Hatena::ブログ(Diary)

ウタカタ ノ ヒビ RSSフィード


バイセコーライダー、へなちょこダーツプレイヤー、粉大好きフリースキーヤー
かつ横浜FCサポーターであるたつがつづるうたかたの日々

2002 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 00 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2016 | 04 |
2050 | 12 |


2015-06-14 連勝

tatsumine2015-06-14

[]J2第18節 アウェイ京都サンガ戦は終始試合を支配して完勝

京都 1(0-1)2 横浜

京都山口山瀬がサブっすか。すごいですね。層が厚い。横浜は前節からクロに変わって小野瀬が入ります。この起用、大当たりでしたね。


試合開始。6分、小野瀬が下り目の位置からジャンボのポジションを見てアーリークロス、これをキーパーが上がっているのを見たジャンボがでふわっとしたヘディングシュート、枠上でしたが、試合は押されながらも、しっかりとポジショニングを保って京都攻撃を組み立てさせてない感じでした。両サイドをワイドに使えてるのも良かったです。


9分には中盤でのルーズボールの奪い合いを制して素早く左サイドのなかじへ、なかじがいつもならとっとと中に入れるところを我慢してwあえて遅めに入れたクロスは惜しくもジャンボに合わず


京都は個で突破されると怖いですね。12分、駒井を3人でなんとか止めたけど、ダメ主審ならPKだったかもしれませんでした。今日審判結構流すタイプでそれが逆に締まった試合作りましたね。


16分、エーコからザト、ザトがラインを見て小野瀬にスルーパスも追いつけず。しかし前に張ってポストで起点になるジャンボに対して、素早く抜け出す小野瀬のコンビは前節のクロとのコンビよりも質が高かった。


さて京都最後試合になる奥川、20分に足元のうまさを見せイチが付いてたけど、クロスを遅らせるのが精一杯なスピードも持ち合わせています

さらに22分絶対中行って打つなー…と思ってたらやっぱり中に切り込んでシュートこれは、しっかりブロック。27分にはドリブル突破からクロス。いい選手ですね。

しか最終ラインボランチ2枚でしっかり守れてる。

強力オフェンス京都に対してどこまでほころびが出ないか心配なところですが、バイタルがそれほどgdgdじゃないのが横浜が締まってる要因。特にザトがキレキレです。奥川へのけあは手もなくひねられてましたけど(^^;;


すると前半終盤から横浜局面が増えてきます

30分の素早い展開から大久保エリア内でポストプレー、31分にはアーリークロスをファーでジャンボがキーパーの位置を見てテクニカルヘディング、そして32分、ジャンボがエリアすぐ外でポストに入るところで相手が後ろからチャージしてFKをゲット。

今シーズンセットプレーからワンちゃんが輝くシーンがなかったわけですが、今日は違った。

ワンちゃんFKはうちの選手が入ってキーパーからブラインドになった壁を巻いてゴールイン。

相手GKは一歩も動けないファンタスティックなゴールです。


得点後もしっかりブロックで守って素早くジャンボへ展開、という横浜が目指すべきプレーがしっかり出来てますボランチ2人が相変わらず非常に良い。


そのまま前半は1-0で終了。

後半は相手も攻めてくるだろうから守りに入らずに攻めて終わりたい、と思ったらあっという間。

後半開始1分、左サイドからのなかじのスローインをザトが右ワイドワンちゃんへサイドチェンジ。さらワンちゃんが前へ走るチンくんへ絶妙スルーパス、受けたチンくんが上げた素早いクロスを右から中へ突っ込んだ小池がどフリーで頭で決めて2-0!

理想的試合運び。相手は後半からFW選手交代してまだ試合に入ってなかったですね。


しかしここから大事あいてはますます相手は嵩にかかってくるし、そうなった京都を45分間しのぐ力は横浜にはありません。冷静にしのぎながら相手がアンバランスになったすきをついて3点目を取りに行かないといけません。それくらいのきもちじゃないと勝てない。


選手はしっかりと戦います。いつもは軽さで知られたなかじのディフェンスがいい。

右サイドで奥川、内田はある程度自由にさせても最終局面では中央の、有田大黒はしっかりケアしてます

京都攻撃はどうも単調です。


逆に横浜はしっかり攻めて終わる意識が。

ワンちゃんのいいクロスさらにセカンボールを奪って小野からのジャンボへのクロス、18分のエーコからマイナスのクロスをファーのジャンボへ、ヘッドは枠へは飛ばず。

攻め続ければ攻められません。

カンボールも拾えていて後半もゲームを支配しているのは横浜

京都攻撃に完全に感じをとって、MF原川→FW宮吉で前線3枚に。


横浜はしっかり集中しているので選手がなかなか変えられません。

29分にはザトが磐瀬に削られて磐瀬にイエロー。フィールドプレーヤーからはバツ印が出るも立ち上がりプレー続行。気合入ってます


この横浜気合にタジタジな京都。30分にはバヤリッツァがイライラ。プレースキックのやり直しを不服としてボールを蹴りあげイエロー。

多分前節の岐阜みたいに前線選手にひとひねりがあったら、テホン、野上、なかじじゃチンチンにやられてたと思います。その意味では岐阜FWのほうが、今日京都FWよりも怖かった。

昨シーズン京都には怖さがあったけど、今日京都シンプルサッカーをやっちゃってましたね。


37分、京都9本目のCK、宮吉のヘッドはポストにきらわれたところで、小野瀬→謙介、京都は駒井→山瀬

懐かしい名前だ。対する横浜はいい交代、前線でためを作れます


しかし好事魔多し。39分、危ないなーと思ってたロングスローからの崩れのこぼれをバヤリッツァに技ありゴール。

横浜の追加点同様に選手交代のすきをつかれました。

しかししっかり攻めきる意識は崩れません。42分、謙介のグラウンダークロス小池シュートオフサイド選手は落ち着いてますアディショナルタイムは4分。

49分にはワンちゃん永田エーコを右に入れてなかじを一枚上げます

そして試合終了、

個人的には今シーズンベストマッチ

このメンツ京都を完全にコントロールしました。


遠征組、ビューティフルネーム、素晴らしいタイミングで西京極に鳴り響きました。ナイス

採点

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tatsumine/20150614/1434269326