Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2011-06-04 勝った!

tatsumine2011-06-04

[]J2第15節 対東京ヴェルディ@ニッパツ三ツ沢

先週のホーム熊本戦を雨でパスしたので3週間ぶりの観戦となった今日試合

横浜は先月5試合を1分4敗と全くいいところなく、先週も雨はさることながら、「今の横浜試合を見に行っても仕方ない」と思ってしまったのが大きな理由。

しかしながら、ミス連続でも決して外さなかった飯尾、攻撃力はありながら、裏を取られ続けてきた宮崎、攻撃の起点となるファビ、高地を外すというアグレッシブ選手起用が予想されたこの試合は、なんとなく見に行かないといけないかな、と。

スタメンは、エルゴラの予想通り。

GK関、DF井手口、朴、中野野崎MF八角佐藤、荒堀、三浦FW藤田祥、カイオ。サブにシュナイダー宮崎森本高地、チン、なんちゃん、剛という布陣。

右サイドの井手口は今年のルーキーのなかで今まで出場のない選手でしたが、この非常時に初先発です

ヴェルディは元横浜GK柴崎貴広が先発なので、とりあえずシュート打っとけ、と。

DF福田、バウル、深津、高橋MF井上佐伯、菊岡、飯尾、FW河野、平繁。

前半横浜は、中盤でゲームが作れず。

ハチが最終ラインに吸収され、更に1トップのカイオボールが来ないので中盤に下がり、4-1-4-1が5-0-5-0の2ラインとなってしまいます。

とうぜんバイタルはヴェルディに支配され、最終ラインで食い止めるしかない苦しい試合展開となりました。

失点は25分、CKからの展開で、一度は跳ね返したもののまだ相手DFも残っている場面で左に展開され、クロスを上げられ、フリーDF深津に飛び込まれたもの。

真ん中で数は余っていたのにみんなボールウォッチャーになる悪いくせが出ましたね。

最終ラインに吸収されながら、なんとか攻撃を食い止めていたハチですが、前半42分レイトタックルで2枚目の警告。退場となりました。

前半は「みんなバラバラ」、

カズのプレスは効いてるけど、プレスって一人でやっても意味ない」、

「井手口は、本職じゃないけどか、身体の入れ方とかかなりうまいな、ヤナギよりずっと(ry

という感想

さて、先制されたうえに、一人少ない、さらにチーム自体バラバと虐殺の気配も漂うハーフタイム

Twitterタイムラインには、「帰っていいですか?」が溢れていました。

それくらい情けない前半でしたが、後半頭から、岸野さん得意の2枚で代えで、後半カズ藤田に代え、高地、チンが入ったことで試合の流れは一気に横浜へ。

4-1-3-1のアンカーに謙介、右ボリ、左チンでグループで守りながら、数で攻め上がってこず、あくまでもつなぎとドリブルに固執するヴェルディにも助けられ、早いうちに高地の個人技から2得点

1点目は野崎スルーパスをコントロールしながら密集を左から中へ入りマークを外し、左足でGKブラインドサイドを抜いてゴール。

2点目はボリとの12で抜け出してGKの位置を見て冷静に左アウトで流し込んだもの。

早い時間で追い付き、逆転してしまった(笑)ため、守る時間が増えてしまい、観客も時計が気になる時間が約40分。

しかし、苦しい時間帯を、しっかり守り抜いての逆転勝利です。

焦らず前がかりになりすぎずに機を伺ったのが勝因でしょう。

イデ、ボリ、高地が良かったですが、とうぜんMOM高地

最後スタジアムも一体になった勝利だと思います。

いやーいいゲームでした。

f:id:tatsumine:20110605195054j:image

f:id:tatsumine:20110604165602j:image

f:id:tatsumine:20110604165711j:image

f:id:tatsumine:20110604170519j:image

f:id:tatsumine:20110604170605j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20110604/1307175877