Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2015-03-29 サイテーだ

[]アウェイセレッソ戦で初黒星

0-2。得点見れば完敗です。

しか得点シーンはいずれも個の力でやられたもの

チームとしては決して圧倒されてはいなかった。


では何が勝負をわけたか

それは最初からチームとして負けていたかもしれません。

この試合監督は捨て試合だと割り切っていたように思います。

カズ試合開始から全く機能しませんでした。

そのカズを後半12分まで引っ張りました。

前半いい時間帯に得点できず、せっかく南がPKを止めていい感じだったのに後半セレッソにまんまと修正され個の力でやられました。


カズに代わる選手としてケンスケが適当だったでしょうか?そうは思いません。なぜFWの交代選手を用意していなかったのでしょうか。今日は捨てて、水曜の福岡戦のためにクロを温存したと思われても仕方ないでしょう。

選手たちがどれだけ局面で頑張っても、チームに勝つつもりがなければ勝てません。嫌なゲームを見てしまいました。残念です。

スタメン

GK雄太

DFイチ、野上、テホン、なかじ

MFザト、チンくん、ワンちゃん小野

FWジャンボ、カズ

サブGKツバサ渋谷DF楠元、永田MF謙介、うっちーエーコ、ソンス


前半はザトと野上が中心となって、玉田存在を消して、さらカカウをカリカリさせる場面も多く、横浜がペースを握ります。

しかしそんな時にカズのところでボールが収まらない。

ジャンボがドログバのようにエリア内でボールをがっちり抑えますが、もう一人のトップ行方不明です。


後半開始からセレッソシンプルに守って、素早くフォルランパブロというプレーに戦術変更。

これに横浜はついていけません。

ここに至ってやっとカズを変えますが、変えたのは本来センターMFケンスケ。シャドーの位置に据えますが、セレッソの勢いは止められません。

16分に左サイド崩されて最後長谷川アーリアジャスールに決められ0-1。

さらフォルランマークを外すターンからパブロへのスーパークロスダイレクトで決められて0-2。


正直、ここで2枚変えても局面が打開できる選手がいない現状。

ても足も出ない、と思いました。

採点です。

はっきり言ってカズ監督以外6点あげていいと思いますが…

雄太6.0、イチ5.0、野上5.5、テホン5.5、なかじ5.5、ザト6.0、チンくん5.5、ワンちゃん5.5、小野瀬5.5、FWジャンボ5.5、カズ4.0、謙介6.0、エーコ5.5、ソンス5.5。留守監督4.0。


嫌なもん見ました。

選手は切り替えて水曜日は勝とうず!

2015-03-21 カズ外し

[]J2第3節 対ツエーゲン金沢

金沢 1(1-1)2 横浜FC

J2初年度ながら開幕戦で降格組の大宮をあわやというところまで追い詰め、2節目でヴェルディ相手に3-0で快勝、というちょっと山雅並みの勢いを感じさせるツエーゲン金沢久保つながりのチームでもありますね。そして北陸平日ナイターとかいつか見た風景

前節からカズを外してクロを入れた以外は2節までと変わらない布陣。

ミロシュはどうも、相手見てカズでいいか、クロを使わなきゃダメか見極めるつもりなのか、もうカズはいいだろってことか、前節の絶好のシーンで相手GKパスしたり、簡単に奪われてからの失点でダメ出ししたのか、至極まっとうな判断ではあります。

GK南、DF市村パク・テホン野上中島MF中里寺田松下小野瀬、FW大久保、黒津

自転車活用推進研究会があったため、リアルタイムで見られなかったのです。


先制点はワンちゃんがとにかく素晴らしいのひとこと。角度がないところからジャンボやテホンに合わせてくるだろうというGKの読みを見事に裏切る直接。

失点はアンラッキー、というべきか、南とDFが重なってキャッチできなかった時点で1点は仕方なかったか、またはセットプレー時のマーキングや位置取りは練習が必要ということか、相変わらずセットプレー得点源でもあり失点が多いシーンでもあります。

それにしても得点したCB太田康介は日本代表SBのコースケと字が違うだけなので横浜FC清水FC東京サポ的には非常に紛らわしい名前ですw。

同点にされた前半を終えて後半8分の勝ち越しゴールは、セットプレーから、こぼれをなかじがかなり無理目のサイドチェンジを右へ。タッチを割るかな、と思ったらワンちゃんが走りこんで速いクロスを入れ、これを小野瀬がニアスルーしてジャンボがボレーで決めるという、4人とも「ゴイスー!」というしかないプレーでした。

全般的ボールポゼッションでき、機を見たクロの裏への走りこみとか、ジャンボのポストプレーとかでチャンスを作り、一人で局面を切り開けるクロが最初から入ることで小野瀬との役割分担も明確になった感じで、これは次節までの時間も長いし、ミロシュができるだけこの組み合わせで試したいと思うのも致し方無いかな、とw


ま、今節の結果を見てセレッソ戦は当然このメンバーで行くでしょう。

あ、スカパー実況、シロートすぎ。

あとテホンは「パクちゃんと呼ばれてるそうです!」って言った途端にグラウンドマイクが「テホン!手ぇ使うな!!」って拾ってましたけどw

南 6.5

イチ 6.0

テホン 6.0

野上 6.0

なかじ 6.5

ザト 6.0

チンくん 6.0

ワンちゃん 7.0

小野瀬 6.0

ジャンボ 6.5

クロ 6.0

エーコ 時間短く評価なし

最後に、J'sゴールを引き継いだというJリーグ.jp

使えねぇ…

2015-03-14

[]第16回世界万年筆祭@日本橋三越

火曜までやってた丸善日本橋の「世界万年筆展」をらスルーしてしまったのですが、わりとマイペースに見られることが昨年の経験からわかっていた日本橋三越の「世界万年筆祭」に行ってまいりました。

期間は3月11日から16日の月曜まで。

ここのいいところはわりと「デキる販売員さん」がチョチョイと簡単な調整をやってくれたり試し書きが思う存分できたりすること。


まずはペリカンブースへ。

ペリカン日本にいらした山本英昭さんの万年筆相談です。

これ、ペリカンブースにあるのですが、実はペリカン以外もOK、というのを後で知りました。


書き出しでかすれる傾向があったスーベレーン800の茶縞を見てもらいますフローが弱めなことも指摘してくださりフローを増やし、さらにかすれも改善

続いて、ベワン先が粘つくような印象だったM205ブルーデモンストレーターをこれもフロー改善してくれてペン先も調整。


山本師の素晴らしいのはこの作業、研ぎ用のタイルとラッピングペーパー以外道具を一切使わない。

チョチョイのチョイで「よくなってもらわないと困りますね」とニコニコ笑いながら素晴らしい書き味をプレゼントしてくれました。しかしセーラーの修理部門に2ヶ月預けてもこんな程度だったのがそれぞれ5分で別次元って、セーラーさんなにやってるの?、と

f:id:tatsumine:20150314183156j:image:w320

「とても優しい筆圧でペン先負担がかからない書き方ですね」と褒めて頂きました。

アンケート用紙を渡してくれて、「これ、書いたらうちの試し書きがの紙と同じやつもらえますから」と。夫婦二人分名刺大のメモを頂きました。

f:id:tatsumine:20150314183133j:image:h320


後刻行われた趣味の文具箱編集長山本師のトークショーで他のメーカーも見てもらえるということで、妻もAURORA LUNAを見てもらいました。ペン自体は全く問題なし、右にひねって書く癖があることも相談しましたが、とくにオブリークでなくても問題ないですよ、とアドバイスを頂きました。妻のLUNAは購入時にアメリカペンショップで筆圧、捻り癖まで考慮して調整してもらって購入したのですが、いい腕だったようですね。

セーラー反省10枚です。


まずは目的果たして一回り、まずはペリカンブースで全モデル全太さ試し書き。400、600ともペン先が小さい分800より硬いですね。1000は異次元の軟らかさです。

ガチニブでコリコリ書くのが好きな妻は600の中字くらいがスタンダードみたいです。


デュポンでは妻が気になるエリゼのブラックマザーオブパールを見せてもらってる間にデフィとリベルデ、Dラインを試させていただく。いずれも可もなく不可もなく。


アウロラブースでは僕のイプシロンちょっと見てもらい、もう少しフローが欲しいということで、つゆだくまで行かないちょいだくくらいに調整してもらいました。


セーラーブースでは限定ライオン100th万年筆プロギアスリムフレッシュグリーンリーフFMニブ。

うーん、やっぱセーラーのカリカリって相性合わない。長刀も出してもらったけど、いきなりキャラが変わって扱いづらい感じになるし。

パイロットみたいに我が社はガチでもつゆだく勝負します、とかプラチナみたいに男は黙ってノーマルペン先勝負っていう個性が見えない。

妻はちょっと限定の2本には惹かれたようだけど。


パイロットでは742の限定色やエラボーやらミュージック、スタブなんて試させてもらって、10ペンはええのうと思いつつ、妻は742限定レッドにぐらっときた様子。

エラボーは想像してたより、「えっ?」って感じ、悪い意味で。ちょい、がっかり


センター試し書きコーナーではその他のブランドの試し書きが一堂に。

その中で2種類。

まずはCROSSピアレス125のFニブ。

すげえ。ノンストレス。こんな細字初めて!

昨年メトロポリタンデラックスの鉄ペンとは思えない滑らかさに感激して以来の感激の書き味。柔らかくはないけど、書いてて何のストレスも感じない、これはすごい。わたくし的今回のナンバーワン!


パーカーデュオフォールドセンテニアル、ビッグレッドのFニブ。意外とガチニブなのねー。かもなく不可もなく、てかプラチナみたいだ、と思って妻に渡したら、、、。

すげー感動してる(^^;;

ガチニブ好きには感動的な書き味らしいです。

人の好みってわからないもんですね。

クロスデュオフォールドも手が届かないお値段ではないので、そのうち2人のラインナップに仲間入りしてるかもしれませんね。


渡り見てから2フロア下の

文房具売り場も見に行きます

神戸派計画はじめとした紙メーカーが一堂に会した日本の紙文具祭w

なんというパクリ企画w

特に神戸派計画さんはカラー罫線のハーフスクエアノートiiro全30色60モデルを陳列。販売員さんの自虐トークに思わず妻が2冊買い!白罫線なんて、普通に見たら無地ですからね。よく見ると罫線があるっていう。

ワタクシは7mm罫線では細すぎるのでパスグラフィーロが万年筆をもてなすノートだとすれば、iiroは普通に万年筆を使うのにもいいノートだと思います

そのほかにも面白い紙文具ありました。

福島支援どんぐりバッジを本館受付で購入して、COREDO室町ゴントランシェリエでクラブハウスサンドを頂き、クロワッサンチーズキッシュなど大人買いして帰路につきました。

f:id:tatsumine:20150314190613j:image:h320


ホワイトデーはお花と花瓶。f:id:tatsumine:20150314190839j:image:h320

2015-03-08 まずは結果だ

[]J2第1節 vsザスパクサツ群馬@敷島

群馬 0(0-1)1 横浜

チーム創設以来の1万人超えだったらしい正田醤油スタジアム群馬

横浜昨シーズンサッカー継承しつつも、縦に速くという戦術がしっかりとフィットし、危なげなく草津アウェイで1-0で下しました。

内容的には100点とはいえませんが、群馬栃木金沢との序盤3試合は3連勝することが一番大切で、その初戦を勝利で飾れたことは何よりでした。

さて相手は、98年途中までフリューゲルスに在籍し「アジアの虎」、「赤紙王」の名を恣(ほしいまま)にした服部浩紀監督に就任。さら昨シーズンまで2年間、自称・ハマのマスチェラーノとして横浜の中盤の底に君臨した松下裕樹キャプテンマークを巻くチーム。更にサブには永井雄一郎もいます

横浜スタメンGK南、DFイチ、野上 、テホン、なかじ、中盤の底がザト、フリーマンにチンくん、右にワンちゃん、左に小野瀬、トップがジャンボとカズの横並ぶ。サブはGK渋谷DF楠元、永田MF謙介、エーコうっちーFWクロ。

カズが60分限定として次の手をどう打つかがポイントと思ってました。


試合が始まると序盤群馬に押されますが、9分になかじのアーリークロスをジャンボがゴール真ん前で落ち着いて落として反転して決めて先制点


先制したことで横浜はぐっと落ち着いて試合を進めることができるようになり、中盤高い位置で群馬松下の楔をケアすれば心配ない展開に。

横浜は序盤から小野瀬の動き出しが悪く、思い切りも悪かったのが心配な点。

ここは交代するまで改善できなかったですね。エーコ最初からでもいいかもしれません。

カズはジャンボに合わせてこぼれを貰う姿勢や、ボールを貰ってサイドに展開させたりとアイディアを持ってプレーしていましたが、いかんせん小野瀬が動きが悪かったのが残念でしたね。

60分はしっかりと動けていました。

マツをケアすればあとはタンケへのロングボールなのですが、ここはしっかりとテホンがマークについて、かなりカリカリとさせることに成功、中盤では完全にセカンボールを支配していました。


後半もザスパエンジンは掛からないまま、交代で入った永井も見せ場なく、横浜がまずは開幕勝利です。

相手のセンターライン仕事をさせなかったのに対して、うちはセンターライン機能したのが収穫でしょう。

次節は左サイドをどうするかがポイントになってくると思います

採点:

南6.0、イチ6.0、野上6.0 、テホン6.5、なかじ6.5、ザト6.0、チン6.5、ワン5.5、小野瀬5.0、ジャンボ6.5、カズ6.0、クロ6.0、謙介、エーコ時間短く採点不可能