Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2013-02-26 「そっち」じゃない方のクロモリ

[]激安クロモリ続々登場

半年ほど前に紹介したサイクルパラダイスの49,800円のクロモリロードは特別として(ブレーキホイール普通に走るバイクにするには+20,000円は必要かと)、続々と国内外から魅力的な価格クロモリフレームリリースされています。

サイパラのフレームだって品質はFUJIフェザーレベルですから



で、最近続けざまに2つの気になるブランドが。

まずはオランダブランドCOLOSSI

COLOMBUSのスチールチューブSLラグでつないだNAGA SPECIAL(フレーム150,000円)、同じくCOLOMBUSのスカンジウムフレームを用いたSCANDIUM XLR8R(フレーム118,000円)とそれぞれかなりのコスパの高さなのですが。


MONDIAL ROAD ZONA日本向けにわざわざ「ZONA」の名を冠している通り、エントリーモデルでもCOLOMBUSのZONAチューブを使ったラグフレーム

そしてお値段フレームで78,900円!!ちなみにベローチェ完成車でも185,000円で200,000円を下回りますが、パーツの使い回しで考えれば、このフレームがこの値段で手に入るのは犯罪に近いです。スレッドステムもシブい。



さら今日ウェブで見たrock bikesENVY

SORA搭載完成車で80,850円。

見た目、ストレートフォークでかなりのショートホイールベース

のんびり乗るよりキビキビ走るタイプですね。

こういうので街を流すのもいいでしょう。

先の2モデルクラシック雰囲気ビンディングよりもスチールのトゥークリップ&革のトゥーストラップが似合いそうな自転車なのに対し、こちらは「クロモリタイムマシン」というキャッチフレーズとはうらはらに、かなりモダンイメージを受けるクロモリです。

シルバーコンポよりもブラック系、BROOKSよりもフィジークが似合いそうな、そんな感じ。こういうのもいいと思いますよ。ボーイズレーサーみたいな感じで楽しそう。

どれか欲しいなぁ…。

2013-02-24 みきがキタッ!!

[]伊藤みきモーグルワールドカップ初優勝

愛子の陰に隠れてモーグルファンでもない限り知らない人も多いかもしれないけど、7年ほど前から多英愛子に続く存在として期待されてきた選手です。

派手さはないけど堅実なターンに磨きをかけてスピードを増してきたみき。

近年は村田愛里咲等、急激に実力を伸ばしてきた若手に遅れを取ることがあったけれども、やっと結果を出してくれましたね。

とても嬉しいです。

JSPORTSでは水曜日シングル/デュアル一挙放送。

見るのが楽しみです。

[]野猿街道戦車道〜尾根幹 名付けて多摩環状ライド

今日は風の音を聞いておうちにいることにしましたw無理をするのはいけません。

昨日は帰り輪行平塚競輪場で行われた湘南バイシクルフェスへ片道75kmで行ってこようと思ってました。

バンクを試走できるわけじゃないけど、乗らず嫌いだったBOMAに乗ってみたかったのと、

DEDACCIAIのRAN

BOTTECCHIA EMME695

といったイタリアンブランド最近ハイエンド採用している極限まで細めたトップチューブ〜シートステーと丈夫なダウンチューブ〜チェーンステー(つまりSENSIUMと同じ思想だ)のフレームに乗ってみたかったから


ですが、7:00に出て10時には着きたい予定が、起床したのは11:00…。

諦めました。


ので、今まで温めてたルートを妻と走る前に試走することに。

多摩川原橋をスタートにして野猿街道と尾根緑道、尾根幹で多摩を環状に走る一周50km弱のルート

からだと70km。

野猿街道は負荷の弱いダラダラ上りが続き、適度なアップダウンのある尾根緑道、そして比較的楽な尾根幹復路、という厳し過ぎないトレーニングルートとしてオススメかな、と思います

環状部分の地図ルートラボで作ってあります


多摩サイの混雑が嫌なら東八道路を突き当りまで西進してから左折南進すれば関戸橋。

橋をわたって川崎街道から野猿街道に合流してもイイですね。

自分も昨日はそのつもりでいたのですが、自宅を出てすぐサイコン電波を拾っていないことに気づきセンサー電池交換をしたものの、電波を拾い直してくれない。

そのまま東八に出ることなんて忘れて多摩サイを四谷橋まで走ってw、センサー側のリセットを思い出したのは野猿街道に入ってから

それまでサイコンなしで走りましたが、ものすごく不安なのね、あんなもんがないだけで!

そのせいで、ホント多摩サイの混雑を避けて東八道路終点から関戸橋にアクセスして聖蹟桜ヶ丘GIANT STOREでサドルバッグを購入する予定だったのが頭からぶっ飛んでました。

だらだらと上る川崎街道を25km/hアベぐらいで流して、緑道手前で補給を入れて尾根緑道へ。


尾根緑道は16号の鑓水から桜美林大学周辺まで続く約9kmの遊歩道で別名「戦車道」。

こちらにかなり詳しい解説がありますが、戦前相模陸軍造兵廠が戦車の走行訓練のために作った道を遊歩道として整備したもので、相模丘陵の尾根沿いを一気に駆け抜ける道です。

かなり細かいアップダウンが続きながら相模丘陵の尾根沿いを走り抜ける。いそいで抜けるのはもったいない道です。多摩境駅近辺では右手に絶景が広がり思わずみとれてしまいます

尾根幹を過ぎて(主要な道路とはすべて立体交差しています。尾根幹で言うとセブンの手前のトンネルの上を走ってます)、南多摩斎場を過ぎると、両側を車道に挟まれた幅の狭い道になるので、ここで一般道に出てセブンイレブン交差点に出るのもいいでしょう。今回は終点まで行ってみました。


で、セブンイレブンへ。

ここで休憩しただけだったのですが、補給しておくべきでした。

先月唯一のロングはポタリングだったし、そもそも先月は200kmくらいしか走ってない、今月も自転車通勤を2回やっただけ。

本格的なロングは11月猪苗代以来。そんな状態で、さらにこれ以前の補給が戦車道に入る前のセブンイレブンでの一回、ウィダーの補給とアクエリアスの給水のみ。

朝は雑炊を食べただけ。

無茶でしたね。

多摩川原橋から家までの10kmはガス欠、ハンガーノック寸前で20km/hで走るのがやっとってな有様でした。


ケツの筋肉パンパンにしながらこれってハムと中殿筋をうまく使えてたってことよね、とポジティブに考えながらもへとへとになって17:30に帰宅

帰ってきて夕食を取ると、ガルミッシュでのスキーワールドカップダウンヒルを見ながら20:00前には落ちてしまいました。

反省点の多い久々のロードトレでした。

これは自転車通勤ではわからないことなので、反省点にして今後に活かしたいですね。

2013-02-16

[]すぎうらなおこ「お菓子の家のカップケーキさん」@A.K. LABO

妻のフェルト人形、3回目の展示が決まりました。

f:id:tatsumine:20130216112729j:image

成蹊学園前の有名パティスリーAKラボの2FのCAFE&ギャラリースペースでの展示です。

すぎうらなおこ「お菓子の家のカップケーキさん」


2013.2.28(木)−2013.3.13 (水)


バタークリームや色鮮やかなフルーツ生クリームデコレーションされたカップケーキイギリスでは妖精が食べる小さなかわいらしいケーキという意味で、フェアリーケーキとよばれているとか。

いたずら好きな妖精がカップケーキを作ったら…?そんな想像からうまれた小さな人形、カップケーキドール吉祥寺の美味しいケーキ屋さんで皆さまのお越しをお待ちしています。 

日時:2013.2.28(木)−2013.3.12(火)

   open 11:00-19:00

場所:Patisserie A.K Labo

f:id:tatsumine:20130216112350g:image

http://www.aklabo.com/

水曜日と第一木曜日はお休みです。

ご来店の際、ワンオーダーをお願いいたします

2013-02-06

[]2013スケジュール発表

横浜FC2013年のスケジュールが発表されました。

1  3/ 3(日)13:00 A/岐 阜

2  3/10(日)16:00 H/徳 島

3  3/17(日)16:00 A/G大阪

4  3/20(水祝)15:00 A/群 馬

5  3/24(日)16:00 H/岡 山

6  3/31(日)13:00 A/山 形

7  4/ 7(日)16:00 H/熊 本

8  4/14(日)16:00 A/京 都

9  4/17(水)19:00 H/長 崎

10  4/21(日)16:00 H/神 戸

11  4/28(日)13:00 A/水 戸

12  5/ 3(金祝)16:00 A/東京V

13  5/ 6(月祝)13:00 H/福 岡

14  5/12(日)16:00 H/愛 媛

15  5/19(日)16:00 A/北九州

16  5/26(日)16:00 A/栃 木

17  6/ 1(土)14:00 H/札 幌

18  6/ 8(土)17:00 H/鳥 取

19  6/15(土)19:00 A/千 葉

20  6/22(土)18:00 H/富 山

21  6/29(土)18:00 A/松 本

22  7/ 3(水)19:00 H/栃 木

23  7/ 7(日)19:00 A/岡 山

24  7/14(日)18:30 A/鳥 取

25  7/20(土)18:00 H/東京V

26  7/27(土) 18:00 A/神 戸

27  8/ 4(日)18:00 H/北九州

28  8/11(日)15:00 A/札 幌(厚別)

29  8/18(日)18:00 H/京 都

30  8/21(水)18:00 A/長 崎

31  8/25(日)18:00 H/G大阪

32  9/ 1(日)18:00 H/群 馬

33  9/15(日)未定 A/福 岡

34  9/23(月祝)未定 A/愛 媛

35  9/29(日)未定 H/岐 阜(会場未定)

36 10/ 6(日)未定 H/山 形(会場未定)

37 10/20(日)未定 A/徳 島

38 10/27(日)未定 H/千 葉

39 11/3(日祝)未定 H/松 本

40 11/10(日)未定 A/富 山

41 11/17(日)未定 A/熊 本

42 11/24(日)未定 H/水 戸

P1 12/1(日)

P2 12/8(日)

今シーズンは3/3(日)のアウェイ岐阜戦で始まります

スケジュールを見ると3節目に早くもアウェイガンバ戦を迎えますので、ここまでの2試合でしっかりと試合勘を作って臨まなければいけない試合だと思います

さら4月からGWにかけては京都神戸ヴェルディと一戦おきに昇格候補との試合があり、こちらもしっかりとチームの地力を作りながら連戦を乗り切る力を付けていかなければいけません。

そして6月には前半戦最大の山場ともいえるホーム札幌戦とアウェイ千葉戦が待ち受けます。昨シーズン苦杯をなめた千葉には是非リベンジして後半戦に臨みたいところです。

後半戦は7/3の水曜ナイター、ホーム栃木戦で始まります

7/20からヴェルディ神戸、そして北九州戦を挟んで札幌京都さら長崎戦をはさんでガンバ戦と夏場も厳しい日程が続きますので、選手たちを適宜入れ替えながら調子の良い選手を使うヤマの戦い方はきっと力になってくれるはずです。

シーズンの山場になりそうなのは10/27にホーム三ツ沢で迎える千葉戦。ここで、プレーオフに進むのか、それとも自動昇格を狙えるのか、というところが見えてくるかと思います

残り4節がいっては悪いのですが昇格を狙えるチーム同士の対戦がないため、ここまでにできれば上位を安泰にしておきたいものです。

逆に言えば、ここまでで昇格を決めているくらいの戦いができなければ、昇格は非常に厳しいものになると思います

今年は昨年にも増して厳しい戦いになるJ2。

でも、昨年の逆境から立ち上がった力、そして最後に敗れた悔しさをばねに戦えばきっとJ1への道は見えてくるでしょう。

一緒に戦って、一緒に勝って、一緒に昇格しましょう。

[]ニセコツアー4日!

1月から3泊4日で5年ぶりにニセコに行って参りました。

直前まで気管支炎をこじらせていたのですが、出発までに気合いで治して滑ってきましたよ。

1/31は、吉祥寺からリムジンバス羽田に乗り付け、9:05にJAL新千歳空港へ。お土産などを下見、KITAKAのかわいさにホレボレして、おもわず妻は購入してましたね。

f:id:tatsumine:20130206145653j:image

それから10:50のリゾートライナーニセコへ。

途中休憩地の美笛のきのこ王国で鮭いくら丼を買って車内でランチをとり、宿泊するニセコヒルトンへは13:55に到着し、14:30くらいから滑り始めました。

薄曇りで雪がちらついていましたが、夕方が近づくにつれ天気が良くなってきて、日没前には羊蹄山も山頂が顔を出してくれました。

f:id:tatsumine:20130206145713j:image

この日はゴンドラシングルリフトでニセコビレッジのトップ上りトラバースしてひらふへ。

ビレッジでは中国語マレー語が飛び交い、ひらふに入ると今度はオージー英語がブレンド、なんとも国際的なスキー場になったものです。

平日ということもあり、日本人の方が少ない位のイメージでした。

ひらふに入ってからは一気にHANAZONOのグルーミングバーンを大回りで滑りきり、パークへイン。

ベースに新しくできたレストハウス308で休憩。ここはほぼオージーばかり。

で、休憩後はリフトを乗り継いでHANAZONOのトップからニセコアルペン方面を目指してガッツリ滑り、さらゴンドラ方面国体コースを滑ってひらふはここでおしまい

シャトルバスビレッジへ戻りました。

ビレッジでは、小規模ながら気持ちの良いバーンでのナイターを2時間ほど楽しんで上がりました。

ゲレンデは気温が高めだったのでニセコには珍しく若干の湿雪でした。

夕食はメインダイニングの羊蹄での和洋中のバイキング中国の方が比較的多くざわざわした雰囲気でした。

2日目は8時起床でゆっくり目の動き出し。

朝食は2階のグリルメルトバイキング

こちらは落ち着いた雰囲気で、おいしい牛乳をしっかり飲んで出発です。

初日と同じくゴンドラシングルリフトでビレッジトップ上りひらふトラバース。まずは友人の高梨穣さんが経営するtoyruへ、コーヒー豆のお土産を届けに行ったらまだ開いてなくて近くのエスプレッソバーでカプチーノを買って開店を待ちます

f:id:tatsumine:20130206145742j:image

高梨さんはいなかったので、奥さんと久々に話をしてコーヒー豆を渡してアルペン側を中心にのんびり滑ってホテルニセコアルペン1階のミルク工房ゆっくり休憩してからシャトルバスビレッジへ戻り、この日もナイターを2時間ほど。

昨日より硬いバーンが多く、妻は苦労していたようですが、下に向かって滑るイメージナイターで教え込みました。

f:id:tatsumine:20130206145820j:image

3日目は強い風のため、ビレッジはゴンドラ運休

予想済みだったので早々とシャトルの列に並んでひらふへ。

ひらふセンター4の上は第6トリプルとHANAZONOへの連絡リフトしか動いていない状態だったので、風の影響の少ないHANAZONOへ。

パークで日本屈指のでかさのパイプに入ったり当て込んで遊んだりジビングしたり。3回ほどパークでスロースタイルを楽しんで308でまったり休憩。

f:id:tatsumine:20130206145901j:image

その後はストロベリーフィールドへ行ってみましたが、まだ雪が硬いままでパウダーの楽しさは今回は味わえないこと確定。

硬い雪面でのツリーランという貴重な体験をしてからハイクアップを経てひらふに戻り、またしてもミルク工房で休憩。おいしいジェラートプリンを楽しみました。

f:id:tatsumine:20130206145929j:image

風が強いこともあり、ナイターは滑らずに、19:00にメルトバイキングを楽しみました。


4日目は風速10mを超える暴風雪

ニセコでこの天候で楽しめるわけがないので、11時のチェックアウトまで部屋でのんびりして、バス出発までの2時間ラウンジネットを見ながらゆったり。

f:id:tatsumine:20130206145955j:image

吹雪の中をあり得ない速度で進むバスに揺られて新千歳に定刻でついてからは、お土産を買いながら、北海道ラーメン道場函館の「あじさい」の塩ラーメンを。

f:id:tatsumine:20130206150033j:image

…楽しみにしていただけにあのあっさりしすぎ具合はがっかりしました。

f:id:tatsumine:20130206150008j:image

お土産の中ではスナッフルスのチーズオムレットが秀逸でした。

f:id:tatsumine:20130206150021j:image

f:id:tatsumine:20130206150045j:image

f:id:tatsumine:20130206150055j:image

今回5年ぶりにニセコに行き、その変貌ぶりには前回訪れたとき異常に驚きました。

東急側だけだった外国人対象のコンドーやモテルがアルペン側の十字路の部分まで続き、古くから民宿はすべて姿を消していました。

客層はオージー4:中国人2:日本人3:マレー人1くらいの感じでした。

そして驚いたのは飲食のインフレっぷり。

最近志賀とか白馬の値段になれていた身にとって、ランチで最低1500円、生ビールが700〜900円というのはちょっとぼってると言って良いお値段でした。

ひらふのメインエリアからニセコスコットと、高原ホテルが姿を消して、ニセコホテルアルペンけが適正価格での商売をしている感じです。

2日半今までに体験したことのないハードパックなニセコを楽しみましたが、こういう商売をしていたら、またHANAZONOの時みたいにバブルがはじけてしまうのではないか、と心配になってしまます


大好きなスキーエリアからこそ、きちんとした商売をして、オージー中国人、マレー人だけを向かない、日本人にも目を向けたスキーエリアを作って欲しいものです。