Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2005-07-09 雨中のファンタジー

[]J2第20節 対サガン鳥栖@三ツ沢

試合中絶え間なく降り続けた雨でズボンはベチャベチャ。悔しくてシャツで顔を覆ったなかじに「なかじ!顔上げろ!」と言うと、なかじは顔を出してこっちを向いて「ごめん」」と手を合わせた。ごめんなもんか、おまえらは今日頑張ったよ。

得点を決めた城に「愛してる!」と絶叫したぼくだけど、おまえら全員を愛してるよ。

横浜FC 2(1−1)2 鳥栖

入場者数2,863人

得点

警告

退場

  • 横浜 トゥイード(12分)
  • 鳥栖 シュナイダー(86分)

出場選手

今日はトミナガがなんとFWで先発。今までパワープレーの情勢でトップに起用されることはあっても、先発からまさかFWで来るとは思わなかったのですが、コレがどう転んだかは後ほど。

おりからの雨が試合中降り注ぐ中、横浜は序盤からプレス厳しく優勢に試合を進めます。

対する鳥栖カウンターのみ試合が動いたのは12分左からのアーリークロスに抜け出そうとした鳥栖の選手(抜け出していたわけではなくボールに対してはイーブン)をトゥイードがチェックに行きますが、出した手が相手ユニの首にかかってしまいます。主審は見逃しましたが、副審が見ておりFKが宣告されますが、プレーを見ていない、もしくは流した主審がトゥイードに提示したのはなんと黄色ではなく赤紙

得点機会阻止ということなんでしょうが、反則の度合いを見ていない主審が提示したカードがいきなり赤ということでいきなり横浜は10人で戦うことに。トミナガが前線から最終ラインに入り城の1トップに修正。本来であればCBのコマが足りなくなるところですが、監督の奇策がこんなところで効いてくるとは…。

退場になったあと、アップルームの窓から心配そうに眺めるトゥイードのシルエットがなんともさびしそうでした。

しかしこの判定が横浜選手、そしてサポに火をつけることに。

10人になったあともプレス厳しく優勢に試合を進める横浜。その攻勢が実ったのは40分。

相手のキープを中盤ハーフウェイで厳しいチェックで奪った内田がそのまま右サイドを突破し、最後の一人を振り切って、思い切りよく放ったシュートがシュナイダーの手を掠めてゴール!

横浜が1人少ない状態でリードを奪います。

しかし人数少なく苦しい状態の横浜は、ロスタイムに入ってまもなく、鳥栖・井手口にフリーでヘディングを叩き込まれ同点に追いつかれて前半終了。

一人少なくなったときの定石。セットプレーでは貞富、トミナガが積極的に高さを生かしてきます。後半に期待を抱かせる展開です。

後半に入っても横浜優位は動きません。そして17分、右サイドでサイドチェンジを受け取った城がそのままミドルゾーンからキーパーを見て回転をかけたグラウンダーのシュートこれがゴール右隅にきまり、横浜が再びリードを奪います。

しかし鳥栖の時間帯になった37分、代わったばかりの村主に押し込まれて同点に追いつかれます。

引き分けで終わるのを良しとしない横浜はここから再び猛然と攻め込みます。そして41分、また右サイドから攻め上がりPAに進入した城がシュナイダーに転がされPKを得ます。シュナイダーは当然一発退場。すでに3人交代していた鳥栖は身長で氏原がGKに入ります。

PKをゲットした城はかなりいたそうでピッチに転がったまま、コールが続きますがプレーは無理、キッカーは智吉。普通に蹴れば入るシチュエーションですが、智吉のシュートは力を抜きすぎた上げたシュートでこれを急造GKに止められてしまいます。沸き立つ鳥栖

この後は横浜も攻撃の選手を投入し、双方チャンスを作りますが、そのままゴーうを割ることが出来ずに引き分けに終わります。

10人で戦い、不安定なジャッジに苦しめられましたが、ほぼ勝ち点3を手中に収めていた試合を引き分けに終わりました。

しかし、スタンドにいた横浜サポは選手の気合と気迫に打たれ大満足だったのです。次は水曜アウェイ甲府、そして15000人が見守る湘南戦。今日の気迫でぜひ勝ち点3をゲットしてほしいです。

菅野 6.0ジャッジに苦しめられたが落ち着いていた

早川 4.5不用意なプレーを連発。前半で退場していてもおかしくなかった。

山尾 6.0急造DFラインを統率

富永 6.5今シーズン一番の出来。DFでも短い時間だったFWでもいいプレーをした

スティーブン 5.5黄紙で十分だった

中島 6.0気迫は見せてもらった。次は結果を出そう

佐藤 6.0プレーからも気迫を感じた。次につなげたい

内田 6.5ゴールはお見事

貞富 6.0今日は集中していた、攻撃参加もすばらしかった

智吉 5.5PK失敗が全て。かずまくんが明日のジョーで燃え尽きた。プレー自体はすごくよかった。

城 7.0八面六臂の大活躍。ケガは大丈夫か?

信義 5.5PKは無理しても自分でいってもよかったか?ぼくは信義でいってほしかった。

久保田 5.5出場短く評価不能。

監督 5.5富永起用は評価時間短すぎ。しかし流れを読みすぎて選手の代え時を逸したか?

主審ヘンケンこと辺見 3.5ふっとれさんに座布団1枚

鳥栖観戦記

FromJ'sGoal

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証