Hatena::ブログ(Diary)

temitaの不思議空間

2013-02-09

android mini PC の mk808 を Windows7 で adb usb 接続を試す

05:35 | android mini PC の mk808 を Windows7 で adb usb 接続を試す - temitaの不思議空間 を含むブックマーク

2012/02/10 環境:Windows7 64 bit

android の miniPC mk808 ガジェットをゲットしました。
MINI TV Dual-Core A9 Processor(中国製)とか書いてます。
これ、armなんですが一昔前のプロセッサ並の性能があります!
PC側から adb usbデバッグしたいってことありますよね。
意外と手こずったので楽できるように手順を載せます。

やることは(後で詳細)、

という手順、ぐぐって来た方はこれで分かるかな。

Android SDKを手に入れる

これは、
Download Android Studio and SDK Tools | Android Studio
からダウンロードして解凍

Google USB Driverを取得

解凍したフォルダの中の
SDK Manager.exe
を実行してGoogle USB Driverにチェックをつけてインストール

Android デバッグモードでつなぐ

アンドロイドを繋いで起動してください。
Androidの画面をみてください。

0x2207の追記

c:\user\ユーザ名\.android\adb_usb.ini
にファイルを作成して「0x2207」を追記する

デバイスマネージャでドライバインストール

そこには、VIDとPIDが書かれているので、
adt-bundle-windows-x86_64\sdk\extras\google\usb_driverの
android_winusb.infに以下を追記

[Google.NTamd64]
;MK808
%SingleAdbInterface%     = USB_Install, USB\VID_2207&PID_0006&REV_0222
%CompositeAdbInterface%  = USB_Install, USB\VID_2207&PID_0006

VIDとPIDは各自変更になるかもしれません。

デバイスマネージャを開いて?デバイスインストールを選ぶ
ドライバーソフトの参照先に
adt-bundle-windows-x86_64\sdk\extras\google\usb_driver
を選択するとインストールが完了する。

完了


adb kill-server
adb shell

をして表示できれば完了です。

あと、コマンドプロンプトで操作するのは難しいので、adb 接続ができる
putty改良版を載せておきます。

ADB enhanced Putty (replacement for "ad… | Android Development and Hacking

これでTab補完とかができるようになります。

参考
jikiba の 備忘録 / memorandum book by jikiba MK808 その1 ADB 接続
おっさんエンジニアの実験室: MK808でadbが出来るまでの長い道のり

2012-01-22

WindowsでRspecでautotestする

16:54 | WindowsでRspecでautotestする - temitaの不思議空間 を含むブックマーク

Rubyでの話。やっぱり保存したら自動でテストを行ってくれて画面隅に結果を出したいよね。
ということです。今回は参考が少なくて戸惑いどころも多いWindowsでやってみたいと思います。
テストって面倒ですよね。

みどころ

Windows環境
rspecの導入
自動でテスト
画面端ポップアップ表示
たぶん他の環境でも動く

導入

使用ライブラリ
  • gem install rspec
    • これはテストに必要
  • gem install ZenTest
    • これはautotestに必要
  • gem install autotest-growl

準備

テスト前に準備作業を強いられているんだ!(集中線)

Growlの準備

ポップアップ表示だけのソフトウェアです。
これがあるとツイッター風にテストを表示できます。
GrowlforWindows
からダウンロードしてsetup.exeを実行してください。いらないなら飛ばしてもおkです。

Rspecの準備と実行

Rspecを使う為にはテストファイルを作る必要がある。
foo.rb でファイルを作っているならば、foo_spec.rb というテストファイルを作る。
では手動で実行。rspecで検索をかければ foo_spec.rb の書き方は分かると思う。
こことか参考に
慣れていなければ、同じフォルダに一緒だと失敗しにくい。かも。

PS P:\kusoge\myProject> rspec .
〜〜〜〜
Finished in 0.038 seconds
2 examples, 1 failure

Failed examples:

rspec ./spec/foo_spec.rb:10 # Main test arue


Finished in 0.038 seconds
2 examples, 1 failure
あらら、2個実行して1個テスト失敗してますね。成功です。

autotestの準備

次にautotestでファイルを書き換えるたびに自動でテストを実行します。
自動テストは当然先程のRspecのテストを使ってくれないと困ります。
まず、.autotest という自動実行の設定ファイルを作ります。

in MyProject/.autotest

# -*- ruby -*-
# require 'autotest/autoupdate'
# require 'autotest/bundler'
# require 'autotest/isolate'
# require 'autotest/once'
# require 'autotest/rcov'
# require 'autotest/restart'
# require 'autotest/timestamp'
require 'autotest/growl' #ポップアップしたいなら必要

# Autotest::AutoUpdate.sleep_time = o
# Autotest::AutoUpdate.update_cmd = o
# Autotest::Isolate.dir = o
# Autotest::RCov.command = o
# Autotest::RCov.pattern = o
# Autotest::RCov.options = o

Autotest.add_discovery do
"rspec"
end

Autotest.add_hook :initialize do |at|
at.add_mapping(/([\w0-9]+)\.rb$/) do |f, matched|
"#{matched[1]}_spec.rb"
end
end

使いたいプラグインをここで決めるらしいです。
add_hookでは _spec.rb ファイルをすべてテスト実行させると書いてます。

自動実行

さぁ自動実行ですよ。ここでWindowsでは注意が必要です。
ちょっと前では
autospecとかいう機能があったのですが廃止されました。
なのでautotestにRspecテストだということを教える必要があります。

linuxではautoテストで実行する前には

RSPEC=true autotest

とかでも出来たのですが、Windowsでは

autotest --style rspec2

でうまく動きます。

まとめ?

ファイルを書き換えるたびに自動でテストしてポップアップ表示ができる?。
テストってこんなに簡単?。
使用ライブラリgemGrowlなので、少し書き換えたら他の環境でも動きます?。
なにか足りてない気がするけど、気にしない。

2010-05-11

debianでutf-8のLaTex環境を構築

17:04 | debianでutf-8のLaTex環境を構築 - temitaの不思議空間 を含むブックマーク

やっぱり最新の日本語LaTex環境を揃えたいよねということです。
インストールは時間があれば構築できます。私の場合はミスって3時間かかりました。
utf-8環境にはTexLiveとptetex3の2種類あると思うのですが
好みでptetex3が用意されているのでそちらを利用します。

http://www.nn.iij4u.or.jp/~tutimura/tex/ptetex.html
手順としてここから設定をutf-8用に少し書き換えて3種類をインストールを行います
必ず3種類を同じディレクトリにダウンロードしてください。

まずptetex3のみを解凍します。私の場合は ptetex3-20090610.tar.gz でした。
かならず最新版を落としてください。
gzip -cd ptetex3-20YYMMDD.tar.gz | tar xvf -

次にディレクトリに入りutf-8を有効にするため、my_option.sample を
コピーして書き換えます。
cd ptetex3-20090610
$ cp my_option.sample my_option
$ vi my_option

KANJI_CODE=UTF8
XDVI=echo
PXDVI=echo
↑の項目の#を解除する

以下が入って無ければ問題ないと思います。※入ってないとmakeをやり直し
# apt-get install gs-cjk、adobe-cmap libxaw7-dev gs-esp、ttf-sazanami flex bison build-essential
gs-cjk、adobe-cmap ←これが失敗したが入れなくても問題ない?

flex ,bisonが入っていないと以下のエラーがでました。
configure: error: no working lexical scanner(lex/flex) found

makeにすっごく時間がかかりますが
$ make all0
$ make otf (OTFパッケージも入れるなら)
$ make babel(pTeXでBabelマクロも使うなら)
$ make font
$ make test

root 権限でインストール
$ su
# make install
# exit

(作業用ファイルの削除)
$ make distclean

これで完了です。後はリンクを張れば使えます。

~/.bashrcの最後にでも
export PATH=/usr/local/teTeX/bin:$PATH
platex='platex -kanji=utf8'
としてできあがり。

使い方。
コンパイル
platex sample-utf8.tex
dviビューワー
xdvi sample-utf8.dvi
pdfに変換
dvipdfmx sample-utf8.dvi

Adobe Readerからダウンロードしてインストール
pdfビューワー
acroread sample-utf8.pdf

ここまでで確認できたことまとめ。
UTF-8のLaTex環境の構築
ひらがなと漢字が表示できている事を確認

2009-12-17

いまさら eeePC-4GX に debian を入れる(環境構築)

| 17:15 | いまさら eeePC-4GX に debian を入れる(環境構築) - temitaの不思議空間 を含むブックマーク

タイトルの通りインストール手順を載せる。
いろいろ血迷ったので最後まで読んで各自判断してください。
DebianEeePC/HowTo/Install - Debian Wiki
debian-eeepc.imgをリンクからダウンロードして
imgファイルをdd for windows のソフトを使ってSDカードに強引に書き込んだ。

コマンドは
dd if=c:\Users\phoosan\Desktop\DTMP\debian-eeepc.img of=\\.\e:

これでSDに書き込めた。
準備が整ったところで再起動。
起動したら[ESC]押してSDカードを選ぶ。待つ。起動しない!!
SD カードをXPに戻って見ると、setup.exe の文字が。
押すと再起動して。インストール画面へ進んで通常インストール
なんじゃそりゃ。SD に書き込んだ意味もあったのかどうか。。
あとで書く。