ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ten news

2017-02-21

ちえちひろさんのお話になっているうつわ達

f:id:ten-diary:20170215175845j:image
ちえちひろさんのカップ
f:id:ten-diary:20170220093726j:image
お茶碗
f:id:ten-diary:20170221173954j:image
お皿
f:id:ten-diary:20170221173943j:image

今回の作品はそれぞれ組作品になっていてカップやお茶碗 お皿に絵本のようなほっとするお話が描かれているのでぜひ皆さんに読んで欲しいです。

ちえちひろ展「青のおはなし」
2月16日〜26日 12:00 – 18:00 月火水休み
ちえちひろさんは姉妹で制作しているユニットです。
2人で絵を描き 2人でうつわを制作しています。
今回は青という ちえちひろさんには特別なカラーをテーマにした展示会です。
うつわやキャンバスに描かれたほのぼのとした日常や動物達が何気なく大切なものに思えてしまいます。
ちえちひろさんの描く世界を是非ご覧下さい。

ten
北中城村島袋1497
tel.098.894.2515
web. http://ten-o.net/

2017-02-18

ちえちひろさんの箸置きと陶板のマグネット、リングフォルダー

f:id:ten-diary:20170215181542j:image
とてもユーモラスな箸置き達
f:id:ten-diary:20170215183611j:image
リングフォルダー
f:id:ten-diary:20170215181634j:image
陶板の箸置きもあります。
f:id:ten-diary:20170215180830j:image
陶板も物語になっていて壁に掛けても板皿として使う事もできます。

ちえちひろ展「青のおはなし」
2月16日(木)〜26日 (日) 12:00-18:00 (会期中 月火水休み)
ちえちひろさんは姉妹で制作しているユニットです。
2人で絵を描き2人でうつわを制作しています。
今回は青という ちえちひろさんには特別なカラーをテーマにした展示会です。
うつわやキャンバスに描かれたほのぼのとした日常や動物達が何気なく大切なものに思えてしまいます。
ちえちひろさんの描く世界を是非ご覧下さい。

2017-02-16

ちえちひろ展「青のおはなし」が2月16日(木)からはじまります!

f:id:ten-diary:20170215174135j:image
ちえちひろさんのごあいさつ

今回の展示会のタイトルを「青のお話」と題しまして、ここtenでの展示会を開催することになりました。
作品に潜む物語性にスポットを当てて、青い陶器と青い絵で作品達を作りました。
青という色は、幸福と哀しさを同時に湛えている色だと感じていて、
今回の作品をこの表現豊かな「青」1色にしぼることで。物語性がより浮き立つのではないか、と今回の作品作りを試みました。

陶器たちは昔々に中国より朝鮮や日本に伝わってきた、呉須(ゴス)と呼ばれる、絵の具だけで絵付けしました。
呉須で絵付けされた陶器は、私たちが生まれ育った佐賀でも古くから多くの作品が作られていて、私たちにとってはとてもなじみが深いものです。
この呉須が出す藍色には、安心する優しさと強さと深さが共存していて、毎日の食卓にもよく似合い。愛嬌があります。
作品の中に潜む物語を掬うようにして楽しんで頂けたら幸いです。

ちえちひろ

ちえちひろ展「青のおはなし」
2月16日(木)〜26日 (日) 12:00-18:00 (会期中 月火水休み)

2017-02-14

ちえちひろ展「青のおはなし」2月16日木曜日からです!

f:id:ten-diary:20170214083910j:image
1そちら様の背中の土地で開拓事業をしませんか?

2くじらの背中はたくさんのビルが建てられましたが

3建設工事で疲れたのでうっかり海にはいってしまいました

4ビルは壊れたけど、軽くてとてもいい気持ちです

今回の作品はお皿やカップが組作品になっていて絵本のようなお話が描かれています。
それぞれにほっとするようなお話で ぜひ皆さんに読んで欲しいです。

ちえちひろ展「青のおはなし」
2月16日〜26日 12:00 – 18:00 月火水休み
ちえちひろさんは姉妹で制作しているユニットです。
2人で絵を描き 2人でうつわを制作しています。
今回は青という ちえちひろさんには特別なカラーをテーマにした展示会です。
うつわやキャンバスに描かれたほのぼのとした日常や動物達は何気なく大切なものに思えてしまいます。
ちえちひろさんの描く世界を是非ご覧下さい。

ten
北中城村島袋1497
tel.098.894.2515
web. http://ten-o.net/

2017-02-12

ちえちひろ展「青のお話」

f:id:ten-diary:20170206110522g:image

ちえちひろ展「青のおはなし」
2月16日〜26日 12:00 – 18:00 月火水休み
ちえちひろさんは姉妹で制作しているユニットです。
2人で絵を描き 2人でうつわを制作しています。
今回は青という ちえちひろさんには特別なカラーをテーマにした展示会です。
うつわやキャンバスに描かれたほのぼのとした日常や動物達が何気なく大切なものに思えてしまいます。
ちえちひろさんの描く世界を是非ご覧下さい。

ten
北中城村島袋1497
tel.098.894.2515
web. http://ten-o.net/

2017-02-11

キャピタルの服が入荷しました。

f:id:ten-diary:20161230122935j:image
IDG×IDGデニム えもんコート 34,344円
トレンチコートの様な“えもん”コートが新しく登場しました。
辞書で【衣紋(えもん)】と引くと “ 装束を形よく着用すること、その為の着用方法 ”と出てきます。和装においての「えもん」は、左右の衿が胸で合わさるあたりの事で、その?単位に及ぶ着せ付け具合は、性別、年齢、季節、場所、着物の格、社会的立場、職業などなど様々な条件を基にし、T(Time)・P(Place)・O(Occasion)に相応しくすることがマナーとされています。女性はうなじの見え具合 (衣紋抜き) には特に注意を払います。えもんを抜き過ぎればはしたない、遊びがなければ着物もろくに着れないなどと言われてしまうからです。更に、着る人の表情、人となりもえもんに表現されます。四角い布のKIMONOは身に纏うことで、着る人の体形、社会性、心の表れを包括し、衣服としての命が吹き込まれるのです。
f:id:ten-diary:20161230123020j:image
バーバリー えもんコート 28,944円
1550年〜1600年頃日本に最初に来航してきた南蛮人(ポルトガル人、スペイン人)の着ていたファッションは、西洋の衣服を初めて目にした日本人を驚かせました。ボタン、ジュバン、メリヤス、ビロード、カッパ、等のポルトガル語由来といわれるファッション用語は、今日ではごくごく日常的な日本語となっています。私たちの「えもんシャツ」は日本独特の着付けのニュアンスをコートに落とし込んだ一枚。首元のリボンをゆるめ、ゆったりと着ても、左右の生地違い、色違いのものを組み合わせるのもよし。あなたらしい「えもん」を探してみませんか。
f:id:ten-diary:20161230123044j:image
ブロード 千層衣ローブ 23,544円
中国の少数民族が着ていた民族衣装、千層衣(SENSOUI)をインスピレーションに、大胆なまでに軽やかにふんわりボリュームのあるローブへアレンジしました。繊細な軽さと上品なはりがある、薄手のブロード。 清潔感があるブロードは、自分らしい風合いに洗い上げ、デイリーに着こなしたい素材。着物の半襟のように重ねられた柔らかいガーゼのディティールが、フロントにさり気ない大人のニュアンスを演出しています。ボリュームたっぷりのシャツワンピースとしても、ふわりとしたBIGシルエットのはおりものとしても、コーディネートの幅が広がるアイテム。
f:id:ten-diary:20161230123108j:image
リネンビエラ 春ケリーコート 32,184円
リネンの上品な光沢と柔らかくしっとりとした素材感が心地良いリネンビエラを使用し、KAPITAL定番のケリーコートに落とし込んだスプリングコート。ゆったりとしたAラインのシルエット、広めの袖、トップのボタンを外すとまったく違った雰囲気に。着物の羽織のような和の雰囲気と上品で女性らしいエレガントなシルエットが合わさった特別な1点。様々なコーディネートと組合わせてお楽しみ下さい。
f:id:ten-diary:20161230123125j:image
一重ガーゼ ハイチンBIGロングシャツ 24,624円
今から100年以上前のヨーロッパ・ワークウエアにみられるのは、天然素材を出来る限りに白くさらした、リネンやコットンのシャツやブラウス。穢れなくイノセントな雰囲気が印象的なヨーロッパのウエアのように、ふんわりと空気感のある一枚に仕上げました。たっぷりとしたギャザーやドレープが贅沢な、大きなシルエットの薄手素材のロングシャツ。ローブの様なワンピースとしても、ロング丈の軽い羽織りとしてもお使い頂けるアイテムです。
f:id:ten-diary:20170204150623j:image
フレンチクロスリネン ピンタックオキーフドレス 26,784円
インディゴの深い色合いと麻の組み合わせが美しいフレンチクロスリネンを使用したワンピース。メンズのドレスシャツによく見られるピンタックを贅沢に使用し、前開きのワンピースに落とし込みました。自社工場で丁寧に1本1本ステッチを入れたKAPITALならではの1点。たっぷりと贅沢な生地使いで体を包み込み、カジュアルで優しい女性らしさを感じる1点。
f:id:ten-diary:20170204150635j:image
ガーゼデニム アミッシュパンツ 22,464円
内裾に入った深めのスリットと、脇に向かって大きくカーブする裾ラインで、女性らしくみせながらもアクティブに動けるKAPITALお馴染みのアミッシュパンツ。程よく洗いが入り柔らかい風合い、自然な色落ち感の表情が印象的なシャツデニムを使用。どんなトップスにも合わせ易く、女性らしくみせながらもアクティブに動けるパンツです。
f:id:ten-diary:20170204150649j:image
デニム 老人と海CAP 8,424円
つばの端から端までのすべての面とクラウンの半分以上の面を埋め尽くす無数のステッチが、補強でもあり装飾でもあるこのCAP。デニムとステッチ糸が、互いに居場所を主張しながら、縮み・よじれるまで洗いをかけ、古くひび割れた、しわだらけの男の手のように仕上げます。行って折り返し、折り返しては行き来する、一針一針がミシンと縫い手との「あうん」のやり取りの跡。ミシンを制御し前へ進む緻密さと、鼻歌を歌うような妙な器用さとを必要とする熟練の手によって、ミシンのリズミカルな音が工場に響き渡ります。
f:id:ten-diary:20170204150700j:image
バオバブソックス 3,218円
アフリカやオーストラリアのサバンナ地帯に多く分布する巨木、バオバブ。最大のものでは高さ47m、直径15mもあるものがあるそうです。原生する地域の原住民にとっては、医食住、あらゆることにあらゆる部分を利用して生活していたそう。年輪が無いため正確に知ることは難しいらしいですがおそらくは樹齢数千年に達するのではないかと言われるほど。ずっとずっと昔から生き続けている、大きな大きな樹木のモチーフ。やさしくのんびりしたデザインですが、ほんの少しアシンメトリーなところが可愛いソックスです。新たなカラーが加わりました。

商品発送いたします。
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

ten
098-894-2515
10ten.jp@gmail.com
web http://ten-o.net/

2017-02-08

日月のグラスが入荷しました。

f:id:ten-diary:20170211154939j:image
ライン入りアサガオグラス 3564円
f:id:ten-diary:20170110120638j:image
チビスピカグラス 3132円
f:id:ten-diary:20170110120657j:image
モールピッチャー 5940円
f:id:ten-diary:20170110120715j:image
スピカVASE(丸長)3240円
f:id:ten-diary:20170110120723j:image
スピカVASE 3240円
f:id:ten-diary:20170110120740j:image
つり下げVASE 
f:id:ten-diary:20170110120756j:image
花 大3240円 小1404円

商品発送いたしています
メールかお電話でお問い合わせ下さい。

ten
10ten.jp@gmail.com
098-894-2515
web http://ten-o.net/

2017-02-03

2月9日木曜日にモンシュシュさんのケーキが入荷いたします。

f:id:ten-diary:20170203080113j:image
f:id:ten-diary:20170203080126j:image
2月9日木曜日にモンシュシュさんのケーキが入荷いたします。
今回は黒糖とラムレーズンのガレット、抹茶と大納言のベイクドチーズケーキ
アールグレイショコラのフラン(タルト)を予定しています。お楽しみ下さい!

ten
北中城村島袋1497
tel.098.894.2515
web. http://ten-o.net/

2017-02-01

工房いろはさんの器が入荷しました。

f:id:ten-diary:20170110113856j:image
豆皿 972円
f:id:ten-diary:20170110113905j:image
ピーナッツ型のお皿 2484円
f:id:ten-diary:20170110113913j:image
6寸皿 3780円
f:id:ten-diary:20170110113934j:image
取手皿 1512円
f:id:ten-diary:20170110113947j:image
4寸皿 2160円
f:id:ten-diary:20170110113959j:image
手びねり赤土の鉢 4320円
f:id:ten-diary:20170110114037j:image
カップ類 2592円〜
f:id:ten-diary:20170110114056j:image
マグカップ 3780円
f:id:ten-diary:20170110114114j:image
碗 2808円
f:id:ten-diary:20170110114124j:image
ボウル 2592円
f:id:ten-diary:20170110114135j:image
小鉢 1620円 蓋物 4320円

ten
098-894-2515
10ten.jp@gmail.com
web http://ten-o.net/

2017-01-29

「ポストカード展」期間中 沢山の方にご来店頂きありがとうございました。

f:id:ten-diary:20170129210218j:image
期間中 沢山の方にご来店頂きありがとうございました。
ポストカードをテーマに作品を製作して頂いた作家の皆様ありがとうございました。
これからも絵や写真 食べ物など色々なジャンルの作品が楽しめる企画展をしたいと思っています。
宜しくお願いします。