Hatena::ブログ(Diary)

二世の葛藤

2009-06-17

トラウマ

17:27

幸福の科学で活動しているときに起こった出来事で未だにトラウマになっているものがあります。と聞くと、どんなカルトっぽいことをしたんだとか御思いになるかもしれませんがちょっと違います。

今回も他人の目に関する事です。

僕が高校2年生のころでした。

いつも両親から「あんたも伝道(教えを広めること)しなさい」と言われていて、毎回ぼんやり返事してはぐらかしていました。「そうだな〜、やらなきゃな〜」みたいに。

伝道するということは、自分が新興宗教信仰していることが友達にばれてしまうので、それによって自分の評価が下がる事が嫌でした。信仰心の厚い人からすれば、とても腐った考えです。当会の教えを恥じているのと同じことだから。実際はそれほど当会の教え自体を恥じている訳でもないんだけど、この部分は個人的に少し複雑なところでいつも葛藤があります。新興宗教の世間一般のイメージの悪さは、物心ついた頃から感じておりました。


しかし、その当時、ちょっとした出来心で友達に伝道してみたことがあります。

そいつは話すと面白い奴なのですがそんなに目立つ奴でもなくて、ちゃんと話す友達は僕以外に数人しかいないおとなしいやつでした。女子の友達なんか一人も居ないような奴。僕の中で、こいつならなんとなくいける…という一種の自信がありました。当時の僕は、今ほど汚れてはいませんでした。そして、彼に伝導しました。

びびりの僕はまず一番簡単そうな献本からしてみる事から初めてみようと思いました(自分は読んだ事がないのに…)。そして、自分が幸福の科学と言う新興宗教の信者であることを告白し、本を勧めて、手渡しました。

しかし彼から返ってきた反応は、やんわ〜りした拒絶でした。やんわりとはしていますが、完全に向こう側へは行けない壁を作られました。

彼からしたら、やはり相当気持ち悪かったのでしょう。今まで普通に楽しい会話で笑い合っていた友達が新興宗教の勧誘を自分にしてきてるんだから、彼にとってこそトラウマになるでしょう。しかし、それは初めての伝道に試みた僕にとっても同じでした。献本をいらないと返されるのはショックでした(無料なのに〜)。

驚くべき事に、その夜は涙が出ました。恥ずかしくて悔しくて、どうして伝道なんかしたんだろうという大きな後悔の涙と、一方では何故分かってくれないんだろうという信者っぽい涙もありました。この最初で最後の伝道以来、伝道はしなくなりました。

それ以降、その友達の態度が変わるということは無かったと思いますが、彼には僕が新興宗教の信者であると知られて「きっと僕の事を気持ち悪いと思っているに違いない…」と思い続け、僕の中でだけ妙なわだかまりができました。

幸福の科学の教えが真理だと確信しているつもりだけど、腑に落としきれていない自分の逃げ腰で遠慮がちな態度が、相手までもびくつかせてしまいます。やはりその確信の度合いがまだ中途半端なので、その状態での伝道には無理があったなあと今は思います。読んでないとは言わなかったけど、実際に未読の本を薦めたのとかも無理が有りすぎる。弱そうでナヨナヨした友達だったから、ちょっと押せばいけるんじゃないかと思ったのです。まあ、良い経験です。まいりました。

その後ずっとだらだらと逃げ続けています。

悪い宗教じゃないんだけどな、どっちかってったら本物なんだけどな、という想いはあるのに、まったく。

この小さな出来事は僕にとって完全にトラウマになり、今の中途半端なスタンスを形成する大きな一角と成っています。

しゃんとしないといけません。

taokaotaokao 2009/06/17 21:33 俺は過去
疑問に思っていたことがあったんだ……

心が清らかでなければ
天上界へは行けないが

ただ心が清らかなだけでは
「何の役にも立たない」じゃないか?と
(仕事ができない役立たず)

でもな
エル・カンターレ(文明)とは
「矛盾したものを統一する」んだとさ
それで
合点したのさ

----------

坊さん、尼さんのだけの
狭い世界じゃないぜ
いまの会の中は

オナニーしたのが
どーしたとか?
こーしたとか?
総裁は
そんなこと
どーでもいい?と
思ってんじゃねーのか?

<わざわざそこでするってことは過去世で そのことでそうとう悩んだか?>

そんなことにこだわることが
キミが宗教的
坊さん、尼さんだということの証明じゃないか?
と俺は思う

もっと
自由だぜ
執着を持たずに金を大儲けすることはできるし
尖った部分を削らなくとも 大きくは なれるんじゃないのか?

真面目でいて、さばけている
攻撃的だけど柔和
大胆だけど繊細
いまの会は
とても懐が大きいと思うのだけど

キミはよっぽど
地方の田舎に住んでいるのか?
保守的な地域か?

外道外道 2009/06/17 23:08 私なんか、コメント出来る立場にないけどさ。
あえて、伝道は、一世にお願いしようよ。
二世はさ、普通に生活して、好き人と結婚して、子供、いっぱい作ってくれれば、人生百点だよ。
ブルドーザー、一世の後に、とことこ、普通車で、ついてくれば良いよと思う。
あれ、変なオジサンが変な、コメントすると、信者さんがコメントしないのかな?
ごめんなさいね。外界に帰ります。

人参人参 2009/06/17 23:59  私はあまり伝道はしない方がいいと思いますけどね。あまり無理に勧めると反宗教的になると思いますよ。
家も母が昔、私たち子供に強く勧めてから強く反発していましたし。私も中学ぐらいの時に猛反発していましたし。
また私の慕っていた先輩が信者だったのですが。その方も伝道とかはされてなかったですし。
ん〜なんか幸福の科学とはつくづく縁があるなぁ。

tcrtcr 2009/06/18 13:46 常連のtaokaoさん、コメントありがとうございます。いつも文面が個性的です。
これはあれですね、一つ前の日の記事「懺悔」にたいするコメントですね。
別に何にも気にする必要は無いのでしょうかね。行為に及んだ後、やっぱり僕の中では「うは〜俺、精舎でやっちまっただ〜」というオマケの罪悪感みたいなものを覚えたんですね。坊さんタイプってそうなんですかね。僕みたいな奴が坊さんタイプと言われる世の中だったら嬉しいです。総裁はそんなちっぽけな事は気にせず「もよおしたなら健康にも悪いから、磁場の良いところで存分にやりなさい」とおっしゃってくれるでしょうか。ならいいなあ。フトコロ宇宙より深いなあ。
出身は地方です。確かに保守的ですが、僕はそんな保守的な地域のかでも比べ物にならないほど保守的ですね。超右翼です。そういうの本当は良く知らないけど。
矛盾したものを統一する、ってカッコいいと思います。どうすればそんなことが出来るのかわからないけど、エロすらカバーできるならそれは相当に凄いことだと思います。


常連の外道さん、こんにちわ。コメントありがとうございます。
生まれてこのかた、伝道は一世の方にお任せしっぱなしです。
一世のみなさんは本当に文字通り命を賭して伝道活動に励んでいらっしゃって、ずっとずっと頭を上げる事が出来ません。僕みたいなインポ二世は一生ラクチンコで終わってしまいそうで怖いです。そんな葛藤からも抜け出したい。ブルドーザーの後の普通車の比喩、分かりやすいですが、なんだか恥ずかしい。ブルドーザーは傷だらけになってしまうのに…、すまん一世、では終わりにくいっしょ人として。
仕事をまともにやり始めたら、時々は御布施しようかと思っていますけども、伝道はなかなかハードルが高いです。いつか偶然にスイッチが入るのを待ちます。
外道さんいつもコメントありがとうございます嬉しいです。御手透きでしたらまた遠慮せずにこの地獄界にいらっしゃってください。


人参さん、ちょっとぶりです。コメントありがとございます。
伝道はしない方が良い、という考えには僕も同意見です。世の中に不信感がどんどん蔓延る原因になっていると思います。
僕の学校でも「この前アイツに、○○○の勧誘されたんだけど…マジ怖ええwww」とか、よく聞きます。そういう時に、実は僕も新興宗教やってまして…とはもちろん言い出せず、みんなと怖がったりおもしろがったりしています。僕は他宗教の奴でも一生懸命伝道している姿には尊敬しますが、やはり皆は完全に退いてしまっています。伝道は難しいです。
しかし、伝導しないと問題も沢山出てきます。内向的になってしまうとそれはそれでミステリアス過ぎて怖いし。伝道は真理を広めるという最も尊い行いの一つです。勇気ある行動。何事もバランスが大事です。伝道は本当に難しい。
両親がよく言うのは「自分が本当に幸せであれば、人は自然に幸せの秘密を知りたがって集まってくる」ということ。彼らは伝道は簡単だと言ってます。あんたらすげえよマジで。
あれ、縁があるって、人参さんは信者ではないんでしたっけ。
お母様が信者さんなだけなんでしたっけね。

のぼるのぼる 2009/06/18 18:58 伝道ですか・・・・職場でROの本を読んでいて、興味を示した奴に話をしています。


15年ほど前の職場で、若い連中に面白おかしく、特に霊現象の話が退屈な昼休みにウケていました。

そのうち、東京ドームの講演会に行きたいと言い出した2人が会員になって、みるみる私以上に、
「幸福の科学限定単語」を日常会話に使うヘンな奴になりました。

私の責任ではなく、2人とも、もともと坊さんみたいな感じですから、地が出ただけのことです。

そして今年の3月に、突然、その職場で適当に話を聞いていた、別の二人が私を訪ねてきました。

20代だった彼らは見事なオッサンになっていましたが、まあ会えば、相変わらずのバカ話です。

そしたら、「なんで、俺達にはROを勧めなかったの?」と言います。

ビックリです。 なんだ・・・言えばいいのですが、あくまでも本人の探究心次第だから・・・

そういえば、「結婚記念に、ROの入会書をあげようか?」と二人には言いましたが、「金をくれ!」 と正直な反応をしました。

なんたって、宗教的な、融通の効きそうにもない魂じゃないと、なかなかつかみ所のないROを永くするのは難しいですからね。

基本的に、当時のROの組織は小乗のタームで、今ほど親切じゃないですからね。 

で・・・そんなことを私の前で言うから、「いいところに連れて行ってやるゾ」といって、中部正心館の礼拝室で有無を言わせず、30分ぐらい瞑想の真似事をさせました。

あとは本人の、『 求めよ。 さらば与えられん 』です。




伝道ですが、

例えば、おいしい店を見つけたとき、あなたは仲間にその店を教えるタイプですか?

「本当にビックリするから。 だ ま さ れ た と思って、行こうよ!」なんて。

私はこんなノリで、ROを紹介しています。 

ROの話をしてみると、自分が相手に、どの程度の付き合いをしていたかが、相手の反応で分かります。

適当な関係であれば、適当にあしらわれます。

相手にそれほど好意がない場合は、ここぞとばかり5割増しで批判されます。

期待値なんて吹っ飛ぶ、結果を体験します。

無私だとか、無償の愛だと自分に言い聞かせても、人間不信になるぐらいです。



これから社会に出て行くなら、学生時代に身に付けるべきスキルに、「コミュニケーション能力」があります。

営業トークと勘違いされるのですが、誠実さを表現するスキルです。

誠実さというのは抽象的ですので、言葉や行動にすべて自分がある、自分らしさがあるということです。

口下手でもOKです。 ダサくてもいいのです。 自分の輪郭がぼやけないようにする意思があればOKです。

ですから結果のイメージに縛られず、借り物の言葉ではなく、自分の体温で暖めた言葉で話す練習に、伝道の機会を使ってみたらどうでしょう。

社会人になると、親密な話ができる機会が少なくなりますよ。

taokaotaokao 2009/06/23 00:43 新興宗教なんてやってるとさぁ
一度や二度や三度や五度、六度は

人から小バカにされたり
あざ笑われたり
変人だと思われたり
教祖にだまされてると思われたり
金をまきあげられていると思われたり
「すがっている」と思われたり
頭悪いと思われたり……
いろいろ
いろいろ

ほんと
チクショーッ!
クヤシイなあ……
という思いはたくさんしてると思うぜ!
みなさんが

でもな
まぶしい太陽を見て「暗いんじゃない?」とは言えないし
キレイな花を見て「きたねーッ、反吐が出る」とも感じられないし
あの先生のことを「ぜんぜん信じてませんよ、俺は」とも言えないんだから
しかたがない
しかたがないんだよ
ホント

どんなに小バカにされてもさ

紗弥奈紗弥奈 2009/06/26 17:32 さやはまだ伝道よくわかんないし、したこともないけど・・・
映画には友達いっぱいさそうつもりです!!

tcrtcr 2009/08/04 16:44 精舎スリッパあるあるの権威、のぼるさん、どうもまたコメントありがとうございます。お返事が凄く遅くなってしまって大変申し訳ないです。
のぼるさんはバイタリティーもコミュ能力もかなり達者臭いですね。のぼるさんの様なかんじで御友人を巻き込む事が出来れば本当に自然で、なおかつ楽そうです。
関係を確かめる雰囲気でカミングアウトして勧誘…まあ、あれです、実は最近になって信仰告白は稀にすることがでてきました。でも勧誘はまた全然ハードルが高くて難しい。一気に怖くなります。若かりし頃のトラウマが胸を締め付けて惜しいところで肝心な言葉が出てこなくなります。人間不信こええマジで。
無私スタンスのぼるさんですらきついんですから、まだまだこれは…。しかし、徐々にね。はい。徐々に。まだ二十代ですから。
三十代から本気出します。…。


taokaoさんコメントありがとうございます。お返事遅くなりました。申し訳ないです。
taokaoさんの言う通りです。普通は太陽を暗いとは言えないです。しかし常識では太陽は暗いものであるともし認識されていたとしたら、1人声高に太陽は明るく輝いているとは言えないんです僕は。マイノリティになるのが嫌だから。
小馬鹿にされることを選ぶ事はまだ出来ないんです。そんな自分に反吐が出たとしても、なんだかどうも難しい。宗教ってすげえ難易度高いっす現代っ子には。か〜〜。


紗弥奈さんコメントありがとう。返事が遅くなってごめんなさい。
映画に友達いっぱい誘う!!とか偉いです!!偉過ぎます!!僕は映画にもなかなか勇気が出なくて誘えません。幸福の科学の映画、やっぱり宗教の映画だから、もしかしたら変に思われてしまうかもしてないとか思うと、なかなか。
両親は毎回「今回の映画は普通の人が見ても絶対面白い!」とか言ってるのですが、僕にはそうは思えないんですよね。確かにクオリティーは上がってきていますが、ストーリーがスピリチュアル過ぎて、信者以外の人を置いてけぼりにするばっかりな気がして。
アニメに対する理想が高すぎるというのもあるかも。
新しいのはひろし様の手腕が気になるから自分からすすんで見に行こうかな。がんばって誰か誘おうかな。

2009-06-16

懺悔

17:02

いくつかの精舎で一番最初にオナニーした奴は俺です。

神様、これ以上無い冒涜をお許しください。本当に大変申し訳有りませんでした。


ほんの出来心でした。

おそらく、両親に勧められて行った泊まりの研修でのことでした。

これまでに数えきれないほどの研修を受けましたので、いちいちその時々の題目は覚えておりませんが、その時もいつものように一日の研修が夜の9時頃に終わり、聖黙(お喋りしてはいけない状態)のまま風呂に入ってからソファに座って一日の疲れを癒していたところ、なんとなくもよおしまして、トイレでこっそり自慰行為に勤しみました。落慶後間もない精舎がいつもターゲットになります。

また別の日、別の精舎でも行為に及びました。これまでの総合計はおそらく3回。

いつも情事は速やかに行われ、終わった後いつも僕の頭は罪悪感と反省の念で埋め尽くされます。してはいけないという極限状態が、僕のエクストラ守護霊(ちんこ)を誑かすのです。もよおしたもんはしょうがないです。このチンパンジー以下の自制心はもはや自慢しても良いかもしれません。

しかし、たちの悪い事に(エクストラ守護霊の立ちが悪い訳ではない)、行為の後、罪悪感と反省の念だけであればまだいいのですが、心のどこかで「フヒヒ…この精舎でも一番最初は俺じゃ…」という謎の阿呆で邪悪な考えが心のどこかを過ったのです。死んだ方が良いとはまさにこのことだと思います。最低過ぎて泣けてくる。

仕事の痕跡は完全に残しませんので誰に迷惑がかかるという訳ではないのですが、これは完全に神への冒涜です。TVチャンピオン冒涜王決定戦ではダントツもダントツ、圧倒的な優勝で殿堂入りでしょう。

…と、ここまで書いて、この記事ははたして公開していいのだろうか…と、けっこうマジな冷や汗と不謹慎な笑いが同時にこみ上げてきました。これはひどい


幸福の科学の教えによると、人は死んだ後天上界に行き、この人生で犯した善行や悪行の数々を映画に似たような形式でみんなに公開されてしまうらしいです。浄玻璃鏡と同じようなものです。

つまり親族や友達みんなが、僕の人生のプレイバックを見るのです。しかも心の中で思ったことですら筒抜けになり、人が見えないところで隠れて犯した罪も、完全にオープンになるのです。天上界では想いは筒抜けになります。

羞恥なんてものではすまされません。一生分の恥なんてものではありません。僕が今死んでしまったら、いったい何生分の恥をかくか分かりません。宗教施設でこっそりマースターベーションに勤しむオタク学生…。この上ない強烈な映像です。天上界で上映する僕の人生劇場のばかばかしさは、かなり上級者向けになるでしょう。最低最悪です。

どんな見事なハッピーエンドを向かえた人生になったとしても、精舎での一人遊びのシーンはもっともインパクトのあるシーンの一つになることでしょう。

後の祭り、後悔先に立たず、穴が有ったら入って上から土をかぶせたいです。

みなさん、誰にも見られたく無い映像、誰しも一つは持っているでしょう。僕はおそらく、人より多いです。その一部が、こんな馬鹿馬鹿しくて恥ずかしいやつ。

天国の霊界映画館は、天上界でも最もえげつないところの一つでしょう。

この記事は、早めに消してキャッシュが無くなるようにした方が良いかもしれないです…。

外道外道 2009/06/16 23:22 勇気ある更新。ナイスですね〜
オナニーは、健康な証拠。笑って許してくれます。
私も、総本山・正心館が、新装オープンしたとき、泊まり研修でオナニーしたよ。
場違いな所で、やるからこそ、快感を感じま〜す。
なんて、怒られますな。ごめんなさい。でも、あんまし、罪悪感にならなくてもいいような。
ドンマイ、二世くん。オナニーしない男なんか、いないよ。空振り三振したら、次は、デかいホームランを打てやろうぜ。
三振の数なんか、数えてらんない。オジサンなんか、もう、バットが、立ってくれないんだから。(笑)

tcrtcr 2009/06/17 06:18 外道さん、コメントありがとうございます。
今回はさすがにまず怒られると思っていたのに、まさかのカミングアウト。驚きました。
僕の他にもバッターの方はいらっしゃったのですねw不謹慎ながら少し安心してしまいました。もしかしたら、実は僕が思ってるより精舎オナニー経験がある方は結構いらっしゃるのかもしれませんね。中には精舎で主に見守られながらでしか出来ないトリッキーな人もいたりして…。
しかし、神の家でオナるなんてやはり駄目な気がします。仏様は笑って許してくれますでしょうか。友達の家でギャグでオナるのとは訳が違いますからね。まったく場違いな場所です。きれいな職員さんを見た日なんかもう完全に危険日です。
しかしオマエさすがに精舎では我慢せよ;と天上界から聞こえてきます。三振の海で溺れそうです。ホームランはこの場合、セックスですかwww?(最低)
コメントのオチに哀愁が漂っていて素敵です。この新たなるオナニストとの出会いに、幸あれ。ありがとうございます。
(?)

あざらしあざらし 2009/06/17 20:05 このネタはお蔵入になったと残念に思っていたら不意をつかれましたあざらしです。
完全な信者ベープマットだと思っていたら普通に猛者がコメントしていて二重に不意をつかれました。

まあしかし、冒涜度は、必ずしも場所のみが要因ではないと思うのですよ。
若さ、TPO、そして妄想内容。このトータルで評価されるに違いありません(根拠なし)。
特に最後の奴なんかでは、私は正直誰にも負ける気がしません。
妄想の中身まで上映されるのなら、そのシーンの外観などは大した問題ではないんじゃないでしょうか。

私は以前幸福の科学出版推奨エロ本という不謹慎ネタをコメントしましたが、
一部やや冗談じゃない部分がありまして、
世の中のエロコンテンツを広く見聞しますところ、
同じエロでも地獄度が高そうなものと、
そうでもなさそうなものが(まれに天国的でないかとさえ思うのも)あります。
私は恥ずかしながら前者に多大な影響を受けてきたので、ますますその時が恐ろしいですね。

まあ幸福の科学は、ギリシャ系の神々の影響か知りませんが、情欲の問題にはやや寛容なイメージがありますね。
真っ盛りの学生時代に、墨子や小桜姫の霊言とか読んで、少し安心した記憶があります。
あまり教条的に禁じられていたら、私は今頃アンチだったのかもしれません。

tcrtcr 2009/06/18 13:08 あざらしさん、どうもコメントありがとうございます。
そうなんです、お蔵入りにしようかと思っていたのですが、気分が乗ったので投下してしまいました。すると信者の外道さんも経験がおありだという事で、妙に感慨深い驚きを覚えました。幸福の科学は僕の想像をいつも超えていきます。

なんだか、僕の行為の冒涜度はそれほど対したものではなかったのかな…と思い始めてきました。
あざらしさんのコメント内容からは、たしかに壮絶なポテンシャルを秘めた妄想力を感じます。エロに対する情熱、凄そうです。よ、エロ師匠。
地獄度の高いエロに心当たりはいくつかありますが、僕の場合ちょっと退いてしまってあんまり燃えません。
小学校低学年の時期に発掘した親父のエロビデオのなかに、軽いスカトロモノが有ったのは今思うと衝撃的でした。他にはSMだとか痴漢だとかレイプだとか妊婦だとか、なんとなく地獄度高そうです。同人エロ漫画とか、いまや殆ど宇宙のごとくにカオスになっており、日本人の想像力の限界は本当に底が知れません。人間が理解できる領域を遠の昔に超えてしまっているようです。
あと、天国的なエロというと、ちょっと想像がつきにくいのですが、オススメの作品等ありましたらまた(ry

幸福の科学出版推奨エロ本、何十年かたてば実現する可能性もあるでしょうか(とうぶんは無いだろうな…)。
これが実現しさえすれば、幸福の科学に対する世間の評価も変わってくるのではなかろうかと思います。需要は無くは無いと思います。しかしコアだな〜。
撮影とかどうなるんでしょう。やっぱり理解のある信者さんが制作・出演するのでしょうか。挿入は無いのでしょうか。変態的なシチュエーションは駄目でしょうね。女子高生とか。
小川のせせらぎや柔らかい木漏れ日をバックにミズサワさんのヒーリングミュージックと共に、風の如くの愛でお互いを愛撫し合うそこそこ良い身体の二人…みたいな…。
なんだか余計に妄想力のトレーニングに拍車がかかりそうな気もしないでもないですね。色々と際限なく不謹慎な妄想が膨らんでしまうので、大きな金槌で頭を叩きつぶして思考の回転を止めてほしいです。

幸福の科学は情欲の問題に関してはやや寛容なんですか。知らなかった。でもそういえばそれほどエロ規制は無いですね。墨子や小桜姫の霊言、もちろん未読です。なんですかそれは、興味津々です。これ以上無い良いフリです。探してどうにか読みます。
エロ規制でアンチの危険て、あざらしさんどんだけエロいんすかwwwww

2009-06-12

職員さん

00:17

このブログでもたびたび話に登場する職員さん。彼らは教団からお給料が出ている人達で、当会の運営してます。

当然そういう人もいます。宗教は会社と違ってシステムが特殊みたいです。お布施や宗教施設には何かと税は適用されないので、脱税乙とよく言われます。

職員になるには当会の教えに精通しているだけではなく、経験もあり人格も素晴らしくなくてはいけません。職員さん達は信者の見本とならなくてはいけないのです。全員スーツでビシっときめています。外見だけで職員さんと一般信者を見分けるには、リクルートスーツを着ているか着ていないかで判断すると良いです。職員さんは真面目です。

個人的に、スーツは知的な印象と清潔感とを同時に兼ね備えていてベターですが、もっとオシャレな普段着でかつフォーマルな雰囲気にも対応するような服を着てたらカッコいいなあと思います。そういう見た目でもお手本になっていくべきです職員さんは。クリエイター職のように、センス的な部分も採用基準に含むべき。なんだったら幸福の科学でアパレルブランド作ればいいんですよね。キムタクみたいなファッションリーダー的職員さんが出て来て、彼が着たヤツは売れるみたいなエゲツナイかんじ楽しそうです。

あと、職員さんと聞くと、おっさんおばはんばっかかと思うかもしれませんが、若い人も居ます。というか何故か最近は若い人ばかりです。そして女子はやはり美女が多いです結婚して。

システムは良く知りませんが、毎年学生部から職員になる人がいるみたいなので、世間と同じような時期に就活みたいなものがあるのかもしれません。多分、職員になるテストがあるのだと思います。

まあぶっちゃけそろそろ親の七光りみたいな二世職員も居てないこともないでしょうが、そういうのはこれから経験をつむでしょう。二世だからって僕みたいな屑虫ばっかではありません。

で、一般的な会社のように職員さんにもランクというか、レベルというか、出世があるようです。支部長とか本部長とか、そんなのです。それぐらいしか知りませんが、システムはけっこうしっかりしているようです。

株式会社でいうと、総裁は社長にあたり、幸福の科学の経営方針を幹部と決めているに違いありません。お布施や布教の目安とか設定したり。このへんは想像の範疇を超えませんが。

職員さん達の給料とか、どれくらい貰っているんでしょうか。

そういえば、誰もそういった内部事情を職員さんに直接聞いてる方を見た事がありません。暗黙の了解というか、タブーなんでしょうか。上から、いくら貰っているかとかは口止めされていたりするのでしょうか。同世代の一般的なサラリーマンと比べて多いのか少ないのか気になるところです。今度聞いてみようかしら。多分教えてくれない。給料によっちゃあ僕も職員目指すかもしれませんし。

職員さんの仕事は、運営。イベントごととか、祈願やお祈りの時の指揮とか。ずっと支部にいるので、本当に会社員と同じなんだと思います。

信者さん達とトークできるので楽しい職場につけばラッキーです。

ちょっと話がそれます。

地方に飛ばされた職員さん達は一般信者と殆ど目線は変わりませんが、都会の職員さん達はなんとなくちょっと上から目線っぽい印象を受ける事が多いですね、個人的な意見ですが。地方の職員さんは目下の方に対する態度もどこかいつもへりくだっているのに、都会の職員さん達はいつも毅然としすぎているというような。しかも綺麗なジャイアンな方がちらほら。時々、自分に酔っている方もいる気がします気のせいかもしれないけど。特に若い方。目上の方はまさに選ばれし者っぽいオーラを感じる方が多いのですが、経験も未熟な三十路にもならん職員さんはもっと頑張るべき!いやいや!それ俺だから!!頑張らなきゃいけないのマジで俺。本読みます。どんどん本読みます。ごめんなさい。

外道外道 2009/06/13 07:59 おはようございます。
学生あがりの職員くんは、温かく見守ってあげたいけどね〜アクセル全開君もいるのかな?
あと、あんまし、本を読むことに、こだわらなくても。
CDを通勤途中に聞くとか、こま切れの時間を利用したほうがいいよ。
いきなり、太陽の法でなくても、読みやすいと思うものから、勉強したほうが。
私は、これを人に、これ読みなさいと言われると、逆に頭に入らないので。

taokaotaokao 2009/06/14 00:41 なぜ?俺が「幸福の科学」を
タイトルに使うことを
やめろと意見したのか?

残念ながら
キミには
幸福の科学の会員・信者抱いている
ホンネとタテマエ
さまざまな想い
その全てを
拾い集めて
すくい上げ
その内のエッセンスをまとめて
自分の内で練り上げ、編集して
面白おかしく
ユーモアを交えて
楽しくブログにするだけの
「センス」も「技量」もないから
ごめん……
「センス」や「筆力」が感じられないから

<キミが幸福の科学の会員の代表ではないのなら
キミが二世のすべての気持ちを代弁しているわけではないのなら>
「幸福の科学」をタイトルに使うことは
迷惑になるぜ!

ミクシィで仲間集めてやれば?
リアルに会や支部のなかで
ホンネを語れる仲間はいないのかい?

----------

タテマエこそが、夢や理想、真我
ホンネは言い訳や、偽我かもしれないんだぜ

---------

ほんと
SNSとか仲間内でやることだろ?
と俺は思うんだ

タイトルを変えたのは俺に前歯折られるからじゃない
自らが
不自然さを感じただけさ

tcrtcr 2009/06/14 19:33 外道さんおはようございます。コメントありがとうございます。
ルーキー職員さん達はみなさんけっこう最初からアクセル全開で頑張っておられるように感じます。とても良い方達です。3年ほどハイペースで頑張ると、だんだんとバテてきて円熟味を帯びてこられるように思います。
もし、万が一職員を辞められた場合、再就職の難しさはどれくらいのものなのかとか気になります。信者さんの経営する関連会社なら問題はないでしょうが、まずケース自体が少なそうです。
CDを聞くのは良いですね。僕はいつも寝る前に本を数ページだけ読んで眠るだけなので、両親のCDを借りてiPodに入れてみようと思います。iPod素晴らしい。幸福の科学ポッドキャスとで総裁の御法話を流したりすれば良いのに。本も興味のあるものから手を付けた方がいいですね。太陽の法はかなり読んだので、この次からは別に順番を気にせず読みます。


taokaoさん、いつもコメントありがとうございます。
なんかtaokaoさんからのコメントは毎回ストレートで凹みます。
僕にセンスも筆力も無いとか…自分でも分かっています。数日後に読み返すと恥ずかしい文章ばかりです。むしろそれが逆に魅力的かもしれないとポジティブに考えております。(あるあるは気に入っていますが)
幸福の科学信者の文章力が低いと世間に思われたくないからというのは把握しました。
しかし、幸福の科学の代表ではなく二世の総意を代弁している訳でもないのに信者を名乗り発言することで、それだけで誰かに迷惑がかかるというのには少し納得がいきません。
それに僕がタイトルを変えたのは、taokaoさんに前歯折られたくないからというのはもちろんギャグで、本当はtaokaoさんに気に入られたかったからです。別に違和感は感じていませんでした。なんだったらまた変えたいです。なんだか逆効果になってしまいました。

リアルでこういったつっこんだ話をするのは難しいです。面と向かって支部で毒のある言葉を発するのは出来ません。そんなことすると僕みたいなヤツは支部に行けなくなって余計に真理から遠ざかりそうです(おい)。その前に、本当にリアルで真理の本音トークが出来る方がいません。それが一番の理由です。
そして、このブログ、確かにミクシィやSNSでやるべき内容だと思います。信者である僕が揺れるのは、他の方に影響がありますから。
しかしブログ開設時、ネット上で僕とともに葛藤を共有し勉強し合う仲間を集める方法も思いつかなかったです。幸福実現党の話を聞いてほとんどパニックのような状態のまま勢いで作ってしまったブログなので、後々のことを考えていませんでした。
ブログを始めた時は、世間から注目されたいと思っていました。というと語弊があるかもしれませんが、単純にマイナーなまま終わってしまうと本来の目的である僕の疑問や葛藤の共有と解決、僕の信者としての成長日記を一般の方に向けて表現することは難しかったと思うのです。今ではちょっとその初志に問題もあったといくつか気づきもありましたので、少し方針を変更しますが、もう少しの間はブログでやらせていただこうと思います。これ以上ご迷惑をおかけしないように本当に気をつけます。

とはいえ、既に各方面に多大なるご迷惑をおかけしている自覚はありますし、強い危険性をはらんだうんこ企画だとは思います。その一方では、非常にありがたいことにまだたったの一ヶ月程度のこのブログに、taokaoさん含め既に多くのリアルコメンテーターさまからのコメントを沢山頂けました。ブログは凄いですね。怖い怖い。
何人もの方に様々な意見を頂き、考えることが非常に増えました。おかげさまで僕自身にとっては凄く有意義なものになっています。そのかわり、ずっと後世に残るということを常に考え、全ての発言に責任を持たなくてはいけません。危険性を自覚しなくてはいけません。あんまり迷惑かけてはいけません。
しかしながら、当たり障りの無いことばっかりでもおもしろくないので、一応疑問は早めに吐き出しておこうと思います。

あと、これは今思いついたことですが、
同じはてなダイアリー内に「素人がプログラマーを目指すブログ」があるのですが、僕はそのブログに強い憧れが有ります。数年間かけて立派なプログラムを書けるように淡々と修行している姿がリアルで凄く説得力が有ってカッコいいのです。
いつかこのブログも「素人が信者を目指す」ブログみたいになれたら良いなあと。となると、ちょっと方針を変えなくてはいけませんが。

名無し名無し 2009/06/14 21:17 文句があるならもう見なければいいし、無視すればいいのにねw

俺は慣用的な宗教行為以外はまったく興味ないし、新興宗教なんて全部なくなればいいと思ってる。
キムジョンイルの守護霊と会話したとかなんて常識のある人ならまったく信用しないけどね

まあ、ここのブログは生の声が聞けるから興味本位で覗いてるだけだけどねw

外道外道 2009/06/14 21:18 お疲れ様です。
試行錯誤しながら、大変ですね。今は、会全体が、真っ赤のイケイケの時、だからね。
まぁ、このブログの、ゆるゆる感が、好きだけどな。
タモリ倶楽部、みたいな、ぐたぐた感でも、良いのでは?どんな方向性でも、ご自由に。
私は、阿呆だから参考にならないけど。のんびり、応援していますね〜

tcrtcr 2009/06/15 15:28 名無しさんコメントどうもありがとうございます。
いやあ信者の方にとったら、そうそう無視できないですよきっと、この糞尿ブログは。まっすぐなお坊さんタイプの方達は特に。
最近は僕も何かと気をつけているのですが、当会に対して納得がいかないことを僕が勝手に作ったオリジナル一般常識で乱暴に語り文句を言うので、それはもうイライラがたまりまくっていると思います。
僕も新興宗教なんて気味の悪いものは無くなれば良いと思います。しかし僕もそれに所属しているので、幸福の科学は新興宗教じゃなくなれと思います。複雑なんです二世は。
金正日の守護霊との対話とか、僕もにわかには信じがたいんです。そんなタイムリーな霊と対話だなんて上手い話…。そういった想像を絶するスーパーナチュラルな部分を名無しさんのような新興宗教嫌いの方に信じさせるにはどうすればいいのかさっぱりわかりませんし、むしろ自分でもどうすれば信じられるのかどなたかに教えていただきたい。
あと興味本位でも覗いていただき、しかもコメントまでくださって、とても嬉しいです。しかし、「生の声が聞けるから」と言う事ですが、なんだか最近信者さんからのコメントがやたら多いせいか、明らかに僕自身が信者よりになってきていますから、鮮度が落ちてきているかもしれません…。
チャンネルはSO!NO!MA!MA!


外道さんどうもおつかれさまです。コメントありがとうございます。
今は幸福の科学史上最も大事な時期です。みんなベストオブ必死です。そんなおりにこんなへらへらしたインポブログを書いている事自体恥ずべきことです。試行錯誤はします。慎重にもならないと。恐らくはブログを中断するのがマジで一番良いですね。
自分ではそんなにゆるいつもりでは無かったのですが、ゆるゆる感を褒めていただきありがとうございます。タモリ倶楽部みたいな神懸かり的なぐだぐだ感が出せればこの上なく素晴らしいでしょうが、テーマが非常に繊細なだけに、脳みそが金玉くらいの僕には手に負えないです。なんとなく方針は定まりつつ有りますが、まだぐっらぐらです。
外道さんが阿呆だなんて、それこそ阿呆な。僕の好きな番組をさらりと言い当てられました。
のんびり応援、ありがとうございます。では、のんびりがんばらさせていただきます。

taokaotaokao 2009/06/15 21:54 これは俺、個人の意見だからさ
一般会員の平均の意見とはちと違うかもしれないけどさ
まあ、通りすがりの男の言葉だと思ってきいてくれ。

俺は40代後半の男だけど
君は?よくわからないが10代後半か、20代なのか?
はっきりとはつかめないが「若い」ことだけは確かだよね。

俺は思うけど
その年代の男なら

女の柔らかい肌に触れたいとか
抱きたいとか
どうやったらアノ子とできるだろうとか
押し倒したらどうなるかとか(笑)
考えてもみたら?

30過ぎて中年になってから
本格的に真理を求めてみても遅くはないのでは?

懲役くらっちゃまずいけど
ちょっとくらいハメはずして
若い時だけだぜ
無理してムチャしても
ケンカして人を傷つけても
許されるのは

疑問を持つなら離れてみればいいじゃん?
活動から離れて
普通の若い男のように
オンナとかアソビとか
それに興味なければ
スポーツとか学問とか音楽とか
自分のやりたいことやればいいじゃん?

放浪を重ねて、中年になってから
仏法真理を始めても遅くはないぜ
と俺は思う
ちっとは「ワルイ」こともしてみたら?
宗教のブログばっかやってんじゃないよ!
キミこそが
宗教的な魂、坊さんじゃないのか

若いならムチャして
アソビも
ちょっとばかりワルイことも経験してみろよ
友達と殴り合いのケンカができるのも
おねーちゃんの部屋に忍び込んでワルサできるのも
いまのうちだぜ!

(あくまでも俺の意見だからヨロシク)
---
てのが
おいらの気持ちですが
周りにホンネで語りあえる人がいないのなら
おいらが聴いてやってもいいぜ
なんちゃって!

tcrtcr 2009/06/16 16:45 taokaoさん、コメントありがとうございます。
や〜、なんかその発想は無かったです。ある意味こういうコメントを心待ちにしておりました。最高。
柔らかい肌めっちゃ触れたいっす。内太ももに頬をつけっぱなしで四六時中過ごしたいです。
僕は50代の両親を持つ20代です。実はもう既にそういった若い衝動を発散する時期はギリギリ過ぎてしまったかな…と思っているのですが、押し倒した事は…う〜ん、あったかな…。たしかにもうちょっと無茶しておくんだったなあと思います。はめ外して許される年頃はやっぱり少し過ぎてしまったので後悔が募ります。
エロに対してはネタ的にオープンなふうではあっても、本質的には完全にむっつりでかなりの奥手だったので、果敢に告白して、どうかエッチさせてくだされという流れにはなかなかなったことはありません。基本的に僕は追うタイプではないので告白とかも出来ません。

でも、こんなブログを書きつつも実はそれなりに僕はやることやっているような気はします。人並み以上に遊んでいるとも思います。
一般的な信者さんよりも、この世に対する執着が壮絶に凄いので、信者さん達が布教活動に励んでいる時に、好奇心に身を任せてむさぼるように様々な無駄情報を蓄えました。信者ではない方ですが今もおつき合いしている女性もおります実は。学問にも人一倍燃え、親友達と切磋琢磨しながら泣いたり笑ったりという内容の濃い青春を謳歌させていただいております両親様のおかげで。何せ僕は信者だとバレる事を極端に嫌がるパーソナリティを持つので、外見上は新興宗教の信者っぽくはないと思います。親元から離れたここ数年は真理から本当に離れすぎです。
夜這いとかエロス(愛)関係には興味しんしんですが、喧嘩とかワルっぽいことするキャラではないですし。

女子を抱いたりするのはマジで良いですね。勉強もやめて就職の事も忘れて、ある種の女子のように恋や愛だけに生きてみるのも楽しいかもしれませんね。
taokaoさんも若い頃はブイブイ言わせていたのでしょうか。ちょっと関係ないですが、1969年頃の空気感を知っている方々には無条件で憧れてしまいます。話を聞く限りでは、あの時代の日本は攻めてましたね。面白そう。二十世紀少年面白過ぎです。エコとかって言葉が無い時代、羨ましい。エロも良いエロたくさんあったんだろうなと思います。良い時代の青春だ。

30過ぎてから真理を追い求めるのも遅くは無いかもしれません。しかし、それはやはり一世信者さんの発想だな、と感じました。
僕が今回この糞ブログとともに真理を追い求める切っ掛けとなったのが幸福実現党の立党なので、なんとなく奴らとペースを合わせてみようかなと思っています。
僕は物心つく前からずっと真理を追い求めているような気もします。僕が3歳とか4歳のころに幸福の科学に出会い、数ヶ月で正心法語を暗唱できるようになると両親に褒めちぎられ、意味が分かりもしないころから研修に出て、祈願もばんばん受けて、リヴァイアサンやフライデーやノストラダムスのような時代に、涙を流しながら戦うように熱く活動する両親の背中を見ながら育ってきたりしていますので、もはやなんとも真理から今更はなれるということのほうが難しいです。
悪い事は悪いと下手に知っているため、グレたくてもグレられません。グレる方がもっと勇気がいりますね今や。僕には無茶できませんよ。地獄に行くようなことは、ほんの少したりとも出来ません。
いや、というより、このブログをやってる事がある意味では一番ワルいことですからねwww

僕こそが坊さんタイプ…なんでしょうかね。こんな坊さん居たら本気で嫌ですが、案外そんなもんなのかな。職員さんで僕みたいな半端なクオリティーの人間はそうそう居ないでしょうね。居ないと信じたい。

本音で語り合える人は確かにリアルでは居ませんが、実はもう既にtaokaoさんらコメンテーターの皆さんとは本音でたくさん語り合えているつもりです。既にたくさん聴いていただいております。
今回はなんだか新鮮なコメントをありがとうございました。やっぱ一世信者さん達はとても羨ましいです。

きみひこきみひこ 2009/09/14 17:32 はじめまして。僕は三十代の信者です。

はじめてこのブログをよみましたが、僕はむしろ文章がうまいというか面白いと思いました。

大体文章がうまいへたってあいまいですよね。どうやって決めるんですかね。

tcrさんはわりと楽しく豊かな20代を送ってるみたいですばらしいと思います。

「坊さん」にもいろいろいますよ。

高名な宗教家は女性からもてた人が多いんです。男性としても魅力があったんですね。

イエスさまにも女性信者がたくさんいたし、鎌倉仏教のの明恵さんもハンサムで人気があったらしい。

ちなみに明恵さんは、ファンの女性からアプローチされたあこともあったけど、結局生涯女性に触れなかったそうです。女性にオープンに接しつつ、しかし、肉体関係は持たなかったんですね。
修行者としてかっこいいと思いません。

良寛さんも女好きだったんじゃないすかね。詳しくは知らないですけど。

きみひこきみひこ 2009/09/14 17:34 はじめまして。僕は三十代の信者です。

はじめてこのブログをよみましたが、僕はむしろ文章がうまいというか面白いと思いました。

大体文章がうまいへたってあいまいですよね。どうやって決めるんですかね。

tcrさんはわりと楽しく豊かな20代を送ってるみたいですばらしいと思います。

「坊さん」にもいろいろいますよ。

高名な宗教家は女性からもてた人が多いんです。男性としても魅力があったんですね。

イエスさまにも女性信者がたくさんいたし、鎌倉仏教のの明恵さんもハンサムで人気があったらしい。

ちなみに明恵さんは、ファンの女性からアプローチされたあこともあったけど、結局生涯女性に触れなかったそうです。女性にオープンに接しつつ、しかし、肉体関係は持たなかったんですね。
修行者としてかっこいいと思いません?

良寛さんも女好きだったんじゃないすかね。詳しくは知らないですけど。

2009-06-11

更新再開

06:48

こんにちは、二世です。

ここ最近私事で色々なことが重なり更新出来ませんでした。

誰にも望まれず生まれて来たブログなので何の支障も無かったとは思いますが、またこっそり更新再開し始めるのを報告します。

まずは頂いたコメントに御返事を書きます。

外道外道 2009/06/11 08:16 気楽にいきなさいよ。信者でもいろいろ。
あんまり、深刻にならずに。
エロねたは面白いよ。

tcrtcr 2009/06/11 09:01 外道さん、ありがとうございます。
僕なりに気楽にやらせていただいているつもりなのですが、そんな僕の態度も誰かを傷つけることになりそうなので、やはり注意を払いつつやっていきます。
それに、そうですね。頂いたコメントを拝見していると、信者の方にも信者では無い方にも、本当に多様な方々がいらっしゃるんだなと思ってとても驚きます。その気づきだけでも意義が有ったと思います。
エロねたを褒めてくれてありがとうございます。外道さんとは一緒に旨い酒が飲めそうです。

外道外道 2009/06/11 09:57 フルマラソンをダッシュ走りの信者さんは、尊敬しておりますがね。
まぁ、お互い、未熟者同士、ゆるゆると、寄り道しながら、歩きましょうよ。

tcrtcr 2009/06/11 12:40 ありがとうございます。
フルマラ信者さん達は眩しすぎて見ているだけで何となく申し訳が立ちません。リスペクト極まりないっす。いつかは僕も靴を履き潰すくらいしてみたいです。
御優しいコメントありがとうございます。真面目に頑張ります。

あざらしあざらし 2009/06/11 19:50 むしろ一週間空いただけで「再開」という感覚に驚きなあざらしです。
あと逐一コメントにレスするのもさすが信者さんは真面目だなあと思いますね。
適当にスルーしとかないと、コメントする人が雪だるま式に増えて疲れちゃうかもしれませんよ。

返事クレクレ臭漂う海棲哺乳類っぽい常連とか
奪う愛だらけですからね。

tcrtcr 2009/06/11 22:04 あざらしさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
たしかに一週間で再開などと言う言葉を使うのはちょっと恥ずかしいですね。そんなに見ている人も居ないのに。ここを見ている方々は選ばれし方々です。
しかし、たしかに、そういえば、もし今後、ありがたいことにソウルフルで長文なコメントが今の3倍くらいついた場合、全てのコメントにお返事するのはとても時間がかかりそうですね。出来るだけ全てのコメントに返事を書きたいですね。僕は基本的には律儀で真面目ですので。それに、みなさんのコメント、とても興味深くて返事を書かずにはいられません。
まあ、まだ大丈夫です。心配ご無用です。ありがとうございます。
お客様は神様です。奪う愛上等!

AKMAKM 2009/06/12 21:35 待ってました!!
元気に再開してくれてよかったです。
二世たちを持つ親は、別に寛容とかでもなくて、二世君の葛藤するのがとてもよくわかるからです。
自分でこれだ!って思って入ったわけじゃないんだから、世間の偏見にあって揺れるのはあたりまえ。大人の自ら入ってきた人でも揺さぶられまくり・・退転する人もいっぱい・・・
私の若い頃なんかいっぱい失敗もしてきたし・・
小さい頃から正しさを教えられてくると、やってはいけない、思ってはいけないことがいっぱいあって・・でもそんなよい子に簡単にはなれないし・・・
若いころに真理に出会って、あまり罪を犯すことがなく成長するのと、いっぱい罪を犯して成長してから真理に出会うのと、どっちがいいかって言うと、それぞれ自分と逆の方がいいんじゃないかと思ってしまうところがあると思うけど、本当はそれぞれの人間の成長に良い方の人生計画になってるんでしょうね。

二世君は本当に根はまじめな良い子だと思いますよ。
だって、疑問に思っていることを必死で反省してるのですから・・・

疑問に思うことを無理やり納得させる必要なんてないです。
でも、自分の位置からは見えないことも数年たつとわかってくるということはよくよくあります。
素直に教えの中身だけ少しずつでも実践していくと、見えてきます。
素直さはもっとも成長できる素質だと思います。
多くの人が疑問に思うこと(仏陀の生まれ変わりなのか?とか、人間が宇宙から来たとか)はいっぱいあるけどそういうことって、自分の成長していくためにはどうでもいいことでしょ。
あとで考えてもいいんじゃないかしら?

「私は幸福の科学のマイペース会員です」というブログのおじさんのお話は今の政党のマニフェストなんかもわかりやすく答えてくださっていてとても為になってます。もちろん私のように、街頭演説とかもお手伝いしたりしている人間にとってですが・・・
世の中の人も、一人ずつお話しすると私たちが私心なく、本当に日本をよくしたいと思って活動していることをわかってくださいます。
初めから、偏見で話を聞こうともしてくださらない方以外は本当に応援してくださいます。
どこまでいけるか楽しみです。
ただ、もう年なので、さすがに体力はきついww。
急に政治や経済に詳しくなって、なんかちょっと頭が良くなった気になってるママでした。

長男には、「親みたいな人からのコメントって迷惑してるんじゃないの?」とか注意を受けながら、
かわいい息子のような二世君についついおせっかいをしてしまうママです。

なお、うちの支部のおばさまたちに一番受けたのは、
「事務用品の引き出しのラベルと中身が全然違う」っていうのと、
「子供が子供の面倒を見ている」でしたw。

AKMAKM 2009/06/12 21:35 待ってました!!
元気に再開してくれてよかったです。
二世たちを持つ親は、別に寛容とかでもなくて、二世君の葛藤するのがとてもよくわかるからです。
自分でこれだ!って思って入ったわけじゃないんだから、世間の偏見にあって揺れるのはあたりまえ。大人の自ら入ってきた人でも揺さぶられまくり・・退転する人もいっぱい・・・
私の若い頃なんかいっぱい失敗もしてきたし・・
小さい頃から正しさを教えられてくると、やってはいけない、思ってはいけないことがいっぱいあって・・でもそんなよい子に簡単にはなれないし・・・
若いころに真理に出会って、あまり罪を犯すことがなく成長するのと、いっぱい罪を犯して成長してから真理に出会うのと、どっちがいいかって言うと、それぞれ自分と逆の方がいいんじゃないかと思ってしまうところがあると思うけど、本当はそれぞれの人間の成長に良い方の人生計画になってるんでしょうね。

二世君は本当に根はまじめな良い子だと思いますよ。
だって、疑問に思っていることを必死で反省してるのですから・・・

疑問に思うことを無理やり納得させる必要なんてないです。
でも、自分の位置からは見えないことも数年たつとわかってくるということはよくよくあります。
素直に教えの中身だけ少しずつでも実践していくと、見えてきます。
素直さはもっとも成長できる素質だと思います。
多くの人が疑問に思うこと(仏陀の生まれ変わりなのか?とか、人間が宇宙から来たとか)はいっぱいあるけどそういうことって、自分の成長していくためにはどうでもいいことでしょ。
あとで考えてもいいんじゃないかしら?

「私は幸福の科学のマイペース会員です」というブログのおじさんのお話は今の政党のマニフェストなんかもわかりやすく答えてくださっていてとても為になってます。もちろん私のように、街頭演説とかもお手伝いしたりしている人間にとってですが・・・
世の中の人も、一人ずつお話しすると私たちが私心なく、本当に日本をよくしたいと思って活動していることをわかってくださいます。
初めから、偏見で話を聞こうともしてくださらない方以外は本当に応援してくださいます。
どこまでいけるか楽しみです。
ただ、もう年なので、さすがに体力はきついww。
急に政治や経済に詳しくなって、なんかちょっと頭が良くなった気になってるママでした。

長男には、「親みたいな人からのコメントって迷惑してるんじゃないの?」とか注意を受けながら、
かわいい息子のような二世君についついおせっかいをしてしまうママです。

なお、うちの支部のおばさまたちに一番受けたのは、
「事務用品の引き出しのラベルと中身が全然違う」っていうのと、
「子供が子供の面倒を見ている」でしたw。

tcrtcr 2009/06/14 17:27 AKMさん、どうもコメントありがとうございます。待ってましただなんて、なんだかすいません。ありがとうございます。
ブログは頻繁に更新するものだと認識していて、一週間の間が開いてしまったのは何となく良くない気がしていました。ですが、今後はあんまりそういうことは気にせず気楽にやろうと思います。
一世と二世、どちらが良いんでしょうね。僕は一世の方が羨ましいです。心から信じることになったきっかけが羨ましい。心から信じるという感覚が分からないという訳ではないのですが、あともう少し、あとちょっとのところで信じきれない自分がおります。

「私は幸福の科学のマイペース会員です」拝見しました。とても良いサイトですね。おもしろくてわかりやすいです。いつか質問させていただこうかと思います。
学校の宿題や授業がおろそかになりそうなほど、最近読む物が沢山有りますが、学校のことより熱いです。
幸福実現党の狙いが上手く世の中に伝われば良いと思います。分かってもらいたい。
政策を大まかに聞いた限りでは、本当に素晴らしい勝つべき政党だと思いました。これからどこまでいけるか、吐くほど不安でもあり、楽しみでもあります。しかし、党首が変わったりしたのはイメージ的にかなりまずかったのではないかと思いました。

AKMさんがおせっかいだなんてとんでもない。とてもありがたいです。むしろ最近は僕の方こそなんだか本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。(?

わざわざウケたあるあるを報告いただきありがとうございます。
その2点でを上げられるということはAKMさんの支部もやっぱり地方っぽいですねww

2009-06-04

イベント

17:44

幸福の科学にはいろんなイベントがあります。

みんなで集まってモチベーションあげています。

例えば新年や季節ごとのお祭りに総裁の誕生日の祭り、季節関係なく行われるお祭りも沢山。あとクリスマスもw。

毎月7日は「参拝の日」となっていまして、何の理由がなくても支部や精舎に行かなくてはなりません。正直面倒ですが、両親につれられてよく行っておりました。そういえば七の日参拝には、そんなに沢山の信者さんは来ておりませんね、今思うと。支部が遠くて面倒臭いに違いないです。特にイベントが有る訳でもないので。

時々あるお祭りと言いましても、屋台が沢山出たりするわけでもないです。でも少し屋台出ます。簡易屋台というか、長机というか…。

時々屋台をかりてきて、飯食ったりゲームをしたりします。そんなヨーヨーつりごときで遊んでられるかよっていう年頃の子は、基本来ません反抗期です。二世にもいろいろあります。でも、ヨーヨーつりいいですよヨーヨーつり。僕も稀にボランティアに参加したりします。簡易屋台で飯を売ったりします。婦人部の方が作ってきたお菓子やご飯を適正価格で売ります。売り上げを布施する会員もいれば、何かと理由をつけて儲けている信者さんもいます。

で、飯を食ったあとには、みんなで集まって御法話を聞いたり、お祈りしたりします。スーパー宗教タイムです。

みんなで広い部屋行って当会オリジナルのゴージャスな仏壇に向かって拝礼し、声を合わせてお祈りします。こういった光景で一般の方はドン引いてしまうでしょう。ひとつ言いたいのは何事も経験ですよということw

祈りは宗教にとって最も大事なことの一つです。祈りの力は偉大ぽいです。ある意味では、祈りが全てであるとも言えます。本当に強い想いはマジで奇跡を起こすことがあるのです。と、どなたかが言っています。

前の方に座ってた人が壇上に移動してイイシラセとか発表して、感極まって泣いて、見てるおばさんも貰い泣きして、僕は眉をひそめて微笑んで。

で、お祈り終わったら各自、ちびっ子はDSしてたり、中高生はモンハンしてたり、親は子供遊ばせといて世間話してたりしながら、ぱらぱらと解散して行きます。

幸福の科学職員の方々は後片付けが大変そうです。

幸福の科学職員というのは、幸福の科学で働いている人たちの事です。給料が普通に出ているようです。ようはサラリーマンです。またこんど職員さん達についてもなんか書きます。

幸福の科学のイベントにはそんなに興味がないので短い記事ですこれ。言ってみれば単なる馴れ合いです。モチベーションキープの為の。のんびりしちゃうね。読書読書。


幸福実現党の続報は無いのかね。なんか喧嘩屋が参戦らしいです。与国秀行さん。え。マジで。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090603-OHT1T00062.htm

意外すぎる。まさか与国秀行が参戦するとは。信者だったのか!?信者では無いのか?もしかして一般わく?

そんなにひきだしがあるとは、当会も底が知れないな。しかし、若者に焦点を当て過ぎか?

団塊の世代には響きにくいのでは?ふ〜む。与国。いかす名字です。アウトサイダーズ見に行きてえ。

taokaotaokao 2009/06/05 02:34 おまえの名前が
ひろしなら「ひろしの葛藤」
ひろゆきなら「ひろゆきの葛藤」
与太郎なら「与太郎の葛藤」でいいけどよ

なぜ?
「幸福の科学」を使うんだ?
インターネットという公の場で
誰に許しもらってんだ?
SNSじゃねーんだぜ!
会員の一人として腹が立つ!

俺の弟だったら
「おまえのやってることは便所のラクガキだ!」と
殴って前歯を折ってやるが……

ただの通りすがりだが、
幸福の科学をタイトルに使うのはやめたほーがいいじゃねーのか?
そのことの大きさにおまえ気がついてんのか?

不愉快だからもう見ねーよ
じゃな

kagekage 2009/06/05 06:47 あらら…
tcrさんは葛藤して迷っているとおっしゃっているのに、それに対して「よろしければ相談に乗ってあげましょうか?」などの言葉もなく、あろうことか前歯を折ってやるですか。 これが幸福を広め魂の救済をする信者の言うことなのか。普通の一般人のマナーで考えても失礼に値するではないか…。こういう発言が教団の評価を下げるとわかっていないのでしょうか。
ちょっと見ない間にここまで信者が"劣化"していることに驚きを禁じえません。

組織が瓦解する前は、まず内部から崩壊を起こすと言われますが、今の幸福の科学はまさにそれではないでしょうか。
まあ今度の選挙で実質の信者数がどのくらいかよくわかるでしょう。
ある意味、結果が楽しみであります。
とはいえ元々の候補者のファンだった人も投票するし、なんともいえないかな〜w

西野西野 2009/06/06 15:15 まあ、会員にも色んな奴がいるさ。
ただやっぱり、会員の俺としては時々悲しくなるような文章もあることは事実。
仕方ないとは思うけど、反発もしたくなる。その挙句がtaokaoさんの激発コメントなんだろうね。
ネットの発言は顔が見えないけども、その発言の影響を考慮するってのが、普通の大人。
幸福の科学とか関係ない。
面と向かっていえないことは書かない。だって、ただ見えないだけで、やっぱりそこには読み手がいるんだから。
日常で、発言の責任が取れないときはどうする?遠慮したり空気読んだりするでしょ。
それが匿名だから考慮しなくて許される、責任を放棄できるってのは、安易過ぎる。
しつこいけど、やっぱ言いたい。このブログは正々堂々としてないからね。
これはホントに幸福の科学とか全く関係ないと思うんですよ。

俺も興味があって、ここを覗いてるけど、やっぱり幸福の科学的立場からはっきりとtcrさんに肝に銘じて欲しい言葉がある。
まず前提として言うと俺は1世会員の在家で信仰暦は10数年です。
迷って活動しなかった時も5年くらいあります。

kageさんが言うような相談に乗る類ではないけども、考えの材料の提供です。

「信仰にて迷いがあるならば、静かに群を離れて、心穏やかになるを待て。
決して、何も批判を口にしてはならない。静かに自らの心を平らにして、過去の人生を振り返れ。」
(仏陀再誕)

これは、もちろん、仏陀の教団を批判することの恐ろしさを説いたとも読めるけど、
もう一つ大切なのは「答えは自分の心にしかない」ってことでしょう。

いくらここで、色んな人の意見を聞いて、幸福の科学はただの嘘つき集団だとか、本当の仏陀の教団だとか聞いても、やっぱり迷いがある。そのときの心境によって、どっちも真実に聞こえるからね。
人間、自分への都合が悪くなると、批判したくなるもんです。俺もそうです。
大抵、幸福の科学の看板背負って日常社会に出ると、自分に都合のいいことは起きないもんだし、教えの内容なんて証明不可能だから、迷いや批判は出ちゃうよね。俺もそう。

さらにネットを見回すと、かの2chの彼は「元職員」であったということであることないこと書いて、tcrさんを惑わす。彼は事実の中に嘘をばら撒くからね。巧妙ですわ。

しかし、会の内部にいて、教えを読み、光の磁場を体験し、実際に起きる奇跡を見て、お父さんお母さんを見てると、間違った教えではないという気持ちも強い。
そうした迷った状態で、活動には強力に誘われる。
だからその葛藤をブログにしたのかと、勝手に想像しています。

俺なら、幸福の科学の本をもっと読んで、研修に参加し、自分の心を見つめます。
自分が納得いくまでやって、駄目だったら仕方ない。一旦離れるもよし。
これは何の道でも同じかもしれないね。
親がどうのとか、2chがどうのとか、ここの書き込みがどうのとか、職員がどうのとか関係ないと思うよ。
正しいと思ったら、世界で自分ひとりが会員になっちゃっても続けたらいいし、迷うなら、一人静かに離れればいい。
なぜ静かに離れる事を強調するのかと言うと、俺も迷った時は離れたけど、やっぱり色んな経験をつんで、教えの正しさが実感できたので戻ってこれた。迷って会から離れる時、いろいろ言いたいことはあったけど、そのとき批判しなくて本当に良かったと思ってるから。
人生どうなるかわからんもんよ。
今思えば、幸福の科学の教えは、ものすごく深くて、若造だった俺には味わえなかったんですよ。

幸福の科学はkageさんみたいな元会員がいるように、別に抜けられないようなところじゃないことは知ってるだろうし、のめりこんでいる人でものすごく素晴らしい人がいることも知ってると思う。駄目な奴もいるけどね。

思うことをつらつらと書いて、まとまりもなく申し訳ないです。
ただ、俺も迷った時期があったんで、参考にしてもらえればと。
長文すんません。

あざらしあざらし 2009/06/06 19:41 みんな深刻ですね。
記事のコメントしましょうよw
とりあえずこっそり参拝は毎月7日は避けた方がいいということは把握した。

二世さんにはとりあえず太陽の法読了してほしい俺です。
初読の感想が訊きたいな。
信者信者した読書感想はお腹いっぱい気味なので
二世的/今時の若者的感性ではどうなのかなあ、と。

taokaotaokao 2009/06/07 23:38 もし?おまえが
俺の子供だったら、弟だったら、
ぶん殴るよ、前歯折ってやるよ(笑)

でも、赤の他人なんだから仕方がねえな
なんにもできません。
---------
君は
自分のしたいことをすれば?

親とか兄弟とかは関係ないよ
自分が本当にしたいことやりたいようにすればいいんじゃない?
「親離れ」して「反抗」して
自分を試してみろよ
どれだけできるか?
世の中には
もっといい教えがあるかもしれないじゃんか?

それが俺の意見
サヨナラ

腐ったらゴミ腐ったらゴミ 2009/06/07 23:42  すみません、ふざけたハンネを最初に謝っておきます。本文は真面目に書きます。

 私は話題になった時点で幸福の科学に興味を持ち、本は2ページほど立ち読みして止め、無料で配布されてきた幸福の科学の冊子(宣伝用)の、大川隆法氏の短い「説法」を読んで、とても頭に来て、批判的になりました。
 この説法で、私の大好きな小説を嘘に変造して伝えていたのです。10年ほども前の話なので、資料を探すことは難しいかもしれませんが、事実です。

 「レ・ミゼラブル」はご存知ですよね?
 大川氏は、先の「説法」の中で、ジャン・バル・ジャンが、ミリエル司祭から銀の燭台を「盗んだ」と言って(書いて?)いました。これ、完璧な間違いです。「レ・ミゼラブル」の第1巻の比較的最初の方を読んだことがある方なら、当然ご存知でしょうけど、ジャン・バル・ジャンが「盗もうとした」のは「銀の皿」です。しかも、ミリエル司祭は、ジャン・バル・ジャンをかばって、「あげたもの」として進呈してしまい、さらに先の銀の燭台まで「これも差し上げるといったのに、あなたは遠慮してもっていかなかったんですね」等と言って、渡してしまいます。

 こうした、小説とわかっていても感動してしまうあまりにも大きなミリエル司祭の慈悲。これを大川氏は、嘘話にしてしまいました。「レ・ミゼラブル」に涙した私としては、頭にくるのは当然です。
 当時、大川氏は「霊言」と称して、あらゆる偉人の発言の本を出版していた頃ですが、ヴィクトル・ユゴーは大川氏には感心を示さなかったようです。まあ、憑依して貰えなかったのなら、いらんこと書いて欲しくなかったですね。

 さらに言うなら、有名な大川氏批判本に「大川隆法の霊言」があります。既に絶版ですが、どうにもならない矛盾点など明らかになっています。アマゾンなどで入手可能なようですから(「大川隆法の霊言」で検索したらわかります)、信者には極めて不愉快な表現が多々見られますが、本気で「真理を突き詰める」おつもりなら、あえて目を瞑らず、きちんと見る事、そして、しがらみに囚われない勇気を持つため、二世さんのみならず、ここをご覧になっている信者の方には一度読むことをお勧めします。どうみても「客観的矛盾」が明らかになります。

 ちなみに、なぜか信者の方はワザワザ書店で大川氏の新刊本を大量購入して、電話帳で調べた教育関係者などに片端から送りつけていたようですが、そのためか、ブックオフでは新刊本にも拘らず10円でしか引き取っていなかったようです。ベストセラーになると同時に、ブックオフに大量に並ぶという不思議な現象が、この話を聞いて理解できました。

あざらしあざらし 2009/06/08 00:45 いいですねえ、レミゼファン。
私も20年来のファンで、文庫版はボロボロになるまで読み、
ミュージカル(これも構成、音楽とも最高です。明らかに天使の指導が入ってます)は本場ロンドンまで押しかけるほどのファンです。

確かに銀の燭台ではなく、銀の皿ですね。
バルジャンが「盗んだ」のは。
バルジャンは確かに盗みましたよ。
夜に盗んで逃走し、官憲に捕まって、いい逃れのために貰ったのだと嘘をついたところ、
司教はそれを本当だと言い、さらに燭台を渡すわけです。
あらすじ解説としては、それで特に問題は感じません。
まあ解釈差、言葉遊びレベルで盗んだのではない、という言い方はできるでしょうね。
司教は、皿がなくなったことを知っても「あれはもともと貧しい人のものだ」と言いましたからね。
ただ私は、あれは「盗み」でなければ、司教の行いが「許し」にはなり得ないと私は思います。
だからこそ司教は、「私はこれで貴方の魂を贖うのだ」と言ったのだと思いますよ。

燭台と皿を間違えたということは、確認しようがない典型的なネット情報ですが、
本当だと仮定した場合、その説法の趣旨がそんなに変わるもんでしょうか。よくわかりません。
(最近の著書でも総裁はレミゼを引き合いに出してますが、 そちらの方は間違いはありませんでしたね)

ちなみに大川隆法の霊言、私は既読です。
信者さんには禁書扱いかもしれませんねw
さらにその教団側反論本の『現代宗教学批判序説』も既読だったりします。
個人的には、信者さんはあまり怖がらず読めばいいと思います。
信者さんに一番効くのは法を攻められることだと思いますが、その辺はありませんので。
霊言集メインで幸福の科学に入ったような当時の方には、結構効いたのかもしれませんね。
いや、読んで信仰が揺らいでもその辺は自己責任でお願いしたいですがw

まぁままぁま 2009/06/09 22:53 こちらのブログ とても興味深く拝見してますよ!(^^)!

初めて見た時は笑った笑った!

15年くらい前に一緒に三帰した夫に見せたら かなり受けてたし、思春期真っ盛りの中3の息子(同じく二世)は爆笑しながら頷いてました。二世の葛藤…あると思います。(天津木村ふぅでよろしく♪)

それにしても真面目に精舎いってますよね。葛藤しながら真剣に生きてるカンジ伝わりますよ。若いと白黒つけたいところでしょうが、実はグレーも あんのよって(^_^;)

こういうブログがあること自体、幸福の科学の自由の表れかなーと微笑ましく思います。

ちなみ七の日参拝、人が少なめの精舎は好きよ♪雨の琵琶湖はオススメです。

まぁままぁま 2009/06/09 23:19 こちらブログ とても興味深く拝見してますよ!(^^)!

初めて見た時は笑った笑った!

一緒に三帰した夫も受けてたし、思春期真っ盛りの中3の息子(同じく二世)は爆笑しながら頷いてました。分かるわ〜と。二世の葛藤…あると思います。(天津木村ふぅで)

若いと白黒つけたいところでしょうが、実はグレーもあんのよ(^_^;)っていうところです。


こういうブログがあること自体、幸福の科学の自由の表れかなーと微笑ましく思います。

ちなみに 七の日参拝ね…人が少なめの精舎は好きです。雨の琵琶湖なんかとってもオススメよ♪

tcrtcr 2009/06/11 12:06 taokaoさん、またもお厳しいコメントありがとうございます。お返事に間が開いてしまって申し訳ありませんでした。
もう、マジで凹みますtaokaoさんからのコメントは。あまりにショックすぎて前歯ガッポリ折れそうです。なんなんですかもう。ごめんなさい。
ブログタイトルに「幸福の科学」を使うのは、僕が幸福の科学の信者だからです。逆に、どうして使ってはいけないのですか?(これ、なんだか気に障る言い方に聞こえるかもしれませんが、本当に疑問なのです。頭がまわらないのです。)
これは不良信者である僕が、幸福の科学に感じている疑問を、どうにかポジティブに解いていこうとしているブログです。読んでくれる方からコメントがあれば、参考にしながら自分を考えて行こうというブログです。自分の葛藤に他人を巻き込むというつもりはありませんが、そうなってしまいかねないネットの危険性を軽視していたことは認めます。もっともっと気をつけますが、ネットならではの良さもあります…よね…?
読んでいてtaokaoさんが心象悪くされたのなら本当に申し訳ないですし、そういった方を思えば公の場でこんな地獄行きビチ糞ブログを書く事自体即刻やめた方が良いのは分かります。
でも、そんな悪いことばかりじゃないはずだとも思うのです。浮世離れしている新興宗教団体と、一般常識がいっさい崩れない外の世界とを、浮世に執着し続ける信者という立場の僕は、もしかしたら運良く橋渡しになれるんやないかとも思ったりするんですね。なんかこう上手い解決法が見つかったりしないかとも思ったり。無理ですか。そうですか。そうですね。無理なのはなんとなく感じていますよ。
まったくこれは便所の落書きだと自分でも思います。その通りです。
ですが、僕は便所の落書きは大好きなんです。落書きを便所に書いて、ソレを見た誰かがコメント残して、色んな人が同じ便所使ってることを知って、ていう意味の無い瞬間にこの上ない幸せを感じます。素晴らしいっすこれ。いやおまえそういうことじゃ無いだろ、と聞こえてきますが気のせいでしょう。
ただの通りすがりの割にしばらくの間つき合っていただきありがとうございました。それでは。
p.s. でもやっぱりtaokaoさんのアドバイス通り、タイトルは変えました。実際、内容が分かり易そうな名前ってだけで「幸福の科学二世の葛藤」にしたのですが、前歯を折られると痛いので。


kageさん、こちらでもコメントありがとうございます。返事遅れごめんなさい。
しかし、不良信者の僕をディスる信者のtaokaoさんをディスる元信者のkageさんというこの構図を作り出してしまったことにまたしても自己嫌悪です。参った。何から話せばいいのか。
あれですね、まずtaokaoさんは悪くありません。せっかく真面目で熱心な信者さんから御言葉をいくつか頂いているのに、聞いてるような聞いてないような風でずっといる僕に問題があるのは明らかですので、信者が劣化だとか、そんな、そういうのでは無いですよ。むしろもっとピュアで賢くなっていると思います。地に足がつかない方は依然として沢山おられますが…。
それに、自分が心から信じている物をおちょくられたようになれば、憤慨して当たり前ですし。両親のファッションセンスをマジで貶されたかんじだと思います。その場合だとtaokaoさんと僕は兄弟です。
でも僕も内部崩壊は怖いです。立党は、これまでに無い大きな動きなので、何が起こるか分からないので怖いです。少なくとも僕がその崩壊する内部の一部にならないようには気をつけますよ。
結果を見ましょう。


西野さん、長いコメントをありがとうございます。お返事が遅れて申し訳ないです。
信者以外の方からのキラーコメントは有りましたが、信者の方からあったのは初めてです。
このブログは正々堂々とは全くしていません。正々堂々の真逆だと思います。まさに便所の落書きです。記事を書いて、誰かから反響があると単純に嬉しいですが、それとともに妙な蟠りのようなものがずっと頭から離れません。正々堂々としていないことに対する憤りもあります。
しかし、taokaoさんのコメントの返事でも書きましたが、幸福の科学は関係ない、ということの意味がよくわからないです。どうして関係ないのでしょうか。僕にとって、幸福の科学は両親みたいなものです。
「二世」を理由にすると、やはりそれは僕が未だに親離れ出来ていないからだと思います。僕は完璧に腑に落ちていないにしろ、退会する気がある訳ではないですし、信じていない訳でもない。
じゃあ、どうして幸福の科学のことを悪く書いたりするブログを始めたのかと言われると、当会に抱く疑問を誰かと共有したかったからだと思います。疑問の解決に繋がれば超ファインプレーなのですが、悪い方にしかならないかもしれないです。
だって、信者さんは何も言わないじゃないですか。あるあるネタなんかも、こっそり言うと笑いながら同意してくれるのに。なんだかとても気持ちが悪いんです、そういうの。みんなが違和感を感じているのに誰も言わないなんてむずむずします。
でも、中には何の疑問も抱かない方もいらっしゃいます。信仰心がそうさせるのか、ある意味での無知がそうさせるのか、その両方かわかりません。
このブログ、ネットでやらずにリアルでやればいいじゃんと言われればまあその通りなのですが、面白いヤツ周りにいないし。新しい面白い人とも会えません。手っ取り早いゆえに、もっと注意しなくては。

仏陀再誕の一節以下は僕の心にひどく響きました。
今の僕にはど真ん中ストレートです。二枚抜きです。もうこのブログに答えが出たと言っても過言ではないです。ネットで自分の葛藤に他人を巻き込むなと、自分で静かに納得するまで考えろと。
今、西野さんにブログをやめろと言われればやめます。短い間でしたが大変お世話になりました。またいつかお会い出来れば幸いです。
やめろと言われるまでは、本を読んで得た気づきや感想を書いていこうと思います。ですので更新のペースが俄然遅くなります。
長文ありがとうございました。とても分かり易く自分に響きました。保存します。


あざらしさん、和むコメントをありがとうございます。お返事遅れて申し訳ないです。
いやあ、無理に面白くもないウンコ本文に触れていただくよりも、コメント欄が何の関係もなく盛り上がってくれる方が小生としても嬉しいです。でも、ありがとうございます。
毎月7日はそうですね、おばさんが沢山来ますね。たしかに難易度が上がりますね。
初読の感想さっさと書かなくてはですね。次回の記事は太陽の法の感想文にします。4章くらいまで読みましたが、今の所おいてかれ気味ではあります。
次回、次回は読書感想文です。(次回予告が当てになった試しが無いのは気のせいです)


おおお…taokaoさん。お久しぶりです。またもコメントありがとうございます。
てか、二度といらっしゃられないかなと思ってから、何度か訪問いただいています。ツンデレ具合が神の領域です。
生意気に感じられたり失礼に聞こえたりするかもしれませんが、僕はどうしてかtaokaoさんに愛着のような感情が湧いてきました。taokaoさんになら前歯くらい差し上げてもいいかもしれまいやそれは嘘です痛いのはよしてください出来るだけ。taokaoさんのコメント内で、僕のことを弟や息子に例えて前歯を折られるので、なんだか逆に僕も兄か父からのコメントにように思えてきております。
今回はなんか漠然としていますね。はい、自分のやりたいことを探します。人に迷惑をかけないように。
自分はまだまだ親離れ出来ていないなあ、と感じます。親離れすると、幸福の科学の活動にはなかなか参加しなくなりそうで、そうなると戻って来れないかもな…などと思います。
もう少し、このブログは静かにします。笑える面白ブログにするというのは初志の一部ではあるのですが、根幹ではありませんし、しかも人を傷つけて笑いを取る最低タイプの笑いなので、それはマジでやめた方がいいですしね。はあ。


腐ったゴミさん、コメントありがとうございます。お返事遅れてゴメンなさい。どうしてそんな名前になさったのか大変に不思議ですww真面目な本文がおもしろく聞こえ、真面目に返していいのか動揺します。
しかし、レミゼラブル、大変申し訳ないのですが当方あまり詳しくは存じ上げあげないです。さすがにミュージカルの存在は知っていましたが、その程度で、腐ったゴミさんのコメントを見てから「レ・ミゼラブル あらすじ」で検索をかけたくらいです。
あらすじを見たかんじ、シンプルで美しいお話だと感じました。なので、なんかその話はよくわかりません。申し訳ないです。
当会の冊子の内容が間違っていたならそれは問題ですね。
でも「大川隆法の霊言」は知っています。その手の本はいつも気にはなっているのですが、読んだことはありません。たくさんの矛盾が暴かれているのでしょう。間違った矛盾暴かれまくりでしょう。幸福の科学批判サイトと同様、読むと凹んだり揺れたりして疲れるだろうな、と思って読んだ事は無いです。でも今なら読めるかもしれません。機会があれば読んでみたいと思います。熱心な信者である両親は「読むと頭の痛くなる悪書だ」と言って、まず読んだことは無いと思います。研究熱心な信者さんは読んだことあるのでしょうかね。幹部の方とか。色々そういう批判等の部分は、信者も知っておくべきだと思うけど、そうなるとこのブログのような便所の糞みたいなものがネット上に乱立することになってそれはそれで問題かな。
それと、ブックオフの現象にさらに1つ付け加えると、ブックオフに並ぶ総裁の書籍はまた信者の方々が回収します。見事な輪廻転生のサイクルが地上においても成り立っております。


常連のあざらしさん、補足フォロー的コメントありがとうございます。返事が遅れまして申し訳ないです。
なんだかレ・ミゼラブル、おもしろそうですね。ロンドンまでミュージカルに行かれたとは、あざらしさんは本物のファンなんですね。ちょっと興味がわいたので、読んでからミュージカルに行ってみたいです。本は総裁の本より読みやすいかもしれ(ry。
しかし、いかんせんあらすじを読んだだけなので、なんかこう僕にはレミゼにたいする思い入れが皆無なため、腐ったゴミさんの告発コメントに対するあざらしさんのコメントも良く分からんというのが正直な所で、御二方ともけっこうな文章を書いていただいたにもかかわらずまったくキョトンとしてしまうばかりでして、大変申し訳ないです。無知は罪です。贖罪の意を込めて後で前歯をいくつか折っておきます。
「大川隆法の霊言」を既読とはあざらしさん凄いです。ミュージカル見にロンドン行ったことあるだけでもかなりの手練なのに。(?)さすが、信者じゃないだけありますね。(?)
僕も本が手に入るようだったら読んでみます。読後の読書感想文は難易度高そうです。


まぁまさん、拝見していただきありがとうございます。コメントありがとうございます。御返事おくれましたすいません!
こんな便所の糞で笑っていただけてなまら幸いです。またもしよかったらどこで笑ったのか教えてくださいねwwwリサーチw
あるあるの記事の時AKMさんという方からもやたら笑たコメントいただいたのですが、二世のお子さんを持つ主婦である信者さんは、こんな葛藤ブログを見てもあんまり怒らないんですね。母なる愛の大きさでしょうか。僕としては、両親っぽい方から批判されるのが一番効きそうというか、バレるのが怖いというか。僕なんか真面目でも真剣でもありません。熟、もっとよく考えて行動した方が良いです。中三の息子さんにも、まったくオススメおすすめ出来ない駄文でございます。お恥ずかしい。
良識のある大人になってから見ないと、確実に悪影響あります。息子さんがグレー地獄に来ないように祈ります。しかしまあ、幸福の科学の自由さがこんな風に出て来ちゃうのもまずいと思うので、本当に近いうちにブログの存続考えます。
精舎には両親とよく一緒に行きます。琵琶湖もそういえば行きました。
雨の琵琶湖、お洒落ですね。琵琶湖精舎には琵琶湖の大パノラマが一望出来る巨大な窓がありますからね。確かに雨の降る琵琶湖を眺めながらコーヒー(紙コップ)を飲めば、宗教施設の中にいながらとってもブルジョアジーな気分になりそうですね。


あ〜時間かかった。
みなさんコメントありがとうございました。お返事遅れてすいませんでした。
では読書します読書。

あざらしあざらし 2009/06/11 20:05 一つだけ忠告。
レミゼの本は止めといた方が身のためです。あれは挫折しない人の方が変態です。
(今回話題になったあたりくらいまでなら、なんとか大丈夫ですが)
もし関心があるなら、ミュージカルから入りましょう。今年は10月開演です。

tcrtcr 2009/06/11 22:43 ほお、そうなんですね。総裁の御本の方が余裕で読みやすいんですね。そんなあざらしさんはまさか挫折しなかった変態なんでしょうかやはり。
僕みたいなゆとりはミュージカルから入ることにします。
これも何かの縁ですので、死ぬまでに必ず見ようと思います。10月開演ね…。あらすじがいたってシンプルだったので、映画よりミュージカルの方が良さそうですね。
あ、なんだったらもし今世で見れなかったら、死んでから見ようかとも思います。

西野西野 2009/06/14 01:49 tcrさん
長文お疲れ様でした。
ブログをやめろ、とはもちろん言いませんよw
まーバリバリの会員の私から見たら、tcrさんのブログはもちろん面白いところもあるし、うーんと思うところもあります。そんでも、ま、仕方ないなーと思って今は見てます。

でもですね、バリバリさんから見たら危惧しちゃうところがあるんですよね。
ここから書く文章は、まあ下らぬおせっかいみたいなもんだと思って軽く流してください。

危惧する事、それはtcrさんのこのブログの主題「葛藤」なんです。
葛藤ってことはあっちにもこっちにも揺れちゃう可能性もあるわけで、もし自分が幸福の科学に入ってることによって悪い立場に立ったり、困ったりすることがあると、やっぱり反対側に行っちゃう可能性もあるんですよね。人間だもの。人だもの。
で、総裁先生のお言葉「あなたたちの信仰は必ず試される」のように、必ずそういう日は来ます。必ず。私も何度も来ましたし。これからもあります。
それは信仰の本質でもあると思うんですよね。結局は中途半端を許さないって奴です。
信じるってことは、激しいんですよね。自分に対しても世間に対しても。
で、信仰を持つことでtcrさんがズタボロになって、心の中で「あの世なんかあるもんかよ、ちくしょー」とか「エルカンターレがいるなら、なんとかしろや!」とか思ってる分には構わんと思うんです。必ず人生ってのはリカバーできますし、したときにその時の苦労や悲しみの意味が分かって、主に感謝できる日が来ますから。

でも、ブログは消えないでしょ。さらに少ないながらも社会に影響を与えてるでしょ。さらに反対勢力(魔ですな)も虎視眈々と群からはぐれた羊を狙ってるわけで。自分のブログ上の「発言」がどこをどう回って、担ぎ上げられたり、ネットがこの世に存在する限り流通しちゃって、となる可能性を危惧するのです。もちろん分かるとは思いますが、これは幸福の科学を心配してるわけじゃないですよ。こんなもんでビクともしないですから。tcrさんを心配しちゃうわけです。

降魔経にあるように、「仏法流布を妨げる事がこの世の至上価値」である以上、それを妨げちゃうと「アウト」な訳ですよね。今なら、まだおちゃらけ2世会員ですが、万が一万が一ですよ、ここのアンチさんに乗せられて、やれ「幸福の科学はすっとこどっこいの妄想アンチだ」とか「総裁はとんでもねえ詐欺野郎だ」ともし書いたりして。さらに魔までが入ってきて、tcrさんもその気になっちゃって、大暴走。で、あとで自分がその間違いに気づいて、それをフォローする記述をしたとしても、やっぱりアンチはそんなこと取り上げてくれません。「2世信者の発言だー」なんて、何十年もネットに流通したりして・・・

もし、主の言われる霊的世界観が真実で、あの世に帰ったら、自分の心の中身と社会に与えた影響を判定されるんだったら・・・
赤面ものでは済まないっすよね・・・

tcrさんはしっかりされてるから、そんなことは万が一にもないとは思います。
俺がtcrさんの心に残しておきたい文章なだけです。

まー信者じゃない人から見ると詰まらん脅しに聞こえちゃいます。「この西野って野郎、よっぽど幸福の科学の内情ばらされるの嫌なんだな、アホだぜwキチガイだぜwww」ってね。
ただ、信者を知ってらっしゃるtcrさんなら、私がそんな意味で言ってないことはわかってくれると思います。幸福の科学はtcrさんが何言おうがビクともしません。滔々たる仏法真理の大河は数千年流れ続けます。

信仰のある人、ない人。
そのハザマにて悶々とされてるのがtcrさんです。
救世主の生まれる時に生まれて、その信者の家庭に生まれるってのはホント、それだけでも劇的立場ではないでしょうかね。歴史的立場というか。
で、その立場で、後世を含めた「世間」に文章を公開しているのは、tcrさん、世界であなた一人なんですよね。

あの堅固な信仰を誇ったイエスの弟子たちとて、処刑の前日、「イエスを知らない」と言って、後で後悔し続けました。ユダなんて自殺しちゃいました。
彼らはそのとき、自分の発言の重さを想像だにできなかったはずです。
しつこいですが、だから私は言いたいんです。「迷ったら静かに群を離れて、己を見つめよ」ってね。

またなげえの書いちまったw
返信はもういいですよ。
一信者の糞のようなおせっかい場違い文章ですから。
うわ、もう2時だ。明日も選挙活動頑張るかw

西野西野 2009/06/14 02:14 あ、それと、
上でtcrさんが

>幸福の科学は関係ない、ということの意味がよくわからないです。どうして関係ないのでしょうか。僕>にとって、幸福の科学は両親みたいなものです。

って書いておられますが、その通りだと思います。
私が偉そうに一般論で書いてしまいました。
「一般人の常識」とか言う偉そうな権威を発動してすいません。
我々は個々の立場で真剣に考えるべきですよね。
やっぱり信仰を持つという立場からしか、書けないし、私も書くべきであったと思います。
申し訳なかったです。

tcrtcr 2009/06/15 14:49 西野さん、お返事のコメントまたもありがとうございます。
僕の心の中が見えているのではないかと思うほど的確なアドバイスだなあと感じました。僕が腑に落ちきっていないポイントをすっかり把握してくださっているような気がします。とても分かりやすく説明してくださってありがとうございます。非常に重要な警鐘だと思って読みました。
どういったところでうーんと思われますか。またお時間のあるときにでも教えていただけると助かります。

葛藤が主題であるこのブログは、後世に残るということを考えると滅茶苦茶に問題のあるブログです。
誰にも迷惑をかけたくないのであれば、自分が大きく揺れていることは誰にも知らせず、ブログを書き始める前のように、内に秘め続けてなくてはいけません。
ブログは危険ですね。消せなくは無いですが、おそらく完璧には消せない。むしろ消してしまう方が間接的に僕の文章を使っていただいた場合に確認が取れなくなるから危険ですね。
幸福の科学に悪いことを書いた場合、いつか僕がそれを悔やんだ時には既に遅いです。反省、後悔の念は尽きないでしょう。
葛藤しつつも幸福の科学に対する疑問を解決していくことが目標のこのブログですが、もしそんな疑問の数々に最後まで不信感を抱き続けて僕が退会するエンディングになったとすれば、幸福の科学がスーパー邪教だった場合はハッピーエンドですが、ウルトラ本物だった場合はバッドエンドです。少数にせよブログを見ている人達に影響を与えてしまったり、どなたかに間接的に内容を広められたりする恐れがあります。
だいたい、信仰に目覚めるという幸福の科学的ハッピーエンドになったとしても、葛藤の軌跡をうまく利用される危険性があるというのも確かにその通りです。今は鼻くそ程度の影響力に見えるこのブログも、誰かにうまく使われることによっていつかウンコになりかねない。僕は非常に恐ろしいことをしていると西野さんのコメントを読んで再度気づかされました。キモに命じます。

僕は狭間に居るからこそ、両端にいる人の気持ちがとてもよくわかると思います。
信者の方も、信者以外の方も、僕が間違った道に進まないように救おうとしてくれます。僕はどちらが正しい道か見極めなくてはいけません。僕の信仰と常識が天秤にかけられて試されています。ネット上という至極大事な舞台で。
マジで静かに群を離れて己を見つめたほうが身のためやなあと思います。ブログ、辞めたり消したりはしませんが、他の方を揺らすようなことは避けて下手な発言は控えます。(でもそれじゃあなんだか全然おもろくないなぁ(´・ω・`))
僕は全然しっかりなんかしてません。こんなブログを書いている事自体、頭が足りていない証拠です。本当に気をつけないと。
でも、やっぱり疑問は疑問。頂いたコメントには真摯に、ブログ自体はゆるくたらたらとやらせていただきます。
西野さんの仰ることよく分かります。心配して頂いてありがとうございます。そして本当に申し訳ないです。幸福の科学のふところの深さを信じて、恐る恐る勉強します。

真理を知る家庭に生まれるというのは、それだけで本当に凄いことだと昔から教団内では二世信者に対してよく言われていますね。しかし、僕にはそれがとても大きなプレッシャーでもありました。両親が素晴らしすぎる連中なだけに、自分を見ると恥ずかしくて切なくてどうしようもありません。どうしてここに生まれて来たのかという想いだけで涙が出て胸が張り裂けそうになります。逃げも隠れも出来ないなら開き直ったほうが楽かもしれませんが、そういうふうにもいきません。
いや〜ほんとにもう、どうしたらいいのか。もっともっと発言に責任を持ってやらなくてはいけないですね。幸福の科学を信仰していることを恥としないようにするのも目標ですね。
西野さんのコメントで色々と考えさせられました。

ユダにはならんように。自分の発言の重さ。了解しました。
返信はもういいとおっしゃられても、フリにしか聞こえません。ソウルフルなコメントにはちゃんとコメントをお返しするのがモットーであります。
一信者の糞のようなおせっかい場違い文章だなんて、そんなバカな。まったく逆で、太陽のような必然ホールインワン文章です。というか僕の品の無い言葉遣いがうつってしまわれたようなので、お気をつけて。というかその調子で。
ひとまず、バリバリ信者さんが危惧することは把握できました。
選挙活動、頑張ってください。西野さんはもしかして立候補された方なんでしょうかね。
なんだか申し訳ないです。皆さん頑張っておられるのに、こんな大事な時期に何を拙者は…。
まったく誰も知り合いの居ない地域ならお手伝いすることも可能なのですが、何ぶん顔がとても広いので難しいです。

ありがとうございました。

2009-06-03

精舎

17:49

幸福の科学あるあるでも度々登場した精舎(しょうじゃ)。当会が誇る宗教施設です。

簡単に言えば、宿泊施設も完備する寺です。僕も時々、合宿や宿泊研修があれば行きます。

研修室や、お祈りをする礼拝室、祈願室、宿泊施設、大きな風呂や食堂等、いろいろな機能があります。

外見はどの精舎も凄まじいインパクトがありますが、中身は外見に比べると幾分か地味で、綺麗な公民館のようなかんじです。内装ももっとこだわればいいのにと思います。壁には信者さんの描いた絵や、ミクスドメディアアートなどが飾ってあり、クオリティのバラツキには目を見張るものがありますが、それらの作品からは愛と信仰心と、ほどよい自己満足が感じられ顔がほころびます。

ここ最近精舎建設ラッシュがあり、全国にバッコンバッコン建ってます。2012年に、内装にも拘ったフラッグシップ精舎を青山のドーバーストリートマーケット跡地に建てる予定だそうですが嘘です。

マジで一度精舎に来てみると良いです。内装、地味なりにけっこう金かけてて凄いです。

他の宗教団体の精舎には行った事無いので他は知りませんが、幸福の科学の精舎は一般の方でも自由に入れます。信者のフリして入ってもばれないでしょう。セキュリティはざるです。オープンです。くぱぁ


精舎行ったら特に見てほしいのが、礼拝室です。精舎によってテーマが違うのですが、基本は大川総裁をモチーフにしたキンキラの銅像がどーんです。大きい精舎であればあるほど凄まじいです。どこだったか、龍に乗っているのもあります。どこだっただろう。日光だったかな。

豪勢な装飾がほどこされたありがたい仏壇です。一般の人が見ると絶対驚くと思います。こんな世界があったのかと。確実にどんびきだと思います。それくらい新興宗教っぽいと思います。でも、ああいったたぐいのものはモダンにはデザインできないと思いますね。広く、分かりやすいアイコンである必要があるから。

いや、しかし、まず間違いなくドンビキだと思います。背筋が凍ると思います。しかし、それゆえに必見でもあります。

公式ウェブサイトから探せば全国津々浦々にある精舎の情報が参照できます。僕も両親につれられて、いくつか参拝に行きました。大阪日光宇都宮東京四国北海道、那須、あとは…どこだったか。何故か1人で行ったところもあります。宇都宮にあるのは総本山で、超巨大な建物です。よくもまあ日本にこんなもの建てたな、と思うほどコテコテの新興宗教ルックです。中でも圧巻な礼拝室の広さと天井の高さは、システィーナ礼拝堂を思い起こさせるような、それでいてまったくのオリジナルであるような、よくわからんかんじです。


東京にお住まいの方なら、いくつか精舎があるのでアクセス便利!行け!そして人柱になってこい!!?

東京でのメインの精舎は泉岳寺駅の近くにあります。そこの礼拝室は壇上を軸に大きな半円状をしていて、東京っぽい洗練された雰囲気があります。やっぱ最初に行くならここがオススメかな。

追記:とはいえ、冷やかしに行ってこいという訳ではありませんよもちろん。今回のこの記事は、信者以外の方に向けて書いてますし明らかに。

新興宗教の基地が、皆さんが思われているより怪しげな施設でもないんすよってことを伝えるためのものですから。でも、なんというか信者信者した奴にそんなこと言われても説得力無いだろうから、ちょっとあえてラフに書いています。今時他では見られないほど、神様をがっつり信じた連中の本山です。合掌が似合う方が沢山いらっしゃいます。


ほんと、一度はお友達とお誘い合わせの上、お近くの精舎へ。びびりますか。ノリでそこはカバーです。何事も経験です。さあ、Vipperの出番です。でも冷やかしては駄目ですマジで。

まず何も話しかけられませんし、もし万が一あまりに挙動不審だった場合に話しかけられたとしても、おそらくは「どちらから来られたんですか〜?」なので「『地方の県名:支部』から観光に来たついでに参拝に来ました〜」とでも言っておけば間違いなくスルーできます多分。もしくは普通に「何か御用ですか?」と聞かれた場合でも、同じ解答で大丈夫でしょう。

何だったら幸福の科学最新アニメ映画情報が聞けたり、幸福実現党マニフェストが貰えたりするかもしれません。

ほんと大学の学食食いに行く軽い感じで行ってみるといいと思います。礼拝室で拝礼(合掌しておじぎ)してくると何かご利益あるかもしれません。むしろ普通に学食みたく飯も食えます。基本的に精舎の飯は信者のボランティア連中が作ってまして、精舎によって飯のクオリティーが違います。基本500円目安のお布施で食えます。目安だからって10円しか入れないとかいうベタで寒いレベルの低いギャグはやめましょう。

くれぐれもモラルに反することはやめてください。

この新興宗教は、今時信頼だけでなりたっている集団ですので冷静にみると危険なほどセキュリティーがオープンです。ちょっと覗く程度で、悪さはしないでください。あんまり言うと、面白くないのでそんな言いたくないですが、良識の範囲でツアー組んで遊びにきてください興味ある方は。礼拝室の中では静かにね。

ま、こんな記事書いてはみたけど来ないよね〜〜〜〜( ゚Д゚)。

西野西野 2009/06/03 21:24 あんまり堅苦しいこと言いたくないし、法縁をつけたいって意味で言ってるのもわかるけど、
精舎だって、今の段階は、みんなの信頼の上でセキュリティーも成り立ってるじゃね?
部外者がずかずか冷やかしで行って来いって、ちゃんと会員の目を見ていえるかね?
ネットは匿名で便利だけど、やっぱ責任はあらゆる発言について回るってことは忘れんといてください。

tcrtcr 2009/06/03 21:50 西野さん、コメントありがとうございます。
確かにおっしゃる通りです。
僕としても、冷やかしで行ってこいというニュアンスではなかったんですが、確かにそう受け取れます。これは書き直した方がいいでしょうか。
出来れば一般の方に、幸福の科学って名前は怪しいけど実際はそんな怖いとこじゃないよっていうニュアンスを伝えたかったんです、今回の記事は。
ここ最近、幸福の科学の活動姿勢自体は大乗の時代になりつつあり、特に精舎なんかはとてもオープンになってきています。昔に比べれば、一般の人も入ってきやすい印象になってきたと思います。
幸福の科学は、みんなの信頼の上で成り立っているセキュリティーだからこそ、そこは読者の方にも理解してもらいたかった。悪い事をしてはいけないということは、読者の方にも最低限守っていただきたいです。モラルモラル。
冷やかしなんか駄目です。こっそり会員のフリして静かにこそこそ拝礼して飯食って帰ってほしいです。これなら、会員の目を見て言えます;。書き直すべきでしょうか。皆さん、このコメントを読んで把握してくれるでしょうか。
しかしまあ実際こんな記事見て怪しげな新興宗教の秘密基地に行く奇特な奴なんておらへんやろ、と僕自身が軽く悲観的なので、ちょっとキャッチーにふざけた雰囲気で書いきました。書き直すべきでしょうか。
責任を持って発言しているつもりですが、こういうのは本当にいつかとんでもないことになりそうでびびります。ネットは本当に細心の注意をはらって活動しなきゃいけないですね。こわ。新興宗教とかって妙にナイーブな問題は特に。気をつけます。ありがとうございました。
やっぱこれ少し書き直します。

西野西野 2009/06/03 23:27 tcrさん
こちらこそ、生意気な口調で申し訳ありませんでした。
ネット上の発言って、その影響がほとんど見えない分やっかいですよね(^^)
しかし、必ず読んだ人がいて、なんらかの結果が出て、もしかすると一人歩きしちゃうかもしれない。
私自身も、本当に気をつけていかないといけないと思ってます。

あるある面白かったです!
確かにガキはうるせーしw会員さんの作品は素晴らしいのもありますし微妙なのもありますねーーw
会員さんは皆優しいから、未来の天使や善意の創作に対してはボーダーラインが下がるのかも。
そういうところが、幸福の科学らしいちゃらしいですねw

ブログ、いろんな思いで読ませていただいております。
その存在の特異性から、色んな勢力からも読まれるブログであると思いますよw

tcrtcr 2009/06/03 23:45 西野さん、コメントありがとうございます。
いえいえ、ちょっと凹まされるくらいのテンションで言っていただかないと、当方問題の危険性に気づきませんので。
確かに誰が読んでいるか分かりませんし、自分の知らないところで何かを傷つけている可能性も有ります。これに限っては注意しすぎるということはありません。僕は少々鈍感すぎる嫌いがあります。もうすこし慣れが必要です。もっと気をつけます。

あるある、読んでいただきありがとうございます。完全に一般の方は無視ですあれは。
ガキうるさいですよね。少子化を食い止めるのも程々にしとけよ、と思います。
精舎にある作品のボーダーは決して高くないでしょうね。審査じたいあるのかどうか。作品は常に沢山あると思うので、入れ替わりは激しいかもしれないですが。

ブログ読んでいただきありがとうございます。御指導よろしくお願いします。
色々な勢力から読まれるブログです…ね……。僕はもっと責任感を持って書かなきゃですね。まいった。
もうお気づきの方も多数居られるかと思いますが、このブログ…
完全に見切り発車で初めてしまいました…。

kagekage 2009/06/04 02:08 自己紹介拝見しました。
揺らいでいらっしゃるというのを信じて、リンクをはらせて頂きます。

ttp://www1.ocn.ne.jp/~h-ok/or-ocn/3-4.html
ttp://trident02.site.voila.fr/okawa_ryuho_falcon4.htm
(先頭のhは抜いてます。)

↑は元職員だった方の発言です。
太陽の法を読むのも良いですが、上のサイトも見て
よく考えて今後のご自分の人生を歩んでください。
元信者より。

tcrtcr 2009/06/04 07:44 kageさま、リンクありがとうございます。
実は両サイトとも一通り目を通したことがあります。ファルコン氏、ディープスロート氏はとても有名ですよね。あとNO MORE 幸福の科学というサイトも非常に説得力のあるアンチサイトですね。僕はここに一番揺らされました。
元職員、元信者だった方の言葉はとても響きます。事実っぽいし。
それに、彼らによる問題点の告発は総裁が殆どの場合は原因になってて、ちゃんと的を得ているし、えらいことです。総裁が神ならこれぐらい浮世離れしていて当たり前か…という謎の言い訳で自分を納得させようとしていますが、限界が来そうではありますまったく。
その辺の幸福の科学の矛盾点を、僕にうまく説明できる人間募集中なのですが、まだ無理か。そろそろ自分で判断しなくてはいけませんね。
脱会者の方はけっこう多い印象です。やっぱり幸福実現党には投票なさらないのでしょうか。
まだ僕には時間がかかりそうですが、じっくり考えます。アンチサイトしかしか読んだことないので、本も一応読んでみています。なかなか読書がすすみません。
ありがとうございました。
信者より。

あざらしあざらし 2009/06/04 21:51 聖なる教えの帰依者がくぱぁとかいうな。あざらしです。

それがいたりします。
ほう、そんな感じなら一度行ってみようかしら。とちょっと惹かれてしまう非信者がここに。
とはいえまだまだハードル高いですが。
なにせネットの情報ですからね。二世さんのワナかもしれない。その手には乗るか。

質問です。

・信者の証のペンダントがなくても信者のフリで通じますか。
・参拝って具体的にどういう順に何してどれくらい時間がかかるもんですか。
 神社仏閣ならイメージが沸きますが同じようなもん?
・一人で行っても精舎の関係者の方(職員さん?)と一言も話さずに参拝を済ますことはできますか。
 あと食事も。
・仮に非信者の一般人とバレた場合、激しく勧誘を受けちゃったりしないでしょうか。

今まで精舎の前を歩いたことあっても、ビビって入るなど思いもよりませんでしたが。
三帰せずとも一人静かに行けるようなとこならば、ちょっとチャレンジしたいかもと思ってみたり。

沙弥奈沙弥奈 2009/06/08 18:28 さやは戸越精舎が好き〜♪(*^ ・^)ノ⌒☆
だってサクセスあるも〜ん☆
今年の受験生夏合宿は未来館であるそうですよ!
行けたらいいなぁ・・・

tcrtcr 2009/06/11 08:55 kageさん、コメントありがとうございます。お返事の間が開いてしまって申し訳ありませんでした。
kageさんも元々信者だったのですね。
さとうふみやさんの漫画が邪悪で幸福の科学的でないという発想は、意外と僕には無かったです。
確かに、毎週誰かが惨い死に方をする漫画を講談社で連載しているというのには、ある視点から見れば矛盾を感じます。邪悪っす。さとうふみやさんのキャラ的に、内部から講談社を変えているとも思いませんし(お会いしたことは無いけど)
しかし、しかし。生意気言って、少し冷めた視点から見ればそんなに固く考えないほうが良いのかも、とも思います。
単に、さとうふみやさんの職業が漫画家で、ヒットしたのが偶然推理物だったというだけだと。
それに、たしか金田一少年の事件簿では原作者はキバヤシさんでしたし。まあ、小学館や集英社で連載していればまだマシな気分だったかな、くらいのものです僕は。
お布施は高額でしょうね、間違いなく。
それともうひとつ個人的に思うのは、さとうふみやさんは本物のオタクなんじゃないか、ということ。
さとうふみやさんのブログを拝見していただくと感じられるかもしれません。彼女は相当のオタク気質でそういう細かいことは絶対考えていないと思います(失礼)。考えていたとすれば、もちろん彼女の中でも葛藤はあると思います。でも、漫画家という職業においては、エンターテイメントとしてクオリティーの高いものを創ることしか考えていない、それも本能的に。そこはとても愛すべきところだと思うし、とても日本のオタク的で良いと思います。
さすがに漫☆画太郎先生が幸福の科学信者だったら退会者が続出するかもしれませんが、さとうふみや氏の漫画ならまだ許容範囲というか、エンターテイメントとして成立するのではと思います個人的に(漫☆画太郎先生の漫画がエンターテイメントではないと言っている訳ではないよ)。話は面白いしキャラも可愛いし、もし悪影響出た所で常識的教育が出来ていれば問題ない範囲かと。
kageさんの申し出の通り、コメントは削除させていただきますが、お返事は書かせていただきました。僕の返事で内容が軽くバレているのはきっと気のせいです。それと削除するまでに時間がかかって申し訳なかったです。すいません。


あざらしさん、いつもコメントありがとうございます。お返事の間が開いてしまって申し訳ありませんでした。くぱぁのつっこみに触れないまま放置したことに罪悪の念が募ります。
いましたか。信者では無いのに精舎に行ってみようかと思う奇特な方が、いましたか。これは、これは興奮せざる終えません。こんな簡単に罠にハマるとは…や嘘です罠じゃないです。

ご質問に僕なりに答えさせていただきます。
・信者の証のペンダント(正心宝)が無くても信者のフリして入れます。首周りに何かをつけるのが好きではないので、僕も基本的につけていません。大事な時はつけます。というのも新年大祭や御聖誕祭でつけるというのではなくて、テストやプレゼンがある日だけつけます。困った時の神頼みです。
・参拝の時間は基本的に自由です。多分かかっても3分〜くらいです。参拝と言っても、神社にお参りに行くのと同じようなカンジです。礼拝室に入り、本尊の前まで進み、合唱して拝礼するのみです。神社に願い事するときのように手はパンパン叩きません。これをすると、信者じゃないとバレるかもしれませんw
・1人で行っても職員さんと絡まずにすみます。食事も同様です。まず、彼らは平和ボケして油断してますので、信者以外が入ってくるとは思っても見ません。
・仮にバレたとしても、献本くらいなら有り得るかもしれませんが、相当運が悪く(良く?)ない限り激しい勧誘は無いでしょう。信者さんや職員さんにバレたとしても、「友達に勧められて参拝だけでもしてみようかと思いまして…」なんて言えば、なんという素晴らしい方だと思って感動なさるでしょう。「このあとすぐ用事があって(激しい勧誘にはつき合っていられませんので)すぐに出なければ行けないのですが…」なんて言葉を添えると完璧かもしれません。

確かにハードルは高いと思います。でもチャレンジする価値はあります。是非是非チャレンジしてください。世界が変わります。


沙弥奈さん、久しぶりのコメントありがとうございます。沙弥奈さんは、このブログに最初にコメントをくれた方なんですよねたしか。お返事遅れて申し訳ない。
サクセスがあるから戸越が好きとはなかなか沙弥奈さんは勉強熱心な方なのですね。僕はサクセスが始まる前に受験を終えてしまっていたので、どんな空気なのかよく分かりませんけど。楽しそう。ちなみにサクセスというのは、当会の運営する学習塾システム。先生も生徒もお布施で成り立つ緩いカンジの寺子屋です。
戸越精舎、僕もすこしお世話になったのですが、学生部の熱さが最も際立つ精舎でして、僕はなんだか苦手な精舎でした。未来感も学生部のイベントの際に時々明け渡され、少し同様な印象です。未来館には学生部時代に大変お世話になった方の最初の勤務地でした。あの人はいい人だった。あの人は僕を過大評価し過ぎでした。移動の激しい当会のことですから、今はどちらにいらっしゃるのか分かりません。また会いたいなあ。
学生部合宿、是非行ってください。楽しんでこい。

kagekage 2009/06/11 17:58 私の物言いが過激だったので、誤解を招いてしまったかもしれませんが、私個人としては さとうさんは特に悪だとは思っていませんし、さとうさんのエンターテイメント表現能力がすごいのは理解しています。私も趣味でマンガを描いてるのでそれはよくわかります。

疑問だったのは幸福の科学のダブルスタンダードな態度です。
フライデー事件の後、講談社の出版物の不買運動までしておいて、会員であるさとうさんが講談社でマンガを描いていることが素朴に疑問だったのです。 当時の信者の方からは納得のいく答えは頂いてないですが。
あと言っておくと、ジャンプもサンデーもマガジンも 僕が会員だったころはすべてダメなものという認識でした。今はわかりませんが。 僕の周辺、支部とかそういう所では、子供さん向けにビデオが置いてましたがあるのはアンパンマンかポケモンで、金田一のアニメは置いてませんでしたねw 『会員さんがやってる作品なんだから置けばいいのにさ…冷たいんだ…』って意地の悪い僕は思ってましたが。
まあこうやって不審の芽がグングン伸びてく訳ですねw

tcrtcr 2009/06/11 22:36 kageさん、こめんとありがとうございます。
なるほど、把握納得いたしました。
僕にも同じような疑問があったように思います。講談社の漫画の表紙にケリューケイオンの杖のブローチが有る?!てことを知り、一時期不思議でした。
まあ、もし幸福の科学側がさとうふみやさんに「講談社で描くなら辞めろ」と勧告していたら、さとうさんは辞めていたかもしれません。だけど、教団側がそんなことするのもどうなのかなとも思います。
それは高額の布施を講談社から発生させることが出来るから黙認していたとも考えられますし、実はもうすこし複雑なことなのかもしれないです。
確かに少年週刊誌の類いは、幸福の科学に関わらず、すこし前は悪書だとされていたと思います。僕の周りの一人っ子の友達(非信者)は幼い頃はたいてい親から禁止されていたようです。北斗の拳とか面白いけど肉が弾け飛ぶ表現とか凄まじくエグかったですよね。
幽々白書なんかもかなりグロかったし。面白かったけど。いや〜おもしろかった。僕は俄然ジャンプ派です。でも、うしおととらは認めざるおえない。
というかそんなことより、趣味で漫画を描かれるということが気になって仕方がありません。僕も趣味でイラストを描くので、とても気になります。是非読みたい。
あと関係ないですが、なんとなくkageさんとは年代かなり近い気がします。

2009-06-02

幸福の科学あるある

19:03

思いついた順:

精舎参拝して礼拝室で拝礼した後、食堂に行き紙コップでコーヒーを飲む。

精舎の食事は、稀にはずれがある。

導師(お祈りするときの先導者)によって、微妙にお祈りの速度やイントネーションが違い、戸惑う。

ウトウトしている時、導師の大きな声でびっくりして目が覚めたにもかかわらず、何事も無かったかのように装う。

全国大会などで集まった時、顔は覚えているのに名前が出てこない信者同士でお互い暗黙の了解のまましばらく喋る。

フライヤー等と纏められているお布施の封筒とか、いつのまにかもって帰ってしまい、徐々にたまっていく。

ガキがうざい。そして多い。ちんこを思い切り叩かれる。

支部にある本の中で最も読み込まれているのは、漫画。

奇跡的なことが頻繁に起こるので少しマンネリ。

いつも何かの作業着を着たまま支部に来る信者さんがいる。

お正月の行事の時は、なんとなく綺麗な格好をして参拝するが、何故か完全に普段着以下の人もいる。

普段はパジャマみたいな格好で来る人もいる。

地方に飛ばされた若い職員さん達は、結婚にあぶれる。

聖☆おにいさんのコアなネタで笑える。

さとうふみや氏の漫画に隠された幸福の科学ネタを探す。

顔の赤黒い信者さんがいる。

「これはまだ言ってはいけないんだけど」という話がすぐに出回る。

支部や精舎に大川総裁が訪問されると、普段なんの活動にも参加しない信者もちゃっかり来る。

地方の支部には大家族が多い。そして兄弟の顔が激似。

クラブイベントをオーガナイズするようなイカした青年部の集団も実は居る。

美女の信者さんが熱心に活動しているところを見ると、眩しすぎて近づきにくい。

自己嫌悪は最も逆説的な自己愛の形だと言う言葉に、ドキッとする。

東京ドーム講演に行った事のある二世は一目置かれる。特にアリーナ席は特別。経験談。

フライデーと戦ったときのデモに参加したことがあっても一目置かれる。経験談。

東京ドーム講演の時の黄色いハンカチを未だに大切に持っている初期メンバーは多いが、ボロボロ。

精舎の駐車場は大丈夫だが、支部の駐車場は車をとめにくい。

熱が出たとき等、正心宝(当会のロゴを象ったネックレス型のお守り)を額にあてて冷やす。

病気のとき正心法語などを枕の下にひいて寝るが、朝起きると壁とベッドの隙間に落ちている。

エルカンターレファイト(退悪霊用の呪文みたいなもの)をみんなでするとき、タイミングが合わない。

数年ごとに思い出したかのようにバザーが催され、おばさまウケしそうな商品の充実ぶりが凄い。

イベントの終わりに、個人の信者さんからイイシラセの発表があり、感極まって泣く。

美女の学生も泣く。

当会のアニメ映画で泣く。

みなさん感受性が高いご様子。

貧乏なのに頑張ってコツコツ御布施している人を見ると、さすがに僕も目頭が熱くなる。

精舎のオリジナルグッズを集める。

ポケモンに神々の名前を付ける。

ランドセルや鞄にお守りを忍ばせる。

生まれた時から二世の奴らは、時々凄い名前をつけられてる。

精舎等から持ち出し禁止の教典を誤って持ち出してしまい、いつか返そうと思いつつまだ家にある。

イベントの時などでみんなで歌ったりするのはまだ恥ずかしい。時々照れ隠しでオペラ歌手っぽく歌う奴がいる。

婦人部は照れ隠しでもなんでもないけどオペラ歌手っぽくファルセットで歌う。

バブル期の遺産であるゴルフ場跡地に建設された那須精舎のスケール感は半端ではない。

昔の正心宝(ネックレス)は当会のロゴであるORマークのRのテールの部分が少し尖っていて危なかった。

さらに昔の、ORマークだけ刳り貫かれたレア正心宝をつけていると少し一目置かれる。

ノストラダムス予言にビビっていた。

おみくじを引くと、今の自分に響く言葉が頻繁に出るが、稀に的外れなのも出る。

泊まりの研修の時、一人でゆっくりできる時間があんまりない。

研修の時などの聖黙中(静かに気を鎮め、お喋りしてはいけない時間)に限って、喋る必要が出てくる。

聖黙中の人は自分が聖黙中だということを示すタグをつけるのだけど、それに気づかずに話しかけてしまった後で小声で謝る。

霊感のある人は重宝される。

ヤンキーみたいな学生部も居る。

理系の信者さんで支部に出てくる人が何となく少ない。

眼鏡のレンズ超分厚い人が居る。

学生時代いじめられていたのでは…と思う人が多い。

正月の初詣などで参拝し、礼拝室にて拝んでいるとき、心の中で私利私欲に関する願い事をしてしまったことを直ちに悔い改める。

精舎の広い礼拝室に一人で行って、周りの席で瞑想中の人たちを気にせず拝礼するとき、謎の一体感を感じる。

幸福の科学瞑想曲は眠くなる。

体調悪くなると悪霊のせいにもするけど病院にはちゃんと行く。

精舎には値段設定の安い自動販売機がある。ノーブランドのコーラとか普通に旨い。

信者むっつり多い。

宇都宮餃子はどうでもいい。

完全に暗記した正心法語(お経)の一説なんかを時々ど忘れして、ノリで乗り切る。

海外からの訪問団があると、テンション上がる人とまったく関わりを持とうとしない人に分かれる。

支部にはお菓子があるが、チョイスが偏っている。高級な洋菓子やおかき、アラレ、塩飴や黒飴とかがよくある。

支部の冷蔵庫にボトルキープしている信者がいる。

支部にガキの信者が来ると、たいてい「いらない紙無い?」と職員さんに尋ねている。

交通の便が悪い精舎は、既に徐々に廃れていっている気がする。

家庭用御本尊(当会オリジナル仏壇)にほこりがたまる。

本の文の一節にマーカーを引いた理由が思い出せない。

ガキだった奴の成長ぶりにビビる。

ファッションセンターしまむら

宿泊研修は掃除等が面倒だが、学校の宿泊訓練のような気分になってなんだか少し高揚する。

支部や精舎が一般の方に対してもオープンすぎるせいか、稀に変な人が入ってきて対応に困る。

子供に超時間の合掌を求めるのは酷。

悪ガキが座禅用のまるっこい座布団をボールにして遊ぶ。

たくさん用意された座禅用のまるっこい座布団は、あんまり使われない。

派手なスーツの婦人部がいる。

職員さんは機械に疎い。

いつも請願書を書く時間が無い。

ガキは鼻くそを食う。

精舎の台所が完備するシステムは必要以上に本格的で充実している。

どの施設にもカップラーメンがある。

学生部の大きなイベントはテンションが高い。当人達も楽しんではいるが、終了後数日は燃え尽き症候群

学生部は空気を読むカンジが絶妙。

100歳まで生きる会(おじいさんおばあさんの部)の人達が持っている謎の棒が欲しい。

導師しか触る事が出来ない音の良い鈴を、子供が鳴らす。

子供が子供の面倒を見ている。

彼女に信仰告白したら、ちょっと落ち込まれた。

酒やタバコを嗜む信者は少ないように見えるが、実はけっこう飲むし吸う。経験談。

「飲まなきゃやってられねえっすよ」とは、両親の知り合いである某男性信者の方の発言。名言だ…(涙)。

「禁止はされていないんですよ」とは、両親の知り合いである某幹部信者の発言。これまた…。

手が綺麗な人が多い。

靴が汚い人が多い。※良い事かも

ストゥーパのスケール感は信者も退くほど驚いた。

幸福の科学学園に子供を入れたい親御は、幸福実現党の立党によって競争率が跳ね上がりそうな気がするのが怖い。

お祈り中など、猫背に気づいて背筋を正すが、いつのまにかまた猫背になっている。

皆さんお優しいせいか、笑いの沸点が低め。

精舎の浴場にはリンスインシャンプーではなく資生堂ツバキとかが男湯にもある。

バイリンガルな若手は職員の青田買いに狙われる。

子供の信者なのに総裁の御法話を聞いてノートを熱心にとっている奴を見ると、頭が下がる。

しかし、よく見ると途中から絵を描いている。

正心法語(お経)がアップデートされた時、完全暗記している二世達は戸惑いを隠せなかったはず。(特に七色の光の部分)←これはマニアック

くせのある人が多い。

癌は祈りで消えるもの。

支部の事務系の備品をいれておく抽き出しに貼られたラベルの表記と入っているのものが一致しない。(封筒の棚に画鋲等)

オリジナルTシャツを定期的に作る支部がある。

支部の内装に、誰かしらが作った安っぽい装飾がある。

精舎の壁に飾られた信者達による芸術作品は、なんとなくコメントできない。

どこ行っても水回りは驚くほど綺麗。

精舎の外観がいかつい。

子供の頃は水子の意味を知らなかったので、幹部信者である水子さんオリジナルの供養経があると思っていた。

シリアスなお祈り中等に思い出し笑いをすると、ひどいことになる。

自分では姿勢を完全にキープしているつもりでも、ウトウトしだすと頭が凄い角度になっている。

さとうふみや氏が信者だと知って驚いたのは信者も一緒。

瞑想と睡眠は紙一重。

職員さんのネクタイは曲がっている。

最近イメージビデオのクオリティーの進化が凄い。

あんまり知らない同級生が僕と同じ二世だったと知ってから、少し意識する。

よこしまなことを思い浮かべた直後、神様にごめんと謝る。

モンスターエンジンのネタ神々の遊びは、幸福の科学職員の方が3倍は上手く出来る。

江原啓之さんのことは好き。

美輪明宏さんのことは好きだけど、ちょっと怖い。

…うあ〜、も〜〜〜思いつかんばい!限界たい!

しかも最後の方はクオリティー下がってきとっとよ!なんかもっとたくさん面白いのあるかと思って書き始めたら、意外とそれほど無かったのでがっかりとよ!

まあ〜、書いてて楽しかったけんども。きっとよく頑張った方たい。個人的に好きなのは「宇都宮餃子はどうでもいい」。

もう殆ど網羅したつもりですが、他にもまだあると?


そして、幸福実現党の政策支持の方のコラムハケーン。小林節さん。

転載は負荷なので、リンクが更新される前にどうぞご覧あれ。

http://www.nnn.co.jp/dainichi/column/ryoudan/index.html

右寄りの人…?

てか、右とか左とかよくわからんけど、べつにそんなものはこの際あんまり関係ないのでは?自分達の住む国が良くなればいいんだから。

AKMAKM 2009/06/02 19:42 はじめまして、
我が家は2世が4人。
めっちゃ状況が似てて、我が家の子供たちの何人かと同じスタンスだと思います。
わたしはその熱心な母のほう。
でも、あなたのあるある、まじで涙ものです。
娘と二人で涙しながら笑い転げました。
3人の遠くにいる上の子供たちとも情報共有(このあたりの用語もOR的)しちゃいます。
がんばれ2世!!!

tcrtcr 2009/06/02 19:51 AKMさん、コメントありがとうございます!
まさに幸福の科学によくいらっしゃる大家族からの、しかもお母様からのコメント、今までに無いカンジで嬉しいです。なんだか僕も両親からのコメントのような恐ろしい錯覚を覚えます。
笑っていただけて幸いです。これらのあるあるで笑えるということは、けっこう初期からのメンバーとお見受けしました。ボロボロの黄色いハンカチがある家庭でしょうw
しかし、お子様達には悪影響かもしれませんので、このブログの情報を共有されることはオススメはしませんが…w。
応援ありがとうございます。本を読みます!

AKMAKM 2009/06/02 20:09 我が家にも黄色いハンカチがきちんとアイロンされてしまわれています。
アリーナでドラゴンがいっぱい出てきた時(総裁先生がチャイナ服で出てきた時?)に子供たちが走り回って集めた金銀のテープもどこかにあると思いますw。
「悪影響?なんで?」って隣で娘が、「めっちゃ、わかるしw、愛読せな!」って言ってます。
もちろん、私も!!!

tcrtcr 2009/06/02 20:46 やはりですかwww
うちの両親が持っているのは2枚とも何故か50年前の物かのようにボロボロです。あまり大切に補完していなかったのかもしれません。
銀紙のテープ!?僕にはなんのことか分かりません。ドラゴンは分かりますが、銀紙のテープはさすがにちょっとマニアックすぎて気持ち悪いですwwwおそらくAKMさんはかなりの上級者なのでしょうね。
娘さんも愛読だなんてとんでもない。身に余ります。あるあるネタはもう思いつきませんし。一ヶ月に30回程度覗いてくださるだけでかまいません。僕の葛藤ぶりが他の信者さんへの悪影響にならないようにしなければいけませんので、お母様が御先に御読みになってから御判断ください。
しかも次回はオナニーについて熱く語りますので、それはどうぞ娘様へ御配慮のほどをよろしく御願いします。

AKMAKM 2009/06/02 21:51 あらら、先ほどのコメントの娘は、OR学園に入ろうとがんばってる15際なので、それは注意しておかないと・・・
二世くんの過去ログみると、本当にまるでわが子たちが書いているような・・・
時々、学生部の研修とか行っても「みんな、熱すぎてついていけない。」 って言ってます。
その割には、ボランティアとか手伝ってたりネ。
親は バリバリだけど、子供はいたってノーマル。我が家の長男も今回の選挙が始まってから、「太陽の法」を読んでみるって、読み始めています。
彼も、信じているのはあんまり揺るがないみたいだけど、まわりには信仰告白するのも あんまり・・って感じだし、いろいろ書かれてるのを読んでは動揺してる。
きょうこ先生の〇〇顔のことのコメントまでおんなじ!!
ほんと、私たちみたいな親を選んできて、本当にたいへんよね。よく、ぐれないで大きくなってくれたと
感謝するやら、驚くやら・・・結構、耐え忍びの修行できてるよね。
本当にすご〜く感謝してる、きっと二世君のご両親も!!
この夏は、今まで以上に熱〜い夏になると思うけど、がんばろうね。
我が家の上の3人は、はたして友達にどれぐらい応援してって言えるかな?

NEONEO 2009/06/02 21:57 こんばんは。元気にやってますね。

小林節さんは、饗庭さんが大学の時のゼミの教授です。

tcrtcr 2009/06/03 05:11 AKMさま、度々コメントありがとうございます。
幸福の科学学園に娘様をお入れになるおつもりとは、やはり相当レベルの活動信者様ですねきっと。文面からも眩しさを覚えますw
幸福の科学学園が出来たらば内部に潜り込んで取材したいほど謎の施設です今のところ。宗教教育を大事な柱とする完全寮制の中高一貫学校というぐらいしかまだ情報は無いですし、僕よりもさらにフタまわりは若い世代の二世の世界になるでしょうから、想像もできません。気になります。

お子様とタイプが似ているのかもしれませんね。今の時期、太陽の法を読み始める二世が多発しているかもしれませんね。一章の終わりくらいまで読んだのですが、今のところちょっと僕には難しいですが。
まあ、僕自身は二世を耐え忍んでいるという感覚はありませんし、両親を恨んでもいません。むしろやはり感謝しなくてはいけない立場かもしれませんが、そこまでには至っておりません…。いや、そんなことないか。
信仰告白は難しいです。幸福の科学はまだ他の宗教に比べて良い印象かもしれませんが、思ったよりそうでもないですよ世間では。
大変な夏になりそうです。まったく。はあ。


NEOさんこんばんは!コメントありがとうございます。
はい、稚拙ながら少々派手目にやらせていただいております。少しひかえます。
>小林節さんは、饗庭さんが大学の時のゼミの教授です。
どうしてそんなに御詳しいのですか?そりゃあ贔屓めに書いて当たり前なのですね。
アエバさんがゼミのときの教授なのにまだ60歳とは、小林節さん若くして教授になられたのですねきっと。

AKMAKM 2009/06/03 09:45 おはよ!
スカイプチャットで二世君のこと長男に知らせたら、感動してた。本当に僕そっくり!って。
また投稿するって言ってました。
我が家もみんな仲良しで、家族で盛り上がるのがめっちゃうれしいというファミリーですが、やはり小さいときは家事手伝いをそれぞれがまかされて、長女は、小1のときからうまれた妹のミルクをやったり、
ほんと、もう大学生のいま、子育てあきた、っていうぐらい家事手伝いもしてもらってきたんです。
もう、どこに嫁に出してもだいじょうぶなくらいw。でも、あんまり早く嫁に行かれると我が家が回っていかないww。
小さい頃は、会員も少なくて特に忙しくて、夜遅くまで帰らずに、あの頃夕飯とかどうしていたことやら・・・
うちのパパはというと、二世君のところと違って、信じてはいるけど活動しない、でも私ほど信じられないみたいでいつも葛藤してます。
ときどき経営者の研修に参加して不思議と奇跡のように仕事がうまく行って心境が上がると1週間ぐらい優しくなるのがとてもかわいいんですw。
日頃は妻が、自分より総裁の意見を聞くのが何より気に入らないのです。
それはよくわかります。
でも、時々伝道したりもするんですw。何人も夜の蝶たち(パパの携帯に「夜の蝶」というグループがある)や友達を伝道しています。
今回もはじめはひっくり返るほどびっくりしてたけど、友達とかに話して手伝い始めてくれてるのが信じられない!!
本当にORのバリバリ妻を持つ夫たちには頭が下がります。妻としていたらないところだらけですから・・・子どもたちもいつもパパに同情してるぐらいです。
同じような環境にいるお父様たちが見てたら、この場を借りて感謝させてください。
結局、みんな見えない世界(霊やら転生輪廻やら)はよくわからないけど総裁先生のおっしゃっていることを実践すると幸福になっていってるという人が増えていってるというのをみたり、
自分たちもすごくラッキーというのは事実というあたりで信じたほうがよさそう、
みたいな感じなのでしょうか.
私は太陽の法を10分ぐらい読んでこれ知ってるという感じだったので、揺らぐということを経験したことすらないんです。
それまで宗教は嫌いだっただけにまわりはびっくり。
まあ、20年かけてまわりに「霊とかよくわからないけど悪い宗教ではないし、いいこと言ってる」という支持者がたくさんできて、うちでは、県内のマスコミとかも含めて一流企業扱いしてもらってます。
日本の政治が本当に危ないんだということは主婦でもわかる。
本当にORだけの発展を考えたら今こんな動きはしないでしょ。
海外支部の発展をみれば外から逆輸入をゆっくり待ってていいぐらいですから。
私も海外伝道をお手伝いしてたので、TVも英語のばかり朝から晩まで見ていたのに(子どもたちはただのTVっ子というけどw)急に政治ニュースとか見始めてワケワカメなのですww。
まあ、

こんな経験したくてもできないと思って開き直ってLET'S ENJOY THE ELECTION!!
長々と、お邪魔しました。

AKMAKM 2009/06/03 09:46 おはよ!
スカイプチャットで二世君のこと長男に知らせたら、感動してた。本当に僕そっくり!って。
また投稿するって言ってました。
我が家もみんな仲良しで、家族で盛り上がるのがめっちゃうれしいというファミリーですが、やはり小さいときは家事手伝いをそれぞれがまかされて、長女は、小1のときからうまれた妹のミルクをやったり、
ほんと、もう大学生のいま、子育てあきた、っていうぐらい家事手伝いもしてもらってきたんです。
もう、どこに嫁に出してもだいじょうぶなくらいw。でも、あんまり早く嫁に行かれると我が家が回っていかないww。
小さい頃は、会員も少なくて特に忙しくて、夜遅くまで帰らずに、あの頃夕飯とかどうしていたことやら・・・
うちのパパはというと、二世君のところと違って、信じてはいるけど活動しない、でも私ほど信じられないみたいでいつも葛藤してます。
ときどき経営者の研修に参加して不思議と奇跡のように仕事がうまく行って心境が上がると1週間ぐらい優しくなるのがとてもかわいいんですw。
日頃は妻が、自分より総裁の意見を聞くのが何より気に入らないのです。
それはよくわかります。
でも、時々伝道したりもするんですw。何人も夜の蝶たち(パパの携帯に「夜の蝶」というグループがある)や友達を伝道しています。
今回もはじめはひっくり返るほどびっくりしてたけど、友達とかに話して手伝い始めてくれてるのが信じられない!!
本当にORのバリバリ妻を持つ夫たちには頭が下がります。妻としていたらないところだらけですから・・・子どもたちもいつもパパに同情してるぐらいです。
同じような環境にいるお父様たちが見てたら、この場を借りて感謝させてください。
結局、みんな見えない世界(霊やら転生輪廻やら)はよくわからないけど総裁先生のおっしゃっていることを実践すると幸福になっていってるという人が増えていってるというのをみたり、
自分たちもすごくラッキーというのは事実というあたりで信じたほうがよさそう、
みたいな感じなのでしょうか.
私は太陽の法を10分ぐらい読んでこれ知ってるという感じだったので、揺らぐということを経験したことすらないんです。
それまで宗教は嫌いだっただけにまわりはびっくり。
まあ、20年かけてまわりに「霊とかよくわからないけど悪い宗教ではないし、いいこと言ってる」という支持者がたくさんできて、うちでは、県内のマスコミとかも含めて一流企業扱いしてもらってます。
日本の政治が本当に危ないんだということは主婦でもわかる。
本当にORだけの発展を考えたら今こんな動きはしないでしょ。
海外支部の発展をみれば外から逆輸入をゆっくり待ってていいぐらいですから。
私も海外伝道をお手伝いしてたので、TVも英語のばかり朝から晩まで見ていたのに(子どもたちはただのTVっ子というけどw)急に政治ニュースとか見始めてワケワカメなのですww。
まあ、

こんな経験したくてもできないと思って開き直ってLET'S ENJOY THE ELECTION!!
長々と、お邪魔しました。

tcrtcr 2009/06/03 17:16 AKMさん、長々と御家庭のお話をありがとうございます。
いや〜、しかしそんなに同調していただけるとは大変嬉しいです。しかし、このような地獄行きブログにそんなプレッシャーをかけないでほしいです正直;。このパターンもなんだか好き勝手書きにくくなります…参ります;。(くれぐれもリアルで熱心な信者さん達に広めたりしないでくださいね…(´・ω・`))今のところ、なんとなくネットに慣れた方を対象にしておりますので…ね。AKMさんの文章もほんのりネット慣れしてない雰囲気で、当方和ませていただいておりますが、なんとなくお返事が書きにくいですww
コメントを拝見する限り、本当に初期から熱心に活動していらっしゃる直球の信者さんなのですね。熱心に活動される他の御家族の内情なんてなかなか知る事が出来ないことなので、非常に興味深く読ませていただきました。グループ夜の蝶バカスwwww
熱心に活動する妻を持つ夫、もしくはその逆、そして二世達は、とても大変だと思います。真理とはほど遠い顛末かもしれませんが、伴侶が幸福の科学の信者になったことで離婚した夫婦は少なくないかもしれません。
AKMさんの旦那様やお子様もきっと大変でしょう。今回の事は確かにひっくりかえるほど驚いても仕方ないでしょうね。立党だなんて、史上最も派手な動きですから。
信者にとって、そういった家庭の問題はとても大きな課題です。真理だからといってそれに突っ走るあまり、一方では家族側に不満がたまっては真理の実践が出来ているとは言えませんから。何事もバランスなんでしょう。僕の両親との関わり方は、半ば諦めているに近いスタンスですけどね。AKMさんは、きっとご家族から本当に愛されているんだろうな…と感じました。
色々な信者さん達がいますが、それぞれが様々な悩みを抱えているのでしょう。完璧な信者なんてきっと誰一人いないですよね。
てか、AKMさんも当会との出会いは太陽の法なのですね。うちの両親も太陽の法からですたしか。読んで10分というのも、それ以前は宗教が嫌いだったのも凄いです。すでに数時間読んでますが、そのトリップ感はまだ無いです…。
それより、県内のマスコミ含め一流企業扱いされているというのは本当ですか?幸福の科学って、もうそんなに抵抗感の無い団体になっているのですか?!そんな県もあるんですね…。にわかには信じられませんが…。
教団の利害は考えてはいないでしょう。支援していた自民党がうんこになった今、ただ座して日本の死を待つのが耐えられなかったと、ただそれだけのはずです。
幸福の科学と幸福実現党は別ものですし。新党ブームのときに乱立したような政党とは一線を画す、勝たなくては行けない政党がついに誕生したとじわじわ感じてまいりました。選挙、数々の動画を見て勇気が出ましたが、まだ僕は悲観的です。300区中、5区でも勝てれば僕の中では優勝です。

確かにこんな経験は今世限りですから、開き直るというのも手ですね。まだまだ楽しむってのは難しいですけど。人生楽しむのは来世でいいか!!?

NEONEO 2009/06/03 21:01 こんばんは。
二世さんのブログ、意外とはまります(笑)。おちゃらけしながら、人との調和を保ちつつ、それでいて人に流されない強さがあって、興味深く拝見させて戴いています。

小林節先生、確か1989年に教授就任だったと思います。ですから40歳ぐらいで教授になられたことになります。非常に優秀な方です。自民党の憲法調査会の勉強会に講師として呼ばれるほどの、著名な憲法学者であります。恩師として饗庭さんを応援したい気持ちが、あられるのかもしれません。

話し変わりますが、私は学生時代から、幕末維新の志士たちに強烈な思い入れのあった人間でありました。ゆえに、坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作を尊敬しています。それでHS入会後、私の個人的な一番の関心事とは、このHSという団体が、社会に日本国に、どのような影響を与えることができるのか、ということでした。その視点から見たとき、HSは最終的に、よき影響を与えるところではない、と判断して退会することになりました。

20年ほど前、私が入会した頃、若き饗庭さんがテレビに出演している姿をみて、このような青年が在籍しているHSは本物の団体だな、と思ったものです。よって、あれから20年経って、幸福実現党の党首として選挙に立つ、今の現実をみて複雑な思いがあります。彼は、それこそ坂本龍馬のように、HSを脱藩した後、独立不羈の政治家として立ったほうが、本当に本人のため、そして日本国のためになったのでは、と個人的には感じています。その意味で残念です。

あの爽やかな笑顔と、たぶん政治家としての魂ゆえの説得力が、どれだけ宗教政党の悪しきイメージを払拭し、世間に訴えかけることができるか、そこに、幸福実現党の未来はかかっているものかと思います。ただその前に、本部の様々な戦略が、勝算を減じる方向に突っ走っているのが致命的ではありますが。

またまた長文になりました。それでは、また。

AKMAKM 2009/06/03 21:07 二世君、どうかプレッシャーなんか感じないで自由にやってくださいね。
ネット慣れどころか、子どもたちのブログにさえめったにコメントしたこともなく、知らない人には本当に初めて、あまりにも息子と激似だったので、なんだか他人の気がしなくて思わず返事してしまいました。
本当に、地方にはORが結構認められているところもあるんですよ。
新聞記者さんたちも支部によく出入りしているし、結構仲良し。
まあ、広告主だったりするから、よけいに感じいいのかも?
社内に同級生とかいるし・・・御法話もしょっちゅう聞きに来てくれてるし、会員も何人かいるし・・
今日は支部に知り合いの人が他党の選対の手伝いのプロみたいな人をつれて来て、いろいろアドバイスしてくれたりしてました。
マニフェスト見るとみんな結構応援してくれます。
何より私たちが私心なく、純粋に政治を変えようとしているんだとみんなわかってくれるんです。
どこまでいけるか分からないけど、相当楽しめると思うよ。

まあ、私のことは気にしないでどんどんやってください。二世君って自分で思ってるほど地獄的じゃないです、安心して。我が家はバリバリみたいだけど、私も坊さん的な人からは信じられないぐらい遠いです。昔はブラックリストに載ってたらしい。ヘルメス系が本当の意味で認められるようになってから、息ができるようになったんです。
尼さんとかやったことないし・・過去にも、
またときどき来ます。

tcrtcr 2009/06/03 23:06 NEOさん、こんばんわ。またもコメントありがとうございます。
しかし、まったくの買い被りでございますです。常に安っぽいおちゃらけですし、思った以上に流されていますよ僕なんか。
熱烈果敢な信者さんからも知的聡明な脱会者さんからも同時にプレッシャーをかけられて、もう髪の毛が全部抜けそうです。は〜。
小林節先生、凄く優秀な方なんですね。饗庭さんとのハイレベル師弟関係が凄くかっこいい。というか、いったいどうやってそういった情報を知るのか。やはり興味のアンテナの張り方が僕とは根本的に違うようです。この土俵では一生勝ち目が無さそうです。とても勉強になります。ありがとうございます。

NEOさんは幕末維新志士マニアだったのですね。僕も好きです。僕に有るのは司馬遼太郎からの知識のみですが、彼らは確かに今の強国日本の根本を作り上げた志士達です。日本に影響を与えたというより、完全に革命を起こし命を燃やして国を再建させた英雄達です。熱すぎた時代です。
たしかに、ちょっと昔の幸福の科学は、日本に良い影響を与える団体というよりは、なんとなく肥えていくばかりの団体だったかもしれません。当会の維新時代は長らく来ませんでしたが、今回の参政への動きは、その視点からだととても注目すべき事件ですね。
若き饗庭さんの映像、またいつか出てきませんかね。見てみたいです。
饗庭さんが脱藩してというより、僕は単純に幸福実現党が新興宗教を母体としていなければ、一党を獲得して日本を復活させるのはまだ楽だっただろうなと感じます。もったいない政策の数々です。
総裁のお考えは、宗教と政治が双方バランスよく関わり合っていて初めて真なる幸福に繋がるというものだったと思います多分。僕にはこれを咀嚼するのが少し難しいです。宗教と政治のバランスがとれた国もあるのでしょうか。だいたい、もっと死にもの狂いで伝道頑張らないとその図式は成り立たないし。
宗教政党のイメージは何故かとても糞です。某宗教団体SKGKのKM党がやってくれました。
実現党は、当会とは別の団体である事を時々主張されているようですが、それは難しいでしょう。総裁のお話が毎回叩きの標的にされます。総裁の話はめったなことでは信者以外には伝わらない。なんでやねんと。あの人神やぞと、いやあ…これは難しいです。
幸福実現党が宗教政党のイメージをどこまで変える事ができるか、心から期待したい。饗庭さんのカリスマ性に期待します。総理に成るポテンシャルはあると思います。平成維新を巻き起こしてほしいです。長文ありがとうございました。てか、僕は本を読みます。


AKMさま、この記事に頂いたコメントだけで、既に今までで一番多くのコメントを頂いた方かもしれません。ありがとうございます。
まあ、あれです。僕もけしてネット慣れはしていませんので、いつか大失敗しそうで怖いです。
本当に二世信者の方の中には僕のような悩みを抱えている救いようの無い人間が沢山いるのかもしれませんね。この二十代〜三十代の二世信者に多くいるんではないでしょうか。そういうしょうもない奴には、同族嫌悪の念が有るとともに、傷を舐め合いたいという想いもありますね。
僕の葛藤の原因をはらすためには、幸福の科学が一般に認められるにはどうしたらいいのか…という問いにも答えが欲しいので、そういった特殊な地方のケースは興味深いです。幸福の科学は新興宗教ですよ?普通の人は宗教というイメージだけで気味悪がって近づこうともしないものなのに。なんというか、大乗の時代のモデルケースになってもおかしくないような印象ですね。すごい。
匿名の掲示板で「政策は良い」と言って信者らしき方がイメージ向上に努められていて涙ぐましいです(僕ネガティブ)。相当楽しめるだなんて凄い余裕ですね。相当厳しい戦いになると思いますので、気を引き締めないと!…これが一世信者さんとの差ですか…。
それに、気にしないでと言われましても、だんだん読者を意識するようになってきていますので、既にお蔵入りになった記事もいくつか出ております。オナニーの記事とかww
でも、見られていることで興奮して何か新しいネタが思い浮かぶかもしれません。マイペースより少しハイペース気味に頑張りますです。
それより、ブラックリストなんて有ったんですね、幸福の科学。それはなかなか新興宗教っぽいです。それと「ヘルメス系」というのは「オープンな時代になってきた」という翻訳で大丈夫でしょうかね。
またどうぞ来てください。

AKMAKM 2009/06/03 23:48 日本で宗教本来の地位にが戻るのはとても大変なのは確かです。
上の子供たちが小さい頃海外に住んでいたこともあり、外から日本を見ると、本当に世界の常識から考えるとま逆で、外国では宗教を持ってない人は軽蔑されるというようなことも多々あります。
日本は宗教に寛容で、クリスマスもお正月もお祝いするというところは、その変なところが新しい宗教にとっては広がる余地のある所になってもいますけどね。
やはり、皆さんに認められてきたのは多くの会員さんが社会の中でどういう人間か、
ひとりひとりが本当に明るくて、幸福そうであるかどうか、そこが一番だと思います。
自分たちだけで幸福だと声高に言うのではなくて、
誰が見ても幸福そうで、なおかつこの世でもきちんと評価されるようになる。
これが本当の伝道です。
なにも教義を語らなくても、幸せそうで、成功してる人のところには自ずと人は寄ってきます。
我が家は、周りの人から見てもたぶん笑いが多い家庭です。
本当に楽しくて、食事の時間が長引いて困ります。みんなで食事しているときに、毎晩のように涙を流して笑っています。
ジョークのレベルが高い人の天下なのです。
ジョークが滑ると冷たい目で見られるし、噛んでも必ず突っ込まれて、ほんと、結構長く笑いの種にされてしまうんです。
最近、とみに噛むことが多い私がいちばん遊ばれてるかも?
まあ、若い時には、そんなに焦らなくても自分作りに精一杯励んでたらいいかも。親からこうしろああしろと言われてもなかなかできるものじゃないですよね。うちの子たちもです。
でも、小さい時から真理を聴き続けて育っている二世君も必ず、「両親が行ってたのはこういうことだったのか!」って必ずわかる時が来ると思います。
そうなったときに、「君が言うなら本当だろう」って人が信じてくれるようになってればいいのだから・・・
今は私たちがやります。
あなたたちは日本の黄金時代を支える人たちなのだから・・・
なんか、まじめに書いてしまいました。また、プレッシャーになったかしら?
ほんと、明るいっていうのはすごく力があるっていうことだけは覚えといてね。
神様がいつも見てるって確信してる明るさは、本物で、闇に負けないよ。
闇は明るさがまだまだ足りないだけのこと!!

tcrtcr 2009/06/04 08:18 AKMさま、ばんばんコメントありがとうございます。
たしかに、海外では宗教は当たり前ですよね。日本も古来よりの仏教国のはずなのですが、戦後に宗教教育が廃止されてアメリカの思うがままです。戦後の日本の発展は信じられない勢いがありましたが、信仰という柱はどこかに忘れてきてしまいました。仏教国だった名残はあるのに。
そんな国に、宗教を根付かせるのはやはり時間がかかるでしょう。
新興宗教のイメージの払拭は一朝一夕になりません。幸せな信者が増えるだけでは難しい。例えばハイクラスな文化人達の目には、一般人がどれだけ幸せでも、無知ゆえに幸せに興じられているだけのように見えるかもしれません。そういったイメージを博すのは本当に難しい。頭のおかしい人の集まりってイメージをどうにか払拭したい。ドラえもんが居て欲しい。もしもボックスが欲しい。
噛んだら存在すら無視される我が家も、少し似たようなカンジかも知れません。AKMさん、コメント内でも度々噛んでいらっしゃるのがツボですw
時々、逆に幸福の科学が無いほうが幸せだったかも…なんて思ってしまいます。信仰告白のことを思うと、いつも気が滅入ります。特に、若い世代は新興宗教に対するイメージがキングオブ野糞です。変な奴と思われるのが嫌で、まして伝道なんかとても難しい。
教義は真理だと思っていますし、霊的世界や総裁が神だってこともまあ、信じてなくは無いのですが、この世との兼ね合いを考えたときどうしても疑問が生じてしまいます。いつかズボリと腑に落ちる瞬間がくるのが一番いいのですが、なかなかまだまだ時間がかかりそうです…。どっちに転がるにせよ、勉強頑張ります。
黄金時代が来ても、僕はこそこそと活動したろうと思います、いまのところ。
数々の眩しいコメントありがとうございます。眩しすぎて軽く凹みます。
ブログは明るくつとめます。

のぼるのぼる 2009/06/18 01:14 こんばんは。夜なのに大きな声で笑ってしまいました。

今、力の余っている婦人部のオバチャンのブームは、選挙カーの鶯嬢? らしいです。
カラオケマイクのように、選挙カーのマイクの取り合い状態みたいですよ。

私が思いつくあるあるは・・・

〇何かのブームには、へんな短縮語が生まれる。アイカゼ(映画、愛は風のごとく)ユウ活(ユートピア活動)など

〇精舎の行事で、多くの人が礼拝室から出てきて、最後になるとスリッパがないことがある。
スリッパを履かずに来て、スリッパを履いて移動したやつがいる。

〇試験前になると、会話同士の会話に課題本にある内容や単語が頻繁に出てくる。

マニアネタを一つ。 ガリ版刷りの正心法語を見たことがありますか。
会員No.二桁の人に見せてもらいました。

二世諸君、自分のペースを守りながら、長い道のりを頑張ってね。

tcrtcr 2009/06/18 14:04 のぼるさん、はじめましてコメントどうもありがとうございます。
笑っていただけて嬉しいです。よっしゃ。
しかし、ちょっとマジですか、選挙カーの鶯嬢ブームwwそこまでいくと婦人部ちょっとは自重しろと思いますが、一番馬力がある連中なので口出しは出来ませんが。世間様に恥ずかしい事はできるだけ…、まあ、常識を塗り替えてるときはどこの世界もこんなものか…というつもりで活動していかないと、それだけの力は続きませんよね。

しかしのぼるさんのあるある、相当良いですマジで。すべてクオリティー高いあるあるです。
特に個人的に好きなのはスリッパ。お見事最高です。これは本当になんで思いつかなかったのか。これは悔しい。まだまだ修行が足りません(何のだ)。
しかし、スリッパ、めちゃめちゃあるな〜w

ってか、ガリ版刷りの正心法語!?!?!?!マジですか!!!?嘘でしょ!?!?!マニアックすぎる!!!!すげえっす!!!!学生運動全盛期の日本に憧れを持つゆとり世代には「ガリ版」という言葉だけで飯3杯はいけるというのに!!そんなDIYな時代もあったんですね。見たい!見た過ぎる!!!!
うちの両親の会員番号はたしか4桁で、それでも相当初期の会員だと思っていたのに2桁の方とは…マニア度のレベルが違う…。
いつか博物館が出来たら間違いなく所蔵されるのでしょうね。むしろ禁書みたいなレベルかもですね。

マイペースで頑張ります。どうもありがとうございます。

のぼるのぼる 2009/06/18 17:45 もう一つ思い出しました。

さすがにこの頃は聞かなくなりましたが・・・・

仕事能力のない職員ほど、言い訳に「会は霊速で進んでいますから・・・」

とおっしゃります。 マァ、便利な言葉だこと・・・

tcrtcr 2009/06/27 03:22 霊速…?!
初めて聞きました。それもマニアックワードかもしれないです。そんな職員さんいたら、ちょっと腹立ちますw
立党宣言後の霊速は壮絶に早そうですから、今はその良い訳は通用しないかもですね。

taokaotaokao 2009/07/03 21:56 おまえはキタナイやつだとオレは思う

なぜ
キタナイのか
おまえには
わからねーだろーよ

勝手に訪れて
言いたいこといってゴメンな
殴りたいと思うが

赤の他人なので
しらねーよ

じゃな
あばよ

2009-06-01

大川隆法総裁18年ぶりに公開説法

19:12

http://netallica.yahoo.co.jp/news/80064

もう18年ぶり。そんなになるんですね。あのころの僕はそんなに若かったっけ。

この宗教団体、今マジで空前の追い風きてるっしょ。

エロ

16:16

僕の大好きなエロの話を書いてテコ入れです。

以前、幸福の科学がエロ本を作ったらどうなるのか、という凄くふざけたことを一瞬書きました多分。そんなもんは絶対に有り得ないのは分かりきっていますが、今回はエロに焦点を当てて適当に書いてみようと思います今日は暇なので。


まずひとつ昔から疑問だったのは、大川総裁はエロ本を見た事があるのかどうか、ということ。

さすがに、このエロエロ大国日本に生まれ落ちてエロ本を一度も見ないで育つということは想像しにくいので、まず無くはないとおもいますが、どこからか入手した裏ビデオを息子に発見されたりしていないのかというのも気になります。僕の親父のように「研究のため」という謎の主張をされたりするのかもしれません。

エロを見て男子が育つのはむしろ人間として自然でしょうが、そもそも大川総裁は人間ではありません。人間の本能の一つである性欲というものを人間に備えお創りになった方が、今や人の体を持ってこの世にお生まれになっているわけで、はたしてそこに性欲はあるのかどうか、という信者内においては画期的な議題です。全体的にほどよく無礼千万な聞こえはありますが、単なる好奇心から来る健康的なものです。

どうなんでしょうか。これは宏洋様にお伺いした方がいいかもしれません。お父上が所有するいやらしいたぐいのものを発見した経験があるのかどうか。はたしてフェチはあるのか。興味が有ります。


そしてもう一つ。

もしそう遠くない将来に、幸福の科学が世界ユートピア建設に成功したとしたら、エロはどこへ行くのか。はたしてその世界において、エロはそこにあるのか、ということです。

今やエロはどこにでもあります。ネット上では、無料で素晴らしい芸術作品の数々が拝聴可能となっております。経済的な面で見ても、エロ市場の大きさは尋常半端なものではありません。

特に日本。日本VSその他で戦い、圧勝できるほどエロエロマーケットが成熟し、日本以外では有り得ないほど充実している印象です。まったくけしからんです。しかし、そのあまりに巨大で需要の尽きないエロ市場の経済効果を考えた場合、急に無くなってしまうと様々な問題が発生しそうな気がします知らんけど。

色欲地獄という地獄があるのは御存知でしょうか。

壮絶にエロすぎると行く事になる地獄です。そんな地獄があるくらいなので、当会も過度のエロは推奨していません。人の自然な営みとして存在するエロを超えてはいけません。スカトロとか誰がやり始めたのか知らないけど、あんなのマジでやっちゃ駄目でしょう。ど変態です。ロリもちょっと危ないでしょ。最近なんなんですかあのイメージビデオに出演する女子の低年齢化は。保育園児が水着着てはしゃいでるDVDをいい年した方が購入しているようですが、まったくなかなかいかついことになってまいりました。

あとエロゲー。御存知でしょうか、エロゲというもの。最近、レイプ、妊娠、中絶三拍子そろったエロゲが欧米から猛烈なバッシングにあい、発売中止になっていたのは記憶にも新しいです。

日本のエロは底を知りません。もはやそれはエロとは言わないだろと思うほど進化してしまった日本のエロ。いったいどうしてここまでエロい民族になのか。歴史的に見ても何かエロに対してコンプレックスを抱かせるようなことがあったのか、どこかで研究している方はいらっしゃらないでしょうか。

日本のエロマーケットの壮絶さには、総裁も頭を悩めていらっしゃるでしょう。もしかしたら時々は御研究なさっているかもしれません。性欲=エロとも言えるので、この世に人が存在するかぎりはずっと無くならないでしょうが、幸福の科学の教えが世界中に広がった場合、アル程度の規模の縮小は考えられます。規制が強化されたり。バブル期くらいの画質の悪いモザイク技術がチープなナニを実際には入れてなさそうなアダルトビデオのようなかんじですか?ちょっと辛いです。けど、今の時代、色欲地獄に堕ちる人は沢山居る気がします。

新興宗教全般に言える事かもしれませんが、基本的にはむっつり体質だと思います。幸福の科学はかなりオープンな方だと思うけどね。それでもお坊さんタイプの方が男性にも女性にも多いから、なんとなく。


といったような、エロについての話を信者の方とはあんまりしたことがありません。おそらく男子学生部の間では日夜熱心な議論が交わされているのでしょうが、僕が絡む方々は主に婦人部の方々でして、かのような淑女の方々と戯れに下ネタをお喋りするのは少々やり過ぎです。いくつになっても好きな、良い意味でバカな淑女の方も中には居ますけども。

基本的に関西の婦人部の方はノリが良いです。さすがです。若い僕のノリに余裕でついてくるどころかむしろリードされます。関西は面白いです。関西と関東の違いについてもいつか書けたらいいなあ。今のところ人柄の違いしか知らないけど。大阪正心館はかっこいいです。

信者内でのエロトークは、特にタブー視されているという訳ではないでしょうが、それで盛り上がりすぎていると周りからは呆れられるでしょう。それは実社会と変わりません。下ネタ好きの僕には住みにくい世の中です。

新興宗教とエロは、相容れないもの…ていうか関係ないものです多分。議題にあげる必要もきっとあまりありません。前述の、色欲に溺れすぎるなかれというお話はありますが、どこまでエロいとやばいのか、というのもまた疑問ですし、エロさの尺度を測る方法もありません。時々、僕のエロさは地獄に落とされるほどのものかどうか心配になりますが、エロゲーやった事無いので大丈夫だと根拠の無い確信があります。人のエロさを計算式で表す事の出来る頭の良い阿呆な理系はいないものか。


あと、もう全然幸福の科学関係ないけど、萌えの根幹にあるものはエロなのか、というのも気になります。僕が生まれて初めて萌えというものを感じたのは、手塚治虫作品の劇場版「ユニコ」です。萌え死にました。ユニコ可愛すぎ。とても幼い時に見たのですが、今もあの感動は忘れられません。必見の作品です。

今日は少なくとも第二章の途中までは読もうと思います法of太陽。

あざらしあざらし 2009/06/03 00:04 どうも、あるあるネタが聖☆おにいさんしかついていけなったあざらしです。

話を振ったとはいえ、いきなり総裁ネタに斬り込んでいく果敢さには
これが二世/三帰者の余裕というものかとぶっちぎりの距離を感じましたw

自分は日頃から、地獄に落ちるとしたらまず色情地獄だろうと思ってます。
幸運なことにモテませんので、直接どなたかに迷惑をかけるような行いはないのですが、
思いの方はもーずっとダメダメです。ムッツリな世界が広大に広がってます。
毎日思ってることがあなた自身だとかいわれると、グサグサきます。
死後の幽界映画館ではどんだけいたたまれない思いを
しなくてはならんのかと今からマジで心配です。

とはいえ、完全に禁欲というのも逆に反動がくるし、
やはり幸福の科学的にはバランス、欲求のコントロールが大事なのでしょうが、
未だにどのくらいが適切なのか、正しきエロのあり方がわかりませんね。

かなり本気でw、幸福の科学出版から、教団推奨・安心して読めるエロ本出して欲しいですね。
なんかこう、読んでるうちに、明るい大家族を持ちたくなるようなやつ?
あーでも、奇跡的に出版されたとしても、既婚者は読んだらダメそうかな・・・

あと、幸福実現党のその手の出版物規制に対する姿勢も気になるところですね。

tcrtcr 2009/06/03 04:45 あざらしさん、どうもコメントありがとうございます。
あるあるネタ、100個以上書いたのに聖☆おにいさんだけですか( ;Д;)
まあ今回のあるあるは完全に信者ホイホイみたいなところはありますね。いつかあざらしさんが三帰されたら響くものばかりだと思います。

総裁とエロの関係に関しての疑問は常々思っておりましたが、今回このひどい記事を執筆するにあたっては自分自身非常にはらはらしておるのも事実です。

色欲地獄に行くかもしれないとビビってるかんじに共感を覚えます。
職員信者の方々なんか、ほぼ全員がむっつりだと思います。職員信者全員の内に秘めたむっつりポテンシャルを解放すれば、世界中の電力を数日間まかなえるくらいのエロエネルギーを発揮するでしょう。?
僕はもう半ば諦め気味ではあります。恐らくは歴史に名を残すほどのエロさですから。
幽界映画館はマジで恐怖ですよね。恥ずかしさで死んでしまいそうになるでしょうが、既に死んでいるので逃げ道は無いわけで…本当に恐ろしい。

正しきエロの探求ですね、わかります。
僕のエロ自慢は完全に退かれてしまうので、ここではやめておきます。また今度じっくり霊界映画館の話とともに書こうと思います。
かなり本気でwというのに冷たい空気を感じて笑ってしまいました。幸福の科学出版からエロい何かが出たら確実に買いますwww確実に初版はプレミアモノww明るい大家族を持ちたくなるエロ本だなんて、発想がシュールすぎますww
エル・カンターレがこの地上に御生まれになる奇跡と同じくらい奇跡かもしれません。既婚者は読んじゃ駄目とかもリアルですねw残念!

実現党は出版規制等も視野に入っているのでしょうかね。もはや日本のエロに歯止めは効かないかもしれませんが彼らの考えであれば納得しますし、それが私が色欲地獄に堕ちるのを食い止める最後の方法かもしれません…。

Connection: close