Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2013-08-30

[]メンテナンスの目安

僕は、走行距離のとりまとめとしてミニベロ、ロード、そのほかのバイクの走行距離とクライムを全てエクセルとりまとめています。さらメンテナンスを行ったとしたら、その日に追記もしています。

これを何に使うかというと、当然月間距離等のまとめとして使うほか、メンテナンスの目安としています。


たとえば

  • タイヤは5,000kmを目安として交換の日からロードの部分だけ抜き出して。現在SOYO EX-WINGは1,300km弱走行しているので、あと1,200kmほど走ったら前後ローテーションします。
  • チェーンも5,000kmが目安なのですがまだ70kmほどしか走ってないのであと5,000km走った時点で交換でしょう。
  • スプロケットは諸説ありますがチェーン交換ごとに交換していてはCPが著しく悪いので10,000kmを目安としました。現在3,200kmなのであと6,800は走れますね。ただし、新しいチェーンに変えるとやはり滑る感じがするのでスプロケ消耗品と考えた方が良さそうです。
  • ワイヤー、ホイールBB、ヘッドパーツは1年に1回はOHを推奨、BBコストも掛からないので交換しても

いいでしょう。

というようなことがすぐに分かるようにしています。


ロードバイクは全てが連動して動くモノなので、どこか一箇所の不具合は他のパーツにも悪影響を及ぼします。

皆様にも是非走行記録とメンテナンス記録のとりまとめをオススメします。f:id:tatsumine:20130830105229j:imagef:id:tatsumine:20130830111135j:image

2013-08-27 ステージ2キャンセル

[]JSCレーシングチーム 夏の思い出,伊豆縦断ポタ。

週末は1泊2日で伊豆縦断ポタリングに行ってきました。

1日目は熱海から下田の先の田牛(とうじ)まで海岸線を走り、

2日目は河津から山に入り、天城越え沼津まで、というコース。

2日目の天城越えの時点でポタ、ではないですね。


9:30に熱海を出発ということで7:00に吉祥寺駅に着けるよう輪行袋でえっちらおっちら。

無事に8:45に熱海に着くこだまに乗車、熱海駅でJSCのみんなと合流です。

で、駅前輪行袋から自転車を取り出してちゃっちゃと組み立ててしまます

f:id:tatsumine:20130827165117j:image

はい、今回の自転車はピエールではなく、ちねりんこと妻のCinelli Experience。

結局ピエールの修理は間に合わず、しずおかサイクルの古屋店長GIANT TCR SL1を乗って行ってもいいよ、と言ってくれたのですが、どうもフロントハッピー挙動不安があるのと、タイヤのグリップ性能に疑問があったので、走行距離の少ないオールラウンドタイプの25Cタイヤ(PANARACER RACE A)を履いて快適性も両立したはずのちねりんを持ってきました。


ステムを8cmから純正で付いていた100mmに交換。本当は110mmがベストなんですが、ここは仕方ない。

さらサドルはふかふか&穴開きの女性サドルから、TREK1.5で使っていた(これもちねりんに付いて来た物だけど)Selle San MarcoのConcor Super Corsaへ。ピエールに付けて似合わなかったのでなくなくデッドストックしてましたが、再び登場です。相変わらず素晴らしいお尻へのフィッティングっぷり。これぞ漢のサドル、です。


で、出発はほぼ予定通り9:34に出発。熱海を出発したのは12名。すぐに海沿いのR135へ入ります伊豆海岸線は細かなアップダウンを繰り返します。上れば必ず下りがあるので、小さな苦労のあとに小さな幸せが訪れるのはうれしいコースです。

調子に乗りすぎて規制速度を上回ってしまいそうになるくらい。

しかし、ULTEGRAのかっちりしたブレーキに慣れると、TIAGRAのブレーキは悲しいくらいプア…。あまりの効かなさにちょっと危険を感じてしまます

以前はそんなことなかったんだけど、慣れって怖いですね。


20km走ったところで道の駅マリンタウンポートセンターで一度目の休憩。しっかりとドリンクを補充します。

蒸し暑いので、曇り空でも気をつけなくてはいけません。

ちなみに今回はダブルボトルにして、1本はかぶり用の水にして、ツールはサドルバッグに入れておりました。

バックパックの中は電車の中でビブの上に履いてたUNIQLOステテコ、アンダー上下輪行袋カメラ(サイドポケット)、携帯充電器&バッテリー必要最低限に。雨が降った時用には低温度対策用にバイク付録バイクポンチョといつものALPENのアームカバー


途中セブンイレブンに寄って、今回の最高標高を超えたところにある展望台つきファミリーマート(!)でローディGOちゃんのパンク修理。GOちゃんはこのあともパンクトラブルに苦しむことに。

伊東のファミマ。P1020011

最高標高突破してくだり6の途中第三CPの36km地点の伊豆高原駅手前で1名合流して13名の大所帯に。

伊豆高原駅では駅構内にあるやまもプラザ内のお食事処「信海」でみな様々な海鮮丼をいただきました。

炙りキンメ丼

僕がいただいたのは、本日オススメ「炙りキンメ丼」。

…絶品でした。キンメといえば煮つけが有名ですが、新鮮だからこそ刺身。炙りを入れることで脂も抜けて身も締まってすばらしいバランスでした。今まで食べた金目鯛の中で一番旨かったです。


昼食後は皆より先に店を出て、外にあった足湯ふくらはぎケア

f:id:tatsumine:20130827171709j:image


昼食後13:30に伊豆高原駅を出発して熱川、稲取と走り抜けます

稲取の町

稲取、すごく綺麗な町でした。ちょっと感動。


途中北川で1名、河津でそこから天城越えで日帰りするローディとその手前で2名離脱して10名に。

一番きつかった白浜を走り抜けると下田に到着です。

下田港

f:id:tatsumine:20130824155653j:image

ここで木下さんが離脱して、木下さんの友人、いづみちゃんに田牛の手前までナビゲートしてもらいました。


で、宿まではなんと最大斜度12%の激坂頂上ゴールだったという(^^;

そのおかげでメンバーの会社保養所であるリゾートマンションは絶景!しか蛇口を捻ると温泉!!

f:id:tatsumine:20130824170440j:image


みんな交互に風呂を浴びて、ジャージ洗濯してから下田までタクシー下りて夕食を。

キンメを見る目には間違いないというGOちゃんオススメの店「いず松陰」でお刺身てんぷら定食(キンメは煮付けだったので)をつまみ生ビールをいただきました。

お刺身と天ぷら定食!


食後は宿に戻り、お酒を飲みながら楽しくおしゃべりして眠くなったらパタン、と寝てしまいました。



翌朝は今にも雨が降り出しそう。と思ったら降り出しました。

とりあえず下田駅前マックで作戦会議

朝食、朝マフィン。しかしここで雨のため無念の撤収

しかし雨は降り止まず、強まる雰囲気のため、峠越えには危険が伴うとしてここで撤収を決定。

下田の駅から伊豆急熱海まで輪行。そこからさら東海道線輪行することとなりました。


そうと決まれば、まずはお土産、そしてビール(^^;

f:id:tatsumine:20130827173636j:image

お土産はキンメのおしずし。しかしお味は…。ま、おしずしですね。残念でした。

伊豆急下田駅

さて電車に乗り込みます

伊豆急下田駅

ビール

f:id:tatsumine:20130827173637j:image

これは東海道線に乗ってからですが、ステテコ姿もあいまってかんぜんにおっさんですな。

踊り子号3

根府川〜小田原 車窓3

てなわけで三々五々、回復し始めた天気の中、新宿湘南ライン小田原から乗ったり、湘南を走るため平塚下りたり、するメンバーをお見送りしながら、東京駅まで東海道線で戻り、吉祥寺からバスに乗って、今回のツーリングは終了。


2日目は残念ですが、いずれリベンジ天城越えということで。


翌日にはピエールも戻ってきましたよ。またこいつと一緒に楽しく走ります

愛車が戻ってきた。やはり自分の自転車じゃないとね

2013-08-18 代車生活継続中

[]久々に多摩湖まで

自転車は未だに代車のGIANT TCR SL1です。

どうも迷宮にはまってしまったようで、本国や東商会とも連絡を取りながらきちんと直してもらうことにしました。

というわけで今日は、多摩湖自転車道を走って多摩湖まで走ってきました。


ソロならば一般道多摩湖まで走って多摩湖周回ですが今日は起点から終点まで走り切り。


この自転車道、井の頭通と交わる起点から小金井のお風呂王国までの車止めが殺人的であまり走らないのです。

自転車体操の時と花の見頃の時くらいですね。

しかし今日みたいな日は緑陰が多いので平均スピードを落としてのんびりと走るのにちょうどいいです。

車止めは以前は小平より向こうも殺人的でしたが、自転車スムーズに走れるように改良してくれました。

ぜひ起点方面の改良もお願いしたいところです。

多摩湖自転車道のサルスベリ1

多摩湖自転車道のサルスベリ2

多摩湖自転車道のサルスベリ3

多摩湖の取水塔

今日サルスベリが見事に咲き誇っていましたね。

時々見とれながらのんびり走ってきました。

f:id:tatsumine:20130818154501j:image

小平カフェラグラスで妻のフォーム写真にとったものを確認していて驚きましたのでそこからコーチングしながらのライドに。

ちなみにこのカフェ・ラグラス多摩湖自転車道沿いのあじさい公園の隣にある可愛いカフェレストランなのですが、入り口に小さな展示スペースがあります。

妻のFBページを見たオーナーさんが気に入ってくれたようで、10月くらいから久々に妻のフェルト人形の展示をする予定です。

で妻の場合長く乗らない間に全てがリセットされてしまいました。


具体的には拇指球で踏まずに土踏まずで踏むペダリングになり、6時以降まで踏み込んでいました。

そのため次のペダリングの抵抗になるという悪いペダリングのお手本。


あとは腕を突っ張り棒にしてハンドルを押しながらペダリングするというこれも悪いフォームのお手本。

写真をとってみてびっくりしましたが、はっきり言ってこのペダリングフォームだと力は前方ではなく斜め後ろ上にかかることになります。マイナスのペダリング


口で言ってもなかなか治らないので、この後、1cmサドルを上げる(乗り込んでいた頃に戻す)ことで自然に足首を固定して拇指球で踏むようにしました。


さらに肘を曲げてハンドルを引きつけて上体を使って走れるように、ブラケット位置を上げました。元々ブレーキ時に握りこむくせがあったのでブラケットを下げていたのですが、これだとハンドルを引きつけにくいので。


これでだいぶましになったはずです。

2013-08-05

2013-08-04 レディオジャック

[]飯島誠さんと走行会

ブリジストンアンカーエースにしてトラック選手でもあり、トラックレースではシドニーアテネ北京の3つのオリンピックに出場した経歴を持ち、現在ブリジストンの営業としてだけではなく、自転車レースでの解説などでも知られる方です。

解説や、昨年の「自転車のススメ」の「ロング兄貴」でも推察される通り、とても気さくな方です。

が、実際はS46の早生まれなので僕よりも1学年下なんですけど、やはり世界を知ってる重み、というものをその佇まいからは感じました。


一緒に走る機会を与えてくれたのは所属するクラブしずおかサイクル(CSC)の走行会。

6:30にショップに集合して、青梅街道横田基地をかすめて岩蔵街道から山王峠へ。


山王峠をレベル順に指導するために3往復、最後名栗湖の15%1kmの坂は、30秒ハンデで追いかけっこなんとか追いつかれなかった組に入れました(^^;;

f:id:tatsumine:20130804183429j:image

そういうゲーム的な要素を織り交ぜながら、休むダンシング上半身の使い方を体感させてくれたり、大きな筋肉と小さな筋肉関係といったテクニック的なお話へ。


休むダンシングでも腕で引き上げる力を積極的に使うこと。やはりお手本はコンタドールなど。

上腕二頭筋や大胸筋に疲れを感じる場合は正しく上半身を使えているとのこと。→わーい大胸筋が痛いぜ。


大腿四頭筋ふくらはぎがつかれるということは腸腰筋、ハムストリング、大殿筋が使えていないということだが、大腿四頭筋ふくらはぎ意識してこそ、それらの筋肉が使えるようになる、それはとても感覚的なこと。→ふふふ、ハムと大殿筋が筋肉痛です。


さらに、楕円チェーンリング効能タイヤ寿命や空気圧など機材に関するお話


楕円を使いたがる/楕円に向いた脚質はルーラー一定回転をキープする走り方をする選手

逆にパンチャー/スプリンターのように緩急が常に付きまとうようなペダリングを行う脚質の選手は使わないそうです。

なるほど


さらに普段の食事からレースに向けての食事のコントロール方法など、為になるお話を沢山伺うことができました。


ちなみに現在レース単位でのカーボローディングを行うプロは皆無だそうです。レース当日のバランスが一番大切だそうです。

糖質ダイエットもそうですが、バランスが一番大切。


最後タイヤの空気圧。

ブリジストンアンカー選手で7bar以上入れている選手は一人もいない、清水都貴選手にいたっては6.5barとのこと。

重量級選手でも7.5baまでだろう、とのことです。

例外はヒルクライムだけ。ヒルクライムは一発勝負なので8barまでは上げる、とのことです。


ご参考にどぞ〜。


余談ですが、飯島さんの「レディオジャック」は興奮すると出てきてしまう、とのこと。

今年のツールはほんとうに大変だった、でも毎年どんどん大変になりますね、とのこと。

そのほかここには書けないようなことまで教えて頂きました。

最後に2ショット写真もいただき、FBでの友達承認もいただきました。

大満足の1日でしたが、火曜日からピエールくんは再びドック入り。

やはりリアの変速がバシッと決まらないのでクロスラインに戻すか、フロント回しにもどすかの予定です。

f:id:tatsumine:20130804105523j:image