Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2008-10-30

[]セレッソ・森島、引退へ

セレッソ大阪モリシことMF森島寛晃(36)が引退を本日発表する、とスポーツニッポンが報じました

首痛回復せず…C大阪・森島が引退

J2C大阪MF森島寛晃(36)が今季限りでの引退を決意したことが29日、明らかになった。昨年3月に原因不明の首痛を発症して以来、必死のリハビリに努めてきたが、思うように回復しなかったことから現役を退くことを決めた。30日にも正式に発表されるが、今季最終戦となる12月6日の愛媛戦(長居)でのプレーが最後の雄姿となる。

小さな巨人が首痛を訴えてチームを離脱したのは昨年3月のこと。病院を転々として検査を繰り返したが、原因は不明のままで、痛みが治まっては再発する日々の繰り返しだった。「クラブハウスに来て仲間が戦っているのを見るのはつらい」と漏らし、昨季中に1度は引退を決意。この時はクラブ側の説得で翻意し「もう1度ピッチに立ちたい」と強い思いをのぞかせたが、今年に入っても状況は変わらなかった。

気力と体力は限界に達し、26日の仙台戦で来季のJ1昇格が絶望的となった時点で、引退を決断。近い関係者に引退の意思を伝えた。今季最終戦の12月6日の愛媛戦が“引退試合”となる見通しで、支えてくれたサポーター感謝の思いを伝えることになる。日本代表としてW杯にも98年フランス、02年日韓と2大会続けて出場し、日韓大会チュニジア戦ではゴールも決めた。日本サッカー功労者が、惜しまれながらピッチを去る。

腰椎・脊椎・頸椎系の痛みはやった者にしか分かりませんが、つらいですからね。


2002年、折しもワールドカップイヤーにJ2に降格していたセレッソで、モリシは円熟期に入ったプレーを三ツ沢で見せてくれました。

1万人を超える観客を集めた、2002年ワールドカップ明けの第一戦、三ツ沢での横浜FCvsC大阪。

まだ疲れもあるだろう中で、積極的に動き回るモリシの姿は、敵ながら鞠が弾むような躍動的なプレーでわくわくする予感を感じさせる選手でした。

この試合、終了間際にこれまた売り出し中だった大久保に決められて横浜が惜敗した試合だったのですが、1万人の観客に清涼感を与えるような良い試合でした。


腰が低く、いつも献身的な働きで全力でプレーし、敵チームサポにも慕われたモリシ

サインユニフォームにねだられた時に、

「いいんですかね、ぼくなんかで。汚しちゃってすみませんね。」と言ったという逸話も残っています。

思えば、その円熟期にワールドカップに出ることが出来たのは、本人にとってもよかったと思います。


僕も本当に大好きな選手で、サカつくの自分のチームにはいつもモリシがいましたね。

横浜との試合にモリシがでてないと、ホントに残念に思いました。


モリシにはおつかれさん、どうもありがとう、と他チームサポながら言葉を贈りたいと思います。

森島寛晃 個人成績(リーグ)

森島寛晃 個人成績(代表)

まさに記憶にも記録にも残る選手でした。

2008-10-29 今年もこの日が

[]あれから10年

今日10月29日

1998年今日全日空フリューゲルスマリノスとの合併を発表してから10年になりました。

10年前のあの日からすべてはスタートした。

くしくも去年の今日、日記に記したように、10年目の今日をJ2で迎えることになり、さらに11年目もJ2で迎えることが決定しているのは、僕らにとってとても悲しいことだ。

でも、これも去年の日記に記したように、

10年前僕らが受けた屈辱や落胆に比べると、昇格できないことなんて小さい小さい。

そして10年間に受けた屈辱や落胆、怒りに比べても小さい小さい。


10年目の今日、これからさらに屈辱にまみれることがあったとしても、僕は決して横浜FCであることをやめないと誓います。

2008-10-28

[]J2第41節 対愛媛FC@ニッパツ三ツ沢

横浜FCは、10月25日土曜日にホーム三ツ沢で久々のホームゲームを行い、15位愛媛FCに対して先手を取りながら一度は逆転される苦しい展開。カズの最年長得点記録更新でなんとか引き分けたものの、今の状態でどこに勝てるのか、という感じです。

横浜FC 2(1-0)2 愛媛

これで3試合連続引き分け。9月8日以来1ヶ月以上勝ちのない苦しい状態が続いています。

メディアで取り上げられているのは、終盤の運動量の落ち込み。

カズ、アツというベテランがいるとはいえ、交代選手もいるわけで、その中でも運動量が落ちてしまうというのは、そのベテランだけではなくチーム全体の問題だと思います。

昨年まで、後半に運動量が落ち込む、という話は聞いたことがないので、これはひとえにヘボ監督が連れてきたフィジカルコーチ力不足によるものだ、と容易に推測されます。


先制点は、長身で放り込みへの対応を期待された御給の足技から生まれたものでした。タッキードリブル突破もすばらしく、彼の突破力を生かすにはどうしてもアツの位置が後ろに下がらざるを得ないのは致し方ない話。

ですが、その後は徐々に愛媛に押し込まれ、後半連続で失点して逆転された直後に、カズの倒れながらのゴールで同点に追いついたものの、こんな状態では、一体どこのチームに勝てるんだろうか、と疑問を呈さずにはいられません。


そして今回の2失点の最大の要因はGK。2失点目のシーンは、コースをよく見た愛媛・横谷のファインゴールといえるかもしれませんが、シュートコースから見て、よもやGKが反応できない、とは思えないボールでした。

こーやんがものすごくがんばってくれているのは分かります。岩丸がファインセーブを連発するものの、つまらないミスからの失点を繰り返し、大久保も実践投入には速すぎる中、こーやんががんばらなければならない、そしてこーやん自身もその期待に応えようと、件名にガンバ手いるのはとてもよく分かるのですが、本当に身体がついてきていない印象を受けます。

みんな大好きなこーやんだけに、こんな姿は見たくない、と思うのです。


それにしてもここのところの数試合、トモキチ、須藤といった選手が、本領を発揮していない印象を強く受けます。

かしこれは、選手個人の問題と言うよりも、ヘボ監督が適材適所、という言葉からほど遠いポジションしかやらせないところに問題があるように思います。

序盤は機能していたマルチポジションヤマタクを中心に中央、サイドと中盤の選手がめまぐるしくポジションを変えて相手のマークを分散させる戦術もいつのまにかどこへやら。

トモキチはボランチの位置で頭を押さえられて、サイドハーフサイドバックをやっている時のような生き生きした動きを見せることが出来ません。

そして、そのサイドハーフにはあろう事か本職ボランチ須藤が入っていたりする始末です。ポジションがそれほど流動していないのに、運動量がガタ落ちするという悪印象。

本当にどうしたものか、と頭を抱えざるを得ない状況なのですが、一番困るのはこのヘボ監督来年もほぼ確実にうちの監督を続けると言うことなのですよね。

トモキチ、タロー、イケ、レンタル中のハヤ、うっちーといった選手達はこのままだと来年横浜ユニフォームを着ていない可能性は非常に高いと言わざるを得ません。


はぁ…。

2008-10-19 五分がやっと

[]今週のサッカー

横浜FCは、0-0で福岡にアウェイでスコアレスドロー

これで5試合残して9勝14分14敗と全勝してもやっと五分の星、というJ1からの降格チームとは思えないひどい成績です。

下に岐阜熊本愛媛徳島という4チームしかいないポジションも安泰です。情けない…。

3年契約だろうがなんだか分からないけれども、プライドがあって、本当に横浜を愛しているのならば監督は今すぐ辞任してほしいものです。

J1では札幌が17位以下を確定して、昨年のうちと最速タイに並ぶ降格決定となりました。

ヨンデは戻っては来てくれないだろうな、完全移籍だし。

ちなみに降格の翌年に5分の星を残せなかったチームは、降格延べ17チーム中4チームのみ。

横浜2003年札幌の9位に並ぶ不名誉な記録の持ち主になりそうです。

2008-10-18 新しいダーツ

[]PUMA Budを購入

気になり始めたのが、9月のはじめ、骨折ダーツができなくなってすぐなので1ヶ月ほど迷ったことになりますか。本日新しいダーツを購入しました。

新しいダーツとしては、8月にいただいたZERO TYPE-02T、購入ものとしては7月に購入したMONSTER LIGHTNING以来です。

購入理由は、主に気分転換(笑)

自分としては、第1印象Samuraiだと思いましたが、工房92で知られる92さん曰く、「長めのTRiNiDAD Oscar」です。

ぱっと見たときから、ちょっと投げてみたいと思ってましたし、かからないシャークってのも実にSamuraiっぽいのに、値段は1/3だな、と思っていました。

一昨日最初に投げたときは、シャークに近いリングカットが好印象で、16gという軽さも気にならずに投げられるけど、意外と普通ダーツだな、もう少しガッツリかかってもいいかな、という印象だったため、購入は見送りました。


しかし、昨日高円寺のe-luで投げたときに以前よりMONSTER LIGHTNINGが引っかかるようなイメージでしたので、がぜんBudが気になり始めたのですよ。

で、今日街に出たついでに吉祥寺moAに行って、ついでに何モデルか試投してきました。

ULTIMA 神矢 弐【神矢モデル】

いかにもショートバレル。投げやすかったですが、それほどの印象はありませんでした。

VIVID【MIHOCOモデル】

意外な発見でした、後ろ重心ですが、とても投げやすかったです。刻みもあれくらいで十分

DARTSTYLEのnu WORK3コチラも後ろ重心でしたがショートバレルな分さらに投げやすかったです。意外。

PUMA Blitz

割と普通でしたが、後述するBudより掛かる印象でした。

で今回の眼目は以下の3モデル

TARGET TRUE play 10656

必要最低限の刻みが魅力的で是非握ってみたかったので20gを試しました。センター重心でまさに刻みの位置が重心。

それはよかったですが、できれば刻みの位置にテーパーが欲しかったですねそうでないなら、刻みがもう少し深めのリングとかシャークでもよかったと思います。ちょっと押して投げたいイメージでした。残念。

おなじく10652

これは、バランスが命だと思ったので18gと20g両方試しました。コチラもどセンター重心です。20gと18gでそれほど差はない印象です。掛かりは最小ですが、これだけカットが入っていれば問題ないレベルです。非常にプレーンなモデルだという印象です。


そして散々迷ったPUMAダーツタングステン70%の4800円シリーズBudを結局粘りに粘って投げ続け、果てはイメージのよく似たTIGARedとも投げ比べた末購入。

全長:40mm

最大径:7.5mm

重量:18g(バレル単体 16g)

素材:タングステン70%

ルピータイプにシャークカットに近いリングカットを設置したことでしっかりとしたグリップ力を実現。

力強い飛びと前方のカットの設置によりコントロールよくスローイングができる。センター重心。

長めのOscarと92さんに評されたと書きました。僕も「偽Oscar」とも呼んでました。

かしこれがじっくり投げてみてもとてもいいモデルです。一昨日とは大違いの印象。

フォルムがとても似たRedが前重心と掛かりで飛ばすモデルになっているのに、こちらはセンター重心で薄めのシャークで、フォームで飛ばすタイプです。

はまればきれいに飛んでいきます。

自分にははまったようで、購入した後すぐにサンビリで1501とクリケをやりましたが、アップなしで1501が59.90、HAT、HIGHTON、LOWTON各1、12ブル。クリケが2.38でした。

しばらく使ってみますよ。


では使ってみた感想なども軽くご紹介。

↓Oscar↓

↓Bud↓

やはりOscar似。2mm長く太さは同じ。ただし重心位置は、Oscarがやや前重心なのに対して、Budは完全センター重心。

40mmの全長に対してバレル単体の重心位置が20mmなのでまったくのセンターです。グリップ位置がびったり決まるダーツばかり使ってきたのですが、これだけ広い刻みでも戸惑わないです。ちなみにセッティングした重心は前から26.5mmの位置です。他のダーツと比較してみましょう。

名前長さAAABBABB
PUMA Bud40mm20mm0.5026.5mm0.66
MONSTER Lightning38mm18.5mm0.4926mm0.68
Harrows ASSASSIN R 20g42mm21mm0.5023mm0.55
TIGA Mitsubachi40mm19mm0.4825mm0.60
ZERO Type02T42mm19.5mm0.4623.5mm0.58
DMC Falcon ACUTE42mm17.5mm0.4123mm0.54

AA:バレル単体重心位置

AB:AA/全長(つまり重心位置の比率0.5が真ん中、05以下だと前重心)

BA:セッティング時重心位置

BB:BA/全長(セッティング時の重心位置の比率)

ということで非常にLIGHTNINGに似たスペックになっています。

投げ味もですから「かからないLIGHTNING」。

パッケージはこんな感じ。非常にノーブルなイメージです。

ワンコインダーツケースに入っています。

実用性はともかく。パッケージもかねられるというのはなかなかのアイディアですね。

しばらく使ってみます。

LIGHTNINGと併用かもしれませんが。

2008-10-12 いやいやばらしい(褒殺)

[]天皇杯3回戦 対沖縄かりゆしFC@ニッパツ三ツ沢

横浜FC 2(1-1)1 沖縄かりゆしFC

いやー、危ない!JFLよりも下、地域リーグ優勝チームとはいえ2カテゴリー下の相手に先制され、すぐに追いついたものの、延長突入直前にやっと勝ち越しとは、さすがにへぼ監督都並敏史

試合は見ていないので、深夜の録画中継を見た後で…。

それにしても、まったく光が見えませんね。来期へ向けて真っ暗です。

監督辞任のニュースがあるだけで、めちゃくちゃ明るくなると思うんですけどね。

ちなみにうち以外の試合結果は、

赤っ恥と呼べるのは、国士館大に負けた徳島栃木に負けた熊本ですが、うちの試合も十分赤っ恥の価値があるといえるでしょう。福岡は同じJ2の水戸に敗れました。

ミズ、岩倉、シンギの北九州仙台に敗れてしまいました。

2008-10-11 たつが立った!

tatsumine2008-10-11

[]足底装具(骨折44日目)

ということで、昨日を持ってギプスやシーネという、足を固定する装具とお別れして、足底装具という足底に装着して、土踏まずも含めた足全体で加重する装具を装着しました。

f:id:tatsumine:20081010115647j:image

この装具を2ヶ月装着。

両側松葉杖も基本的に不要ということで片松葉杖に。

ただし結構邪魔で、自分としては片松葉になった時点で片手杖を買おうと思っていましたので、さっそく片松葉杖を買ってきました。

ついでに装具をつけたままはく靴も購入。

2ヶ月はこれらにお世話にならなくてはなりませんが、少しずつ以前の生活に戻して生きたいと思います。

昨日は早速ダーツに行ってきました。

思うように飛ばない、というか、腕力が松葉杖のおかげで付いてしまって、とびが良すぎて困りました。

明日の天皇杯も見に行きたかったのですが、妻の実家に行く予定があったので福島におります。

2008-10-09 天皇杯が…

[]JFL鳥取に敗れる

「LEOCスペシャルマッチ」横浜FCvsガイナーレ鳥取本日19:00からとりぎんバードスタジアムで行われ、横浜FCは主力をスタートから使いながら1-2で敗れ、かりゆしと戦う日曜の天皇杯に激しく不安を残しました。

スタメン大久保よーすけ、ヤツ、戸川、アツ、トモキチ、ヤマタクカズ、すどー、アンジ、タロー。

ほぼ主力です。このメンバーで負けることができるとはまさにヘボ監督の面目躍如です、さすが。

ちなみに鳥取はオムさん、吉野ともスタメン

このメンバーを考えると、日曜のスタメンは、

イワマール吉田、よしもっちゃん、エリゼウ、コースケ、ねじ、八角、ヨンチョル、タッキー、イケ、なんちゃんって感じかな?

なんか普通にさっくり負けそうな気がしてきました。

録画ですが、全国に恥をさらしてほしくはないものです…。

昇格を争うさなかだった2年前のバンディオンセ神戸戦とはわけが違いますよ。

2008-10-06

[]J2第39節 対セレッソ大阪戦@国立競技場

横浜FCは、J1昇格戦線への生き残りをかけて必勝態勢のセレッソ大阪とニッパツ三ツ沢の芝養生期間のためホームゲームながら国立霞ヶ丘競技場で戦い、逆転を許す展開ながら辛くもFKで同点に追いついて引き分け。

スポンサー・TOMAS様のご協力で20,359人を集めたゲームでしたが、勝利で飾ることは出来ませんでした。

横浜FC 2(1-0)2 セレッソ大阪

友人の結婚式のため今回も欠席です。

2-2のタイスコアとはいえ、シュート数は横浜6、セレッソ20。

拮抗した前半に比べ、後半は香川、乾がドリブルで中へ切れ込む展開に、バイタルエリアを支配され苦しい試合だったようです。

組織ゲームを支配されたとき頼みになるのは個人技。今回はそれを象徴するような試合だったようです。

前半37分のアツの得点はハーフウェイラインを越えた辺りから少し中に切れ込んだアツが鋭く左足を一閃して決めた無回転のスーパーミドル。


しかし後半は前述のように一方的に押し込まれ、22分、29分に小松連続して2点を奪われてあっさり逆転を許してしまいます。

得点シーンを見ると、こーやんはどちらも反応はしているもののあっさりとゴールを割られており、膝の調子も完全でない中、やはり今の横浜にとってGK鬼門と成りつつある印象です。

イワマールセービング等ではこーやんよりも安定していても、出るたびに凡ミスで失点しているようでは試合になりませんから。


しかし、横浜アンカー八角を投入して4-3-3にシフトしており、その3分後に得た長めのFKをまたしてもアツのスーパーFK。ファーでエリゼウがさわるだけのゴールで2-2の同点。

後は両者シュートを打ち合う展開でしたが、最後タッキーポストをたたいたシュートが決まっていれば、と悔やまれる試合でした。


この引き分けにより、横浜FCは数字上も3位以内が消滅して、来季もJ2で戦うことが決定しました。都並監督には残り試合でチームのベースを作って頂いて、潔く身を引いてもらいたいものだと思いました。

セレッソは、3位グループ勝ち点5差と、かなり苦しい展開となっています。

2008-10-03 TOMAS SPECIAL MATCH皆さん足を運んであげて

[]セレッソ戦はTOMAS SPECIAL MATCH

国立霞ヶ丘競技場10月5日(日)16:00キックオフされる、J2第39節横浜FCセレッソ大阪戦は「TOMAS SPECIAL MATCH」です。

何がスペシャルなのかって?横浜FCなのに国立でやるってのがスペシャルってことで…。

あとは、残り7試合で、3位との勝ち点差が6点で勝ち続けないと後がないセレッソの置かれた状況と、第4クールわずか1勝*1でチーム状態が最悪なのに、鳥栖に負けた後「スカッとした」等と抜かしやがったヘボ監督のチーム状態把握能力のなさがスペシャルってことで

秋の三ツ沢養生期間の国立開催は、昨年までは2年連続森山直太朗サッカーチームとOBチームの試合を前座でやっていたんですが、今年はなしですね。

特に大きなイベントもなく、営業はダラダラとタダ券を20枚単位でばら撒いているらしいですが、ヘボ監督除く選手たちには、大勢のお客さんの前でサッカーをさせてあげたいですし、どうせヘボ監督にブーイングするなら大きなブーイングの方がいいと思いますので、是非お越しください。

と言っている自分はまだ復帰できないのですが…。

10/5「TOMAS SPECIAL MATCH」開催のお知らせ

横浜FCでは、10月5日(日)2008J2第39節(16:00K/O)横浜FCvs.セレッソ大阪戦の会場におきまして、「TOMAS SPECIAL MATCH」、と題し下記の通りたくさんのイベントを開催いたします。ご来場される多くの方々に楽しんでいただける企画を用意しました。皆様のご来場をお待ちいたしております。

オリジナルクリアファイルプレゼント
オリジナルクリアファイルを入場時に先着25000名様にプレゼントいたします!
先着15000名様にオリジナルサンバイザーをプレゼント
入場時に配布されたオリジナルクリアファイルに封入されているアンケートにご協力いただきましたお客様、先着15000名様にオリジナルサンバイザーをプレゼントします!さらにWチャンスとしてアンケートに答えていただいたお客様の中から抽選で豪華な賞品が当たります!プレゼント詳細はアンケート用紙をご覧下さい!
TOMAS携帯サイトファン投票に参加しよう!
TOMAS携帯サイトで「キミが選ぶ〜横浜FCの〜本日のトッププレイヤーは誰だ!?」を行ないます。アンケート用紙に記載してあるメールアドレス空メールを送信もしくはアンケート用紙に記載のQRコードからTOMAS携帯サイトアクセスしてください。返信されたメールから応募画面にアクセスができます!抽選で「PS3」や「WiiWiiFit」など素敵な賞品が当たります!皆様からのご応募お待ちいたしております!
横浜FCと遊ぼう!国立の60m駆け抜けろ!」
小学校1年生から6年生まで、250名の子供達が国立のレーンを走ります。東京陸上競技協会のご協力の下、かけっこ1番を競います。多くの子供達に熱い声援をお願いします!場所:ピッチ外タータン部分 時間:13:40〜
マーチングバンド演奏
京華女子マーチングバンド「Sophisticated Blue」によるマーチングバンド演奏です。国内・国外問わずに幅広く活動を行なっている「Sophisticated Blue」の演奏にご注目下さい!場所:14:50〜15:05 時間ピッチ外タータン部分
「F!リーダーズ登場!」
皆様にはもうお馴染みになりました「F!リーダーズ」が国立競技場でも演技を披露します。小さな子供達が体全身を使った演技で横浜FCを盛り上げてくれます!是非、ご覧下さい!場所:15:05〜15:15 時間ピッチ外タータン部分
「歴代ユニフォームオークション開催!」
最終節までの残りホームゲーム試合で1試合につき、過去2年間分の直筆サイン入りユニフォームオークションいたします。この収益は先に行なわれましたドリームオークションと同様に「ドリームシート」として子供達をスタジアムに招待するために使われます。本日2001年2002年ユニフォームです。真中幹夫選手後藤義一選手水原大樹選手佐藤正選手の直筆サイン入りユニフォームです!場所:ホームゴール裏Fメールブース 時間:開場より16:00まで

正直著しく集客力に欠ける企画目白押しです。運営には、川崎マジで見習って欲しいものですが、とにかくアホな会社でも後押ししてあげないと…。

*1:2分4敗