Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2015-02-28 またかい

[]レニー・クラヴィッツ4度目の来日中

チケット買ってません。

以前の来日公演で痛い目に二度連続で遭ってるので、もう二度とレニーのライブには行かないって決めてましたので。

チケット売れてないっていう噂からすれば、今回も同じ裏の理由でしょうね。

ほんとに日本なめてんな。↓

2008年11月1日のブログ

2015-02-26

[]OMASボローニャパッション

f:id:tatsumine:20150226220256j:image:h320

オマスのボローニャお買いました。

現在の定価45360円を27000円、文栄堂さんにて。

創業の地ボローニャへのリスペクトを表したボローニャは、両用式のオマスの最廉価モデル

14Kニブ&プラペン芯、ニブにはボローニャ水路橋が刻まれています

f:id:tatsumine:20150226223307j:image:h320

ペン先はM、ガチニブながら適度にしなやか、フロー多めで、粒子が粗く、濃淡が出やすい味のあるインクである代わりにペンを選ぶオマスのブラックインクを難なくスルスルと紡ぎだしてくれる。

f:id:tatsumine:20150226223407j:image:h320

パッションの胴軸はなんとも妖艶なグラデーションレッド。見る角度で色も変わりさらに同じ軸は一つもないというワン&オンリー

f:id:tatsumine:20150226223647j:image:h320

f:id:tatsumine:20150226223700j:image:h320

キャップ漆黒ではなく光が当たるとキラリと光るパール。天冠にはOMASのO。

f:id:tatsumine:20150226223742j:image:h320

クリップは薄目で手帳などに優しいですね。

リングにはOMAS ITALY刻印

f:id:tatsumine:20150226223844j:image:h320

ちなみに、箱はイタリア万年筆らしく素晴らしくトゥーマッチ。

f:id:tatsumine:20150226223933j:image:h320

カバーを取り、ふたを開けるとペンシースに入って一本用ペントレーになる内箱の中にペンが。

f:id:tatsumine:20150226224037j:image:h320

このシース、多分スーヴェレーンの1000までカバーできますね。

f:id:tatsumine:20150226224112j:image:h320

ちなみに内箱を裏返すと2本用ペントレーにw

f:id:tatsumine:20150226224145j:image:h320


実はボローニャ、昨年の2月代官山蔦屋で妻がマジカ(パープル)に一目惚れしながら値段で断念。

安いところを見つけたもののあのシリーズの味であるホワイトマーブルの模様が選べないということで断念したペン

当時から書き味には大いに気に入っていたので書き味は文句なし

やっとオマスの黒インクを心置きなく使えます

ちなみに、箱の裏側には、

"Italian

Creativity,

History,

Craftsmanship.

The Pleasure of

Writing."

と刻まれております