。菅野顔負け。ただしJ2であれやったら遅延でイエローじゃないか。
  • マルズークがオーバーラップしてくるとサイに追いかけられているようで怖い。
  • そして本日のハイライトは当然ミラクルゴールのシーン。サルミーンのアウトにかけた余計な力を抜いたすばらしいシュートは「ネ申」レベル。日本に亡命した暁には「猿民」の苗字を与えよう。

さて僭越ながら採点です。

楢崎6.5(今日の楢崎中の人は昨年までの人に戻ったらしい)、田中6.0(普通。田中は存在に気づかないくらいが良い)、宮本5.5(今日は顔が怖かった)、中澤5.5(あれだけニアで合わせるなら1本くらいは決めれ)、MF福士誠治as茅野悟(19boarders) 加地6.5(ナカラさんの飼い犬認定。まじによかった)、中田ヒ6.0(まさに「ボランチとして攻守の切り替えでチームをハンドリングした」)、福西6.0(ナカタサンのフォローご苦労)、あれ6.0(後半のドリブル突破はお見事、自分でシュートしてりゃ今日のヒーローだったのに)、中村5.5(キックの精度はイマイチだったかな?ナカタサンが目だったってことは俊輔の状態がよくなかったってことでしょう)、高原4.0(何しに来た?)、鈴木6.5(鱸品質120%。ジーコが鱸に求めるプレーはすべてこなした。)、玉田5.5(前線での絡み方はよかった。高原に変えた方がよかった)、稲本−(採点不能)。

GK千両役者アリハサン4.5(主演男優賞)、巨体がうなるぞ空飛ぶぞマルズーキ5.5(迫力あった)、黄金の右足・猿民様日本代表的7.5(問答無用。バーレーン代表的には3点くらい?)

2005-03-29

[]腰痛

腰痛中です

地震雲関係ではたくさんの方々から、アクセスいただきましてコメントもありがとうございました。スマトラ地震と関係があるとは思えませんが、こういう風にたくさんの人が空を見上げたり、防災意識を持つようになるのはとても良いことだと思います。

で、地震雲ネタ以外にやけにアクセスの多いリンク元があると思ったら、

みぃさんとこでした。ぴょんきちで笑ってもらえて何より。

2005-03-27 やせっぽち

tatsumine2005-03-27

[]洗ってみた

→は、廊下の扉から居間を見つめて「閉じ込められています助けてください」ごっこをしているぴょん。お風呂後。





f:id:tatsumine:20050327192319:image

風呂

f:id:tatsumine:20050327191406:image

風呂

バケツの中のお湯に浸して、

シャワーで全体をぬらして、

シャンプーをお湯で溶かしてさっぱり洗って、

バスタオルでざっくり拭いて

さらにバスタオルで簀巻きにしてそのうえからドライヤーをかける。

ドライヤーをかけるまではおとなしいですが、

ドライヤーにはやはり音と風に拒否反応があるみたい。

[]地震雲

f:id:tatsumine:20050327191750:image

17時頃、吉祥寺の空を西のほうへ。筋雲が、ここに写っている以外にも3本ほど、走っていました。その筋雲たちの収束点あたりは磁力線の影響を受けてそうな雲が発生しているので、ここ何日かで西のほうで地震があるかも。

とまぁ、ちと気になってgooblogサーチで探してみたんですが、

結構気にされている方々も多いようでこの方なんかはぼくと同じの見てるようですこちらとこちらもそれぞれ同じ雲を見ているようですし、こちらにも…、ともうやんなっちゃうくらい地震雲エントリーが…。

どうやら昨日地震関係の番組をやったみたいですね…。

どうせまた、煽情的に不安感を煽り立てるような馬鹿馬鹿しい構成だったんだろうけど。

地震の原因になるプレートの変動で地磁気が乱れるために地震雲が発生するんであれば、ある程度の規模であれば、どんな地震であれ地震雲が発生しえるわけで、地震雲が出たからって大地震が来るわけではないですからね。地震雲が出来る出来ない、と地震の規模は比例しないはず。むしろ、みんなが見逃しているだけで、普段からいろんな地震雲が発生しているってことなんでしょうね。

[]第155回toto結果

01. 新 潟 1-0 神 戸(はずれ)

野澤確変?PK2本止められては勝てません。

02. 浦 和 2-1 大 宮(本命)

初の埼玉ダービーは順当勝ち。

03. 広 島 0-1 東京V(本命)

ワシントンの1発でヴェルディ

04. 川崎F 2-2 G大阪(本命)

やっぱり勝ちきれない川崎。読み勝ちました。

05. F東京 0-0 大 分(はずれ)

どうしたガス?数的優位も生かせず。

06. 千 葉 1-2  柏 (はずれ)

若年層代表の影響を考えていませんでした。

07. 鹿 島 2-1 名古屋(本命)

08. C大阪 0-2 清 水(はずれ)

猛攻をしのぎきられました。

09. 札 幌 0-3 仙 台(はずれ)

数的優位を着実に初勝利に結び付けた仙台

10. 横浜FC 1-0 草 津(本命)

11. 京 都 2-1 山 形(本命)

12. 徳 島 2-2 鳥 栖(対抗)

13. 福 岡 0-0 湘 南(はずれ)

ということで、本命6対抗1はずれ6という7勝6敗、またも惨敗です。

配当は、

1等 74,293,182円 1口

2等 521,301円 57口

3等 57,670円 773口

となかなかな高配当でした。

地震雲・ミミの父地震雲・ミミの父 2005/03/28 11:11 トラックバックから来ました。けっこう空を見ている人多いんですね。特集は見ませんでしたが、毎日散歩するので空は毎日見てます。昨日のあの時間は飛行機雲が2本あり風で流れたので勘違いされている方もいると思います。
昨夜ニュース速報で成田で地震の報、M3でした。今日調べたら0:16に新潟でもM3.1の地震。福岡を含めるとM2以上が6回ありました。こう頻繁にあるとあてになるのかならぬのか・・・・f^_^;

araiarai 2005/03/28 21:41 トラックバック有難う御座いました。
夜の不気味な雲は実は昨夜も見たんですけど、2回続くと特別なものでもなかったのかな?なんて思ったりもしています。でも、日頃から防災対策は必要ですもんね。

tatsuminetatsumine 2005/03/29 00:14 >お二方
ご訪問ありがとうございます。飛行機雲との見極め方って難しいですね。でも、おもしろ半分に取り上げるTVも、こうやって気にする人が増えるって意味では少しは役に立っているってことですね。

つなみんごつなみんご 2005/03/29 09:18 先日はTBありがとうございました。…本日深夜にスマトラ沖でM8.5の地震がまた起きたんですけど、地震雲…まさかスマトラ沖と関係(謎)とは思いたくないですけど…あれだけ大きな地震だと無関係とも言い切れないような(謎)いや、でも…やはり防災対策は必要かもしれませんね。

2005-03-26 初勝利

tatsumine2005-03-26

[]J2第4節 対ザスパ草津@三ツ沢

写真コチラ

JFLからの昇格組、ピッカピッカの1年生ザスパ草津との初対戦は、スコアこそ1-0と最小得点差でしたが、J5年生の貫禄を見せつけ草津に付け入る隙を与えないゲーム運びを見せ、完勝しました。

横浜FC 1(1-0)0 草津

14:04キックオフ 三ツ沢球技場 入場者数:4,387人

横浜ボールキックオフされたゲームですが、横浜はオーソドックスな4-4-2、ザスパ中盤ダイヤモンドの3-3-1-3とも3-3-3-1とも取れる3-4-3いつもどおりの4-5-1でスタート。

しかし開始早々横浜に大変なアクシデントが発生。横浜DFの弱点である両CBの間へ速いパスを出されて、相手FWに抜け出されそうになったボールをトゥイードがなんとか追いついてクリア。しかしトゥイードは着地した際に左足をひねったか、ピッチに倒れこみ、すぐさま自分で交代を要求。そのまま担架で運ばれていきます。そして2分トゥイードに代えて富永。高さという面で他に代えがたい戦力であるトゥイードの負傷は痛いですが、これが結果的に富永の新しい使用方法を見出したともいえます。富永はトゥイードに代えてそのままCBに入ります。

攻撃面では横浜ゲーム序盤から、真ん中で張る城に対して、久保田と左SH小野智吉がポジションチェンジ。これに草津DFは対応できず何度も城、久保田小野智吉でチャンスを作ります。久保田クロスに城が合わせる、久保田、智吉のコンビから智吉が抜けだして久保田へのクロスからシュート、さらに佐藤一樹が左サイドをオーバーラップして絡んで絶妙のクロスを城への反転シュート、と前半10分まで立て続けに横浜左サイドが猛攻を見せます。15分には城が完全に抜け出す所を鳥居塚が抱え込んで倒し警告。ここまで、左サイドを中心にした横浜に全く歯が立たない草津という展開です。

25分過ぎからはまた横浜の時間。智吉からオーバーラップした一樹へ渡りクロスを城が反転シュート。29分にはウッチー引っ掛けられて山口イエロー。与えられたFKを早川ワンタッチで一樹へ展開し、一樹の放り込みを久保田が抜け出して強いシュート!これはGK岩丸がはじいたもののフォローなし。

そして33分、ここまで横浜を引っ張り続けた左サイドから先制点が生まれます。

ハイボールを無理に競らずいなしてキープしてファーサイドの城へどんぴしゃのクロス、これを城が難なく合わせて横浜先制です。このゴールでゴール裏では早くもテキーラ炸裂!ここらでジンクス*1を打ち破っておこうという作戦でしょうか?これは当たりでしたね。

さらにその後も一樹からのふわりとしたパスに城が抜け出したり、内田の左CKをフリーで山尾がヘッドでたたきつけるなど惜しいシュートが続きます。

相手の攻撃はサイド中心に展開するもののそこからのクロス完璧に真ん中で抑えている状態で意外なほど富永がそつないプレーを見せています。

前半はそのまま1-0で終了。

HT明け城、菅野が話し合いながら出てくる。後半開始早々富永のバックパスが余りに鋭くあわやオウンゴールといった場面や、ゴール前で早川がリトリートをミスしてシュートまで持ち込まれたりというミスが続きますが、10分に城を引っ張って倒して籾谷に警告我与えられたあたりでゲームも落ち着きます。

それにしても後半に入っても、久保田は相変わらず左サイドに流れて良い形を作っています。久保田を中心に攻め立てる横浜に対して、草津カウンターから右サイドを宮川が抜け出すのが唯一のせめてですが、菅野がなんなく対応。

さらに左サイドの活躍にようやく触発されたか右の吉武も徐々に眠りから覚めて積極的にプレーに絡み始めます。18分には吉武からボールを受けて早川が真ん中を突破してエリア内のの城へやわらかいパス。これはあまりに早川らしくない好プレーに戸惑ったか城はあわせられずに岩丸にキャッチされます。

20分攻め手のない草津小久保に代えて御給を投入し2トップへ。3-3-3-1から3-5-2へ変更します。さらに25分には山崎に代えて佐田を投入し、前線を生きの良いのに代えます。しかし、試合の流れは変わらず、26分には左サイド智吉がインターセプトしてそのまま真ん中の吉武へのクロスシュートはバーの上へ。そして26分好プレーを見せた智吉に代えて重田が右SHに入り、右の吉武が左SHへ。これは大正解で、疲れの見えてきた草津右サイドは重田にかき回されます。

吉武のキープから重田が右サイド駆け上がりクロス、FKから無理目のフィードに重田が全力疾走をみせ、追いつけず看板も飛び越える勢いに客席から拍手が上がります。吉武も左サイドを再三抜け出します。

これに触発されたか山尾副キャプテンまでが、ファーへのCKでオーバーヘッドであわせようとして空振り、城もゴールライン際でリフティングなど余裕をみせ横浜が1点さながら、幅を持ったサッカーを見せます。

しかしここから草津が意地を見せ、前へ前へという姿勢を見せ、横浜はガールで止めるシーンが続きます。37分にはFKに小田島がどフリーでちょんとあわせるシュートを放ちますが菅野が危うくキャッチします。42分には一樹に代えて中島を投入。

44分には内田のショートコーナーから重田が抜け出しシュートはディフレクト、これがカウンターとなるが右サイド展開に時間を掛けている間に真ん中が戻りなんなく対応。こういったサイドに展開は出来るがフィニッシュに持ち込めないというシーンは今日の草津を象徴していました。ロスタイムは3分ありましたが、その間も早川のミスから宮川をフリーにしてシュートを放たれたりなどしますが、最後の猛攻も菅野が落ち着いて対処し、1-0で横浜FCが今シーズン初勝利を飾りました。

サイド攻撃を多用する横浜に対してそのカウンターでスペースを狙われるのは当然のこと。昨年はそこから展開されてもサイドから中に入ってくるボールCBの高さで跳ね返してきましたが、今日はその戦いが出来ていました。さて心配なのはトゥイードです。次節は苦手札幌を0-3で敗った仙台が相手。大丈夫でしょうか?

さて採点です。

菅野6.5(落ち着いた守りっぷりだった)、DF早川5.5(何度となくやっちまうミスはなんとかならないか、それさえなければ今日は及第だった)、トゥイード6.0(出場短く評価不能。欠くことのできない選手だけに様態が心配)、山尾6.5(トゥイードの負傷で動揺したDFラインをすばやくまとめた)、佐藤6.0(鋭いオーバーラップで攻撃のアクセントを作った)、吉武5.5(後半息を吹き返したが、前半は死んでいた)、内田5.5(全般的にチャレンジする姿勢が見られなかった)、小野信5.5(やはりミスが多かったが、捌きの面では評価できる)、小野智6.0(久保田とのポジションチェンジをそつなくこなした)、城6.5(ボールキープに非凡さを見せた。ゴールはさすが。)、久保田7.0(文句なく今日のマンオブザマッチ。左に流れて何度もチャンスメークした。次は得点を)、富永6.0(役割が明確なポジションだけにいつものような不安定さがなかった。トゥイードの代役はこなせそう)、重田6.5(途中出場して右サイドをかき回した。次はサイドバックで見たい。)、 中島6.0(出場短く評価不能)

From J's Goal

草津観戦記

ザスパサイド

*1:リードした段階で歌われるけど、これを歌うとなぜか追いつかれたりするわけだ

おすぎ=misakiおすぎ=misaki 2005/03/26 22:47 今日の試合は試合後の城のコメントに集約されてますね。次は都並仙台、個人的には好きな監督さんですがここはJの監督業は甘くないぞってとこを身をもって体験させてあげましょう(笑)そして菅野の恩返しセーブも期待。

tatsuminetatsumine 2005/03/29 00:15 都並仙台はまだ11人の相手に勝ってないからね。まずは90分11人で戦うことだね。アダモも戻ってくるし、久保田にもますます期待。

2005-03-25 しょうがない

[]2006ワールドカップアジア最終予選 イランvs日本

イラン 2(1-0)1 日本

しょうがないとはホントは思ってないですが、ジーコヒデ心中と決めた時点で、こうなっても仕方がなかったかな、という気持ちでのしょうがないです。

昼間に行われた北朝鮮vsバーレーンは、いずれも右サイドからのクロスに合わせる形で2点を奪ったバーレーンが圧倒的に攻めた北朝鮮を1点に押さえて、1勝1分けとし、現時点で首位に立っています。

さてコーランに始まり、きちんと聞こえる君が代イラン国家と進み、両チームとも予想通りのメンバーにより、日本キックオフでスタート。

序盤から不用意なプレーで左サイドでボールを失いマハダビキアに右を突破されたりしますが、おおむねDF破綻なく進みます。やはり予想通り右サイドのマハダビキア、カエビに加えてカリミも真ん中から流れて右で攻撃を形作りますが、今日は最後のところダエイボールが渡らずに助かります。

対して日本は中盤でのプレスが強く底から奪って速攻の意識が高いです。アツが左後ろに張り付いている関係で加地が右サイド高い位置に張り出し、積極的に攻撃参加。

日本の最初のチャンスは11分、中田のキープから右サイドの玉田パスが渡り、玉田がそのまま突破してシュート気味のクロスを放ちますが、これは高原に渡らずにGKがキャッチ。中途半端でした。

13分にはカリミ中村俊輔にカニバサミ、さらにしっかりホールドした後ひねりを加えるという複合技でイエローを獲得。14分にはそのFKが右サイドの玉田に流れて玉田へ、玉田から高原へわたりますが、高原シュートを打ち切れず。そこからの流れで福西が攻撃参加し、高原のプレスからGKキックミスで中田ボールを奪いますが、シュートは打てず。18分20分とザンディ、マハダビキアに連続してシュートを放たれますが、これは楢崎がしっかりキャッチ。なかなか攻撃が機能しないイランは22分マハダビキア宮本との接触で倒れますが、これはマハダビキアシミュレーション

しかし25分、イラン中盤からのFKで選手がつぶれたところ2ndボールをハシェミアンが右足を振りぬきイランが先制。

33分マハダビキア福西が倒してイエロー。40分にはなんとエース・ダエイが負傷で交代しますが、結局前半は1-0で終了。

前半加地の攻撃参加が効いていましたが、中田ボールに絡みはしますがラストパスの精度が低くてシュートが良い形で打てない、高原のトラップが大きすぎや大きすぎが多くシュートへ持ち込めない、玉田はサイドへの抜け出しは効いていますが、スパイクが合わないのかすべりまくり、と良いところまで行きながら前線のミスで得点できず。

後半は相変わらず加地の攻撃参加が効いていますが、高原のトラップが相変わらず大きく、チャンスをつぶします。楢崎マハダビキアに再三狙われたFKをなぜか取りに行かずパンチング。どうもコンビネーションがイマイチな感じ。16分には柳沢が準備しているため、てっきり高原と交代だと思ったら、なんと玉田!

19分にはイランもザンディにかわってアラヴィ。そして19分中澤から柳沢が右を突破クロスはクリアされてCKに。その左からのCK、中田の高い流しを柳が競り合って後ろに落とします。それを福西ダイレクトボレーで同点に追いつきます!

ここはガン引きにはならないながらも集中して引き分けで終わりたい日本でしたが、ここからイランも猛攻に出ます。

そして30分再三良いコンビを見せていたカリミとハシェミアンにやられます。

カリミに右からクロスを上げられて、中田宮本の間にハシェミアンに飛び込まれ、たたきつけるヘディング。これに楢崎が反応できず、イランに勝ち越されます。

その後33分に小笠原投入しますが、ここも疑問の交代、ボールに絡むものの全然効果的でなかった中田ではなく、イエローをもらってバーレーン戦は出れないが、プレーの調子事態はよかった小野に代えての投入。

37分には高原に代えてやっと大黒を投入しますが、中盤でボールをつなぐことが出来ず、見事に守りきられた、というより日本が攻めきれず、イランに1-2で敗れました。

今日の敗戦はそれほど大きなものではないと思います。さいたまバーレーンにしっかり勝てば良いです。しかし今日の敗戦はやはりジーコのミスによるものだと思いますね。

結果論にはなりますが、同点にした時点でかそれよりもっと早い時期に中田小笠原を変えるべきだったと、そして高原から大黒への交代はいっそHTでもよかったのではないかと思います。

それほど一見機能していたかのように見えた中田高原はよくなかったと思います。

残念。

GK楢崎(5.0:不安定なキャッチング、2失点目は防げたミス)、DF加地(6.0:役割を果たし起点となった)、宮本(C)(5.0:相手3トップは抑えたが2点目は呆然と見送った)、中澤(5.5ダエイは抑えた)、三浦(5.5:無難なでき)、MF福西(6.0:同点ゴールは良い反応だった、中盤では良いカバーを見せた)、小野(6.0:中盤で良いアクセントになっていた。交代は不可思議)、中田(4.5:ボールは彼に集まるのに、不用意なパスミスでチャンスをつぶした)、中村(5.0:今日はDFに追われ仕事できず)、FW高原(4.5:トラップの精度が悪く、相手にボールを奪われすぎた)、玉田(5.0:スパイクが合わなかったか?滑りすぎ)、柳沢(5.5:同点ゴールのアシストは見事)小笠原(5.0:効果的な仕事は出来ず)、大黒(5.0:中盤で苦労してボールが来なかった。)

GKミルザプール5.5、DFゴルモハマディ5.5、レザエイ5.5、カエビ6.5、ノスラティ5.5、MFネクナム5.0、カリミ6.5、ザンディ5.5、FWマハダビキア6.5、ハシェミアン7.5、ダエイ5.0、ナビドキア5.5、アラビー5.5、バハディ6.0

taideomouhibitaideomouhibi 2005/03/26 10:03 出来の悪い人はともかくGKも含め「良かった人」が居なかったような……福西とヤナギが印象に残ったくらいでしょうか

tatsuminetatsumine 2005/03/29 00:18 爺故の良いわけは聞き飽きましたね。田中がいないから4バックにしたって、、、試合前と全然違うこと言ってますし。
バーレーンみたいなカウンター主体のチームこそ、しっかりしたボランチが必要だと思うんですが、経験値はともかく、DFラインとの連携とか、レジスタ中田で大丈夫でしょうか。

2005-03-24 続ナビスコは難しい

[]第155回toto予想

前回1億3000万オーバーの配当がでて、キャリーオーバーがリセットされたtotoですが、今回もJ1がナビスコのため難しい予想がたくさん。またしても高配当が期待されます。

01. 新 潟 − 神 戸(本命0対抗2)

過去対戦は△○。ホーム新潟は気合いが入るも、前節大宮に敗れたショックもあるとみて本命引き分けで対抗神戸

02. 浦 和 − 大 宮(本命1穴0)

過去対戦は○○●○。好調大宮だが、真価が問われる浦和戦。やはり浦和に分があるとみて浦和本命で引き分けも押さえる。

03. 広 島 − 東京V(本命2穴0)

過去対戦は△△●●○とヴェルディは分が悪いが、前節4点差を追いついた勢いがある。ヴェルディ本命で穴で引き分け。

04. 川崎F − G大阪(本命0対抗2穴1)

過去対戦は○●○△●と実は互角。点は取るけど勝ちきれない川崎。またも引き分け本命と予想するが、どちらも大爆発があり得るだけにトリプルで予想。

05. F東京 − 大 分(本命1)

過去対戦は○○△●△と大分有利だが、守備の主軸パトリックを出場停止で欠く。ここはガス1本。

06. 千 葉 −  柏 (本命0対抗1)

過去対戦は○△△△△と4連続引き分け中。当然引き分けははずせないが、千葉が勝ちきることも予想。

07. 鹿 島 − 名古屋(本命1穴0)

過去対戦は○○○●○。曽ヶ端、小笠原本山鈴木が代表で抜けて鹿島は苦しいが、それは楢崎、安を欠く名古屋も一緒。相性から言っても鹿島有利だが、決め手なく引き分けもあり得る。

08. C大阪 − 清 水(本命1穴0)

過去対戦●○○○○と実は清水をかもにしているセレッソ。ここはセレッソが勝ってくると予想するが、一応引き分けも押さえる。

09. 札 幌 − 仙 台(本命1対抗0)

仙台の不調は本物。また相性も●○△○△。ここは、札幌本命で押しますが、対抗で引き分けもはずせません。

10. 横浜FC − 草 津(本命1)

大友を欠く横浜だが、相手は守備崩壊中の草津。ここは着実に勝つと見て横浜1本。

11. 京 都 − 山 形(本命1対抗2穴0)

過去対戦は△○○○●と、京都を苦手にしている山形パウリーニョアレモン2トップも超強力で序盤は走る可能性が大。ただし、山形のサイド攻撃が機能すれば分からないので、京都本命でトリプル。

12. 徳 島 − 鳥 栖(本命1対抗0)

鳥栖は、守備は安定しているが、まだ勝ちきる力が備わっていない。徳島は参入組ながら高い総合力で結果を残している。ここは徳島本命で対抗でスコアレスドロー

13. 福 岡 − 湘 南(本命1)

湘南は攻撃の要、加藤を出場停止で欠く。福岡復興への高いモチベーションもあり、ホームでは勝ちに来るはずなので、福岡単勝と予想します。

2005-03-22 論外

[]ガスサポの無賃観戦

以下の顛末はサポティスタにて知りました。すべてのガスサポがこんなだという思いなんて持ってるわけないけど、なんだかねぇ。

ことの発端はLa12 FOOTBALL MAGAZINEなるメールマガジンを発行しているガスサポが、そのメルマにて、

(前略)

観戦記 東京対柏☆

(中略)

そんな複線もあり、ゴール裏チケットは即完売。

残っているのは値段が高いメイン席のみになってしまっていた。

僕はというと、もちろんチケットなんて持っていない。(笑)

発売されたのがいつなのかも知らないが、アウエーチームの強化費となるお金をいくらチケットとはいえ自分の財布から出したくない。

よって、この日も昨年から引き続きアウエーゲームチケットは買わなかった。

入場ゲートが近づいてくる。

チケットもぎりのお姉さんの後ろに警察がいた事には驚いたが、動揺したらこっちの負けである。

何食わぬ顔で堂々と「お疲れ様でーす」と言いながら入り口を突破

チケットもぎりのお姉さん達は、「ど、ども・・・。」と呆気に取られており、

こうして今年の初アウエーも無料でスタジアムに入った。

後から聞いた話だが、僕の仲間達はこの様な方法で10人以上、無料でスタジ

アムに入っていた。

僕達の行動も問題だが、何もしない警察チケットもぎりのお姉さん達はもっ

と問題だと思う。(笑)(良いサポーターはまねしないでください。)

(後略)

と、自身の行動をさも自慢げに。

するとやはりそっこー抗議が来たらしく、

早い方が良いと思ったので・・・。

先ほど、配信したメールマガジンの中でアウエーのチケットを持たずそのまま突破した事についてある方から、犯罪行為をメールマガジンという媒体を使って流すのはいかがなものかというご指摘を受けました。

この方には、個別にメールで正式に謝罪しましたが、もしこの文章を読んで不快に思った方が他にもいらしゃったら、この場を借りてお詫びしたいと思います。

まことに申し訳ありませんでした。

一成人として、あまりにも軽率な行動だったと思います。

チケットがないまま、スタジアムに入る通称「突破」は、恐らくどこのチームにも見られる現象でしょう。

噂だとサッカー協会でも問題になっているようです。

もちろん犯罪行為に違いはありませんが、観戦記ではテレビ雑誌に映らない「リアル」な空気を流そうと思い書いてしまいました。

しかし、それは完全に行き過ぎた行為であり、書く事はもちろんの事、れっきとした犯罪行為を、あたかも正当化した文章を書いてしまい申し訳ありませんでした。

本当に深く反省しております。


この方からはメールマガジンの廃止を要求されましたが、僕の正直な気持ちとして今のところその考えはありません。

(後略)

と、反省しているんだか、いないんだか分からない追記を次のメルマガで。

サッカーを語る口で語るにはあまりに愚かしい、犯罪についてのお話ですので、論評はしませんし、FC東京というクラブがすでに迅速な対応を行っているため、今頃この発行人も遠くイランで青ざめてるんじゃないでしょうか?

3/19(土)vs柏レイソル戦でチケットを持たずに入場したFC東京ファンインターネット上にて名乗りを上げました。この行為に対して下記のとおりの対応をいたします。

1. 本人が柏レイソルに直接チケット代金を支払います

2. 本人がFC東京SOCIO のため、今年度のチケットは没収して子供招待等に使用します

おすぎ=misakiおすぎ=misaki 2005/03/23 06:14 私の友人のガスサポも一部サポーターの蛮行にはかなりご立腹でヴェルディサポにケンカ売って大騒ぎした時も「またかよ!情けない・・。」と嘆いてました。
私の中では「ガス=最低の応援」が定着してますね(苦笑)

みきのすけみきのすけ 2005/03/24 00:32 はじめまして。今回の事件(恥)に詳しいのでトラックバックさせていただきます

みきのすけみきのすけ 2005/03/24 00:46 トラックバック送れなかった(恥)のでリンクにしました。事後報告で申し訳ないです。

2005-03-21 オススメ

[]勉強になるかも

福島郡山の岩瀬書店にて見かけましたが、

テクニック編ではスキー及びスノーボードのテクニックの実践を決して形からではなく、理論から教えられるように、インストラクション編では、子供を教えたり、グループを教える際の要は教え方を、用具編では、ギアの選び方、トレーニング編では日頃のトレーニングまで、さすがにプロのインストラクターの元締めSIAらしいメソッドだなぁと感心。

SAJの基礎一辺倒とは違うなと思いましたね。

基礎大嫌いなぼくでも、素直に入り込める本でした。

来シーズン甥っ子・姪っ子に教える際に勉強するために買っておこうかな?

tatsuminetatsumine 2005/03/29 00:19 結局買いました。面白い。

2005-03-20 滑りおさめ

[]箕輪スキー場へ行ってきました

写真コチラ

本日は今シーズンの滑り納めとして、箕輪スキー場に甥姪と4人で行ってきました。

8時に家を出て9時にはゲレンデに着いているのが福島のすばらしいところ。

今回は、スキーデータベースサイトTom-Boyさんに安比のインプレを送ったことの謝礼でリフト券を2枚手に入れており、さらにシーズン前に購入したシーズン前売り券がまだ残っていたので実質子供1人分でいいうえに、今日は子供料金が、2500→1500円。てことで、1500円だけで4人で滑ってきました。

今年2度目の甥姪たちですが、何度か滑れば慣れたもの。

一度メイプルストリート〜ETへ迂回した後は、メイプルストリートを下まで下りることもできました。

10:30のお茶、昼ご飯時以外は休まず滑って、14:30くらいにあがりました。

3月下旬ということで、雪質は全然期待していなかったのですが、気温が低いこともあり、グルーミングバーンは若干午後ゆるくなったりもしましたが、ほぼいいコンディションに保たれていました。

おかげで良いシーズンの締めができました。

[]第154回toto結果

01. 大 宮 2−0 新 潟(外れ)

大宮が3年ぶりに新潟から勝ち星。やられた。

02. 神 戸 1−2 浦 和(本命)

順当。

03. G大阪 4−2 広 島(外れ)

広島守りきれず。

04. 東京V 4−4 川 崎(外れ)

前半の結果を見て、まさかこのカードを外そうとは思いもしなかった。川崎の勝ち切れなさは、今後も注意点になるかも。

05.  柏  3−1 F東京(外れ)

柏久々の勝利。

06. 大 分 1−3 千 葉(本命)

順当。

07. 清 水 1−1 鹿 島(本命)

順当。

08. 名古屋 1−2 C大阪(穴)

やはり崩れた名古屋。やると思った。今後も安のできに注目。

09. 水 戸 1−2 徳 島(対抗)

泥沼水戸

10. 山 形 3−1 甲 府(本命)

順当。

11. 草 津 1−4 札 幌(穴)

コチラも泥沼の草津。次回対戦は横浜

12. 湘 南 1−2 京 都(外れ)

京都外国人の活躍で3連勝。のるかな?

13. 鳥 栖 0−0 横浜FC(外れ)

大友の退場でゲームプランを失ったが、圧倒的に攻めながら勝ちきれなかったのは痛い。

ということで、本命4、対抗1、穴2、外れ6の7勝6敗と、今回も惨敗に終わりました。

そして配当は、ついにキャリーオーバーによる1億オーバーが実現!

1等133,002,644円2口

2等413,646円103口

3等32,580円1,962口

とそれも2口!

ちくしょーうらやましいぜ

2005-03-19 大友…

[]J2第3節対サガン鳥栖戦@鳥栖

鳥栖0(0-0)0横浜FC

14:00KO 鳥栖スタジアム 入場者数6,305人

大友、小野信義の両サイドを中心に圧倒的に攻め立てながらも、フィニッシュの精度が悪く、決めきれない横浜と、カウンターからチャンスを作るもやはりフィニッシュに精度を欠く鳥栖。両チーム決め手ないまま後半に入り、大友が2つのラフプレーでそれぞれ黄紙をもらい、70分に退場。

そのまま0-0で終了。とアウェイで引き分けに終わりました。

内容は分かりませんが、次節草津戦は大友抜きで戦わねばなりません。

と思ったらさらにクラブからのメール

シルビオ選手 トリニダード・トバゴ代表選出のお知らせ

このたび、当クラブ所属のシルビオ選手が、2006 FIFAワールドカップドイツ大会北中米カリブ海地区最終予選のトリニダード・トバゴ代表メンバーに選出されましたので、お知らせいたします。

スケジュール>(すべて現地時間)

第2節 グアテマラ vs.トリニダード・トバゴ

日時:2005年3月26日 20:00

会場:Estadio Mateo Flores(グアテマラ・シティー/グアテマラ

第3節 トリニダード・トバゴ vs.コスタリカ

日時:2005年3月30日 16:30

会場:Hasely Crawford Stadium(ポート・オブ・スペイン

 /トリニダード・トバゴ

◇本人のコメント

「代表にもう1回選ばれたことをうれしく思っていますし、協力してくれる

横浜FCにもとても感謝しています。この2連戦はハードなスケジュール

なりますが、大事な試合なので、代表チームのために精一杯戦ってきたい

と思います」

ということで次節はシルビオもおりません。

あらら。

右吉武、前ジェフでしょうか?

鳥栖観戦記

From J's Goal

[]マリーゼデビュースペシャル TEPCOマリーゼvsさいたまレイナスFC

マリーゼ 0(0-2)2 レイナス

もとYKKがTEPCOマリーゼとしてJビレッジをホームに発足しました。地元福島と言うことでコチラでは発足記念試合が録画放送でありましたが、90分ハーフの試合を実質30分に縮めるという強引な編集のせいで試合の流れが全然見えませんでした。

レイナスは10分、高橋の左サイドからのCKを完全にフリーでいた若林がGKの目の前でヘッドで合わせて先制。

マリーゼは中央で張る「勝負パンツは青いヒモパン」丸山桂里奈から左サイドへの展開が可能性を感じさせますが、クロスの精度などが悪くなかなか決定的な場面まで持ち込めません。

そして40分、丸山から左への展開で左サイドが追いつけずスローインに代わった、その次のプレーで、カウンターから北本が完全に抜け出し、最後に一人残ったマリーゼDF京野をフィジカルで圧倒し、追加点。2-0と前半を終了。

後半も丸山からサイドへの展開しか目が見いだせない、マリーゼに対して、レイナスが圧倒的に攻め、そのまま0-2でマリーゼは初戦を飾ることができませんでした。

たまに見るにはイイですが、やはりレベル的には男子中学生くらいですので、親類縁者か彼女か奥さんがやっていないと観戦するのはつらいかも…。

かずまかずま 2005/03/19 18:11 タツさんのところに一所懸命TB貼ろうとしているんですがどういうわけか貼れません(涙)
まぁ、仕様だということであきらめます。でも、張りたい気持ちは誰にも負けません!
という事にしておいてください。

おすぎ=misakiおすぎ=misaki 2005/03/22 13:32 同じく俺も。張りたい気持ちは・・あります(笑)

tatsuminetatsumine 2005/03/22 14:35 ふうん。変だなぁ。
下のトラックバックアドレス宛にトラバを送ればいいだけなんだけどね。

2005-03-18 ぼくは承認しました

[]クラブから手紙

昨日クラブから手紙が郵送されてきました。A4両面の1枚紙とはがきでした。A4裏表には、以下の文章が、

平成17年3月15日

横浜FCクラブメンバー各位

(株)横浜フリエスポーツクラブ

株式発行に向けガイドラインの改定について

平素より横浜FCに対しまして、ご支援をいただき、厚く御礼を申し上げます。

クラブは、次のとおり横浜FCのJ1昇格に向けて「株式割当のガイドライン」を改定したいと考え ておりますので、ご検討の上、アンケートにご回答いただきたく、お願いいたします。

着実な財務改善

クラブは今期、赤字体質からの脱却を確実なものとしつつ、新たな成長に向けた基盤の強化を図りま す。第5期(平成14年12月〜15年11月)は、クラブ設立以来初の黒字と増資を進めた結果、債務超過が解消されました。しかし、第6期は営業年度の変更(従来の12月〜翌年11月を2月〜翌年1月に)に伴い、チームがオフの2ヶ月間(平成15年12月〜16年1月)の短期決算を組んだことで、赤字が生じ、再び債務超過になりました。前7期(平成16年2月〜17年1月)の収支は経費抑制に努めたことで現在の推計で黒字を見込んでいます。今8期(平成17年2月〜18年1月)も広告収入増が見込めることで黒字を予測しており、債務超過の縮小とバランスシートの健全化に向かっています。

J1昇格の条件

Jリーグは昨年6月、J1への昇格条件を経営面からの審査基準を規定しました。その第一条件は「直近の決算期において実質債務超過であるJ2クラブは、原則として昇格を認めない」とあります。加えて、J1に昇格した場合、入会金6千万円、会費4千万円(J2の会費2千万円)が必要になります。それらがクリアできなければ、たとえ、チームが今期末、J1昇格の成績を収めても昇格は認められません。そのために、クラブは早急な対策をとる必要があります。クラブは今期、負の遺産を清算する「守りの改革」から新しい成長基盤をつくる「攻めの改革」へ転換を図ります。具体的には、一層の経費の絞込みなど経営改革の促進と資本増強でJ1昇格に備えていきます。

クラブの株式割当のガイドライン

クラブは、平成12年に「株式割当のガイドライン」を、平成13年に「株式会社横浜フリエスポーツクラブの株式について」を設定しました。そのガイドラインには仝饗Г箸靴童朕由主は設けない■械娃伊円を超える株主は設けない。などと謳っています。これは横浜FC設立の経緯において、みなさまがもっとも心を痛めた一部の株主の決定による「チーム消滅」という悲劇を二度と起こさないために設けられたものです。もっとも、これは指針であり「チーム消滅」の歯止めとなる法的拘束力をもつものではありませんでした。その後、クラブ平成14年、多くのクラブメンバーの方々に支えていただくために種類株式(クラブメンバー株式)を発行しました。この種類株式は利益配当請求権、残余財産分配請求権のほか、営業譲渡、合併、解散に関する議決権を有するものです。クラブの登記簿謄本には種類株主総会の決議を要する事項に関する定めとして「当社の営業譲渡、合併、解散については株主総会決議のほか、種類株主総会の決議を要する」(平成14年9月10日登記)とあります。つまり、クラブメンバー株式は、「チーム消滅」をクラブメンバー株式総会の決議により阻止することが出来る制度として、ガイドラインをさらに一歩踏み込んだ形として制度化したものです。一部の株主の決定による「チーム消滅」という事態には、クラブメンバーの一人ひとりの意思がクラブメンバー株主により構成される種類株主総会を通じて法的に反映されるのです。これにより、クラブは、「ガイドライン」の上記条項はクラブメンバー株式の発行により当初の役割を終えたと判断しています。

株式割当のガイドラインの改定

クラブは今期、J1昇格を目指す「攻めの改革」を進めるにあたり、クラブを支える多くの方々から出資を募っていきたいと考えています。しかし、現在の「ガイドライン」は「攻め」に転じるうえでの障害になりかねません。経営者の中には、クラブの理念に賛同し、支援したいと思うが、企業として出資するのは難しく、個人的に支援をしたいという人がいます。また、クラブを全面的に支援したいとして多額の出資を希望する企業や個人の方がおります。しかし、そのような方々に対しては、「ガイドライン」の存在をご説明し、お断りせざるを得ない現状にあります。前述したとおり、チームがJ1に昇格した場合、入会金及び年会費だけでも1億円が必要となり、これを新たな出資により賄おうとすれば、300万円を出資していただける企業を、現在出資していただいている企業とは別に34社以上を募集する必要がありますが、それはかなり難しいのが実情です。このように、出資者を法人に限定し、その出資額の上限を300万円と制限してしまったのでは、クラブの現状からすればJ1昇格の条件を財政面からクリアすることは、現実には困難であると言わざるを得ません。しかし、チームが成績ではJ1昇格の条件をクリアしたが、財政面での条件がクリア出来ずJ1昇格を見送られる事態は、なんとしても避けなければなりません。そこで、クラブとしては、チームのJ1昇格に備え「株式割当のガイドライン」「株式会社横浜フリエスポーツクラブの株式について」を発展的に解消し、出資者を法人のみならず個人にも拡げ、出資額の制限を撤廃し、資本増強のための普通株式の新株発行に備えるとともに、普通株式の発行により法律上許される種類株式の発行枠が拡大する等種類株式の発行条件が整えば、現在クラブメンバー株式を持たないクラブメンバーの方々にもクラブメンバー株式取得の機会をつくっていきたいと考えています。

つきましては、現在の「株式割当のガイドライン」をみなさまにご相談し決定したときと同様に、新しい「株式割当のガイドライン」についても、みなさまのご意見アンケート形式(別添のハガキ)でお聞きしたいと考えています。お手数ですが、別紙のハガキに賛否をご記入の上、ご返送ください。

<現行の「株式割当のガイドライン」>

(1)原則として個人株主は設けない

(2)300万円を超える株主は設けない

(3)ソシオ持株会以外の株主は法人格を持つ法人ソシオ会員を前提とする

(4)地域に密着した企業活動を行い、社会的にも信用でき、ソシオの精神を遵守するもの

(5)原則として株式の売却は認めない

<新「株式割当のガイドライン」改定案>

(1)横浜FC設立の理念に賛同する法人及び個人であること

(2)スポーツに理解のある法人であること

(3)横浜FCクラブメンバーであること

(4)地域に密着した企業活動を行い、社会的に信用できる法人及び個人であること

(5)原則として株式の売却は認めない

添付のはがきには、以下の文章が、

アンケート

「株式割当のガイドライン」を解消し、下記の新しい株式割 当のガイドラインを定めることをご承認いただけますか。

※下記のどちらかに○を付けてください。

(承認する)(承認しない)

<新しい株式割当のガイドライン

(1)横浜FC設立の理念に賛同する法人及び個人であること

(2)スポーツに理解のある法人及び個人であること

(3)横浜FCクラブメンバー会員であること

(4)地域に密着した企業活動を行い、社会的に信用できる法人及び個人であること

(5)原則として株式の売却は認めない

以上

※別途、ご提案等ありましたらご記入ください。

会員番号      氏名

※3月31日(金)必着で、ご返送ください

というものです。

横浜FCフリューゲルス佐藤工業の経営撤退に起因する、ANAマリノスとの合併という選択肢を端緒に発足したクラブであるという経緯がある以上、クラブ創設時から、株式割り当てのガイドラインとして、個人株主の禁止と、300万円を上限として大株主の独断専行を避けることによってチームの再消滅を避けるという方針を貫いてきたのは、当然のことでもあります。

ただ、そのガイドラインがあり、さらにクラブメンバー株式を発行するに当たって、営業譲渡、合併、解散について株主総会決議以外に、クラブメンバー株主総会の決議なしには決定してはならないという足かせも設けています。つまり個々で既に二重の足かせを設けていることになり、クラブの財政基盤をしっかりする上に当初のガイドラインは1社辺り300万円までしか出資してもらえない、もっとお金を出して積極的にクラブをサポートしたいという思いを持つ企業さんを排除してしまう結果にもなってしまいます。また、クラブの財政問題を端緒として、ソシオとクラブとの間で悲しい諍いがあったのもみんなの記憶に新しいところです。

しかしそこに降って沸いてきたのが、昨年6月に決まったJ1への昇格条件です。

1.J1に上がる時点の決算期において、赤字であるクラブは昇格できない

2.J1に昇格するには入会金6000万円と会費4000万円の計1億円が必要になる。

現行のガイドラインに沿った上で、1億円を増資するためには、300万円の株主を34人募る必要があるのは、引用文にあるとおりで、これは実際問題うちの営業から見るともう限界を超えた数字であると思います。看板スポンサーやその他のサポーティングカンパニーを増やせばいいと言う意見もありますが、これは所詮一過性のモノで、クラブとしての財政基盤が危ういものであるという基本は変えることが出来ません。

現実的にJ1が見えてきたときに、財政面がネックとなってそれが認められないと言う事態は避けたいのがクラブとしての当然の考え方です。

しかし現実的に今はほぼトントンで若干の黒字という昨年度決済、さらには決算期を変更したことによって現状では若干の赤字が計上されています。

そこでクラブは、ガイドラインを発展的解消し、300万円の条項を削除して、それ以外については、内容を変更しないという案を出してきて、クラブメンバーに同意を求めてきました。

これが、今回の経緯であると考えています。

伏線には何かあるのかもしれません。LEOCが袖スポンサーに決まったときに、クラブ買収の計画があるのでは、と一部でささやかれたことがあります。しかし、たとえば新しいガイドラインによってある企業が株式の過半数を握ることになったとしても、それを北海道移転したりすることについては、足かせをはめることが出来ると思います。

湘南が序盤から走っているのは、着実な強化と、地域に密着した営業活動もあることながら、7億円といううちから見ればうらやましい予算規模を建てて、J1への道筋を明確にしたことにあると思います。

ぼくたちもJ2で永久にのんびりと戦っているのではない限り、どこかで現実路線へ転換する必要があると思います。

フリューゲルスがなくなるときゲルトは「誰でも良いから助けてくれ」といいました。僕らも誰でも良いから、チームを残せるように助けてくれ、と思っていたはずですし、その思いが、ボクらの手で横浜FCを立ち上げる力になったと思っています。

そこから更に一歩進んで約束の地・J1の舞台に変えるために、協力したいという企業があるのならば、それを甘んじて受け、クラブはJ1への道を進むべきだと思います。

そう思ってぼくは、はがきを昨日のうちにポストに投函しました。「一緒にJ1に行きましょう」と、意見の欄に書いて。

横浜FCのサポ、クラブメンバーの中でも温度差のある問題だと思います。あくまでも横浜に根ざしたサポートを求めるとき、大企業に出資を仰ぐのは危険だと思う方がいても当然だと思います、みんな自分で考えて、クラブはこういう道を歩くべきだと思う道を歩けるような判断をすればいいと思います。


サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-17 非常事態

[]日本代表信号

日本代表DF・中澤(横浜M)がアジアCL第2節マカッサル戦までで右膝に深刻なダメージを受けていることが発覚。今日ドイツに向けて出発する代表にはすぐに合流せず、日本で検査を受けることになった

ということで大変です。代表のCB茶野宮本、松田、中澤坪井田中と6名いますが、このうち

中澤がケガをしたとすると、松田、坪井はまだケガ明けで万全ではない、田中イランサスペンド

ということで茶野宮本しかいないことになってしまいます。

坪井、松田を強行出場させるのか、追加招集はあるのか。ジーコ監督の動向から目が離せません。こ

んなところにメンバー固定制の痛いところが出てしまいましたね。どうするんでしょう?

森岡(清水)、トゥーリオ浦和)辺り、呼んでおいても良いんじゃないですかね?

もしくは中田コの左ストッパーもありですか?



サッカーblogランキングはコチラ

[]新BLOG

横浜FC掲示板常連でもあり、当然横浜FCのサポ仲間であるjazzy-misakiがblogを開設

彼が試合中のぽつぽつともらす感想は、いつも新鮮だったり的確だったりしてとても面白いので、どんなblogに育つのか楽しみであります。早速アンテナにも追加します。

サッカーblogランキングはコチラ

おすぎ=misakiおすぎ=misaki 2005/03/17 16:39 たつさん早速トラバサンクスです m(_ _)m かなりいい加減なブログですけどそれもありかな?よろぴく。

2005-03-16 ナビスコは難しい

[]第154回toto予想

01. 大 宮 − 新 潟(本命2穴0)

過去5試合は△●●●●。大宮桜井を出場停止で欠く。相性からも新潟本命だが、

ナビスコでもあり引き分けも穴で

02. 神 戸 − 浦 和(本命2)

過去5試合は○●●●●。浦和は勝ちきれない試合が続いたが、相手が神戸ならあれ

イラン選出場停止で、着実に勝ってくるはず。アルパイ坪井不在も、内舘でカバ

ー。浦和1本で。

03. G大阪 − 広 島(本命0穴2)

最近5試合は●○○○△だが、ガンバ宮本遠藤大黒の代表招集が大きい。広島

も駒野が出場停止だが、守ってくるのを前提に引き分け本命、穴で広島

04. 東京V − 川 崎(本命2対抗1)

代表戦は関係ない2チームの元川崎ダービー、さらに相性は−○△△●と5分だが、ジ

ュニーニョ好調の分川崎に分があるか。ただし攻め合う展開もありと見て、川崎本命

ダブル

05.  柏  − F東京(本命0対抗2)

何かが起きる柏対ガス。柏は玉田、ガスは土肥加地が代表招集。この試合も荒れる

と見て引き分け本命でガスを対抗で。相性は●●●△△。

06. 大 分 − 千 葉(本命2穴0)

勝てない大分と勝てない千葉。ただしゲーム内容は千葉が上。代表もいなくなったこ

とだし千葉本命で穴で引き分け。

07. 清 水 − 鹿 島(本命0穴1)

相性は○○●●△と5分だが、鹿島は曽ヶ端、小笠原本山鈴木が代表招集で難し

い戦い。攻め合って引き分けが本命で穴で清水

08. 名古屋C大阪(本命0対抗1穴2)

名古屋は安の代表招集も濃厚。崩れるとすればここ。引き分け本命でトリプル。

09. 水 戸 − 徳 島(本命0対抗2)

水戸は得点力は上がったが、守りきれない。徳島もJ2で得点力は通用している。引

き分け本命で対抗で徳島を。

10. 山 形 − 甲 府(本命1)

相性は○○△○○。山形横浜の意地で前節引き分けだが、攻撃パターンは出来てい

る。山形勝ち1本。

11. 草 津 − 札 幌(本命0穴2)

10人の鳥栖に敗れた札幌と、ケガや出場停止で選手がそろわない草津。攻撃の形が全

く見えない草津は深刻。引き分け本命で札幌を穴で。

12. 湘 南 − 京 都(本命1穴0)

調子のいいもん対決。相性は●△△○●だが、湘南が来そう。穴で引き分けも押さえ

る。

13. 鳥 栖 − 横浜FC(本命2)

ここで負けるわけには行かない。相性から言っても(△△●●●)。

サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-15 ナカタサン…

[]ドイツ合宿メンバー発表

日本代表チームドイツ事前合宿及び2006FIFAワールドカップドイツ大会アジア地区最終予選(対イラン代表戦 3/25・テヘラン、対 バーレーン代表戦 3/30・埼玉)メンバーについて(05/3/14)

GK

土肥洋一(ガス)、楢崎正剛(鯱)、曽ヶ端準(鹿島國)、

DF

三浦淳宏(楽天)、茶野隆行(磐田)、宮本恒靖(ガンバ)、松田直樹(鞠)、中澤佑二(鞠)、坪井慶介(浦和)、福士誠治as茅野悟(19boarders)加地亮(ガス)、

MF

藤田俊哉(磐田)、福西崇史(磐田)、中田英寿(ヴィオラ)、中村俊輔(レッジーナ)、小笠原満男(鹿島國)、本山 雅志(鹿島國)、中田浩二(丸正)、稲本潤一(カーディフ)、小野伸二(フェイエノールト)、遠藤保仁(ガンバ)

FW

鱸隆行(鹿島國)、高原直泰(ハーエスファウbyうっちー)、玉田圭司(柏)、大黒将志(ガンバ)、

バーレーン戦より合流

DF田中誠(磐田)、あれ(浦和)

ということで、久々に「黄金の4人by日本マスコミ」が集結。それぞれの所属チームでは、小野伸二中村俊輔こそスタメンを確保して得点も決めたりしてますが、稲本は降格争い真っ只中のウェスト・ブロムウィッチ出番なく2部カーディフレンタル移籍、しかもカーディフの財政難でレンタル終了という苦しい立場、中田英寿もシーズン序盤の故障からの調整遅れによりチームへのフィットが叶わないため、フィオレンティーナディノ・ゾフ監督のもと出番を失いつつある状況です。

それ以外のメンバーはいつもと変わらぬメンバーですが、どういうメンバーで3-5-2を組んできますかね?中がヒデ、左アツ、右加地妥当でしょうが、ドイツ合宿次第で4-4-2もあるかもしれませんね。

サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-13 7引き分けか

[]第153回toto結果

1. 広 島0-0F東京(本命)

吹雪のゲームスコアレスドロー。読みきり。

2. 鹿 島2-2G大阪(はずれ)

シーソーゲームガンバに価値ある勝ち点1

3. 大 宮1-1神 戸(対抗)

カズ藤本と「昔の名前」が大活躍。大宮はまたもカウンターから同点に追いつく。

4. 千 葉2-2 柏 (本命)

両チーム勝ちきれず。

5. 東京V0-0清 水(はずれ)

ヴェルディ自力を出し切れずスコアレスドロー

6. 川 崎3-3浦 和(はずれ)

2点差を追いついた浦和の底力もすごいが、互角に戦った川崎もすごい。

7. C大阪2-3横浜M(本命)

大島ハットトリックセレッソは2試合連続守備崩壊。

8. 新 潟2-1大 分(本命)

9. 磐 田0-3名古屋(はずれ)

10. 甲 府1-1仙 台(はずれ)

バロン負傷退場が響いた仙台

11. 京 都3-0草 津(本命)

京都の貫録勝ち。草津は負傷者、サスペンドが多く、御給もあいかわらず。

12. 福 岡4-1水 戸(本命)

これで福岡は乗ってくるか?

13. 徳 島2-3湘 南(本命)

柿本、加藤と前節と同じ顔ぶれの3ゴールで湘南が貫録勝ち。

なんと引き分けが7試合、カード番号で言うと1〜6まで6連続引き分けです。順当だったのは、7、8、11、13の4カードだけであとは

本命7、対抗1、はずれ5の8勝5敗でした。

配当は予想通り2回連続のキャリーオーバー。

1等:0円 0口 1億5947万6616円が次回繰越

2等:204万4151円 17口

3等:13万8640円 376口

でした。

サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-12 臼井祭り

tatsumine2005-03-12

[]J2第2節 対モンテディオ山形@三ツ沢

写真は→コチラ

横浜FC 1(0−0)1 山形

14:00キックオフ 三ツ沢公園球技場 入場者数:4,653人

横浜FCはホーム開幕戦であり、キャプテン城彰二Jリーグ通算300試合出場(うちJ2が70試合)を記録する試合であり、かつ昨年まで横浜FCの右サイドに君臨した臼井幸平の在籍チームである山形との試合を勝ち星で飾ることは出来ませんでした。

しかし、その臼井のアシストで先行された試合を交代出場の吉武のファーストタッチで引き分けに持ち込んだ、満足感の高い試合でした。

山形キックオフで始まったゲーム。右サイド臼井には彼がボールを持つたびに横浜側スタンドから大ブーイングです。

序盤からは両チーム持ち味を出して攻め合う状態。プレスも効いて拮抗した状態が続きます。

横浜は序盤から中盤の内田とセカンドトップに入ったシルビオが効いています。8分そのシルビオの右サイド中盤での良いインターセプトから大友が右サイドで粘ってクロスを上げますが、これはGKが直接キャッチ。

17分には、山形CKからのこぼれを大友が右サイド突破。粘って上げたクロスがシルビオにぴったり合いますが、シルビオがこれをどフリーシュートミス!惜しいシーンでした!

結果を出す内田、シルビオに対して、前節散々だった富永ですが、今日もよくありません。練習試合の時は自陣より前に出ずにアンカーに徹していたらしいですが、今日は相変わらずポジショニングが超不安定。19分には中盤で緩慢な動きからボールを奪われ原にシュート打たれます。ゴール左へ外れ事なきを得ますが、富永のところで動きが止まってしまう印象でした。

内田、シルビオに続いてもうひとりよかった選手は大友。23分信義左サイドのクロスからトリッキーなヒールパスを出しますが、これは敵を欺くばかりか味方も欺いてしまい誰も反応できません。しかし突破の質はとてもよかったです。後はクロスの質と自分で決めるというメンタリティでしょうか。

横浜ピンチ

8分にカウンター山形佐々木が右サイドを突破されシュートをクリアしてCKへ。

そのCKがあやうくオウンゴールだったが、山形の選手の足が高く上がっていたという判定でノーゴール。22分に佐々木に自陣ゴール前からえんえんゴール前まで突破されてシュートを打たれトゥイードがカットした場面。24分、山形右サイドからのCK。フリーで高い打点のヘディングシュートを放たれますがゴール左へ。と、ここまで3回ほど。

30分内田のインターセプトからシルビオとワンツーでつなぎ内田がドリブルで抜け出し、中央でシュートを放ちますがこれはGKがキャッチ。惜しいシーンが続きます。

34分には昨年山形で披露して一気に山形サポの嫌われ者になった菅野のじらし技が炸裂。モンテサポのイライラ度をわざわざ上げます。そのフィードに合わせようとした城が相手と交錯してペナルティを得ます。しかししばらく起き上がらず担架で運び出されて心配させますが、3分ほどして無事にゲームに復帰。

36分には相手CKをシルビオがクリアしますが、こぼれ球に臼井が走りこみます。しかしここは菅野が飛び出してキャッチ。

39分には逆に左サイド突っかけた一樹を削って臼井のイエロー。ここでも大ブーイングが巻き起こります。その左サイドからの信義のFKは枠へ飛びますがGKがしっかり反応してキャッチ。今日は信義のキック精度がそこそこよかったのが以外です。昨年のスランプから抜け出すきっかけになれば良いですが。

42分、左サイド抜け出そうとした城を倒して小林イエロー。城は今日はあまり下がりすぎず前線ボールをキープします。城がキープするとボールが落ち着き、やはりレベルの違いを感じさせますが、相手のマークがその分きついです。前半はそのまま0-0で終了。

前半終盤から曇り空となり気温もぐんと下がってきた上に、上空では風が強くなって来ました。後半この風が両チームの戦い方に影響を及ぼしました。

メンバーチェンジなく、後半が開始。

2分すばやいリスタートから山形・永井にシュート打たれるが、ゴール左へ。危ないシーンでした。

3分FKからのこぼれ内田が真ん中に切り込み、シルビオへ。ミドルゾーンからシュートを放つもゴール左へ。交互に危ないシーンと惜しいシーンが続きます。両チームシュートで終える良いゲームが続きます。8分にはフィードの返りをシルビオがダイレクトシュートもゴール左へ。これも良いシュートでした。

11分には山形小林がシルビオを倒してミドルゾーンでFKを得ますが、キッカーはなんと早川!強烈な右足シュートはバーの上へ。

後半序盤も互角の展開でしたが、14分中盤でのプレスがゆるくなったすきをついて山形・臼井がはじめての右サイド突破。そのクロスを真ん中で原に頭で合わせられて先制されてしまいます。よりによって臼井のアシストで失点しますが、臼井らしい見事なプレーでした。

しかし失点しても意気消沈しなかった今日の横浜キックオフ直後のプレーで城が右サイドを抜け出し、大友を経由して最後は一樹がミドルシュートしますが、GKがキャッチ。

後半に入っても大友がよく右サイドを起点に攻撃を続けます。27分には真ん中でボールを受けた信義が大友へ。そのまま右サイドからPA内に入り込んで倒されながらもキープ、最後はシルビオがミドルシュートを放ち相手に当たりCK。そのCKは山尾の頭に合いますがバーの上。

このCKの直後、富永に代わり吉武が入りますが、すぐに結果を出してくれます。

29分風で流れた菅野のフィードを左サイドで城がキープ、そのままPA内に入り込み折り返したボールを吉武がファーストタッチでゴール!同点に追いつきます。

吉武の投入でゲームは完全に横浜ペース、30分には内田のFKの折り返しをトゥイードが押し込むもGKキャッチ、31分には信義の久々のどっかんシュートがバーの上。城が味方を鼓舞します。33分には右サイドで大友が抜け出しますが、クロスを上げるのが早すぎ真ん中に誰もいないシーンも…。続いて右サイドをまたも大友が抜け出しましたが、自分で打てる距離なのに打たず、真ん中の城へ、城もチェックを受けてシュートできず後ろのシルビオへこのボールはシルビオが感じておらずシュートまで持ち込めず。大友には自分で勝負してほしかったシーンです。

35分には今日とてもよかったシルビオに代わり久保田を投入しますが、久保田は残念ながら決定的な仕事は出来ずシュートは1本のみ。山形も37分高橋に代わり本橋、38分原に代えてでっかいチッコと前線の選手を投入しますが、これも効いていませんでした。

大友は終盤足をつりながらも積極的に走り回りました。攻撃の駒がもう一枚あれば交代させることも出来たんでしょうが、そのつらそうな大友を内田は遠慮なく使いまくります。

時間は刻々と流れて、時間がなくなってきます。44分相手との交錯でファールを取られた城がボールをたたきつけてイエローを受けますが、城自身納得できず、試合終了後も審判に詰め寄っていました。

45分、信義から左吉武へのサイドチェンジから吉武のクロスは相手がクリアして右からのCK。これは合わせきれず、結局そのまま1-1で試合終了。

半吉武が入ってからの横浜のペースの中で決勝ゴールをあげることが出来なかったのは残念ですが、双方持ち味をしっかりと出し、良いゲームでした。メインスタンドでは横浜の選手とは別に山形・臼井にも拍手が送られていました。え?ぼくですか?

拍手なんてするわけないじゃないですか。

さて次節はアウェイ鳥栖戦、しっかり勝って、横浜に帰ってきてほしいものです。

試合終了後は、ゴール裏れおな組、メイン組、バック組合流して総勢11名(たつ、れおな夫妻、みさき、きも、あや、ぶんた、たかひろ、KEEPER、かずま、しの)でホーム開幕飲み会二次会ではウィングズ・オブ・フリーダムの大合唱カラオケ大会なだれ込みました。

採点行きます。

菅野6.0:今日は無難なプレー。ただし、あの時間稼ぎは有効なのかどうかは疑問。DF早川5.5:今日もミスが多かったが、終盤はセーフティなぷれーを心がけた。トゥイード6.0:久々に攻撃参加を魅せてくれた。DF破綻はなかった。山尾6.0:DFラインをきちんと統率した。佐藤6.0:今日はオーバーラップも見せ、守備面でも貢献した。MF大友6.5:終盤足をつりながらも右サイドで攻撃の起点となった。富永5.0:今日も落ち着きなかった「フィールドの迷子」。内田6.0:捌きだけでなく、今日はドリブル突破でも魅せてくれた。小野信5.5:プレースキック、終盤に入ったボランチはよかったが、左サイドとしては中に絞りすぎて一樹の上がりを抑制してしまった。FW城7.0:アシストを決めたプレーだけでなく、ポストの時など城にボールが収まるとゲームの質が違った。シルビオ6.0:終盤疲れたが、終始よいプレーを見せた。シュートは枠の中に。吉武6.5:途中出場のファーストタッチで同点ゴール。サブとして十分の働き。久保田5.0:試合の流れをウチに持ってこれなかった。

山形観戦記

山形サポさん

From J's Goal


サッカーblogランキングはコチラ

ダッピダッピ 2005/03/13 15:50 たびたびTBどうもです。
長丁場でどれだけチームが成長を続けられるか。
それが鍵ですねえ。
富永はまだまだ不安定ですが、内田とコンビを組めるのは彼なのかもしれないっすね。
成長してもらわないと困りますけど。
26日ももちろん三ツ沢行きます。
ゴール裏ではないですが・・・。

takahr9takahr9 2005/03/13 20:25 こんばんわ トラバありがとうございます
城が倒れた時は心配しました 戻れてよかったです
始まったばかり 次は勝ちと調子上げてってくれ〜

おすぎですおすぎです 2005/03/16 22:15 サッカーのブログはじめたんでトラバさせてもらいますね。

tatsuminetatsumine 2005/03/16 22:39 おう!待ってるよー。

2005-03-10 再挑戦

[]第153回toto予想

久々のtotoは大惨敗でしたが、気を取り直して、キャリーオーバー2億を狙います。

1. 広 島 − F東京(本命0穴2)

清水と引き分けた広島と、新潟に快勝したガス。

最近5試合は□−−△△、手堅い広島にガスが勝ちきれないと予想するが、一瞬の隙をついて勝ち点を持っていくことも予想。

2. 鹿 島 − G大阪(本命1対抗2)

浦和との死闘を制した鹿島大宮に苦杯をなめたガンバ。最近5試合は○○△△●、ここは鹿島本命でダブル。

3. 大 宮 − 神 戸(本命2対抗0)

ガンバからJ2サッカーで勝ち星を奪った大宮セレッソをいなした神戸。圧倒的な攻撃力を持つ相手には通用しても神戸みたいに中途半端なチーム相手には難しい。引き分けもあり得るが、神戸が手堅く取ってくると予想。

4. 千 葉 −  柏 (本命0対抗1)

名古屋から起死回生で引き分けに持ち込んだ千葉と、川崎に勝ちきれなかった柏。最近5試合は○○△△△だが、千葉マリオ・ハース次第で、大きく伸びることも予想。

5. 東京V − 清 水(本命1穴2)

ワシントンリーグ戦でもフィットしたヴェルディと戦う形は見えてきた清水。最近5試合は○●●●○だが、現状戦力からヴェルディ有利。ただし清水の穴も押さえる。

6. 川 崎 − 浦 和(本命2穴1)

浦和アルパイが2試合出場停止だが、坪井がいる。エメルソンの調子も戻ってくるしリアクションサッカーではない川崎では難しい。ただしジュニの個人技に期待して川崎も穴で。

7. C大阪 − 横浜M(本命2)

神戸相手にあのクオリティではまだ難しいか?最近5試合−●△●△で、その通りで予想。

8. 新 潟 − 大 分(本命1対抗0)

新潟は海本幸、大分は三木が出場停止。最近5試合は−−−○○だが、ここは新潟引き分けダブルで。

9. 磐 田 − 名古屋(本命1対抗0)

磐田マリノス戦で勝ち味を覚えてくるはず。対して名古屋千葉戦の後半を引きずりそう。最近5試合は○△△○●。

10. 甲 府 − 仙 台(本命1)

仙台徳島に大敗した流れを引きずりそう。対して甲府は攻撃陣が好調。最近5試合は−○△●○だが、甲府本命。

11. 京 都 − 草 津(本命1)

草津山口が引き続き出場停止。やはりキーマンがいないのは苦しいし、御給が機能していないのは痛い。

12. 福 岡 − 水 戸(本命1穴0)

福岡九州ダービーに引き分けたのは痛いが、京都相手に2-0から逆転された水戸であれば自信を回復してくるはず。ただし穴で引き分けははずせない。最近5試合は○△○○○。

13. 徳 島 − 湘 南(本命2穴0)

湘南は仕上がりが早い。仙台戦のようには行かないはず。しっかりと湘南が勝ってくると予想。


サッカーblogランキングはコチラ

[]山形戦の戦い方

昨日のデータスタジアム予想はおいといて。

山形戦の戦い方を勝手に考えてみました。

開幕戦をみた限り、富永が攻守のバランサーになろうとして大失敗しました。そこで彼には今後違う役割を与えましょう。

GK(菅野)、DFライン(早川佐藤)、山尾、トゥイード、佐藤中島小野智))、サイドMF(右大友、左北村)はいじらない。富永はアンカーマンとしてハーフウェイラインから前には出ず、DFラインのフォローと、後ろでの捌きに集中。

富永と前後の関係を築くセンターMFにはサイド重視のチームに対しては中央で突破できる内田を、サイドに散らしていきたいときにはシルビオ、もしくは内田、シルビオを併用。

トップは内田・シルビオ併用時には城の1トップ、どちらか一方の時はジェフェルソンも加えた2トップ

1トップ時には、大友、北村は前目に位置して城のフォローも兼ねる。

つまり

4-3-3(4-1-4-1)
−−−−−−−−−城−−−−−−−−−
−北 村−−−−−−−−−−−大 友−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−ベ ベ−内 田−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−富 永−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−佐 藤−−−−−−−−−−−早 川−
(中 島)−山 尾−軍 曹−(佐 藤)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−菅 野−−−−−−−−
この場合どちらかのサイドバックが上がったら富永はDFラインに入り、そのサイドをケア。
内田、ベベの近い方がサイドのフォローに回る。

4-4-2(4-1-3-2)
−−−−−−−城−−ジェフ−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−北 村−−−−内 田−−−−大 友−
−−−−−−−(ベ べ)−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−富 永−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−佐 藤−−−−−−−−−−−早 川−
(中 島)−山 尾−軍 曹−(佐 藤)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−菅 野−−−−−−−−

が基本になるといいと思います。

さて次節山形戦ですが、ポイント山形の右サイド、臼井と佐々木をいかに押さえるかがポイントになります。この場合横浜左サイドの守備が北村では不安があるため、本当は右にカズキ、左に中島としたいのですが、どうも現実的にはカズキのままっぽい。そのため佐藤のディフェンスをフォローするためにはどうしても左サイドに小野信義を持ってこざるをえない。

さらに内田は自らサイドに流れることは出来ますが、臼井の上がった穴に散らすパスに難点があるので、中央でシルビオと併用することになる。必然的にトップは城の1トップで4-1-4-1を敷いてくる、ということになりそうです。つまり布陣は、

4-3-3(4-1-4-1)
−−−−−−−−−城−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−大 友−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−小野信−−ベ ベ−内 田−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−富 永−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−佐 藤−−−−−−−−−−−早 川−
−−−−−−山 尾−軍 曹−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−菅 野−−−−−−−−

という布陣になるだろうと思われます。

草津左サイドをぼろぼろにしたこの2人を止めるのは山形戦の鉄則になりそうです。


サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-09 勝ち抜け

tatsumine2005-03-09

[]チェルシーvsバルセロナ(UEFAチャンピオンズリーグ1回戦第2レグ)

チェルシー 4(3-2)2 バルセロナ

(アグリゲイスコア5-4でチェルシーが準々決勝進出)

ということで、第1戦をドログバを退場でうしないながら1-2でしのいだブルーズが、ホームで快勝し、ベスト8へ。

前半早くに3-0とリードしたブルーズですが、フェレイラが与えたPKとミラクルなロナウジーニョのゴールで一度は合計スコアで逆転されながら、最後はキャプテンが決めて勝ちぬけです。

地上波は今日の深夜フジにて放送。楽しみです。

めでたい!

[]仕事早すぎ データスタジアム

横浜 0(0-0)2 山形


横浜市三ツ沢公園球技場 状態:全面良芝 / 乾燥 / 晴れのち曇り  観衆:3257人 キックオフ:16:15 試合終了   後半

高橋、永井、本橋、 FW原、阿部(HT 林)

横浜  −  山形

9 シュート 7

9 直接FK 10

3 間接FK 5

6 CK 9

16 GK 14

82% 支配率 18%

0 警告 0

0 退場 0

0 ファール 0

0 オフサイド 0

仕事早すぎだって>データスタジアム

山形は、第1節で大活躍した右サイドの佐々木勇人、臼井幸平を外し、さらに阿部

スタメン起用する余裕の布陣。

対する横浜は、第1節でボランチをつとめた富永を山尾に代えてDFとして起用、左

サイドバックにはケガから急きょ復帰した小野智を起用し、第1節左サイドバック

として出場した佐藤一樹を右サイドハーフとして起用。ボランチには内田と小野

信義を起用して、左SHに大友を起用。北村トップ下の4-5-1と惨敗した前節とは

大きく変えて試合に臨んだ。

前半何事もなく進んだゲームは後半14分城のオウンゴールにより横浜が先制(?!)

しかし後半26分には原が2試合連続となるゴールを決め、山形がそのまま0-2で逃

げ切った(?!)

ま、土曜の試合のシステム確認画面なんでしょうが、うちのフォメはありそうで

怖い。

futrefutre 2005/03/09 23:59 足達監督、スゲをも外す????
めちゃめちゃありえて怖い。。。
絶対逆の結果になります様に祈るばかりです。

2005-03-07 苦いデビュー、かな?

tatsumine2005-03-07

[]中田浩二フランスリーグデビューは黒星

中田浩二:サンテチエンヌ戦でデビュー 先発フル出場

 サッカー欧州リーグは6日、フランス・サンテチエンヌなどで行われ、マルセイユ入りした中田浩二がサンテチエンヌ戦に左MFでデビューし、先発フル出場した。チームは0−2で敗れ、勝ち点48で2位。

(中略)

 ◇雪にも戸惑い精彩欠く 中田浩、ほろ苦デビュー

 国内リーグ8度優勝の実績を誇るマルセイユ。その一員となって5週間後、中田浩はようやく実戦のピッチに立ったが、雪の積もったピッチに戸惑ったこともあり精彩を欠いた。「出られたことにはほっとしている」とまずは深く息を吐いた。

 中田浩が登録手続き完了を待つ間、チームは好調を維持して2位に浮上し、首位リヨンを猛追していた。リヨンが4日に敗れたため、この試合は勝てば一気に詰め寄る大事な一戦。中田浩は出場停止のカメルーン代表MFオレンベに代わり、左アウトサイドに入った。

 しかし、1対1で簡単に抜かれたり、ボールを奪われたり。トルシエ監督は「ナカタには満足している。これから期待できる」と好意的だったが、本人は「あまり自分の良さは出なかった」と悔しさをにじませた。

 定位置確保に向けて課題は多い。「フランスの寄せの速さとか当たりの強さは思った以上。それなりにやれた面もあったけれど、このまま出続けて慣れないと」。強く志願した欧州での挑戦は、ほろ苦いスタートとなった。(共同)

ということで、やっとのことで労働許可が下りた中タコですが、デビュー戦は無難にフル出場を果たしながら、チームは2失点。これからの課題も多そうですが、まずはフル出場を祝いたいですね。


サッカーblogランキングはコチラ

[]本日のゴラッソ

本日発売のEL GOLAZOでは、J2第1節のゲームレポートが掲載されていますが、小島耕さんも思わず辛口にならざるを得ないほどのゲームだっただけに納得の内容。

横浜FCに収穫なし」という見出しとともに、何も得ることのなかったゲームを総括。対して湘南は、1節ベスト11に、ルーキー冨山、加藤望、柿本が選ばれるという結果からも、「リーグの主役を張る可能性すら感じさせる」とほめっぱなし。

ゴラッソ名物採点についても

(--)はたつ採点

菅野4.5(4.5)、早川4.0(4.5)、トゥイード5.0(5.0)、山尾5.0(5.5)、佐藤5.5(5.0)、北村5.0(6.0)、内田5.0(5.0)、富永4.5(4.0)、中島5.0(4.0)、城5.5(5.5)、ジェフ5.0(4.5)、大友5.5(6.0)、シルビオ無採点(5.5)

と北村、中島を除いてはほぼ同じ評価軸。特に菅野、早川、富永にがかからいって所は、さすがによく見てるなぁ>小島さん

ちなみに、ワースト11なんてもし選出したら(5.0以下の選手からピックアップしました。)、第1節は

GK小針(仙台)、DF早川(横浜)、深津(水戸)、トゥイード(横浜)、籾谷(草津)、MF富永、内田、中島(横浜)、FW御給(草津)、バロン(仙台)、ジェフ(横浜)

サブ:GK菅野(横浜)、DF山尾(横浜)、MF栗田(水戸)、FWシュウェンク(仙台)、有光(福岡)

監督:足達(横浜)、コーチ:都並(仙台)

って所でしょうか?

11人中過半数が横浜です。恥ずかしいので、来週はもし負けてもワーストはやりません。


サッカーblogランキングはコチラ

[]第152回toto 配当発表

1等 0口

2等 29,038,724円 1口

3等 604,980円 72口

次回への繰越金 72,597,351円

ということで初回からキャリーオーバー発生です。とはいえ、3億しか売れていない現実では、繰越金もこんな感じですか?

昔買ってた皆さんも、勝ったことない方々も、日本中に芝生のグラウンドを作るために、totoを買ってください!(きれい事)

さて次回も、

広島vsガス、鹿島vsガンバ千葉ダービー、緑vs清水と特にJ1におもしろカードが続出。

J2でも甲府草津徳島が波乱を起こすかも…。


サッカーblogランキングはコチラ

たってぃたってぃ 2005/03/08 12:17  開幕戦見に行かなかったのですがどのページを見ても、横浜FCがぶっ飛ばされたことは間違いないようですね。
 頭切り替えて、来週どのようにしててこ入れするのか。個人的には、GK柴崎DF(右から)佐藤・山尾・トゥイード・中島MF(右から)大友・内田・シルビオ・北村FW城・ジェフってところですか?さすがにこれはてこ入れすぎかもしれませんが・・・・・

tatsuminetatsumine 2005/03/08 12:47 良い感じだと思います。キーパー柴崎はないと思いますが、それ以外はぼくもそうあってほしい布陣です。

2005-03-06 かっちょいー

tatsumine2005-03-06

[]大惨敗配当これはすごいですよ。

恐らく1億当確でしょう。

1. F東京 4-0 新 潟(本命)

順当。支持率64%ですから。

石川を中心に「らしい」サッカーで勝ったガスと、自分たちのやりたいサッカーが出来なかった新潟。次節以降の戦い方に大きく影響を及ぼしそう。

2. 横浜M 0-1 磐 田(本命)

これも41%と順当でした。

名手・岡田主審、そして線審さえも欺く福西の「神の手」ゴール。どう転んでも不思議ではないゲームではああいった要素が大きく絡むもの。鞠サポは納得行かないだろうけど。

3. G大阪 0-2 大 宮(外れ)

大波乱その1。支持率7%の大宮が来ました。

相手が前がかりになった瞬間を捉えた、J2時代からの得意技・リアクションサッカーで見事初白星。J2サッカーでの勝利だけど、1年通すのは難しそう。

4. 浦 和 0-1 鹿 島(外れ)

小波乱

鹿島國の策略に敗れた鹿島。鱸の計略にアルパイが切れた。

5. 清 水 1-1 広 島(本命)

由紀彦故障は想定外も、澤登が決めた。

どちらも勝ちきれない試合だったけど、今シーズンの方向性が明確に見えた試合。そこそこ行きそうな両チーム。

6. 名古屋 2-2 千 葉(外れ)

無印千葉が、2点差を追いついて勝ち点1を得る。これも小波乱。

スーパールーキー本田の活躍は見事だが、2点差としてからの守り方に課題。千葉は後半の戦いが通して出来れば、良いシーズンかも。

7. 大 分 1-2 東京V(本命)

リーグ戦でも早くも結果を出したワシントン。このまま走れそう。ここは順当。

やはり胸スポがないのは悲しい大分カウンターサッカーで活路を見出したが、パスワークの巧みなヴェルディを乗せる結果に。

8.  柏  1-1 川崎F(外れ)

後半ロスタイムジュニーニョが同点弾で柏から勝ち点をもぎ取る。小波乱。

決定力不足は今年も健在の柏。ロングボール主体の放り込みサッカーでは今年も苦しい。何のための補強か?川崎は硬さが取れれば、台風の目になりそう。

9. 神 戸 3-1 C大阪(外れ)

アツが見事にフィットしてました。順当ですが、ぼく的には波乱。

両チームとも攻撃面でチームカラーを出していたが、最後の守りの局面でセレッソが負けた。

10. 仙 台 0-3 徳 島(外れ)

小針、やっちゃった…。2つのミスが得点に直結。昨年(横浜FC戦)といい、2年連続大敗です。支持率7%ですから大波乱でしょう。

今年も取りこぼしの仙台は続きそう。期待感が大きいときの仙台ってこんな感じですね。

今年もうちと良い戦いをしちゃいそう。

11. 草 津 0-3 山 形(本命)

こちらは、手も足も出ず。順当。

楽勝とはいえ、臼井の張る右サイドに不安を残したらしい山形。ウチが衝くとしたらやはりそこか?

頼むぞ北村!!

12. 甲 府 2-2 札 幌(外れ)

勝ちか分けかが分けで出ましたか、札幌はいまだ甲府に未勝利です。この試合は引きw家にマークしなかったぼくの負けです。

13. 鳥 栖 1-1 福 岡(外れ)

シュナ潤が大活躍で引き分けだそうで。

対象外.  水 戸 2-3 京 都

水戸は2-0とリードしながら後半3失点。得点力はこわいが、今年も大量失点。

ということで、今回は大惨敗。最高5勝でした。当然過去最悪…。

次回か追うか迷うなぁ。でもキャリーオーバー有りそうだしねぇ。


サッカーblogランキングはコチラ

[]やっと買った

amazonにてU2の「ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム」(←クリックで購入可能)とLove Psychedelicoの「Early Times」を購入。本日届きました。

で早速聴いてみました。何度も視聴はしているのですが、U2の方は、1曲目のVlertigoのカウントが聞こえた瞬間から、中学時代初めて「WAR(闘)」を聴いた時の様なゾクゾクする感じを与えてくれました。かっちょいーーーーー!!

Vertigo

Unos dos tres catorce!

Lights go down, it’s dark

The jungle is your head

Can’t rule your heart

A feeling is so much stronger than

A thought

Your eyes are wide

And though your soul

It can’t be bought

Your mind can wander

Hello hello

I’m at a place called Vertigo

It’s everything I wish I didn’t know

Except you give me something I can feel, feel

イントロのスペイン語によるカウント、バースへの入り方、ブリッジに入ってHello Helloの裏に入る「Hola!」。何と言うかすべてがロックでかっこいいな。

すばらしい。

もう一つのラブ・サイケデリコのほうは2nd買ってその後ご無沙汰だったので、久々に買ってみました。暇つぶしに聞きます。

2005-03-05 惨敗からの再生を

tatsumine2005-03-05

[]J2第1節 vs湘南ベルマーレ@平塚

写真は→コチラ

2005年Jリーグ開幕。横浜FCも新たなシーズンへのスタートを切りました。しかしそのスタートラインは見るも無残なものでした。選手同士で取れないコミュニケーションと連携、ミスの連続から相手にボールを渡しピンチを招く、中盤でゲームを全く作れない。

負けるべくして負けた惨敗の試合でした。

始まったばかりのJリーグ。足達監督もはじめてのJの監督です。今日の惨敗で現実を思い知ったことでしょう。このままじゃだめだと思ったことでしょう。

ここからスタートしてくれれば良いと思います。これを再生の機会と捉えず、次も同じ策を打ってくるとしたら今年の横浜FC未来はありません。

湘南 2(2−0)0 横浜FC

14:00キックオフ 平塚競技場 入場者数:7721人

さて、いよいよ始まった今年のJリーグ。今年はアウェイに始まり、ホームに終わる44試合です。ぼくは急遽観戦を決めて、昨日前売りを購入。2時間掛けて新宿湘南ラインで平塚に駆けつけました。

メインスタンドのアウェイ寄りにたかひろ夫妻、KEEPERさん、ぶんちゃんと自由席に陣取り、3月だというのに寒風吹きすさぶ平塚競技場キックオフを待ちます。

さて、キックオフして最初のシュート湘南でしたが、今年の横浜DFラインは昨年にもまして高めです。カウンターから飛び出されますが高めのラインでオフサイドトラップをかけ、試合の展開に期待を持たせます。

横浜の最初のチャンスは2分、なかじの直接FKでしたが左に巻いてGKキャッチ。

しかしその直後の3分、左サイドのスペースが空いたところを駆け上がられ、これを誰も止められず最後はファウルで止めてしまい、左サイドペナルティエリアすぐからのFKを与えてしまいます。このFKを柏から移籍してきた湘南・加藤望に芸術的に直接決められ先制を許してしまいます。これは菅野も届かず、技ありの相手をほめるしかないシュート

問題は、DFラインと北村との間に空いた広大なスペースです。さらに左サイドでは、サイドハーフに入った中島が中に絞りっぱなしで左に人がいない状態です。自然とサイドバック佐藤一樹もそのケアのため前に出ることが出来ず、横浜FCの売りであるサイドからの展開が全く作れない状況が続きます。

8分にはチャージで内田にイエロー横浜は、中盤でボールがキープできず、湘南の1,2タッチで回すボール回しに翻弄され、ボールを奪ったとしてもそこからのパスをまた中盤で奪われる。そのため、中盤省略して前線へロングボールを放り込んでも正確さを欠き、すぐに相手ボールになってしまうという悪循環が続きます。

12分にはFKのこぼれ玉を軍曹と菅野の間に相手に入られ、あわやというシーンがあり軍曹が危うくクリアしましたが、DFラインと菅野のコミュニケーションにも不安を残します。するとその不安をあざ笑うような光景が…。

13分カウンターから湘南・柿本に完全に高いラインの裏に抜けられます。トゥイードが果敢にチェイスして詰めた結果、シュートはボテボテのゴロ。しかしこのへなちょこシュートネ申と呼ばれる男・菅野がなんとトンネル。0-2と差をつけられてしまいます。

2得点したことで湘南が前がかりに来なくなり、20分過ぎからは北村が右サイドでやっと機能しだします。北村は中島の左サイドが機能しないとなると左にポジションを代えて、さらにジェフ、城と積極的に絡んでシュートも放ちます。前半唯一光る選手でした。

28分には早川に43分には湘南・加藤にチャージでイエロー

実は前半は菅野だけでなく湘南GKがとても不安定でした。しかしその不安定なところを湘南はしっかり衝きうちは衝けなかった。失った2点は与えるべくして与えた追加点でした。2点目は菅野らしくないミスです。しかし昨年ホーム最終戦の湘南戦で、0-2から見事3-2で逆転勝ちを収めた力を持つ横浜です。気を取り直して、と思ったら昨年3点のうち2点を決めた方は、遠い山形の地へ…。ちょっとココロが暗くなりました。

後半は交代なし、はっきりいって今のメンバーでこのこう着状態を変えられるわけがないと思っていたので、当然何らかの策を打ってくると思っていました。少なくとも左サイドを北村で行くなら、右は大友だな、と。さらにいうなら、どう見ても効いていない早川を外してそこにカズキカズキが代わった左SBになかじ、左SHに北村、右SHに大友。そういうことが出来るのが足達監督の意図した複数のポジションということだろうから、と。

しかし、メンバーチェンジはなく、やはり後半序盤も膠着状態は変わらず。当然です。

さらに悪循環は続き、前半からピリッとしない右サイドで後半1分、ハヤのチェイスが甘くクロスあげられ、それに合わせて前にでた菅野を見てループシュートを放たれます。これはクロスバーの上に外れますが危ないプレー。

さらに後半3分、これまた前半から前へ後ろへとばたばた動きはするものの、ボールに絡むことがほとんどなく、アンカーとしての働きが出来ていなかった富永の緩慢なディフェンスの隙を突いて湘南の選手が富永の足元からヘッドでボールを奪うとシュートまでつなぎます。これは菅野がキャッチしますが、さらにスペースがガンガンに空いたサイドをカウンター湘南はしっかり衝いて来ます。

対して後半は城が大奮起。ジェフボールに絡めないのを尻目に、後半5分、ボールを受けGKポジションを見てループもおしくもバーの上、後半7分にはキープから左サイドへ展開クロス上がるもジェフまで届かず、と孤軍奮闘です。

城が前線で踏ん張るものの、中盤でボールを支配できない状況は後半も2/3を回るまで続きます。なぜ、状況はよくなっていないのに、監督は動かないのか、とてももどかしい30分間でした。

後半28分やはりなかじに代えて大友がイン。しかしこの仕掛けはいかにも遅すぎました。大友は交代直後から鋭い出足で抜け出し、4度5度と右サイド深くへ進出して積極的にクロスを上げてきますが、最後のプレーの精度がイマイチなのと、中で合わせるべきジェフェルソンがフィジカルの強さを生かせず、中で当てることが出来ません。

湘南は完全に引いてカウンター。後半40分にはジェフからシルビオへの交代ですが、これはあえて言うならリードしている時の交代策ですね。久保田なり、吉武なり起点になれる選手を貞富に代えて置いておかなかった監督責任です。

湘南は時間稼ぎで後半44分加藤に代えて佐野を投入すると最後はサイドで余裕のキープ。なんとかボールを奪って、47分シルビオのシュートが左にはずれたところで試合終了です。

サイドを中心にいいところなく終了してしまいました。なかじのサイドハーフの働きをすっかり忘れた極端な中への絞り。前に後ろにバタバタしアンカーの役割をすっかり忘れた富永。うっちーにマークが集中してボールを奪われるなどポゼッションも圧倒された惨敗です。カズキも終盤の突破はよかったですが左は無理があります。

左サイドを中心に一週間で徹底的な練り直しが必要でしょう。今日を見る限り、GKスゲDFカズキ、スティーブン、ヤマ、なかじ、MF大友、うっちー、シルビオ、北村、FW城、ジェフなら和からなかったです。

湘南は加藤望、佐藤悠介を中心にプレスの効いたいいチームに仕上げてきました。今年のJ2は例年になく苦労が多そうなシーズンです。

さて、採点

  • 菅野4.5:ミスはお粗末。今日はDF連携も含めてお粗末なプレーが目立った。
  • 早川4.5:やはりやっちゃったプレーが目立った。サイドのフォローは見られたが副キャプテン失格。
  • トゥイード5.0今日は菅野との連携もイマイチピンチを招いた。
  • 山尾5.5高めのラインコントロールはまだ未消化。フォローに専念
  • 佐藤5.0終盤よくなったがやはり左でけれないのは痛い。監督のミス。
  • 北村6.0右左ポストプレーと奮闘した。
  • 内田5.0マークがきつかったのは仕方がないが足元がおぼつかず、ピンチを招いた
  • 富永4.0安定感のないプレーでアンカーを果たせず。
  • 中島4.0終始中に絞り左サイドを生かせなかったのは大きい。やはりサイドバックでないと無理。これも監督のミス。
  • 城5.5後半は結局中盤に下がらざるを得なかったが、ただ一人J1リーグ級のプレーを見せていた
  • ジェフ4.5ルーズボールへの反応が課題。フィジカルを生かせてなかった。
  • 大友6.0思い切りの良さは評価。ラストプレーの精度が課題
  • シルビオ5.5プレーの時間が短く残念。ボール捌きはよかった。山形戦は90分間見たい。

湘南観戦記


ベルマーレサポの方

J's Goalより

試合終了後選手コメント

試合終了後足達監督コメント

試合終了後の湘南・上田監督会見

ハーフタイムコメント

プレビュー

サッカーblogランキングはコチラ

hachimitsu26hachimitsu26 2005/03/06 21:11 わざわざリンクありがとうございましたノシ 「俺様=小野信義」というのを99%知らない人しか見てなかったブログで、適当に書き殴ったようなことしか書けないのに「観戦記集」の中に入っていて非常に恐縮してますがw。

HIROKIHIROKI 2005/03/06 22:03 はじめまして。TBありがとうございました。
昨日の試合は、本当にストレスがたまりましたね。横浜は得意な?はずのサイド攻撃もコンビネーションが悪く、攻守共に意図が見えませんでした。
次節ホーム開幕までの修正に期待したいです。ほんと前途多難なスタートになってしまいました・・・。
これからもよろしくです。
http://blog.livedoor.jp/tobimaru2002/

kmochikmochi 2005/03/06 23:40 遅くなりましたが、TBありがとうございます。
私の「観戦記とも言えない何物か」を、こちら経由で何人もの方に読んで頂いてると思うと恐ろしくもあり、滅多なことは書けないなと言葉を選ぶのもよい経験と感謝しています。
昨季に引き続き、今年も横浜の試合にはできるだけ足を運ぶつもりです。またよろしくお願いします。

tatsuminetatsumine 2005/03/07 00:19 はちみつさんとHIROKIさんには今節初めてTBさせていただきました。新鮮な視線で楽しい観戦記を読ませていただきました。よろしければ今後もTBさせて頂きたいのでよろしくお願いします。

もっちーさんの観戦記はいつも楽しみに読ませていただいてます。今回のなかじの働きも含めて、ぼくと見る角度が違って勉強になります。これからもよろしくお願いします。

ダッピダッピ 2005/03/07 20:58 TBどうもでした。
なんだか今後が不安でしょうがないですが、おいら達は声を張り上げることしか出来ないですね。
がんばりましょう。
あ、Vertigoはオイラも大好きです。

tatsuminetatsumine 2005/03/07 21:56 ダッピさんコメありがとうございます。次節が正念場ですね。足達さんがどういう風に出てくるかで、今年どのように接すれば良いかが決まってきそうです。これからもよろしくお願いします。

2005-03-04 Make Progress

[]開幕前夜

明日はいよいよ、開幕。雪も去って、ウェザーニューズの予報でもゲーム中は晴れているようです。最高8度と肌寒くはありますが、お湯割りでも持ってあったまりながら見ることにしよう。

珍しい晴れた平塚でのゲームですが、実はぼくは平塚初見参です。J2初年度のアウェイ湘南戦(あっ!)以外は負けたことのない開幕戦(99年△2-2ジヤトコ、00年○3-1栃木SC、01年●0-1湘南、02年○3-2甲府、03年○3-1札幌、04年○4-0仙台)です。スタートダッシュのためにも、昨年の仙台戦までは望みませんが、勝ち点3を取って三ツ沢に帰りましょう。

スゲ、出番がなければないほどいいんだけど、もし出番があったらいつものネ申セーブを頼む。

ハヤコジマさんのいうとおり「やっちゃったミス」はなしでね。

スティーヴン、ヤマ、鉄壁のセンター千葉から5点取った攻撃陣をねじ伏せてくれ。

カズキ、不慣れな左サイドだけど、なかじと連携を取ってサイドを蹂躙してくれ。

北村、元3番の不在を感じさせないくらい右サイドを駆け回ってくれ。

うっちー、去年のような思い切りの悪さは見たくない。はじけてはじけてはじけまくれ。

富永うっちーをフォローしてマシュー以上のアンカーマンとしてがんばれ。

なかじ、前目のポジションだけど、左サイドでカズキと連携よくチャンスを作ってくれ。

ジェフ、とにかくボールを追え、枠へボールを飛ばせ。

、中盤に下がる城は見たくない。前線に張り付いてゴールを狙ってくれ。

大友、サブでも腐らず、出場機会があったら自慢の脚前を見せてくれ。

ジュンゴ、リードしたらオマエの出番だ。びったりマンマーク湘南FWを完封してくれ。

シルビオ、途中出場でも流れを変えられる選手として、先発を勝ち取るためにも結果を出そう。

そしてアウェイ横浜サポーター、開幕戦選手たちを勝たせて、5位以上どころか昇格への道をスタートさせよう。ついに始まる2005年シーズン。

思わずらしくなく力が入ってしまいました。


サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-03 始まるジェイ(恥)

[]152回toto予想

Jリーグのシーズンがまたまた始まります。今年はJ1も1シーズン開催。スタートダッシュはもちろん1年通しての強化が重要になってきますね。

totoのトピックスとしては、4月からテラ銭が53%から50%に引き下げられ、全体の売り上げの50%が当選金に回されることになり、配当が増えることが期待されます。

さて予想です。

1. F東京−新 潟(本命1)

FC東京は開幕戦に強い。新潟の流動的なフォーメーションは固まるまでに時間が掛かると予想され、新外国人フィットにも時間が掛かりそう。FC東京ケリーに代わる新外国人ダニーロの出来が、結果に響きそうです。ここはホーム1本で。

気になるデータがあるとすれば、新潟味スタ天気予報曇り時々雨の時は7勝1分1敗とめちゃくちゃ強いこと。

2. 横浜M−磐 田(本命2対抗0穴1)

マリノスFW陣が総崩れ、磐田川口がケガと主力に人材を欠く、今年アジアを戦う両チーム。攻撃力が勝負を分け、磐田有利と見るが、ここはトリプルで逃げる。

3. G大阪−大 宮(本命1)

アラウージョの加入は大きい。大宮は苦戦必至。ここもホーム鉄板で。

4. 浦 和−鹿 島(本命0対抗1)

浦和FW陣の調整の遅れが気に掛かる。鹿島中田の穴が気になる。鹿島浦和ホームで勝てないので本命引き分けのダブルで。

5. 清 水−広 島(本命0対抗1)

広島の堅調も捨てがたいが、市川サイドバックで使い、前に佐藤由紀彦が張る清水の攻撃陣に期待したい。市川佐藤寿人の対決も見物。引き分け本命で、清水を対抗に。

6. 名古屋−千 葉(本命1)

明らかに補強の足りない千葉はチームが出来るまで時間が掛かりそう。ここは名古屋1本で勝負。

7. 大 分−東京V(本命2対抗0)

天皇杯に続きゼロックス杯を取り息上がるヴェルディに対し、経営面で不安を除かせる大分。ホームに強かった大分も昨年後半は息切れ。指揮官の戦力も不明であり、ここはヴェルディ本命と引き分けのダブル。

8.  柏 −川崎F(本命2穴1)

裏好カード。昨年やっとの事で残留を果たした柏と、圧倒的強さでJ2を制した川崎。ここは川崎が取って一気に勢いに乗る可能性も高い。柏の意地を穴で押さえる。

9. 神 戸−C大阪(本命2対抗0)

セレッソは、勝負の年。緒戦を落としてまたしても降格争いに顔を出さないためにも、勝負をかけてくる。神戸はアツの調整遅れが問題。ここはアウェイ本命で対抗で引き分け。

10. 仙 台−徳 島(本命1)

仙台の攻撃力がかみ合えば、徳島の敵ではない。ここはホーム1本で。

11. 草 津−山 形(本命2穴0)

草津は組織的な守備は評価できるが、守り合いなら山形に分がある。本命山形ながら、守り合いに終わることも予想。

12. 甲 府−札 幌(本命1)

甲府札幌に対して2年で4勝4分と分がいい。ここは甲府1本。

13. 鳥 栖−福 岡(本命2)

鳥栖は新戦力のかみ合うのに時間が掛かると見た。福岡1本


サッカーblogランキングはコチラ

2005-03-01 めちゃくちゃや

[]サカマガJ2選手名鑑

エルゴラに続いて、サッカーマガジン/ダイジェストのJ2選手名鑑も今日発売の雑誌に閉じ込みされてますが、リキ入ったJ1名鑑と違って、間違いもたくさんあるし、力も抜け切っちゃっている感じでかなり残念な作りになってます。こんなことならダイジェストも比較して買えば良かった。

スタメン予想は、

GK菅野、DF早川、山尾、トゥイード、中島MF大友、内田、シルビオ、杉本、FWジェフェルソン、城

となってますが、左サイドバック、左右(特に右サイド)ウィング、ボランチ、トップが疑問。

さらに全選手のプレー範囲も智吉が右サイドバックになってたりしてめちゃくちゃです。

実際には

1.小山 ◎GK

2.重田 ◎右SB、○右SH、△DH、OH

3.富永 ◎ボランチ、CB、△両SB、FW(笑)

4.トゥイード ◎CB、△FW(笑)

5.早川 ◎右SB、○CB、△右SH、トップ下

6.シルビオ ◎DH、OH

7.小野智吉 ◎左SB、左SH、△右SB

8.吉武 ◎FW、右SH、△左SH、右SB

9.城 ◎FW

10.内田 ◎DH、OH、△右SH

11.ジェフェルソン ◎FW

12.柴崎 ◎GK

13.佐藤一樹 ◎右SB、右SH、△左SB、左SH

14.河野 ◎CB、○DH

15.坂井 ◎左SH

16.杉本 ◎左SH、○左SB、△FW

17.北村 ◎FW、右SH、△左SH、OH

18.小野信義 ○DH、OH、左SH、右SH、△FW

19.大槻 ◎FW

20.久保田 ◎FW

21.菅野 ◎GK

22.大友 ◎右SH、○左SH、FW

23.岩倉 ◎右SH、○右SB、FW

24.日比 ◎DH

25.高橋 ◎OH

26.山尾 ◎CB

27.中島 ◎左SB、○左SH

28.三浦 ◎DH

29.貞富 ◎DH、○CB

ってところでしょうか?

日比、高橋三浦の3人は見てないのでどれくらいのポジションがこなせるかは不明誰か教えてください。

そうすると予想される4-5-1だと

GK 菅野→柴崎→小山

右SB 早川→重田→一樹→岩倉→吉武

CB 山尾、トゥイード→河野、富永→貞富

左SB 中島→一樹→智吉

DH 富永、内田→シルビオ、信義→貞富、河野→日比、三浦

OH シルビオ→内田→信義→高橋

右SH 北村→大友→信義→吉武→岩倉

左SH 大友→信義→中島→杉本→坂井→智吉

CF 城→ジェフェルソン→久保田→北村→久保田→吉武→大槻

って感じかな?で開幕は、なかじ調整不足、智吉ケガで一樹が左SBで

GK菅野、DF早川、山尾、トゥイード、一樹、MF北村、内田、富永、大友、シルビオ、FW

を予想しますが、なんとなく大友ではなくエルゴラ予想どおり信義を左SHで使ってきそうな予感がします。

ホントは一樹は右で見たいので↓が良いんだけどなぁ。

−−−−−城−−ジェフ−−−−
大友A−−−−−−−−−大友B
−−−−−−−−−−−−−−−
−−ベ ベ−富 永−内 田−−
−−−−−−−−−−−−−−−
なかじ−−−−−−−−−一 樹
−−−−軍 曹−山 尾−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−
[]−−−−−−菅 野−−−−−−[]

え?大友が2人いるし、12人だって?

これはですね。ジェフはどうせボールを追ってどこまでもかけていくんだろうからフリーロールみたいに右前を起点に動き回ってもらって、大友はがんがんにポジションを左右にチェンジしてもらって、なかじ、一樹の突破を促す、ということを意図しているものです。

アンバランスだけどこれが一番バランスが良いと思うんだけどなぁ(意味不明)。

早川右SBだとどうしても右サイドがSH1人の動きにかかってしまって、臼井なき今では北村もまだその重責を果たせないと思うし、右に大友を入れてしまうと、左がナカジだけになるんだけど、そうなると彼の場合は上がった先にスルーパスを通せるか絡んでくるSHがいないと生きないんですが、信義だとどうしても中を見てしまうので、左も生きてこないような気がします。

悩ましいけど、そんな悩みもあと4日。一体平塚ではどんな布陣でやってくるでしょうかね。どうも湘南もかなり決定力を上げて開幕に望んでくると思うから、中の守りに重点を置く変則4−3−3もありだと思うんですが。


サッカーblogランキングはコチラ

たかひろたかひろ 2005/03/02 22:23 GK:菅野 DF:早川・スティーブ・山尾・一樹 MF:北村・内田・富永・中島 FW:ジェフ・城 の予定。 また怒られるかな?