Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 | 10 |
2050 | 12 |


2015-06-14 連勝

tatsumine2015-06-14

[]J2第18節 アウェイ京都サンガ戦は終始試合を支配して完勝

京都 1(0-1)2 横浜

京都山口山瀬がサブっすか。すごいですね。層が厚い。横浜は前節からクロに変わって小野瀬が入ります。この起用、大当たりでしたね。


試合開始。6分、小野瀬が下り目の位置からジャンボのポジションを見てアーリークロス、これをキーパーが上がっているのを見たジャンボがでふわっとしたヘディングシュート、枠上でしたが、試合は押されながらも、しっかりとポジショニングを保って京都攻撃を組み立てさせてない感じでした。両サイドをワイドに使えてるのも良かったです。


9分には中盤でのルーズボールの奪い合いを制して素早く左サイドのなかじへ、なかじがいつもならとっとと中に入れるところを我慢してwあえて遅めに入れたクロスは惜しくもジャンボに合わず


京都は個で突破されると怖いですね。12分、駒井を3人でなんとか止めたけど、ダメ主審ならPKだったかもしれませんでした。今日審判結構流すタイプでそれが逆に締まった試合作りましたね。


16分、エーコからザト、ザトがラインを見て小野瀬にスルーパスも追いつけず。しかし前に張ってポストで起点になるジャンボに対して、素早く抜け出す小野瀬のコンビは前節のクロとのコンビよりも質が高かった。


さて京都最後試合になる奥川、20分に足元のうまさを見せイチが付いてたけど、クロスを遅らせるのが精一杯なスピードも持ち合わせています

さらに22分絶対中行って打つなー…と思ってたらやっぱり中に切り込んでシュートこれは、しっかりブロック。27分にはドリブル突破からクロス。いい選手ですね。

しか最終ラインボランチ2枚でしっかり守れてる。

強力オフェンス京都に対してどこまでほころびが出ないか心配なところですが、バイタルがそれほどgdgdじゃないのが横浜が締まってる要因。特にザトがキレキレです。奥川へのけあは手もなくひねられてましたけど(^^;;


すると前半終盤から横浜局面が増えてきます

30分の素早い展開から大久保エリア内でポストプレー、31分にはアーリークロスをファーでジャンボがキーパーの位置を見てテクニカルヘディング、そして32分、ジャンボがエリアすぐ外でポストに入るところで相手が後ろからチャージしてFKをゲット。

今シーズンセットプレーからワンちゃんが輝くシーンがなかったわけですが、今日は違った。

ワンちゃんFKはうちの選手が入ってキーパーからブラインドになった壁を巻いてゴールイン。

相手GKは一歩も動けないファンタスティックなゴールです。


得点後もしっかりブロックで守って素早くジャンボへ展開、という横浜が目指すべきプレーがしっかり出来てますボランチ2人が相変わらず非常に良い。


そのまま前半は1-0で終了。

後半は相手も攻めてくるだろうから守りに入らずに攻めて終わりたい、と思ったらあっという間。

後半開始1分、左サイドからのなかじのスローインをザトが右ワイドワンちゃんへサイドチェンジ。さらワンちゃんが前へ走るチンくんへ絶妙スルーパス、受けたチンくんが上げた素早いクロスを右から中へ突っ込んだ小池がどフリーで頭で決めて2-0!

理想的試合運び。相手は後半からFW選手交代してまだ試合に入ってなかったですね。


しかしここから大事あいてはますます相手は嵩にかかってくるし、そうなった京都を45分間しのぐ力は横浜にはありません。冷静にしのぎながら相手がアンバランスになったすきをついて3点目を取りに行かないといけません。それくらいのきもちじゃないと勝てない。


選手はしっかりと戦います。いつもは軽さで知られたなかじのディフェンスがいい。

右サイドで奥川、内田はある程度自由にさせても最終局面では中央の、有田大黒はしっかりケアしてます

京都攻撃はどうも単調です。


逆に横浜はしっかり攻めて終わる意識が。

ワンちゃんのいいクロスさらにセカンボールを奪って小野からのジャンボへのクロス、18分のエーコからマイナスのクロスをファーのジャンボへ、ヘッドは枠へは飛ばず。

攻め続ければ攻められません。

カンボールも拾えていて後半もゲームを支配しているのは横浜

京都攻撃に完全に感じをとって、MF原川→FW宮吉で前線3枚に。


横浜はしっかり集中しているので選手がなかなか変えられません。

29分にはザトが磐瀬に削られて磐瀬にイエロー。フィールドプレーヤーからはバツ印が出るも立ち上がりプレー続行。気合入ってます


この横浜気合にタジタジな京都。30分にはバヤリッツァがイライラ。プレースキックのやり直しを不服としてボールを蹴りあげイエロー。

多分前節の岐阜みたいに前線選手にひとひねりがあったら、テホン、野上、なかじじゃチンチンにやられてたと思います。その意味では岐阜FWのほうが、今日京都FWよりも怖かった。

昨シーズン京都には怖さがあったけど、今日京都シンプルサッカーをやっちゃってましたね。


37分、京都9本目のCK、宮吉のヘッドはポストにきらわれたところで、小野瀬→謙介、京都は駒井→山瀬

懐かしい名前だ。対する横浜はいい交代、前線でためを作れます


しかし好事魔多し。39分、危ないなーと思ってたロングスローからの崩れのこぼれをバヤリッツァに技ありゴール。

横浜の追加点同様に選手交代のすきをつかれました。

しかししっかり攻めきる意識は崩れません。42分、謙介のグラウンダークロス小池シュートオフサイド選手は落ち着いてますアディショナルタイムは4分。

49分にはワンちゃん永田エーコを右に入れてなかじを一枚上げます

そして試合終了、

個人的には今シーズンベストマッチ

このメンツ京都を完全にコントロールしました。


遠征組、ビューティフルネーム、素晴らしいタイミングで西京極に鳴り響きました。ナイス

採点

2015-06-06 これで勝たなきゃどうやって勝つか

[]ホーム岐阜戦は3-2の逆転勝利

横浜 3(1-2)2 岐阜

ラモス監督のもと豪華補強を行いながらなかなか結果の出ない岐阜

攻撃の主力は左SH高地FW難波という元横浜の司令塔&エース、そしてヘニキ、レオミネイロロドリゴという外国人選手

その特徴どおりに岐阜試合を優位に進められましたが、苦しいところでの守護神エースの大活躍横浜は逆転勝利。

惨敗のあと大切な勝利を挙げました。

横浜スタメンGK雄太DFイチ、楠元、野上、なかじ、MFチンくん、ザト、ワンちゃんエーコFWクロ、ジャンボ。サブがGK高丘、DFフェリペ、MF小野瀬、匠、野村うっちー、謙介

前節西田に恩返しゴールを打たれて惨敗した上にAチームからテホン、永田出場停止で欠いたリスタートとして、勝手知ったる岐阜との対戦はうってつけでした。

テホンがいない分逆に安心して見られるのではないか、と思っていたDFラインでしたが、楠元が入った場合フォロー5バックがそれまでのエーコではなく、ザトが吸収される5バックになっており、外国人選手の速さとなんちゃんの強さに押し込まれると5-4-1の形になり、前半中盤省略になってしまったのは相手も同じ。

しかしそうなるとこの力で打破できる岐阜が優位。

横浜もクロ、ジャンボの2トップうまいことはまっていたんですがフォローがない。

7分ワンちゃんヒールでの切り返し岐阜選手ハンドで止めたのを流されて、ぽっかりあいエアポケット

FKを逆に素早く左に展開されて、高地が中から前に相手を引きつけてファーでフリーロドリゴは当てるだけ。

とっとと先制されてしまいます

しかし追加点を南がナイスセーブで防ぎ、横浜も、クロのスルーパスフリーエーコが決めきれなかったりと一進一退。

34分に試合が動く。カウンターからワンちゃん→ザト→チンくんと渡りロングフィードGKが前に出てのクリアが半端で前線エーコがキープして中へ切り込みつつ、ジャンボの位置をしっかり見てパス、ジャンボも落ち着いてGKを見て決めたもの

f:id:tatsumine:20150606183352j:image

しかしせっかくの進撃ムードも決められるときに決めておかないとダメっていう見本のようなゲーム

しっかりと横浜の弱点を見抜かれての勝ち越しゴールは41分。左から高地の素早いセンタリングレオミネイロが楠元の動きが止まったところでワントラップして抜き去ってフリーシュート。南もとめられず1-2と勝ち越される。

前半は1-2で終了。

今までの横浜ならこのままずるずると3点目、4点目を決められ、交代選手前線に対して前線を変え、効果的でなく終了という嫌なパターンが頭をよぎる。

やはりザトの存在横浜の起爆剤になっていないのが大きい。

前半8分野上フリーボールの競り合いでなんちゃんをエリア内で潰したとしてPK。手も使ってないしフェアなプレーだと思ったのですが…。

そしてここでなかじが痛み、担架で外へ。

PK、なんちゃんが蹴る気まんまん。そしてそこにチンくんがプレッシャーを掛けに行く。

なんちゃんは気合が入ってる、ある意味気合が入りすぎている。これはもらった、と思いました。

で、PK、南が見事に読み切る!!

これで今シーズン5本中4本目のPKストップ。阻止率80%脅威の阻止率です。

なんちゃんは恩返しゴールならず。

なかじはいちど戻るもののやはりプレー続行不可能で、12小野瀬が交代出場。エーコが左SBに入り、小野瀬がシャドーに入り、5-1-3-1のような形に。

後半も20分に近づき、相手も逃げ切りを狙って、シンプル外国人選手の速さとなんちゃんの強さに頼って縦に速いプレーが多くなってきたところ、中盤省略のプレーが増えてきましたが、これに付き合い切らなかったのが良かったところ。横浜の前への強さを岐阜がファールでしか止められなくなってきたところで、19分、深谷がジャンボを止めて警告、さらにクロの前への力を足を引っ掛けて、前半なかじを引っ掛けて警告をもらっていた野垣内が2枚目の警告で退場。

横浜お家芸、「数的優位な不利」の状況にw。

しか今日はそのプレッシャーに負けなかった。さらにヘニキがチンくんを警告で止めたFKからのジャンボのヘッドは一度は相手GK常澤がファインセーブも次の右CKをまたもジャンボがニアに飛び込んで押し込んで同点。

ゴール裏を煽るジャンボ。完全にノリノリの横浜

f:id:tatsumine:20150606183353j:image


3分後今度は、右サイド相手が退場で有利になってるサイドでしかけてイチがマイナスのクロスをクロへ、クロの胸トラップが流れたところ小野瀬が詰めてシュートGK常澤が弾いたボールに今度詰めたのはジャンボ!!

ハットトリック達成!

f:id:tatsumine:20150606183354j:image


残り時間たっぷりあるので、相手が攻める時間もある。横浜としては4点目をしっかり狙って行きたいところですが、なかなか決めきれず、そうなると留守監督の守りの采配はろくな結果をもたらさない。

今日も交代策はザト→謙介というのは良かったのですが、そのあとの最後コマはクロ→匠。

さらに最終盤はジャンボを最終ラインに下げるという「アカンやつ」を繰り出したんですが、相手もなんちゃんを下げる、という「もっとアカンやつ」をラモスが繰り出してくれたので無事3-2で勝利。

なぜかハットトリックのジャンボを最初に祝福したのは

f:id:tatsumine:20150606183351j:image

ラモスwww。

ということで、相手にとどめを刺す、という点では合格点は付けられないし、なんとか勝ったと言わざるをえない試合ではあったけれども。まずは大敗の後のおおきな一勝でした。ジャンボはこれで苦手の夏場、盛り上がっていって欲しいですね。


採点。

雄太7.5、イチ6、楠元5.5、野上6、なかじ5.5、チンくん6、ザト5.5、ワンちゃん6、エーコ6、クロ6、ジャンボ7.5、小野瀬6、謙介6、匠−、留守監督5.5

MOMは当然ジャンボですが、陰のヒーローはこれも当然ユータです。