Hatena::ブログ(Diary)

tdamのひたすら考えるブログ

2015-11-20

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言いますが…

昨日のプレミア12の日韓戦はまさにその格言が思い出されるゲームでした。あまりに残念で、試合中もイライラ・試合後もムカムカでしたので、久々にブログ記事を書いて発散させることとしましょう。

言いたいことはいろいろありますが、一言で言えばあまりにも残念。勝てる試合だっただけに悔やまれます。さて言いたいことはいろいろあるのでつらつらと書きます。オフシーズン日本代表して戦ってくれた選手個人への批判は抑え目です。


選手選考について

まずは選手選考ですが、結果論でもなく危惧されていたことはやはり選手適正の偏りです。最大は日本シリーズ前後にソフトバンク内川聖一選手、柳田悠岐選手が相次いで怪我したことです。ふたりとも日本代表レギュラー候補の外野手であったので、代役選手外野手となるのが自然ですが、代わりは外野手中村晃選手だけでなく、内野手今宮健太選手でした。

シーズン後に招集というのはコネの効くソフトバンク読売以外は厳しいでしょうが、もう少し内外野のバランスを考えて招集できなかったのでしょうか。球界外野手全体で考えるとロッテ角中勝也選手清田育宏選手を招集できればよかったと思います。起用法が難しいですが三拍子そろったDeNA梶谷隆幸選手や、神の守備悪魔の打力を兼ね備えた阪神大和選手でも良かったでしょう。

コネだけで考えると、内外野の守れる読売亀井善行選手か、やや格が落ちますが日本シリーズ活躍考慮してソフトバンク福田秀平選手の方が良かったのではないでしょうか。それぞれ特徴のある選手でかつ複数守備位置を守れます。

今宮選手ベネズエラ戦活躍したので大きな問題にはなりませんでしたが、代役の件はNPB全体としての協力体制が問われます。代役選手選考を容易にするためにもサッカーのように代表意味価値シーズン以上に大きいというようになってほしいものです。

また、シーズン中に抑え候補と目されていたロッテ西野勇士投手が怪我したことも痛手でした。三振を取れるフォーク武器の抑え投手がいないことで、最後の場面につながったということも考えられます。我が阪神藤浪晋太郎選手の直前での辞退も誤算でした。同期の大谷選手の大活躍を見て、藤浪選手のさらなる成長に期待です。

加えて、捕手三塁手ができる日本ハム近藤健介選手を招集すべきだったと思います。今大会では第三捕手ヤクルト中村悠平捕手(個人的には現状NPBNo.1捕手だと思いますが…)の出場機会がほとんどありませんでした。一方の主戦の嶋基宏捕手は落ちる玉の捕球難が配球にまで悪影響しており、炭谷銀仁朗捕手は予選のバント失敗などで監督の信頼を失いました。

シーズン中でも第三捕手の起用方法・位置づけは難しいですが、近藤選手なら第二捕手かつ代打として出すことで、守備時にもう一人起用しなくて良いという選択肢も取りうるわけですから、選手起用の幅が広がります。主戦の嶋捕手銀仁朗捕手に比べて打力が段違いである上、各国の代表捕手は2枚であったりするわけですし、問題無いでしょう。同じく捕手外野手をかねる西武森友哉選手は強打が魅力ですが、経験値的に流石にナシでしょう。

それ以外にも昨年の侍ジャパンの強化試合選考時点からメンバーが大幅に入れ替わっていました。これでは強化試合意味が全くない上、小久保監督がどういう野球をしたいかの意思統一など出来るはずがありません。活躍して一年の選手代表に選ぶ柔軟さともいえますが、好不調に左右されるより成績だけでなく、本来の技量を見抜く眼力代表督には備えていてほしいものです。


・采配について

第四戦までに早々に一位通過した侍ジャパンですが、第五戦と準々決勝の後半は各選手の調子や通用性の見極めに使えたはずです。実際小久保監督「使える選手を見極める」ということでしたのが、実際その言動は全く違っていました。

やはり先発の大谷翔平投手の早すぎる交代です。7回89球で降板というのは大会雰囲気もあるものの早過ぎるのではないでしょうか。完封関東は兎も角、せめて8回までは続投しておけばと悔やまれます。もしかして決勝での大谷外野手起用を上記の理由もあって考慮したというのは邪推でしょうか。

もし大谷投手を交代するなら、次は予選でも良かった則本昂大投手しかいないというのは誰しも同意でしょうが、予選での2イニングス目の則本投手の豹変ぶりを覚えていたら、回跨ぎは危険だと察知して欲しかったです。

まあそれ以上に予選での他のリリーフ陣の不安定さが頭をよぎったのでしょうか。しかし、流石にクリーンヒット連発の無死満塁でも交代しなかったのは解せません。特に、二人目のピッチャー返しのときに(実際に則本投手の脚に当ったかどうかはともかく)、リリーフの調整時間を兼ねて間を取るために、トレーナーが駆けつけるということがあっても良かったのではないでしょうか。怪しいデットボールを掻っ攫った韓国チームと比べて、日本にはしたたかさがチームとして欠けていました

また、1点目のタイムリーでは松田宣浩選手が三塁線を破られたのは残念でした。リリーフ事情から、長打警戒でもう少し塁側を締めて守っていて欲しかったです。ベネズエラ戦でもありましたが、こういう打球方向の予測リスクコントロールは、コーチ陣やデータマン含めての大きな課題でしょう。

同じ楽天の則本投手と交代した松井裕樹投手ベネズエラ戦で右投手に対してスライダーを投げられないため、使えるのは2球種という致命的な事が完全に露見したわけですから、左のワンポイント限定起用したのは正解だと思います。しかし逃げてのフォアボールはいただけない…。球質は良いがコントロールが悪い20歳若者にこの大場面、監督がマウンドに行った意味がありませんでした。一方の韓国の継投は、懐かしい宣銅烈コーチの姿もありましたが、柔軟というか場当たり的というか、よくも悪くも国際大会として無理してでも勝ちにこだわる戦いの姿勢がありました。

増井俊之投手李大浩選手に打たれて逆転されましたが、まあよく2点で耐えてくれました。秋山翔吾選手の好捕ファインプレーがなければもっと酷いことになったのですが、さらにブルペンで準備していた中に好調山崎康晃投手がいなかったのが不可解です。ツーシーム(という名のフォークボール)を武器に多くの三振を奪うなど、リリーフのなかで最も通用していただけに、則本投手から即スイッチするのではないかと思っていましたが、澤村拓一投手を含めなぜ準備すらしていなかったのかよくわかりません…。

また、中村剛也選手足のケガで欠場したというのに、2死一塁で最後のバッターとして松田選手に替えて代打起用されたことも非常に不可解です。第三回WBC台湾戦で1点ビハインドの9回に鳥谷敬選手盗塁し、井端弘和選手の起死回生同点タイムリーにつながった(通称鳥谷がスタートしているー)ことは記憶にあたらしいわけですが、せっかく代走パ・リーグ盗塁王中島卓也選手中田翔選手に替えて起用したわけですし、盗塁からの単打で同点、二匹目のドジョウとは行かなかったのでしょうか。

ということは、セ・リーグ首位打者ヤクルト川端慎吾選手松田選手代打に起用し、続く中村晃選手を含めて、二人のヒットマン底力に賭けるということが確率が高かったと考えられます。そもそも予選で大不調の中村剛也選手に本来の長打が期待できるとも思えませんでした。「おかわり君はいるだけでよい」という迷言の報道もありますが、首脳陣は勝敗や確率論よりも、ロマンやストーリーに殉じたということでしょうか。


小久保裕紀監督の個人的資質

現役当時はダイエー-読売-ソフトバンク活躍されたスター選手で、国際大会青学時代バルセロナオリンピックに出ているので、ネームバリューも関係者各位への覚えも良いでしょう。しかし、今日の采配は残念といわざるを得ません。

そもそも監督どころかコーチ経験もなく日本代表監督というのは流石に酷だったでしょう。小久保監督にはソフトバンクでのコーチ監督経験を経て、再び代表監督の座にチャレンジして欲しいと思います。


代表監督の今後

「継投ミスは自分の責任」小久保監督がおっしゃっていたので、男気あふれる小久保監督のことでしょうから、3位決定戦を最後に退任にされるでしょうか。日本通運のCM(失礼ながら、失笑モノ)ではメディアに使いやすい男である様子をアピールされていましたが、9回表の守備中の腕組み硬直は、同じくメディアウケには定評があったサッカー代表ザッケローニ監督グループリーグ最終戦での狼狽ぶりを彷彿とさせました。

3位決定戦が終わったらこの敗戦、采配ミスを検証する事が必要です。日本スポーツメディア太鼓持ちになりがちですが、最近はネットメディアをはじめに厳しいが妥当批判が出てきています。私がブログで書いた程度では素人の結果論に過ぎないでしょうが、いろいろな方の批判評論を期待します。

これは各チームの監督にもいえますが、やはり選手時代の実績などは監督としての能力には一切関係ないのでしょうね。次の侍ジャパンWBC優勝監督代表監督は今回の反省を元に、私情を捨てて勝利に徹することができる選手選考や采配に一貫性のあるなどを条件に選んでほしいものです。現時点での有力候補は第二回WBC優勝監督でもあり今年読売を退任した原監督でしょうけど、サッカー代表アギーレ監督の時のように怪しい噂を洗って身辺調査を怠らないことが重要でしょうね…。

本当、残念でした。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tdam/20151120/1447951063