Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2012-03-26 ヤマグチヨコハマ、ホーム初戦

[]J2第5節 対ヴァンフォーレ甲府@ニッパツ三ツ沢

横浜FC山口監督就任以来初のホームゲーム甲府と戦い、0-2の完敗。

シーズン途中での監督就任とともに負傷者続出により苦しいゲームマネージメントとなりました。

横浜FC 0(0-1)2 甲府

シュート数5-12、CK3-14の数字が示すとおり、甲府の攻めをとにかく受け続けた戦いになりました。

CBでナベ、スンジンを負傷で欠き、テホンを右SBで使わざるを得ない今の選手層では、なかなか甲府フィジカルに強いFWを押さえ込めるはずもありません。

巧とCBとの連携の隙間を縫って、右サイドから再三堀米が攻めかけます。こちらの右サイドは本職CBのテホンですから、攻め上がりは皆無で右サイドのうっちー孤立する場面も多々ありました。テホンのスローインもほとんど相手に取られてしまいます


中盤でも、ハチCBカバーのためにラインにはいることが多く、中里独りではボールをさばくことすら難しい状態。

それでも甲府のプレスが千葉ほど強くはなく、何とか持ちこたえていた横浜ですが前半終了間際の43分、高崎に右サイドから簡単にシュートを打たれてしまいました。

これを憲太郎がキャッチできず先制を許します。これは憲太郎のミスだと思いました。

そのまま前半は0-1で終了。


プレスの緩い相手に主導権を握られつつもハチが最終ラインに入る4CBでなんとか守り切っていましたが、攻撃面では昨日していない高地に代わってジャンボとカイオが左サイトで同じように流れてノートップ状態になることが多く、チャンスが形作れない状態でした。

HTで思ったのはHT頭から野崎でサイドをはっきりと意識付けた方がいいんじゃないか、というもの


しかしHTの交代はテホン→新。

ここは代えるなら中野森本のどちらかを削ってフィジカルに強いテホンはセンターで残すべきだったかと思いました。

サイドを打開すべくヤマが決断したのは19分高地→ノザ。

ここは正解の交代だったと思います。というかHT2枚替えでも良かったかと。中里は中盤で奮闘していましたからね。


しかしその2分後、横浜の陣営がまだ決まり切らないうちに、セットプレーからトリックで簡単にダヴィに身体を入れ替えられて2失点目。痛い失点でした。


その後の攻撃の切り札カズしかいない、という時点でこの時点で負けるべくして負けたかな、という雰囲気に。

ミスもあり0-1でいけたとは思いますが、ヤマの戦術云々できるのは次節からだと思います

今日はとりあえずCB2人、テホン、高地以外は戦えていたのではないかと思います

高地は中で使わないと生きないかなと思いました。

[]品川までは自転車

吉祥寺から横浜までって、電車賃690円もかかるんです。

品川からなら280円だし京急にも乗れるんです。

ということで横浜までは帰りがしんどいかもしれないので、品川まで自転車で往復しました。

行きは時間がなくて少し焦りましたが、帰りはのんびりと風景を楽しみながら。


吉祥寺下北沢代官山恵比寿白金高輪品川、と。

代官山恵比寿のオシャレ街、白金高輪の魚藍坂でのプチヒルクライム高輪大木戸の激低トンネル、と結構見所があるコースなので、ホームゲームの時はこのルートを使って見に行こうかな、と思っています

品川駅港南口の地下駐輪場安心の職員常駐で1日150円です。

往復で45.17km。

2012-03-22 山口監督誕生

tatsumine2012-03-22

[]山口素弘監督就任

横浜FCは、1990年〜98年まで全日空/横浜フリューゲルス2005年途中から2007年現役引退するまで横浜FCに在籍した山口素弘氏を監督として招請、21日に就任が決定し、22日から練習に参加しています。


本日行われた就任記者会見ではまだ、具体的に目指すフットボールの姿は見えてきませんが、加茂監督時代横浜フリューゲルス日本代表では、気づいたら選手にプレスに行っているのはヤマだけだった、と言われるあつい魂を秘めた選手でした。


本来であればどこか(可能ならば横浜FC)でのコーチとしての指導経験や、どこかでのユース監督等若年層の指導経験JFLなどでの監督経験を積んでからヤマには監督になって欲しかった、というのが正直な気持ちです。

もっといい状態でチームを指導させてあげたかったというのが本音です。


監督としての実力はまさに未知数ですし、2006年の1試合での足達監督解任→高木監督就任からのJ2優勝に重ねて見る人も多いかと思いますが、コーチとしてチームに帯同していた高木監督場合とはその立ち位置からして異なる今回のヤマの監督就任。


過剰な期待はせずに、まずはヤマの目指すサッカー選手がどう実現できるか、そこをよく見ていきたいと思っています。

監督会見からは、

という意気込みが聞かされたようです。


もともとGK憲太郎、CB堀ノ内SB巧、DHホベ、ハチ、OHうっちー、ノザ、FW永井、ジャンボ、田原、と他チームと遜色ない戦力としてのコマは揃っているチームです。

奇跡が起こせないチームだとは思っていません。

25日の甲府戦が初戦になるわけですが、これは見に行かずにおれない試合だと思います。

2012-03-20 欠席

tatsumine2012-03-20

[]J2第4節 対東京ヴェルディ戦@ニッパツ三ツ沢

金曜の吉祥寺千葉ツーリング

土曜の雨中の最低試合

日曜の千葉吉祥寺ツーリング

月曜の家族会議という名の飲み会

火曜午前中の二日酔いでの千駄木谷中散歩で疲労困憊、ということで前売りも買えなかったので今回は観戦をお休み

横浜FC田口代行の下での横浜FCはホームでヴェルディと対戦。

けが人や疲労とのかねあいで大きくメンバーを代えた中、スコアレスドローと最低限の結果を出し、選手からは意気込みが伺える試合だったようです。

今回は欠席しましたが、次節甲府戦は楽しみにしたいと思います。

2012-03-18 雨でしたが快適

tatsumine2012-03-18

[]千葉東京

さて18日は千葉鎌取実家から吉祥寺まで自転車で戻りました。

ルートは、鎌取蘇我までは357号沿いの裏道を走り、港町から幸町方面は海沿いの京葉線に沿った道を行きました。

さら稲毛から南船橋までは海岸通りを走りました。

金曜日反省を経てのルート変更でしたが、海浜幕張で一度雨に降られるまではルート変更大正解の快適な道のりでした。

海浜幕張で雨を避けるため、一度幕張テクノガーデンのマックで休憩して、雨が小止みになってから船橋まで海岸通りを進み、ららぽーとの手前から北上して14号へ。

市川橋を渡るまでは14号を進みました。

橋を渡ってから篠崎通りを南下して、京葉道路にぶつかってから京葉道路へ。

そのまま両国まで一気に走りきってイーストリバーサイクルズへ。

ここで一休みしてから浅草橋で義弟・パウロ野中の経営する「天才算数塾」へ立ち寄りました。

たまたま妹がいたのでしばらく話し込んだせいで新宿から雨が本降りになりましたが、雨で遠回りだったにも拘わらず楽しいツアーとなりました。

千葉に行く時は幕張以降の14号、357号は避けた方が無難だな、と感じました。

81.7kmを4:25:45で走り巡航速度は26km/hほど。

サイコンでは3:22:33で80.66kmを走り、平均23.9km/h、最高37.9km/hの数値でした。

http://runkeeper.com/user/tatsumine/activity/76065241

[]岸野監督解任

さて千葉から東京に戻る途上で、岸野監督の解任を知りました。

一昨年鳥栖から高地、武岡、渡邊柳沢さらには元鳥栖シュナイダー、金等の子飼いの選手を連れて鳴り物入りで就任した岸野監督さらには元日本代表ストライカー大黒レンタルで獲得し、躍進が期待されました。

トレードマーク赤帽姿で、練習から相手に走り負けないチーム作りをスローガンにチーム作りに着手。

しかし、シーズン途中の補強が奏功するまでは、苦しいシーズンを送りました。

シーズン途中にこれも元鳥栖ホベルトが加入することでボールの起点がしっかりと作れるようになり、選手達も躍動。

中断期間中に大黒FC東京に移籍させながらも6位に終わる成績を収め、翌シーズンへの期待も高まりました。


しかGM兼任となった昨シーズンは、その厳しい練習スタイルからけが人が続出。

期待の即戦力新人選手、そして他チームからも積極的に補強を図ったチームでしたが、けがで満足にチームオーダーも作れない状況に陥り、補強も失敗

期待のFW藤田サイドハーフで起用するなど、その選手起用方法についても疑問を抱かせる采配となり、18位に沈みます


GMを解任され監督に専念した今シーズンは、奥強化部長の方針で、内田大久保阿部中里ペスジン、そしてホベルト横浜で戦った経験のある選手を獲得し、さらDFリーダーとして堀之内、前線の核として永井田原という選手も獲得し、昇格を前提としてシーズンイン。

しかし前半走りすぎて後半バテる戦いぶりは変わらず、選手起用もやはりスタミナ重視の起用が続き、困ると縦ぽんサッカーに陥るという悪循環で4試合で1分2敗の最下位

解任は当然というか、遅すぎたと思います

このときは、誰が後任になるかは分からないけれども、今より悪くなることもないだろうと思いました。

2012-03-17 最低の試合

tatsumine2012-03-17

[]J2第3節 対ジェフ千葉戦@フクアリ

自転車千葉まで行った翌日の土曜日雨中試合観戦。

屋根完備のフクアリのおかげで雨には濡れませんでしたが、とにかく気温も内容も寒い試合でした。

試合後、鎌取ラーメン屋居合わせジェフサポの

「俺達はさ、やっぱりまだ発展途上だよ。もっと強くならなきゃ。今日は相手が弱すぎただけだ」

との言葉に一切反論できない試合でした。

序盤から相手のプレスに全く太刀打ちできない中盤は、後ろしか向けない状態。

なんちゃんを左サイドに配し、うっちーを中盤のフリーマンとして起用しましたが、なんちゃんは左サイドに張り付きっぱなしながら、クロスを上げるでもなくサイドにポツネン

うっちーボールを何とか動かし、千葉選手と互角に戦うもののそのボールを受ける選手がいない状態。

たまらず謙介に代えてカイオを前半のうちからボランチに送り込み、中盤でのボールの起点を2つにしますが、防戦一方のまま0-1で前半を終了。


後半ずっとこのままのプレスが続くわけがない、と思われた千葉ですが、横浜選手相手ならちょっとぐらい勢いを落としても平気、という感じで進みます

カイオトップにあげて高地ボランチに配し2トップで臨みます効果なし。

そして監督意味不明な交代は、まず後半11分。

動け、ボールをキープできていた内田に代えて野崎を投入して左サイドに配します

これで中盤でまったくボールの起点を失った横浜は立て続けに2点を奪われて勝負あり。

相手がこれでペースをゆるめたため、横浜ボールをキープできる場面が後半30分くらいからは見られましたが、横浜最後の交代は高地からジャンボへの交代で縦ぽん作戦。

これも決まるはずなく、0-3での惨敗となりました。

監督の采配はプロ監督とは思えないものでしたし、評価に値する動きが出来ていたのはうっちーカイオくらい。

特になんちゃんは使われ方もひどかったけど、まったく工夫のないプレーに終始していました。

このままでは絶対ダメだ、監督をどうにかしなければ後がない展開だ、と思わせる試合でした。

2012-03-16 辛い後半

tatsumine2012-03-16

[]吉祥寺鎌取

金曜日吉祥寺から千葉まで自転車で走ってきました。

目的土曜日千葉vs横浜FC観戦。

土曜日は雨が予想されたため、金曜のうちに移動することに。

70.4kmというそれほど遠い距離ではありませんでしたが、ルート選択に失敗。

復路に検討を要するライドでした。

途中亀戸天神に寄って母に土産を買うなど市川までは快適な出足でしたが、14号が357号と合流して多車線可されてから千葉までの20kmほどは単調でイヤになるほどつらいライドでした。

4:14:50秒で70.4km。巡航速度こそ28km/hをキープしましたが、きつさは復路のほうがよほど楽だったのでした。

http://runkeeper.com/user/tatsumine/activity/75721810

2012-03-12

[]J2第2節 対愛媛FC戦@ニッパツ三ツ沢

横浜FCはホーム開幕戦愛媛FCと戦いました。

前半の一方的に押し込まれる苦しい戦いから後半巻き返しを図りましたが、結果は0-0のスコアレスドロー

勝ちきれないふがいなさに、ゴール裏からは2節目にして早くもブーイングが選手監督に送られました。

横浜FC 0(0-0)0 愛媛

後半22分 小笠原 侑生 → 石井 謙伍

後半44分 有田 光希 → 久場 光

シュート前後半通じて3本。前半0本。

対する愛媛は16本。

このスタッツがいみじくも昨日の横浜ゲーム内容を反映していると思います

横浜オフシーズンに積み上げたはずの力を全て見せつけることなくまたも勝ち点3を得ることが出来ませんでした。

そしてそれは選手のがんばりがまだ足りないのと監督の起用法に起因していると思いました。


前節からSH野崎高地ボランチ中里八角として臨んだこの試合

中里が後半消えてしまったことで中盤での展開がなくなってしまったことを受けて、展開をホベルトとサイドからの組み立てとして、サイドアタックにあまり頼らない戦術を採ることが予想されました。


特に前半は良いところを見つけるのが難しい試合展開。

杉山は上がった裏を再三取られ、それ以外でも穴扱いで、愛媛に再三左サイドでチャンスを作られます

愛媛は左右をワイドに使ったダイナミックな攻撃で攻勢に出る中、横浜はせまいスペースでの展開が続きます

ボールのそばに5人もいたら、そりゃボールを奪った後の展開にも迷おうというもの


ホベルトは自らボールを奪われるプレーもあったり、奪った後の展開に迷い、バックパスを選択するプレーも多かったです。

これはスペースを作れない戦術にも問題があったと思いますが、ホベルト自身のコンディションにも問題があったのかな、と思われるほど精彩を欠きましたね。


この展開力のなさに輪をかけたのが左サイドでの高地のプレー。

というか、前半はプレースキック以外でプレーの機会がほとんどないくらいに消えていました。

やむなく前半中盤からうっちーと左右でポジションチェンジして打開しますが、結局左サイドでの巧、うっちーのプレーの質が光るだけの結果に終わります


さらに中盤でのプレス、そしてポストプレーヤーとしても機能すべきジャンボも、前半が終わってから、「あれ?そういえば今日ジャンボ先発…」と気づくくらいの消えっぷり。

ホベのキレのなさと高地とジャンボの消えっぷりが目立っただけの前半スコアレス

ジャンボはともかく高地のところはうっちーポジションチェンジしても効果がないのですから早めに動かないとやばいことになると思いました。


しかハーフタイムでは監督は動かず。この時点で動いていても良かったと思います

しかし後半にはなんとか立て直して中盤でしっかり押し上げて左サイドに展開するプレーが目立つようになってきました。

前半よりはずっと試合が作れている印象でした。


8分にはうっちーからポストをたたいたあとのこぼれをホベミドルシュート。これが初めてのシュートらしいシュートでした。

16分にもうっちーが角度のないところからクロスを上げるなど、今日は巧とうっちーが目立った試合でした。


21分にやっとホベルト野崎高地ボランチに入り、両サイドが均等に使えるようになりますが、まだ前線での起点が作りきれない。

すると、27分にジャンボ→田原と交代。田原は積極的に動き回ってボールケアしていました。

28分にはまたしてもうっちークロスから田原惜しいシュートさらに38分野崎からピンポイントクロス田原外す等。惜しいシーンが続きます


前線で起点がはっきりして、サイドから巧、野崎が仕掛け、うっちー縦横無尽ピッチを動き回り、さらにここまで名前は出てきませんでしたが、機能しないポストプレーヤーに代わり、前線で身体を張り続けたなんちゃんのプレー。

ここまではっきりしてきたのだからこうなれば30分くらいで永井を入れて前線永井田原難波にして野崎を右SBに回して、杉山を外すという選択がベストだったと思います

しか監督が取ったのは、試合も終盤に迫った43分の高地→謙介。同ポジションでの交代。

監督は攻めることが出来ているので、バランスを崩したくない気持ちが合ったのかもしれませんが、ここは展開を増やすためにも攻撃の枚数を増やすべきだったと思います


結局この後、シュートまでは結びつかず、試合は0-0のスコアレスドロー

愛媛の拙攻にに助けられたことも大きな一因ですね。

負け試合に等しい引き分けです。

しっかり来週のアウェイ千葉戦までに対処しないと、また虐殺の予感がします

  • 関 6.0:ファインセーブもあったが相手の雑なシュートに助けられた場面が多かった。
  • 杉山 5.0:上がった裏を取られた他にも相手に狙われ続けた。後半は自重しすぎ。
  • 渡邉 5.0:対人面では身体を使ってしっかり処理したが、フィードの質が相変わらず悪すぎる。
  • ペ 5.0:2試合連続警告をもらうなど荒いプレーが危なっかしい。
  • 阿部 6.5:苦しい前半から孤軍奮闘でチャンスを作った。
  • ホベルト 4.5:コンディション不良もあったか、展開に迷いが多すぎた。
  • 八角 5.5:中盤の底でしっかり相手のチャンスはつぶしていた。
  • 内田 6.5:前半はサイドで、後半は縦横無尽に攻撃の起点として機能した。
  • 眞蓮4.0:後半はボランチポジションでなんとか機能し出しましたが、それまではダメダメ
  • 難波 6.0:機能しない攻撃面でなんとか打破するためにムダ走りを続けた。
  • 大久保 4.5:ポストプレーヤーとしてまったく機能することがなかった。
  • 野崎 5.5:後半は左サイドで巧と連携してチャンスを作った。
  • 田原 5.5:2度訪れた決定的なチャンスは決めて欲しい。動きは良かった。
  • 佐藤 評価なし:あまりにも交代が遅すぎた。

f:id:tatsumine:20120312110344j:image

f:id:tatsumine:20120312110417j:image

[]ルイガノストア吉祥寺 自転車体操

昨日の午前中は、ルイガノストア吉祥寺主催する第1回自転車体操に参加。

土曜の朝にみんなで勝手に集まって、第一体操ショップから小金井公園まで、第二体操小金井公園から多摩湖まで。

ショップに戻ってきて、肝油ドロップをもらう。そしてカードにはんこをもらい、溜まったら何かが起きる、というなかなか楽しそうな企画です。


平均速度20km/h以下ののんびりしたペースで井の頭通り経由で多摩湖自転車道へ。

多摩湖自転車道を小金井公園まで進みますが、ここでの離脱者、途中参加者はなく、全員で第二体操突入

八坂サークルKまでひたすら自転車道を走ります

土日の多摩湖自転車道はジョガーや生活自転車も多く、さら悪名高い鬼のような数の車止めでとてもロード向きのコースではありませんが、そこは遠足気分。


最後まで全員走りきりました。

多摩湖ではお互いの自転車についてお話ししたり、人の自転車を借りてトライアルごっこしたりとまったりと。

で、後半は若干ペースを上げて全く同じコースで11:00ころショップに到着しました。

コースに難はあったものの、このペースならミニベロでも十分。

次はDoppelgangerで妻と参加しようかな、と思いました。

2:47:50で33.64kmの走行距離でした。


http://runkeeper.com/user/tatsumine/activity/74674676

f:id:tatsumine:20120312111032j:image

f:id:tatsumine:20120312111054j:image

f:id:tatsumine:20120312111122j:image

f:id:tatsumine:20120312111200j:image

[]吉祥寺周辺小さな川迷子ツアー

土曜日はDoppelgangerでミニベロポタリングとして神田川玉川上水で10kmくらいのミニツアーの予定で夕方から出かけましたが途中の迷子で思いもかけぬツーリングとなってしまいました。


16:30に家を出て、まずは井の頭公園をスタートして三鷹台まで神田川沿いを走ります

三鷹台井の頭線渡りそのまま直進して宮下橋という小さな橋から玉川上水へ。

そのまま兵庫橋まで玉川上水左岸ダートを進みます

ロードだとちと厳しいし、水たまりも多く泥よけがないとつらいルートですね。


兵庫から國學院久我山の前をとおり、南下すると寺町通りへ。

その名の通り、お寺だらけの道筋です。お寺が千歳烏山まで続いて、ここで旧甲州街道へ。ここで折り返して戻るつもりでしたが、ついつい冒険心が出て旧甲州街道仙川まで仙川京王線渡りそのまま通り過ぎます


迷いました。

道なりに大きな坂は避けて進んでいましたが、どちらへ行っても坂、という状況でなんだかとんでもない下り坂をおっかなびっくり抜けきったところが、実篤公園でした。

武者小路実篤ゆかりの地ですね。

お昼に来ると良いかもしれません。


で、川を求めて走っていると入間川(いりまがわ)という川に出会いました。この川沿いをしばらく走りと野川に合流!!

このまますっかり夜になった野川のサイクリングロード武蔵境通りまで走って、東八道路、かえで通り、中央線沿いを走って戻ってきました。


2:13:23で26.23kmとゆっくりした旅でしたが、楽しい迷子でした。

http://runkeeper.com/user/tatsumine/activity/74532264

f:id:tatsumine:20120312110607j:image

f:id:tatsumine:20120312110626j:image

f:id:tatsumine:20120312110643j:image

f:id:tatsumine:20120312110837j:image

f:id:tatsumine:20120312110854j:image

2012-03-06 チャリカフェ

[]ポッター的にオススメ

僕のように、「自転車で速く走る」ことを目的にしていない、

自転車でどこか目的地に行くことを楽しむ」のをポタリングと言います。

僕の走行記録はRunKeeper殆ど残されていますが、最近の何回かを振り返ってみても

等々。

そんな時、結構参考になるのがこのサイト

チャリカフェ

サイクルカフェのみをターゲットにしているわけではありませんが、管理人さんが自転車で回ったカフェが細かく綴られていますので、とても参考になりますね。


ちなみに僕のお気に入りチャリカフェ


うちの近所なのでチャリで目指すことはありませんが

サコッシュ盆栽自転車店以外はスタンドもないのでサイクルカフェではありません。

が、目に入るところに駐輪できたり、敷地内に駐輪できたりと割りに自転車にやさしいカフェたちだと思います。

2012-03-04 サッカーは90分ですから!!

tatsumine2012-03-04

[]ヤケ珈琲

横浜がなんだか昨年の開幕戦と同じような敗戦を喫したので、憂さ晴らしコーヒーを飲むという名目で鬼子母神のキアズマ珈琲へ。

往路の千川通り目白通り〜旧目白通りでも、

復路の目白通り新青梅街道千川通りでも、

14km位なので信号ストップを考えても50分あれば到着なので丁度いい感じですね。

しかし、面倒臭がってボトルに水しか入れてこなかったのはまずかった。

帰り道哲学堂辺りでいきなり踏めなくなりました。

はい、2度目のハンガーノックです。ここからは20km/hでやっとのこと帰って来ました。

最初は立てないくらいのダルさ。

とにかくものを口に入れなければと豆腐冷奴で食べて起き上がれるようになってからうどんをがっつり食べて回復です。

[]J2第1節 対水戸ホーリーホック@K'sデンキスタジアム

横浜FC2012年J2リーグ初戦をアウェイK'sデンキスタジアムで水戸ホーリーホックと対戦。

見事に相手の術中にはまって1-2の逆転負けを喫しました。

水戸 2(1-1)1 横浜

ついに始まった2012年シーズン。

相手はお馴染みの水戸ちゃん。

凍傷柱谷、勝たなアカ監督とアツい両監督のもと、チームカラーが同じように暑苦しい対決です。


試合カイオが怪我ということでジャンボ、なんちゃんの2トップ、相手は師匠の1トップでスタート。

しか水戸が攻めてくるだろうという予想を覆して横浜シュートを3本先行させていいペースで始まった試合

10分に新の右からクロスニアでノザがスルーして中央でジャンボがフリーでボレーを決めて横浜が先制します

中里、ホベを中心にした中盤のプレスと鈴木に対するしっかりしたマークで序盤は水戸にチャンスを作らせません。

ホベルトちらし効果的です。

水戸の1トップ鈴木はくさびと警告を誘うプレーに終始、20分にスンジンがまんまとその誘いに乗ってしまったのが苦しいところです。

しかルーズボールは40分までほとんど横浜が拾えていたのは大きいですね。

前半の終盤から水戸は橋下を上げて2トップ風にし、前線、中盤でボールをつながれることが増えてきました。

そして42分鈴木のくさびからからクロスを上げられファーで小澤フリーダイビングヘッドを決められてしまいます

いいペースだっただけに2点目が水戸に入ってしまったのは残念。


後半は交代なしでスタート。

後半終盤の勢いのまま水戸が嵩にかかって攻めてきますボールは終始水戸キープ。

横浜は中盤での組立が全くできない状態に陥ります

特にボランチ中里が交代まで終始消えていたのが大きいですね。

中盤で収まらないのを見て岸野さんは、まず前線ボールを収めるためにうっちーに代えて永井を投入してなんちゃんを右に配します

ここで中盤にテコ入れをしていれば変わったかもしれませんが、この後も主導権は水戸

縦への意識だけが強く中盤でつなぐ意識が全くなくなります


そして24分、左からスルーパス師匠スルーして右から島田に見事に決められて逆転されます

後半シュートなし。中盤の修正が遅すぎたのが全てだと思います

監督が次に動いたのは、35分。中里に代えてハチを投入。

しかし流れを取り戻すにはあまりに遅すぎる交代でした。

28分の右からのノザのクロスをなんちゃんが決めきれなかったのは後半の唯一の見せ場。


39分のノザ→永井の交代も功を奏さず、狭いエリアゲームを続けた横浜は後半自滅に近い形で敗れてしまいました。

42分から水戸が5バックにして見事に逃げ切りに成功

水戸からすれば、後半へたった横浜の隙を突いて逆転という、横浜敗戦の鉄則を昨年横浜相手にやれなかったことを見事にやってのけましたね。


横浜ゲームの流れを見抜けなかったのが敗因だと思います

前半序盤から中里ゲームに入れていなかったことを後半に入る所で見抜けていれば、きちんと勝って帰れた試合でした。

なんだかとっても悔しいですが、まだまだ1試合。ホームでしっかり勝ってもらいましょう。

  • 関 5.5 失点はノーチャンス、しっかり守っていた。
  • 杉山 6.0 右からの正確なクロスは昨年見られなかったもの。大きな武器になります
  • 渡邉 6.0 師匠をしっかり抑えてノーカードは立派。
  • ペ 5.0 早速のイエローには課題が多い。
  • 阿部 5.0 後半はDF忙殺
  • ホベルト 5.5 後半は中盤で孤軍奮闘
  • 中里 5.0 前半40分以降は完全に埋没してしまった
  • 内田 5.5 正確なキックで前半何度もチャンスを作った。もう少し長く見たい。
  • 野崎 5.5 前半何度も決定機を作り出した。
  • 難波 6.0 起点としてチャンスを創りだす動き、決める意識が高かった。
  • 大久保 6.0 先制点は見事。後半はボール位を受ける動きに終始したのが残念。
  • 田原 5.0 動きを変える働きを出来ず。
  • 八角 5.0 交代が遅すぎた。後半序盤から出て流れを変えたかった。
  • 永井 5.5 時間がなさすぎ
  • 赤帽 4.5 中盤が失われたことに気づくことが遅すぎた。負のスパイラルに陥らないためにしっかり勉強して欲しい。

[]朝ライド

サッカーの中継が13時からなので尾根幹を目指そうと思いましたが、寝坊

仕方ないので多摩湖一周に切り替えて走って来ました。

帰りはしずサイに寄って美味しいコーヒーをいただきながらのんびりして来ました。

http://runkeeper.com/user/tatsumine/activity/73533862

サイコン読みで1:54:02で47.92km走行し、平均25.2km/h、最高50.8km/h

2012-03-01

[]亀戸天神梅まつりとチーバくん

一昨日は、妻のシンガポール出張最後ポタリング

最初目的地は亀戸天神社の梅まつり。

寒さのせいで梅は3分咲程度でしたが楽しめました。


平井白河ラーメンランチしたあと、市川国府台ギャラリースイカペンギンやカクカクシカジカのさかざきちはるさんの個展を見に。


帰り道には神保町BIG BOYでジャズに埋もれながらまったりしてきました。


サイコン読みで3:22:41で72.28kmを平均21.3km/h、最高39.2km/h。

f:id:tatsumine:20120301171817j:image

f:id:tatsumine:20120301171847j:image

f:id:tatsumine:20120301171913j:image

f:id:tatsumine:20120301171933j:image

f:id:tatsumine:20120301205709j:image