Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2013-11-30 納車&新しいジャージ

[]Cinelli Dinamo納車

CINELLI DINAMO。

2009〜2010年のみ存在したグレード。

それ以前はunicoというモデル名で売られていました。

unicoがCOLOMBUS METALチューブ採用したのが2007年モデルから

つまりフレームの基本設計自体は6年も前のバイクになります


しかし、6年経って下位グレードのEXPERIENCEはAIRPLANEチューブを得てレーシングアルミバイクとして、また太いタイヤを履かせてコンフォートバイクとしての地位を築き上げたというのにDINAMOはわずか2年でモデル寿命を全うしてしまった。

その理由は、オレンジ/ビアンカゴールド/ビアンカという非常に微妙カラーリング

f:id:tatsumine:20131130213612j:image

f:id:tatsumine:20080717185851j:image

と↑この妙ちきりんなステムのせいに違いないw

フレーム定価128,000円。VELOCE組みで30万円ほどで売られていたDAINAMO。

この価格なら当時cannondaleならシナプスカーボン5、ビアンキ928のアルテが買えた。

高いなぁ。

で僕が買ったのは、フレーム(ハンドル、ステム、ポスト付属)は60000円、パーツはLAPIERREの流用で30000円。

新規購入したのはペダル(PD-550)のみ。このペダル。見た目はアルテですが、バネが柔く、ペダルも柔く、あくまでもエントリーモデル

初期設定のバネ強度だと、MTBペダル並みにフローティングします。それに気づかずに今日たかだか60kmで足をつりました。

で、総額90000円で完成しました。

安いなあ。

オレンジ/ビアンカフレームカラーにはやはり青の差し色、当然です。

Cinelli Dinamo 1

COLOMBUSのMETALという7000系アルミを使用した前三角八角形のトップチューブ、ダウンチューブ極太のシートチューブでまさにNO FLEX

Cinelli Dinamo 9

Cinelli Dinamo 10

Cinelli Dinamo 11

そしてオーソドックスな各断面のチェーンステイにモノステーのカーボンバックで振動吸収性を高めたスケルトン

Cinelli Dinamo 5

Cinelli Dinamo 7

デザイン的に目を引くのはまずはベンドしたフォーク構造とデザイン両面から振動吸収性に寄与してますね。さらに前から見ると「COLUMBUS」の文字。

Cinelli Dinamo 4

このデザインがなかなかにかっこいい。ここまでデザインに凝ってるフォークって最近でもなかなかないと思いますよ。

下方が細いというのも振動吸収性的には理にかなったデザインですね。

Cinelli Dinamo 6

さらカーボンバックによって荒れた多摩湖周回道路ではSensium並み、とは言いませんが、下手なカーボンバイクよりも快適な路面追従性を見せてくれました。

更に付属ハンドルのVai Palmハンドルが非常に個性的な形状。

Cinelli Dinamo 8

上ハンがフラット形状になっており、空気の抜けの良さそうなデザインな上にケーブルのルーティングも大変しやすい形状。

さらにコンパクトシャローという絶妙なデザイン。

当然通常のコンパクトと比べると若干リーチドロップも大きめになるので100mmのステムでちょうどよく、持ってみると高校時代を思い出す形状です。

あの頃はシャローしかなかった…

EXPERIENCEのXS、Sensium 46との比較になりますが、

バイクシート長水平換算ヘッド長ヘッド角シート角リアCトレイルBB下がり
EXPERIENCE460mm522mm125mm72度74度407mm62mm73mm
DINAMO480mm520mm115mm71.5度74度409mm65mm73mm
SENSIUM460m520mm120mm71.5度74.5度412mm65mm67mm

ということでシートチューブヘッドチューブ長の割にトップチューブが短いコンパクトなコクピットになっていますね。リアセンターは丁度センシウムとエクスペリエンス中間トレイルはセンシウムと同じです。

数値からも乗った感じからエクスペリエンスと比べるとどっしりとして直進安定性に優れたバイクであることが感じられます

さらおもしろいことに、トレイルが同じ数値でホイールベースの長いセンシウムよりもアンダーステアが強いこと。

これはBB下がりが大きいため、低重心となりそのためではないかと推測します


路面の衝撃はしゅっと流し、ペダル入力は的確に捉える、街を30km/h平均で流すのにちょうどいいバイクだと思います

これはセカンドバイクにしておくのはモッタイナイ。いい買い物をしましたが、ブレーキホイールは要カスタマイズですね。


さらにもうひとつ今日着ていったのはSTEM-DESIGNのメリノパフォーマンス長袖ジャージ本日初使用しました。

走り始めは10度くらい、最高でも13度程度の気温でしたが、ウィンドブレーカー必要だったのは最初10分ほど。

NewJersey

すぐに発汗を感じたため、ウィンドブレーカーを脱ぎました。

その後は17時に帰宅するまでノースリーブアンダーにこのジャージだけで大丈夫でした。

保温性がよく風があってもニットでありながら風が入ることもない。

それなのに書いた汗はしっかり放出してくれる、まさにメリノウールの面目躍如

細身のシルエットも大変動きやすく、バタつきも少ないためライディングに集中できました。

しずサイでもオシャレだ、とイケメン店長含めて皆さんに太鼓判を頂きました。

保温性と快適性を考えるとCPがとても高いジャージだと思います

こういうデザインのジャージがあると、いわゆるジャージメーカーの冬物はなかなか着られなくなってしまう…

Cinelli Dinamo & New Jersey

あ、ちなみにSTEM-DESIGN様のblogでこのジャージのインプレとこの写真が掲載されました、てへ。

2013-11-09 帰ってきたピエール

[]Lapierre Sensium ver.3.0

で、帰ってきたピエールはver.3.0。

なぜならば、すぐにver.3.1にアップグレードする予定だから

Lapierre Sensium ver.3

全損扱いで288,000円の賠償額が出ましたが、おかげさまでフレームに関しては当面乗れるようだし、他に乗りたいバイクもない(というかチネリ買ったし)ので、傷ついた部分を交換とついでにアップグレードすることにしました。

アルテグラのクランク

リア周りはすでに全てアルテ化して、チェーンもデュラになっているので、残るはフロントSTI

STIは右側がダメになっているのでアルテ、FDクランクもアルテに交換です。

ついでにBB9000系デュラに。

元々はすべてTIAGRA系の部品だったのですが、これでホイールペダル含めてドライブトレインはアルテグラになりました。


あとは2014モデルへの切り替えの関係で入荷の遅れているPRO VIBE CARBONハンドル、ステム、ポストが届けばver.3.1にアップグレード

その頃にはCINELLIが完成しているので、ストレスなく入庫もできそうです。


という訳でしずおかサイクルからの道のりをアルテを堪能しながら帰ってきました。

105と比べてブラケットサイズなどはそれほど大きな差は感じませんが、メカメカした部分に手が触れることが少ない、質感の高さをまず感じます。

そしてやはりフルアルテになったことで相性が合うのでシフトフィールもカチカチと節度が合ってクリック感が良好で、無駄がない感じです。

アルテグラのSTI

ブレーキもよりリニアに効かせられる感じですね。

素晴らしい。

ボロボロになったバーテープサドルはどちらもfi'zi:kに。サドルはARIONE R5です。

今までよりもアンコが薄いけど、パッド付き履けば問題ありません。

fi’zi:k Arione R5

何よりもミーハーごころをこれでもかと引き付ける刺繍が素晴らしい。

バーテープの飾りテープ普通こんなに太くないって。ヨコ文字でfi'zi:kって入れないって。

フィジーク3点セットですね。靴と合わせて

f:id:tatsumine:20130910224705j:image

f:id:tatsumine:20130914091728j:image

後ろから

さぁ、また走るぞ、相棒

[]ルイガノ

ルイガノメリノジャージ

創立25周年記念ものらしい。

サイクルヨシダ楽天市場店で4780円。

定価13,650円が65%引きでした。

ブログではアフィリやってないので、普通リンク貼っておきます。

MERINO RETORO CANADAジャージSS

説明によればサイクルヨシダさんによれば

だそうです。創立25周年てことは創立が1983年なので2008年。5年ものデッドストックってことですね。

それにしてもCINELLIにしろこれにしろ、ここのところこういう微妙年代デッドストックに当たりを多く見つけます。

着心地はとてもいいです。実は初めてのウールジャージです。

カナダっぽさ満点です。水色が可愛いですね。

来週、これ着て走ろう(明日スポーツキッド販促活動w)。

2013-11-02 復活

[]26日ぶり

10月8日事故以来26日ぶりに長い距離を走りました。

実は23日に物損額が282,000円で確定し、11月5日に全額が振り込まれることになりました。

カーボンフレーム衝突事故のため全損扱いですが、当然全額が賠償されることはありませんでしたがそれでも自転車屋さん見積もりの約8割の減価償却となりました。

カーボンで新しい自転車というのも頭をよぎりました。

当然ながら予期せぬ損傷が入っている場合があります

しかし、今現在2012年Sensium以外で乗りたいフレームはゼリウスしかありません…。

ということで、Sensiumはあくまでも損傷有りきで考えて損傷部品と合わせてパーツのグレードアップを図り、何かあった時に新フレームに速やかに乗り換えられるようにしました。

すでにRDスプロケブレーキホイールはアルテ、チェーンはデュラになっているので、FDクランクをアルテに交換し、BBはデュラに交換です。さらに損傷の酷かったハンドルはステム、ポストとあわせてPRO VIVEのカーボンに交換しました。

連休明けぐらいに組み上がる予定で、もしSENSIUMに何かあった時には、これをDINAMOに載せ替えるか、XELIUSをフレーム買いすることにします


で、当然ピエールも夫ちねりんも完成していない状態ですので今日はどっぺるくんがひさびさに登場です。

これで10km以上走るのは去年味スタまで行って以来、生粋の足チャリになってましたが、とりあえずペダルSPDに交換w

今日の愛馬

2年半経ち、相当のヤレが目立ち、こないだフロントブレーキシューを交換しましたが、機構にガタがないのは驚きです。メンテは半分なげやりな感じなんですが…。


やはり困ったとき多摩湖

リハビリですから妻と走るくらい(つまり23km/h巡航)がちょうどいい。


途中小平駅そばカフェラグラスで妻のふたり展のディスプレーの改良を。

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展2

壁掛けはクリップを利用して壁にかけ、

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展4

ガーランドを設置して、

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展3

ふたり展ならではのコラボ賞品も展示

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展1

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展6

Rodica et すぎうらなおこ ふたり展5

こんなかんじでこじんまりしているけれども密度の濃い、今までではベストな展示環境提供していただきました。


で作業後はそのまま多摩湖自転車道多摩湖へ。途中八坂サークルKで小腹がすいたので補給とコーヒーブレーク

コーヒーブレイク

LEFFが割れてしまったので新調したKOOFUのWG-1。

ホントに軽くて、かぶっている感じがしないくらい。

これは今の首にも優しい。

けれども例えばブルホーンだと、先端部分を持ってエアロポジションを取るとさすがに首が無理です。

ロードが組み上がってもしばらく下ハン禁止ですね。

で、最後多摩湖の坂はトップにいれてダンシングでゴール。ほほえましき男女2人ずつグループをぶちぬこうとしたら後ろにあぶれてる男子が2人いて思わずもらい泣きしそうなりました。

1ヶ月ぶりの多摩湖へ。

はい、この後ろの集団が男女5人秋物語サイクリング男女です。

ちなみに今日ジャージモニターをお願いされながら今日が初めての着用となったmcnの3クロスジャージ

完全に季節外した感はありますが、ノースリーブアンダー+ジャージ+アームカバーで走りましたが、肩口がライクラ素材で風をシャットダウンするのであまり寒さを感じません。フロント/bアックの素材は縦に伸びにくい素材なので、バックポケットに荷物を入れてもだぶつく感じがしなくていいですね。

で、汗はメッシュ部分からしっかり排出されるので濡れて冷えることもない、というホント機能的なジャージだと思います

少なくとも自分の手持ちのジャージでここまで考えられているものはありませんね。

f:id:tatsumine:20131102105330j:image

f:id:tatsumine:20131102105823j:image

休んでいると入間方面から飛行機が続々と。

入間基地の輸送機群4

フィンガーティップ

入間基地の輸送機群1

おもしろい編隊を組んでいるので帰ってから名前を調べました。フィンガーティップ。

軍用機って旅客機と比べて結構すごい急旋回とかするんだな、と。少なくとも搭乗したくないわ。

帰りは、清水方面から青梅街道へ出て、玉川上水沿いを走って帰ってきました。

約36km。

明日は妻の追加展示品づくりのお手伝いなので、あさっては多摩川でも走ってこようかと思ってます