Hatena::ブログ(Diary)

シェード・ガーデナー

2017-12-09 どうも贋物本物、ってぇ話を続けてると、頭がこんがらがってくる

読了

大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ/山本巧次
シリーズ4作目。贋作の謎はともかく、今回すこしやりすぎな感じがしなくもない。歴史SFなら定番な展開ではあるが、有名人にいろいろ会っちゃうのはどうよと。意図的にも無自覚にも歴史改変しちゃうしな……。これが無名の人ならどうということもないんだけど(そんな美人図あるのかとググってしまった)。まあでも、おゆうが伝三郎に疑われるくだりとか、何だか読んでるこっちも泣きそうになっちゃったよね……。しかし伝さんは意外と煮え切らないな!

2017-12-05 そうでした。自重、自重……。自重、捨ててもいいですか?

読了

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第三部「領主養女IV」/香月美夜
ブリギッテのドレス姿はイラストで見たかったので嬉しいな。書下ろし分も含め今回ダームエルの株が爆上げ。そして反ローゼマイン勢力貴族の厭らしさもマシマシ。不穏だ……。ヴィルフリートのおばかさ加減が痛い。将来、いろいろとしっぺ返しをくらうからフビンなのだが(割と後々まで引きずるし)、今は小憎らしいほどおばかだ。マイン自体採集に始まり採集に終わり、そしてときどき印刷業。次巻いよいよクライマックス

2017-12-01 野球部の「顧客」って誰なのかな?

読了

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎夏海
今までビジネス本というものに興味がなかったんだけど、別にビジネスマンじゃなくても、どんな業界であっても応用はできるものなんだなあと感じる機会があり、手始めにドラッカーの著作をめくってみたもののまったく歯が立たず、それならと今さらながら「もしドラから始めてみた、という次第。さすがに読みやすいね、でも引用部分はやっぱり何度読んでも目が滑る……。今後は多少なりとも脳みそのシワに引っかかってくれるように願いたい。さあ、お次は「もしイノ」だ!

2017-11-27 十年後でも結構です。わたくしの魔力と引換えに、図書館をくださいな

読了

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第三部「領主養女III」/香月美夜
貴族庶民に対する常識江戸時代以前の日本よりも凄まじい。魔力のある世界じゃ、身分以上に人間スペックからして違うもんな。貴族内ですら魔力のあるなしで差別がひどいし。だから魔術の少ないダームエルに成りあがって欲しいんだよねー。……にしても、例の絵姿をエルヴィーラのみならずユストクスもエックハルトコンプ済なのにはしばらく笑いが止まらなかった。さすが狂け……もとい忠犬エック兄。

2017-11-21 だって、島と鳥は字が似ているのですもの。

読了

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)

そもそも島に進化あり (生物ミステリー)/川上和人
鳥類学者おもしろ科学本、第2弾。島には特有の生物相ができやすい、そしてそれはあっけなく消えてしまいやすい。島にまつわるあれこれを、鳥と絡めて饒舌くすぐりとともに語っていく。セルフツッコミと化した豊富脚注、だが明らかにネタだろという部分に脚注がついてなかったりもする。どこまでがマジメでどこまでがダジャレなのか、頭がぐらんぐらんになりそう。「血縁関係のある親子丼」ネタがまた出てきていた。鉄板の鳥ジョークなのか。

廃校博物館 Dr.片倉生物学入門/二宮敦人
廃校になった小学校に棲む“ダメ人間”な生物学者が、子供たちの持ち込む“一見オカルティック”な謎を解く。謎じたいはスレた読者なら何となく想像がついてしまう部分もなきにしもあらずだったが、「驚愕ラスト」には結構ドキドキさせられたし、片倉の挫折から救済にいたるまでの流れもよかった。光と闇はいつも表裏一体で、それを自覚することが前進への第一歩となる、のかもしれない。