Hatena::ブログ(Diary)

英字紙ウォッチング

2015-12-10

ケミカルジャイアント

08:31

 晴れ。忙しい日々が過ぎていく。PCが重い上、メーラーが使えなったり調子が悪い。

 ダウケミカルとデュポンという化学メーカーの巨人同士が合併を検討しているという。合併すれば、企業価値時価総額)で1200億ドルの巨大メーカーが誕生する。デュポンのCEOは合併後も名前を維持したい考え。

 合併対等合併であり、双方の既存株主にプレミアムは支払われない。

 仮に双方の会社が合併合意しても、反トラスト法の規制当局が認めるかどうかは保証の限りではない。合併会社が複数の会社に分割するよう求められる可能性もある。

 2つの会社は産業用や農業化学製品のメーカーであり、作物の種子メーカーでもある。

 両社は株主から、企業をスリムにし、より成長の早い分野に集中するよう求められていた。そして、両社の名前を高らしめた製品を取りやめるリストラを行っていた。

 今回の合併はこうしたプロセスの究極の姿である。

 高シェアなのは、種子化学関連のビジネスである。両社が合併すれば、米国のとうもろこし種子の41パーセント、大豆の38パーセントのシェアを握ることになる。

 http://www.wsj.com/articles/dow-chemical-and-dupont-are-in-advanced-talks-to-merge-1449621799

 Hilsenrath記者。2016年以降のありうべきシナリオ。Fedはゆっくりと、かつ注意深く利上げの道を探っていくという。

 イエレン議長は最近、米国経済は今後数年は高金利に耐えられるほど強くない、と述べた。

 http://www.wsj.com/articles/fed-plans-to-signal-gradual-cautious-path-on-rate-hikes-1449682591

 ブラジルに悪いニュースが続いている。ムーディーズペトロブラスに関して格付けを引き下げ、ブラジル国自体も投機的等級に引き下げられる可能性が出てきた。

 http://www.ft.com/intl/cms/s/0/56fafb88-9ebd-11e5-8ce1-f6219b685d74.html#axzz3ts3cYCn4

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tennis575/20151210/1449703867