Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2014-07-31

[]J2第24節 対コンサドーレ札幌@札幌ドーム

横浜FCはLEOC創業の地にして小野寺社長故郷、という第二のホームである札幌で1-0で勝利、後半戦負けなしの3連勝です。

札幌 0(0-0)1 横浜FC

スタメンは前節と同じ。守護神南、右SBに絶好調な上に札幌でJデビューを飾っている地元出身市村CBは盤石のコンビネーションを見せるドウグラス野上、左SBはなかじ、右サイドにワンちゃん、左に小池、マツとチン君のボランチにワントップにソンホ、下がり目のフリーマン野崎

前半はスコアレスでしたが、ボランチ上里の早め放り込みに左サイドの上原が素早く反応してシュートまで持ちこまれるシーンがありました。二度ともドウグラスがゴール際でクリアに逃れましたが、この2人と小野伸二が効いている印象でした。

横浜はソンホへの素早いボール集めはなかなか機能しませんでしたが、27分のワンちゃんのゴール左隅を狙ったピンポイントFKは相手GKの神セーブがなければ、というスーパーキック

そして後半16分、市村ペナルティエリア手前からグラウンダー前線野崎へ、野崎シュートDFが二度ディフレクトするも跳ね返りを市村が思い切り良く左足を振りぬいて先制ゴール!Jデビューしたチームを相手にしてもイチはノリノリですね。

25分野崎→ヨンハ。チンくんのポジショントップ下へ。

32分チンくん→謙介。謙介がトップ下へ。久々に見たけどおちついてたなぁ。

ディフェンス面では前半からドウグラスピンポイントで効いてるプレーをしていたし、後半はそれに加えてマツの気合が半端じゃないし、ゴールを決めたイチも気合が入ってる。センターの2人は盤石。

対する札幌は後半は小野伸二が緩急つけて良いコントロールをしていたけど、荒野、そして前半怖かった上原に代わった前田俊介の思い切りの悪いプレーでぶち壊しになってる印象。前俊の劣化はひどかった…。

でそのまま試合終了。

監督ヤマのインタビュー抄訳

三連勝はあまり考えていない。ひと試合ひと試合の積み重ね。札幌の力もわかっていたので後半は前半よりもハードにプレーしろと伝えた。連戦への準備もできている。」

(Q.次勝てば4連勝ですよ)

「連勝は考えてないって言ってるでしょw。」

イチのインタビュー抄訳

「チームの勝利に貢献できて嬉しいです。地元でゴール決めて勝てたのが嬉しいです。前半戦は得点力不足だったので後半戦は得点アシストからめるように意識づけている。練習も試合ハードに一戦一戦頑張っていきます。」

天皇杯2回戦でカターレ富山得点を奪うことに出来ずに敗れた三ツ沢での戦い以降、後半戦は、

  • 少ないチャンスを素早いリスタートと動揺を隠せない岐阜相手にサイドを破ってのゴールで相手のすきにつけ込んで逆転勝ちした岐阜
  • 飛車格落ちとはいえJ2では別格と思われた磐田相手にタイミング良く4点を重ねた快勝

そして今節、といろんなパターン試合展開でも確実に自分たちスタイルを貫き通して戦い抜いている横浜FC

転機はまさに天皇杯富山戦の後半45分間にあったのではないでしょうか。

45分間ホームゴール裏は「決めろゴールを横浜」を歌い続けました。

結果には結びつきませんでしたが、リーグ戦が再開してからはしっかりゴールを決めて、どんな形でも1勝1勝を積み重ねています

次はその富山との試合場所はまたしてもホーム三ツ沢

time for vengnce.

2014-07-20 勝ったー!

[]22節 対アウェイ岐阜

岐阜 1(0-0)2 横浜FC

横浜アウェイ岐阜戦を逆転勝利で5/31以来6試合ぶりの勝利。

しかシュート数は3本と快勝の裏には解消できない課題も見えます。

横浜FCアウェイ岐戦で後半29分高地に恩返しゴールで先制されました。


しかし、その1分後ハンドで得たFK小野瀬が素早いリスタートで右サイドの市村へ、市村は完全に虚を突かれた岐阜ディフェンスからフリーやすやすと同点ゴール。見事に振りぬいたゴールは素晴らしかった。


さら3分後、FKの崩れからワンちゃんの左へのパス永田が反応して素晴らしいグラウンダークロス、これにニア小池が右足で流し込んで逆転!!

わず3分で逆転するという横浜らしくない素晴らしい試合運び。


でもシュート3本です。3本で2点ってすごいですが、やはりシュートを打っていれば、もっと楽に試合ができたと思います。

岐阜シュート11本。


何と言ってもゲームの流れを変えたのは小野瀬のブラジル仕込みらしいプレー。

誰も予想しない素早いリスタート、そしてそれに反応できたイチ。

いい流れでホームで磐田と戦うことができます。


次節ホーム磐田戦。

勝とうず!!