Hatena::ブログ(Diary)

ミショニポー このページをアンテナに追加 RSSフィード

Feedback

Menu Tags

2013-05-10

WordPress Theme Enough 0.6

Enough テーマを始めた頃こんな事書いていたんだなぁ、とEnoughをはじめてから、一年以上もたっているんだなと、少し驚きました。


このテーマは、従来の二つのテーマとは異なり、最小 最新 を 課題としたテーマファイルです。



などと書いていたのですが、このテンプレート構成は、ver0.56を最後に、(index.php と comment.php しか使っていないタイプを)終了しました。



レビューを通過できなかったという事ではなく、このようなテーマを作ると、例えばユーザーがカスタマイズで、header.phpを追加するとか、他のテンプレートを追加した場合に、正常な動作が維持できるか、かなりテストを重ねないとならないわけで、



その過程で、チャイルドテーマを使った場合には、header.php footer.phpを追加しないと、WordPressのフォールバック用のcompatテンプレート適用されるという問題とか、



また、この極端な、テンプレート構成に、「別なアプローチで、同じ考えのテーマを作ろう」とする人が出てきて、「なんで、あいつのテーマは、公式テーマのレビューを通過できて、俺のはダメなんだ」と訴え始める人が出たり、



彼は、Enoughというテーマの存在が許せなくなり、レビュー候補生になり、レビュアーに昇格して、Enough を 最初のレビューの対象に選んだ。



最初は、どんなレビューをしてくるか 内心とても楽しみだったのですが、蓋を開けてみると、やはり、「許せない」としか思っていない事が解ったのですが、「そこまでやっているなら、Enoughなんかに、こだわらないで、もっと前を見ればいいのに」などと思いながら、彼に対応した。



最終的に、彼は、このテーマを承認してくれたが、その後レビュアーとしての彼の姿を見ることはなくなった。



シンプルであるという事は、時として、大きい誘惑になる。



このあたりから、テンプレートを2枚しか使っていない事は、シンプルなのか?とか、WordPress3.6の特にポストフォーマットのネイティブサポートを前にして、このテンプレート構成に価値はあるのかと、考えた。


このテンプレート構成を継続すると、チャイルドテーマでのカスタマイズが、若干複雑になる(header.php,footer.phpを自前で追加しなければならない)という事が、変更の引き金になった。



今日、ver0.63をレビューチームに審査の申請を行った。




最近、日本人の公式テーマ申請をする人を見かけるようになりました。


企業名で申請している人が2人、個人で申請している人が2人ぐらいだと思いますが、


申請が多いため、申請しているうちに、レビューのガイドラインのほうが新しくなってしまうというすごい環境で、苦労が多いと思うのですが、日本語で使えるテーマが増えてくるのはうれしい。



つい先日、Automaticの入江さんという人が作った Theme Ryuが、公開された。



日本人が作っているというだけで、なぜかHappyな今日この頃

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tenman/20130510/p1
TOP
keywordcloud
人力検索はてな はてなアンテナ はてなブックマーク はてなダイアリー はてなフォトライフ はてなグループ はてなグラフ はてなアイデア はてなスター はてなメッセージ はてなワールド はてなハイク Rimo
ページビュー
1095770

サービス

メモや備忘

ナンダーリン カンダリーン

カレンダー
<< 2013/05 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール

最近のコメント

砂場