てんどう2の四方山話 RSSフィード

2016-06-27

[]モンテ関連記事

2点差を追いつけたのは収穫だが、スタッツを見ると、水戸の一方的な試合だったことが読み取れる。もちろん後半バランスを崩して攻撃に出た部分もあり、カウンターから危ない場面が何度もありましたが、山岸が何度もファインセーブを見せてくれたおかげでもある。得点も滅多に出ないようなスーパーゴールと、こちらも御目に出来ない川西ヘディングシュートが決まったからこそ同点に追いつけた部分もあり、手放しで喜べるものとは言い難い。もちろん毎度素晴らしいゴールが生まれるのであれば、問題はないのだが、やはり精度の高い、理にかなったゴールであったなら、次に繋ぐことも出来るのですから。

この試合で気になったのが、汰木と伊東のプレー。多少疲れも見えるのかなあ、無理な仕掛けが多かった事と繋がらないパス。短いパスで崩すのは良いし、仕掛けるのも大事だが、そこで終わっているのが勿体ない。汰木はどうしたのかなあ、出場し始めたころに戻ったような形でバックパスが多かった感じがします。もちろん相当警戒されているからかもしれないが、そこを突き破る力と技を見せて欲しかった。

怪我から復帰してきた大黒と佐藤、荒堀の3人が出場してきた後半はいろんな意味で見せ場が多かったように思う。アシストを決めた荒堀のクロスは良かったですし、前にかかったところでカウンターを喰らい、ゴールマウスを死守した山岸のプレーは、山形サポを何度も沸かせてくれました。できれば前半2本も止めてくれていたらとも思うのだが、まあ、無理でしょうねあのシュートは。

守備で栗山が入りましたが、何か物足りなかったですね。そこはやはり判断の質と速さなんだろうなあと思う。ロングボールはそれなりに精度はあったようには見えましたが。

さて次は山口戦ですね。ホームですし何としても勝ちたいところ。でも意外に新顔に弱いところがあるのも事実。油断せずに行って、今度こそ勝ち点3を奪い取りましょう。

計4得点が生まれた一戦は勝点1を分け合う結果に レポート(J.LEAGUE.jp)

モンテ、2−2で水戸と分ける 暫定順位は二つ下げ14位(山形新聞)

水戸戦2−2引き分け(毎日新聞)

水戸と分ける(河北新報)

山形2点差追いつきドロー ホーム5戦負けなし(日刊スポーツ)

【山形】2点差追い付き執念ドローも14位後退(スポーツ報知)

【山形】荒堀、左足負傷からの復帰戦でアシスト!(スポーツ報知)

【山形】FW川西、今季初ゴールの同点ヘッドで執念ドロー(スポーツ報知)

【山形】2点差追いつきドロー、指揮官の執念実った(スポーツ報知)

水戸に2点先行された山形、“ディエゴラッソ”など後半2発で追いつく(ゲキサカ)

モンテディオ 後半に意地見せる(TUY)

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

2016-06-26

[]何とか負けませんでした

前半20分過ぎに栗山マークしていた選手がディエゴの前に入りこみ打点の高いヘディングシュート山形ゴールマウスに流し込み、山形が先制を許してしまう。そして、そのあとがいけませんでした。山形右サイドの宇佐美が交わされ、マイナス目のグラウンダークロスを入れられ、2点目を取られてしまう。データ的にはこれで万事休すなんですよね。何せ水戸は先制した試合は、全て勝利しており、それに比べ山形は19試合で17得点ですから、1試合当たり1点を取るのがやっとのチーム。同点もしくは逆転するためには、前半にせめて1点は取り返す必要があるのだが、チャンスらしいチャンスがなく前半が終わってしまった。

後半頭から、林と汰木に代えて大黒と佐藤を投入し、逆転を狙っての采配に出る。前半より多少攻撃に出た分、相手を押し下げることは出来るものの、中々シュートまで行けない時間帯が続くものの、後半11分にディエゴの素晴らしいシュートが決まって、1点を取り返す。更に攻撃的に出たところで、パスミスからカウンターを喰らうシーンが続くものの、山岸が体を呈してファインセーブ連発し、追加点を与えず凌ぐと、宇佐美に代わって怪我から復帰してきた荒堀を投入。これが見事に成功し、中央から右サイドまでボールを運び、ディエゴが流したボールを、柔らかいボールで、川西にドンピシャのクロスを送ると、川西が頭で合わせ、ゴールネットを揺らして同点に追いつくことに成功。この後も果敢に逆転を狙ったものの、逆転には届かず何とか引き分けにすることが出来た。

それにしても前半終了時点でブーイングがスタジアムを包むような試合だったものの、追いついたのは大きいかな。とは言っても勝つつもりでいた試合だけに、前半が勿体ない試合でした。それにしてもあのヘディングのシーン、何故あれほどフリーにしちゃったのかなあ。栗山チョンボなんですかねえ。2点目は宇佐美のところ、伊東が入ってきたところで一瞬宇佐美が相手の動きに騙されました。あのクロスを入れられてはいけませんね。まあね、怪我をしていた佐藤も大黒も戻ってきたし、荒堀も戻ってきた。荒堀は結果も出したし、次につなげるという気持ちで切り替えるしかないでしょうね。それに2点も取れましたし、どちらも得点も完璧で美しいもでしたものね。

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

2016-06-25

[]期待の若手新加入

おそらく即戦力として取った選手ではなく、将来を期待した選手という事なんでしょうかね。競争相手となるのが川西よりは、アルセウになるんでしょうね。果たして彼を乗り越えるだけの力を出してくれるのか、もしそれだけのものを出してくれたら、かなり凄い選手になってくれるのかもしれませんね。ちょっと線が細いようにも見えるので、当たり負けした時には怖いポジションですので、そこは気持ちを見せてくれるだけのものを持っているんだろうとは思えるが。出場するにしても、就労ビザの関係なのか、7月以降には出場できるのだそうで、期待したいところである。

クボンヒョク選手 加入記者会見(オフィシャル)

モンテ、新加入のク・ボンヒョクが会見(山形新聞)

山形が韓国人MFク・ボンヒョクを獲得(日刊スポーツ)

【山形】“韓流アイドル顔”新加入のMFクが会見「山形のみなさんに恩返し」(スポーツ報知)

新加入の韓国籍MFク・ボンヒョク、憧れの日本へ。好きな選手は「中村憲剛とイニエスタ」(エルゴラ)

山形が18歳の韓国人MFソ・ボンヒョクを獲得、「100%の成果を出す」(ゲキサカ)

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

2016-06-20

[]モンテ関連記事

反町監督が、勝っても負けても良い試合だったと言っていたが、本音の部分ではやはり勝てたから言える言葉なんだろうなあと思う。この試合でも何度かチャンスはあった山形。見かたを変えればボール運びで巧みな部分もあり、良い試合と言えなくもないが、最後のゴールマウスに流し込んだり叩き込む部分で、決定機に枠を外してしまうシーンばかりでした。その点松本山岸のファインセーブに合いながらもしっかり枠を捉えるシーンが多かったですからね。最後に決められてしまったのがなんともお勿体なかった。相手DFラインから放り込まれたボールにチャレンジできずに相手に渡してしまったのが、何とも勿体なかったですね。そのあとのプレーは相手が御見事でした。あのロングボールに競り合ったらどうだったのかなあという部分もあるのだが・・・。まあ仕方がないですね。

さて次節からホーム3連戦。どのように戦い、勝ち点を積み上げるのか、枠を捉えるシュートに期待したいですね。

飯尾のJ初ゴールで、松本が山形に初勝利 レポート(J.LEAGUE.jp)

【モンテ】耐えに耐えたが…後半45分失点 松本に0−1(山が新聞)

松本に黒星(河北新報)

山形が松本に初黒星 山岸、再三の好セーブ実らず(日刊スポーツ)

モンテディオ山形 12位に後退(TUY)

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

2016-06-19

[]松本に負けちゃった

ここまで松本に負け知らずでしたが、今日の試合では完敗に近い試合でした。失点は最後の最後でしたが、その前に何度もピンチを迎え、そのたびに山岸がファインセーブで凌ぎ切りましたが、強い松本にはそれも3度まででしょうね。失点シーンは相手が上手かったですね。見ているこちらもあそこでシュートかなあとみてましたものね。同じように汰木も足を止めたのが一歩間に合いまでんでした。汰木にとっては良い経験をしたともいえるかもしれませんね。最後まで足を止めてはいけないという事なんでしょう。

攻撃は相変わらずです。クロスの精度も短かったり長かったり、エリアに入った選手と逆になるシーンが多かった。一つ疑問だったのは、林の足が止まりポストが出来なくなってきた時に、何故ローザだったのかなあ。大黒もサブにいたように思うが、雨を考えて出さなかったのかなあ。もちろん大黒を出して変わるのかはわからないが、相手には相当プレッシャーを掛けることが出来たと思うのだがなあ。

宮阪のCKやFKはやはり、脅威ですね、4年間見続けてきただけに、敵になると怖いですね。それ以外ではスペースを与えなければ、そんなに怖くはないのですが、スペースを与えてしまうと、その精度が格段に上がりますからね。その分の疲労が、今までのバランスを崩して、松本に勝利が行ってしまったのでしょうかね。

ホーム3連戦の前に勝ちたかったのですが、中々そう簡単に勝てない。アウエーですから引き分けでも良かったのかもしれませんが、流石反町、強いチームを作ってきますね。

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村