Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2005-10-31 サイバラづいている

[]サイバラ

さすがご近所だけあって図書館西原理恵子先生の著書が豊富

4冊借りてきて腹抱えながら笑ってます。

[]1日1シャムスカ

5シャムスカ

サンタさんクリスマスにはシャムスカをください。

カズさん豪州

ずいぶんフライングな会見からやっと正式契約です。こないだの水戸戦敗戦で3位以内の目がなくなりカズ(三浦知良)のシドニーFCへの期限付き移籍が正式決定しました。予定通り11/6の福岡戦が今シーズン最終戦になります。

期間は11/7から来年1月31日まで。水戸戦で踏みつけられて右手の指を骨折しているらしいけど、どうかあちらで受傷せずに無事に帰ってきてほしいものです。

そして福岡戦では置き土産のハットトリックを。

それにしてもうちの広報連続メール来ることが多いので、ついカズの次は「足達監督休養のお知らせ」とかが来るかと思ってわくわくしてたんですが、残念。

2005-10-30 大惨敗

[]第188回toto結果

惨敗でした。

totoGOAL3

1  柏 (2×) 1-2 (×0)大 宮 2
完全に裏目。
3 神 戸(1○) 1-1 (×23)新 潟 4
新潟攻め切れず。
5 大 分(23×) 0-1 (○12)千 葉 6
熱戦を制したのはオシムジェフ

ということで今回はわずか2勝。

配当は、

第188回1等2等
当せん金74,972円2,750円
当せん口数249口4,517口

と超低配当。

toto

1 浦 和 3-2 川 崎(対抗)
家本に試合をぶち壊された。
2  柏  1-2 大 宮(外れ)
大宮久々の勝ち星。
3 横浜M 1-0 東京V(本命)
ぎりちょんでした。
4 磐 田 1-3 広 島(外れ)
磐田は今シーズン終了?
5 名古屋 1-2 清 水(対抗)
清水の若さが勝った。
6 神 戸 1-1 新 潟(外れ)
新潟は攻めきれず。
7 大 分 0-1 千 葉(外れ)
トリプルにしておくべきだった。
8 F東京 2-1 G大阪(外れ)
なんと逆転負け。
9 C大阪 0-0 鹿 島(外れ)
いい試合をジョージカシハラがでしゃばった。
10 湘 南 2-0 山 形(外れ)
山形に終戦の香り?
11 京 都 3-0 福 岡(外れ)
昇格が決まっても手綱は緩めないか。
12 仙 台 2-2 札 幌(対抗)
シーソーゲームは決着付かず。
13 徳 島 3-2 草 津(外れ)
0-2から大逆転。なんか覚えがあるような?

ということで勝ってたら本命1対抗3はずれ9の4勝9敗の大惨敗でしたね。

配当は当然

第188回1等2等3等
当せん金0円4,406,644円209,830円
当せん口数0口6口189口
次回への繰越金66,097,775円0円0円

ということで出ましたキャリーオーバー。

2005-10-29 今日は

tatsumine2005-10-29

[]J2第38節 対水戸ホーリーホック戦@笠松

水戸 1(0-0)0 横浜FC

14:00キックオフ 笠松運動公園陸上競技場

得点

警告

退場

出場選手

スゲがいない…。ついでに坂井がリーグ戦メンバー入り。

開始8分で山尾が負傷退場。代わりに入ったのは高田。何でこういうときに貞富をサブに入れてないかな。しかし前半急造3バックは若干横浜ペースで0-0で終了。

後半6分今度は内田が痛んで信義に交代。怪我で2枚交代はつらい。さらにカズとシルビオが代わり4枚の交代カードを使った後、85分早川がエリア内でファビオを削って一発レッド。そのPK吉本に決められて専制されます。やっと先発したらこれかよ>早川。反省すべし。

でこうなれば水戸引きこもりターボパワー。そのまま注文どおりに逃げ切られてほぼ今シーズンの11位が確定。

監督談話、大体想像はできますが、選手の負傷を不確定要素にしてゲームプランが狂ったっていってるようじゃダメダメ

なんでいままでかたくなに続けてきたDF2人サブ、をやめて一気にDFのサブを置かなかったのか。これもまた采配ミスですよ。>へぼ監督

水戸観戦記

その他の方々

From J'sGoal

[]10.29

今日は7年目の10.29。

昨年は、フリューゲルス歴史横浜FC歴史の長さが重なるターニングポイントでしたが、すでに横浜FCとしての時間のほうが長くなっています。

クラブとしてもサポとしてもいまさらフリューゲルスの名前を取り戻すことには懐疑的な声が主流な今。願いは名前を取り戻すことなんかじゃない。

約束の地・J1に帰るために、僕らもがんばろう

ということで、今日の試合は絶対勝とう。

2005-10-28 勝とうぜ!

[]明日は水戸

気づいたら、7/30の23節水戸戦からこの目で勝った横浜を見ていない。さらにその前は3/26の4節草津戦で今年は2試合しか勝ち試合を見ていない負け組たつです。

明日もこの目で見れはしないけれども、トモキチも軍曹もうっきーもついでに富永もいないけど、水戸に快勝してカズ2005ラストゲーム福岡戦に望みたいところです。

J'sGoalのプレビューでは

常に接戦のこのカード。水戸はホームでの勝利でイーブンの成績に持ち込みたいところ

ということで、さらに

ここまで、水戸の2分1敗。前回の水戸横浜FCの戦いは、第3クールの緒戦、23節だった。筆者も三ツ沢で観戦したのだが、この日、横浜FC三ツ沢は『キング・カズ』の加入に沸き、勢いそのままに水戸を完封している。このゲーム水戸はそれまでの好調を自ら崩し、それ以降わずかに2勝しかしていない。そんな因縁の相手を、ホーム・笠松に迎える。

てことなんですが、うちもその後3勝しかしていないんですけど…。

しかし、あえて言わせてもらえば、水戸程度の攻撃力ならば早川、河野、山尾、なかじのDFラインで跳ね返せて当たり前。跳ね返したところですばやく、山口、内田に展開して好調北村、吉武の攻撃力に期待したいところですね。北村vs森田のサイド対決も楽しみですね。

カズにはあと2試合、3点は期待したいところですよ。

2005-10-27 新刊発売!

tatsumine2005-10-27

[]新刊発売のお知らせ

僕の妹、杉浦さやかの新刊がKKベストセラーズより刊行されました。

スクラップ帖のつくりかた」←リンククリックで購入可能

中学生のころは友達と交換日記を文章よりもずっと大きなイラスト付きで書いていたり、

旅に出る前から妹は一冊のノートに、その旅の旅程や見所を書き込んだりしたり、

性格的にはぼくよりもよほどずぼらなのに、こういったことにはマメに取り組んでいまして。

このたびはその総決算的な本を出していただいたようです。僕にとっても懐かしいネタがたくさん出てきています。

もしよろしかったらお手にとって、そしてお買い上げいただけたらうれしく思います。

さやかからの裏書を引用

こんにちは。

10月25日発売の新刊『スクラップ帖のつくりかた』(KKベストセラーズ)のおしらせ新聞をお送りします。

今回はおでかけ日記、旅日記スクラップ帖など、小さいころからの一番の趣味である”ノート作り”をテーマにした本です。

どうぞよろしくお願いします*

ちなみに原画展も下記の要領で開かれる模様。

皆様お誘いあわせの上ぜひいらしてください。

日時

11月18日(金)〜12/8(木)10:00〜22:00(最終日は19:00まで)

場所

青山ブックセンター本店ギャラリースペース

f:id:tatsumine:20051027174908j:image

[]第188回toto予想

腰痛のため、3日ほど書けませんでした。とりあえず今日から職場復帰。

さて今回はtotoで結構予想の難しい組み合わせとなっています。

次回189回はtotoはお休みでtotoGOALのみとなっています。

ところでtoto用の口座を見てみてびっくりしたんですが、185回のtotoGOALは2口当選していました。13,540円の配当でしたね。うっしっし。

totoGOAL3

1  柏 (2 ) vs (0)大 宮 2
大宮は1点以上取れるにおいがしない。柏は相手の隙を付き2点は取れる。
3 神 戸(1) vs (23)新 潟 4
神戸の3バックの隙を突いて新潟3トップが大量点を挙げるにおいも大きい。しかし完封するには守備陣が不安。
5 大 分(23) vs (12)千 葉 6
大分オシム戦術を十分に研究してくるはず。マンマーク合戦になって引き分けもありえるが、大分にその隙を突く力も付いてきている。

toto

1 浦 和 vs 川 崎(本命0対抗1穴2)
6連勝中の5位川崎が4位浦和に挑む。浦和鈴木サスペンド川崎の勢いからいってトリプルが妥当か?
2  柏  vs 大 宮(本命1)
降格圏の争い。数的不利によりいいゲームをしながら2連敗の柏。7連敗と深刻な不調の大宮小林祐三を出場停止で欠くものの、ここは勢いからいって柏。
3 横浜M vs 東京V(本命1)
気が付けば降格戦線に足を踏み入れたマリノス。しかし相手は、戸田相馬、平本を出場停止で欠き、満足に選手編成もできないヴェルディ。ここは単勝で大丈夫なはず。
4 磐 田 vs 広 島(本命0穴1)
3連続引き分けと負けないが勝ちきれない7位磐田。対する8位広島も厳しい戦いを勝ちきれずに優勝戦線から脱落。ここは引き分けが妥当
5 名古屋 vs 清 水(本命0対抗2)
名古屋清水とも浮上のきっかけがつかめない不調同士。名古屋秋田清水斉藤とDFの重鎮を出場停止で欠くが内容的には前節勝ちある引き分けを得た清水の勢いを買いたい。
6 神 戸 vs 新 潟(本命2)
相変わらず光の見えない最下位神戸と、守りきってマリノスから勝ち星を挙げた新潟。ここは新潟1本。
7 大 分 vs 千 葉(本命0対抗1)
知将対決。大分シャムスカ就任以来負けなしと止まらない勢いを感じる。千葉も実に21節以来8試合負けがない。しかしアウェイでは勝ちきれない現状もあり、ここは大分優位。
8 F東京 vs G大阪(本命2)
前節の敗戦はそれほど引きずらないはず。弾いて守るにはDFラインに不安のあるガスは、高さを封じればどうにかなる相手ではないだけにガンバ圧勝もある。
9 C大阪 vs 鹿 島(本命1)
第1クールにも鹿島の連勝を止める金星を上げたセレッソが優勝戦線への殴り込みをかける。ここはセレッソの勢いを買いたい。
10 湘 南 vs 山 形(本命0穴2)
今季対戦は△○△。ここ5試合1勝1分3敗と急降下中の山形湘南草津に引き分けるなど特に得点力の降下が激しい。山形大塚、内山を出場停止で欠き、ここは引き分けが妥当
11 京 都 vs 福 岡(本命2穴0)
今季対戦は△○●。このまま2連勝すれば横浜戦で昇格の決まる福岡京都は昇格が決まりモチベーションの低下があるかどうかが占われる。アレモンの出場停止もあり、福岡優位と予想。
12 仙 台 vs 札 幌(本命2対抗0)
今季対戦は○○●と仙台優位。仙台は強さは感じないものの3連勝と波に乗っている。札幌も負けない強さを持っており、財前、シルビーニョを欠く今節は札幌優位と予想。
13 徳 島 vs 草 津(本命0対抗2)
昇格対決。徳島は4連敗と失速中。相性は●△○と互角だが、草津としては苦手意識を持たない唯一のチームとも言える。前節は湘南相手に内容のある試合をしており、ここで勝つことはありえる。

[]1日1シャムスカ

1シャムスカ

サンタさんクリスマスにはシャムスカさんをください。

2005-10-24 くらくら

[]トゥイード、浮氣のケガ

クラブからメールが来ました。

10月22日(土)のJ2リーグ第37節 横浜FCベガルタ仙台戦を欠場いたしましたトゥイード選手、浮氣哲郎選手のケガの状況につきまして、下記の通りお知らせいたします。

背番号4 DF トゥイード選手

 診断名:右大腿二頭筋(太もも)肉離れ

 全治:2週間

 ※10月15日(土)J2リーグ第36節 モンテディオ山形横浜FC戦にて負傷

背番号31 MF 浮氣哲郎選手

 診断名:右腓腹筋ふくらはぎ)肉離れ

 全治:4週間

 ※10月18日(火)のトレーニングにて負傷

ここへ来てDFラインの要の2人がそろって故障です。

トゥイードは早くとも11/6福岡戦、浮氣は早くとも11/19徳島戦まで復帰できない計算です。

これは痛い。残ったCBは河野、山尾、富永、早川ってところでしょうか?次節は富永サスペンドだし河野の出番ですね。

2005-10-23 この曲でしょ?

[]DEPAPEPE3曲目

あ、そうそうDEPAPEPEライブの3曲目、スタンドのあちこちから「あれ?この曲って?」という声が上がってましたが、

これですね。

愛はかげろうのように」シャーリーン

こちらで試聴可

あ、あと、

ディープインパクト強い、武豊強い!愛知県武豊町万歳!

[]新製品

昨日の仙台戦で久々にオフィシャルグッズを購入。

4年ぶり登場(だったと思う)のニットマフラーです。ニットマフラーといえばLUMPELのが流通していますが、今ならまだオフィシャルのほうがレアかも…。

ごらんのように、

f:id:tatsumine:20051023220413j:image

f:id:tatsumine:20051023220453j:image

と裏表でデザインが違います。結構かわいらしいデザインで、現場では、きもちゃんに不倫フリンジがかわいいとの評判でしたの。

当然昨年のチェルシーマフラーと同様に普段使いします。

オススメですよ。

その他秋冬物としては、なぜかアストンビラのグッズが売ってたり、パデッドジャケットやジャージ、妙に安いダウン?ジャケット(でもダウンって言って売ってるからなぁ)とか、ありました。

[]大久保ハットトリック

嘉人じゃないです。前横浜FCで現在佐川急便東京SC所属の大久保哲哉が昨日の流通経済学戦でハットトリックを決め、チームを3-0の勝利に導いています。

ちなみに同じJFLではこないだうちに敗れたFCホリコシ三菱自動車水島アマラオの5得点で6-2で勝利。渡辺…。

[]第187回toto結果

今回もtotoGOAL3のみでしたが、届かず、です。くやし。

totoGOAL3

1 G大阪(13○) 1-2 (○02)大 分 2
大分来ました。
3 東京V(0×) 1-2 (×10)F東京 4
同点のまま、とは行かなかった。
5 新 潟(1○) 1-0 (×2)横浜M 6
鞠公痛い敗戦。

ということで今回は3勝。

配当は、

第187回1等2等
当せん金86,921円3,010円
当せん口数215口4,141口

とごく平凡なもの。

toto

1 G大阪 1-2 大 分(穴)
相性から言って大分の穴は十分予想できましたね。ガンバ二川に続き宮本も負傷。横浜FC追い風か?
2 鹿 島 1-0 名古屋(本命)
名古屋これでいまだカシマで勝ちなし。
3 大 宮 1-3 浦 和(本命)
今回は前評判どおり。
4 千 葉 4-0 神 戸(本命)
千葉フクアリ初勝利。
5 東京V 1-2 F東京(穴)
ササのロスタイムゴールでtotoGOAL終了。
6 新 潟 1-0 横 浜(外れ)
新潟が鞠公と並びました。
7 清 水 1-1 磐 田(外れ)
清水が先輩の維持見せ追いつく。
8 川崎F 3-1  柏(本命)
10人では勝てない。
9 広 島 1-2 C大阪(本命)
セレッソ強い。
10 横浜FC 1-2 仙 台(外れ)
ノーコメント
11 京 都 3-1 水 戸(本命)
京都順当に昇格を決定。
12 甲 府 5-1 徳 島(本命)
甲府3位浮上の大勝。
13 福 岡 4-1 鳥 栖(本命)
福岡2位確保に前進。

ということでもし買ってたら3つ外し。本命8穴2はずれ3でした。

配当は、

第187回1等2等3等
当せん金345,854円6,622円1,150円
当せん口数201口4,210口36,190口

と2回連続の低配当ですね。

2005-10-22 もうしわけない

tatsumine2005-10-22

[]J2第37節 対ベガルタ仙台@三ツ沢

横浜はホーム三ツ沢で4位仙台と対戦し、序盤に先制しながら、センシティブなジャッジに苦しめられたうえに数的不利の戦いを強いられ、後半2失点し逆転負け。カギは前半横浜右サイドに押さえられていた控え選手でした。

横浜FC 1(1-0)2 仙台

14:00キックオフ 三ツ沢公園球技場 入場者数:8,755人

得点

警告

退場

出場選手

その選手は仙台26番の村上昨年第1クールでうちの右サイドにちんちんにされた選手で、磯崎のサスペンドにより、出場した選手です。

対する横浜は10人になった時点で不必要に守備的になりすぎ、仙台の猛攻を許し、逆転の糸口を与えてしまいました。また東城とかいう審判のアンコントロールぶりも目立った試合です。

写真コチラ

さて試合前にはDEPAPEPEミニライブも行われ、ばっちり3曲も披露してくれたおかげで、試合の運営は押せ押せ。ボールボーイの紹介がハーフタイムにずれ込んでしまうほど。

こういうのって次からハーフタイムとかにしませんかね?

で、試合のほうですが磯崎のサスペンドにより仙台の弱点である左サイドの村上、つまり横浜右サイドのスペースを積極的に使って攻める横浜ですが、仙台もそれをはじき返した後は、バロンの高さとシュウェンクのハンドリングでチャンスを作る展開です。それにしてもあいかわらずシュウェンクはハンドリングがうまい*1

ファーストシュート横浜。1分内田のボール奪取から右に展開して小野智へ、そのクロスを真ん中で北村がボレーシュート。これはバーの上でしたが、横浜がいい流れを作ります。

しかしそれに水をさすのは今日の主演男優・主審東城。ロングボールへの小野智とシュウェンク競り合いでシュウェンク倒れ込んだプレーで小野智にイエロー。審判ショーの幕開けです。

その反則で与えたFKでおもろい見世物が。仙台の選手が3人ほど壁の中に入ると、新潟が前節使った壁の中の選手が膝をつく「記念写真FK」。流行に敏感ですね>都並さん←いただいた情報によれば新潟より早いそうで

肝心のFKはぜんぜん怖くなかったんですが。

横浜ペースで攻めてはいるのですが、札幌戦同様山口のところでプレスをかけられて、ボールを奪われたり、パスミスをさらわれてカウンターに持ち込まれることが何度もありましたね。

そして右サイドを攻める横浜の攻勢が実ったのが10分、右サイドからのスローインをエリア内で村上と体を入れ替えてマイボールにした吉武が上げたクロスをファーで北村が合わせて先制します。


この後も右の北村、左の吉武を中心に攻め、27分にはなかじの弾丸FKをファーで誰かが合わせるもサイドネット

仙台カウンターからバロンに当てて、シュウェンクがこぼれを広い展開で時々横浜を脅かします。バロンが高さの足りないなかじのところでボールを取りに来ていたのが印象的でした。


そして試合を分けるプレーは、32分富永のスライディングによるイエロー

。そしてその6分後、左サイドでサイドチェンジのパスに空振りしバランスを崩したシュウェンクに対しチェックに向かった富永のプレーはなんとチャージと判断されて2枚目のイエロー。富永の退場で数的不利な状況になります。

ここで横浜は右サイドの穴をつきながら山口リベロに、城を後ろにして4-4-1の布陣を敷き、互角に渡り合ったまま前半終了。

ハーフタイム。ぼくは追い込まれながらもリードで終われた高揚感から、前半穴だった仙台村上に対して「村上ナイスプレー!後半も頼むぞ!」と野次ってしまいました。

その刹那こちらに向かってキラリと光った村上の目。やばい…かな?と思った瞬間でした。


さて後半、しっかりとDFラインの修正をした上で、攻勢の仙台に対し、カウンターからのサイド攻撃に活路を見いだすという前半終盤と同じ展開を期待しました。ところが横浜は同じメンバーでの4-4-1を継続、なんとCBモトさんという急造DFラインを修正してきませんでした。これも明暗を分けたシーンだと思います。


横浜は残り45分を守りきれると踏んだわけではないでしょうが、CKでもターゲット3枚でカウンターに備えるという状態。数的不利とはいえあまりに消極的な布陣はちょっと不安でした。余裕を持って戦うにはあと1点ほしかったですね。

それでも5分には相変わらずチャンスを作れる右からのクロスの跳ね返りを真ん中でカズシュートするもGKキャッチ、惜しいシーンでした。

そして8分、あの鋭い視線の持ち主がやってくれてしまいます。吉武のパスミスから展開されて放たれたシュートを一度はスゲが大きく弾くもルーズボールを「あの村上」が低い弾道のすばらしいスーパーミドル!これが決まり同点に追いつかれます。全国のみなさま申し訳ありませんでした。どうやらぼくの一言が村上に火をつけてしまったようです…。

横浜はさらに続けざまに責め立てられ防戦一方に。仙台メンバー交代で財前から大柴に代えて前線の枚数を増やしてかさにかかって攻めてきます。対する横浜は吉武が左サイドで孤軍奮闘しますが、疲れの見えてきたほかの選手が前線に出る動きを見せてくれません。


そして18分右サイドを抜かれて上げられたクロスをファーでバロン戻し、シュウェンクに押し込まれますがこれは相手のファールでノーゴール。一息ついたと思ったら23分、パスミスからボールを奪われてカウンターをかけられ、シュウェンクが抜け出してスゲとDFをかわしてふわりとシュート、これが決まり逆転されます。集中高く守っている中で、ミスからの失点が悔やまれます。

そしてユースケ☆アダチ宇宙采配リードされても急増DFはそのままで26分にやっとカズに代えて高田、智吉に代えて早川が入り、早川、山尾、なかじの3バック、山口、内田、右高田、左吉武、トップ北村、城というポジションに。いかにも遅い采配でした。


30分過ぎからはチャンスを作れていたサイドを捨て、ロングボールを放り込むだけの展開に。しかしこれだとカウンターの餌食になるのは目に見えていて、案の定カウンターから攻め込まれることが多々。しかし水際でスゲがファインセーブで防ぎ味方の反撃を待ちます。

攻勢に出たい横浜は35分吉武に代わりシルビオ。シルビオはファーストプレーで右サイドを駆け上がりボールキープし右へ流す。しかしオーバーラップした選手のクロスは直接ライン割ってしまいます。

そして今日はシルビオの光るプレーもこれくらい。トップに当て込むだけのプレーではシルビオのよさも出ません。

そしてそのままタイムアップ。

横浜は10位に上がるチャンスを逃し、仙台は3位に浮上して入れ替え戦出場権を巡る争いはますますヒートアップです。うらやますぃ。

審判判定、監督采配、そして終盤のプレー選択といろいろ敗因はあるでしょう。しかし、富永がDFとしてなら十分に使えること、智吉のサイドバック早川よりぜんぜんいいこと、貞富はやっぱりサブに入れなくていい、ということが監督にわかってもらえれば何よりです。あとは大友久保田の名前を思い出してくれると嬉しいな!(自棄)


さて採点です。

  • 菅野 5.5 沈着冷静なボールコントロールは相変わらず。失点はスーパーゴールとミスを押し込まれたもの。スゲは責められない、
  • 小野智 5.5 右サイドで攻守にわたり活躍。うっちー、モトさんの無理目のパスにもがんばって追いついていた。
  • 富永 4.5 2度目の警告はシュウェンクの役者ぶりによるもの。1枚目のは問答無用だが、退場は責められない。
  • 山尾 5.5 久々に安定している山尾を見た。
  • 中島 5.5 左サイドとCB無難にこなし、苦しい中でも攻撃参加も見せた。
  • 北村 5.5 先制ゴールはお見事。しかし後半消えてしまったのは惜しい。
  • 内田 5.0 もっとできるはず。
  • 山口 4.5 前半からミスを連発。CBは不慣れだったが無難にこなしていたが。
  • 吉武 6.0 先制点のアシスト以外にも何度もチャンスを作った。
  • 城 5.5 ボールキープでうまさは見せたが、10人になってからカズが下がるまでは中盤のバランサーに徹さねばならなかったのが残念。
  • カズ 5.0 残念ながら今日のプレーでは満足できない。
  • 高田 4.5 途中交代だがリズムを変えることはまったくできず。
  • 早川 5.0 CBとして投入も相変わらずの不安定なプレーではらはらさせられた
  • シルビオ 5.0 いつものような元気な動きは鳴りを潜めていた。
  • ユースケ監督 4.5 急造DFラインを2失点するまで引っ張った意図は?

仙台観戦記

仙台サポの方々

その他の方々

From J's Goal

*1:第2クールでの対戦でのハンドアシストリンクは忘れられません

*2:正直な話、村上ハーフタイム横浜サポからプレーについてやじられて燃えました。」とか書いてあったらどうしようかと思いました。

2005-10-21 そろそろtoto復帰も検討中

[]第187回toto予想

あと7節でJ1も終了。ラストスパートです。前回惨敗に終わったtotoGOAL、買わなかったらやっぱり来たtoto。みなさんご参考にどうぞ。

totoGOAL3

1 G大阪(13) vs (02)大 分 2

ガンバがしっかり大量得点で勝つのが本命大分もバカに出来ないので大分が勝つ目も残す。

3 東京V(0) vs (10)F東京 4

東京ダービーヴェルディの得点力とガスの守備力を考えると、現状の戦力でもスコアレスが妥当。ガスの最小得失点差もあり得る。

5 新 潟(1) vs (2)横浜M 6

新潟はホームで完封は避けたい。マリノスジェフ相手に引き分けに持ち込んだ粘りを買う。

toto

前回買ってりゃ1等の目もあったんですが、今回も買いません。

1 G大阪 − 大 分(本命1穴2)

実力差があるかと思われる両チームながら相性は●○●○○と互角。大分の調子も上向いており、ダブルで押さえたい。

2 鹿 島 − 名古屋(本命1)

磐田を押さえた勢いで鹿島圧勝?相性的には●○○○●。

3 大 宮 − 浦 和(本命2穴0)

達也離脱がどう響くか?相性は○と、前回は前評判を覆し大宮が取った。

4 千 葉 − 神 戸(本命1)

相性は●○●○○。千葉優位。

5 東京V − F東京(本命0穴2)

東京ダービーヴェルディは得点力不足に平本のサスペンドも厳しい。相性は○△●●△。

6 新 潟 − 横 浜(本命2対抗0)

試合巧者の横浜が1-2で勝つ。相性は●○●。

7 清 水 − 磐 田(本命2)

静岡ダービーも、調子はかなり違う。相性は●●○○△

8 川崎F −  柏(本命1)

土屋に後遺症はあるか?ホームで強い川崎だけにここは川崎優位で。相性は△

9 広 島 − C大阪(本命2対抗0穴1)

好調セレッソがくせ者に挑む。トリプルで様子を見たい。相性は○○△と広島優位。

10 横浜FC − 仙 台(本命1穴0)

横浜は粘りも出てきた。ホームで勝ち癖を付けたい。相性は△△○●△。

11 京 都 − 水 戸(本命1穴0)

京都水戸に勝ちきれない。引き分けもあり得る。相性は△○○△△。

12 甲 府 − 徳 島(本命1)

相性は△○○。入れ替え戦戦線生き残りをかけ、勝ちきりたい甲府

13 福 岡 − 鳥 栖(本命1穴0)

相性は●○△○△。九州ダービー。好調チーム同士だけに引き分けも外せない。

[]第186回toto結果

ちなみに買っていないtotoの方の予想では、一応一つも外れていませんでした。

100口以上も1等が出ましたからね。こういうときもあるでしょう。

totoゴールの方は惨敗でした。

totoGOAL3

1 F東京(01×) 2-2 (×1)広島 2

スコアの分析は合ってたんですが…。

3 名古屋(12○) 1-4 (×12)川崎 4

やはりどん底名古屋。立ち上がるきっかけもつかめません。

5 大分(23○) 5-0 (×1)清水 6

強い大分

ということで、今回は1試合目で早くも終了。2勝のみに終わりました。

配当は、

第186回当選口数
1等120,970円159口
2等4,710円2,726口

と普通でした。

toto

1 新 潟 1-1 東京V

両者痛み分け

2 C大阪 1-0 大 宮

セレッソしっかり勝ちきる。

3 F東京 2-2 広 島

予想通りのドロー

4 浦 和 7-0  柏 

浦和大勝も痛すぎる田中達也の重傷。

5 名古屋 1-4 川 崎

名古屋先の見えないトンネルへ。

6 大 分 5-0 清 水

大分予想通りの圧勝。波に乗った。

7 神 戸 1-4 G大阪

ガンバも予想通りの圧勝。次節大分と対決。

8 千 葉 2-2 横浜

千葉フクアリこけら落としを飾れず。

9 磐 田 1-1 鹿 島

両者譲らず。

10 山 形 2-2 横浜FC

横浜、次につながる引き分け。

11 水 戸 0-3 福 岡

福岡順当

12 湘 南 0-0 札 幌

両チームらしいスコア

13 鳥 栖 4-1 草 津

鳥栖3連勝で調子上向き。

と、概ね順当な結果でした。そのため1等当選者が112口と続出。久々の低配当となりました。

第186回当選口数
1等1,291,035円112口
2等16,060円2,057口
3等3,040円16,354口

2005-10-19 なんだ

[]親善試合の相手が変更

親善試合コートジボアール戦の変更について(増島スタジアム)

なんだドログバ来ないんだ。かわりに主力全員の出場を確約したトーゴ代表ね…。

ってアデバヨル(モナコ)しか知らないんですが。

2005-10-17 でぱぺぺ

[]サポートミーティングについて

昨日行われたサポートミーティングについて出席された方のブログがぼちぼち見受けられます。

たしかに、サポートミーティングというものにクラブからはともかくチームスタッフの誰も来ていないというのはどうなんでしょうね。議題の中に今シーズンの成績についてというのもあるのなら、コーチングスタッフの中から誰か*1が出るべきだと思います。

あとですね、メールでの意見監督には届いていないってのがあったらしいんですが、これ事実どうなんでしょう?

ぼくは信藤さんのころはけっこう、「監督に読んでほしいのですが」という注書きつきでクラブメールしてまして、クラブからは「確かに監督に渡しました」っていう返事も来ていたんですがね。

こういう注書きがあれば監督に届くんだ、と信じたいんですが…。といってもユースケ監督メールする気はさらさらありませんが…。

[]内?

仙台戦試合前のDEPAPEPEミニライブの詳細が決定

10月22日 DEPAPEPEミニライブ&特製フラッグプレゼント

今年5月メジャーデビュー以来、人気急上昇中のアコースティックギターデュオ DEPAPEPEが、今週末の仙台戦の試合前にミニライブを行いますが、詳細が決定しましたのでお知らせいたします。

また、このライブを記念して、横浜FC × DEPAPEPE特製フラッグを先着7,000名様にプレゼントします。みなさん、ぜひお楽しみに。

DEPAPEPE ミニライブ概要>

日時:2005年10月22日(土)13:45〜

J2第37節 横浜FCベガルタ仙台戦(14:00キックオフ) 試合前

場所:三ツ沢公園球技場 メインスタンド内特設ステージ

て…。

メインスタンド「内」?

とりあえず仙台戦はS席で見ます。

[]西武、2ホテル7スキー場休廃止を決定

西武系2ホテル7スキー場、休廃止へ(読売)

ということでついにきました。

閉鎖

今シーズンの営業休止

も今季の営業を休止だそうです。

いずれもリフト1、2本程度の小規模スキー場来年以降の営業の是非は未定ということですが、このまま閉鎖ということになるでしょう。

いずれにせよ、この件についてはやっと第一弾という感じで、今後もますます営業休止や閉鎖になる施設は出てくることが予想されます。

*1:ホントならユースケ☆アダチが出てしかるべきもの

れおなれおな 2005/10/19 17:18 今朝たまたまある番組の中で注目のアーティストでDEPAPEPEが紹介され、プロモでお二人が横浜FCのユニを着ているのをチラッと流してました。駐車場確保の為早めに行かなきゃ。

tatsuminetatsumine 2005/10/19 17:26 たくさんくるんですかねぇ。
ギターうまい人の生演奏って本当に感動モンなんですよね。笑っちゃうくらいに。

2005-10-15 初ゴール

[]J2第36節 対モンテディオ山形@ベスパ

横浜はアウェイで4位山形と対戦、前半2点を先行され苦しい展開でしたが、見事追いついて引分けに持ち込みました。

●試合終了

横浜FC 2(0-2)2 山形

14:00キックオフ 山形県総合運動公園陸上競技場 入場者数:8,651人

得点

警告

出場選手

三浦知 <サブ>GK小山MF貞富

Jスポーツの放映もないし、現地にも当然行っていませんので今回はほかのブログ等の情報を待つしかないのですが、正直PKを与えて、さらに直後CKから追加点、という時点で、「ああだめか…」と負けを確信してしまっていました。

しかし結果は、北村、中島の終盤の2ゴールでみごと引き分けに持ち込む結果。きたむー、なかじ、あなたたちを信じなくてすまんかった。富永もよかったようですね。

ニュースで確認したらなかじのJリーグ初ゴールでもある同点ゴールは右からのFKのこぼれをファーサイドで押し込んだものでしたね。おめでとう!!!!仙台戦も声かけしやすいようにゴール頼む。

それにしても、監督、いい加減サブ考えないと、何のために入れているかわからない貞富もかわいそうだよ…。

山形観戦記

山形サポな方々

From J's Goal

2005-10-13 解説、実況、審判、監督、そしてアレックス

[]欧州遠征 ウクライナ

露骨なホーム寄りジャッジは試合開始からずっと散見されていたわけで、それをうまく使われ、後半早々と数的不利になった日本ですが、シェバを欠くウクライナ決定力がなさ過ぎ。

最後はまたしてもホームよりジャッジにより与えられたPKで辛くもホーム・ウクライナが逃げ切った感じ。

最後は解説松木は単なるクダマキおやじと化し、試合内容とあいまって不快感を倍増。ねときゃよかったと思わせる試合でしたね。

ウクライナ 1(0-0)0 日本

得点

警告

退場

出場選手

  • 試合開始前は無観客試合かと思わせた競技場ですが、試合開始とおもに雨宿りの人たちがスタンドに戻り、2分の入りって所でしょうか。
  • シェフチェンコが前日に39度の発熱って怪しすぎ。
  • 本日の「決意のヨーロッパ遠征」指数は20くらいでしょうか?ウクライナの攻撃がしょぼすぎて「危ない」指数は低かったですね。
  • アレックス駒野の両サイドは消極的でほとんど攻め上がりを見せず、反面アレックスはミスから相手右サイドを自由に使わせてます。
  • アレックスは自分のプレーがうまくいかないからか苛立ちを募らせて前半からやばい雰囲気。稲本も早々と警告をもらったあとにも注意を与えられるなど、ヒヤヒヤもの。下手すりゃ前半から退場者が出るかもと思ってました。
  • 30分、高原ラトビア戦のようなロングシュート。しかし気がつけば前半シュートらしいシュートはこれ1本のみ…。
  • 後半でだしから高原に代えて鈴木投入、しかし案の定何もせず。稲本アレックス放置
  • しかし稲本は後半持ち直したわけで、ずっとひどいプレーを連発したあれとはエライ違い。
  • そして危ないと思ってたあれでも稲本でもなく、想定内の退場者は、バックチャージで一発レッドの中蛸。親善試合でやるプレーじゃないですね。
  • そしてDFを固めるために柳沢に代えて箕輪投入!ということで日本は5-4-0のフォーメーションに。
  • 相変わらず危ないところでこねくり回してボールを奪われるあれ。見かねて22分やっとあれに代えて村井投入。
  • さらに23分俊輔に代えて松井投入。すると中田駒野の動きがこれでよくなります。この2人と松井コンビネーションで何度か攻め込みますが、基本はウクライナボールポゼッション。
  • しかしウクライナは相変わらず目を覆う決定力日本本山大久保って所を早めに入れて前線フレッシュにしたいけどなかなかジーコが思い切れないのもいつものこと。
  • せっかく10人にしてやったのになかなか点を取ってくれない拒点力抜群のウクライナに業を煮やしたかラトビア人審判はPA内で普通にヘディングで競り勝った箕輪のファールを取りウクライナにPKを与えます。これを決めて45分、ウクライナ先制。
  • このあとはしっかり菅野以上の遅延&審判これを見逃しで、大久保の遅すぎる投入なんかもありましたが、東欧遠征日本は0勝1分1敗。勝ち星なしで終了。

あまりの内容のなさに唖然。

川口 6.0
ポストに当たるラッキーさもあったが数多くのピンチを防いだ
駒野 5.0
前半の消極的なプレーが残念。
坪井 4.0
茂庭との致命的な連携ミスが多数。
茂庭 4.5
坪井との連携ミス多し。
あれ 3.5
サッカーなめんなタコ
中田浩 4.0
親善試合、アウェイということも考えるとあまりに軽率なファール。前半まあまあだっただけに残念。
中田英 5.5
松井投入でボールに絡めるようになったが前半は苦労した。
中村 5.0
マークが厳しかったわけではないが、ボールに絡めず消えていた
稲本 5.0
いつ2枚目の警告で試合から消えるかと心配だった。10人になって持ち直したが、あれと2人で不安定な左サイドを作り出した。
高原 5.5
見せ場はロングシュートのみ
柳沢 5.5
相変わらず勝負しないところは不満
鈴木 4.5
何しに来たのか分からない。
箕輪 6.0
初代表ながら立派な出来。PKは不幸というほかない。
村井 5.5
松井とともにゲームを活性化。
松井 6.0
ウクライナに傾いた流れを日本に引き寄せた。
大久保 −
出すの遅すぎ。
爺子 4.0
審判の基準は試合開始まもなく分かったはず。アレックスを引っ張ってゲームを壊し、選手交代でも後手を踏んだ。

[]第186回toto予想

また忘れるところでした。第186回totoは明日が購入締切。

前回の二等当選の勢いをかって、今回もtotoGOAL3のみでいきます。

今回は名古屋川崎大分と不確定要素が多いので、ダブル4口の1600円コース。

totoGOAL3

1F東京(01)vs(1)広島2

ルーカス復帰とはいえ堅守広島相手には苦しい。対する広島も攻撃陣は迫力不足

3名古屋(12)vs(12)川崎4

アウェイを苦手とする川崎だけにどん底名古屋といえど難しい。ロースコアはない。

5大分(23)vs(1)清水6

大分の強さは本物っぽい。そろそろ爆発の予感。


totoデータはソースにしてた新聞やめちゃったので今回はおやすみ。

.. 2005/10/13 19:36 松井ファンですか

.. 2005/10/13 19:37 松井そんなによくないだろ
最初だけじゃん5ぐらいでしょ

tatsuminetatsumine 2005/10/13 19:54 ->ななしの.さん
過去ログ読んでいただければと思いますが、別段松井ファンではないです。
途中出場の選手の一番重要な役目は試合の流れを変えられることだと思いますので、あそこで流れを代えられたことを評価しました。ただしあくまでも私見ですので、あしからず。

2005-10-12 いやがらせですか?

[]天皇杯4回戦組み合わせ決定

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 

4回戦以降の組合せおよび4回戦〜準々決勝の入場チケット販売方法(JFA)

さて横浜FCのお相手はどこかなぁ……。

ガンバ大阪@万博

え?

ガンバ大阪て…、あのガンバ?昨年以上の勢いでJ1で首位を走る、大黒アラウージョ、フェルナジーニョを要するガンバ大阪

そしてなによりも昨年4回戦で広島を破ったあと、その勢いを持ち越すどころか、最後は5回戦で大黒一人に5点奪われて0-5で敗れた(しかもスゲの一発レッド付き)、全国放送がなくて本当によかったとおもわず胸をなでおろしたほどの惨敗を喫したガンバ大阪

これはあれですね。ウチに対する嫌がらせですね?

ちなみにガンバは3日のナビスコ決勝に出場するので開催日は11/3ではなくて11/9。平日でーす。つまり100%中継もないでしょう。なんでや…。

まぁ、気を取り直して今年はカズもいるし*1、胸を借りるのは当たり前当たって砕けろで行きましょう。

でもできればガンバには11/5にナビスコ決勝があって、12日には浦和戦も控えてるってことで、メンバーを落としてもらってですね…。あ、でも去年の試合もメンバー落としてあのスコアだった…。

はぁ……

ちなみにその他の試合は、

鹿島ホンダロック@カシマ

大分ヴェルディ@ビッグアイ

名古屋アローズ@富山アローズホームですか

大宮京都@大宮

浦和山形@駒場

ガス−福岡@味スタ

鞠−仙台@三ツ沢

フロンタ−佐川東京@等々力これ見に行くかな?

柏−神戸@柏

ジェフ甲府@臨海

セレッソホンダ@長居

ジュビロ鳥栖@ヤマハ

新潟ザスパ@ビッグスワン

広島水戸@ビッグアーチ

清水徳島@日本平

[]

中国、2度目の有人宇宙飛行船打ち上げ(日経)

偉大なる先行者を生んだ高度な科学技術を誇る中国、なんて思ってたら、宇宙開発では完全に先行かれてるんですね。まさに先行者

メンツでも軍事転用への危機感でもなく、国家をかけたビジネスとしてはガス田にしても宇宙ビジネスにしても完全に日本は負けてるなぁ。

*1:かずまくん指摘による。カズは11/6でウチから中抜けするんだった。空気読めないドローだなぁ

2005-10-11 いてぇ

[]腰痛に候

この三連休は、福島にて法事でして行く前から痛かったんですが、帰ってきたら疲れがたまったか、ぎっくり腰寸前。

で本日ほとんど布団に仰臥して、服部真澄さんの海国記を読んでおりました。

のため、AIRの名曲「TODAY」ではありませんが、

TODAY眠り続け、

TODAY書くことがない、

メロディーにのせて詩を書くことも意味がないからやめた。


TODAY目を覚ませば、

TODAY気のせいじゃない。

こっち側の僕とあっち側の君がチークダンス踊る。


まどろみながらうつろいながら、僕は見てた、ほら。

もし今窓開けたら陽ざしが強くて、

ほら2人が消えそうな気がしてもうひと眠り。


そのコーデュロイの

赤い膝のでたパンツ

僕は好きだね。いいと思うよ。そんなことを言ってた。


ただゆれながらただゆれながら頬をよせて、ほら。

ほら、いつもの曲だね。これ僕は好きさ。

でもこのあとに続くあのギターソロがちょっと・・・


ほら芝生で手をふく君の

そんなしぐさで満たされてた。


そう気がつけば裸で2人おどけても、

照れないくらいの感じになってた。

もし今度はまぶたを開けたら2人が

消えそうな気がしてさ、やっぱりもう1度ひと眠り。

と書くことがないので歌詞を転載してしまいました。

2005-10-09 勝つだろふつうに

[]天皇杯3回戦 対FCホリコシ@三ツ沢

横浜FC 1(1-0)0 FCホリコシ

13:00キックオフ 三ツ沢公園競技場 入場者数3,090人

得点

警告

出場選手

格下のホリコシ相手、当然ながら序盤からゲームを支配したのは横浜

1分にはカズが左から突破を図り中の内田へ右の北村へ渡りクロスGKキャッチ

ホリコシは1トップアマラオがサイドに流れているため起点になってないので助かります。

しかし横浜は今日は中盤がルーズホリコシカウンターに出る起点を作らせてしまいます。

内田も良い飛び出しを見せますが、なかなかゴールを割れません。

しかし29分、右サイドのFKから吉武が右からクロス、これをGKがはじきますが富永が頭を出してすらします。これをペナルティエリアすぐそばから内田が思い切りよくシュート!これをカズがスルーして横浜が先制!

つづいて横浜は相手パスミスから内田、北村とつなぐも決められず

前半はこのまま1-0で終了

後半開始早々カズがチャンスを作り左サイドなかじへ、そのパスを富永が逸らして北村が左で受けるも決められず。

富永はポストでボールをキープしますが、時間をかけすぎる傾向があります。13分平間から片桐に交代することでホリコシは流れを引き寄せます。

しかし最終ラインで横浜が持ちこたえ、25分には富永に変えて智吉を入れて右サイドへ、4-5-1に。28分にはなかじに変えて信義。ツヨが左後ろに入り信義が左前。

今日は信義がものすごく効いてました。

トップに入った北村へのスルーパス、左からの鋭いクロスと何度も効果的なプレーを見せます。

このまま後半は信義の中盤での鋭いプレーと、最終ラインでのトゥイードの高さを生かした盤石のはじき返しで1-0で終了

苦しい試合でしたが、総合力と信義のキレたプレーでなんとか4回戦進出。カズラスト1こ前の天皇杯4回戦は何処と対戦でしょう。J1との真剣勝負は久々ですね。

菅野 6.5
そこそこ危ないプレーのあったDFラインのフォローを果たした
早川 5.5
今日も攻め上がりは良かったが、サイドを敗られることもあった
トゥイード 6.5
最終ラインでアマラオを完封。
浮氣 5.5
目立たないながらもしっかりと守りきった
なかじ 6.5
左サイドで吉武とのコンビネーションでチャンスを作った
北村 6.0
右の弱かったホリコシ相手にしては目立てず
内田 6.5
ゴールを決めたのが何より。ただ中盤を落ち着けるのはまだ課題多し。
山口 5.5
パスミスと宇宙開発は相変わらず
吉武 6.5
今日も良いプレーを見せた
カズ 5.5
スピードでは劣るシーンもあったが、フェイントでは見せた
富永 6.0
ポストで起点にはなった
智吉 5.5
今日は目立てず
信義 7.5
今日の文句なしMVP。全てのプレーで完璧。今年一番のプレー。とにかく切れていた

ホリコシ観戦記

その他の方々

付録

[]ワールドカップ予選

ヨーロッパ予選

すでに出場を決めていたウクライナに加えて、今節オランダポルトガルイタリアが1位通過を決定。(10/10追記ポーランドイングランドクロアチアも決定)

それぞれのグループ毎では、

南米予選

すでに出場を決めたアルゼンチンブラジルに続き、パラグアイエクアドルが4位以内を決め出場決定。

残るオーストラリア代表とのプレーオフを賭けてウルグアイ(22)、コロンビア(21)、チリ(21)が争う。

北中米予選

消化試合に入ったメキシコ、USAは、メキシコグアテマラに本気を見せ、USAはコスタリカに負けてあげたため、コスタリカの出場が決定。これで混沌としたのはアジア5位とのプレーオフ争い。1点差でシルビオ属するトリニダード・トバゴ勝ち点差2で4位に立っているが、次節T&Tは大人げないメキシコと、グアテマラは出場を決めたコスタリカとの試合。T&Tは勝たねば苦しい。

アフリカ予選

全試合を終えて、トーゴ、ガーナコートジボワール、アンゴラ、チュニジアが出場決定。セネガル、南ア、カメルーンナイジェリアの前回出場組が敗れる

アジア予選

第1戦はウズベキスタンで引き分け

きもきも 2005/10/09 21:44 久々の信義は、涼しくなったせいか終始安定してましたね。
あと、スゲはやっぱり神。アマのミドルがあの時決まってたらウチ相当やばかったんじゃないかな?
さて、次はどこと対戦でしょう。出来れば関東近郊でお願いしたいものです。

tatsuminetatsumine 2005/10/10 08:22 鞠と三ツ沢希望。あ、でも今年はJ1のホームなんだっけ?
だったらフクアリというのもありかなぁ?

れおなれおな 2005/10/10 12:39 駆け付けますどこまでも。お休みは取ったし次はJ1!今回みたいな試合でははっきり言ってダメでしょ!元旦は国立で新年会やりましょ。

tatsuminetatsumine 2005/10/10 18:07 >れおなさん
わはは車でね。次は1年ぶりにJ1に強いとこ見せてほしいですね。

2005-10-08 親善試合だから勝ち負けはどうでもいいけど実質負けですね

[]親善試合アウェイ・ラトビア

日本は後半早い内に2点のリードを奪いながら、DFグダグダっぷりをつかれて最後はパスミスを奪われて同点に。格下のラトビア相手に勝てない大失態。

試合は4分、GKの位置を見た高原が放ったループ気味のロングシュートが決まって日本が先制。

ラトビアDFがゆるく、日本が中盤も含めて試合を支配。しかし柳沢が攻め込んでも最後の最後を詰められず前半は1-0で終了

さて、後半開始へなぎドリブルで粘ったところで相手がたまらず倒してPKを得ます。

このPKをシュンスケがしっかりと決めて2-0に。

しかしこの後がいけません。

22分にCKを土肥がはじいたところ、横に流されてこれを押し込まれて1点差。

選手交代で大久保鈴木本山を投入するもDFグダグダが加速。出足の鋭いチェイシングラトビアが試合を支配します。

そして43分、DFラインからのパスミスカットされて、坪井が追いかけるも間に合わず、最後は土肥が飛び出したところを流し込まれて同点に。

結局負けに等しい引き分けに終わりました。

4バックにしたときのDFラインの不安定さはホンジュラス戦も同様。

新戦力としては大久保は自分で突っ込むところが欲しかったですね。松井中田とのポジションチェンジに光る者が見えました。

中盤ダイヤモンドはある程度形が見えたと思います。

土肥 5.0スパイク選択ミスで滑るシーンが再三。

駒野 6.0オーバーラップは良かった。

田中 5.0DFの不安定さは不安要素

茂庭 5.0田中に同じ

中田浩 6.0あれよりはよほど安定していた。新境地

稲本 6.0フォアリベロとしては機能。

中田英 6.0松井とのポジションチェンジが光った

本山 5.0機能せず

中村 5.5トップしたとしては消化不良

坪井 4.5スピードで振り切られての同点ゴールは屈辱。途中交代した身としてはあまりに情けない。

松井 6.0中田との関係は良かった。

あれ 5.5可もなく不可もなく

高原 6.0GKの位置を見てのループは良かった。

鈴木 5.5動きなし

柳沢 5.5動きは良かったが、やはりゴールは決められず。

大久保 5.0弱気なシーンが目立った。

2005-10-06 おごれるほどじゃないね

[]第185回toto結果

結果から申しますと、totoGOAL4度目の2等当選です。当選金額は今までで最多ですが、それでも6500円弱です。

1 千 葉(2○) 2-2 (○02)浦和 2
11枚のカードが乱れ飛んだ乱戦は結局2-2の引き分け。浦和トゥーリオの退場が響きました。アレックス坪井の招集時期を誤ってしまいましたが、結果オーライ。
3 横浜M(1○) 1-0 (○03)G大阪 4
岡田マジックで1-0とするも、最後はガンバの執念が実り、PK戦をガンバが制しました。ここも読み勝ちです。
5 徳 島(2○) 2-4 (×02)仙 台 6
仙台徳島から初白星。勝ち目は完全に逃したんですが、toto的にはなんとか1つ当たり。危なかったです。

ということで、2等当選です。

配当は、

第185回当選口数
1等195,552円90口
2等6,770円1,732口

2005-10-05 勝てたなぁ

[]J2第35節 対コンサドーレ札幌@西が丘

横浜FC三ツ沢養生期間最終戦を西が丘サッカー場札幌と行い、城のゴールで先制したものの、メンバー交代でゲームを積極的に動かした札幌に同点に追いつかれて引き分けに終わりました。

積極的に試合を動かしていく監督の姿勢がゲームの明暗を分け、札幌としては苦しい試合を引き分けに持ち込み、横浜としては勝てるゲームをみすみす落としてしまう結果になりました。

横浜FC 1(0-0)1 札幌

19:00キックオフ 西が丘サッカー場 入場者数4,331人

得点

警告

出場選手

朝から降ったりやんだりを続けた雨は、試合直前になって勢いを増しましたが、キックオフから程なくしてほとんどやみました。高田、望月の加入挨拶が行われましたが、そのときは、結構降っていたので、2人にはちょっとかわいそうな挨拶でしたね。しかし高田の「チームが一つでも上の順位に行くように、全力で戦います」ともっちーの「これから横浜FCのために頑張ります」の言葉を信じて応援しますよ。

東芝時代からの在京札幌サポがかなり多く西が丘を訪れ、バックスタンドは団体客の入れ込みと、横浜FCサポとのバランスを考えてアウェイ側にはほとんど席を設けていないこともあり、ゴール裏の立ち見席の人数は札幌の勝ち。

前節アウェイで甲府と引き分けた横浜は、前節と全く同じスタメン、サブは高田に代えて小野信義メンバー入りです。僕の危惧していた富永、貞富を両方サブに入れるのは、やはりユースケ☆アダチ監督ですから当然。そして結果的に、貞富を投入するシチュエーションが全くないのも当然。

対する札幌は本来CB加賀を右ウィングに起用するというこちらも前節からの起用法を踏襲したもの。ただ、トップにけが人が多く、今節も相川、清野という怖さのないメンバーでした。


試合は序盤から横浜が押し気味で、横浜の右サイド中心に攻防が続きましたが、双方ミス多い展開。1分には横浜国際での札幌戦の悪夢のように、吉武が左サイドでディフェンスしきれず、簡単にクロスを上げられますが、相手のシュートミスでサイドネット。助かります。

横浜は左の吉武を中心に何度も札幌陣内に攻め込みます。18分にはカズのFKが壁に当たり跳ね返りをボレーシュート、しかしこれはGKキャッチ。22分にも城のキープを受け取って深いところからクロスを上げたり、24分には自ら内へ切れ込んでシュートを放つなど攻撃の中心に。

札幌フィジカル面で不安定で真ん中でボールをキープできない山口のところで奪ってからのカウンターが中心です。怖かった右の加賀はそれ程でもありませんでしたが、左サイドを簡単に敗られて相川にシュートを放たれます。

25分過ぎからは吉武に刺激されたか、なかじも良いプレーを連発。27分中へ切れ込んでするどいシュートを放ちますが、これはGKに弾かれます。これで得たCKのこぼれをなかじが中へ入れて城へ。しかし城がエリア内で持ちすぎてシュートまでは行かず。さらに30分なかじのキープから前の吉武へ、吉武のクロスは誰にも合わず。37分のロングゾーンからのなかじのFKはドンピシャでトゥイード合わせるがこれはGKキャッチと、まさに終盤はなかじの時間帯。たびたび光るプレーを見せて、吉武、内田とからんでいました。

札幌カウンターもするどく、サイドを崩され右から加賀アーリークロス、これをニアで合わされますが、ゴールならずと、お互いいい形で攻め込みながら得点を奪えないまま前半は0-0で終了です。

しかし前半いちばん目立ったのは、選手達よりバックスタンド側のボールボーイ達。ボールを取りに行くにも渡すのも動きが緩慢で、イスにどっかり腰掛けた姿はスタンドからブーイングが上がるほどで、何度も副審の八木あかねタンや運営スタッフから注意を受けていましたが、ゲームの流れが切れることがしばしばありました。


さて後半序盤は札幌カウンターからサイドを何度か崩されるシーンが目立ちます。

2分にはアーリークロスに菅野がエリアを飛び出して対応しますが、今日の菅野はDFのと連携がうまくなく、飛び出しにも不安定さを感じさせました。27分にも横浜FKのカウンターで攻め込まれ、1vs1になった局面で飛び出しますが、このクリアを拾われてループシュートを放たれます。これは辛くもバーに当たって、外れますが、危ないところでした。

なかなか進まないゲームに最初に動いてきたのは策士柳下札幌。8分にほとんど消えていたFWの清野に代えて、FW中山を投入。前線の活性化を図ります。

しかし先制したのは横浜。13分左サイドで吉武が粘ってキープしたボールをなかじに出し、深い位置からグラウンダーのクロスを放つと、城が受け無理めの姿勢から反転してシュートを放ちこれが決まりゴール。

しかし、ここで一期果敢に良い流れを維持して攻め込むことを選ばずに、1点を守りに行き、リアクションサッカーを選択したのが宇宙采配ユースケ☆アダチ。17分に消えていたわけでもなく疲れを見せていたわけでもないカズに代えて富永を投入して前線へ。

それでもしばらくは横浜ペースを維持してきましたが、札幌は右サイドであまり効いていなかった加賀に代えて岡田を投入して、積極的な選手交代で流れを引き寄せます。


そして22分薗交代直後に左サイド早川が中に絞って広大なスペースの出来た左サイドを西谷に駆け上がられて、フリーで入れられたスルーパスは中の相川に合い、札幌が同点に追いつきます。

15分過ぎから前半からかなり動いてきた北村の足が止まり始めたこともあり、右サイドのケアがかなり手薄になっており、最初の交代はカズではなく北村だと思っていただけに、悔やまれる失点です。

さてリードを守るべく前線に貼り付ける意図だったであろう富永ですが、同点にされたあとは、なんとか起点になろうと、中盤に下がってボールを受けに行ったり、サイドに流れてボールを受けに行ったりしますが、そういうプレーは富永の本職ではなく、起点になれません。

30分過ぎからは城がタンカで運び出されるほど札幌のプレーも激しくなります。横浜は左サイド中心に攻めこみますが、真ん中でくさびになる選手がいません。終盤惜しいシーンは、37分に城が中央から右へ流れる動きとシンクロして富永が右から中へDFをつり出し、城がエリア内でDFを交わしてシュートを放ったシーンがありましたが、これは左へ外れます。

そして最大のサプライズは39分、終盤に入っても疲れを見せず、左サイドでチャンスを作ってきた吉武に代えての小野智吉投入。トモキチは交代直後から攻め込んで連続してチャンスを作り出しますが、逆サイドでは北村が幽霊のようにさまよっています。ここでトモキチを左に入れて、吉武を右にポジションチェンジしていたら、サイド攻撃のバリエーションは維持できていたと思うので残念な交代でした。

トモキチは40分、エリア内で粘って倒されますが、笛は鳴らず、この後も2度ほどエリア内で倒されるシーンがありましたが、主審は流してそのままタイムアップ。横浜は勝てる試合を消極采配で落としてしまった印象で、バックスタンドも何とも言えない落胆に包まれます。


試合終了後バックに挨拶に来ず、ゴール裏直行しようとする選手達。きちんと挨拶には来てくれましたが、それぞれの顔はやはり勝ちきれない悔しさをにじませていました。

さて選手評価です。

菅野 5.5
DFとの連携がうまくいかず飛び出すシーンが多かったが、不安定さがつきまとった。
早川 5.0
攻撃参加は評価できるが、失点は早川が中に絞ったスペースを好き放題使われたもの。
トゥイード 5.5
危なげなくラインを統率したが、失点はいただけなかった。
浮氣 5.5
カバーリングは良かったがやはり失点が痛い。
中島 6.5
アシストはみごと。左サイドはしっかりと締めていた。前半終盤はなかじの時間帯だったので、これをフルタイム続けられるようにしたい。
北村 5.5
後半10分過ぎから足が止まってしまった。
内田 5.5
積極性は良かった。
山口 5.0
今日はフィジカル面で悪かったか。相手のチャージに簡単に倒されるシーンが多かった。
吉武 6.5
途中交代は不可解だったが、今日のマンオブザマッチ
三浦知 5.5
やはりマークは厳しいが、そこで決めてほしい。
城 6.0
得点はお見事。このほかにもチャンスを作ったが、決めてほしい。
富永 5.0
自らの役割を忘れ、前後左右するシーンが多かった。前線に張らない富永やクロスを上げる富永は怖くない。
小野智 6.0
出場してすぐチャンスに絡むなど、ゲームの流れを壊すことはなかった。
足達監督 4.5
消極的かつ不可解な交替策で勝ちゲームを逃した。選手を責められない。

札幌観戦記

札幌サポの方々

その他の方

From Official

From J's Goal

2005-10-04 納得は出来ないけど

[]明日は札幌

ぼくは仕事から直接駆けつけますので空模様からすると初のスーツ&合羽観戦になりそう。

天気が悪そうな明日の西が丘札幌戦ですが、J2で2番目に得点力のある甲府相手にスコアレスで押さえた調子を維持して、しっかりと得点を決めて昇格候補に泡を吹かせて欲しいものです。

トゥイードは味方との接触で負傷したそうですが、DFラインはどうするのか、徳島戦のように安易に代わりに山尾、ではまたしてもラインががたがたになってしまい、せっかくの流れをまたしても自分たちでせき止めてしまうことになります。

ここは来年以降も考えて是非河野を起用して欲しいですね。その他は甲府戦と一緒でも良いと思います。

ただし、サブはもう一考を。どういう試合展開を考えて富永、貞富を2人とも入れているのかは分かりませんが、サブはGKDFアタッカー2人、FWで構成するのがウチとしてはベストだと思います。

だから現状だと、小山、富永、智吉、大友高田ってところが妥当だと思います。高田には決めきれなかった甲府戦で拒点王子と貶された名誉回復を図って欲しいですね。

カズレンタル後の5試合+αを考えると次のトップの確率は急務だけど、富永で良いとは誰も思っていないはずです。高田久保田、北村に掛かる期待はだからとても大きいですね。

それにしても甲府戦、見る暇がありません。

[]カズ移籍はほぼ決定?

日曜日スタメンカズがほぼ合意と伝えたことからもかずの11/7から3ヶ月のシドニーFC移籍はほぼ決定事項と考えて良いようです。

本日のスポニチでも「“シドニー・カズ”4日緊急発表」と本日中の契約合意を伝えています。その他の報道でも、

カズ豪州移籍決定!シドニーFCへ3カ月間、トヨタ杯凱旋も(サンスポ)

横浜Cのカズ、シドニーFCに期限付き移籍へ(読売)

カズのシドニー入り秒読み

と、既定路線として報道されています。

以前書いたように、シーズン途中にまだ試合がある中で、本籍をほっぽりだしてオーストラリアへ行ってしまうことに関して、「カズさんどうなのさ」と思うところはあります。始まったばかりのオーストラリアリーグに4試合のみの特別招待のような形で行くことにそれほど大きなメリットがあるとも思えないので、この移籍は世界クラブ選手権南米欧州王者出場試合以外の営業的なコンテンツとして取りざたされているのも致し方ないところだと

思います。

しかし存在自体が眉唾な日刊ゲンダイ報道はともかくとして、朝日が報じたような「うちにはほとんどメリットがない」というクラブ側の判断はどうなんでしょうか?今回このレンタルにかなり力を及ぼしたと思われる、JFA日テレ電通そしてリティとシドニーFCに対して、横浜FCは現有勢力を期限付きとはいえ供出することでかなりの貸しを作っ

たと思います。

これをメリットがない、としてチケット供出を求めるなんていうせこいところで終わらせず、これをクラブの糧として利用できる手法をクラブは考えて欲しいと思います。


カズの移籍がデッドラインと考えられる11/7までは、

10月

5日 札幌@西が丘

9日 FCホリコシ@三ツ沢

15日 山形@べスパ

22日 仙台@三ツ沢

29日 水戸@笠松

11月

3日 天皇杯4回戦

6日 福岡戦@三ツ沢

と7試合、11/7以降のカズ抜きで戦う、

11月

13日 京都@西京極

19日 徳島@鳴門

23日 鳥栖@三ツ沢

26日 草津@敷島

12月

3日 湘南@三ツ沢

17日 天皇杯5回戦

24日 天皇杯準々決勝

29日 天皇杯準決勝

1月

1日 天皇杯決勝

の9試合(…)をどのように戦っていくのかが、来年以降の○○ヨコハマ(お好きな監督をお入れ下さい)の試金石となると思います。

そしてカズには頼むからケガをしないで、クラブ選手権では少しでもクラブに還元できるものを持ち帰って来て欲しいと願っています。

[]第185回toto予想

なんとたった今、今日が185回の締め切り日だと気がつきました。今回は水曜開催の

ナビスコ準決勝第2レグとJ2徳島vs仙台戦という大変則マッチメーク。

totoは15日開催から再開です。

というわけでtotoGOALのみの予想。

1 千 葉(2) vs (02)浦和 2

第1戦は1-3で千葉がアウェイを制した。そして今季最後の臨海での試合、と千葉はモ

チベーションが上がる。さらに浦和鈴木啓太サスペンドアレックス坪井が代

表招集。千葉斎藤サスペンドだが、浦和の方が痛い。

3 横浜M(1) vs (03)G大阪 4

第1戦は1-0とホームでガンバが辛勝。更に代表招集もなくお互いフルメンバー。ガン

バは日産スタジアムで勝ったことがないが、最近の勢いは完全にガンバ岡田マジッ

クで1-0となるか、ガンバの大爆発と予想。 横 浜 H 0-1

5 徳 島(2) vs (02)仙 台 6

因縁の対戦は対戦成績○3-0/△3-3/△2-2と荒れた試合が多い。ただ、横浜ほどのが

たがたぶりを見せない仙台DFであれば2点止まりか?

[]第184回toto結果

toto勝ってたら大惨敗ですね。totoGOALの方は土曜日の時点で終わってしまいました

。2日目は全部当たりだっただけに惜しまれます。

totoGOAL3

1 柏(23×) 1-0 (×1)神戸 2

柏スミイチで乗り切るも、終盤の退場&選手交代で後味悪し。あそこで10人になって

れば、神戸も追いつけたかも(悔)。

3 清水(1○) 1-4 (○3)G大阪 4

まさにガンバは止められない。次節・神戸戦も大爆発の予感。

5 C大阪(23○) 3-1 (○13)浦和 6

セレッソ盤石。浦和マリッチ復帰が光明。

ということで4勝2敗でした。

配当は、

第184回当選口数
1等24,942円830口
2等1,000円13,860口

とかなりの低配当。柏vs神戸をロースコアで予想していた人は多かったので、冒険し

たんですが、当てたかった…。

toto

1.大宮 0-1 F東京

  • 順当な結果。大宮は戦術面で大敗。ガスは10人で勝ちきった。これで乗れるか。大

宮はついに降格圏へ。次節以降もセレッソ浦和、降格ライバルの柏と苦しい。

2.柏 1-0 神戸

  • こちらも順当な結果。相性を覆した。神戸はパヴェルもサジを投げ気味。

3.東京V 4-4 磐田

4.川崎 3-0 新潟

  • こちらも順当。今の川崎は強い。

5.横浜M 0-3 大分

  • 波乱。引き分けまではあると思ったが、大分シャムスカ体制で完全に生まれ変わ

った。

6.広島 1-2 名古屋

  • こちらも波乱。広島は終戦か?

7.鹿島 2-2 千葉

  • 良い試合でした。ダブルで買ってても駄目でしたね。

8.清水 1-4 G大阪

9.C大阪 3-1 浦和

上だがこの試合で下村を負傷で失ったのが痛い。全治6週間。

10.札幌 2-0 徳島

  • 札幌久々の快勝で入れ替え戦出場に踏みとどまる。徳島戦は初勝利。外れました。

11.山形 0-3 京都

れず僕的には残念。

12.甲府 0-0 横浜FC

13.草津 0-0 水戸

  • 読み通りです。

読み切りは6、外しは7でした。これだけ外せば当然配当も高いです。

第184回当選口数キャリーオーバー
1等0円0口61,841,825円
2等1,124,307円32口0円
3等94,180円394口0円

と、無風のtotoGOALとはえらい違いです。でもちょっと売り上げ落ちてますね…。

2005-10-03 スコアレス

[]J2第34節 対ヴァンフォーレ甲府@小瀬

とりあえず、リンク集と結果のみをアップ(10/3)

甲府 0(0-0)0 横浜FC

警告

出場選手

甲府観戦記

甲府サポな方々

From J's Goal

From Media

2005-10-02 更新遅れてます

[]日記更新について

この土日、千葉実家に帰っていたので非PC環境でした。

なので日記更新できず。ヴェルディ4-4磐田戦はずっと普通の審判だと思ってたら、最後の最後にヤマタク相手にやらかしてそこでジョージ★カシハラだと気づきました。

さすがただでは済まさないジョージ。

ドラマティックな幕引きをありがとう>ジョージ

今日の清水1-4ガンバは、ガンバの強さに呆れていました。

甲府戦は明日録画放送を見て観戦記をアップします。

totoも明日中にはアップしたいです。