子どもに聞かせたい10の物語

2013-08-16

少年は空を見ていました

しばらくブログが更新されていないことに王子様はおむずかり。
そんな王子様に語り部が語って聞かせたのです…。


・・・・・  


 少年は空を見ていました。とびっきりの空を。いつも見ていました。いつまでも見ていました。
 少女は空を見ていました。あふれてしまいそうな空を。いつも見ていました。いつまでも見ていました。


 少年と少女は出会いました。
 少年は少女を見ました。どれほど見ても限りない,その少女を。いつまでも見ていました。
 少女は少年を見ました。見るほどに透明な,その少年を。いつまでも見ていました。
 二人は恋に落ちました。そして,いつも見つめあっていました。


 ある日,少年は空を見ました。なんだか,はじめて見るような空です。つまらない,そんな空です。少年は空を見るのをやめました。
 ある日,少女は空を見ました。まぶしい,少女はクシャミをしました。そのまま歩いてゆきました。

 
 二人は年をとりました。二人でいっしょにとりました。
 ある日,二人は空を見上げました。首が痛くなりました。二人は見つめあい,お互いに肩を叩きました。そして,歩いてゆきました。


 おばあさんは死にました。おじいさんは悲しみました。たんぽぽのぽつぽつと咲く小道をよたよたと歩くおじいさんに,行き逢う人は呼びかけます。
「元気かね,おじいさん」
 おじいさんは答えます。
「元気なのかな。わしゃ,わからんよ」
 人々は顔を見合わせ,しみじみと言うのでした。
「かわいそうに。あんなに寂しそうな人って,見たことないよ」
 

 おじいさんは生きました。長く長く生きました。小道には,ひまわりが咲き,すすきが揺れ,茶色になり,そしてまたたんぽぽが咲きます。よたよたと腰を曲げ,地面を見つめながらおじいさんは小道をゆきます。行き逢う人は呼びかけます。
「どうだね,おじいさん」
 おじいさんは答えます。
「うん,まだ生きてるよ」


 ある日,おじいさんは小道を歩いていました。よたよたと揺れるおじいさんの頭に,なにかが当たりました。おじいさんは見上げました。もみじが,風に吹かれて降っていました。
「こりゃ,これが当たったのか…」
 もみじを落とす,その木を見上げました。紅く黄色く色づいた葉を湛える枝々の間から,空が見えました。とびっきりの,あふれてしまいそうな空です。あの,空です。おじいさんは静かに,いつまでも見ていました。ほんとうにとびっきりの空だったのですから。ほんとうにあふれてしまいそうな空だったのですから。
 空は,いつだって空なのですから。


↓ここをクリックして語り部先生を応援しよう!


ネット小説ランキング>【ほろり/詩集・童話・web絵本】>少年は空を見ていました

つねさんつねさん 2013/11/26 14:05 こんにちは。
作品を拝見させて頂きました。
とても良かったです。
これからも素敵な作品楽しみにしています。
頑張って下さい。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3〜30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
投稿される作品は新作でなくても構いません。あなたがホームページで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には現在、雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ten_stories/20130816/1376664724
リンク元