Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2013-05-13 I can’t Explain

[]ウタのウタ

あるTVショウで興味深い話を聞いた。

I Can't Explain - The Who

D

Got a feeling inside

It's a certain kind

I feel hot and cold

Yeah, down in my soul

I said ... (Can't explain)

I'm feeling good now, yeah, but

Dizzy in the head and I'm feeling blue

The things you've said, well, maybe they're true

I'm gettin' funny dreams again and again

I know what it means, but …

Can't explain

I think it's love

Try to say it to you

When I feel blue

ココロに湧き上がるキモチ

なんて言えばいいんだろう?

アツいのに冷たい

心の奥底が

うまく言えないけど

すっげえいい感じなんだよ、でも…

頭ん中が混乱してなんだかモヤモヤする

お前に行ったことは多分ホントの事なんだろう

何度も何度も変な夢をみるようになった

それがどういう意味かってのもわかってる、でも…

説明できないよ

これって恋みたいなもんだろう?

君にココロの丈をぶつけよう

モヤモヤしたままなら…

これはロジャー・ダルトリーがこの曲を聴いて衝動的に書いたものだそうです。

そして、その曲を聴いたそのバンドプロデューサーWHOプロデュースも手がけ、両バンドビートルズストーンズと並ぶ、英国四大バンドとなった。

D

You Really Got Me

リーダーレイ・デイヴィスの弟、デイヴ・デイヴィスがもっと歪んだ音を作り出すためにスピーカーコーンナイフで切り裂きをつけて生まれたサウンド、「キンキーサウンド」。

世代からそんなに影響を受け合ってないなんて思いがちだけど、ビートルズストーンズキンクスもフーも、それぞれ影響を受けあってるんだな、と。

今よりももっと業界は狭かっただろうから、そりゃチョット考えればそういうことも会っただろうね、と、結構感動したエピソードですよ。


少なくとも良いアンプを持ってるからっていう理由でストーンズに誘われた(ブライアンキースが使ってみたかった)ビル・ワイマン、というエピソードよりはcoolエピソードだ。

2013-05-11 今日は雨…

[]GW自転車

前半の三連休、後半の四連休とも東京にいたので、ちょいちょい自転車に乗っていました。

妻が11月以来ロードに復帰するので前半はそのリハビリをかねて。

4月27(土)

吉祥寺から千川通り新青梅街道を経て、中野通りで一度南へ下り新井薬師へ。

愛猫ぴょんきちの目が見えるようになるように、お札を納めて参りました。

そして千川通りに復帰して、目白通りから雑司ヶ谷鬼子母神参道にあるキアズマ珈琲ランチ

その後新目白通りまで明治通りを下って、いつもの都電見学スポット都電を眺め外苑東通り靖国通りまで走ってワイズロード新宿へ。


上のACTUSの中にあるスーホルムカフェで休もうと思ってたらなくなっていました。

仕方ないので、そばにあるドミニク・サブロンクロックムッシュをいただきながらお茶して帰ってきました。

走行距離40.17km


4月28日(日)

結構昨日の距離でも疲れたということで、南青山まで自転車ストリートポタ。

まずは青梅街道新宿まで出て妻の新オフィス自転車置き場チェック。靖国通りから新宿通りへ出て外苑西通りをまっすぐoveまで。

マネージャーで自活研でお世話になっている内海さんとも挨拶しゆったりとランチをとってから、Pandaniへ。やっぱり高いなぁ。デザイン的にもシンパシーないし。

そして高校時代に169cmの少年に550mmのフレームのスポルティフを売りつけたwなるしまフレンドに、約25年ぶりに。

当時とは場所も変わって広々とした庭は好感が持てますが、店内のむんむん具合は苦手だわ…。


コチラでは心拍計用のホルダーだけ購入して帰路は花園方面から職安通りを通って青梅街道へ。

走行距離34.33km

翌日はぴょんきちの病院に出ただけでOFF。

で、3日間真面目に勤め上げてからGW後編。妻は福島帰郷して、ぼくはぴょんのお世話のためにお留守番

5月3日

いきなりのロングライド。

クラブしずおかサイクルの春の走行会、江の島しらす丼ライド。

いつも走行会には遅刻するのですが、早めに出て時間前に到着。

7時に一橋学園を出て、日立研究所の北側まで西武多摩湖線沿いを南下、府中街道を経て関戸橋を渡り鎌倉街道を鵜の森まで進んで境川CRへ。


境川は246まで走りにくいのでのんびりペース。246から境川遊水池公園まではフリー走行で、思い思いのペースで走ります

公園で一休みしてから江の島そばまではあっという間。

鵠沼方面から海沿いを走り、HANABIでおいしいしらす三色丼をいただいて、お向かいの芝生でしばし休憩。


帰路はしばらく引地川沿いをのんびり走って、境川CRに入ってから遊水池公園までまたしてもフリー走行。おなかも満タンで皆さん口数が少なくなってました。

246まではフリー走行を続け、そこからはまたしても班別にのんびり。


往路とは異なり古淵まで境川を上って、鎌倉街道へ復帰。

坂ごとのスプリント合戦などで楽しみながらしずサイへは17:00ころ到着。

軽く打ち上げ帰宅

走行距離136.93km


5月4日

姪の顔を見に阿佐ヶ谷までのんびりポタリング。妹の家も初来訪でしたが、イイカンジの家です。

走行距離14.55km


5月5日は完休。

5月6日は翌日に向けて気合いを入れるため、そしてあるモノを入手するため強風の中出発。

この向かい風の中、尾根幹の上り坂をクリアする自信はなかったので、武蔵境通りから東八へ出て、関戸橋を渡ってから野猿街道をだらだらと向かい風にあらがいながら上ります

相模原に着いてからは、尾根緑道は進まずに、多摩境通りを尾根幹と交差するまで上りセブンイレブンで休息。


帰りは軽い追い風の中、快適に下り基調の尾根幹を突っ走りそのまま深大寺へ。


深大寺結婚15周年の水晶婚式ということで本水晶の念珠を妻に買いました。

自分の分は先月スモーキークオーツを買っていたので、おそろです。

おみくじは珍しく凶。66番の凶はそう悪くもない凶です。


帰りにビール2本買って、軽くGW打ち上げを独り行いました。

走行距離63.67km。


GW中の走行距離は300km未満と短かったけど、楽しめました。


ぴょんきちの病気のおかげでイベント参加は難しくなりましたが、ちょこちょこと走りながら、楽しむ、と言うスタンスで送れたのかな、と思います