Hatena::ブログ(Diary)

telgipの日記

2007-02-22 いじめ容認派の詭弁には笑った!

ずっと長い間書き込み放置したままだけど(とっくに2007年になってるし…

最近またいじめ問題が話題になりましたね。

僕自身もそれにはかなり関心あるし、今回はとりあえず

いじめ問題について書いていくことにしていきます。

ずっと前からいじめ問題がよく言われているというのに

未だにいじめを容認する輩もぼちぼちいることには

驚きと呆れを越えてつい笑ってしまいました。

まあいずれにしてもよく言われるいじめ容認論は某chなどですでに論破されているけどね。

とりあえずいじめ容認派の主な主張とそれらの矛盾点をあげていきます。


いじめられる奴がいじめを誘発させる性質があるからいけないんだ」

→たとえ相手がどんなに良くないところがあったとしても

 その相手をいじめること自体はいけない。

 いじめは相手や環境に関わらず一概に悪いことは言うまでもない常識。


いじめは集団生活で必要な行動だ」

→ここで言う集団生活とどういうものか?

 相手が弱い、馬鹿だ、暗い、特異だという理由で一方的に

 排斥したり危害を加えたりすることを容認し、

 自分たちの集団と少しでも違ったり劣ったりする人を排斥するような

 集団は悪い集団であることに尽きる。

 良い集団生活とは皆が互いが持っている違いやずれなどをを認めて

 それを意識することなく共に力を合わせて行動することである。

 協調性とよく言われることもあるが、相手が一緒になりたいのに

 つまらない、嫌い、他の人とは違うだけで一方的にいじめるのも

 協調性でも何でもなく、単なる弱者異質者排斥主義にしかすぎない。

 というか協調性の意味を辞書などで引いてみればわかるだろう。


いじめは人間の本能だから仕方ない」

→人間が他の動物と違うことの一つに何でもかんでも

 本能を発揮しっぱなしにするのはよくないことである。

 その本能を制御するために人間だけ持っている「理性」というものがある。

 本能至上主義では多く犯罪までも仕方ないという考え方になってしまうな…。


いじめは人間の社会性を延ばしてくれる」

いじめられたことが原因で社会性を失ってしまった人がどれだけいるのかな?

 対等なけんかならともかく、

 いじめはその人の将来の希望を台無しにしてしまう危険性のほうが高い。

 またいじめる側の人にとっては社会性どころか自身の快楽追求などの

 単なる自己中心性の助長にしかなりかねない。


「大人の世界ではもっと陰湿ないじめがよくあることだから」

→そういう現状がある大人社会自体が深刻な大問題であり、

 いじめを容認していいという言い訳にすらならない。

 (つまり、大人社会でのいじめも理由がどうあれ当然容認すべきでない。)

 またそれだと大人社会には犯罪が多いから少年犯罪も仕方ないと

 いうことになってしまうぞ…。

 子供時代にいじめを容認してしまうと大人社会でのいじめ

 正当化してしまう危険性もある。


いじめをなくすのは無理」

→前のと同じく犯罪だってなくすのが無理だと言われてるのに

 悪いことには変わりはないことを考えると

 これも言い訳にはならない。


要するにいじめを容認することは万引き痴漢などの犯罪を

容認することと同じ理屈なのだ。

いじめ万引き痴漢などに置き換えれば正常な人は

これで納得がいくだろう。

少し前まではいじめ容認論とか主張してるサイトブログもぼちぼち見かけたけど、

最近はなぜかググッてもほとんどないのでホッとしました。

まあいずれにしても小中高生のいじめられっ子の皆さんは

くれぐれもいじめっ子とかからのこういった詭弁に惑わされずに

先生・親にもこっそりと相談したりして毎日を生き抜いて欲しいものです。

言うまでもなく自殺などは何歩譲ってもせぬように。

最後ですが、いじめ問題においてはやはりいじめそのものの定義も

はっきりさせるおきたいもの。

とりあえず僕が定義づけるとすれば、

「何の罪もない相手に対して快楽やストレス発散などの目的で

 意識的に苦痛や危害を与えること。」

であると思います。

虐められっこ断罪派虐められっこ断罪派 2009/02/22 02:29 コメントさせていただきます

まず始めに私は虐め容認派ではなく
虐められっこ断罪派です

虐め容認派というのは虐めることを正義と捕らえる主張で
私は虐めることの善悪については興味がありません。


まず私の主張の大前提に
虐めは絶対になくならないという前提があります。

なぜなら、人類が誕生してから今まで虐めはどの社会にもありましたし
群れを構成するどの動物の間にも虐めは存在します。

人間が群れをなして生きる生き物である異常虐め自体がなくなることはありえないと考えます。

何が正しいかどうかはおいといて
仮に虐めないことが正しいことで虐めをすることは絶対的な悪であるとしても
世の中は正しいことだけでまわっているわけではありません

さて、あなたの主張では虐める奴が悪いということですね?
虐められっこについては述べられてはいないので、虐められっこは100%悪くないという考えで良いでしょうか?


結論から言うと虐められる奴が悪いです。
悪いというのは善悪ということではなく、虐めと戦わない、虐めを受けている環境から逃げ出さないことが悪いです。


たとえ学校などで虐めを受けていても、それに戦おうとすらしない人間には誰も手を貸そうとは思いません。
被害にあっているのは本人なので、本人がまず最初に努力した上で人の手を借りるべきです。
それは、虐めが起こる前から友達を作る努力をするとかそういうことです。

そういうことをした上で虐められたら、反撃することです。
それすらしないのに、虐めをやめて欲しいというのははっきり言って甘いです
自分を傷つけようとしている人間に対して、口で言うだけでそれをやめてくれるのでしょうか?

最後の手段として転校すれば良いのです。

転校は決して難しくありません。
転校もしたくない。いじめっ子に勝つ手段がないけど虐めをやめてもらいたい
それは駄々をこねているだけです。

転校したくなければ死ぬ思いで戦うしかありません。

会社での虐めにしたって、転職すれば良いでしょう。
苦労して転職するか、苦労して虐めをやめさせるか。
苦労しなければ何も手に入りません。

何の努力もしないで虐めやめろとだけ言っている奴をみると
その甘えた根性に腹が立ちます。


犯罪などについても言えることですが
ある女の人が、治安の悪い道を露出の高い服で夜中一人で歩いていました
そこで犯罪者に捕まり暴行を受けて殺されました。

悪いのは誰でしょう?
もちろん犯罪者が悪いですが、犯罪にあわない努力をしなかったことについてはどう思いますか?
多くの人が防犯意識が足らなさ過ぎると思うでしょう。

それと同じです。

現実的になくならない虐めを悪だ、無くせというまえに
虐められない方法、虐めを受ける心の隙を作らない訓練
それらの方が先にやるべきことなのではないでしょうか?

許斐憲一許斐憲一 2016/10/29 20:20 大阪市は様々な改革を進めているのでまだまとも。京都市の腐敗ぶりはもっと根が深い。醍醐東市営住宅は一応立て前は公開抽選に当選しないと入居できない事になっているが老朽化したコンクリートブロック住宅を建て替える際先ず醍醐中市営住宅を5棟を新築しそこに全世帯入居させた。そこで終わらず、その少し上の丘陵地に醍醐東市営住宅を20棟新築した。その醍醐東市営住宅に一旦中市営住宅に入居して1年半程度しか住んでいない世帯を数件再入居させるという裏技を使った。引越しの度にかかる引越し費用は全て京都市の公費つまり税金である。その東市営住宅には京都市の元正職員や現職員家族関係者が現在も住む。名義は無職の職員家族になっているが元職員の老夫婦もいる。団地の約半分の世帯がペットを飼育。偽装の精神疾患や障害者が殆どその人間達に共益費や駐車場代金を集金させそのうちの4割程度を助成金等と称して一部の人間達に手渡していた。表向きは団地住民の為に使うという事になってはいるが領収書等の報告義務はないので一部の人間にわたる。階下住人に対して深夜1時前後から鈍器のようなもので床を叩き続けたり重低音の音を流したりする女などは迷惑行為を通り越した犯罪。これら政務活動費を偽宗教法人に垂れ流した市議が庇護する地域での出来事。最後に生活保護を受給し続けベンツ2台所有し山科区に家を建て古い家財道具を公費で処分させた女。偽装障害者は出かける時だけ車椅子に乗り普段は共用廊下に置きっぱなし、犬の予防接種も無料、偽装障害者一家は車椅子を共用廊下に置きっぱなし。偽装残留孤児の女は20年以上生活保護を受給し車を所有し週末になると男が出入りし男の黒の大型車は団地の駐車場の来客用スペースにに堂々と止めている。そしてシラをきれるようあらゆる不正不法行為は閉庁後に行われている。早急に実態把握と詳細調査を

ああああああ 2016/11/29 20:32 >>虐められっこ断罪派 虐められっこ断罪派
貴様は被害者に対して態度がデカいのではないか?

ああああああ 2016/11/29 20:32 >>虐められっこ断罪派
貴様は被害者に対して態度がデカいのではないか?