Hatena::ブログ(Diary)

あほろばの手記

2007-04-19

[]ヴィニシウス・モラエスのフェリシダージ

有名ボサノバを作詞した方です。イパネマの娘と言えばピンとくる方もいらっしゃるでしょう。
彼の詩の中で感銘を受けた詩をひとつ紹介します。


Felicidade
Tristeza na~o tem fim
Felicidade sim...


A felicidade e' como a pluma
Que o vento vai levando pelo ar
Voa ta~o leve
Mas tem a vida breve
Precisa que haja vento sem parar.


A felicidade do pobre parece
A grande ilusa~o do carnaval
A gente trabalha o ano inteiro
Por um momento de sonho
Pra fazer a fantasia
De rei, ou de pirata, ou jardineira
E tudo se acabar na quarta-feira


Tristeza na~o tem fim
Felicidade sim...


A felicidade e' como a gota
De orvalho numa pe'tala de flor
Brilha tranqu"la
Depois de leve oscila
E cai como uma la'grima de amor.


A minha felicidade esta' sonhando
Nos olhos de minha namorada
E' como esta noite
Passando, passando
Em busca da madrugada
Falem baixo por favor...
Pra que ela acorde alegre como o dia
Oferecendo beijos de amor.


Tristeza na~o tem fim
Felicidade sim...






幸せ
悲しみに終わりはない
幸せにはある...



幸せとは、風に吹かれて
空気に漂う羽根のようなもの
ふわふわととぶが
生命は短い
際限なく吹く風がなければいきられない



貧乏人の幸福は
カーニバルの大いなる幻想
夢の一瞬のために
一年中、働く
王様、海賊、庭師に
仮装するために
それも水曜日にはおわってしまう。



悲しみに終わりはない
幸せにはある...



幸福とは
花びらに宿るつゆのようなもの
静かに輝き
そのあとゆらめき
愛の涙のように落ちてゆく



私の幸福は、
私の恋人の目のなかに夢見る
夜明けをめざして
刻々とすぎてゆく
この夜のように
お願いだから、小声でしゃべって
愛のキスを差し出す日のように
彼女が喜びとともに目覚めるように



悲しみに終わりはない
幸せにはある...





この詩をモティーフに駄文を書いたこともありました。
それすらもかなり昔のことになりました。
ブラジルにはいい詩がたくさんあります。
言葉の旋律が好きでよくボサノバを聴きます。
新たな気分で何かをしようとするとき詩をよく読みます。
特に古い詩を読みます。
古くから残っているものは何かしらと心打つところがあるものです。
今は創作するよりも創作のための沈黙と読書を優先したいと思ってます。
成果はなかなかでないかもしれませんがそうしないと言葉が付いて出てこないので人とは違った遠回りをします。
日記も見当はずれなことや自分的メモになるかな。