te-teの音楽プロセス このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-09 ギターのつぶやき このエントリーを含むブックマーク

SoundCloudギターシンセの音色を覚書きするために、アップした。

https://soundcloud.com/rosemary-times/tweet-of-guitar-20130406

iPhoneGarageBandで録音。マイクは使わないで、iPhoneをギターアンプの上において録音するという簡単なもの。

GarageBandからそのままSoundCloudアップロード

便利だね。

NugNug 2013/07/16 20:16 こんばんは。初めてコメントさせて頂きます。
昔、本当に昔ですが、teteさんに声について批評して頂いたNugという者です。
ふと思い出して探したら、まだブログがあって良かった。お元気そうで本当によかったです。

私は、沢山の人のおかげで今また東京に来て音楽をしています。
名義も変わり、メインボーカルではありませんけど、裏方としてCDのクレジットに乗れる程度の仕事をもらえるようになりました。

teteさんに声について良いと言ってもらえた事、本当に本当に、救われました。あの頃は、全てを投げ出して全て諦めたけど、それでもteteさんの言葉はずっと救いでした。

一言お礼を、もう一度ちゃんと言いたくてコメント残しました。teteさん、私を救ってくれてありがとうございました。音楽をもう一度好きになれました。本当に、ありがとうございます。

te-tete-te 2013/07/16 22:16 Nugさん、とってもお久しぶりです。
思い出しましたが、お声は何となくしか覚えていません。
データとして、きっとどこかに眠っているかと思いますけれど、7年前ですね。
現在の唄声を聞けたらいいのですけれど…。

確か、東北のほうでしたでしょうか?田舎は。
田舎に帰られたようなことを、どこかのサイトで見たような記憶がうっすらとあります。

東京で音楽を続けることは簡単なことではないと思いますが、ご自分の心のままに(周囲の皆さんのことも含めて)行かれてくださいね。

こちらも遅々とした歩みですが、音楽と格闘しているような日々です。
いつかお目にかかれることを願って。

ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/te-te2/20130409

2012-11-08 iTunesとアマゾンでも公開 このエントリーを含むブックマーク

 Rosemary&Timesのセカンドアルバム、「追憶セレナーデ」、iTunesアマゾンでも公開されています。

f:id:te-te2:20121025003236j:image

 どういうわけか、曲の価格が違います。iTunesでは、1曲¥200で、アルバムは¥1500という設定です。ファーストアルバム「地と空」は1曲¥150、アルバムは¥1500です。アマゾンでも1曲¥150、アルバムは¥1500です。何故違うのでしょう?

 各ダウンロードサイトへは、左のmusic内にリンクがあります。iTunesでは、1曲あたり1分30秒の試聴ができますが、とアマゾンでは30秒の試聴しかできませんね。アマゾンではmp3ファイルを1回しかダウンロードできませんが、iTunesでは、一度購入してしまえば機器が違ってもダウンロードできますね。例えば、iPhoneで購入したとしても、いつでもPCのiTunesで再ダウンロードできます。こういったところが、価格の差にもあらわれるのでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/te-te2/20121108

2012-10-24 セカンドアルバム「追憶とセレナーデ」 このエントリーを含むブックマーク

f:id:te-te2:20121025003236j:image:w250:left

 Rosemary&Timesとしてのセカンドアルバム「追憶セレナーデ」、発売です。

まだ、iTunesでは発売されておりませんので、僕のオーガニックファームのサイトorganicvege.jpでCDを販売しています。そのほかには、monster.fmでダウンロード販売しています。試聴もできます。

 CDのジャケットと音楽が合っている、という評価を早くもいくつかいただいています。CDも自給自足ですが、音だけ聴くよりも、圧倒的にCDで聴いた方が雰囲気は伝わります。何故だろう?なぜかしら? 10曲まとめてダウンロードは¥1000で、CDは¥2000という設定になりました。CD作るのは、時間と労力を費やします。

 2枚目のアルバムということで、1枚目の経験が生きてきます。焦点を定めやすくもなります。ロックアルバムですけれど、ブルースと言っていいかもしれません。地に足のついた泥臭さ、という表現もいただきました。噛めば噛むほどの、スルメ的アルバムかな?と思っています。

 オーガニックファームのブログで、モノラル64Kbpsの全試聴で、少しずつ曲を紹介しています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/te-te2/20121024

2012-10-15 ライブの必要性 このエントリーを含むブックマーク

 ライブの必要性を認識させられている。誰もが、ライブは?と聞く。ライブをしている暇がない、と答えるが、実際にそうであるから、そこから何の進展もない。日常生活に忙殺されているのだ。

 CDのレコーディングとミックスに追われ、ようやく音源は完成し、ジャケット制作に時間を費やしている。その間に曲も書きためているのだが、人が求めるものはライブ演奏なのだ。

 東京にいた頃は、ライブばかりをやろうとしていたし、実際にライブもよくしていた。ライブハウスでもやったが、クラブのホステスのためにライブもした。ライブをしていれば幸せだった。

 今は、せめてレコーディングの時だけでもと、ギターはほとんどが即興演奏である。だから、ライブの準備さえすれば、いつでもライブできるのだが、時間がない。それから、よいベーシストがいないので、ライブの形に制約は出てくる。ジレンマを抱えながら、時間が過ぎていくのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/te-te2/20121015

2012-04-22 リズムの違い このエントリーを含むブックマーク

 昨日、高校時代に作った曲を久々に弾いてみました。曲やコードは意外に覚えているもんですが、菓子は1番や2番がごちゃまぜで、きっちりと思いだせません。古いノートを探してみようと思います。

 それで、簡単にギターを録音してみました。今やっている音楽とは違うので、リズムが合いませんね。簡単に言えば、クラシック的な頭打ちのリズムでは、自由に演奏できないということ。ジャズ的な2-4のリズムで演奏することにからだが変わってきちゃっているんですね。

 今回は、高校の同級生に聴かせるための録音でしたので、当時のメロディーに近いところを再現したかったので、あまり崩して演奏はしなかったんですね。テンポはかなり落としました。

http://dl.dropbox.com/u/51425230/tukiakarinoyoru.mp3

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/te-te2/20120422