Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2010-06-30

[]南アフリカワールドカップ パラグアイ

120分で決着が付かず、PK戦で3人目の駒野シュートクロスバーをたたき、3-5での敗戦

何であそこで駒野なのよ、という意見はあってもそれは結果論でしかないわけで、ここまで戦った選手たちには心の底から拍手を送りたいと思います。

川島は最後の最後まで日本ゴールマウスを粘り強く守り抜き、PK戦でもあわやというシーンを作り出しました。4試合で2失点。すばらしい結果です。大宮のエースから名古屋に移籍しナラの下で学んだ結果が花開きました。

長友は今大会で無名の存在から一気に世界名前を知られる選手になりました。左サイド、そして相手によりサイドを変えて、サイドに名手の多かった相手のエースを封印しました。

闘莉王中澤は、調整試合での不調が嘘のように長身選手のそろった相手と互角以上に渡り合い、相手に得点を許しませんでした。

駒野も苦手な守備を淡々とこなしつつ、機を見た攻め上がりで攻撃のスパイスになっていました。

阿部は、いきなりのアンカー抜擢をそつなくこなし、相手にバイタルエリアを自由に使わせない働きを見せました。

遠藤は、グループリーグ突入までのコンディション不良が嘘のように状態を上げ、ゴールも決めるなど、さすがの働きでした。

長谷部キャプテンとして十分な働きを見せ、攻守で11人の選手を引っ張りました。

松井もこのワールドカップで再評価を受けた一人だと思います。右サイドで何度も変幻自在のドリブルからチャンスを作り出し、カメルーン戦でのアシストも見事でした。

大久保は結果こそ出ませんでしたが、左サイドからのアグレッシブな仕掛けは相手のマークを分散させる役割をしっかりと担いました。

本田はまさに△と呼ばれるにふさわしい、かっけープレーを連発。

自身初めてであろう0トップのトップを元々の自分の主戦場であるかのように振るまい、そして見事に結果を出して見せました。

そのほか交代出場で1ゴールを決めた岡崎、結果こそ出せませんでしたが玉田、憲剛、守備固めとして出場した稲本今野矢野もすばらしい選手たちでした。

え?俊輔?…特にいうことはありません。今回のワールドカップは彼の大会ではなかったと言うことで、残りの人生マリノスで楽しく過ごしてください。

個人的にはオランダ戦、パラグアイ戦、得点が欲しい場面で俊輔玉田ではなく、森本が見たかったかな、と思いますが、それは4年後に取っておきましょう。彼が4年後代表にいないわけはないと思います。

そして岡田監督

日本中からバッシングを受けた理想を追求したプレッシングサッカーを捨て、現実的な守備重視の0トップを採用し、それが見事にはまってのベスト16の結果。

残念ながら目標としていたベスト4には届きませんでしたが、非難を続けた国民、そして評論家どもに溜飲を下げさせるに十分な結果です。

杉山茂樹金子達仁は一刻も早くお詫びコラムを書くように。

本当に良い試合を4試合も見せてくれて、日本代表のみんなには感謝言葉しかありません。

今後の4年間のために、今日からまたスタートです。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-29

[]カイオ仮契約

大黒FC東京に強奪されたことで、ぽっかりと空いてしまった後半戦猛攻へのピース

それを埋める選手の獲得が発表されました。

FWカイオ選手仮契約のお知らせ

この度横浜FCでは新戦力として、アトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)所属FWイオ選手(22)と期限付き移籍にて仮契約いたしましたのでお知らせします。

なお、カイオ選手メディカルチェック終了後正式に契約を行います。

イオ(KAIO Felipe Goncalves/FW 22歳)

■生年月日:1987年7月6日(22歳)

身長/体重:187cm/77kg

国籍ブラジル

■チーム歴:マルトロン-パラナ・クルーベ-アトレチコ・パラナエンセ-セレッソ大阪-アトレチコ・パラナエンセ

※カイオ選手6月28日(月)9:30のトレーニングよりチームに合流いたします。

イオは、昨年までセレッソにいた選手

2008年途中にセレッソに加入し、2008年リーグ戦16試合で8得点天皇杯2試合出場。

2009年リーグ戦37試合10得点天皇杯1試合出場、トータルでリーグ戦53試合18得点天皇杯3試合出場という実績を持ちます。

長身、左足、運動量を生かしてヘディングとキープに優れながらスピード感もあるというプレースタイル

やせ気味のためポストプレーにはそれほどの強みはなさそうですが、そこはしっかりと剛がしてくれれば良いところでしょう。

一時は日本国籍取得も検討したらしい日系ブラジル人3世だそうですよ。

大黒の空けたピースがどれほど埋まるかは未知数ですが、しっかりとフィットしてくれれば頼もしい戦力になると思います。

ガンバレ!

[]シルビーニョ退団

イオ獲得のため、外国人枠の関係で前半戦横浜の戦力として活躍してくれたシルビーニョの退団が決まりました。

MFシルビーニョ選手退団のお知らせ

横浜FCでは、6月25日(金)をもって、MFシルビーニョ選手(33)が退団することとなりましたので、お知らせいたします。

シルビーニョ(Silvio Jose Canuto / MF 33歳)

■生年月日:1977年1月17日

身長/体重:180cm/78kg

■出身地:ブラジル

国籍ブラジル

■チーム歴:ロンドリーナFC(ブラジル)-XVデピラスジャバ(ブラジル)-グアラニF.C(ブラジル)-クラブアトレチコパラナエンセ(ブラジル)- ソシエダデエスポルティヴァマトネンセ(ブラジル)-スポーツクラブインターナショナル(ブラジル)-ベガルタ仙台-アルビレックス新潟-スポーツクラブヴィトリア(ブラジル)-ガロアダプマリンガ(ブラジル)-ロンドリーナFC(ブラジル)-横浜FC

横浜では11試合に出場し、0得点

シーズン当初は10番を付けて横浜の中盤の要となることが期待されました。

11節まではスタメンとしてボランチに君臨しましたが、3連勝の後5連敗、大分に1勝したもののさらに2連敗という苦しい時期、八角ポジションを奪われると、14節から加入したホベルト活躍もあり出場機会がなくなっていました。

横浜では中盤の駒がなかなか決まらず、その割を食ったという見方も出来ます。

しかし、シルビーニョに求められていた展開力がそれほど効かなかったことも、横浜の苦戦の一端にもなったのかと思います。

これで外国籍選手の退団はサーレスに続き2人目。

シーズン当初の9番と10番がいなくなったことになります。

後半戦に向けてがらりと戦力の変わった横浜FCですが、この変化がポジティブに作用すれば良いと願っています。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-28

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-27

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-26

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-25 新しい始まり

[]南アフリカワールドカップ グループリーグ最終戦vsデンマーク

さてさてグループリーグ突破のために負けられない一戦、デンマーク戦は朝の3時30分キックオフ

3時15分に起床して、ビールを用意してキックオフを待ちます。

今日休みにしてあるので、呑んでも安心です。

日テレの解説は俺たちの城彰二

日本スタメンは、これまでと変わらず、川島駒野中澤闘莉王、長友、阿部長谷部遠藤松井大久保本田

デンマークトマソンがいまだに元気ですね。

好調ロンメダール阿部のところでどれだけ止められるかがキーになりそうです。

キックオフ直後から、デンマークが攻めに掛かる時間が長かったですね。

中澤の軽いディフェンスと手の使い方にはちょっと危機感を覚えました。

しかし徐々に日本もペースをつかみ、大久保から松井への良いパス、さらに詰める長谷部、と見せ場を作り始めます。

そして得たFKの場面。

17分に本田が右からのFKをぶれ球で見事に直接ぶち込んでくれました。先制点は何よりも大きなアドバンテージになりました。

しかし失点直後に前掛かりになったデンマークトマソンを中心に危ないプレーを繰り出してきます。

この危ない時間クリアできたのも大きかったですね。

そしてもう1点欲しいな、とちょうど思う時間、前半30分に本田が蹴ると思わせて意表を突いた遠藤FKが壁の外を巻いてきれいにゴール右隅に決まる。

すばらしいFK2本で、予想外の2点リードに。

この瞬間思わず俺たちの彰二が解説を忘れかけ、一人の観客になるほどのすばらしいFKでした。

デンマークはここでたまらず前半から1枚代えてきました。10番ヨルゲンセンに代えてミドルが持ち味のポウルセンに。

ここで、早寝したため知らなかった、直前の試合イタリアスロバキアに敗れて予選敗退が決まったというニュース

このままいけば、なんと決勝トーナメント1回戦の相手はイタリアではなく、パラグアイになります。

なんともびっくりなニュースでした。

その後はサイドを駒野、長友ががっちり押さえる印象的なプレーを見せて、2点リードで前半を折り返しました。

守りきるだけでは勝てないワールドカップ

本田も追加点をあきらめずに果敢にゴールをねらいますが、デンマーク長身FWを入れて何が何でも3点取りに来る展開。

しかし川島ファインセーブを繰り返し、デンマークを跳ね返し続けます。

しかし

後半36分、長谷部エリア内で手を使って倒したということでデンマークPK

このPK、一度は川島が跳ね返したものの、詰めてきたキッカー、トマソンに押し込まれて日本は1点差に詰め寄られます。

あと10分、守りつつもなんとか安心できる3点目の欲しい日本

前線から守れる矢野を入れても良いんじゃないか、と思いつつ、長友が良い守りでピンチを防ぎます。

そして42分、エリア内に進入した本田が、ドリブルで1人かわして真ん中の岡崎パス

これを岡崎が当てるだけのシュート、これが決まって日本理想的な試合展開で、残り時間少ないところでリードを2点に広げます。

あとは、守りきるだけの日本。アディショナルタイム4分の表示がされ、長谷部のハンドを見逃されるというラッキーもありながらもしっかり守りきり、勝利。

この瞬間海外開催でのワールドカップ日本は初の決勝トーナメント進出を決めました。

渋谷道頓堀はすごいことになっていたらしいですが、吉祥寺も駅前ロータリーがとてもあついことになっていたそうです。

こういう4年に一度沸いてくれるサッカーファンが、4年の間Jのスタジアムを訪れてくれたらいいな、と願います。

さてすばらしいゲームを見せてくれた日本代表

採点です。

川島6.5、コマ6.5、田中さん7、爆弾6.5、長友7、阿部ちゃん6.5、ヤット7、長谷部6.5、松井6.5、嘉人6.5、△8、岡ちゃん7、今野6.5、イナ採点不能。監督7.5。

MOMは△。

MIPは長友ってかんじですね。

次戦はラウンド16、29日の23:00キックオフパラグアイ戦。

みんな青い物を身につけて、日本代表元気玉を送りましょう。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-24

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-23

[]2010南アフリカワールドカップ12日目

グループA

国名勝点
ウルグアイ721040+4
メキシコ411132+1
南アフリカ411135-2
フランス101214-3

最終戦はメキシコウルグアイが「お約束」な試合で両者決勝トーナメントを決め、同時進行の南アフリカ戦では、先制されたフランスが退場者を出して、さらに追加点を奪われるという展開。そのまま終了し、なんと前回準優勝のフランスユーロ同様グループリーグを抜けられないという結果になりました。

ドメネクは、以前から無能の烙印を押されていたのに、それをここまで引っ張ってしまい、戦う前から負けが決まっていたようなフランスでしたね。

ここはウルグアイの抜けは予想してましたが、1位抜けはフランスだと思っていましたので外してます。

グループB

国名勝点
アルゼンチン930071+8
韓国411156-1
ギリシャ310225-3
ナイジェリア101235-2

アルゼンチンが無敗で順当に1位抜け、2位に韓国が入り、ここは順当といえる結果です。

さてまずは4チーム、ベスト16ではウルグアイv韓国アルゼンチンvメキシコの対戦が決定しました。

今日はC、Dの4試合

スロベニアUSAイングランドアルジェリアすべてに予選突破の可能性のあるグループCは、スロベニアvイングランド戦が注目です。

得失点差の関係でほぼオーストラリアの勝ち抜けが難しくなっているグループDはガーナドイツセルビアがしのぎを削ります。ガーナvドイツ戦が注目ですね。セルビア敗戦ドイツがどれくらい引きずるか、と言う感じです。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-22

[]大激震 大黒将志FC東京へ移籍

衝撃的なニュースが飛び込んできました。

FW大黒将志選手期限付き移籍期間終了について

横浜FCでは現在東京ヴェルディより期限付き移籍中のFW大黒将志選手(30)の期限付き移籍期間が終了する事となりましたのでお知らせいたします。

なお、大黒選手本日(6/22)よりFC東京(J1)へ東京ヴェルディ(J2)より期限付き移籍することとなりましたので合わせてお知らせします。

大黒将志(Masashi OGURO /FW 30歳)

■生年月日:1980年5月4日(30歳)

身長体重:178cm/73kg

■出身地:大阪府

■チーム歴:ガンバ大阪ユース-ガンバ大阪-コンサドーレ札幌-ガンバ大阪-グルノーブルフット38(フランス)-トリノ(イタリア)-東京ヴェルディ-横浜FC

■出場記録:

チームdivリーグ戦カップ戦天皇杯
1999G大阪J111試合0得点2試合0得点0試合0得点
2000G大阪J17試合1得点2試合0得点1試合0得点
2001札幌J14試合0得点2試合0得点0試合0得点
2002G大阪J16試合1得点2試合1得点0試合0得点
2003G大阪J126試合10得点5試合3得点2試合0得点
2004G大阪J130試合20得点7試合4得点2試合6得点
2005G大阪J131試合16得点4試合0得点2試合2得点
2008東京VJ114試合2得点0試合0得点0試合0得点
2009東京VJ239試合21得点0試合0得点
2010横浜J216試合12得点

2010年出場記録は2010・J2リーグ戦第17節終了時点

 

■代表歴:日本代表国際Aマッチ22試合出場5得点

大黒将志選手コメント

サポーターチームメイトクラブスタッフ横浜FCの全てが好きなので、今回の移籍は本当に悩みました。しかし、一人のサッカー選手として、チャレンジしたいという気持ちもとても強かったので決断しました。どんな時も応援し続けてくれたサポーターには本当に感謝しています。もっともっとチームの勝利に貢献したかったのですが、それだけが心残りです。FC東京でも貪欲にゴールを狙って、常に得点を奪う、そんな選手になりたいと思います。そして、またいつか横浜FCに戻って、サポーターのみんなと喜びを分かち合いたいです。サポータークラブの皆さんには本当に感謝しています。皆さん、短い間でしたが、ありがとうございました。」

そもそもの契約が、この中断期間にJ1からオファーがあり、本人が希望した場合契約解除できるオプションがあったようです。

中断前の3試合を負け無しで終わり、後半戦の反攻向けて、宮古島キャンプを張った横浜ですが、そこに持ってきて攻撃力の大半を握る大黒の移籍。

ショックが大きすぎて何も言えません。

これから中断明けの柏戦までに大黒抜きのチームとしての熟成を図らなければならないし、新たなFWの獲得も視野に入れなければなりません。

現在エデルカズの怪我、中野期限付き移籍サーレスの退団などでFW登録の選手は、なんちゃんと剛しかいない状態です。

このままではとてもシーズンは乗り切れないので補強の話は進んでいることと思います。

それにしても、瓦斯には契約オプションを上手に使われたって感じですね。

オグリとしても、チャンスに賭ける、という意味からもJ2で得点王を取るよりもJ1で活躍した方が良い、という判断は当然するでしょう。

しかし、16試合で12ものすばらしいゴール、2度のハットトリックを決めてくれたオグリには感謝してやみませんし、瓦斯に移籍しても活躍を祈るしかありません。

だから代わりに平山赤嶺くれ。>瓦斯

いや、ホントに困りました。

どこかに割安な日本人大型ストライカーいませんか?

あ、高原

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-21

[]2010南アフリカワールドカップ8〜10日目

オランダvs日本

まさかではないですが、オランダと戦って負けた後、悔しいな〜っと思えるような試合をしてくれた日本代表選手たちには本当に拍手を送りたいと思います。

ほんの1年前、親善試合理想を追ってズタボロにされた相手に対し、とことん現実を追求しての敗戦

理想を捨てたリアリスト岡田の真骨頂だと思います。

残りは泣いても笑ってもデンマーク戦のみ。

カメルーン戦、オランダ戦の試合が出来れば、きっと結果は付いてくると思います。

と言うことで、惜敗。岡田監督にはもう少し、攻めの交代を見せてくれても良かったと思いますが、デンマーク戦で俊輔は使えないな、という最終確認が出来て良かったと思いましょう。

この結果、最終戦でデンマークに対して引き分け以上の結果で決勝トーナメントが決定します。


さて、日本戦以外の週末の試合です。

グループC

フィジカルマシーンUSA相手にスロベニアが終始リードする展開も、USAがしぶとく追いつきました。イングランドはまさかの2戦連続引き分け。

これでスロベニア勝ち点4で一歩リードし、イングランド、USAが2で追う展開。最終戦はスロベニアイングランドと対決、USAがアルジェリアと対決。スロベニアは引き分け以上で決勝トーナメントへ。USA、アルジェリアイングランドはそれぞれ勝ちを求めての試合となりますが、アルジェリアだけは勝ちが必須条件です。

またしても両カード引き分けの場合スロベニアが1位抜けで、USA、イングランドは総得点の争いになるでしょうか?

グループD

ドイツがまさかの敗戦。前半でクローゼを失うという苦しい展開。攻めっぱなしの後半も報われませんでした。

これでガーナ勝ち点4、セルビアドイツ勝ち点3、オーストラリア勝ち点1となりました。オーストラリアガーナ戦、勝利が必須ですが、ドイツvsガーナ戦がものすごくおもしろくなりそうです。

グループE

前述の通り、日本は引き分け以上で決勝トーナメントへ。

グループF

なんとイタリアがニュージーと引き分けるという。ニュージーはまたも大熱狂でしょうね。これで最終戦NZ戦のの結果次第でパラグアイが1位抜けとなる可能性が高くなりました。

その場合、デンマークに引き分け以上で日本が2位抜けしたら、あいてはイタリアでなくてパラグアイになる可能性が大きいです。

グループG

ブラジル早々と決勝トーナメント進出決定ですが、ポルトガル戦はカカを欠くことになりました。

コートジボワールは次節北朝鮮戦は勝利が必須です。

フランスがもはやさよならモードに入っていたり、ドイツイタリアが波乱を起こしたりと、動きが出てきた感じです。もっともっと楽しませて欲しいですね。

今日ポルトガルv北朝鮮戦、スペインvホンジュラス戦楽しみですね。

[]伊藤FC琉球期限付移籍片山札幌の練習参加

クラブから2つのニュースが飛び込んできました。

DF伊藤竜司選手FC琉球(JFL)へ期限付き移籍加入のお知らせ

横浜FC所属、DF伊藤竜司選手(19)のFC琉球(JFL)への期限付き移籍が決定いたしましたのでお知らせいたします。

なお、期限付き移籍期間は2010年6月22日2011年1月1日までとなります。

伊藤 竜司(いとう りゅうじ/DF 19歳)

■生年月日:1990年7月23日(19歳)

身長/体重:186cm/82kg

■出身地:東京都

■チーム歴:

宇喜田サッカークラブ-FRIENDLY Jr.ユース-帝京高等学校-横浜FC(2009年加入)

■ 出 場 記 録:Jリーグ戦出場なし

伊藤竜司選手コメント

FC琉球期限付き移籍することになりました。FC琉球では試合に出場し、成長できるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくおねがいします。」


DF片山奨典選手コンサドーレ札幌(J2)練習参加のお知らせ

横浜FC所属DF片山奨典選手が、6月21日〜30日の期間、本人の意思と両チームの合意のもと、コンサドーレ札幌の練習に参加することとなりましたのでお知らせいたします。

片山奨典(かたやま しょうすけ/DF 26歳)

■生年月日:1983年9月8日(26歳)

身長/体重:169cm/68kg

■出身地:奈良県

■チーム歴:

高田FCジュニアユース-国見高校-国士館大学-名古屋グランパスエイト-横浜FC(2009年加入)

■練習参加期間(予定):6月21日(月)〜6月30日(水)

リュージの方は、ここまで試合出場がないと言うこともあり、出場機会を得てよりいっそうの成長をはかるためにもJFLへの期限付き移籍は当然アリだと思います。

予想外の健闘で、現在天皇杯シード権争いにも加わっているFC琉球で、スタメンの座を得て大きく成長して帰ってきて欲しいと思います。

きになるのはカタの方。

怪我含みと考えられるトモキチ、シル、岩丸、ねじ、若年層は別メニューってことかのケンタロー、トミ、リュージ、ハッシーとともに宮古キャンプに不参加だったカタ。

まさかとは思うんですが、出場機会を求めてさらなる移籍を考えているのかもしれません。

名古屋からうちに来たのも出場機会を求めてのもの。

その横浜ではテル/高地バックアップという、昨年の活躍やバックアップで出た時のプレーからはスタートでも良いのではないか、と思わせるものです。

そんなことを考えると、さらなる活躍の場をカタが求めるのもやむを得ないと思ってしまいます。

しかしながら横浜の貴重な戦力。

出来れば移籍せずに単なる練習参加で終わってくれれば幸いです。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-20

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-19

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-18

[]2010南アフリカワールドカップ7日目

グループB

国名勝点得点失点
アルゼンチン620051+4
韓国310134-1
ギリシャ310123-1
ナイジェリア000213-2

アルゼンチンイグアインハットトリック韓国に4-1の快勝。攻守に韓国を圧倒しての勝利でした。これでギリシャ戦を残すアルゼンチンはほぼ決定でしょう。

反面決勝トーナメントが有力視されたナイジェリアがまさかの2連敗で敗退濃厚。

韓国ギリシャは最終節に2位抜けが掛かります。

グループA

国名勝点得点失点
ウルグアイ411030+3
メキシコ411031+2
フランス101102-2
南アフリカ101114-3

このグループトピックはなんといってもフランス敗戦。2戦して未だ未勝利のフランスは、最終節勝ち点で並ぶウルグアイvメキシコの結果を待たなければ自力通過が望めません。

ウルグアイvメキシコが引き分けだとその瞬間敗退が決まりますし、勝敗が付いたとしても得失点差4を跳ね返さなければならない崖っぷちに立たされました。


2試合目は、南アフリカでの戦い方になれてきたのか点差が付く試合が増えてきましたね。

今日以降も熱戦が期待されますね。

[]今日のついった


  • @yurukyara99 もうじき12万キロですよ。
  • .@dartslive からSUPER DARTSのDVD4巻組コンプリートいただきました!じっくり見ます。 twitpic.com/1xnj37
  • 朝から仕事忙しい! (@ 松戸市竹ヶ花周辺) 4sq.com/8YaujS
  • fromウタカタ: [サッカー]2010南アフリカワールドカップ7日目: グループB アルゼンチン4-1韓国 ギリシャ2-1ナイジェリア 国名勝点勝分敗得点失点差 アルゼンチン620051+4 韓国310134-1 ギリシャ31... bit.ly/9iz53S
  • @waiz_akiyama 日本車はどれもパーシャルスロットル領域、ブレーキングの始動位置周辺をわざとダルな印象に仕上げてあると思います。ファジー領域を広く取って、過敏なアクセル/ブレーキングを抑止しようとの考えかもしれませんが、ある意味大きなお世話ですよね。
  • DMJC池袋大会のレンジが出た。僕はBレンジ。予定の7クラスではなく5クラス分け。AWDはA×1、B×4、C×1。63組中AWD4組か。優勝までは8試合か? ow.ly/204AI
  • @machidarts をっ!ライバル現る。よろしくお願いしますね。どちらからエントリーですか?
  • @machidarts うちまだ柏と2試合残ってるんでものすごくイヤなんですけど…。再開直後はまだフィットしていないことを祈ります。
  • さすがに投げなきゃ買えないので、先行はパスで。moA店頭には並ぶかなぁ。 RT @tiny_barrels Tiny Barrels公式サイトはコチラ! tiny-barrels.com/ 一般発売日は今月25日です☆★ Coming soon....!!
  • @machidarts まずはホームでスゲを生温く迎えることからスタートです。野次り倒したら余計に燃えるタイプですから、ホロリとさせるくらいな感じでw
  • @machidarts 確認しました。ぜひ同じロビンで、違うロビンだったら上ってくるので待っててください。
  • ウィジェットストアにツイッターウィジェット来てました。さっそく使ってみよう。
  • RT @kichijoji_ziinz 「神戸屋〜むぎの詩(うた)〜」ベーカリーショップ アトレ吉祥寺に期間店オープン 6/21〜7/7 ロクシタン横
  • @TKY1202 2002年のW杯後、J2の試合で三ツ沢に11,000人を集めたセレッソ戦、代表メンバーを見に来た人がほとんどだったでしょうが(モリシ、ユンジョンファン、西沢)、この環境で選手たちに試合をさせてあげたいと心から思いました。
  • .kai_bashiraさんニュースです。 RT @tockie Darts-Junkies - iPhone版 n01登場! is.gd/cTxHz
  • ツイッターウィジェット、公式と使い勝手の悪さは変わらず。これならまだまだモバツイの独壇場。
  • 外環道内回り草加〜川口西渋滞ちう
  • @TKY1202 そう、きっかけはなんだっていいんです。
  • TINY BARRELS。13000円はおいそれとは出せないなー。投げてみてよほどクラッと来ないと、回避しそうだ。
  • むし暑い! (@ Darts bar Award) 4sq.com/aqOr4c
Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-17

[]ワールドカップ1試合目終了

2010南アフリカワールドカップは昨日で1試合目が終了しました。

波乱も起きましたが、大量得点の少ない落ち着いた大会になっていますね。


A組

開幕戦南アフリカメキシコと引き分ける幸せな結末でしたが、さすがに2試合目はウルグアイに完敗。フランスウルグアイに痛い引き分けですね。

ウルグアイが1勝1分で首位ですが、今日フランスvメキシコ重要になってきますね。

ここは2チームとも最終節までもつれそうです。


B組

ギリシャの凋落が顕著になりました。ほんの6年前の欧州王者ですからね。

1試合目で勝った2チームが最有力でしょうが今日アルゼンチンv韓国が注目です。


C組

ポロリとやってしまったイングランドGKグリーン。2試合目のGK問題がカギですね。

イングランドUSAで堅いと思いますが、USAは1位抜けしても不思議ではありませんね。


D組

ドイツ強い!ここもドイツガーナで決まりそうです。


E組

なんといっても日本の勝利が大きい。

オランダ戦は主力を休ませて、思いっきどん引き試合でも良いと思います。

オランダは2試合で決めるために相当前掛かりで来るでしょうから。

遠藤本田大久保当たりは休ませても良いんじゃないでしょうか?代わりに憲剛、岡崎玉田松井の代わりに俊輔を出してあげても良いかな?

土曜日の裏、カメルーンvデンマーク重要試合ですね。ここでカメルーンが勝ったりするとでかいです。


F組

イタリアvパラグアイの守備の美学対決はドローNZも殊勲のドロー

イタリアは堅いでしょうが、2位争いは激烈になりそうです。


G組

ドロさんが無事に出場して引き分け。めでたい限りです。ここは3チーム本当に厳しいグループになりそうです。何気に北朝鮮もキーになってきましたね。

ブラジルv北朝鮮マイコンの角度のないゴールはあり得ません。しかも狭いサイドに決めてますからね。ファンタスティックです。


H組

ホンジュラスvチルーガチで良い試合でした。

最大のトピックスペイン敗戦でしょう。

ホンジュラスチルーもがっちり固めてきたら苦しい試合になりそうです。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-16

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-15

tatsumine2010-06-15

[]2010ワールドカップ カメルーン

さてワールドカップ初の書き込み。

時系列でお伝えします。

と、日本は自国開催の2002年以外では初の勝利を飾りました。

みんなが信じた日本代表は、しっかりとミッションクリア

次は最大の強敵オランダです。

あと2試合勝ち点1は必須。この流れのまま、しっかりと守りきって、あわよくば点を取りにという展開であと2試合を乗り切って欲しい物です。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-14

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-13

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-12

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-11

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-10

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-09

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-08

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-07

tatsumine2010-06-07

[]J2第16節 対FC岐阜@ニッパツ三ツ沢

横浜FCは順位的には上に立つFC岐阜とホーム三ツ沢で戦い2-0で完勝。

中断前最後の試合白星で飾りました。

横浜FC 2(1-0)0 岐阜

来週がJ2中断前の最後の試合になるのですが、横浜FCは来週は試合無しなのでこの試合が中断前最後の試合。ここ2試合良い流れ出来ているので、ぜひ勝利で飾って欲しいと思っていましたが、結果は守備の軽さに問題を残しながらも2-0で勝利。

中断前の3試合を負け無しで終えました。

メールで送られてきたメンバー表を見ると、スタメンでは中里が代役を務めた左SBにテルではなく高地を起用、高地とチンを同時起用したいという苦衷の策ですね。

ハヤに続きトガまでけがで欠いたCBはナベがスタメンに復帰。

この急造DFラインのバランスゲームのカギになるかと思われました。実際、得点力不足にあえぐ岐阜だったから良かったものの、攻撃力のあるチームだったら何点取られていたか、という出来でした。

中盤より上は変わらず。サブにはユースからの昇格組の橋村が初メンバー入り。FW陣がなんちゃん出場停止エデルカズ怪我と言うことでMF登録のクッキーと、本来MFのトミをFW登録してきました。これはある程度予想通りでしたね。


さて試合序盤はことごとく横浜ボールを支配する展開でスタート

1stシュート横浜。3分チンがインターセプトから駆け上がりニアの武岡にパス、武岡のシュートはわずかに左に外れました。

6分には高地の左からのアーリークロスをファーでオグリがヘッドで合わせますが、枠左へ。

一貫してボールキープできているのでアーリークロスで開いてDFを攪乱するのが有効的でした。

8分にはオグリの真ん中でのキープから右へサイドチェンジしていたチンへ、チンのクロスは惜しくも合わずGKキャッチしました。


攻勢に試合を進める横浜ですが、10分過ぎから10分ほどはちょっと相手の時間を作られてしまいます。

しかし岐阜前線に迫力がなく、逆にセットプレーに強みを持つ横浜は24分、右からのCKをニアオグリが合わせようとしますが、合わず。

26分には岐阜佐藤エリア内でどフリーにする場面を高地が作り出してしまいますが、これは相手のプレーが少し遅れた瞬間にシュナイダーがすばらしい飛び出しを見せて大きくクリアし、事なきを得ます。

逆に29分には高地突破からチンがアウトにかけたシュートが右にそれます。オグリも詰めますが惜しくも合わず。

20分過ぎからは一進一退ながらチャンスを多く作り出す横浜の展開。

36分、やっと先制点が生まれます。

中央の寺田が右サイドをあがるヤナギパス。これをヤナギが落ち着いてクロスを上げて真ん中で待ち受けるオグリへ、オグリはヘッドで合わせてゴール右隅にゴール。

第一子が誕生した高地に送るゆりかごダンスをみんなで披露してくれました。

オグリは40分にもチンからの展開でシュートを放ちますが、これは相手GKスーパーセーブに阻まれました。

攻勢に出る攻撃陣に比べ守備陣は相変わらず軽い守備で不安な展開です。終了間際には高地が簡単に左を破られあわやのシーンも橋本シュートサイドネット

後半に向けてはその軽い守備への対応かな、と思わせて前半終了です。


さてハーフタイム岐阜は2人一挙に交代させます。左SBの野垣内に代えて菅、ボランチ西川に代えて染矢。攻撃的な交代選手を使い切っての思い切った修正に出ます。

しかし、横浜の攻勢は変わらず、4分には高地からのサイドチェンジを受けたヤナギの右クロスをファーで剛が頭で合わせようとしますが、わずかに届かず。

5分にはCKからヤナギクロスニアオグリがヘッドも相手がクリアする惜しい展開。

しかし12分、攻勢は実り、武岡からヤナギへのパスからヤナギが今度もDFGKの間に落ち着いてクロスを亜へ、これを真ん中に飛び込んだ剛が頭で押し込んで2-0とします。

2点取って落ち着きたい横浜

相手のカウンター今日は安定していたナベ、ユジンがしっかりと身体を入れてシュートを打たせない展開。

30分には武岡に代えてテルを投入し左SBへ。高地を前に上げてチンを右に配し、守備の安定を図ります。

これでぐっと守備の安定した横浜、後ろからの押し上げでさらに前に出て行きます。

42分には西田に代えて久木野を右に入れてチンをトップ下に入れて4-5-1。

45分にはホベルトに代えてアツを入れてゲームを締めに掛かります。

そして試合はこのまま2-0で終了。

不安定な展開ながら、前半で先制し後半早い時間に追加点、相手には得点を許さないという理想的な展開で勝利した横浜FCですが、不安定なDFライン、ホベルト頼みの中盤の展開といったところに課題を残しての折り返しとなります。

中断時期のキャンプでは、フィジカルを高めるとともに、負傷者の多いCBFW陣の復帰を待ちながら、課題の修正を行うとともに、この試合で成果のあった、低い位置からのアーリークロスや、細かなサイドチェンジからのサイドの崩しに磨きをかけて、ホベルト一辺倒からの脱却もはかりたいところです。

7/17まで1ヶ月以上の長い中断期間に入りますが、監督のいったように残り試合全部勝つくらいの気迫で、後半戦を乗り切って欲しいものです。

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-06

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-05

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-04

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-03

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-02

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter

2010-06-01

[]今日のついった


Automatically shipped by LoudTwitter