Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2010-12-29 今年も読み納め聴き納め

[]2010年10

1.「恋文の技術森見登美彦

圧倒的にユーモラスでロマンチックな書簡小説森見登美彦の最高傑作ですね。

2.「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ

切ない青春のやり直し。サエなかった自分高校生ライフを楽しくやり直すために頑張っても思い通りにいかなかったりと、わくわくしながら読める青春小説でした。

3.「コロヨシ!!」三崎亜記

おなじみの居留地やどこにもない国を舞台に、架空スポーツ掃除」を題材に今までの三崎作品とは異なる青春小説が繰り広げられます。練り上げられた設定と不思議空気感とワクワクするストーリーでとても楽しく読めました。

4.「夜は短し歩けよ乙女森見登美彦

森見作品2作品目。とても不思議楽しい青春小説でした。ほっこりした読後感はさすが森見登美彦

5.「魔法使いの弟子たち」井上夢人

圧倒的なストーリー展開が素晴らしい。久々の井上夢人作品ですが、寡作がつくづく恨めしいですね。

6.「学問山田詠美

素晴らしい青春小説でした。地方都市舞台に仲良し4人組の成長を描きながら、単なるハッピーエンドに終わらないのも良かったですね。

7.「ファミリーツリー」小川

素晴らしい恋愛小説で切ない家族の話で、暖かくなる青春小説でした。これからも紡がれるツリーの未来ハッピーな気持ちになりました。

8.「大聖堂〜果てしなき世界ケン・フォレット

名作「大聖堂」の続編ですが、前作をはるかに凌ぐ物語性で、作者の成長を感じました。まるで3本の大河ドラマを一気に読んだような満足感でした。分厚い3冊の文庫本を一気に読みきりました。

9.「竜の道 飛翔篇」白川道

あらたなる大河のはじまり。わくわくしながら読みました。続編が楽しみです。

10.「砂漠伊坂幸太郎

イキイキと大学時代を描いた秀作です。伊坂幸太郎はこの作品が初読。この後読み込みましたが、これを超える先品にはまだであっていません。

今年も青春小説が多いなぁ。

[]2010年10

続いてCD編。今年はあまり買ってないんですけどね。

1.「ハジマリノウタ」いきものがかり

聴かず嫌いをつくづく後悔した作品。ホントに泣けるくらい癒していただきました。

2.「Four」Ken Yokoyama

中学時代の友人の4枚目のソロ作品。40過ぎてもかっこいいです。

3.「Endlessly」Duffy

久々のDuffy。2ndアルバムとは思えないクオリティでバラーディエンヌからの脱却を図った意欲作ですね。必聴です。

4.「Featuring Norah Jones」Norah Jone

ノラ・ジョーンズコラボ作品を集めたコンピレーションですが、普通アルバムと同じくらいのクオリティですね。

5.「Black Outthe brilliant green

久々のフルアルバムメンバーの脱退があっても素晴らしいクオリティトミーもいいけどやはり川瀬智子の声はブリグリで聴きたいですね。

6.「虹色の花咲きほこるときつじあやの

つじさん初のメッセージアルバム。封印したぼく、君を再登場させつつ、つじさんの伝えたいことを素直に伝えている作品です。

7.「A-Z vol.1」Ash

Bluroasis以来の衝撃的な出会いでした。侮れません、イングリッシュミュージック

8.「いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション」いきものがかり

ココからベスト盤を。今までの聴かず嫌いを後悔して買いました。全曲いいですね。

9.「All Time Singles〜Super Premium Best」The Blue Hearts

ラフィン・ノーズと並ぶ青春アイコンブルハデジタルリマスターで蘇ったヒロトの声は今も心を揺さぶます

10.「Time Flies... 1994-2009」oasis

本当にこれで終わってしまうのはもったいないバンドです。いつかノエルとリアムが和解する日を待ちながら聴きたいですね。

選外ではブルハトリビュートカエラベスト、ダウントゥアースな感じになって残念なロバート・ランドルフの新作なんかがあります

CD売上の低迷が叫ばれていますが、ミュージシャンの真価はやはり単曲よりもアルバムの出来栄えだと思っています

ネット配信を集めたASHアルバムなんかは実はその対極にあるものだったりもしますが、レコード店、ミュージシャンには頑張って欲しいものですね。

2010-12-17

[]トミ 松本山雅

今シーズン契約更新ならなかったトミこと久富選手の移籍先が決定しました。

MF久富賢選手松本山雅FC(JFL)へ完全移籍のお知らせ

横浜FCでは、MF久富賢選手(20)が松本山雅FC(JFL)への完全移籍することが決定しましたのでお知らせいたします。

 

久富 賢(ひさとみ けん/MF 20歳)

■生年月日:1990年9月29日

身長/体重:164cm/60kg

■出身地:佐賀県

■チーム歴:浜崎小学校-浜玉中学校-東海大付属第五高等学校-横浜FC(2009年加入)

■出場記録:

■久富賢選手コメント

「今回松本山雅に移籍する事になりました。2年間という短い期間でしたが、横浜FCでプレー出来たことを幸せに思っています。チームに貢献できなかったことは、とても悔しいですが、その悔しさを次のチームで生かせるように頑張りたいと思います。2年間ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。」

トミは2009年横浜FCに加入。

小柄な身体ながらドリブルセンスに優れて、ルーキーイヤーの2009年から6試合に出場し、今年はスタメン1試合を含む2試合に出場。

右サイドでの鋭い仕掛けに将来を有望視していた選手でした。

しかし突然の戦力外

僕はショックを受けましたが、下のカテゴリーはいえJ入りをうかがう松本への移籍は彼にとってもプラスになるものと信じています

松本にはすばらしいスタジアムもあります。そして選手たちもみんなJ煮上がるんだという気概に満ちたチームだと思います

松本試合にたくさん出て経験を積み、松本選手の一員としてJの部隊に戻ってくるのを楽しみにしています

応援しています

ガンバレ!トミ!!

2010-12-16

[]社長ぶっちゃけ過ぎ

横浜FCオフィシャルモバイルサイトの「社長ぶっちゃけ話」から2題。


まずは先日引退が発表されたトモキチこと小野智吉

来年も育成部門のコーチとして横浜FCに残ってくれることになったそうです。

トモキチは、湘南戦力外になった後、一度はサッカーから離れたものの、9年間の横浜での戦いの中で本当に成長し、2006年の昇格には最大の功労者と言っても良い活躍をした選手

その選手横浜から出すなんてあり得ないと思っていましたが、チームに残ってくれて本当にうれしいです。

ありがとう。

横浜で岸野哲学を学んですばらしい指導者に育ってくれれば本当にすばらしいことです。


次に補強状況。

昨日までにFW、左右SBCBの2名の補強が決まっているらしいです。

さすがにぶっちゃけ過ぎではないかと思いますが、個人名は出してませんからね。


カイオ完全移籍阪南大ボランチ主将・井手口、司令塔タイプの中盤のレッズユース出身で中央大佐藤野洲出身のSH同志社の荒堀、中京大CB森本、延世大を中退して加入するU20韓国代表CB/SBの朴の加入がすでに決定しており、鳥栖時代にルーキー時代から渡邉、武岡をばんばんスタメンで使ってきたことからも分かるように大卒選手即戦力と考えていると思いますが、

GK シュナイダー、(関)

CB 渡邉、<新戦力>、朴、森本

SB 柳沢、<新戦力>、

SB 野崎、<新戦力>

ボランチ ホベルト八角、橋村

SH 武岡、(寺田)

SH 高地エデル

FW カイオ西田難波、<新戦力・藤田?>、(久木野)

()は期限付き移籍なので動向不透明ですからGKに関含めて2枚、CBにあと1枚、SBにあと1〜2枚、SHに1枚、FWにあと1枚と合計6〜7名はあと補強が必要じゃないかと思います

関、チンは是非完全移籍での獲得をお願いしたいですね。

そうすれば

GK

DFヤナギ、ナベ、新戦力、野崎

MF寺田、ホベ、ハチ、高地

FWカイオ藤田

と今年並の戦力+底上げが図れるわけですから

強化部門にはますます今年中の活躍を祈ります

2010-12-12 がんばれみんな

[]その後の選手の動向

良いニュースとしては、中京大CB森本良を獲得し、カイオ完全移籍で獲得したこと。

また岸さんが監督鳥栖時代にエースとして活躍し、大宮に移籍した藤田祥史の獲得に乗り出しているという*1もあります

退団した選手のその後としては、まずハヤとトモキチの現役引退が発表されました。33と31。あまりに若い選手生活の終了とも言えます。まだまだ2人ともできる年齢だと思うだけにほんとうに残念ですが、もしセカンドキャリア横浜スタートしてくれるならとても嬉しいですね。

2人ともお疲れ様、横浜でのハヤの8年とトモキチの9年のプレーは本当に忘れられません。

横浜にいてくれてありがとう。ほんとうにありがとう。

ところで公文さんから引き継いだトモキチの袖まくりはだれに引き継がれたのかな?

そしてファジアーノ岡山期限付き移籍していた中野裕太についてはファジアーノへの完全移籍が決定しました。

さらに大久保択生千葉への完全移籍が決定的となっています

千葉GKは対戦を見ていても補強ポイントだったと思いますので、タクオならば定位置確保は容易だと思います

熱いプレーで千葉をわかせて欲しいですね。

出来ればうちとの対戦では出場停止だったりしてください。お願いします。

ユウタは現在岡山でもセカンドチームに所属しているわけですが、早くはいあがってきてJ2で再度プレーできるよう頑張って欲しいですね。

*1:ただし報知報道

2010-12-10

[]阿部巧期限付移籍期間満了

残念なお知らせですね。

DF阿部巧選手期限付き移籍期間満了のお知らせ

横浜FCでは、FC東京より期限付き移籍加入していましたDF阿部巧選手(19)が、期限付き移籍期間を満了することとなりましたのでお知らせいたします。

No.26阿部巧(あべ たくみ/DF 19歳)

■生年月日:1991年5月26日(19歳)

身長/体重:166cm/62kg

■出身地:東京都

■チーム歴:徳持FC-FC東京U-15深川-FC東京U-18-FC東京

■代表歴:U-17日本代表/U-18日本代表/U-19日本代表

■出場記録:

J2リーグ戦16試合1得点/天皇杯1試合0得点

 

阿部巧選手コメント

半年間という短い時間でしたが、横浜FCの一員としてサッカーが出来て凄く嬉しかったです。横浜FCの仲間やサポーターの声援のおかげで僕自身大きく成長出来ました。しかし、チームのみんなで目指したJ1昇格という目標を達成出来なかったことが残念でとても悔しい気持ちです。僕自身来年のことはまだ決まってないのですが、横浜FCで学んだことを生かしてこれからも頑張ります。これからも応援よろしくお願いします。」

出来れば完全移籍を果たしてこれから横浜を、そして日本の左サイドを担う選手に成長していって欲しかったのですが、所属元のFC東京来年は同じカテゴリーで戦うことを考えると、致し方ないことだと思います

すでにFC東京の練習に合流しているそうで、プロ社会の厳しさと悲しさを感じてしまますね。

いきなりのJリーグデビューでの得点サポーターの心をわしづかみにした阿部

FC東京ではガッツリと左サイドのポジションを奪って、J2で引き続き活躍して欲しいと願っています

当然横浜戦以外でね。

半年間ありがとう阿部

これから活躍を祈ります

2010-12-04 6位

[]最終戦は2-2の引き分け

横浜FCの2010シーズン最終戦はアウェイ大分戦。

カズ、そして今年でお別れのハヤ、トガ、トモキチや返却が濃厚な阿部も出場したこの試合、先制されながら後半カズの同点ゴール、高地のゴールで一度は逆転するといううちらしくない展開。

カズのゴールは当然Jリーグ最年長ゴールをさらに伸ばす今シーズン2得点目。

しかし、最後は終了直前に同点に追いつかれて終わる、という今シーズンよくあるパターンでの引き分けで終了です。

今年は、36試合で16勝6分14敗で勝ち点54の6位、得点は54点、失点は47点。

チーム得点王は、シーズン途中でFC東京に移籍した大黒12点、ついで今日得点した高地西田の7点、ついでカイオの6点、難波の5点となります

最多試合出場と最多出場時間はいずれも31試合2625分で高地

GKシュナイダーDF柳沢、金、渡邉田中MF小野シルビーニョ寺田高地FWサーレス大黒で始まった2010シーズンは、GKシュナイダー大久保シュナイダー→関とめまぐるしく代わったのに代表されるように、シーズン安定して出場できた選手があまりに少なかったんですね。

サーレスホベルトと入れ替わりに退団し、シルビーニョもカイオと入れ替わりで退団。

田中野崎と交換のような形で鳥栖レンタルされ、大黒FC東京強奪

金、小野も怪我で欠場がちになり、シーズン通して戦えたのは高地渡邉くらいなものでしょう。

さて柏、甲府福岡がJ1に上がり、京都湘南FC東京がJ2に戻ってくるシーズン。

おそらく、3チームともかなり入れ替わった選手でやってくるはずです。

うちもかなり入れ替わるはずですので、しっかり早めにスタートして、いい補強をして欲しいものですね。

特に軸になるFWと瓦斯の甲殻で阿部の返却が濃厚な左SB現在1人しかいないCB

FWは今年も足りなくなったくらいですからね。

なんとかしないと…。