Hatena::ブログ(Diary)

感動のプレゼンター

こんにちは!こちらは松原の工務店・アイデン企画のスタッフブログです!
社内の日常の様子はもちろん、新築・建替・リノベーション工事の様子や
お客様から頂いたお声・住まいに関するお得情報等をご紹介させて頂いています☆

2014-02-17

目に見えないからこそしっかりと

23:59

皆様こんばんは、安達です。

各現場とも工事が進捗していくにつれ、段々と形になっていく様子を毎日楽しみにしておりますが、

普段目につかない構造等の部分について心配になられる方も多くおられます。

そこで本日は弊社の住まいの構造について一部ご紹介!


【床】

f:id:tel-072-337-2040:20120908192658j:image

弊社セミオーダープラン「クレアール」標準プラン仕様では、

各階とも、床下へ根太の取り付けを行いません。

木造軸組+剛床工法(根太レス工法)が標準仕様となっております。

剛床工法(根太レス工法)とは、根太を設けず床下地合板の厚みを厚くして、直接梁材に留め付ける床組みで、根太を設ける場合と比べ剛床工法(根太レス工法)は地震台風による横方向の力に対して強いのが特徴です。

また、根太を設ける場合と比べて、剛床工法(根太レス工法)では土台・床梁に直接張る為、床鳴り等の問題が起きにくいのも利点です。

f:id:tel-072-337-2040:20140208203820j:image:w360

現在進捗中の此花区N様邸のようにリノベーション工事で床のやりかえを行う際も、この剛床工法が標準仕様となっております。


外壁面へも、2x4(ツーバイフォー)工法と同様に構造用合板を使用する為、

木造軸組工法本来の強さと合わせて、より強固なつくりとなっております。

標準使用では耐震等級2相当の壁量を確保しておりますのでご安心下さい!

住宅性能表示申請による耐震等級の表示は「対象の建物が該当する等級の耐震性を有している事を証明」する物であり、地震保険の優遇等のご利用等をご予定でない場合は必要無いと考えますが、将来売却の可能性を考慮し、「耐震等級の証明が出来る事」を付加価値としてつけておくという利用方法もある為、ご希望される方は申請費用の追加だけで耐震等級2の取得が可能です。

また、オプションにて耐震等級3相当へのグレードアップも承っております。

>耐震に関する詳細はこちら!

※狭小地・スキップルーム・大開口の吹き抜けがある場合等は、耐震等級2・耐震等級3が取れない場合があります。

↓ランキング参加中!よろしければ1クリックお願いします!


人気ブログランキングへ