Hatena::ブログ(Diary)

目論見検討委員会 このページをアンテナに追加 RSSフィード

旧タイトル:はぴねす・りなっくす
ラジオとかアニラジ関連のブログでしたが、
現在は夏冬コミケの印刷会社締切情報ブログになってます。
技術系のことはこっちに引っ越しました
ANA・飛行機・旅行関連はこっちでやってます

2012-12-02

sphinxのインクルード時にセクションがリセットされる

完全にしてやられた。

先日と同じ環境にて、セクションを作ったファイルをいくつか用意。

index.rstに用意したrstファイルをinclude

すると、各ファイルのセクションがリセットされ、次のファイルを読み込むと一番上のセクションから始まる。

つまり、latex的にpartが一番上のセクションだとした場合は、includeしたファイルの一番最初に出てきたセクションがすべてpartになる。

includeファイルからさらにincludeしたら解決するのかしら(まだやってない)した。そういう流儀らしい。


jsarticleを使うときにchapter不可避問題

conf.pyで、manualの体裁でjsarticleが使いたかったら罠にはまった。

latex_docclass = {"howto": "jsarticle", "manual": "jsarticle"}

して、「latex_documents」に 'manual' を指定。ここで、jsarticleを使うとき、chapterは無視される。conf.py曰く、「latex_use_parts」という設定があるが、Falseの場合は、chapter、Trueの場合は、part の次にchapterが来るので結局chapterが挟まる。

必殺!ダミーチャプターでなんとかする方向。texファイルが出来たらsedしてchapterを削るという暴挙に突入。どこへ向かっているのか分からなくなってきた。

2012-11-27

sphinxのlatex経由pdfの時に jsarticle を使ってみたかった

昨日に引き続き同じ環境にて、\documentclass{jsarticle} を使いたかったのでメモ。

conf.pyを編集。

latex_elementsの中に下記を追記。platexのところでこけるの防止。

'babel':'',

part使いたかったので下記を設定(デフォルト False )

latex_use_parts = True

次に「第I部」と日本語で表示するために下記を設定。

language = 'ja'

あとはjsarticleを使うために下記を追記。

latex_docclass = {'manual':'jsarticle'}

んでまあ、結局 make latexpdfja するとtexはこうなる。「a4paper,10pt」はconf.pyで設定した。

\def\sphinxdocclass{jsarticle}

\documentclass[a4paper,10pt,dvipdfmx]{sphinxmanual}

んー。日本語の段落下げやってよ、とは思う。

もろもろ意図しないことが起きるのであとでなんとかする。

2012-11-26

latex_documentsで \and を使うとLaTeXのビルドでこける

sphinx 1.1.3 (with dvipdfmx) and TeX Live 2012な環境

sphinx経由LaTeX経由のpdfを作ろうとしていて、conf.pyのlatex_documentsという設定のauthorのところに、複数人authorがいるとき、「\and」で区切って書けるよ!と書いてあったのでやってみたらmake latexpdfjaでこけた。

Configuration — Sphinx 2.0.0+/7ff3d18 documentation

$ make latexpdfja

すると

See the inputenc package documentation for explanation.

Type H <return> for immediate help.

...

l.120 \tableofcontents

?

とまるし。単に「and」でいいみたい。